« ふわふわしためまいと微熱 | トップページ | ご出産の電話 »

2009.12.16

漢方体験:子宮内膜症で片方卵巣切除、受精障害を超えて

おはようございます。

薬剤師、不妊カウンセラーの土屋幸太郎です。

昨日、一昨日と朝カーテンを開けると屋根にはうっすらと雪が積もり、銀世界の模様を映し出している山形です。

ぐっと冷え込んできて、冬将軍の訪れに季節の変化を感じています。

さて、毎月2回、5日と15日に土屋薬局ではメールマガジンを発行しています。

昨日の今年最後のメールマガジンより転載します。



 // ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
●●  1.巻頭コラム 「漢方体験:子宮内膜症の方のご出産」

漢方体験:子宮内膜症で片方卵巣切除、受精障害を超えて
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


先日、久しぶりにお客様Mさまが来店されました。、

息子さん、3歳になるそうで、可愛らしかったです。


来月、体外受精での胚移植の予定で2個凍結していて、うち1個を戻すそうです。

冷え性が変わらずありますが、体調は変わりありません。

食欲あります。

便秘気味です。

前回の漢方相談では、漢方の効き目もあったと思うと嬉しいコメントを頂きました。

掲載許可を頂きましたので、コラム作成します。


○平成17年7月7日 漢方相談日


Mさま 29歳


子宮内膜症

平成15年1月にチョコレートのう腫でラパロで手術しました。

右の卵巣病巣を切除しました。

子宮筋腫は、平成17年3月に手術しました。(ラパロ)


体外受精は、6月30日に採卵して7月1日に受精した結果が、13個採卵のうち受精は0でした。

グレードは問題ありませんでしたが、受精障害でした。


次のステップアップは顕微授精で10月に実施する予定です。


舌は、痰紅で、苔は薄白です。


頭痛は月に1~2回。

夜は眠れます。

小さい頃から目まいがあります。

食欲あります。胃もたれ、胸焼けはありません。

便秘でプルゼニド4錠を服用して、それでも駄目なときは下痢です。

手足が冷え、とくに足首から下は冷えやすいです。

生理の2~3日前はイライラします。

当店からお勧めした漢方薬


養血調経

丹参製剤

ピクノジェノール配合漢方薬



○平成17年8月10日 漢方相談日


今周期からカウフマン療法2周期します。

10月に体外受精を実施する予定です。


漢方薬は、同じものをお勧めです。

次回からは、鹿茸製剤も検討していきたいです。


○平成17年9月3日 漢方相談日


カウフマン1回目が終わるところ。

(夜勤が月に9回あります)


ふだんは10~11時には寝ています。

漢方を服用してからは、あまり疲れなくなりました。


便秘は、プルゼニド4錠でも効かないときがあって、カマ(酸化マグネシウム)も効かないときがあります。


漢方薬は、


養血調経

鹿茸製剤

ピクノジェノール配合漢方薬


の3種類をお勧めです。



○平成17年9月22日 漢方相談日


2回目のカウフマン中です。

来月に生理が来てから実施する予定です。

体調は変わりありません。


養血調経

丹参製剤

ピクノジェノール配合漢方薬

鹿茸製剤



○平成18年1月11日 漢方相談日


ICSI(顕微授精)で3つ胚盤胞までいって凍結しました。

1月23日に1個戻す予定です。

10月末に実施して、11月初めに凍結しました。

1月18日に内膜のチェックをする予定です。

食欲ある。便秘気味、風邪気味。


子宮内膜は、8ミリのときがありました。

9ミリあったほうが良い。


漢方薬は、


養血調経

鹿茸製剤


です。



○平成18年1月26日 漢方相談日


13日に移植しました。

仕事はお休みしています。

便秘気味で、プルゼニド4錠服用しています。

食欲あります。

体は冷やさないようにしています。


漢方薬は、


養血調経

鹿茸製剤



○平成18年10月20日 漢方相談


めでたく出産されて授乳中です。

9月20日に出産でした。



○平成21年11月30日 漢方相談日


来月に胚移植の予定です。

2個凍結していて、1個戻す予定です。

冷え性は変わらずですが、体調は変わりありません。


食欲あります。便秘気味。2~3日に1回。

仕事は頑張っています。


当店からの漢方薬は、


養血調経

鹿茸製剤


の2種類を再度お勧めです。


前回の体外受精のときには、漢方の効き目もあったと思います。



まとめ


初めの体外受精のときには「チョコレートのう腫の手術後で、体外受精が13個とも1つも受精しなかった」と、Mさまが落ち込み気味でしたので、励ましながら漢方相談を担当させて頂いたことを昨日のように覚えています。

それから5年後、今度は3歳の可愛い男の子と一緒のご来店で、前回のときの凍結胚を戻されるとのことで、今回もうまくいってほしいなあと思いました。

成功を願っております。


薬剤師、国際中医師、不妊カウンセラー 土屋幸太郎



チョコレート嚢腫、子宮腺筋症、子宮内膜症の漢方薬

子宮内膜症、子宮腺筋症に効く漢方薬

土屋薬局 中国漢方通信のこちらのコラムなども参考になりましたら、幸いです。


若木山から眺めた月山と葉山

<2009年12月9日 若木山から眺めた月山と葉山>

月山、冠雪となりました

月山です。

やはり冠雪の白い帽子が月山には似合います。

葉山の風景です

葉山です。

葉山も凛とした美しさがあります。

中医学に詳しい薬剤師(国際中医師)、不妊カウンセラー(NPO法人不妊カウンセリング学会認定)による親切な相談。じっくり話を聞いて一人一人の体質や年齢、症状に応じて相談しています。どうぞお気軽にお声をかけて下さい。

京都平安神宮 妻と

土屋幸太郎 <2011年4月16日 京都平安神宮で 妻と>

土屋薬局 中国漢方通信/漢方専門の薬剤師、不妊カウンセラーが相談します。

土屋幸太郎・薬剤師、不妊カウンセラー(@tutiyak) - Twilog

土屋幸太郎・tutiyakツイッター

|

« ふわふわしためまいと微熱 | トップページ | ご出産の電話 »

子宮内膜症|不妊治療と漢方薬」カテゴリの記事

体外受精で妊娠出産|不妊と漢方薬」カテゴリの記事

チョコレート嚢胞|不妊治療と漢方薬」カテゴリの記事

不妊漢方で子宝|2009(7月~12月)妊娠出産」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 漢方体験:子宮内膜症で片方卵巣切除、受精障害を超えて:

« ふわふわしためまいと微熱 | トップページ | ご出産の電話 »