« メールマガジンVOL168号(2011・09・05)刊行しました。ぜひご購読を! | トップページ | 体外受精を20回以上された不妊症40代の方へ…補腎の子宝漢方 »

2011.09.07

突発性難聴、耳鳴りが漢方で耳閉塞感も耳詰まり、聴力も改善しました。

40代、女性のかたの「難聴、耳鳴り」の漢方相談を受けました。

今年の4月に「突発性難聴」を発症して以来、「難聴」と「耳鳴り」に悩まされています。


ストレスが溜ってきたときや天気が崩れるときに悪化しやすいです。

耳鼻科では、「突発性難聴」の「難聴」と「耳鳴り」対策としてメチコバール、アデホス、イソバイドを服用中です。


20代のときに「メニエール病」にかかり、その後後遺症で寝込んだこともありましたが、その後10年間は発作も起こらずに完治したものだと思い込んでいました。


今年の4月に突然右耳が聞こえなくなり「突発性難聴」と診断され10日間入院しステロイドの点滴治療。

聴力は8割くらい改善しましたが、以前より聞こえが悪いです。


そしてまた先月の8月に右耳が聞こえなくなり、「突発性難聴」の再発で4月と同じステロイドの点滴治療を受けました。

今回はあまり「聴力」が回復している感じがしません。

「耳鳴り」も強くまた再発するのではと心配です。



恩師の中医師の先生に「漢方における突破性難聴、耳鳴りの漢方対処方法」を相談してみました。


「突発性難聴は急性期の治療が大事です。

今までの病院での治療は良かったと思います。

聴力が回復していないのは、内耳に原因。

内耳性難聴です。

三半規管、蝸牛も原因です。

ストレスがあったかもしれない。


漢方処方としては牛膝と車前子が配合されている補腎(ほじん)の漢方薬と丹参(たんじん)の漢方製剤そして「神様が枕元で教えてくれた漢方」の3つがいいです。


補腎の漢方薬は、牛膝と車前子が含まれた補腎薬で、補腎とは耳の症状を軽減していくことです。

内耳、蝸牛、三半規管にリンパ液が溜まっている可能性がある。

またそれらはめまいや、若いときにメニエルだったことからも推測される。


「耳鳴りに強い補腎の漢方薬」よりは利尿効果が期待できて、耳の症状を軽減していくことに期待できる。


丹参漢方製剤は、耳周りの血流を改善して、内耳の症状に効き目があります。


「神様が枕元で教えてくれた漢方」は、補腎効果があり安神(あんじん)作用もあるので、睡眠が良くなり、精神を安定させ、耳鳴りにも効果を期待できます。


牛膝と車前子が含まれた補腎の漢方薬+丹参の漢方製剤+「神様が枕元で教えてくれた漢方」の組み合わせは、補腎+活血+安神の相乗効果があります。


ポイントは、1)これ以上悪くならない  2)良くなっていくし、病院の薬の効き目もより良くなります。


突発性難聴は、漢方の組み合わせは単品では無理、2品目は普通、3品目は必要とのことで3つ合わせて服用したほうが良い。

漢方で体力を上げて、内耳、蝸牛、三半規管のリンパの流れを良くすることが大切です。


ちなみに「神様が枕元で教えてくれた漢方」の代わりに「サネブトナツメの種子が配合されている漢方」を使う方法もあります。

「サネブトナツメの種子が配合されている漢方」は、補血効果を期待します。

生理直後に頓服したり、血虚傾向(貧血、血圧↓)などのときなどに、補血効果で心血虚の改善を狙います。


ガンや難しい病気の場合でも漢方に取り組む。

患者さんが 1)これ以上悪くならないこと 2)患者さんによく説明すること などが大事です。


2011年9月20日追記


漢方を服用して調子が悪くなったと言われる場合には?

→もし漢方を服用しての副作用でしたら、たとえばずっと下痢が続くとか副作用が長引くことはありえないこと。

また1)体質が絡んでいるので、食生活や生活習慣などにも起因していることを根気よく説明すること 2)漢方の服用方法を変えること、たとえば食前、食間の服用だったら食後30分に服用方法を変えることなど。


ナツメは傷寒論、金匱要略の8割に処方されているもの。

症状を穏やかに改善できる。

たとえば竜胆瀉肝湯の苦味を消すことができる。

我が家の庭 朝顔

<2011年8月29日 我が家の庭 朝顔>



○2011年10月14日追記です。


お客様からの嬉しいコメントを頂きました。(^^)


「突発性難聴、耳鳴りの漢方薬を飲み始めてちょうど3週間が経ちました。

飲み始めてから2週間は耳の詰まった感じが続き、耳鳴りも大きく、めまいの発作が起きたりで、このまま耳が聞こえなくなってしまうのかも・・・とかなり落ち込みました。

それが今週に入ってから耳の詰まった感じがなくなり、突難にかかって以来、『ぼわ~ん』『きーん』という2つの耳鳴りに悩まされていたのですが、『ぼわ~ん』という耳鳴りがあまりしなくなり、時には耳鳴りのことを気にせず過ごせるまでになりました。

土屋薬局様に薦めていただいた難聴と耳鳴りの漢方薬の効果が出てきたようで嬉しい限りです。」



○2011年11月11日 漢方体験談の追記です。


2か月にわたる漢方薬の服用で、耳の圧迫感、耳の詰まった感じの「耳閉塞感」がほとんどなくなり、「耳鳴り」も日常生活であまり気にならないくらい回復しました。

月に1回の聴力検査も再発する前にまで「聴力」が回復して、日常生活には支障がなくなり、健康のありがたさを実感してとても嬉しく思っています。


耳鳴り、突発性難聴/漢方薬」のスレッド全体も参考になりましたら望外の喜びです。


耳鳴りの漢方相談。不快な耳鳴りを漢方で何とかしたい!

はてなブログ「耳鳴りの漢方に関する話題」こちらも参考になりましたら、幸いです。



耳鳴り、突発性難聴の漢方相談お気軽にお寄せくださいね。


所在地 山形県東根市神町中央1-10-7
Google mapによる所在地

営業時間 第二、第四日曜日お休みです。

平日 午前9時~午後7時  土祭日 午前9時~午後6時

メールアドレス JDY00247@nifty.com

電話 0237-47-0033 漢方電話相談室 0237-48-2550 Fax 0237-49-1651


仙台方面からのご来店の場合には、お車でのご来店、または仙台駅前の旧仙台ホテル跡の複合商業施設のEDEN前のバス停から「山形新庄行き」48ライナーの山形交通のバスをお勧めしています。さくらんぼ東根駅下車です。1時間に1本あります。約1時間15分です。

さくらんぼ東根駅に到着されましたら、当店のスタッフがお迎えにまいりますので、お気軽に前もってご予約のうえご来店頂けたらと思います。


山形県県内、朝日町 飯豊町 大石田町 大江町 大蔵村 小国町 尾花沢市、金山町 上山市 河北町、川西町、寒河江市 酒田市 鮭川村 庄内町 白鷹町 新庄市、高畠町 鶴岡市 天童市 戸沢村 長井市 中山町 南陽市 西川町 東根市 舟形町 真室川町 三川町 村山市 最上町 山形市 山辺町 遊佐町 米沢市。

お隣の新潟県、福島県、秋田県、宮城県、仙台市などにお住いでご来店できる方はぜひ山形県東根市の土屋薬局まで漢方相談をお寄せくださいね。

一緒に頑張りましょう!

|

« メールマガジンVOL168号(2011・09・05)刊行しました。ぜひご購読を! | トップページ | 体外受精を20回以上された不妊症40代の方へ…補腎の子宝漢方 »

メニエール病/漢方薬」カテゴリの記事

何先生や中医師の先生から漢方のこと聞いたこと」カテゴリの記事

耳鳴り、突発性難聴/漢方薬」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/50545/52669284

この記事へのトラックバック一覧です: 突発性難聴、耳鳴りが漢方で耳閉塞感も耳詰まり、聴力も改善しました。:

« メールマガジンVOL168号(2011・09・05)刊行しました。ぜひご購読を! | トップページ | 体外受精を20回以上された不妊症40代の方へ…補腎の子宝漢方 »