« おめでとうございます(夕暮れの初夏の月山展望) | トップページ | 朝顔と当帰の花 »

2007.07.11

薬剤師として、不妊カウンセラーになってみて

薬剤師として、不妊カウンセラーになってみて

㈱土屋薬局 薬剤師、不妊カウンセラー、国際中医専門員 土屋幸太郎

今年の3月26日に不妊カウンセラーに合格して、
5月20日に立派な認定書を頂きました。

今まで地道に婦人科のことを勉強してきたこと、またとくに半年間は追い込んで毎日勉強していましたので、不妊治療に関する医学的知識や病院での治療などをマスターしました。

同時に、カウンセリングのことも不妊カウンセラー養成講座などで研鑽を積んでいますので、店頭でも県外のお客様からのご相談でも、以前よりも満足して頂いていると思います。

通常の不妊カウンセラーの場合には、悩みをお聞きすることや、これからの治療の選択肢などを示すことで、おもに病院やクリニックなどで活躍されているようです。

養成講座に出席してみると実感しますが、不妊カウンセラーや体外受精コーディネーターの実に9割以上は、女性で占められています。

私のように若い男性で、不妊カウンセラーになり、しかも薬のプロの薬剤師の専門知識を有し、同時に中医学もマスターしている人材はそうそういないはずなので、私も自分の存在価値を十分に認識して、普段から一生懸命相談にあたっています。

治療における悩み相談や、漢方での体質改善もアドバイスできるという訳です。

体外受精を何度やっても失敗してしまう。着床障害がある。
子宮内膜症でチョコレート嚢胞がある。子宮腺筋症で痛みがつらい。
支給筋腫に悩んでいる。なかなかタイミングがうまくいかない。
人工授精が幾度も失敗してしまう。

そのような悩みのときに、漢方を利用しようと思い立つお客様が多いようです。

もちろん自然妊娠を願っているお客様もいらっしゃいます。

「少子化問題」と「こころのケア」の二面性の相談体制で、
今後とも精一杯がんばっていきたいと思います。

基礎体温表の読み方や、舌ベロなどの状態からも、
病院の治療を更に生かせる「漢方方針」を編み出していけますので、
どうぞ遠慮なくご相談してください。

梅雨の青空はもう夏色です。

どうぞ皆様、元気でお過ごししてください。

平成19年7月10日 曇り空の山形から

今度のDM用の原稿を昨日作りましたので、転載します。

|

« おめでとうございます(夕暮れの初夏の月山展望) | トップページ | 朝顔と当帰の花 »

不妊カウンセラーに向けて」カテゴリの記事

不妊カウンセラー・体外受精コーディネーター養成講座」カテゴリの記事

着床障害|不妊治療と漢方薬」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/50545/15722037

この記事へのトラックバック一覧です: 薬剤師として、不妊カウンセラーになってみて:

« おめでとうございます(夕暮れの初夏の月山展望) | トップページ | 朝顔と当帰の花 »