« 独歩丸について講演してきました。 | トップページ | 無排卵・無月経。子宮外妊娠後卵管摘出から不妊漢方で子宝! »

2008.05.27

慢性頭痛、アルツハイマー、不妊症、子宮内膜症、PCOS,子宮筋腫などの漢方対策

山形市ホテルサンルート 張先生の講演より

<2008年5月25日 山形市ホテルサンルート 張先生の講演より>


独歩丸について」の講演会は、二部構成でして、前半が私こと土屋幸太郎の講演で、後半は張立也先生の「薬局でできる下肢循環障害の早期検査方法と弁証」でした。


ともに「痺証(ひしょう)」の痛み、しびれがテーマですので、話を聞いて参考になったことをメモとしてアップしていきます。


○頭痛:何年も慢性頭痛が治らない患者さんがいた。


頂調顆粒+冠元顆粒+田七人参でよく効いた。

徐々に痛みが和らいだ。

60歳のかたの慢性頭痛だった。



○親指の痛み→肝系→補血(ほけつ)


○かかとの痛みは、補腎(ほじん)


○膝の痛みは、潤いのあるものが良い。


たとえば、独歩丸+杞菊地黄丸


杞菊地黄丸は、骨の潤滑剤として。

杞菊地黄丸は、補腎、補陰。

独歩丸、冠元顆粒、水快宝、イーパオと相性が良い。



○漢方薬は、一回服用して痛みが良くなるのではなくて、体調を整えて、痛みを和らげていきます。

鎮痛剤ではないので、まずは体が温まったり、体調が良くなって、元気になって、痛みが和らいでいきます。

継続して長期間服用できます。



○車椅子で来店されたお客様が、杞菊地黄丸+冠元顆粒を3年間の長期に渡り服用を続けて、アルツハイマーが良くなった。


○不妊症、子宮内膜症、PCOS,チョコレート嚢胞、子宮筋腫に水蛭が免疫調整する。


朝 冠元顆粒 昼 水快宝10粒 夜 冠元顆粒

または

朝 冠元顆粒 水快宝5粒 夜 冠元顆粒 水快宝5粒


○独歩丸+イーパオ→痛みの組み合わせ


2週間服用すれば、何か効き目が分かる。

+杞菊地黄丸、水快宝、冠元顆粒


○冠元顆粒の活血の温燥に +

涼、潤な漢方を組み合わせる。


杞菊地黄丸

婦宝当帰膠

麦味参顆粒

天王補心丹 →睡眠がとれないとき、血(けつ)を増やす。

温胆湯


以上です。

やはり漢方勉強会に出席すると、とても参考になります。


講演会終了後は、張先生をイスクラ産業のKさんと一緒に、山形駅まで見送りに行きました。


ホテルから3人で歩きながら、「独歩丸は素晴らしいですね、私も好きです」など、独歩丸談義に花を咲かせながらの帰路でした。

誰が使っても一定の効き目がある漢方薬は、そうそう探してもありませんので、独歩丸は「日中友好の財産」でもあると言えると思います。


膝の痛み絶対解消大辞典」です。

年配のかたの膝の痛み、若い方のマラソンやフラメンコなどの運動による膝痛、O脚による膝痛、軟骨のすり減りなど膝や足腰でお悩みのお客様が多いです。

病院の治療などうまくいかないときなど、ぜひ土屋薬局まで膝痛の漢方相談をお寄せください。

膝痛と漢方」こちらも参考にしてください。

|

« 独歩丸について講演してきました。 | トップページ | 無排卵・無月経。子宮外妊娠後卵管摘出から不妊漢方で子宝! »

何先生や中医師の先生から漢方のこと聞いたこと」カテゴリの記事

勉強会(2004~2008)」カテゴリの記事

子宮内膜症|不妊治療と漢方薬」カテゴリの記事

痛み、しびれ|漢方薬」カテゴリの記事

腰痛|漢方薬」カテゴリの記事

膝痛|漢方薬」カテゴリの記事

風邪|漢方薬」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/50545/41336758

この記事へのトラックバック一覧です: 慢性頭痛、アルツハイマー、不妊症、子宮内膜症、PCOS,子宮筋腫などの漢方対策:

« 独歩丸について講演してきました。 | トップページ | 無排卵・無月経。子宮外妊娠後卵管摘出から不妊漢方で子宝! »