« おもひでぽろぽろ(前編)…紅花の山形路 | トップページ | おもひでぽろぽろ(後編)…紅花の山形路 »

2009.07.08

おもひでぽろぽろ(中編)…紅花の山形路

紅花の写真を撮ったので、かなり満足しましたので帰ろうとしましたら、
おばあちゃんが「ちょっと待って。紅花あげるから」と言って
紅花を私のために摘んでくれました。

Imgp7349090708

<2009年7月7日 今朝の作業で採れた紅花>

紅花の色は、鮮やかですね~。

昔の人が紅花染めを愛したことなど、これを見れば納得です。

Imgp7352090708

Imgp7353090708

Imgp7354090708

紅花は、新聞紙で包んでくれました。

私のために、家で鑑賞できるようにと、
蕾の部分を多いところを摘んでくれました。

新聞紙は、ご自身が使う絆創膏で留めてくれたのには、
けっこう感激しました。

Imgp7368090707

これが、おばあちゃんの手です。

紅花は、棘(とげ)がありますから、
指に刺さって痛くなるのだそうです。

これでもだいぶ作業したから、指の皮が厚くなったんだとおっしゃっていました。

朝の4時起きでの作業です。

日が高くなると、朝露が無くなるので、
痛くてとても紅花摘みは出来なくなるそうです。

Imgp7355090708

朝露がご覧になれますか?

Imgp7369090707

おばあちゃんの働く手。

とても尊いと思います。


映画「おもいでぽろぽろ」では、東京出身のOLが田舎に憧れていた少女時代の自分がいて、夏休みに山形の親戚の家に遊びに行く間に、「もう一人の自分」と向き合う、そんな映画でした。

「自分探しの旅」とは、人生もまた「旅」のようなものですから、あの映画に共鳴している人も、きっと主人公と一緒に自分を見つめて、そして本当の自分の居場所なども考えるのだと思います。

明日は、久々に紅花の「漢方コラム」を書いてみたいと思います。

|

« おもひでぽろぽろ(前編)…紅花の山形路 | トップページ | おもひでぽろぽろ(後編)…紅花の山形路 »

ココログ版漢方(無名)コラム・2009」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/50545/45572174

この記事へのトラックバック一覧です: おもひでぽろぽろ(中編)…紅花の山形路:

« おもひでぽろぽろ(前編)…紅花の山形路 | トップページ | おもひでぽろぽろ(後編)…紅花の山形路 »