« 後首が重く、頭もギューっと押しつぶされるような痛い、重い感じ。漢方相談お願いします。 | トップページ | 特に「読んで頂きたい大事な記事」のご紹介。冬の最上川散歩 »

2017.02.20

脊柱管狭窄症と脳卒中後遺症によるしびれの漢方相談

こんにちは。

薬剤師、不妊カウンセラーの土屋幸太郎です。

雨降りの山形、東根市神町です。

この時期の山形では雨が降ることは気温も暖かくなっているので春をある意味、実感しているところです。

昼下がり 旧国道13号線羽州街道から乱川、国道13号眺め

<2017年2月20日> 昼下がり 旧国道13号線羽州街道から乱川、国道13号眺め

乱川から奥羽本線眺め

乱川から奥羽本線眺め


私はこのような風景を愛しています。

とことこと家から歩いて乱川を見に行ってお昼の散歩が終了です。


さて先週の土曜日は、実は週の初めに「漢方相談会大募集です!」というような応募の記事も書かなかったせいか、予約は0件でした。

2月18日当日は余裕をもっていて朝からイサゴールという便秘に良いものを勉強しようと思っていたら、結局、プリント1枚の上のほうだけ読んで、新規のお客さまの漢方相談など充実した一日でした。



今日の土曜日の漢方相談会、「しびれ」の漢方相談。新規のお客様の相談を二件お受けしました。午前中のお客様は県南よりのご来店。当店のお客様のご主人様が働いている病院で整形外科や内科など通院されていました。脊柱管狭窄症のしびれの漢方相談でした。糖尿病も持病として持っているので、なかば先生方は「仕方がない」ということでした。


じっとしていると大丈夫で、やはりスーパーなど買い物を奥様から頼まれたときの出掛けるときが辛いそうです。「あっ、漢方がいいかも?」と思いついてご来店です。最近、ひょっとしたらテレビでいつだったか漢方薬の特集をしたようですので、それが土屋薬局にも関係しているかもしれません。


高齢者の方は足腰の弱り、筋骨の衰えは腎虚です。補腎効果がある漢方薬としびれに強い虫類の漢方薬の2種類お勧めしました。


午後はこちらも初めてのお客様で、しびれの漢方薬のご相談でした。私の先輩にあたる年代で脳卒中後遺症のしびれです。幸いなことに土屋薬局には脳卒中後遺症のしびれの漢方薬も多数揃っています。

ちょうどお客様がネットで見つけてきた漢方薬のリストの上から2番目に載っていましたので、そちらの脳卒中後遺症のしびれの漢方薬と午前中の脊柱管狭窄症のお客様にもお勧めした「しびれをより楽になるする漢方薬」の2種類で様子をみてもらうことにしました。

脳卒中後遺症のしびれの場合、多種多様な漢方薬の応用が可能ですから地域性の寒さや暑さ、湿気や乾燥などの気候による影響やお客様の年代、40代か50代か、60代、70代かと腎虚の程度で考えたり(男性は8の倍数で運命が変わります)、仕事の内容やストレスの有無など総合的に考えてあげた方がお客様のためになると思います。

瘀血(おけつ)といって血液サラサラと脳卒中後遺症のしびれは関係あるでしょうし、気虚(ききょ)といって血液を押し出す力が弱ければ脳卒中後遺症のしびれが治りづらいかもしれません。(これは気虚血瘀と言います)

いずれの体質も脳卒中後遺症で脳卒中の漢方薬を選択するには体質チェックは欠かせませんね。


お二方からもよくお話しを聞かせて頂きました。どちらも男性の方で今日は男性の真剣な「しびれの漢方薬の服用に関する相談」が二件もあり、まさに私にふさわしい漢方相談だなあと実感しました。痛み、しびれの痺証の漢方相談は生きがいを感じます。また良くなるようでしたら後日報告させて頂きます。


追加1)脊柱管狭窄症は歩く距離が問題で100メートルがやっとという方もいれば、今日の午前中のお客様は1キロメートル大丈夫だそうです。歩くのが辛いから自転車に乗るかたもいます。


追加2)脳卒中後遺症で選んだ漢方薬は大塚敬節先生の著作をお客様と該当する漢方薬を一緒に読んだら、まさにお客様と同じような左足のしびれの症状が改善した体験談でした。自信をもってもらい、闘病に関するファイトを高めるにはちょうど良かったです。中医学の本も良いのですが、やはり大塚敬節先生クラスの日本漢方も変えがたい魅力があります。


補足3)はてなブログ、iPhoneで書いていますので、書き足し書き足しになってすみません。脊柱管狭窄症のお客様、糖尿病もありますので、脊柱管狭窄症でしびれで歩けない、歩くことが難しい▶︎糖尿病の血糖値が上がる▶︎またしびれる感じがする▶︎体重が痩せない▶︎脊柱管狭窄症のしびれに体重も悪影響▶︎歩けないから血糖値が上がって糖尿病が。。と悪い流れになっているとのことでした。


2人のお客さまにはある漢方薬を1つだけ共通で「しびれ」の漢方対策にご紹介させて頂きました。


当店は痛み、しびれの漢方相談、痺証のお客さまがもともと多く、土屋薬局や私自身も痛み、しびれの漢方相談は好きなので「しびれの漢方対策」に真剣にお話を聞かせて頂きました。


脊柱管狭窄症にしろ、脳卒中後遺症にしろ「しびれ」は気になるし、辛いことと思います。



中国の虫の大家、しびれの漢方相談の大家 朱良春先生に最後にあった日本人の一人として、朱良春一家の遠い親戚の一員になったつもりで、しびれの漢方相談、今後とも喜ばれたいと思います。

神経性障害疼痛むずむず足症候群などもだいぶ良い結果がでています。

その後は40代のお客さま、排卵しなくなってFSHも20以上にあがって生理不順、でも妊娠したいし、将来結婚したいというお客さま。

前回先月の1月に何か漢方ありますか?とのことで、コンクレバンと参馬補腎丸という2種類を紹介させて頂きました。


コンクレバンは飲むのが苦手だったようですが、参馬補腎丸はとても良く効いて「夕方まで疲れなくなり、仕事がバリバリできるようになりました!」と嬉しい滋養強壮効果があったことを報告して頂きました。


薬局での漢方薬は何か滋養強壮作用または美肌効果など、なにか服用していて実感、体感がないとリピートされにくいですから、良かったなあと思いました。


その後、20代の女子のお客さまはこちらも未婚でこれからいい人生がいっぱい待っているお客さまですが、プラセンタ製剤の漢方薬で「超元気になった!」そうです。

とても喜んでいました。

20代は40代と違って滋養強壮効果は早いです。

プラセンタと養血調経など、上手に漢方を組み合わせると妊娠や生理不順、美肌など希望が叶うこともしばし体験しています。


社風?なのか当店はアトピー性皮膚炎などの皮膚の漢方相談は苦手ですが、生理不順とアトピー性皮膚炎とか無月経と脱毛とか、美容関係に子宝や生理不順の女性ホルモン関係の漢方相談が合体していたら、上記のように滋養強壮効果に優れた漢方相談、ガチにムチャ得意ですから、髪の毛が生えたり、シミが落ちたり、喜ばれています。


そういえば、今日の月曜日の午前中のお客さま。

アトピー性皮膚炎と子宝相談で、養血調経とプラセンタ製剤に最初は杞菊顆粒。


ちょっとイマイチということで「子宝の漢方の柱」はそのままにして、杞菊顆粒から清営顆粒へ。

それもイマイチということで、清営顆粒から瀉火利湿顆粒へチェンジしています。


「杞菊顆粒と清営顆粒と瀉火利湿顆粒だと瀉火利湿顆粒が一番まともです」


ということで、今日は漢方の処方はいじらないでDo処方でお願いしました。


氣志團と尾崎豊と宮本くんのエレカシの話もいろいろお聞きしました。


最上川眺め

<2017年1月29日 大石田町 最上川眺め>

鳥海山も大石田町からよく眺められます。


冬の最上川 河川敷

冬の最上川 河川敷

冬の最上川 河川敷



頭痛、肩こり。痛み、しびれの中医痺証。

「目、耳、鼻、口、のど」 目の痛み、眼精疲労、ドライアイ、耳鳴り、突発性難聴、後鼻漏や花粉症、のどなどの中医五官病の漢方相談。

不妊症の子宝相談。(本場仕込みの本格的な漢方相談)


ほかどのようなジャンルの漢方相談もお受けしています。

漢方相談会、独身の方が結婚前に生理不順の真剣な婦人病の漢方相談をお寄せ下さったり、不妊で悩む人生の岐路に立っているような真剣なカップルでのご来店が土屋薬局には増えてきています。


元気のでる漢方相談を真摯に心掛けています。


龍に赤ちゃんが載っている画像、子宝に恵まれた


お電話やメールで漢方相談のご予約お願いします。
平日の漢方相談大歓迎です。一人一人に時間をじっくり割いて相談しています。
遠方のかたは、電話やメールでご相談をお寄せください。こちらから。

中国漢方の痺証と中国漢方婦人科に詳しい薬剤師 土屋幸太郎 国際中医師)、不妊カウンセラー(NPO法人不妊カウンセリング学会認定)による親切な相談。じっくり話を聞いて一人一人の体質や年齢、症状に応じて相談しています。どうぞお気軽にお声をかけて下さい。

土屋幸太郎のプロフィールはこちらです。


日本不妊カウンセリング学会認定 不妊カウンセラー認定更新証

日本不妊カウンセリング学会認定 不妊カウンセラー認定更新証

中国政府による認定の国際中医師の賞状

中国政府による認定の国際中医師の賞状です。

漢方相談のレベルが本場の中医師と同程度という証明です。


「中医学」漢方に普及に尽力 東根・土屋薬局 大使館から表彰の山新の記事

山形新聞で紹介された土屋薬局の記事、中国大使館から表彰を受けました。

「中医学」普及に尽力 東根・土屋薬局 大使館から表彰の山新の記事


土屋薬局 漢方相談 「龍に子供が載っている画像」子宝に恵まれました


土屋薬局店内 漢方勉強会

<2015年7月30日 土屋薬局店内 漢方勉強会>


不妊症で悩んでいた漢方相談のお客さまからの妊娠、出産のお礼のお手紙と赤ちゃんの写真


壁面には不妊症で悩んでいたお客さまが土屋薬局の子宝の漢方相談でめでたく妊娠、出産されたお礼にと寄贈された赤ちゃんの写真やお手紙がいっぱい。

明るい活気と希望に満ちた漢方相談薬局です。


ご主人さま、ご実家のお母様と赤ちゃんと家族4人でのご来店でした。

こちらのコラムもぜひご覧になってください。


山形県東根市神町の土屋薬局の外観

こちらも2015年7月30日現在の土屋薬局の外観です。

連日の猛暑、旧国道13号線沿いに当店がございます。

地理的には村山市、河北町、天童市、寒河江市、山形市、仙台市から来店しやすいです。



I薬剤師 土屋幸太郎の漢方相談の風景 title=

<2013年11月4日 郡山市ビッグパレット 薬剤師 土屋幸太郎の漢方相談の風景>

薬剤師 土屋幸太郎の漢方相談の風景

土屋薬局 中国漢方通信/漢方専門の薬剤師、不妊カウンセラーが相談します。

漢方体験ドットコム…土屋薬局のお客様体験談です。ぜひご覧になってください。

中国の子授け観音様の送子観音菩薩

<2015/09/30 送子観音菩薩像を漢方コーナーに移動しました。オーラがでています>

中国の民間の信仰では、送子観音菩薩は日本でいう「子授け観音」として大変に有名です。

中国で漢方の不妊治療の名医、老中医は「あの漢方の先生はまさに漢方の送子観音菩薩様です」とも言われたりしています。

当店も私も多くの人を苦しみから救う送子観音菩薩様のエピソードにあやかりながら、お客様たちと喜び、悲しみを共有していきたいです。


子宝の神様、送子観音菩薩と中国の泥人形


漢方のご相談方法は、漢方相談表、またはファックス電話で受け付けています。
お問い合わせは、送信フォームもございます。
詳しい漢方相談の方法はこちらからで説明しています。


所在地 山形県東根市神町中央1-10-7
Google mapによる所在地

営業時間 第二、第四日曜日お休みです。

平日 午前9時~午後7時  土祭日 午前9時~午後6時

メールアドレス JDY00247@nifty.com

電話 0237-47-0033 漢方電話相談室 0237-48-2550 Fax 0237-49-1651


仙台方面からのご来店の場合には、お車でのご来店、または仙台駅前の旧仙台ホテル跡の複合商業施設のEDEN前のバス停から「山形新庄行き」48ライナーの山形交通のバスをお勧めしています。さくらんぼ東根駅下車です。1時間に1本あります。約1時間15分です。

さくらんぼ東根駅に到着されましたら、当店のスタッフがお迎えにまいりますので、お気軽に前もってご予約のうえご来店頂けたらと思います。


2016.09.14 「追記です。仙台から、もし「来店を希望されるお客様」へ

2016.09.23 こちらも追記です。 「土屋薬局での漢方相談のご予約のお問い合わせにつきまして


山形県県内、朝日町 飯豊町 大石田町 大江町 大蔵村 小国町 尾花沢市、金山町 上山市 河北町、川西町、寒河江市 酒田市 鮭川村 庄内町 白鷹町 新庄市、高畠町 鶴岡市 天童市 戸沢村 長井市 中山町 南陽市 西川町 東根市 舟形町 真室川町 三川町 村山市 最上町 山形市 山辺町 遊佐町 米沢市。

お隣の新潟県、福島県、秋田県、宮城県、仙台市などにお住いでご来店できる方はぜひ山形県東根市の土屋薬局まで漢方相談をお寄せくださいね。


バナナパフェ美味しかったです

<2017年2月19日 山形市白山>

バナナパフェ美味しかったです。

|

« 後首が重く、頭もギューっと押しつぶされるような痛い、重い感じ。漢方相談お願いします。 | トップページ | 特に「読んで頂きたい大事な記事」のご紹介。冬の最上川散歩 »

しびれ|漢方薬」カテゴリの記事

むずむず脚症候|漢方薬」カテゴリの記事

今週の漢方相談会2017」カテゴリの記事

脊柱管狭窄症|漢方薬」カテゴリの記事

脳卒中|漢方薬」カテゴリの記事

高齢不妊|不妊治療と漢方薬」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/50545/64918143

この記事へのトラックバック一覧です: 脊柱管狭窄症と脳卒中後遺症によるしびれの漢方相談:

« 後首が重く、頭もギューっと押しつぶされるような痛い、重い感じ。漢方相談お願いします。 | トップページ | 特に「読んで頂きたい大事な記事」のご紹介。冬の最上川散歩 »