« 聖路加国際病院婦人科 「男性と不妊」 二人で協力して支えあうべき | トップページ | 男性不妊(2) »

2009.04.21

男性不妊

Imgp1052

聖路加国際病院の佐藤孝道先生から、先日18日に男性不妊について教えて頂きました。

Imgp1055

精子のことを勉強したり

Imgp1058

私たちからの質問にも回答して頂きました。


勉強した内容は、ざっと

○男女とともに初婚年齢が上がっていること。

○出産年齢も上がっていること。

○女性年齢の高齢化により

妊娠率が低下、流産率が高くなる、トリソミー型染色体異常の児を妊娠する可能性が高くなる。

○男性年齢の高齢化により

精液所見が悪化する。30歳ごろから低下。

妊娠率が低下する、自然流産率が高くなる、トリソミー型染色体異常の児を妊娠する可能性が高くなる。


○不妊の原因


排卵障害、ピックアップ障害、卵管閉鎖、子宮筋腫、子宮内膜症、内膜ポリープ、頸管粘液不良、受精障害、ED(性交障害)、無精子症、乏精子無力症、抗精子抗体など


○不妊のおもな原因

☆女性因子

●卵管因子…30%

●排卵因子…10%

●子宮因子…数%

●頸管因子…数%

●着床因子…数%


☆男性因子

…30~40%

精子因子、性交障害など


☆原因不明…約20%


○「男性不妊」を強いて定義すれば

女性を妊孕させる能力が低下した状態

妊孕力を持った精子を作り、射精し、女性に送り届ける能力


|

« 聖路加国際病院婦人科 「男性と不妊」 二人で協力して支えあうべき | トップページ | 男性不妊(2) »

勉強会(2009)」カテゴリの記事

男性不妊|不妊治療と漢方薬」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 男性不妊:

« 聖路加国際病院婦人科 「男性と不妊」 二人で協力して支えあうべき | トップページ | 男性不妊(2) »