« 黒伏山の紅葉 | トップページ | 周期療法における活血化淤の応用(4) »

2006.11.22

子宮内膜症でチョコレート嚢腫の不妊漢方相談。友達も妊娠、出産で嬉しかった話

おはようございます。

薬剤師、不妊カウンセラーの土屋幸太郎です。

昨日は、子宮内膜症でチョコレート嚢腫のかたの不妊漢方相談が3件ありました。


さて、そのうちの一人のかたは、同じく子宮内膜症でチョコレートのう腫だったお友達からの紹介でした。


お友達が、子宮内膜症でチョコレート嚢腫だったけれども土屋薬局の漢方薬を服用して、妊娠、出産されたとのことで、「親切だったよ」ということで一昨日から電話を頂いていた方でした。


そのお友達は、平成16年10月11日からのチョコレート嚢腫の漢方相談でした。


お友達のかたは、Uさん、34歳です。


チョコレート嚢腫があり、生理をボンゾールで止める治療を9月13日よりしていて、その後のリバウンドや副作用が心配とのことで「ぜひ漢方も併用したい」とご相談でした。


「薬の副作用を漢方で緩和したい」


が当初の希望でした。


3~4ヶ月間、ボンゾールを服用して嚢腫が小さくならなければ、手術とのことです。


生理痛はかなりひどいです。


痛み止めを、生理の初日は3回飲まないといられません。


足の冷えが強く、痛みもあることが2ヶ月間続いています。

真夏でも冬物の靴下を履いていました。


生理はレバー状の塊がでます。


生理前に、イライラや胸の張りもあります。


子宮内膜症やチョコレート嚢腫を治してから、子どもを授かりたいです。



当店からは、


1)養血調経(ようけつちょうけい)

2)活血化淤(かっけつかお)


の2つをお勧めしました。


1日3回で量も多めに服用してもらいました。


10月11日が初回のご相談で、その後、

11月4日は 足の冷えがちょっと楽になった。


年明けの、平成17年2月12日には、

チョコレート嚢腫が3・5cm~4・5cmが、2cmくらいに小さくなっていた。


漢方を併用していてチョコレート嚢腫が小さくなって良かったとのことで、私たちもとても喜びました。

その後、音信不通だったのですが、


その昨日に「チョコレート嚢腫のご相談」の方─U子さんの親友からのお話によれば、


「その後 U子さんは引越しされていて、また 今年に男の子を出産されて、いままだ数ヶ月のお子さんの育児中で幸せそうだった」

とのことをお聞きしまして、

感激したところです。


「青いアルバム」は、U子さんの引越し先に本日お贈りします。


そして、昨日に初めてご相談されたU子さんのお友達にも、ぜひとも「幸せな結果」になって頂きたいと、U子さんとまったく同じ漢方を紹介して、服用していくこととなりました。


やはり周期療法における「活血化淤(かっけつかお)」の方法は、効き目があるのですね。


今日は、「チョコレート嚢腫」でご懐妊されたお客様の嬉しいお話の紹介でした。


山と雲の眺めが好きです"

<平成18年11月21日撮影  山と雲の眺めが好きです>


チョコレート嚢腫は、子宮内膜症の一種です。

月経時に逃げ場が無くなりますので、卵巣に溜ってしまいます。

その結果がチョコレート嚢腫です。

漢方では淤血(おけつ)と考えます。

淤血は1)痛み 2)しこり 3)黒ずみですから、塊を溶かすような方法で卵巣の反応の改善を目指します。

子宮内膜症、チョコレート嚢腫でお悩みのかたの漢方相談、土屋薬局までお寄せください。


不妊症・婦人科疾患には経験豊富な漢方薬剤師、国際中医師、不妊カウンセラーが漢方支援。
毎年100名以上の方が妊娠、出産されています!
ホームページはこちら! →土屋薬局 中国漢方通信  
サテライトブログはこちら→土屋薬局のはてなブログ
山形県東根市神町の土屋薬局

子宮内膜症、子宮腺筋症でしたが漢方のおかげで妊娠出産」 

チョコレート嚢腫、子宮腺筋症、子宮内膜症の漢方薬

子宮内膜症、子宮腺筋症、チョコレート嚢腫の漢方

子宮内膜症|不妊治療と漢方薬

こちらのコラムも参考になりましたら、幸いです。
 

|

« 黒伏山の紅葉 | トップページ | 周期療法における活血化淤の応用(4) »

子宮内膜症|不妊治療と漢方薬」カテゴリの記事

不妊漢方で子宝|2006年妊娠出産」カテゴリの記事

チョコレート嚢胞|不妊治療と漢方薬」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 子宮内膜症でチョコレート嚢腫の不妊漢方相談。友達も妊娠、出産で嬉しかった話:

« 黒伏山の紅葉 | トップページ | 周期療法における活血化淤の応用(4) »