« 耳管開放症の漢方薬。漢方で耳鳴り、耳閉感が軽減 | トップページ | 漢方で不妊症体質を克服し子宝に恵まれたお客さまから。シカゴからのクリスマスカード(Peace,Love,Joy) »

2007.12.25

男性不妊、多嚢胞性卵巣症候群(PCOS)、体外受精、排卵障害

おはようございます。

土屋です。

最近は、山形も11月のような大雪にもならず、天候が落ち着いています。


さて、今日は最近の土屋薬局の店頭での漢方相談の紹介です。


1)基礎体温が低めのかたのご相談


低温期が35・8度くらいで、高温期が36・5度くらいです。

黄体機能不全や不正出血もありますので、漢方で対策を練っています。


基礎体温を一緒に見ていきながら、漢方相談をしていますが、今現在は、「頭痛が無くなった、立ちくらみも無くなった、生理前の腰痛も無くなり、生理痛も以前よりは痛くはない」など、体調全般はずっと良くなってきています。


基礎体温対策としては、より「温かいお腹」「妊娠しやすいお腹」にするためにも、さらに体を温めていく処方を検討しました。

伝統的な漢方処方プラス、「土屋薬局 オリジナルマカ」もお勧めすることにしたのです。


中国漢方における相談では、体質によってマカを使うときあることの一例です。



2)結婚3年目 体外受精における漢方相談


ご主人様 手足の裏がほてりやすい。夜に乾燥しやすい。

眠れなくなる、イライラもしてしまう。

舌は暗く、淤斑(おはん)がある。


火照りを解消して、補陰(ほいん)して手足の火照りを解消していくことにしました。

1ヵ月後に、手足の火照りが治って、お肌も潤ってきたとのことで、著効でした。


今回、その自覚症状を改善した状態で、2回目の体外受精をしました。


毎回、主人の精子の運動率が10パーセント前後、数も少なかったのが、今回の2回目のIVF(体外受精)では、運動率49パーセント、量も満足できるもので、最高グレードの胚盤胞移植で、そしてご懐妊されました。

今は注意深く、様子を見ているところです。


以前は、補中益気湯(ほちゅうえっきとう)を服用していたのですが、これは「寒がり、冷え性」向きの漢方ですから、「のぼせて暑がり」の方には、漢方の薬性(やくせい)が合いません。


○「のぼせて暑がり」 → 「体を温める漢方薬」 ×

→ 一層、体が温まるので合わないことが多い。


○「のぼせて暑がり」 → 「体の火照りを解消する漢方薬」 ○

→ 漢方の極意とは、「寒熱陰陽(かんねついんよう)」を調節することにあり。です。


体質を加味することの著効例です。


主人は、病院の先生からも「今回、頑張ったね」と褒められたそうですが、本人曰く「僕は、漢方を忘れずに飲むことだけですから、楽でした」とのことでした。


3)PCOS(多嚢胞性卵巣症候群)のかたのご相談


体外受精をされているとのことで、成功できるように体質改善を目指しています。


BMIが29くらいでやや肥満気味もありますので、今後、ダイエットにも有効な方法を考えていきたいと思っています。

(PCOSに限らず、BMIが29以上になると、排卵障害になりやすい)


一つ挙げると、胃腸を丈夫にする漢方もお勧めしていますが、それを服用していると、だいぶ体の調子が良いそうです。

もし私たちが、1本の柿の木だとしたら、「畑」や「根っこ」が大切です。


「胃腸を丈夫にすること」は、「畑を耕すこと」「大地から体質を変えること」になりますので、地味な方法ではありますが、確実に効き目が上がってきます。


食事からの必要な栄養が吸収され、血肉になるので、無駄な脂肪がつきにくく、同時に浮腫みにくくなります。


そうやって、適切にダイエットにも有効な処方を組み立てていければ、「PCOS」と「肥満」、そして「インスリン抵抗性」は関連性があるのですから、体外受精に関しても、排卵をスムーズにして、「質の良い卵(グレードが高い卵)」を作るのにきっと役立つはずです。

以上、最近の店頭相談よりでした。


柿の木と奥羽山脈の雪景色

<2007年12月21日 東根市観音寺 柿の木と奥羽山脈の雪景色>


土屋薬局 中国漢方通信」の本家でコラムを作成しています。

普段から漢方の本場中国で研修を受け研鑽をつみ、山形県や隣県のお客様からご利用頂き妊娠、出産の嬉しい声を聞いています。

不妊、子宝漢方相談は人にも言えずに悩んでいる方も多いです。

どうぞお気軽に漢方相談をお寄せください。


漢方/体外受精と漢方相談(2004~2008)

漢方/体外受精と漢方相談(2009~)

男性不妊、乏精子症、精子無力症、精巣静脈瘤、無精子症、TESE(2004~2008)

男性不妊・無精子症、TESE、精巣静脈瘤と漢方の併用。妊娠へ(2009~)


こちらのコラムなども参考になりましたら、幸いです。

|

« 耳管開放症の漢方薬。漢方で耳鳴り、耳閉感が軽減 | トップページ | 漢方で不妊症体質を克服し子宝に恵まれたお客さまから。シカゴからのクリスマスカード(Peace,Love,Joy) »

PCOS・多嚢胞性卵巣症候群|不妊と漢方薬」カテゴリの記事

冷え性|漢方薬」カテゴリの記事

基礎体温が低め|不妊と漢方薬」カテゴリの記事

体外受精で妊娠出産|不妊と漢方薬」カテゴリの記事

不妊漢方で子宝|2007年7~12月妊娠出産」カテゴリの記事

男性不妊|不妊治療と漢方薬」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 男性不妊、多嚢胞性卵巣症候群(PCOS)、体外受精、排卵障害:

« 耳管開放症の漢方薬。漢方で耳鳴り、耳閉感が軽減 | トップページ | 漢方で不妊症体質を克服し子宝に恵まれたお客さまから。シカゴからのクリスマスカード(Peace,Love,Joy) »