« ゴッホと淀川さんとカーク・ダクラスさん | トップページ | 奥入瀬(ブナの朽木) »

2005.06.07

京都に「不妊症専門講座」の漢方勉強会に行ってきました。

ホームページ「土屋薬局 中国漢方通信」でも記載していますが、京都に土日(6月4~5日)とかけて「不妊症専門講座」の勉強会に行ってきました。


ふだんは、ギンガネットのテレビ電話で月に1回、全国の漢方薬局の先生方や中医師の先生と、おのおのの症例検討会などを開いていますので、いわば「オフラインミーティング IN 京都」でした。

今回は、地元の京都の漢方薬局の先生たちが中心となって、チューターや症例発表をされました。


多嚢胞性卵巣症候群(PCOS)や無排卵のかた、またチョコレート嚢腫の方の妊娠の成功例や今はこのような難しい相談をしていますなど、とても参考になる勉強会でした。


ホームページの「土屋薬局からのお知らせより」引用します。


土屋薬局からのお知らせ


昨日、一昨日と京都に「不妊症専門講座」に行ってきました。


多膿疱性卵巣症候群(PCOS)や無排卵のかたなどの全国の漢方の先生の症例検討会でとても勉強になりました。

これは西洋医学的な女性のかたのホルモンバランス勉強の復習です。

これは西洋医学的な女性のかたのホルモンバランス勉強の復習です。

FSH、LH、エストロゲン、プロゲステロン、ポジティブヒードバク、ネガティブヒードバックなど総復習です。

これは西洋医学的な女性のかたのホルモンバランス勉強の復習です。


周期療法の原典の「大極図」です。

周期療法の原典の「大極図」です。

深遠な東洋哲学思想です。

陰と陽はつねに相対的に動き、回っていき変化していきます。

私たちの人生も「陰」と「陽」のように「らせん」を描いて成長していきます。

良いときも悪いときもバイオリズムのようにありますが、「らせん」のように運気も上がっていきます。

そのことは、勉強会で一番と感動した話ですね、深いです。


京都は蒸し暑かったです。

京都は蒸し暑かったです。

空き時間で東福寺や銀閣寺、清水寺など観光しましたが、新緑がきれいでした。


京都現代美術館も訪れましたが、とっても静寂していて心が癒されました。

京都現代美術館も訪れましたが、とっても静寂していて心が癒されました。

京都の街は人力車のお兄さんとか、活気があって良かったです。

そういえば、清水寺のアジサイも咲き始めできれいでした。


山形はさくらんぼ実も早いところは、赤くなってきている農繁期です

山形はさくらんぼ実も早いところは、赤くなってきている農繁期です(05/06/06)


2009年11月11日追記

なんと4年後に続きの記事を書いてしまいました。

不妊症専門講座…大極図について



土屋薬局 中国漢方通信」の本家でコラムを作成しています。

普段から漢方の本場中国で研修を受け研鑽をつみ、山形県や隣県のお客様からご利用頂き妊娠、出産の嬉しい声を聞いています。

不妊、子宝漢方相談は人にも言えずに悩んでいる方も多いです。

どうぞお気軽に漢方相談をお寄せください。

|

« ゴッホと淀川さんとカーク・ダクラスさん | トップページ | 奥入瀬(ブナの朽木) »

勉強会(2004~2008)」カテゴリの記事

PCOS・多嚢胞性卵巣症候群|不妊と漢方薬」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 京都に「不妊症専門講座」の漢方勉強会に行ってきました。:

« ゴッホと淀川さんとカーク・ダクラスさん | トップページ | 奥入瀬(ブナの朽木) »