« 月山の初冠雪2007 | トップページ | 男性不妊の漢方。禁酒が妊娠への近道。薬膳は枸杞の実 »

2007.10.24

中医漢方男科の特長と将来性…男性不妊漢方 「性の福」は「幸福」と言える。

薬剤師、不妊カウンセラーの土屋幸太郎です。

10月21日(日)の東京銀座での講演内容です。


「中医漢方男科の特長と将来性~豊富な臨床例とともに」

天津曹開鏞中医男科医院院長・曹 開鏞教授


中医漢方男科の特長と将来性~豊富な臨床例とともに

中医漢方男科の特長と将来性~豊富な臨床例とともに

「すべての男性に漢方で元気を届け、それぞれの家庭をもっと幸せに」

曹開鏞(そうかいよう)先生の、座右の銘です。

中医漢方男科の特長と将来性~豊富な臨床例とともに

中医漢方男科の特長と将来性~豊富な臨床例とともに

曹開鏞先生は、中医漢方男科の第一人者で、多数の著作があるそうです。


当初、勤めていた病院に「中医男科」を開きたいと述べたら、却下されたので、自分で開業独立の運びになりました。

天津に病院はあるのですが、遠く湖南省からも飛行機でカップルがやって来るそうです。


天津は、私も行ったことがありますが、北京から特急で2時間くらいの街で、すごく発展しています。

テレビ塔や、また街中の食堂では、「蟹」などの料理がおいしくて、「狗不理(ゴーブリ)ビール」なども有名です。

土屋薬局の漢方コーナーにある、泥人形は本場天津の泥人形本店に、沼津の小島先生と一緒に買いにいったものです。


天津のお店で生薬の神様、李時珍(りじちん)の泥人形と、八仙人の神様たちの泥人形を購入して、北京に持って帰って、帰りの飛行機で壊れないか心配でしたが、無事に山形まで運んできました。

今度、土屋薬局に来るときには、ぜひ泥人形を見て、遠く天津を思い浮かべて頂けたら嬉しいです。

天津は、良いところです。

(注:泥人形の本場は、天津なんです)


そういえば、天津の街中で、「天津甘栗」と「天津丼」ののぼりを探しましたが、無かったですねえ。

「あれは、日本だけ」と言われて帰国しましたが、つい最近、中国の情報誌に「天津で天津甘栗」とありましたが、
怪しい記事だなあと思いました。

そうそう、天津で実際に「天津甘栗」を見ることは難しいです。


レストランで、「天津丼」のメニューももちろんありませんので、日本独自のメニューというか、名称のようですよ。

これは、南京を訪れて、「南京虫」を探したり、「南京錠」を購入しようとするのと同じことです。


男性不妊に関するスライド

年々、発生率が上昇している。

健康状況もあるし、家庭の環境もあるし、環境ホルモンなども関与しているかもしれない。

20年前から比べると、だいぶ増えてきた。

社会的ニーズが大きい。


1)満足の行く性生活は、人間の基本的な生理要求である。

2)妊娠、出産は子孫継続のための摂理である。

3)患者と社会から中医漢方男科に対するニーズが大きい。


中医漢方男科の特長と将来性~豊富な臨床例とともに

「満足のいく性生活は、人間の基本的な生理要求です」


中医漢方男科の特長と将来性~豊富な臨床例とともに

「食・色・性也」

食べる。情欲。性。は、人間の本性である。


性欲は人間の本能であり、性生活が無ければ、日常生活から楽しさが無くなってしまう。


中国のラストエンペラーの「ふぎ」は、若い看護婦さんと結婚した。

でも、「ふぎ」は性機能障害があったので、ベッドも一緒に寝なかった。

彼女は、周囲に「大事にしてくれるのは良いのだが、本当の夫婦ではない」

と洩らしていたそうだ。


「性福(せいふく」と「幸福(こうふく)」の発音は、中国語ではまったく同じである。

だから、「性の福」は「幸福」と言える。

|

« 月山の初冠雪2007 | トップページ | 男性不妊の漢方。禁酒が妊娠への近道。薬膳は枸杞の実 »

男性不妊|不妊治療と漢方薬」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 中医漢方男科の特長と将来性…男性不妊漢方 「性の福」は「幸福」と言える。:

« 月山の初冠雪2007 | トップページ | 男性不妊の漢方。禁酒が妊娠への近道。薬膳は枸杞の実 »