« サマー in 東根(後編) | トップページ | 周期療法における活血化淤の応用 »

2006.08.25

綿の花(2006)

先ほど、歩いていたら我が家の綿花が咲いているのを発見しました。


2日前から咲いていたそうです。


Imgp0008abc

<2006年8月25日撮影 「綿の花」>


もう少し紹介しましょう。


Imgp0009abc


今年もまた私は綿花を見ると、
マルコヴィッチさんとサリー・フィールドさんが出演していた
プレイス・イン・ザ・ハート」を思い出します。


最近、DVDレコーダーを購入したのですが、
ビデオデッキもまだ完備しておりますので、
ビデオの「プレイス・イン・ザ・ハート」も機会があれば
再度堪能してみたいと思う今日この頃です。


あの映画は、最近のハリウッド映画にはない
「映画の面白さ」がギューっと濃縮されています。

マルコヴィッチさんの演技は、本当に素晴らしかったです。


Imgp00191abc


夏水仙は、晩夏を楽しみように元気にラッパをふかしています。

|

« サマー in 東根(後編) | トップページ | 周期療法における活血化淤の応用 »

綿花観察日記」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 綿の花(2006):

« サマー in 東根(後編) | トップページ | 周期療法における活血化淤の応用 »