« 漢方服用後の卵管留水腫や子宮内膜ポリープの方のご懐妊、ご出産 | トップページ | 子宮腺筋症の漢方相談です “あれーきれいになっているんですが、ピルとかホルモン剤処方してもらって飲んでました?” »

2013.02.06

卵管閉塞、子宮内膜症、チョコレートのう腫、カウフマンの漢方相談…<卵巣機能を上げるには→補腎すること>…陽虚…ポリープができやすい、子宮内膜増殖症

こんにちは。

薬剤師、不妊カウンセラーの土屋幸太郎です。

東京方面、雪降りとのことで全国的に寒くなりそうですから、みなさまにはお体気をつけていって頂きたいです。

通勤など渋滞しないといいですね。


さて、昨日の夜に平成25年度第一回目の中医不妊症TVお茶の間講座に参加しました。

薬局が終わったあとの20時から22時まで、パソコンのテレビ電話のシステムを使い、全国北海道から沖縄県までの漢方薬局の先生方とチューターの陳先生の「性腺軸」の講義でした。

初回からずっと参加している10年選手の私ですが、今年は基礎からやり直そうと思って、不妊症の漢方の周期療法の基礎の基礎から勉強やり直しです。


それで昨日受講した感想は「目からウロコ」でしてすごく感激しました。

確かに漢方で不妊症、子宝相談をするコツ、極意をつかんだような気がします。

大いに自信がついてきました。


さて、今日は昨年の10月16日に開催された中医不妊症TVお茶の間講座 「卵管閉塞」のことを記録していきたいです。



35歳の女性の方です。

162センチで48キログラムです。

結婚5年目、チョコレートのう腫が前年の11月に診断されました。

初潮は11歳、周期は26日間。月経期間は7日間で2日目に出血が多いです。

経血の色は暗紅で、血塊が混ざります。

生理痛が酷いです。


腰痛、性欲低下、寒がり、冷え性、口渇、のぼせ、立ちくらみ、憂鬱、イライラ、下腹部が時々痛い、月経痛です。


漢方薬局の先生のほうからは、養血調経、補腎補陰、二至丹、水蛭製剤、5つの花の生薬など、周期に合わせて漢方をお勧めしていて、全国の薬局の先生方と検討することになりました。



<その時のチューターのTin先生から教わったこと>


チョコレートのう腫が片方がほとんど機能しなくなっています。

卵巣機能の低下→チョコレートのう腫は淤血

1)手術は卵巣をきずつける 2)ピルで子宮内膜の増殖を抑える


<卵巣機能を上げるには→補腎すること>

鎮痛剤を使うこと→免疫力の低下


チョコレートのう腫は感染しやすい→腹膜炎になりやすい。

高熱は要注意です。


胃腸が弱い、痩せている。

活血化淤は気血(きけつ)の消耗↓

補腎も胃腸機能↓


気血を補うことが大切

卵巣状態の回復になる


生理の痛みには温めて痛みを止める。 冠元顆粒、爽月宝など。

高温期に活血化淤を強くする。


カウフマンの目的→1)生理痛の緩和 2)卵巣を休ませる、卵巣に刺激を与えない。


卵巣機能を助けるため、補腎活血


エストロゲン製剤は血液がドロドロ、婦宝当帰膠+丹参製剤が必要


補陰をいれる。


カウフマンは杞菊を使う。補腎陽は卵巣がビックリする。

もし冷え性、甲状腺機能低下があれば、補気で帰脾湯または平性の魚鰾製剤


カウフマンのときに参茸補血丸を使うときには半分の量で


BBTが高い→ニキビがでやすい。→清熱解毒を併用する。

五味消毒飲加減製剤など1~2週間で様子をみる


カウフマン→肝機能障害が起こりやすい

補剤を使う、清熱解毒は気をつける


排卵がなくても夫婦生活はホルモンバランスを良くする


五味消毒飲加減製剤は ×胃腸が弱い  ×冷え性

○ニキビ、舌が紅い、BBTが高い、熱っぽい


排卵期の赤茶色いおりもの→1)クラミジア(湿熱)…熱をとってサッパリする漢方やエンジュ配合漢方薬

2)陽虚…ポリープができやすい、子宮内膜増殖症→参茸補血丸+田七人参


3)もし鮮血だったら陰虚→色が鮮やか。二至丹+杞菊とか田七人参


Imgp60030123

<2013年1月23日 東根市猪野沢>

|

« 漢方服用後の卵管留水腫や子宮内膜ポリープの方のご懐妊、ご出産 | トップページ | 子宮腺筋症の漢方相談です “あれーきれいになっているんですが、ピルとかホルモン剤処方してもらって飲んでました?” »

不正出血|不妊と漢方薬」カテゴリの記事

子宮内膜症|不妊治療と漢方薬」カテゴリの記事

子宮内膜ポリープ、子宮内膜増殖症|漢方薬」カテゴリの記事

卵管水腫|不妊と漢方薬」カテゴリの記事

チョコレート嚢胞|不妊治療と漢方薬」カテゴリの記事

何先生や中医師の先生から漢方のこと聞いたこと」カテゴリの記事

カウフマン療法|不妊と漢方薬」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 卵管閉塞、子宮内膜症、チョコレートのう腫、カウフマンの漢方相談…<卵巣機能を上げるには→補腎すること>…陽虚…ポリープができやすい、子宮内膜増殖症:

« 漢方服用後の卵管留水腫や子宮内膜ポリープの方のご懐妊、ご出産 | トップページ | 子宮腺筋症の漢方相談です “あれーきれいになっているんですが、ピルとかホルモン剤処方してもらって飲んでました?” »