« 漢方体験でアトピーが軽減した嬉しいコメント頂きました。 | トップページ | 男性不妊 »

2009.04.20

聖路加国際病院婦人科 「男性と不妊」 二人で協力して支えあうべき

おはようございます!


昨日、一昨日と東京で中医不妊症専門講座「テレビお茶の間講座スクーリング」を研修してきました。

聖路加国際病院女性総合診療部部長・佐藤孝道先生の講演でした。


テーマは「男性と不妊」でしたが、大きい結論を述べますと「不妊は、夫婦の問題なのだから、男性不妊だけ、女性不妊だけでなくて二人で協力して支えあうべきだ。一方だけが悪いのではない。」ということです。


佐藤先生は女性が大好きなので、奥様に付き添ってきた主人の態度が非協力的だったり、ふん!とした態度だと、とてもやりにくいし、自分の気持ちも嫌だと申していました。


東京はすっかりの葉桜で、皐月が咲いて、花水木も咲いていました。

山形は、ちょうど昨日あたりがお花見日和だったようです。

桜前線北上中です。


薬剤師、不妊カウンセラー、国際中医専門員A級 土屋幸太郎


○4月25日(土)

薬剤師、不妊カウンセラー 土屋幸太郎は午前中の相談です。

午後1時半から、漢方相談歴45年の薬剤師 土屋信一が相談を担当します。
1)高血圧 2)腎臓病(腎不全) 3)便秘 などの相談を得意としています。


○4月26日(日)

漢方相談歴45年の薬剤師 土屋信一が相談を担当します。

薬剤師、不妊カウンセラーの土屋幸太郎は、仙台で南東北中医薬研究会主催の研修会に参加しています。

お電話でご予約お願いします。
遠方のかたは、電話やメールでご相談をお寄せください。こちらから

これ以外にも平日も相談大丈夫です!
電話で希望の日にち、時間帯を指定して、予約お願いします。

花咲く若木山(おさなぎやま)

<2009年4月16日 花咲く若木山(おさなぎやま)>

花咲く若木山(おさなぎやま)

|

« 漢方体験でアトピーが軽減した嬉しいコメント頂きました。 | トップページ | 男性不妊 »

男性不妊|不妊治療と漢方薬」カテゴリの記事

今週の漢方相談会 2009年」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 聖路加国際病院婦人科 「男性と不妊」 二人で協力して支えあうべき:

« 漢方体験でアトピーが軽減した嬉しいコメント頂きました。 | トップページ | 男性不妊 »