« 帯状疱疹後神経痛、帯状疱疹後後遺症の漢方薬 | トップページ | 学校保健委員会から 「脳と睡眠の関係」 »

2016.07.05

イスクラ枸杞の原液…男性不妊漢方対策にも?


昨日の月曜日の朝から今まで残念なことにずっと冷蔵庫で眠らせていた「イスクラ枸杞の原液」を取り出しました。


トン先生からさすがに「午後11時までは寝て朝6時に起きること」と2週連続で講義を聞いたので早速、自分自身もs実践しています。

日曜日は午後10時半に寝て朝は6時ちょっと前に目がパチリと覚めて、そして冷蔵庫で冷やしていた「イスクラ枸杞の原液」を飲みました。

私は婦宝当帰膠の計量スプーン2杯、つまり20CCを飲むことにしました。

今日で2日めでまだ続いている生活習慣です。


ちょっと工夫してせっかく早朝の空腹時なので、アマゾンから取り寄せていたマカデミアナッツオイルも10CC前後を溶かして一緒に飲んでいます。

どうなんでしょう。健康にかなり良さそうで楽しみです。


お目々がパッチリになりたいです。


今日は時間がないので触れませんが、「枸杞の実」はスーパーフードです。研究成果もあって中国漢方の歴史の偉大さがわかった次第です。


2017年3月17日追記です。


男性不妊の漢方対策、男性の精子を強化する漢方の方法として枸杞もあるそうです。

男性不妊の漢方原則。奥さまの妊娠のためにアルコールは禁酒、枸杞の実

こちらだと濃縮の枸杞の原液ですから、応用が効くと思います。

|

« 帯状疱疹後神経痛、帯状疱疹後後遺症の漢方薬 | トップページ | 学校保健委員会から 「脳と睡眠の関係」 »

男性不妊|不妊治療と漢方薬」カテゴリの記事

加齢性黄斑変性症|漢方薬」カテゴリの記事

中医五官病」カテゴリの記事

眼精疲労|漢方薬」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: イスクラ枸杞の原液…男性不妊漢方対策にも?:

« 帯状疱疹後神経痛、帯状疱疹後後遺症の漢方薬 | トップページ | 学校保健委員会から 「脳と睡眠の関係」 »