カテゴリー「勉強会(2004~2008)」の記事

2016.04.20

漢方検討会・FSHが2年前に50近い数字で、現在は90を超えている

昨日の夜は、20時~21時半までテレビ電話で、不妊症の漢方検討会がありました。

第13回中医婦人科・不妊症漢方・専門講座「菊花」クラスです。


北海道から沖縄まで日本の漢方薬局の有志の方同士で集まって不妊症の専門の中国漢方を勉強する会です。

土屋薬局では初回から熱心に参加して知識の向上に努めています。

教えてくれる先生方は中医師という中国人の漢方の先生で、中国各地の中医学大学を卒業されている医師の方です。

中国では西洋医と中医師の2つの免許制です。


さて、症例のかたに話は戻ります。


「漢方検討会・FSHが2年前に50近い数字で、現在は90を超えている」


中医学的、漢方的にどのように対応するかの検討会でした。


FSH(卵胞刺激ホルモン)が大きい数字ですと、卵巣機能が衰えていること、卵巣予備能が悪くなっていることが示唆されるのです。

同時に、E2の卵胞ホルモンの値が低いことは、やはり卵巣の中に成熟した卵胞が育っていないことが分かり、それはしばし、FSHとE2のシーソーバランスとして喩えられたりもします。


バセドウ病で、甲状腺機能亢進症もあることが分かったそうです。

メルカゾールとチラージンも内服中です。


グループ全員で、長崎や愛知県、大坂、広島などの漢方薬局の薬剤師の先生方を含めましての検討会でした。


中医師の漢方医の先生のエピソードも印象的でした。


症例とは違うお客様のお話でしたが、


「FSHが100近い数字で、漢方を服用して一桁の正常値に戻って、その後生理不順のために『そろそろ更年期かしら?』と思い婦人科に行ったら、妊娠4ヶ月とのことで、一同ビックリした」というお話もお聞きしました。


最近は、当店にも卵巣機能低下でFSHが上がってきているお客さまの漢方薬のご相談も増えてきています。

これからもしっかりと卵巣機能低下、早発閉経のようなFSHが上がってくる方々への漢方アプローチの対策を勉強、研鑽して不妊症のお悩み解決のお手伝いをしていきたいと思いました。


あなたの力になります! 薬剤師、漢方・とくに不妊症漢方に詳しい専門家、不妊カウンセラー 土屋幸太郎


さて、今日は朝に撮影した彼岸花と桔梗のお花でお別れです。


Imgp0409070903

<2007年9月3日撮影 我が家の庭 「彼岸花」>

Imgp0419070903

<桔梗の花 「三輪」>

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011.01.25

平成18年2月14日の不妊症専門講座より…子宮外妊娠後の漢方体作り

昨日、漢方相談机を整頓していたら過去の手帳が見つかって、きちんと勉強していた内容でとても復習になりました。

もう一度内容をまとめるためにココログにアップしていきたいです。

こうやって復習しておけば自分の実力が上がるし、初めてご相談を受けたときにも迷わなくてすみそうですから。


土屋のメモより


○平成18年2月14日 不妊症専門講座

まとめ

寒がり、冷え性、サウナでも汗をかかない

血虚、陰虚


下痢、軟便、翌朝下痢しやすい─脾腎陽虚

夢は多い、眼精疲労─心血不足、肝腎陰虚

生理量が少ない、黒っぽい─淤血阻滞、気血不足

注意すること


着床してからすぐに出血

子宮外妊娠


処方参考…脾腎陽虚に 補中益気湯、参茸補血丸

排卵期や生理中に補中益気湯を併用する。


卵胞期に杞菊地黄丸

今後は、高温期を改善していく


子宮外妊娠 全妊娠の0・5-2%


1)卵管が98%→膨大部

2)卵巣妊娠(珍しい)

3)子宮頸管妊娠

4)腹腔妊娠


原因:人工中絶の増加、性感染症の蔓延、不妊治療における各種の子宮卵管操作、子宮内避妊器具の使用など


子宮外妊娠臨床症状


三大主な症状

1)無月経 2)不正出血 3)下腹部痛


子宮外妊娠治療後のフォローアップ


子宮卵管造影←必ずする


卵管保存術後、通過性確認


避妊期間指導 、一年間避妊

反復発生率10~15%

しばらく体をつくっていく、急がない



中医学で体づくり


活血化淤→冠元顆粒、田七人参、水蛭、血府逐淤丸

補気補血→婦宝当帰膠、補中益気丸、参茸補血丸、十全大補湯

化痰消腫→シベリア霊芝、田七人参、霊芝宝、桂枝茯苓丸


(補中益気湯は卵管ぜん動を良くする)


体外受精は子宮外妊娠のリスクが高くなる


Imgp0979110125_2

<2011年1月25日 啓翁桜満開になりました!>

すっごく綺麗で見ていると気持ちが明るくなります。

Imgp0988110125

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008.11.18

長崎漢方講演会から帰ってきました。「痺証(ひしょう)」という痛みやしびれのテーマと婦人病の漢方についてと、2つのテーマで喋りました。

こんにちは、薬剤師、不妊カウンセラーの土屋幸太郎です。

11月14日からの長崎出張で、昨日の17日に無事に山形に帰ってきました。

長崎市立図書館で漢方講演をしたのですが、まだ完成してから新しい図書館の一室─会議室─で4時間、休憩を入れながら講演することができました。


自己紹介や山形の紹介、土屋薬局の紹介。

そして「痺証(ひしょう)」という痛みやしびれのテーマと婦人病の漢方についてと、2つのテーマで喋りました。

今はホッとしていて緊張が融解されてリラックスしているところです。

長崎県の薬局の先生方や色々なところで会った長崎県民の方は、親切で優しかったです。

お世話になった方々、どうもありがとうございました。


Imgp2598081116

<2008年11月16日(日) 長崎市立図書館>

Imgp2603081116

Imgp2604081116

パワーポイントも無事に動いて、良かったです。

Imgp2251081114

島原半島・小浜で眺めた夕焼けも懐かしいです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008.10.16

日本中医薬研究会第11回全国大会と宮島

不妊カウンセリング学会の出席の後は、日本中医薬研究会第11回全国大会に出席してきました。

広島で開催されて、東京を昼間に出発しましたので、懇親会前の到着でした。

のぞみで東京駅から広島駅は、4時間7分とけっこう早かったです。

さて懇親会の模様です。

Imgp1430081016

Imgp1432081016

<2008年10月12日 広島グランドプリンスホテル>


懇親会では「きき酒コーナー」もありました。

広島のお酒が美味しいのには、ビックリでした。

東北や越後や加賀だけがお酒の産地ではないのですね。

Imgp1443081016

会場では「酔心」が評判でした。

中国人のお偉いさんたちも、気に入っていたみたいですよ。

翌日11日は、宮島観光をしてきました。

ホテルから水上バスの乗り場があったので便利でした。

約30分くらいで宮島に到着です。

Imgp1458081016

Imgp1469081016

Imgp1470081016

<2008年10月13日 宮島>

友人たちに撮ってもらいました。

知古の友人たちも元気で活躍していて、頼もしい限りでした。

なんだか観光紹介の記事になりました。

ではでは~。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008.09.20

よく聞くことは、よく効くことだ。

こんにちは。

薬剤師、不妊カウンセラーの土屋幸太郎です。

土曜日の黄昏の午後、みなさまいかがお過ごしでしょうか?


さて、わたくし昨日の夕方からは北村山・寒河江西村山、天童東村山地区薬剤師会 合同研修会に参加してきました。

北村山公立病院や県立河北病院、県立中央病院の病院薬剤師の先生方と開局や調剤薬局の先生方の研修会です。

その日のテーマは「がん分子標的治療について」で、中外製薬さんから講師が派遣され、また山形県における「がん専門薬剤師」の先生の講演もありました。

いまの時代は医薬分業となったので、一昔前は病院薬剤師は調剤に追われたものですが、ほとんどが院外処方となっていますから、院内で、たとえば抗がん剤」の調合などの大事な仕事を任せられるようになり、「顔の見える薬剤師」になりつつあるようです。

素晴らしいですね。

どうしても職業柄、薬剤師の先生方は味方であり、仲間なので、職業意識、職業つながりを強く意識してしまいます。


20時半からは懇親会となったのですが、その中には私が尊敬している84歳の薬剤師の先生がいらっしゃいます。

私のことを気にかけて下さりまして、いつも楽しい会話をさせてもらっています。

その先生は何でも健康法は「毎日の晩酌とタバコ」らしいです。(笑)

お酒なども入り、みな陽気になり、楽しい懇親会となり終盤に近いづいたときに、84歳の老先生は私に向かって「土屋さん、漢方とはよく話を聞くことだ。よく話を聞けば、漢方の効き目はよく効くようになる。聞くことは、効くことだ。」

はい、老先生、私人生の宝物になるような至言、格言、金言ありがとうございました。

帰りの代行は、「女性代行社」というビックリする名前だったのですが、(でも運転手さんたちは、みんな男性だった)、「よく聞くことは、よく効くことだ。」と呪文を唱えながら帰路に着いたのでした。

病院薬剤師や調剤薬局で調剤をするのが一般的な時代に、そろそろ少数派になりつつある薬局での漢方薬剤師としては、「でもやっぱりそんな自分が好き、この仕事が好き」とも思いました。

ではでは~。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008.09.05

明日、明後日は上京しています。

おはようございます。

薬剤師、不妊カウンセラーの土屋幸太郎です。

今朝、無事にメールマガジンを刊行を終えました。

毎月、5日と15日の月2回に約310名前後の読者の方々に読んで頂いています。

メールマガジンのご愛読ありがとうございます。


さて、明日の6日(土)と7日(日)は、
中医不妊症専門講座スクーリングに参加してきます。

久しぶりの東京です。


2008年9月6日(土)

「周期療法の実践について」


2008年9月7日(日)

「不妊治療における基本検査について」

聖路加国際病院婦人科診療部長 佐藤孝道先生

「不妊カウンセリングの目的と意義」

中央クリニック副医院長 浜崎京子先生


佐藤孝道先生は、週刊誌で渡辺淳一さんと対談するくらい有名な先生なのですが、私はトータルで多分10回以上は様々なところでお話を聞いていますので、幸せだと思います。

新しい知識を学んできて、お役に立てるよう努力してきます。

お店での漢方相談の場合には、県外からのお客様も含めて、最近はかなり高度な質問なども多いですから、つねに最新の知識を身につけて頭の中を新鮮な状態─フォーマットしておかなきゃ…と思う今日この頃です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008.06.19

循環器疾患の薬物療法~多剤併用となる理由~

「循環器疾患の薬物療法~多剤併用となる理由~」

寒河江市立病院 副院長 内科 千葉純或先生


昨日の6月18日(水)に午後6時半から、
寒河江市立病院で寒河江・西村山薬剤師会主催の研修会がありましたので、
ここにレポートをまとめたいと思います。

実用中医学を実践していて、不妊カウンセラーの資格を持ち、
ふだんは婦人科の先生たちの話を聞く機会が多いのですが、
薬剤師としても研修を積んでいます。

道は遠いですが、「目指せ!認定薬剤師」です。


○私のメモ内容

レニベース(低用量)→心不全に

アーチスト(低用量)→心不全に


○動脈硬化は、血管の炎症だ!


○アンジオテンシン


○NO(亜硝酸)


○プラークが破れる→急性冠症候群

破れる直前まで、血液はスムーズに流れているので、
直前まで自覚症状が無いこともある。


○アンジオテンシン

AT1(悪い) AT2(良い)


○PCI→冠動脈形成術、ステント


○ワーファリン+パラミジン(ブフローム)→作用増強の組み合わせ


○ジギタリス→中毒が怖い→半減期が長いから


○ワーファリンは服用したままで、抜歯できる。

止めたほうのリスクのほうが怖い。


○ステントを入れている→パナルジンが確実。

パナルジンの副作用は肝機能が悪くなること。


○パナルジン2T、クラビックス75mg1T (抗血症板剤)


○アカルディは、どうしても!という時だけ。長期は使えない。

<懇親会の感想>

仙台出身で山形大学医学部を卒業された千葉先生は、
明るくてダンディで若々しかったです。

生化学とか有機化学が好きだそうで、道理で、
「薬剤師に近い感じで、かなり薬に詳しいわけだ!」と思いました。

内科の先生は、薬に詳しい先生が多いとは知っていましたが、
垣間見た感じです。

宴席は千葉先生の前日の当直明けにも関わらず、
夜遅くまで盛り上がり、楽しいひと時でした。

ステントなども実際に見せて頂きまして、
「いや~ステントとはかなり頑丈なんだ」とか実感したり、
「今の私の処方ではアメリカでは一流企業の幹部しか飲めないもので、
日本の国民健康保険制度は素晴らしいです」
「ジェネッリックの後発品は、責任を持てませんから駄目です」
などなど、実践の一流のお医者さんの視点もお聞きできて良かったです。

相手の目をきちんと見て、私たちに分かるように話す姿勢や、
朗らかさなども見習いたいと思いました。

いつしか宴席の最後のほうでは、私とクラッシックの話題になり、
会話が盛り上がってしまい、「そうか、講演の内容よりも盛り上がっているね!」と
ニヤリと言われたことは秘密です。(笑)

医学とクラシックは相性が良いかもしれませんね。

きっと、千葉先生がステントを入れているときには、
頭の中で、ピアノの旋律が流れているかもしれません。

(血管内視鏡で、血管の中を見るのが一番確実なんだそうですが、
そのような施設はあまり無くて、一般的でないそうです。
ただし、「実際に医師が自分の目で患者さんの血管の状態を見ることがベスト」で、
それを実施しない限り、血管の炎症の動脈硬化の状態は、
あくまで「推定」に過ぎないそうです。
それを聞いた私は、以前に婦人科の別府先生が言っていた、
「子宮内膜症の確定は、腹腔鏡で実際にお腹の中を医師の目で見ないと分かりません」という言葉を思い出しました。)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008.06.18

霞城セントラルの眺めとペーパータワーゲーム

おはようございます。

薬剤師、不妊カウンセラーの土屋幸太郎です。


栗駒山の地震の後に、友人やお客様たちから安否のメール問い合わせを多数頂いています。

お陰さまで、山形でも震度4の地震がありましたが、お店も私を始め、スタッフ一同は無事に過ごしています。

暖かいお言葉の数々、この場をお借りしまして感謝の意を申し上げます。


さて、昨日は山形市で経営セミナーに出席してきました。

山形テルサが会場です。

昼休みに、晴れ渡る晴天に月山がきれいに眺められましたので、霞城セントラルビルの最上階に行ってきて、眼下の風景を撮影してきました。

手持ちのカメラでしたので、いつもより画像が落ちますが、山形ファンのみなさま、山形市に住んでいるかた、そして山形出身で東京など県外で活躍されている方に、昨日の風景をお送りしたいと思います。


霞城セントラルからの眺め

<霞城セントラルからの眺め>

この季節の山形は、日照時間が長く、さっぱりとしたとても気持ちの良い天候です。

右下には霞城公園。

前方に月山と葉山連峰が眺めれます。


霞城セントラルからの眺め

<霞城セントラルからの眺め>


月山です。

感動的な光景です。

残雪の月山。


霞城セントラルからの眺め

<霞城セントラルからの眺め>


千歳山と蔵王。

山形南高校出身のみなさん!

懐かしい風景です。

高校時代を思い出してしまいました。


経営セミナー

<ペーパータワーゲーム>

そして、これは昨日の山形市のあさひ会計事務所の経営セミナーの模様です。

遊んでいる訳ではありません。(笑)


「ペーパータワーゲーム」です。

A4の紙を30枚使って、できるだけ高い「自立したタワー」を作っていきます。

2班に分かれましょう!


1)作戦タイムを15分取ります。

この間、紙に触れてはいけません。


2)作成は2回に分けて行います。

1回目:3分 2回目:2分


3)作成は1人1回のみです。

1回目と2回目の参加者を分けて行ってください。


「ペーパータワーゲームの振り返り」


1:作戦の立て方はいかがでしたか?

何をどう進めるか共通に理解していたか?


2:役割分担はうまくいきましたか

何が良かったか? 何を変えればよいか?


「共同する意欲とは」


どうしたら「一緒にがんばろう」と思えるか。

安心したい

参加させてほしい

信頼して欲しい、信頼したい

明るく楽しい職場で過ごしたい

もっと成長したい


ペーパータワー

<ペーパータワーゲーム>


私たちの班は、とてもうまくいきました。

それは「イメージの共通化」が出来たからです。

みな、頭の中に「このような形のペーパータワーが出来る」というイメージを持ち、同時に作業も、A4の紙で柱を4本にして、上に紙を1枚敷いて、そして、また柱4本を置いて、6段に積み重ねていくとシュミレーションが出来ていました。

これがビジネスにおいて、協調性などともに役立つことだそうです。


私の仕事も、このブログも、ホームページも、すべては「私の頭の中のイメージを具体化」しているものであって、
それがお客様の頭の中のイメージや実際の体調とうまく重なって、漢方相談になっているのだと思いました。


先日、BSでコールドプレイを見ていたら、やはりボーカルのクリス・マーティンが、「僕の頭の中のイメージが音楽になっているのさ」と頭を指指して語っていましたので、なるほど「静寂の世界」「パラシューツ」「X&Y」などのアルバムは、クリス・マーティンの頭の中で鳴っていた音楽であり、それを私たちは共有しているんだ!と納得しました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008.05.27

慢性頭痛、アルツハイマー、不妊症、子宮内膜症、PCOS,子宮筋腫などの漢方対策

山形市ホテルサンルート 張先生の講演より

<2008年5月25日 山形市ホテルサンルート 張先生の講演より>


独歩丸について」の講演会は、二部構成でして、前半が私こと土屋幸太郎の講演で、後半は張立也先生の「薬局でできる下肢循環障害の早期検査方法と弁証」でした。


ともに「痺証(ひしょう)」の痛み、しびれがテーマですので、話を聞いて参考になったことをメモとしてアップしていきます。


○頭痛:何年も慢性頭痛が治らない患者さんがいた。


頂調顆粒+冠元顆粒+田七人参でよく効いた。

徐々に痛みが和らいだ。

60歳のかたの慢性頭痛だった。



○親指の痛み→肝系→補血(ほけつ)


○かかとの痛みは、補腎(ほじん)


○膝の痛みは、潤いのあるものが良い。


たとえば、独歩丸+杞菊地黄丸


杞菊地黄丸は、骨の潤滑剤として。

杞菊地黄丸は、補腎、補陰。

独歩丸、冠元顆粒、水快宝、イーパオと相性が良い。



○漢方薬は、一回服用して痛みが良くなるのではなくて、体調を整えて、痛みを和らげていきます。

鎮痛剤ではないので、まずは体が温まったり、体調が良くなって、元気になって、痛みが和らいでいきます。

継続して長期間服用できます。



○車椅子で来店されたお客様が、杞菊地黄丸+冠元顆粒を3年間の長期に渡り服用を続けて、アルツハイマーが良くなった。


○不妊症、子宮内膜症、PCOS,チョコレート嚢胞、子宮筋腫に水蛭が免疫調整する。


朝 冠元顆粒 昼 水快宝10粒 夜 冠元顆粒

または

朝 冠元顆粒 水快宝5粒 夜 冠元顆粒 水快宝5粒


○独歩丸+イーパオ→痛みの組み合わせ


2週間服用すれば、何か効き目が分かる。

+杞菊地黄丸、水快宝、冠元顆粒


○冠元顆粒の活血の温燥に +

涼、潤な漢方を組み合わせる。


杞菊地黄丸

婦宝当帰膠

麦味参顆粒

天王補心丹 →睡眠がとれないとき、血(けつ)を増やす。

温胆湯


以上です。

やはり漢方勉強会に出席すると、とても参考になります。


講演会終了後は、張先生をイスクラ産業のKさんと一緒に、山形駅まで見送りに行きました。


ホテルから3人で歩きながら、「独歩丸は素晴らしいですね、私も好きです」など、独歩丸談義に花を咲かせながらの帰路でした。

誰が使っても一定の効き目がある漢方薬は、そうそう探してもありませんので、独歩丸は「日中友好の財産」でもあると言えると思います。


膝の痛み絶対解消大辞典」です。

年配のかたの膝の痛み、若い方のマラソンやフラメンコなどの運動による膝痛、O脚による膝痛、軟骨のすり減りなど膝や足腰でお悩みのお客様が多いです。

病院の治療などうまくいかないときなど、ぜひ土屋薬局まで膝痛の漢方相談をお寄せください。

膝痛と漢方」こちらも参考にしてください。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008.05.26

独歩丸について講演してきました。

山形市ホテルサンルート 著者講演会「独歩丸について」

<2008年5月25日 山形市ホテルサンルート 著者講演会「独歩丸について」>


久々に、漢方講演会の講師を勤めました。


今回は、南東北中医薬研究会、宮城県、福島県、山形県の3県合同の移動定例会で、普段は仙台で行っている研修会が、山形市で開催され、私に白羽の矢が立ちまして、先生方にお話をさせて頂くこととなりました。


90分の時間をどのように話そうかと大変に緊張しましたが、神様のご加護もありまして、無事に話し通すことができましたし、質疑応答の時間20分も入れて、時間きっかりに終了できました。


漢方講演会の様子


過去に、群馬県、埼玉県、大阪、名古屋と講演に呼ばれましたが、今回の先生方は12~13名と少人数ながら、フレンドリーで暖かい雰囲気で、うなづいて笑顔で聞いてくれる先生方が多くて、とても話しやすかったです。


普段、居眠りしがちな私も、自分の講演で、もし会場が爆睡の雰囲気でしたら苦笑ものなのですが、笑いあり、え~!という声ありの、先生方の貴重な時間を無駄にしないような話は出来たのではないかと自負しております。


漢方講演会の様子

漢方講演会の様子


終わった後の評判も「面白かった」「良かった」とのお褒めの言葉を頂きまして、これもイスクラ産業の担当のKさんと一緒に構想を練ったお陰と深く感謝しております。


中医師の張立也先生(中国の美人な先生です)からも、「幸太郎先生の独歩丸に対する熱い気持ちが伝わってきました!」と講演終了後にお褒めの言葉を頂きましたので、大役を果たせた気持ちでいっぱいです。


話の内容は、独歩丸(どっぽがん)の効き目、魅力について、たっぷりと語るというテーマで、「痺証(ひしょう)」という、痛み、しびれについてお話をさせて頂きました。


腰痛、膝痛、肩の痛み、リウマチなど、さまざまに応用が効く漢方薬ですので、今後とも、婦人病とともに、「痛み、しびれ」の相談悩めるお客様のために役立てていきたいです。


どうしても、整形外科では鎮痛剤の治療しかありませんので、体にも胃腸にもやさしい漢方で、体調を良くしながら、痛み、しびれを和らげていくことは、世間のニーズにも合うのでは!と自分で講演をしていての感想です。


何より、薬のプロの薬剤師の私でさえ、「鎮痛剤の常用は恐ろしい」と思っているくらいですので、痛み、しびれの患者さん達の、鎮痛剤の常用が多いことに、とても驚きます。


また、ちょっと街を歩いただけで、マッサージ、整体、鍼灸、整形外科、ペインクリニックなど看板が乱立し、「痛み、しびれ」を職業としているところが多いことに気がつき、そして驚きます。


実に多くの方が「痛み、しびれ」で悩んでいます。


私たち、中医学を実践するものは、「通じざれば、すなわち痛む」「栄えざれば、すなわち痛む」で気血(きけつ)を通す、経絡を通すことにより、「痛み、しびれ」の緩和に役立ててれば、また体にやさしい医療の担い手になれば、と理想を描いています。


これからの高齢化社会において、「いつまでも独りで立って、歩いていける」ことの素晴らしさ、あちこち自分の興味があるところに旅行に行ったり、展覧会やコンサートに行ったり、美味しいものを食べに行けることも、すべて「足腰が丈夫で、自分の足で歩ける」ことが大切です。


独歩丸(どっぽがん)は、「独りでも歩ける」漢方薬ですから、補腎薬(ほじんやく)として、足腰強化に今後とも無くてはならない、永遠の漢方薬になると思います。

漢方講演会の様子

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧

その他のカテゴリー

LUF・黄体化未破裂卵胞|不妊と漢方薬 | PCOS・多嚢胞性卵巣症候群|不妊と漢方薬 | PMS・月経前緊張症|漢方薬 | 「ナチュラルな妊娠」「45歳、もう生んでいいかしら?」 | 「血流たっぷり」をめざしなさい | いびき|漢方薬 | おねしょ、小児夜尿症|漢方薬 | おりもの、のびおり|不妊治療と漢方薬 | お客さまとのエピソード | お腹の張り、腹部膨満感、食欲不振|漢方薬 | しびれ|漢方薬 | つわり|漢方薬 | にきび|漢方薬 | のどのつかえ、喉の痛み、難治性咽頭潰瘍|漢方薬 | ほてり|漢方薬 | むずむず脚症候|漢方薬 | めまい、立ちくらみ|漢方薬 | アトピー性皮膚炎|漢方薬 | アレルギー性鼻炎と体外受精|漢方薬 | アレルギー性鼻炎|漢方薬 | イスクラ冠元顆粒 | イスクラ冠元顆粒発売20周年記念成都シンポジウムに参加して | イスクラ婦宝当帰膠 | イスクラ独歩顆粒 | イライラ落ち込み漢方、不安落ち込み|漢方薬 | インターネットの掲示板などで漢方紹介 | カウフマン療法|不妊と漢方薬 | カンジダ膣炎|不妊と漢方薬 | ガン(がん)|漢方薬 | クラミジア感染症|不妊と漢方薬 | クローン病、潰瘍性大腸炎|漢方薬 | ゲップ・ガス|漢方薬 | ココログ版漢方(無名)コラム・2004 | ココログ版漢方(無名)コラム・2005 | ココログ版漢方(無名)コラム・2006 | ココログ版漢方(無名)コラム・2007 | ココログ版漢方(無名)コラム・2008 | ココログ版漢方(無名)コラム・2009 | ココログ版漢方(無名)コラム・2010~ | コンクレバン | シェーグレン症候群|漢方薬 | シミ・肝斑|漢方薬 | ストレス|漢方薬 | セックスレス、性機能減退|不妊と漢方薬 | タイミング療法|不妊と漢方薬 | ダイエット|漢方薬 | チャイナビュー | チョコレート嚢胞|不妊治療と漢方薬 | ツイッター | ディスプレー症候群|漢方薬 | ドライアイ|漢方薬 | ドライマウス、口腔乾燥症|漢方薬 | ニュースレターより | ハテナ | ビタエックス(プラセンタ) | フレイルの漢方対策 | ヘパーデン結節|漢方薬 | ベビ待ち保育士さん、幼稚園教諭さん|漢方薬 | ベビ待ち小学校教員さん|不妊と漢方薬 | ベビ待ち歯科衛生士さん|不妊と漢方薬 | ベビ待ち看護師さん|不妊と漢方薬 | ベビ待ち美容師さん|不妊と漢方薬 | メニエール病|漢方薬 | メールマガジン | モンテディオ山形 | ヤフー知恵袋の漢方の回答より | リウマチ性多発筋痛症|漢方薬 | リウマチ|漢方薬 | ロコモティブシンドローム|漢方薬 | 下痢、軟便|漢方薬 | 下肢静脈瘤|漢方薬 | 不妊カウンセラーに向けて | 不妊カウンセラー・体外受精コーディネーター養成講座 | 不妊治療の基礎知識…現状と問題点 | 不妊漢方治療の応用 | 不妊症の基本検査について | 不妊症の年代別漢方相談 | 不妊症テレビお茶の間講座 「子宮内膜症」 | 不妊症専門講座・PCOS 「多嚢胞性卵巣症候群」 | 不定愁訴|漢方薬 | 不正出血|不妊と漢方薬 | 不眠|漢方薬 | 不育、流産後|不妊治療と漢方薬 | 中医五官病 | 中医痺証専門講座「南通研修」への道 | 乳がんの疫学と薬物療法 | 乳腺炎、断乳、母乳|漢方薬 | 人工授精で妊娠出産|不妊と漢方薬 | 今週の漢方相談会 2008年 | 今週の漢方相談会 2009年 | 今週の漢方相談会 2010~ | 今週の漢方相談会 2013~ | 今週の漢方相談会2017 | 体外受精で妊娠出産|不妊と漢方薬 | 何先生や中医師の先生から漢方のこと聞いたこと | 便秘|漢方薬 | 免疫性不妊|漢方薬 | 全身性エリテマトーデス(SLE)|漢方薬 | 円錐角膜|漢方薬 | 冷え性|漢方薬 | 加齢性黄斑変性症|漢方薬 | 勉強会(2004~2008) | 勉強会(2009) | 勉強会(2010) | 勉強会(2011) | 勉強会(2012~) | 動悸|漢方薬 | 卵巣予備能~全周期活血化淤 | 卵巣嚢腫|不妊と漢方薬 | 卵巣機能不全、卵巣機能低下|不妊と漢方薬 | 卵管性不妊|不妊と漢方薬 | 卵管水腫|不妊と漢方薬 | 卵管閉塞|不妊と漢方薬 | 卵胞発育不全|不妊と漢方薬 | 受精障害|不妊と漢方薬 | 口内炎|漢方薬 | 呑気症(空気嚥下症)|漢方薬 | 味覚障害|漢方薬 | 咳、ぜんそく、慢性気管支炎|漢方薬 | 咽喉頭異常感症、難治性咽頭潰瘍|漢方薬 | 嗅覚障害|漢方薬 | 土屋幸太郎・漢方講演会 | 土屋幸太郎結婚式 | 土屋薬局からのお知らせ | 土屋薬局のの口コミ、評判 | 坐骨神経痛|漢方薬 | 坑精子坑体|不妊と漢方薬 | 基礎体温が低め|不妊と漢方薬 | 基礎体温が高め|不妊と漢方薬 | 基礎体温ガタガタ|不妊と漢方薬 | 基礎体温表|不妊と漢方薬 | 多汗症|漢方 | 夜中目が覚める|漢方薬 | 夢と不眠|漢方 | 女性のための漢方レッスン | 女性不妊症的中医治療 | 妊娠中と産後の体調不良|漢方薬 | 妊活・妊娠力アップ|漢方薬 | 子宮内膜が薄い|不妊と漢方薬 | 子宮内膜ポリープ、子宮内膜増殖症|漢方薬 | 子宮内膜症|不妊治療と漢方薬 | 子宮外妊娠後|不妊と漢方薬 | 子宮筋腫|不妊治療と漢方薬 | 子宮腺筋症|不妊治療と漢方薬 | 子宮頸がん|漢方薬 | 子宮頸管無力症|不妊と漢方薬 | 季節の養生法 | 学校保健委員会 | 小児チック|漢方薬 | 小児漢方 | 小太郎製薬 | 帯状疱疹後神経痛、後遺症|漢方薬 | 後鼻漏・蓄膿症|漢方薬 | 心と体 | 感音性難聴・耳鳴り、難聴|漢方薬 | 慢性副鼻腔炎(蓄膿症)|漢方薬 | 慢性咽頭炎|漢方薬 | 我が家の庭 | 我が家の庭 2008 | 我が家の庭 2009 | 我が家の庭 2010~ | 手根管症候群、腱鞘炎、ばね指|漢方薬 | 抗リン脂質抗体|不妊と漢方薬 | 抗核抗体|不妊治療と漢方薬 | 掌蹠膿疱症|漢方薬 | 排卵痛、排卵期|不妊と漢方薬 | 排卵障害|不妊と漢方薬 | 日中線記念館 | 更年期障害|漢方薬 | 月経の経血量が減少|不妊治療と漢方薬 | 月経不妊周期療法|不妊と漢方薬 | 月経不順・生理不順|不妊と漢方薬 | 月経周期が短い|不妊と漢方薬 | 月経周期が遅れる、長い|不妊と漢方薬 | 未成熟卵|不妊症と漢方 | 椎間板ヘルニア|漢方薬 | 武漢へ | 死産後|漢方薬 | 母乳|漢方薬 | 泣きたくなる | 活血化淤の応用 | 浮腫み|漢方 | 温活GO | 漢方周期療法…南京・夏桂成先生の講義より | 漢方薬の安全性について | 漢方薬局で相談を受ける婦人病について | 無排卵・無月経/不妊と漢方薬 | 無月経・無排卵・中医不妊症テレビお茶の間講座 | 生殖医療に関わる疑問に答える | 生殖補助医療の有用性と限界 | 生理痛、月経困難症|漢方薬 | 甲状腺機能亢進症|不妊と漢方薬 | 甲状腺|不妊治療と漢方薬 | 男女の更年期と神経症|漢方薬 | 男性不妊|不妊治療と漢方薬 | 痔|漢方薬 | 痛み、しびれ|漢方薬 | 痰湿|漢方 | 眼精疲労|漢方薬 | 着床障害|不妊治療と漢方薬 | 神経障害性疼痛|漢方薬 | 空胞|不妊治療と漢方薬 | 糖尿病|漢方薬 | 経血量少ない|不妊と漢方薬 | 綿花観察日記 | 緑内障|漢方薬 | 繊維筋痛症|漢方薬 | 老人性膣炎・萎縮性膣炎|漢方薬 | 耳管開放症|漢方薬 | 耳鳴り、突発性難聴|漢方薬 | 聴覚過敏|漢方薬 | 肘痛|漢方薬 | 股関節痛|漢方薬 | 肩こり|漢方薬 | 肩甲骨の痛み|漢方薬 | 肩痛、五十肩|漢方薬 | 胃酸過多、機能性胃腸症(NUD)|漢方薬 | 背中のほてり|漢方薬 | 背中の痛み|漢方薬 | 胚盤胞|不妊治療と漢方薬 | 脂漏性皮膚炎|漢方薬 | 脈拍|漢方 | 脊柱管狭窄症|漢方薬 | 脱毛、抜け毛、薄毛の漢方薬 | 脳卒中|漢方薬 | 脳疲労症候群、脳過敏症候群|漢方 | 腰椎すべり症|漢方薬 | 腰痛|漢方薬 | 膀胱炎|漢方薬 | 膝痛|漢方薬 | 膿精液症|男性不妊の漢方薬 | 花粉症|漢方薬 | 若木山、石崎山や東根の景色 | 若木山、石崎山や東根の風景2008 | 若木山、石崎山や東根の風景2009 | 若木山、石崎山や東根の風景2010~ | 蕁麻疹、湿疹/漢方薬 | 薄い子宮内膜に漢方薬が有効である可能性がある | 薬膳 | 血の道症|漢方薬 | 血管力をつければ病気は治る | 補腎の話 | 西洋医学的にみた不妊症漢方概論 | 足底筋膜炎|漢方薬 | 逆流性食道炎|漢方薬 | 過去のバックナンバーより | 過敏性腸症候群|漢方薬 | 過活動膀胱、頻尿|漢方薬 | 遺残卵胞|不妊治療と漢方薬 | 酒さ|漢方薬 | 頭痛|漢方薬 | 頸椎症、首のこり|漢方薬 | 頻尿|漢方薬 | 顔面神経麻痺、手のふるえ|漢方薬 | 顕微授精(ICIS)|不妊と漢方薬 | 風邪|漢方薬 | 食欲不振、胃痛|漢方薬 | 高プロラクチン血症|不妊と漢方薬 | 高血圧|漢方薬 | 高齢不妊症、卵巣機能低下における中国漢方の考え方 | 高齢不妊|不妊治療と漢方薬 | 鷺草、朱鷺草観察日記 | 黄体機能不全|不妊と漢方薬 | 黄疸|漢方薬 | 100歳まで元気に生きる! | 2人目不妊、第二子不妊|漢方薬 | 2004年妊娠出産おめでとうございます! | 2005年妊娠出産おめでとうございます! | 2006年妊娠出産おめでとうございます! | 2007(1月~6月)妊娠出産おめでとうございます! | 2007(7月~12月)妊娠出産おめでとうございます! | 2008年妊娠出産おめでとうございます! | 2009年妊娠出産おめでとうございます! | 2009(7月~12月)妊娠出産おめでとうございます! | 2010(1月~6月)妊娠出産おめでとうございます! | 2010(7月~12月)妊娠出産おめでとうございます! | 2011年妊娠出産おめでとうございます! | 2012年妊娠出産おめでとうございます! | 2013年妊娠出産おめでとうございます! | 2014年妊娠出産おめでとうございます! | 2015年妊娠出産おめでとうございます! | 2016年妊娠出産おめでとうございます! | 2017年妊娠出産おめでとうございます! | AMH|不妊治療と漢方薬 | COPD 慢性閉塞肺疾患|漢方薬 | FSHが低い方|不妊治療と漢方薬 | FSHが高い|不妊治療と漢方薬 | POF・早発閉経|不妊治療と漢方薬