« 武漢のインターネット | トップページ | 山形空港にて »

2006.10.26

周期療法における活血化淤の応用(3)子宮内膜症の漢方。冷えと熱

周期療法における活血化淤の応用」の第三弾です。

「子宮内膜症」の場合


淤血(おけつ)という漢方の証に陽虚と湿濁(しつだく)が絡むことがある。


内膜症の淤血は陰陽の消長によって症状が変化する。


繰り返される頑固な淤血が二次原因になる。


痰湿(たんしつ)を兼ねることや、湿熱(しつねつ)や熱毒を兼ねることもある。


子宮内膜症の冷えと熱の体質別 漢方対策方法


1)陽虚(ようきょ)のタイプの子宮内膜症


陽虚とは、からだの陽気(ようき)のエネルギー不足。


「命の火」のようなものが足りないので、寒がり、冷え性になりやすいです。


端的にいえば、


「子宮内膜症で寒がり、冷え性」の場合には、


体を温めて血行を改善します。

陽気を強めて陰濁(いんだく)を取り除くために、

周期療法では、「高温期に温陽活血(おんようかっけつ)」が大切。


補腎陽(たとえば、参茸補血丸など)+活血化淤(たとえば冠元顆粒爽月宝など)ですね。



子宮内膜症の冷えと熱の体質別 漢方対策方法


2)湿熱・熱毒タイプの子宮内膜症


舌が赤い(血熱、陰虚など)、舌の先が赤い(心熱)、苔が黄色い、基礎体温が全般的に高め、夜の寝汗など。


(このタイプのかたで、婦宝当帰膠と涼血清営顆粒を柱にした処方で、ご懐妊、出産されたお客様が当店にいらっしゃます。)


対策は、活血化淤(かっけつかお)と清熱消炎の漢方処方を組み合わせます。


炎症を抑えながらになりますので、さまざまな子宮内膜症の漢方対策法があります。


あとは、実証(じっしょう)か虚証(きしょう)の熱かを見極めることも大切だと思います。


子宮内膜症|不妊治療と漢方薬こちらのスレッドも参考になりましたら、幸いです。

I岩木山とりんご

<2006年10月1日撮影 「岩木山とりんご」 弘前愛宕の県道近く>


岩木山にはりんごがよく似合う


「岩木山にはりんごがよく似合う」です。

|

« 武漢のインターネット | トップページ | 山形空港にて »

子宮内膜症|不妊治療と漢方薬」カテゴリの記事

活血化淤の応用」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 周期療法における活血化淤の応用(3)子宮内膜症の漢方。冷えと熱:

« 武漢のインターネット | トップページ | 山形空港にて »