初めての方へ土屋薬局の紹介です。親切丁寧な漢方相談を心がけています。

土屋薬局 午後3時過ぎの風景 妻と師匠の何先生の黄帝内経素問の漢方勉強風景です

<2014年6月19日 土屋薬局 午後3時過ぎの風景 妻と師匠の何先生の黄帝内経素問の漢方勉強風景です>

» 続きを読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017.02.21

特に「読んで頂きたい大事な記事」のご紹介。冬の最上川散歩

ココログ版土屋薬局 中国漢方通信で特に「読んで頂きたい大事な記事」のご紹介です。


1)健康をつくる安心の漢方相談


2)龍の背中に乗る子供

3)土屋薬局の紹介

4)このブログの紹介と周期療法や養生法のお勧めコラム


5)土屋薬局の漢方薬の安全性について


6)おもひでぽろぽろ(中編)…紅花の山形路


7)これが夢にみた生活


8)「あのとき、土屋薬局に相談して良かったです。」


9)不妊カウンセラー・体外受精コーディネーター養成講座


10)久美沙織先生と包海燕先生の漢方講演会に参加して


11)土屋先生の魔法


12)とても髪の毛がフサフサで家族も親戚も友人も驚いております。

13)
「本格漢方2011」本当に頼りになる漢方の薬局・薬店…笑顔のやりとりで人生の余裕を感じて


14)体外受精を20回以上された不妊症40代の方へ…補腎の子宝漢方


15)基礎体温・周期短めの漢方対策・40歳前後の方の子宝不妊漢方・周期療法

16)
テレビ電話検討会より…「周期療法は、次の周期を読んで次々に改善していくことが大事」


17)○漢方不妊症専門講座・PCOS(多嚢胞性卵巣症候群)…その7 「育卵→乾かすのではなくて、潤いをつける」


18)中医漢方お茶の間講座 「高プロラクチン血症」…☆補陰を強化→卵のクオリティーを上げる。◎不妊治療は体を乾燥させる→経血量↓ おりもの↓ 体が乾いていく→補陰をしていくことが大事→潤いをつくっていく


19)高齢で第二子不妊、プロラクチンが高いことの漢方検討会…生理中の下痢するタイプの生理痛軽減法など


20)出産お祝いのハガキ、封書を頂きました。…主人は土屋薬局を『子授け薬局』と言っております。


21)FSHが高く、AMHが少ないお客様、採卵時の空胞対策に漢方サポート


22)緊張の症状は、いい卵ができても動かない。 道路の通りを良くする→その後に足りないことを補う


23)中国大使館からのお誘い


24)第26回不妊カウンセラー・体外受精コーディネーター養成講座から帰ってきました。


25)子どもを持つことの意味と不妊治療の現実


最上川河畔の冬景色

2017年1月29日 最上川河畔の冬景色です。大石田町です。

大石田駅からここまで散歩してきました。


雪上に動物の足跡が!

雪上に動物の足跡が!

いったいどんな動物なのか想像するだけでわくわくします。


冬の最上川河畔の雪景色

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017.02.20

脊柱管狭窄症と脳卒中後遺症によるしびれの漢方相談

こんにちは。

薬剤師、不妊カウンセラーの土屋幸太郎です。

雨降りの山形、東根市神町です。

この時期の山形では雨が降ることは気温も暖かくなっているので春をある意味、実感しているところです。

昼下がり 旧国道13号線羽州街道から乱川、国道13号眺め

<2017年2月20日> 昼下がり 旧国道13号線羽州街道から乱川、国道13号眺め

乱川から奥羽本線眺め

乱川から奥羽本線眺め


私はこのような風景を愛しています。

とことこと家から歩いて乱川を見に行ってお昼の散歩が終了です。


さて先週の土曜日は、実は週の初めに「漢方相談会大募集です!」というような応募の記事も書かなかったせいか、予約は0件でした。

2月18日当日は余裕をもっていて朝からイサゴールという便秘に良いものを勉強しようと思っていたら、結局、プリント1枚の上のほうだけ読んで、新規のお客さまの漢方相談など充実した一日でした。



今日の土曜日の漢方相談会、「しびれ」の漢方相談。新規のお客様の相談を二件お受けしました。午前中のお客様は県南よりのご来店。当店のお客様のご主人様が働いている病院で整形外科や内科など通院されていました。脊柱管狭窄症のしびれの漢方相談でした。糖尿病も持病として持っているので、なかば先生方は「仕方がない」ということでした。


じっとしていると大丈夫で、やはりスーパーなど買い物を奥様から頼まれたときの出掛けるときが辛いそうです。「あっ、漢方がいいかも?」と思いついてご来店です。最近、ひょっとしたらテレビでいつだったか漢方薬の特集をしたようですので、それが土屋薬局にも関係しているかもしれません。


高齢者の方は足腰の弱り、筋骨の衰えは腎虚です。補腎効果がある漢方薬としびれに強い虫類の漢方薬の2種類お勧めしました。


午後はこちらも初めてのお客様で、しびれの漢方薬のご相談でした。私の先輩にあたる年代で脳卒中後遺症のしびれです。幸いなことに土屋薬局には脳卒中後遺症のしびれの漢方薬も多数揃っています。

ちょうどお客様がネットで見つけてきた漢方薬のリストの上から2番目に載っていましたので、そちらの脳卒中後遺症のしびれの漢方薬と午前中の脊柱管狭窄症のお客様にもお勧めした「しびれをより楽になるする漢方薬」の2種類で様子をみてもらうことにしました。

脳卒中後遺症のしびれの場合、多種多様な漢方薬の応用が可能ですから地域性の寒さや暑さ、湿気や乾燥などの気候による影響やお客様の年代、40代か50代か、60代、70代かと腎虚の程度で考えたり(男性は8の倍数で運命が変わります)、仕事の内容やストレスの有無など総合的に考えてあげた方がお客様のためになると思います。

瘀血(おけつ)といって血液サラサラと脳卒中後遺症のしびれは関係あるでしょうし、気虚(ききょ)といって血液を押し出す力が弱ければ脳卒中後遺症のしびれが治りづらいかもしれません。(これは気虚血瘀と言います)

いずれの体質も脳卒中後遺症で脳卒中の漢方薬を選択するには体質チェックは欠かせませんね。


お二方からもよくお話しを聞かせて頂きました。どちらも男性の方で今日は男性の真剣な「しびれの漢方薬の服用に関する相談」が二件もあり、まさに私にふさわしい漢方相談だなあと実感しました。痛み、しびれの痺証の漢方相談は生きがいを感じます。また良くなるようでしたら後日報告させて頂きます。


追加1)脊柱管狭窄症は歩く距離が問題で100メートルがやっとという方もいれば、今日の午前中のお客様は1キロメートル大丈夫だそうです。歩くのが辛いから自転車に乗るかたもいます。


追加2)脳卒中後遺症で選んだ漢方薬は大塚敬節先生の著作をお客様と該当する漢方薬を一緒に読んだら、まさにお客様と同じような左足のしびれの症状が改善した体験談でした。自信をもってもらい、闘病に関するファイトを高めるにはちょうど良かったです。中医学の本も良いのですが、やはり大塚敬節先生クラスの日本漢方も変えがたい魅力があります。


補足3)はてなブログ、iPhoneで書いていますので、書き足し書き足しになってすみません。脊柱管狭窄症のお客様、糖尿病もありますので、脊柱管狭窄症でしびれで歩けない、歩くことが難しい▶︎糖尿病の血糖値が上がる▶︎またしびれる感じがする▶︎体重が痩せない▶︎脊柱管狭窄症のしびれに体重も悪影響▶︎歩けないから血糖値が上がって糖尿病が。。と悪い流れになっているとのことでした。


2人のお客さまにはある漢方薬を1つだけ共通で「しびれ」の漢方対策にご紹介させて頂きました。


当店は痛み、しびれの漢方相談、痺証のお客さまがもともと多く、土屋薬局や私自身も痛み、しびれの漢方相談は好きなので「しびれの漢方対策」に真剣にお話を聞かせて頂きました。


脊柱管狭窄症にしろ、脳卒中後遺症にしろ「しびれ」は気になるし、辛いことと思います。



中国の虫の大家、しびれの漢方相談の大家 朱良春先生に最後にあった日本人の一人として、朱良春一家の遠い親戚の一員になったつもりで、しびれの漢方相談、今後とも喜ばれたいと思います。

神経性障害疼痛むずむず足症候群などもだいぶ良い結果がでています。

その後は40代のお客さま、排卵しなくなってFSHも20以上にあがって生理不順、でも妊娠したいし、将来結婚したいというお客さま。

前回先月の1月に何か漢方ありますか?とのことで、コンクレバンと参馬補腎丸という2種類を紹介させて頂きました。


コンクレバンは飲むのが苦手だったようですが、参馬補腎丸はとても良く効いて「夕方まで疲れなくなり、仕事がバリバリできるようになりました!」と嬉しい滋養強壮効果があったことを報告して頂きました。


薬局での漢方薬は何か滋養強壮作用または美肌効果など、なにか服用していて実感、体感がないとリピートされにくいですから、良かったなあと思いました。


その後、20代の女子のお客さまはこちらも未婚でこれからいい人生がいっぱい待っているお客さまですが、プラセンタ製剤の漢方薬で「超元気になった!」そうです。

とても喜んでいました。

20代は40代と違って滋養強壮効果は早いです。

プラセンタと養血調経など、上手に漢方を組み合わせると妊娠や生理不順、美肌など希望が叶うこともしばし体験しています。


社風?なのか当店はアトピー性皮膚炎などの皮膚の漢方相談は苦手ですが、生理不順とアトピー性皮膚炎とか無月経と脱毛とか、美容関係に子宝や生理不順の女性ホルモン関係の漢方相談が合体していたら、上記のように滋養強壮効果に優れた漢方相談、ガチにムチャ得意ですから、髪の毛が生えたり、シミが落ちたり、喜ばれています。


そういえば、今日の月曜日の午前中のお客さま。

アトピー性皮膚炎と子宝相談で、養血調経とプラセンタ製剤に最初は杞菊顆粒。


ちょっとイマイチということで「子宝の漢方の柱」はそのままにして、杞菊顆粒から清営顆粒へ。

それもイマイチということで、清営顆粒から瀉火利湿顆粒へチェンジしています。


「杞菊顆粒と清営顆粒と瀉火利湿顆粒だと瀉火利湿顆粒が一番まともです」


ということで、今日は漢方の処方はいじらないでDo処方でお願いしました。


氣志團と尾崎豊と宮本くんのエレカシの話もいろいろお聞きしました。


最上川眺め

<2017年1月29日 大石田町 最上川眺め>

鳥海山も大石田町からよく眺められます。


冬の最上川 河川敷

冬の最上川 河川敷

冬の最上川 河川敷



頭痛、肩こり。痛み、しびれの中医痺証。

「目、耳、鼻、口、のど」 目の痛み、眼精疲労、ドライアイ、耳鳴り、突発性難聴、後鼻漏や花粉症、のどなどの中医五官病の漢方相談。

不妊症の子宝相談。(本場仕込みの本格的な漢方相談)


ほかどのようなジャンルの漢方相談もお受けしています。

漢方相談会、独身の方が結婚前に生理不順の真剣な婦人病の漢方相談をお寄せ下さったり、不妊で悩む人生の岐路に立っているような真剣なカップルでのご来店が土屋薬局には増えてきています。


元気のでる漢方相談を真摯に心掛けています。


龍に赤ちゃんが載っている画像、子宝に恵まれた


お電話やメールで漢方相談のご予約お願いします。
平日の漢方相談大歓迎です。一人一人に時間をじっくり割いて相談しています。
遠方のかたは、電話やメールでご相談をお寄せください。こちらから。

中国漢方の痺証と中国漢方婦人科に詳しい薬剤師 土屋幸太郎 国際中医師)、不妊カウンセラー(NPO法人不妊カウンセリング学会認定)による親切な相談。じっくり話を聞いて一人一人の体質や年齢、症状に応じて相談しています。どうぞお気軽にお声をかけて下さい。

土屋幸太郎のプロフィールはこちらです。


日本不妊カウンセリング学会認定 不妊カウンセラー認定更新証

日本不妊カウンセリング学会認定 不妊カウンセラー認定更新証

中国政府による認定の国際中医師の賞状

中国政府による認定の国際中医師の賞状です。

漢方相談のレベルが本場の中医師と同程度という証明です。


「中医学」漢方に普及に尽力 東根・土屋薬局 大使館から表彰の山新の記事

山形新聞で紹介された土屋薬局の記事、中国大使館から表彰を受けました。

「中医学」普及に尽力 東根・土屋薬局 大使館から表彰の山新の記事


土屋薬局 漢方相談 「龍に子供が載っている画像」子宝に恵まれました


土屋薬局店内 漢方勉強会

<2015年7月30日 土屋薬局店内 漢方勉強会>


不妊症で悩んでいた漢方相談のお客さまからの妊娠、出産のお礼のお手紙と赤ちゃんの写真


壁面には不妊症で悩んでいたお客さまが土屋薬局の子宝の漢方相談でめでたく妊娠、出産されたお礼にと寄贈された赤ちゃんの写真やお手紙がいっぱい。

明るい活気と希望に満ちた漢方相談薬局です。


ご主人さま、ご実家のお母様と赤ちゃんと家族4人でのご来店でした。

こちらのコラムもぜひご覧になってください。


山形県東根市神町の土屋薬局の外観

こちらも2015年7月30日現在の土屋薬局の外観です。

連日の猛暑、旧国道13号線沿いに当店がございます。

地理的には村山市、河北町、天童市、寒河江市、山形市、仙台市から来店しやすいです。



I薬剤師 土屋幸太郎の漢方相談の風景 title=

<2013年11月4日 郡山市ビッグパレット 薬剤師 土屋幸太郎の漢方相談の風景>

薬剤師 土屋幸太郎の漢方相談の風景

土屋薬局 中国漢方通信/漢方専門の薬剤師、不妊カウンセラーが相談します。

漢方体験ドットコム…土屋薬局のお客様体験談です。ぜひご覧になってください。

中国の子授け観音様の送子観音菩薩

<2015/09/30 送子観音菩薩像を漢方コーナーに移動しました。オーラがでています>

中国の民間の信仰では、送子観音菩薩は日本でいう「子授け観音」として大変に有名です。

中国で漢方の不妊治療の名医、老中医は「あの漢方の先生はまさに漢方の送子観音菩薩様です」とも言われたりしています。

当店も私も多くの人を苦しみから救う送子観音菩薩様のエピソードにあやかりながら、お客様たちと喜び、悲しみを共有していきたいです。


子宝の神様、送子観音菩薩と中国の泥人形


漢方のご相談方法は、漢方相談表、またはファックス電話で受け付けています。
お問い合わせは、送信フォームもございます。
詳しい漢方相談の方法はこちらからで説明しています。


所在地 山形県東根市神町中央1-10-7
Google mapによる所在地

営業時間 第二、第四日曜日お休みです。

平日 午前9時~午後7時  土祭日 午前9時~午後6時

メールアドレス JDY00247@nifty.com

電話 0237-47-0033 漢方電話相談室 0237-48-2550 Fax 0237-49-1651


仙台方面からのご来店の場合には、お車でのご来店、または仙台駅前の旧仙台ホテル跡の複合商業施設のEDEN前のバス停から「山形新庄行き」48ライナーの山形交通のバスをお勧めしています。さくらんぼ東根駅下車です。1時間に1本あります。約1時間15分です。

さくらんぼ東根駅に到着されましたら、当店のスタッフがお迎えにまいりますので、お気軽に前もってご予約のうえご来店頂けたらと思います。


2016.09.14 「追記です。仙台から、もし「来店を希望されるお客様」へ

2016.09.23 こちらも追記です。 「土屋薬局での漢方相談のご予約のお問い合わせにつきまして


山形県県内、朝日町 飯豊町 大石田町 大江町 大蔵村 小国町 尾花沢市、金山町 上山市 河北町、川西町、寒河江市 酒田市 鮭川村 庄内町 白鷹町 新庄市、高畠町 鶴岡市 天童市 戸沢村 長井市 中山町 南陽市 西川町 東根市 舟形町 真室川町 三川町 村山市 最上町 山形市 山辺町 遊佐町 米沢市。

お隣の新潟県、福島県、秋田県、宮城県、仙台市などにお住いでご来店できる方はぜひ山形県東根市の土屋薬局まで漢方相談をお寄せくださいね。


バナナパフェ美味しかったです

<2017年2月19日 山形市白山>

バナナパフェ美味しかったです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017.02.18

後首が重く、頭もギューっと押しつぶされるような痛い、重い感じ。漢方相談お願いします。

おはようございます。

薬剤師、不妊カウンセラーの土屋幸太郎です。

当店の常連のお客さまからのファックスでのお問合わせがありました。


平成27年2月18日


「漢方相談、よろしくお願いします。

相変わらず、後首が重く、頭もギューっと押しつぶされるような痛い、重い感じがします。

目まいと云う程でもないですが、時々、頭と云うか目の前がフワーとする感じもあります。

毎日ではないので辛い日だけ頂調顆粒を飲んでいますが、1包でも毎日飲んだほうが良いのでしょうか?

頂調顆粒、頭痛に調子が良いので続けていきたいです」


<薬剤師、土屋からの回答>


お客さまの住んでいる地域は山形と同じように冬は雪が降ったり、この2月の季節もまだ寒さが厳しいことと思います。

毎日、スーパーへ買物に出かけたり、もちろん家庭でも起床時や夜のトイレなど冷えている状況に体を置かれているかもしれません。

そのような気候が体に悪さをしていることを「外邪(がいじゃ)」と呼びます。

とくに「寒さ」が頭痛や肩こり、うなじ、後頭部の重さに悪い影響している場合には「寒邪(かんじゃ)」と呼びます。


体が元気で肝腎(かんじん)がしっかりしていて骨や関節、筋肉が丈夫で支えられること。

また気血(きけつ)が張りがあって流れが良い状況でしたら、後頭部や首の後、後頚部の重たさ、頭がギューと押し潰されるような痛みはないはずです。


頂調顆粒は、風寒(ふうかん)による後首が重いこと、頭のギューと押し潰されるような痛さ、重い痛みにも応用可能な漢方薬ですから、健康維持のためにも毎日、1日1包を朝方、午前中に続けていくと予防にも症状改善にも役立ちます。

今後とも上手にご利用して頂ければ幸いです。

また何か分からないとき、お困りだったり体調に変化がありましたら、いつでも遠慮なくメールまたはお電話してください。

このたびは当店のご利用ありがとうございました。


イスクラ頂調顆粒は白芷(ビャクシ)、川芎(センキュウ)、羌活(キョウカツ)など9種類の植物性生薬から構成され、これらの生薬から抽出したエキスを顆粒としたものです。

体力に関わらず使用でき、頭痛がある方のかぜ、血の道症、頭痛の改善を目的としております。


効能・効果


体力に関わらず使用でき、頭痛があるものの次の諸症:かぜ、血の道症(注)、頭痛


●効能効果に関連する注意

(注)血の道症とは、月経、妊娠、出産、産後、更年期など女性のホルモンの変動に伴って現れる精神不安やいらだちなどの精神神経症状および身体症状のことである。


平成18年から当店をご愛顧して頂いているおつきあいの長いお客さまです。


当初は坐骨神経痛、腰痛からくる右足の痛みと強いしびれ、歩くのが辛い。

10分くらいしか歩けない。

正座できない。

起床時に辛い。

独歩丸、冠元顆粒、衛益顆粒など服用していました。


平成28年8月4日に漢方相談を受けまして、そのときの内容が以下のようになります。

こちらにココログに記事にさせて頂きました。


首の凝り、 頭痛、 吐き気の漢方相談


2016.08.05
首の凝り、 頭痛、 吐き気の漢方相談

おはようございます。

暑さが今日も厳しくなりそうな山形です。

36℃まで上がりそうです。


朝顔が綺麗に咲いています。

朝顔が綺麗に咲いています。

<2016年8月5日 我が家の朝顔>


さて昨日、東京のイスクラ産業さんの本社に電話して中医学、中国漢方のことについて問い合わせをしましたら、約1年半ぶりくらいに「ようびん先生」から教えてもらうことが出来ました。


以前の内容はこちら 「肝臓癌、肺癌、のどの養生法など中医学的、漢方的なアドバイス」です。


今回は「首の凝り、 頭痛、 吐き気」の漢方相談です。


70代 女性 


「漢方相談お願いします。

1ヶ月前に昼食中に急に後首がギューっと固まったようになり動かくすことが出来なくなり、自分で首筋をもんでなんとか動かせる位になりました。

整形外科では年齢によるものと言われ、首の凝りをほぐす薬をもらいましたがさほど良くなりません。

その上、それ以来、頭の上からズシッと何かで抑えられている感じと軽い吐き気があり、後首もと時々締め付けられているように感じます。

今は1週間に1度はハリ(鍼灸)をして肩こりはだいぶ良くなりましたが、頭重とムカつきで外出が億劫(おっくう)です。

日常生活は大丈夫です。


なんとかスッキリできれば旅行も楽しめるのに…と思い漢方相談させてもらいました。


なお、今年のはじめに急に起こった"良性頭位めまい症”は今はあまり起こりません。

たまにファーっとなる位です。

また今更ですが、先日、72歳になり、152センチ、44キロと細身です。

これからも1週間ぐらいの旅行ができるようになりたいです。

何か良い薬があればお願いします」



ようびん先生のアドバイス


「まず血圧を聞くことです。


めまいや首筋の凝り。


まずは「気血の巡り」が悪いです。


丹参製剤の冠元顆粒や「カラスビシャクの根茎と白朮、天麻が配合された漢方薬」、葛根など。


葛根湯は「血圧」が高い時には使いづらい、麻黄が入っているから、気をつける。


「首から上がスッキリする漢方薬」も使えます。


解表薬だけでなくて去風薬も使いたいから「痛みを散らして楽楽になる漢方薬」もちょっと入れる。


1週間ぐらい様子をみる。


後頭部のこわばりは、去風薬を使いたい、葛根や「痛みを散らして楽楽になる漢方薬」など。


まずは1週間は様子をみる。



追伸です。


その後、改めて漢方相談ご希望のお客様とお話をさせて頂きました。


土屋 「血圧はいかがですか?」


お客様 「血圧は低めです。高くありません」


土屋 「食欲やお通じはいかがですか?」


お客様 「食欲も通じも大丈夫です」


もともと独歩顆粒や逍遥丸をご利用しているお客様でした。


ようびん先生のアドバイスのもと「痛みを楽楽にする漢方薬」と「首から上がスッキリする漢方薬」のこちらの種類をチョイスさせて頂きました。


症状の改善を心より願っております。


このときはイスクラ産業さんの頂調顆粒と小太郎製薬さんのソケーカンS(疏経活血湯)を2つお勧めしたのでした。


その後、同じ年の平成28年12月15日再度のリピートでの漢方薬のご注文で、頂調顆粒とソケーカンS(疏経活血湯)だったので効き目がたしかにあったようです。

今後とも健康維持のためにも漢方を上手にご利用して頂ければ幸いです。


大石田 川前観音

<2017年2月12日> 大石田川前観音 雪に包まれています。


川前観音からの最上川眺め

川前観音からの最上川眺め


最上川

最上川、ああ永遠なれ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017.02.16

チョコレートのう腫術後に体外受精、妊娠、出産されました。お母さんパワー

2015.02.05


「先生の『お母さんと一緒に来店されるお客様は必ず妊娠する』のジンクス、あたっていました!」

こんばんは。

薬剤師、不妊カウンセラーの土屋幸太郎です。


今日の午後に1本の電話がありました。


昨年の年末からご主人の仕事の都合で関東に引っ越しされたお客さまからです。


毎月、当店に来店されるのを楽しみにされていた方で、お母様もお洒落で可愛い親子でした。


チョコレート嚢腫の手術後、人工授精4回、体外受精もされてとうとう山形に残っていた大事な凍結卵も使い果たして、新しい引っ越し先で不妊専門のとても良いクリニックを見つけてきて、来月から体外受精の採卵から始める予定でした。


お電話では

「陽性反応がでました!

市販の妊娠検査薬で、最初からハッキリと陽性になりました。

初めてのことでとても嬉しいです。

体外受精の準備をしていて生理を待っていたのですが、なかなか生理がこないのでおかしいなあ、まさか?と思い妊娠検査薬を使ったら感動でした。」


週数を教えて頂きましたら5週目でした。


「先生の『お母さんと一緒に来店されるお客様は必ず妊娠する』のジンクス、あたっていました!」


「初めて土屋薬局に行ったのが平成26年1月20日で漢方を始めてからちょうど1年になります」


「漢方を続けていって本当に良かったです」


とのことで、私もスタッフも大喜びでした。


体外受精を待っている間に妊娠する確率は1%と言われています。


以前にも10年位前だったか、そのようなお客様がいらっしゃいました。


「お腹まわりから体もポカポカしています」


とのことで、妊娠中の健康を守れるような漢方の組み合わせをお伝えしまして、また山形のお母様と一緒にご来店されるそうです。

当店からは今週中にも犬のマスコット、戌のお守りをお贈りする予定です。


その後、平成27年12月29日にお電話があり、「その年の9月◯◯日に前置胎盤で出産。出産まで2ヶ月入院、妊娠糖尿にもなりましたが元気な女児を出産されました!」とのことでスタッフ一同、とても嬉しく思いました。


妊娠中は体重も3kgしか増えなかったそうです。

産後は完全母乳で育ているとのことでした。


こちらのお客さま、イニシャル Hさまとさせて頂きますが、平成26年1月20日が初めての漢方相談でした。

実家のお母様といつも一緒に来店されていました。


32歳、看護師さん。

夜勤があります。

月に10日はコール当番

呼び出しのときもあります。


平成20年7月にチョコレートのう腫の手術をされました。


右の卵巣の悪いところだけを切除しました。

右の卵巣のチョコレートんのう腫は4センチの大きさになったそうです。


排卵誘発剤で排卵日に2回ぐらい破けて、動けない激痛だったので手術を決めました。

早めに処理しました。

腹腔鏡手術でした。


チョコレートのう腫手術前に人工授精(AIH)2回。


手術後にクロミッドで排卵誘発しての人工受精(昨年10月)

ゴナールFの排卵誘発の注射での人工授精(昨年11月)


チラージンも服用中です。

甲状腺機能は現在は落ちついています。


寒がり、冷え性。

肩こり。


食欲ある。

生理中は食欲が落ちます。

鼻水。

お通じは正常です。

夜はトイレに2回起きます(22時半には床に入ります)


手術前に足にむくみがありました。

いまはだいぶいいです。


風邪をひくとリンパが腫れてしまいます。

風邪をひきやすいです。


初潮は13歳 月経周期は30~31日、月経期間は6~7日。

2日めが経血量が多いです。


生理痛はお腹を温めても痛みは変わりありません。


ホッカイロ、腹巻きでも生理中は変化なし。

少し血塊がでます。以前はドロっとした月経血でした。

相談日のときには月経周期9日目。

来月に通院する予定。


今月は排卵日におでこと口の周りにニキビ。

手術してからは貧血とたちくらみ、息切れ。

ご飯を食べていると眠くなります。


舌ベロは痰紅に苔が剥がれているところもあり、舌の奥のほう膩苔といって湿邪がある感じです。


ゴナールF75単位で卵がボコボコできたので、50単位にしないとダメだそうです。

排卵痛もあります。


漢方薬は4種類


養血調経の漢方薬、

補腎精のプラセンタ製剤

ピクノジェノールと我朮、三りょう製剤

生理中には弓帰調血飲第一加減



平成26年2月17日

人工授精をする予定でしたが右に4つ、左に4つと卵が多かったのでキャンセル。


体外受精(IVF)で採卵する予定です。

OHSS(卵巣過剰刺激症候群)になりやすいです。


2月19日に採卵する予定です。

(前回もAIHで卵がですぎたのでAHI、人工授精はキャンセルしました)


弓帰調血飲第一加減、ピクノジェノールと我朮、三りょう製剤、養血調経の漢方薬



平成26年3月13日

2月19日に採卵して6個受精していました。

6個とも凍結できました。

卵の質が良かったそうです。

腹水があったのでお休みていました。

次の生理がきたら移植していく予定です。


生理は血塊がへってスッキリした感じでした。

AMH2・92



平成26年5月7日

体外受精 陰性で妊娠していませんでした。

ドクターからは「凍結するときや融解するときに卵の質がひょっとしたら下がったのかもしれない」と言っていたそうです。

今回は4月15日に移植しました。


平成26年5月12日

あと2本凍結しています。

プレマリンで子宮内膜が厚くなりませんでした。


平成26年6月10日

漢方を始めてからは生理痛の薬は服用しなくとも平気になりました。

レバー状の血塊は小さな血塊になりました。

生理はスッキリとでています。


平成26年7月8日

ご主人が関東に転勤になります。

奥さまも一緒に行きます。

8月くらいから卵を戻していく予定です。


平成26年8月6日

8月4日に生理。

今日から1日おきにエストラーナテープを2枚貼っていきます。

18日あたりに卵を戻していく予定です。

舌ベロは花剥苔といって苔が地図状になっている感じです。

平成26年9月2日

陰性でした。

次回からは3回めになります。


平成26年9月25日

11月に卵を戻す予定です。

10月に関東に転勤します。


平成26年12月3日


11月21日に体外受精、2つの融解胚で1つは溶けてしまいました。

残りの1つは3BCのグレード。

引越し先の関東のレディースクリニックに通っています。



平成26年12月29日

チョコレートのう腫は手術後再発していません。

甲状腺はチラージンで抑えています。


平成27年1月28日

新しい婦人科に通院中


2月に体外受精(IVF)を行います。



平成27年2月5日

陽性反応がでました!

体外受精の準備をしていて生理を待ってから連絡する予定でしたが、いつまでも待っても生理が来ず、ひょっとしたら、、、と市販の妊娠検査薬を使ったら陽性反応が出ました!


漢方薬は、養血調経の漢方薬とプラセンタ製剤の医薬品と丹参の活血化瘀の漢方薬と脾腎を補う漢方薬の4つはぜひお続けしてみてください。


ということで感激の展開でした。


子宮内膜症で20代のときにチョコレートのう腫の手術を受けたあとに体外受精を繰り返してもなかなか結果がでなかったのですが、漢方薬で不妊症の体質改善、子宝相談をしていた結果、体調も整って自然妊娠されたという嬉しいお話でした。


結論は「お母様と一緒に来店される方は妊娠する」のジンクスがある土屋薬局でした。


春待つ桜

<2017年2月15日> 乱川 春まつ桜🌸

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017.02.14

とにかくイライラ…不安感…いや〜な頭痛… それって「血の道症」が原因かも⁉️

おはようございます。

雪も溶け始めて、朝の陽射しもだいぶ明るくなってきて底冷えの寒さも抜けてきた山形です。

今日はバレンタインデー、どんな一日をお過ごしですか?


最近は我が家に来るスズメやヒヨドリ、ツグミなどに見惚れることが多く、鳥をみる生活も素敵だなあと思っています。


さて先週の漢方相談会、土曜日の2月11日の建国記念の日、午後にいつも来店されているお客さまが私の漢方相談がちょうど終わったばかりでしたので、こことぞばかりに車に乗って待っていたご主人様も連れてきました。


首の頚椎ヘルニアをやったことがあり、頭痛など体調の不良があるそうです。

50代の男性の方です。

めまい、高血圧

花粉症あり。

腰は椎間板ヘルニア、狭窄症の手術もしました。

左足の親指のしびれはとれない。


天童市に嫁いた娘様が妊娠出産された「縁」で当店でお母様もその後、相談されています。


こちらのチラシで漢方薬の説明を差し上げました。




とにかくイライラ…不安感…いや〜な頭痛…

それって「血の道症」が原因かも⁉️


更年期、妊娠、出産後、生理。


「血の道症」とは月経、妊娠、出産、更年期など女性ホルモンバランスの変動に伴って現れる精神不安や苛立ちなど精神神経症状、身体症状です。




女性は男性と違って月経周期によって体調が変化します。

月経は主に2つのホルモン(エストロゲン、プロゲステロン)によりコントロールされており、月経前はプロゲステロンが多く、月経中はどちらも少なくなります。


生理痛、発熱、頭痛、下痢、鼻血・浮腫・胸が張るなどの症状もでることがあります。

また、ほとんどの女性は更年期に入ると、卵巣の機能が衰えてきます。


そのため卵巣から分泌される女性ホルモンの1つであるエストロゲンの量も減ってきます。

しかし、脳はエストロゲンの量を増やそうと卵胞刺激ホルモンの分泌量を増やします。


ここでホルモンのバランスに乱れが生じてしまいます。

これにより様々な不快な症状が出てきます。


このように女性ホルモンバランスの乱れにより起こる症状を「血の道症」といいます。




女性は月経周期があるのでケアが大切です。

生理前の不調や頭痛…中医学で改善しましょう!


<こんな頭痛で悩んでいませんか?>


女性特有の生理中、ストレス、緊張性の頭痛だけでなく、頭部全体の頭痛を和らげる生薬が入っています。


ストレスthunder

生理中thunder

緊張thunder


厥陰頭痛…頭頂部の頭痛

少陽頭痛…側頭部の頭痛

陽明頭痛…額を含む前頭部の頭痛

太陽頭痛…頸部から後頭部にかけての頭痛


「血の道症」の症状改善に漢方相談!>

こんな症状がある方はぜひ、土屋薬局まで漢方相談、お寄せください。


□イライラすることが多い

□時々、不安になる

□何もやる気がおこらない

□気持ちが沈むことが多い

□頭痛・肩こりがある

□疲れやすい

□めまい、耳鳴りがする

□なかなか眠れない



お客さまのご主人様には男性のかたも「めまい」や「首」「頭」の不調は首から上の中医五官病の疾患であり、漢方薬で改善する可能性が高いことをお伝えして希望をもって頂きました。


ちょうど午前中に尾花沢市からのお客さまがどこにあっても治らなかったひどい頭痛がもう半年経過して症状が軽くなって、だいぶ明るい顔色になられていましたので、その旨などもお伝えしました。


「血の道症」の漢方相談は土屋薬局までお寄せください。



頭痛、肩こり。痛み、しびれの中医痺証


「目、耳、鼻、口、のど」 目の痛み、眼精疲労、ドライアイ、耳鳴り、突発性難聴、後鼻漏や花粉症、のどなどの中医五官病の漢方相談。

不妊症の子宝相談。(本場仕込みの本格的な漢方相談)


ほかどのようなジャンルの漢方相談もお受けしています。

漢方相談会、独身の方が結婚前に生理不順の真剣な婦人病の漢方相談をお寄せ下さったり、不妊で悩む人生の岐路に立っているような真剣なカップルでのご来店が土屋薬局には増えてきています。


元気のでる漢方相談を真摯に心掛けています。


龍に赤ちゃんが載っている画像、子宝に恵まれた


お電話やメールで漢方相談のご予約お願いします。
平日の漢方相談大歓迎です。一人一人に時間をじっくり割いて相談しています。
遠方のかたは、電話やメールでご相談をお寄せください。こちらから。


頭痛、肩こり。痛み、しびれの中医痺証


「目、耳、鼻、口、のど」 目の痛み、眼精疲労、ドライアイ、耳鳴り、突発性難聴、後鼻漏や花粉症、のどなどの中医五官病の漢方相談。

不妊症の子宝相談。(本場仕込みの本格的な漢方相談)


ほかどのようなジャンルの漢方相談もお受けしています。

漢方相談会、独身の方が結婚前に生理不順の真剣な婦人病の漢方相談をお寄せ下さったり、不妊で悩む人生の岐路に立っているような真剣なカップルでのご来店が土屋薬局には増えてきています。


元気のでる漢方相談を真摯に心掛けています。


龍に赤ちゃんが載っている画像、子宝に恵まれた


お電話やメールで漢方相談のご予約お願いします。
平日の漢方相談大歓迎です。一人一人に時間をじっくり割いて相談しています。
遠方のかたは、電話やメールでご相談をお寄せください。こちらから。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017.02.13

高齢者(老人)の便秘と多尿に漢方薬。2週間でスッキリしました!

今日の2月13日の午前中に70代のお客さま、男性の方ですが前回は慢性の便秘の漢方相談で2月1日に土屋薬局から便秘の漢方薬をお勧めしました。


病院では高血圧の治療で降圧剤、ディオバン、アムロジピン、ユリノール、バファリン、シペリゾン、ニコンランジル、ジルチアゼム、パラパスタチン、フランドルテープ、センナと処方されています。


さて今日のお話ではだいぶお通じが良くなって便秘が解消して調子がいいそうです。

ドッとお通じが良く出たそうです。


大塚敬節先生の名著「症候による漢方治療の実際」より


南山堂さん、引用させて頂きます。ありがとうございます。


「老人、体力のあまり頑丈でない人、大病後の人などで、尿の回数が多くて量も多くて、便秘するものに用いる。

作用が緩和でひどく下痢しないで通ずるので、常習便秘の人に長期にわたって用いるのに適する。

82歳の老婦人。

便秘と夜間の多尿を主訴として来院した。

心悸亢進や浮腫はない。

食欲は、普通で口渇もない。

夜間は4回から5回の排尿があり、そのため落ちついて眠れないという。

私はこれに多尿と便秘の漢方薬を用いたが、これがとてもよく効いて、大便は1日1行あてあり、夜間の排尿も1,2回ですむことになった。

しかし薬をやめていると、また便秘するので、ときどき思い出したように来院して、10日分の薬を1ヶ月もかかってのんでいる。


また1人の患者は74歳の老婦人で、20年ほど前からの便秘のくせがあって、いつも下剤を用いている。


便秘の他に、みずおちが重くて、時々軽く痛むという症状がある。

医師は胃下垂症と診断したという。

脈は弦大で、血圧は174-92。

腹部は一体に緊張力が弱い。

私はこれに便秘の漢方薬を与えた。

これがたいへんによく効いて、毎日、大便が快通するようになり、服薬20日で休薬した。


それから1年あまりたった頃、とつぜん、この老婦人から葉書がきて、患者をひとり紹介するからよろしくとあり、その末尾に、昨年はお薬をいただき、あれきり20年来の便秘が治りましたとあった。」


という便秘の漢方薬の勉強を大塚敬節先生の「症候による漢方治療の実際」で勉強させて頂きました。


男性のかたは女性と比べて便秘に慣れていないのでお通じの出具合に悩まれるケースも多々あります。

マグラックス(酸化マグネシウム)やセンノサイドなどが全盛の時代ではありますが、古典的な漢方薬での下剤、お通じをスッキリさせる漢方相談も、要望に応じてしっかりと応需していきたいです。


余談ですが、弟切草(オトギリソウ)についても問い合わせがありました。

また機会があるときに別なページを用いたいです。


お客さまは再度、お通じによい便秘と多尿の漢方薬をお求めになりお帰りになられました。

私の父も昔、漢方の名医だった清水先生もよく愛用していた処方だそうです。


神話の世界のような日本漢方での貴重な体験談でした。

お腹が痛くならないで下痢もしないて穏やかな漢方薬は貴重ですね!


最上川

<2017年2月12日>

大石田大橋からの最上川の眺め、大河です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017.02.10

小児のおねしょの漢方相談、アレルギー性鼻炎、アトピー性皮膚炎など

先週の土曜日の漢方相談会、じつは密かに「おねしょ」の漢方相談の新規の方やリピーターの方など3名のお客さまが来店されました。

ちょうど午前中に来店されたお客さまたちは皆様、妊娠出産されたお客さまたちが産後も漢方を服用していると調子がいいのでお続けになっている方など、「信用」と「信頼」の出来ている方たちでした。


産後の漢方相談で、偶然だと思いますが、たまたま「おねしょ(小児夜尿症)」の相談が昨年の秋ごろから続いています。




そのお客さまも前回は日数を多めに購入されたのですが「おねしょ」の漢方薬、調子が良いようでリピート購入されていきました。


新規の地元のお客さまも先月に初めてお子さまの「おねしょ」の漢方相談したのですが、調子が良いそうです。


さて今日、来店されたお客さま


その後経過がとても順調でつわりもなく、8月に出産のご予定のことでした。


当店、「土屋薬局を紹介してくれた友人には感謝しています」ということで、今日はお兄ちゃんのアレルギー性鼻炎、アトピー性皮膚炎などのアレルギーの体質改善のご相談でした。


中耳炎で手術をして鼓膜を切開したら膿が溜まっていたそうです。


おねしょの漢方相談に似ている小児漢方の方剤があります。


そちらとお子さまの体を根本から丈夫にするコンクレバンを紹介しました。

コンクレバンは肝臓加水分解物の天然アミノ酸製剤ですが侮れません。

子供も大人もおじいちゃん、おばあちゃんも服用できる、家族全員で健康づくりです。


さて、東根市内の超常連のお客さまのお子さま、お兄ちゃんも長年、漢方薬とコンクレバンを続けた結果、顔色も良くなってアレルギーの体質が改善されたそうです。


体の中から皮膚や粘膜も強化するという良い方法の紹介でした。




最後に大塚敬節先生の「症候による漢方治療の実際」から「排尿異常」についてのご紹介です。

南山堂さん、ありがとうございます。


445ページより


「虚弱児童の夜尿症に用いる。また尿をもらすことはないが、尿が近くて量もまた多いものにも用いる。

患者は14歳の少女、背丈がひょろ長く、顔の色は土色をしている。

この少女はたいへん小便が近く、1時間に2回も便所(トイレ)に行く。

しかも1回量が多い。

いくら食べても痩せていて肥えない。

小便が出たくなると、すぐ便所に駆け込まないと、その場でもれるという。

疲れやすくて、根気がつづかないという。

食べ物は、刺激性のあるものが大好きである。

大便は毎日1回はあるが、軟便である。

冬は手足が冷える。

のどが乾き水や茶をよくのむ。

夜間も眠っていて、ときどき寝小便する。

私はこれに寝小便の漢方薬を与えたが、1週間後には、2時間ぐらい小便がもつようになり、もらすことはなくなった。

ひきつづき2ヶ月ほど服用して、夜尿もやみ、血色もよくなり、肥えてきた。

腹痛の頁、出血の頁なども参照して、この処方の用法を研究してください。」


今日のお客さまはお子さまのアレルギー性鼻炎、アトピー性皮膚炎の漢方相談につきまして、ご自身が2人めを姙娠されて8月には出産とのことで顔色も良くてお元気にご主人と一緒にお帰りになられました。

お友達にも「顔色がいいね!」と褒められて嬉しかったそうです。


大石田最上川湖畔

<2017年1月29日> 冬の晴れた最上川河川敷、大石田


最上川

最上川

夏はテニスや野球などやれますが、冬は実に美しい冬景色の最上川河川敷ですね!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017.02.09

健忘症?脳過敏症候群? 疲れや体調不良の原因は「脳」にあるかも…


健忘症?脳過敏症候群?それとも…?


しっかり寝てもとれない疲れや体調不良の原因は、「脳」にあるかもしれません。


脳の疲れを和らげ、精神を安定させる「心に効く漢方」体験いただけます!

「体の疲れ」だけではないような"慢性的な不調”


原因は脳疲労!?


考えがまとまらない、集中できない。

やる気がでない、ぼんやりする。めんどくさい。

ミスが増えた。

物忘れ。

めまい。

耳鳴り、眠れない、イライラ、続く頭痛。

ストレス、不安、悩み、うつ。


健忘症? 脳過敏症候群?  それとも…?


しっかり寝てもとれない「疲れ」や「体調不良」の原因は、「脳」にあるかもしれません。


脳の疲れを和らげ、精神を安定させる「心に効く漢方」体験いただけます!

…裏面に続く…裏面に続く…裏面に続く…


心当たりありませんか?


物忘れがひどい

何度も確認しないと安心できない

人の話を理解できない

くよくよしたり不安を感じやすい

眠りが浅い、眠れない(不眠)

イライラする

ドキドキすることが多い

めまいや立ちくらみがする

疲れやすい、疲れている、体がだるい

やる気がでない


脳の疲れを和らげ、精神を安定させる「心に効く漢方」体験いただけます!

心当たりありませんか? 「脳の疲れ」チェック! 3つ以上あてはまる場合にはご相談ください。


物忘れがひどい

何度も確認しないと安心できない

人の話を理解できない

くよくよしたり不安を感じやすい

眠りが浅い、眠れない(不眠)

イライラする

ドキドキすることが多い

めまいや立ちくらみがする

疲れやすい、疲れている、体がだるい

やる気がでない



▼ 気血(きけつ)の巡りで考えます。


脳疲労の回復にはストレス発散や情報遮断、リラックス、食の改善をと、一般によくいわれます。

中医学、漢方薬では、脳に大切な気血(エネルギーや栄養)が十分に行きわたっていれば正常に働くと考えます。

逆に十分でないとさまざまな不調を引き起こすことがあると考えます。


中医学には不調の原因に基づいた、たくさんのアプローチがあります。




瘀血(おけつ)の改善…「血けつ)」の質が悪化してネバネバ、ドロドロと流れが悪くなったり、固まりやすくなります。 


対策法→流れが悪くなった血行を良くしましょう!


血虚(けっきょ)の改善…全身を巡り、血流たっぷりに潤いと栄養を与えている「血」。精神活動の基本物質でもあります。

対策法→「血」の生成力を向上させて元気な血を増やしましょう!


気滞(きたい)の改善…「気」は体を動かすエネルギー、体を温める。ものを動かす。体に栄養を与えるなどパワーの源です。

対策法→めぐりの悪くなった「気」の滞りを解消しましょう。


痰湿(たんしつ)の改善…痰湿体質は新陳代謝が悪く、充分や水分や老廃物がたまりやすい方に多く見られます。

対策法→体にたまった余分な老廃物を出しましょう!


腎虚(じんきょ)の改善…「腎」は腎臓だけでなく、生殖機能、免疫系、脳、ホルモン分泌系なども含まれる「生命力」のことです。

対策法→「腎」の「精」をしっかりと蓄え、若々しさを維持しましょう!


ひとくちメモ その1) 「健忘症」という名称


健忘症の「健」は「健やかに」という意味ではなくて、この場合には「ひどく、甚(はなは)だ」という意味の「健」です。

「健やかに忘れる」のではなきう、「ひじょうに忘れる」症状、それが「健忘症」の本来の意味です。


ひとくちメモ その2) 「脳疲労」


外部からの情報過多、ストレス過多により、大脳新皮質と旧皮質の関係性が崩れ、脳が正常に機能しない状態…つまり、悩みや考え事が多すぎて思考が鈍り、脳内の情報伝達がうまくいかなくなっている状態と言われます。


ひとくちメモ その3) 「脳過敏症候群」

近年、提唱されはじめた症状、概念です。

脳がわずかな刺激にも過剰反応して興奮状態になり、頭痛、耳鳴り、めまい、不眠などのさまざまな不快症状引き起こすと言われています。

病院で検査しても原因不明と診断されることが多いです。

ご存知ですか? 不眠症はもはや「国民病」!?

平成19年の厚生労働省調査によると実に日本人の5人に1人が「睡眠で休養がとれていない」「何らかの不眠がある」と回答しています。

年齢とともに不眠は増加しています。


もともとよく働き、頑張りすぎる日本人は、近年はさらにパソコン、スマートフォンなどからあふれる情報に頭も働き通し。


ストレスを感じやすい社会環境の影響もあり、「寝付きが悪い」「眠りが浅い」などのいわゆる「脳疲労症状」も増えがちです。


お医者さんに行くほどでも…とも思ってもやはり辛いその症状。


そんな方にはぜひ「漢方体験」をお勧めします!

ご相談ください。


こちらのコラムも参考になりましたら、幸いです。

健忘症や脳過敏症候群の漢方相談は土屋薬局まで!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

«45歳にして母子共に順調。諦めていた時からすると、高齢ながら2子も授かるなんて!