カテゴリー「乳がんの疫学と薬物療法」の記事

2017.07.14

仙台からのお客さまが2組みと学校保健委員会、高血圧とがんの漢方相談など

こんにちは。

薬剤師、不妊カウンセラーの土屋幸太郎です。


今日は午前中は仙台市から特急48ライナーという仙台駅前とさくらんぼ東根駅前を結ぶバス路線でお客さまが来店されました。

お電話を予めもらっておきますと土屋薬局スタッフがお車でお迎えにあがります。


帰りも、さくらんぼ東根駅前にスタッフがお客さまを案内しています。


今日のお客さまは、帰りは電車で帰るとのことでした。

今日は、仙台よりも東根のほうが随分と暑かったようです。


その後、学校保健委員会に中学校に行きまして、給食を生徒の父母さんたちと一緒に食べて、午後1時から2時すぎまで内科医や歯科医の先生のご指導や、先生方や父兄さんたちの保護者のお話など聞かせて頂きました。

私は学校薬剤師として、プールでの事故、溺れたり、薬剤で塩素ガスが発生しないようなこと。

水質検査におけるPH管理や塩素管理の重要性など述べさせて頂きました。


その後、午後2時半に帰宅。


再度、薬局に出勤して午後3時に仙台から初めてのお客さまのご夫妻。


こちらのご夫妻は子どもも大きくなっていて、ご自身の術後の健康管理の漢方相談でした。


いろいろと迷ったのですが、ちょっと山形東根の土屋で相談してみよう。とのことでした。


丁寧に説明して、そして励まして、元気と勇気を仙台まで持ってお帰りになりました。


最後、お客さまの目つきがキラリ!と変わりましたので、今後が楽しみです。

ご主人様もおそらく、土屋の話に満足されたのでは?と甘い期待かもしれませんが、そのように希望しています。


その後は、音楽関係のお客さまのご来店と続き、高血圧の漢方相談ですが、やはり漢方を服用していたときのほうが血圧の管理に良いようです。

きちんと東根市内の循環器専門の先生に診てもらっていますが、漢方も今後とも「味が好きなので続けたい」とのことでした。


以上、だいたいの今日の一日の話でした。


子宝相談以外の生活習慣病や命がけの「がん」の漢方相談も好評です。


腎臓がんの術後で主人がゴルフに飛び回っています。

とか、胃がんの術後でも社会に復帰して元気に仕事をされている現役世代や乳がん術後の仕事と家庭の両立のための体力づくりなど、無理なくやれる範囲で相談しています。


無謀な高額な漢方相談も一切していませんので、がんの術後の漢方相談ももし興味があれば、土屋薬局に来てみてください。


ではでは、明日からの三連休、どうぞ良いお休みで!


ココ・ファーム・ワイナリーのブドウ畑

<2017年7月9日> ココ・ファーム・ワイナリーのブドウ畑


カフェのお水もオシャレ

カフェのお水もオシャレ


パン、美味しかったです

パン、美味しかったです。


レストラン、アタマの上にはブドウが

レストラン、頭の上にはブドウが!


ココ・ファーム・ワイナリーありがとう


ココ・ファーム・ワイナリーありがとう、また再訪したいです!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014.11.21

中医不妊症お茶の間講座「菊花」第六回テーマ流産…乳がん術後のかたの不妊症の漢方相談、7年ぐらいずっとピルを服用してからの不妊症漢方相談など

こんにちは。

薬剤師、不妊カウンセラーの土屋幸太郎です。


今朝は寒い朝で我が家の池では湯気がたち、そーっと覗いてみると金魚たちは底のほうで静かに泳いでいます。

ジョーロを見てみたら、氷が張ってありました。


月山や甑岳、葉山、黒伏山など白い帽子をかぶってきて、そろそろ平野でも雪が降りそうです。


さて

今週の火曜日の2014年11月18日、20時から22時まで今年最後となる中医不妊症お茶の間講座「菊花」第六回テーマ流産について勉強しました。


昔はギンガネットのテレビ電話だったのですが、ここ最近はパソコンを使ってIP通信での受講です。

以前よりトラブルなく快適に講座を山形にいながらにして、全国の漢方薬局の先生方とお話できて嬉しい限りです


今回のチューターは張先生でした。


まず一つの話題が乳がん術後のかたの不妊症の漢方相談のことでした。


30代の女性のかた


30代前半のときに乳がん発覚


エストロゲン陽性、プロゲステロン陽性


オペ後は生理を2年間スプレキュアで止める。

タスオミンという抗エストロゲンの薬を5年間内服


人工授精から体外受精にステップアップしています。


エストロゲン陽性、プロゲステロン陽性のためにフェマーラで排卵誘発し、ダグチル錠で流産防止の使用


<漢方的な考え方>


紫荷車や地黄などのエストロゲンに影響を与えるものを避けていくこと


処方例) 


○採卵前(月経期、卵胞期、排卵期)

丹参製剤、花膠製剤、夏至と冬至に採取される漢方薬、ロシアで採れる1000本に1本みつかる貴重なもの


○採卵後(高温期)

雲南省が有名な3年から7年の薬草、美肌油、夏至と冬至に採取される漢方薬、ロシアで採れる1000本に1本みつかる貴重なもの


○移植後(高温期)

玄関に屏風を立てて風を予防する名方、冬虫夏草と蛤蚧が配合された漢方薬、美肌油、ロシアで採れる1000本に1本みつかる貴重なもの、夏至と冬至に採取される漢方薬


ということで成功例でお客様はめでたく妊娠されたそうです。


confident


もう一例


23歳から生理不順のために7年ぐらいずっとピルを服用していました。

2~3ヶ月に1度の排卵でした。


現在は30代


基礎体温が高め、流産1回


先生方からいろいろな意見がありました。


わたし、土屋の意見


「たとえ基礎体温が高めだとしても、舌ベロの色や自覚症状などから総合的に判断しますと、気虚や陽虚がメインで陰虚火旺ではないと思います。

新陳代謝が気虚、陽虚のために悪くて内膜がスッキリと排出できなかったりして、基礎体温が高めになっている。

長期間のピルの服用も基礎体温が高めになっていることに影響しているのではないでしょうか?


つまり基礎体温は仮の標。

本の体質の部分は気血不足であったり、脾腎両虚だと思います。


虚なればすなわちこれを補い、実なればすなわちこれを瀉せ


ですから、養血調経の漢方に補中丸などの補気剤また参馬補腎丸など良いかもしれません」


という意見を提案しました。


来年もまたIP通信で子宝の漢方相談をより詳しくマスターしていって店頭でお客様たちに役立てるように勉強、精進していきたいです。


0211117

<2014年11月17日>

山形蔵王です。

雪が降って白い帽子をかぶるようになりました。

素晴らしい風景です。

田んぼは稲を刈り終わっていて、スズメの大群もいなくなりました。


0221117

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011.02.24

乳がんの漢方

乳がんの漢方について問い合わせを受けました。

術前は、シベリア霊芝(お茶がいい感じ、頑張る気持ちに良し)や免疫に衛益顆粒、ストレスや睡眠に酸棗仁湯。

術後は、星火霊芝宝朝晩1包ずつ、寝る前など睡眠によい。昼と晩にシベリア霊芝。つまり1日4回の服用

以上、メモしておきます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008.03.07

乳がんの疫学と薬物療法まで(6)

「乳がんの疫学と薬物療法まで(6)」です。

今回は、先日に乳がんの再検査に行かれたお客様から
頂いたメールの紹介です。

許可を頂いていて、ここに掲載させて頂きます。



土屋薬局 御中

お早うございます。
今日は朝から花粉がすごいみたいで、くしゃみが
止まりません。

その後いかがお過ごしですか?
先日は励ましのメールをありがとうございました。

土屋さんが書かれた乳がんに関するブログも読んでから
検査に臨んだので、安心して検査を受けられました。

昨日、乳がんの精密検査に行ってきました。

病院付属のブレストケアセンターに行ったのですが、
20代、30代の方がかなり来ていて、驚いてしまい
ました。

食生活の欧米化の影響なのでしょうか?

マンモや触診では一切問題がなかったので、それほど
大変な症状だとは思ってはいなかったのですが、
それでも緊張しました。

医師のPCの画面上の申し送りを盗み見したら、
「乳腺炎だと思われるが、念のために再検査の方に
回しました」とありました。

人間ドック受診時の乳がん検査技師2名にも
「この影はしこりではないので大丈夫ですよ」と
言われていて安心していたら、要精密検査と指示があった
ので、この分類(要精密検査にチェックされた)に
少しオカンムリの私。それならば、要精密検査では
なくて、要再検査で充分じゃないのおお???と
思ってしまいました。←人間ができていませんね!

まあ、この位脅かさないと、検査に来ない人もいるので
しょうか?

今回も検査にひっかかった影は映っていたので、
「経過観察にしましょう」といわれましたが、細胞診を
してもらいました。
年齢で代謝が悪くなった為に、乳腺に溜まった脂でした。
100%乳がんではないですよ!と言われて、ホッと
しました。

今回の件は驚かされましたが、健康や人生を考えるのに
良い経験でした。

土屋さんやご家族・スタッフの皆様も、定期健診は
ぜひ受けてくださいね。

ご心配をいただき、ありがとうございました。



誰でも好きで病気になる人はいませんが、早期発見・早期
治療をすれば、病気を悪者扱いせずに、仲良く共存できると
思います。

乳がんなどの婦人科系の病気は、治療で生理を何年間か
止めるようになる事もあるので、子供を望んでいる人には
辛い選択を余儀なくさせられる事もあるでしょう。

そういう辛い思いをしない為にも、ぜひとも若いうちから、
皆さんに定期健診を受けて頂きたいと思っています。

本当に20代、30代の人が多くて、ビックリしました!!
大病院のブレストケアセンターなので、出産後の乳腺炎など
近所の病院で治るような患者さんは来ないところだし、、、。
食生活の欧米化は怖いですね。


定期健診や早期発見の大切さを知ったお言葉です。

メールを掲載させて頂きまして、ありがとうございました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008.03.06

乳がんの疫学と薬物療法まで(5)

「乳がんの疫学と薬物療法まで(5)」です。

Imgp3740080306

転移性乳がんの予後。

ケア、QOLを考える。

(死亡率が高いので、やはり早期発見、早期治療が大切だと思います)


Imgp3741080306

乳がんの薬物療法

(クリックすれば、大きくなります)

Imgp3742080306

エストロゲンによる乳がん細胞増殖促進機構

(乳がんは、エストロゲンの長期の曝露により促進される)

Imgp3743080306

おもな乳がん内分泌療法の作用点

…今回は、アロマータゼ・インヒビター(AI剤)の勉強会だったのでした。


不妊治療においては、適応外の使い方になりますが、
閉経前の女性において、ロー・レスポンダー(卵巣反応不良例)で、
レトロゾールを使って排卵させる方法があります。

これは、アロマターゼ・インビター(阻害剤)により、

エストロゲン低下 ↓

FSH(卵胞刺激ホルモン) ↑


となり、卵胞の発育を促進させる方法です。


Imgp3745080306

閉経前の治療戦略


Imgp3747080306

もっと分かりやく説明しますと、


視床下部

脳下垂体


ここの反応では、Gn-RH(ゴナドトロピン・リリースホルモン、性腺刺激ホルモン放出ホルモン)をアゴニスト、つまり沢山反応刺激することにより、一時的に機能が更新するが(フレアー現象)、数日後にはダウン・レギュレーションを起こして、脳下垂体からのFSHとLHの分泌が減ります。その結果、卵巣への脳からのホルモンの働き(FSH)が弱まるので、卵巣が休まって、エストロゲンの分泌が減るのです。

(私の店頭での漢方相談の場合には、体外受精の場合でもホルモンの話を詳しく説明しているので、大変に好評です)

Imgp3749080306

抗エストロゲン製剤


ERのレセプターを占有、阻害して、エストロゲンの分泌を減らす。↓

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008.03.04

乳がんの疫学と薬物療法まで(4)~ピンクリボン~

「乳がんの疫学と薬物療法まで(4)」です。

Imgp3709080220

乳房の発生部位(1)

小葉に発生したものは「小葉癌」

乳菅に発生したものは「乳菅癌」

乳菅開口部付近に発生したものは「パジェット病」


Imgp3710080220

乳房の発生部位(2)

乳癌の発生部位は、外部の上部(C領域)が多い

Imgp3713080220

乳腺腫瘍の年齢分布

20~35歳 線維腺腫(良性)

30~45歳 乳腺症(良性)

40~60歳 乳がん(悪性)

Imgp3714080220

乳癌の好発転移部位

乳がん→骨、肝臓、肺


~ちょっと休憩~

Imgp3725080220

ピンクリボンって何?

Imgp3726080220

発症と歴史

~80年代にアメリカからスタート

シンボルであるピンクリボンは、まだ乳がんについての研究が浅かった1980年代のアメリカの小さい町で、乳がんで死亡した女性の母親が、この女性の娘である実孫に、同じ悲しみを繰り返さないよう、願いを込めて手渡したものがピンク色のリボンであったことに端を発する。

この行為が乳がんの恐ろしさと、乳がんについて知り、考えるきっかけをこの町の住人に広め、その後、草の根的な活動により、アメリカ全土はもとより、ヨーロッパ、アジアなど全世界的に広まった。


「乳がんの早期発見、早期診断、早期治療を啓蒙する活動です。」

Imgp3727080220_2

日本におけるピンクリボン

~東京タワーをピンク色にライトアップしたことがきっかけ~

日本でのピンクリボン運動が一般的に認知されるようになったのは、2000年代に入ってから。2000年10月に日本最大の乳がん患者支援団体である「あけぼの会」が東京タワーをピンク色にライトアップしたことがきっかけ。

Imgp3728080220

ピンクリボンの活動

~様々な活動がなされています~

○スマイルウオーク

○開催都市(市民講座、無料検診など)

○チャリティーオークション

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008.02.27

乳がんの疫学と薬物療法まで(3)

こんにちわ。

薬剤師、不妊カウンセラーの土屋幸太郎です。

山形の今日は朝から冬のような本格的な雪が降っております。

九州の方からは、「梅の花」が咲いた話題を聞き、
関東、西日本の方からは、花粉症などの話題を聞き、
そして北東北の方とは同じ「雪」について語りあう今日この頃です

三寒四温の折柄、みなさまご自愛くださいませ。

さて、

乳がんの疫学と薬物療法(2)」の続編、今日は第3回目です。

Imgp3704080219

良性乳腺疾患の既往:良性の乳腺疾患の既往と乳がんの関連が指摘されている。

良性の乳腺疾患が生検で確認された症例で乳がんのリスクが高い。

良性の乳腺疾患ががん化することはない。

Imgp3705080219

乳がんのリスクファクター

社会的階層:職業婦人や社会階層上位の女性の方が、乳がん発症のリスクは高い。


            食生活


結婚       教育・社会階層     初産年齢


             妊娠


密接な関係があり、これらを介しての影響の可能性が高い。


(高学歴で社会で活躍する女性のかたは、結婚が遅くなりがちで、その結果、初産年齢も上がり、エストロゲンの曝露が多くなるので乳がんになりやすいのではないか?という仮説)

Imgp3706080219

乳がんのリスクファクター


因子 高危険群 低危険群   


○年齢は、高齢のほうがリスクが高い。若い年齢はリスクが低い。

○住まいは、都市部のほうがリスクが高い。農村部はリスクが低い。

○未婚のほうがリスクが高い、既婚のほうがリスクが低い。

○高齢で30歳以上の出産がリスクが高い、20歳以下で初産の方はリスクが低い。

○出産数が多いほどリスクが低い、出産数が少ないとリスクが高い。

○授乳をしていないとリスクが高い、数年の授乳はリスクが低い。

○初潮年齢が11歳以下と早ければリスクが高い、16歳以上と遅ければリスクが低い。

○閉経年齢が55歳以上と遅ければリスクが高い、44歳以下と早ければリスクが低い。

○身長が高いとリスクが高い、標準の身長はリスクが低い。

○閉経後肥満は、リスクが高い、閉経後標準体重はリスクが低い。

○良性乳がん疾患既往があれば、リスクが高い、なければリスクが低い。

○乳がんの既往があれば、リスクが高い、なければリスクは低い。

○乳がんの家族歴があれば、リスクが高い、なければリスクが低い。

○放射線被爆が頻回または高線量であればリスクが高い、なければリスクが低い。

○アルコールは、日本酒1合のアルコール量で、週4回以上であればリスクが高い、なければリスクが低い。

○野菜、果物をあまり食べないとリスクが高い、野菜、果物を多く食べているとリスクが低い。

○魚を食べていないとリスクが低い、魚を食べているとリスクが低い。

○運動をしていないとリスクが高い、週に2回以上規則的な運動週間があればリスクが低い。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008.02.22

乳がんの疫学と薬物療法まで(2)

昨日の「乳がんの疫学と薬物療法」までの続きです。

だんだんと山形も雪解けの気配で、道を歩いていると、
雪解けの音を聞くことが多くなってきました。

さて、本題に入ります。


Imgp3700080220

乳がんのリスクファクター

内分泌環境:長期の高い血中エストロゲンレベル曝露により、乳がん発症率は増加する。


○初経年齢が早い

○閉経年齢が遅い

→一生のうちに月経回数が多いほど、発症のリスクが増加する。


○妊娠回数が少ない
また、初産年齢が30歳以降では26~27歳の16倍に危険率が上昇する。


→未経産婦と経産婦では未経産婦で発症のリスクが増加


○外因性エストロゲンの摂取

→ホルモン補充療法(HRT)は乳がんの発症リスクを高める可能性があり、ルーチンに長期間HRTを実施すべきではないとされている。

Imgp3701080220

乳がんのリスクファクター

遺伝・家族暦:乳がん家族暦がある、BRCA1、BRCA2の遺伝子変異であり、乳がん発症率は増加する。


なし

母親

姉妹

母親と姉妹


(近親者に、乳がんの患者さんがいたら、定期的な検診が大切だと思います)

Imgp3703080220

乳がんのリスクファクター


食事

◆アルコールについては、1日2杯以上でリスクファクターとしての影響があるとされている。

◆脂肪摂取については明らかではないが、閉経後女性ではBMIが大きいほど、リスクが高いことが報告されている。

これらは生活習慣、食事などの影響もあり、見極めは困難とされている。


喫煙

◆影響がない、またそれとは逆にリスクを下げるという報告があり、一致していない。

◆ただし最近では、閉経前ではリスクを上げるとの報告がある。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008.02.21

乳がんの疫学と薬物療法まで

Imgp3675080220

昨日の夕方18時半より、寒河江市立病院での薬剤師研修会がありました。

乳がんの話題でしたので、勉強した内容をアップしたいと思います。

いつもは、不妊や漢方などの話題が多い「ココログ版土屋薬局 中国漢方通信」ですが、今回は40代以降に増えてくる「乳がん」の話題ですす。

女性の方のみならず、男性のほうもパートナーのためにも
有益であろうという見地から判断して掲載します。

Imgp3683080220

今回は、最終的にはアロマターゼ・インヒビターという
抗がん剤の種類を勉強するのですが、
その前に女性のホルモンの働き、とくに閉経後のホルモンの流れの復習です。

閉経前と閉経後は、卵巣のエストロゲン(E2)の働きが違ってくるので、
ホルモン全体の流れも変わってくるのです。

Imgp3687080220_2

40代以降、エストロゲンの分泌は減ってくることを表すグラフです。

Imgp3688080220

初期の乳がんは、ホルモン依存性(エストロゲン依存)によるので、
臨床上、エストロゲン依存下では乳がんは増殖していく。

Imgp3695080220

米国人、米国日系人、英人 > 日本人

乳がんになる民族差です。

これには、欧米化された食事が、乳がんに影響を与えているだろうと
示唆されます。

和食は、健康に大切なものですね。

Imgp3698080220

都道府県により、乳がんに罹る頻度が変わってくる。

あなたのお住まいの地域はいかがでしょうか?

(当ブログの写真は、すべてクリックすると拡大しますので、詳しくご覧になれます)

Imgp3699080220

乳がんのリスクファクター

1)内分泌環境

2)社会的階層

3)食事

4)喫煙

5)人種差

6)良性乳腺疾患の有無

7)遺伝、家族暦


次回に続きます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

その他のカテゴリー

LUF・黄体化未破裂卵胞|不妊と漢方薬 | PCOS・多嚢胞性卵巣症候群|不妊と漢方薬 | PMS・月経前緊張症|漢方薬 | 「ナチュラルな妊娠」「45歳、もう生んでいいかしら?」 | 「血流たっぷり」をめざしなさい | いびき|漢方薬 | おねしょ、小児夜尿症|漢方薬 | おりもの、のびおり|不妊治療と漢方薬 | お客さまとのエピソード | お腹の張り、腹部膨満感、食欲不振|漢方薬 | お香 | しびれ|漢方薬 | つわり|漢方薬 | にきび|漢方薬 | のどのつかえ、喉の痛み、難治性咽頭潰瘍|漢方薬 | ほてり|漢方薬 | むずむず脚症候|漢方薬 | めまい、立ちくらみ|漢方薬 | アトピー性皮膚炎|漢方薬 | アレルギー性鼻炎と体外受精|漢方薬 | アレルギー性鼻炎|漢方薬 | イスクラ冠元顆粒 | イスクラ冠元顆粒発売20周年記念成都シンポジウムに参加して | イスクラ婦宝当帰膠 | イスクラ独歩顆粒 | イライラ落ち込み漢方、不安落ち込み|漢方薬 | イラスト | インターネットの掲示板などで漢方紹介 | カウフマン療法|不妊と漢方薬 | カンジダ膣炎|不妊と漢方薬 | ガン(がん)|漢方薬 | クラミジア感染症|不妊と漢方薬 | クローン病、潰瘍性大腸炎|漢方薬 | ゲップ・ガス|漢方薬 | ココログ版漢方(無名)コラム・2004 | ココログ版漢方(無名)コラム・2005 | ココログ版漢方(無名)コラム・2006 | ココログ版漢方(無名)コラム・2007 | ココログ版漢方(無名)コラム・2008 | ココログ版漢方(無名)コラム・2009 | ココログ版漢方(無名)コラム・2010~ | コンクレバン | シェーグレン症候群|漢方薬 | シミ・肝斑|漢方薬 | ストレス|漢方薬 | セックスレス、性機能減退|不妊と漢方薬 | タイミング療法|不妊と漢方薬 | ダイエット|漢方薬 | チャイナビュー | チョコレート嚢胞|不妊治療と漢方薬 | ツイッター | ツボの話題 | ディスプレー症候群|漢方薬 | ドライアイ|漢方薬 | ドライマウス、口腔乾燥症|漢方薬 | ニュースレターより | ハテナ | ビタエックス(プラセンタ) | フレイルの漢方対策 | ヘパーデン結節|漢方薬 | ベビ待ち保育士さん、幼稚園教諭さん|漢方薬 | ベビ待ち小学校教員さん|不妊と漢方薬 | ベビ待ち歯科衛生士さん|不妊と漢方薬 | ベビ待ち看護師さん|不妊と漢方薬 | ベビ待ち美容師さん|不妊と漢方薬 | メニエール病|漢方薬 | メールマガジン | モンテディオ山形 | ヤフー知恵袋の漢方の回答より | リウマチ性多発筋痛症|漢方薬 | リウマチ|漢方薬 | ロコモティブシンドローム|漢方薬 | 下痢、軟便|漢方薬 | 下肢静脈瘤|漢方薬 | 不妊カウンセラーに向けて | 不妊カウンセラー・体外受精コーディネーター養成講座 | 不妊治療の基礎知識…現状と問題点 | 不妊漢方治療の応用 | 不妊症の基本検査について | 不妊症の年代別漢方相談 | 不妊症テレビお茶の間講座 「子宮内膜症」 | 不妊症専門講座・PCOS 「多嚢胞性卵巣症候群」 | 不定愁訴|漢方薬 | 不正出血|不妊と漢方薬 | 不眠|漢方薬 | 不育、流産後|不妊治療と漢方薬 | 中医五官病 | 中医痺証専門講座「南通研修」への道 | 乳がんの疫学と薬物療法 | 乳腺炎、断乳、母乳|漢方薬 | 人工授精で妊娠出産|不妊と漢方薬 | 今週の漢方相談会 2008年 | 今週の漢方相談会 2009年 | 今週の漢方相談会 2010~ | 今週の漢方相談会 2013~ | 今週の漢方相談会2017 | 体外受精で妊娠出産|不妊と漢方薬 | 何先生や中医師の先生から漢方のこと聞いたこと | 便秘|漢方薬 | 免疫性不妊|漢方薬 | 全身性エリテマトーデス(SLE)|漢方薬 | 円錐角膜|漢方薬 | 冷え性|漢方薬 | 加齢性黄斑変性症|漢方薬 | 勉強会(2004~2008) | 勉強会(2009) | 勉強会(2010) | 勉強会(2011) | 勉強会(2012~) | 動悸|漢方薬 | 卵巣予備能~全周期活血化淤 | 卵巣嚢腫|不妊と漢方薬 | 卵巣機能不全、卵巣機能低下|不妊と漢方薬 | 卵管性不妊|不妊と漢方薬 | 卵管水腫|不妊と漢方薬 | 卵管閉塞|不妊と漢方薬 | 卵胞発育不全|不妊と漢方薬 | 受精障害|不妊と漢方薬 | 口内炎|漢方薬 | 呑気症(空気嚥下症)|漢方薬 | 味覚障害|漢方薬 | 咳、ぜんそく、慢性気管支炎|漢方薬 | 咽喉頭異常感症、難治性咽頭潰瘍|漢方薬 | 嗅覚障害|漢方薬 | 土屋幸太郎・漢方講演会 | 土屋幸太郎結婚式 | 土屋薬局からのお知らせ | 土屋薬局のの口コミ、評判 | 坐骨神経痛|漢方薬 | 坑精子坑体|不妊と漢方薬 | 基礎体温が低め|不妊と漢方薬 | 基礎体温が高め|不妊と漢方薬 | 基礎体温ガタガタ|不妊と漢方薬 | 基礎体温表|不妊と漢方薬 | 夏の疲れに漢方 | 多汗症|漢方 | 夜中目が覚める|漢方薬 | 夢と不眠|漢方 | 女性のための漢方レッスン | 女性不妊症的中医治療 | 妊娠中と産後の体調不良|漢方薬 | 妊活・妊娠力アップ|漢方薬 | 子宮内膜が薄い|不妊と漢方薬 | 子宮内膜ポリープ、子宮内膜増殖症|漢方薬 | 子宮内膜症|不妊治療と漢方薬 | 子宮外妊娠後|不妊と漢方薬 | 子宮筋腫|不妊治療と漢方薬 | 子宮腺筋症|不妊治療と漢方薬 | 子宮頸がん|漢方薬 | 子宮頸管無力症|不妊と漢方薬 | 季節の漢方養生 | 季節の養生法 | 学校保健委員会 | 小児チック|漢方薬 | 小児漢方 | 小太郎製薬 | 帯状疱疹後神経痛、後遺症|漢方薬 | 後鼻漏・蓄膿症|漢方薬 | 心と体 | 感音性難聴・耳鳴り、難聴|漢方薬 | 慢性副鼻腔炎(蓄膿症)|漢方薬 | 慢性咽頭炎|漢方薬 | 我が家の庭 | 我が家の庭 2008 | 我が家の庭 2009 | 我が家の庭 2010~ | 手根管症候群、腱鞘炎、ばね指|漢方薬 | 抗リン脂質抗体|不妊と漢方薬 | 抗核抗体|不妊治療と漢方薬 | 掌蹠膿疱症|漢方薬 | 排卵痛、排卵期|不妊と漢方薬 | 排卵障害|不妊と漢方薬 | 日中線記念館 | 更年期障害|漢方薬 | 月経の経血量が減少|不妊治療と漢方薬 | 月経不妊周期療法|不妊と漢方薬 | 月経不順・生理不順|不妊と漢方薬 | 月経周期が短い|不妊と漢方薬 | 月経周期が遅れる、長い|不妊と漢方薬 | 未成熟卵|不妊症と漢方 | 椎間板ヘルニア|漢方薬 | 武漢へ | 死産後|漢方薬 | 母乳|漢方薬 | 泣きたくなる | 活血化淤の応用 | 浮腫み|漢方 | 温活GO | 漢方周期療法…南京・夏桂成先生の講義より | 漢方薬の安全性について | 漢方薬局で相談を受ける婦人病について | 無排卵・無月経/不妊と漢方薬 | 無月経・無排卵・中医不妊症テレビお茶の間講座 | 生殖医療に関わる疑問に答える | 生殖補助医療の有用性と限界 | 生理痛、月経困難症|漢方薬 | 甲状腺機能亢進症|不妊と漢方薬 | 甲状腺|不妊治療と漢方薬 | 男女の更年期と神経症|漢方薬 | 男性不妊|不妊治療と漢方薬 | 疲労|漢方薬 | 痔|漢方薬 | 痛み、しびれ|漢方薬 | 痰湿(暑湿)について | 痰湿|漢方 | 眼精疲労|漢方薬 | 着床障害、着床失敗|不妊症と漢方薬 | 着床障害|不妊治療と漢方薬 | 神経障害性疼痛|漢方薬 | 秋バテの漢方 | 空胞|不妊治療と漢方薬 | 糖尿病|漢方薬 | 経血量少ない|不妊と漢方薬 | 綿花観察日記 | 緑内障|漢方薬 | 繊維筋痛症|漢方薬 | 老人性膣炎・萎縮性膣炎|漢方薬 | 耳管開放症|漢方薬 | 耳鳴り、突発性難聴|漢方薬 | 聴覚過敏|漢方薬 | 肘痛|漢方薬 | 股関節痛|漢方薬 | 肩こり|漢方薬 | 肩甲骨の痛み|漢方薬 | 肩痛、五十肩|漢方薬 | 胃酸過多、機能性胃腸症(NUD)|漢方薬 | 背中のほてり|漢方薬 | 背中の痛み|漢方薬 | 胚盤胞|不妊治療と漢方薬 | 脂漏性皮膚炎|漢方薬 | 脈拍|漢方 | 脊柱管狭窄症|漢方薬 | 脱毛、抜け毛、薄毛の漢方薬 | 脳卒中|漢方薬 | 脳疲労症候群、脳過敏症候群|漢方 | 腰椎すべり症|漢方薬 | 腰痛|漢方薬 | 膀胱炎|漢方薬 | 膝痛|漢方薬 | 膿精液症|男性不妊の漢方薬 | 花粉症|漢方薬 | 若木山、石崎山や東根の景色 | 若木山、石崎山や東根の風景2008 | 若木山、石崎山や東根の風景2009 | 若木山、石崎山や東根の風景2010~ | 蕁麻疹、湿疹/漢方薬 | 薄い子宮内膜に漢方薬が有効である可能性がある | 薬膳 | 血の道症|漢方薬 | 血管力をつければ病気は治る | 補腎の話 | 西洋医学的にみた不妊症漢方概論 | 足底筋膜炎|漢方薬 | 逆流性食道炎|漢方薬 | 過去のバックナンバーより | 過敏性腸症候群|漢方薬 | 過活動膀胱、頻尿|漢方薬 | 遺残卵胞|不妊治療と漢方薬 | 酒さ|漢方薬 | 頭痛|漢方薬 | 頸椎症、首のこり|漢方薬 | 頻尿|漢方薬 | 顔面神経麻痺、手のふるえ|漢方薬 | 顕微授精(ICIS)|不妊と漢方薬 | 風邪|漢方薬 | 食欲不振、胃痛|漢方薬 | 食養生 | 高プロラクチン血症|不妊と漢方薬 | 高血圧|漢方薬 | 高齢不妊症、卵巣機能低下における中国漢方の考え方 | 高齢不妊|不妊治療と漢方薬 | 鷺草、朱鷺草観察日記 | 黄体機能不全|不妊と漢方薬 | 黄疸|漢方薬 | 100歳まで元気に生きる! | 2人目不妊、第二子不妊|漢方薬 | 2004年妊娠出産おめでとうございます! | 2005年妊娠出産おめでとうございます! | 2006年妊娠出産おめでとうございます! | 2007(1月~6月)妊娠出産おめでとうございます! | 2007(7月~12月)妊娠出産おめでとうございます! | 2008年妊娠出産おめでとうございます! | 2009年妊娠出産おめでとうございます! | 2009(7月~12月)妊娠出産おめでとうございます! | 2010(1月~6月)妊娠出産おめでとうございます! | 2010(7月~12月)妊娠出産おめでとうございます! | 2011年妊娠出産おめでとうございます! | 2012年妊娠出産おめでとうございます! | 2013年妊娠出産おめでとうございます! | 2014年妊娠出産おめでとうございます! | 2015年妊娠出産おめでとうございます! | 2016年妊娠出産おめでとうございます! | 2017年妊娠出産おめでとうございます! | AMH|不妊治療と漢方薬 | COPD 慢性閉塞肺疾患|漢方薬 | FSHが低い方|不妊治療と漢方薬 | FSHが高い|不妊治療と漢方薬 | POF・早発閉経|不妊治療と漢方薬