« 中医不妊症お茶の間講座 薔薇グループ 第6回 テーマ 「流産」と子宮頸管無力症について | トップページ | 「油(あぶら)で脂(あぶら)を制す」…肥満タイプの生理不順、無排卵、ダイエットに »

2015.11.26

「不正出血の漢方相談 離経の血」

こんにちは。

薬剤師、不妊カウンセラーの土屋幸太郎です。


今日は木曜日 2015年11月26日、午前中から漢方相談で忙しかったですので、15時24分過ぎからこのコラムを書いています。


昨日は山形市で初雪を観測しました。

テレビのニュースをみると蔵王は雪景色でけっこう降り積もったようです。


我が家も車のタイヤを冬用のスタッドレスタイヤに交換を終えて、今日も庭師さんたちが総出のはずでしたが降雨のために中止で明日に作業を再開するようです。

お庭も冬の準備が着々と進んでいます。



さて今日は先週の木曜日 11月19日に訪店されてご指導頂いた何先生からのまとめをしていきたいです。


産後のダイエットについて

今年の5月にお客さまから頂戴していた嬉しいお手紙を写真たてに入れることができました。

生理不順の漢方相談について

「油(あぶら)で脂(あぶら)を制す」…肥満タイプの生理不順、無排卵、ダイエットに

シリーズ化しています。


何先生から教わったこと

0091119

<2015年11月19日 土屋薬局店内>


その3)


「不正出血の漢方相談 離経の血」


20代女性のかた


初潮が来てから生理不順気味でした。

18歳の大学生のときから不正出血が続いていました。

親元を離れて一人暮らしでした。

不正出血が続くので3年間ピルで抑えていました。


多い時には月に2~3回、生理の終わりのような少量の出血がダラダラ続きます。

茶色い感じです。



不正出血の漢方薬には、心と脾の病は二陽に発する漢方薬が良い。


ストレスが強い→お腹に流れる血液の量が減る。


血液が暴走してしまう。


男性の場合には血尿

女性の場合には鼻血や不正出血


心と脾の病は二陽に発する漢方薬は血液を脾に帰す→血液の暴走がなくなる。


離形の血


心と脾の病は二陽に発する漢方薬と精神が爽やかになる漢方薬の組み合わせなど理想的


1人ぐらしで生活のリズムが変わった。



0031126

昨日の夜におしるこを食べました。

妻が数日前から小豆を調理していて、そこに仙台のデパートで購入した奥出雲のお餅を投入


0041126

お餅がとても美味しくて感激しました。

|

« 中医不妊症お茶の間講座 薔薇グループ 第6回 テーマ 「流産」と子宮頸管無力症について | トップページ | 「油(あぶら)で脂(あぶら)を制す」…肥満タイプの生理不順、無排卵、ダイエットに »

不正出血|不妊と漢方薬」カテゴリの記事

何先生や中医師の先生から漢方のこと聞いたこと」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「不正出血の漢方相談 離経の血」:

« 中医不妊症お茶の間講座 薔薇グループ 第6回 テーマ 「流産」と子宮頸管無力症について | トップページ | 「油(あぶら)で脂(あぶら)を制す」…肥満タイプの生理不順、無排卵、ダイエットに »