« ガン(がん)の漢方アプローチ | トップページ | 雪降り前のオータム・イン・ヒガシネ »

2004.11.30

綿花観察日記「綿になるまで」

PB290068.JPG

綿花観察日記の続編です。

患者さんに処方箋のお薬をお渡しするテーブルに綿花が可憐に鎮座しています。


先ほどの患者さんは、「うわー、きれい。このお花はどうなっているのかしら?」と言っていましたので、私は心の中で「このココログ版の綿花観察日記」を見てくればなあ~」と思わず思ってしまいました。

さて、上記の写真は昨日の11月29日の13時34分の撮影です。


フワフワとした触りごこちで、天然の綿となっています。

だんだんと大きくなっています。

もうすぐ種が出てくるのでしょうね。

楽しみです。


これで、我が家の至宝としましては、「鷺草」に次いで読者のみなさまの好評を頂くシリーズになるかもしれません。


PB300074.JPG

この画像は、先ほど撮影しました。

11月30日13時49分撮影です。

少し白い綿が大きくなっていますね。


土屋薬局 中国漢方通信」もよろしくお願い致します。

|

« ガン(がん)の漢方アプローチ | トップページ | 雪降り前のオータム・イン・ヒガシネ »

綿花観察日記」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/50545/2111608

この記事へのトラックバック一覧です: 綿花観察日記「綿になるまで」:

« ガン(がん)の漢方アプローチ | トップページ | 雪降り前のオータム・イン・ヒガシネ »