« ヒメシャガと若木山展望 | トップページ | 今週の漢方相談会~さくらんぼの花 »

2010.05.15

精子数が増えた話しです。顕微授精から人工授精レベルへ

こんにちは。

薬剤師、不妊カウンセラーの土屋幸太郎です。


昨日の夕方にカップルのお客様が来店されまして、大学病院から帰路で立ち寄って頂きました。


精子数が数百万だったので、「体外受精の顕微授精(ICSI)でしか妊娠できないでしょう」と先生から言われていて、なるべく自然に授かりたいというご希望でしたので、先月に漢方相談をさせて頂きました。


体質的には、私には「やや熱っぽい」陰虚傾向を感じました。

陰虚とは、体が熱っぽく、のぼせやすいような体質を指します。


それに対応する漢方2種類。

1日3回服用できちんと服用していきます。


その後、昨日のお話では精子数が3700万まで増えていたので、「本当にビックリ、お医者さんもビックリしていました。顕微授精(ICSI)から人工授精(AIH)レベルになりました!」という報告でしたので、良かったなあと思った次第です。

Imgp8741

<2010年5月1日 花咲く若木山公園>

|

« ヒメシャガと若木山展望 | トップページ | 今週の漢方相談会~さくらんぼの花 »

男性不妊|不妊治療と漢方薬」カテゴリの記事

我が家の庭 2010~」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 精子数が増えた話しです。顕微授精から人工授精レベルへ:

« ヒメシャガと若木山展望 | トップページ | 今週の漢方相談会~さくらんぼの花 »