« 若木山の桜 | トップページ | カンジダ膣炎、にきびの漢方相談 »

2008.04.30

女医さんの不妊症漢方相談 「不妊は毎月治療でき毎周期にチャンスがある」

こんにちわ、薬剤師、不妊カウンセラーの土屋幸太郎です。

ブログなのに、久しく更新が滞ってしまいました。

さて、最近の店頭で漢方相談していて、心の中に残っていることを書き記したいと思います。

不妊症の子宝相談が多い土屋薬局
です。

まずは、お客様のKさまが久しぶりに来店されました。

「親子三人」での来店だったことです。

Kさまは、平成16年7月26日が初めての相談。

結婚1年半で無排卵。

クロミッドを2回服用してご懐妊されたが、子宮外妊娠で左の卵管を摘出されていました。


経過は、「子宮外妊娠後の漢方相談」にも記載しておりますが、その後無事に今年の2月に自然分娩で安産で、元気なお子様を出産されました。

目鼻がパッチリとした好男子の赤ちゃんで、とにかくビックリしたのですが、家族3人とも元気そうで本当に良かったなあと思いました。

Kさまとの相談で私も勉強になったことは、漢方でも十分に排卵障害に対応できる場合があり、自然妊娠に役立つ可能性が十分にあることでした。

それ以来、無排卵のかたのご相談には、積極的に応じています。


次に、先週のご相談だったのですが、女医さんからの相談がありました。

D3でFSHが6~7だったのが、最近の検査でFSHが18に上がっていてショックを受けたそうです。

セロフェン、HMG、HCG、プラノバールで、セロフェンの服用により子宮内膜が5ミリと薄くなったこと。


今度、3個凍結しているのを、戻されるので、その間に漢方で「健康な体作り、子宮内膜を整えたい」とのことでした。

やはり専門職なので、お話がスムーズで私も相談がしやすかったです。


医師の立場から言えば、「疾患では「一生に一度しか治療できないチャンスの病気」は多々あるが、不妊の場合には、毎月治療できる。毎周期に治療できるチャンスがあるので、積極的に考えています。」というお言葉が印象的でした。

また「私は専門職で知識があるのでパニックにはなりませんが、普通の女性の人だったら、右往左往に迷ってしまうのではないか」とも申していました。

うーん、なるほどと思いながら、私曰く「最高の漢方」をお勧めさせて頂いております。

今日は、最近印象的な話の紹介でした。

桜じゅうたんの若木山公園

<2008年4月25日 桜じゅうたんの若木山公園>

ラフランスの花

<2008年4月25日 ラフランスの花>

土屋薬局 中国漢方通信/漢方専門の薬剤師、不妊カウンセラーが相談します。

土屋幸太郎・薬剤師、不妊カウンセラー(@tutiyak) - Twilog

土屋幸太郎・tutiyakツイッター

土屋薬局 中国漢方通信メールマガジン

漢方のご相談方法は、漢方相談表、またはファックス電話で受け付けています。

詳しい漢方相談の方法はこちらからで説明しています。



所在地 山形県東根市神町中央1-10-7
Google mapによる所在地

営業時間 第二、第四日曜日お休みです。

平日 午前8時~午後7時  土祭日 午前8時~午後6時

メールアドレス JDY00247@nifty.com

電話 0237-47-0033 漢方電話相談室 0237-48-2550 Fax 0237-49-1651


<最近、仙台から毎週のようにお客様が来店いらっしゃっています!>


仙台方面からのご来店の場合には、お車でのご来店、または仙台駅前の旧仙台ホテル跡の複合商業施設のEDEN前のバス停から「山形新庄行き」48ライナーの山形交通のバスをお勧めしています。さくらんぼ東根駅下車です。1時間に1本あります。約1時間15分です。

さくらんぼ東根駅に到着されましたら、当店のスタッフがお迎えにまいりますので、お気軽に前もってご予約のうえご来店頂けたらと思います。


携帯からは、こちらをクリックしてください。→土屋薬局のグールグルマップ


大きな地図で見る

|

« 若木山の桜 | トップページ | カンジダ膣炎、にきびの漢方相談 »

子宮外妊娠後|不妊と漢方薬」カテゴリの記事

FSHが高い|不妊治療と漢方薬」カテゴリの記事

不妊漢方で子宝|2008年妊娠出産」カテゴリの記事

体外受精で妊娠出産|不妊と漢方薬」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 女医さんの不妊症漢方相談 「不妊は毎月治療でき毎周期にチャンスがある」:

« 若木山の桜 | トップページ | カンジダ膣炎、にきびの漢方相談 »