« 乳がんの疫学と薬物療法まで(3) | トップページ | 男性不妊、精子無力症の漢方相談。人工授精。2度の流産3度目の妊娠出産 »

2008.02.28

あごの下のにきび10年間と漢方、検査したら高プロラクチン血症だった。

おはようございます。

薬剤師、不妊カウンセラーの土屋幸太郎です。

今日は「にきびと漢方」という話題ですが、私は北京中医医院で皮膚科の研修を受けた経験があります。

最近は、にきびの相談が増えてきました。

当店のお客様の層が若返ったのでしょうか、20~30代のお肌の相談が多いです。



<お肌の症状>

30代の方で、にきびがあごの下に10年間。

生理前はひどくなりやすい。

首にもでやすい。

なかなか治らないので、皮膚科にも通院していないし、抗生剤や軟膏など使いたくない。



<婦人科のこと>

婦人科でカバサールを服用しています。

脳下垂体からのプロラクチンの分泌が多いそうです。(高プロラクチン血症)


既婚者ですが、婦人科には「不妊」で通ったでのはなくて、にきびがあまり治らないので、化粧品屋さんで「婦人科で女性ホルモンの検査をしてみたら?」と言われたからだそうです。

お化粧品屋さんて、凄いんですね。

ビックリです。


その化粧品屋さんの助言どおりに、婦人科でホルモン検査をしたら、プロラクチンが高い高プロラクチン血症が分かったそうでカバサールを週に1度服用しています。


初潮は12歳

生理周期30日、生理7日間


生理痛は初日がつらく、鎮痛剤も服用します。

生理前にイライラ、胸の張り。



<体全身のこと>


寝ても疲れがとれない。

夜は24時に寝て、朝は6時に起きます。

食欲ある。便秘気味で3日に1回。小水は正常。

冷え性で、手足が冷える。

コーヒー、タバコ、アルコールなどの習慣はありません。



<土屋薬局の漢方の考え方>


にきびは、熱(ねつ)、淤血(おけつ)、痰湿(たんしつ)など、さまざまなタイプがありますが、10年間慢性的なにきびで、あまり赤みは感じません。

お肌の色とほとんど同じようなにきびです。


唇の色が紫色で、顔色も少し白っぽい感じですので、血(けつ)の不足の「血虚(けっきょ)タイプ」と考えました。

同時に、生理前にあごの下のにきびがひどくなりやすい、生理前にイライラしやすい、胸が張りやすいという情報から「気滞(きたい)」も「血虚(けっきょ)タイプ」に絡んでいると推測しました。



<お勧めした漢方薬>


1)養血調経(ようけつちょうけい)で血流たっぷりの漢方薬


お肌も生理も、共通するテーマは「28日」です。

お肌のターンオーバーは「28日」

生理のリズムも「28日」

ですから、生理を整えつつ、にきび対策を同時にする処方です。


2)疏肝理気(そかんりき)でストレス解消の漢方薬


既婚者で、まだお子様がいらっしゃらない不妊とのことですから、プロラクチンにも良く、生理前のイライラ、胸の張りなどの症状の状の軽減も考慮に入れて、疏肝理気(そかんりき)の漢方をお勧めしました。

ストレスを解消して、プロラクチン対策と、にきびの両面に良い処方です。


生理前の「あごの下のにきび」ですと、過去の相談例では、これら周期療法のような方法で、治っているかたが多く当店には実績があります。


そのような考えのもと、「養血調経」で血流たっぷりの漢方薬と「疏肝理気」でストレス解消の漢方薬
の2つでお肌のリズムと生理のリズムを整えていく計画です。

顔色が良くなったり、朝から元気に活動できるよう健康になってもらいたいです。


「肌は内臓の鏡」です。


「肘折温泉の雪ダルマ」 前夜は雪灯篭祭り

<2008年2月10日 「肘折温泉の雪ダルマ」 前夜は雪灯篭祭り>


にきび/漢方薬」もご覧ください。

|

« 乳がんの疫学と薬物療法まで(3) | トップページ | 男性不妊、精子無力症の漢方相談。人工授精。2度の流産3度目の妊娠出産 »

にきび|漢方薬」カテゴリの記事

高プロラクチン血症|不妊と漢方薬」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/50545/40298556

この記事へのトラックバック一覧です: あごの下のにきび10年間と漢方、検査したら高プロラクチン血症だった。:

« 乳がんの疫学と薬物療法まで(3) | トップページ | 男性不妊、精子無力症の漢方相談。人工授精。2度の流産3度目の妊娠出産 »