カテゴリー「痔/漢方薬」の記事

2016.12.12

痔の不快な痛みや出血に即効性があり。飲む痔の漢方薬

おはようございます。

土屋薬局です。


昨日の日曜日に山形新聞にチラシをいれました。


土屋薬局のチラシ


手書きの印刷でピンク色で、ヤマザワさんやおーばんさん、イオンさん、ヨークベニマルさんと並んでも、目立つような感じです。アナログ感がたまりません。


このチラシの内容は、


「厳しい寒さ、新年を迎える準備に、毎日の雪はき 肩の痛み、腰の痛み、足の痛み、膝の痛み」


「カラダの痛みに… 詳しくは土屋薬局までご相談ください!」


この季節は各ご家庭で雪はき、雪かきをしますので、寒い中での作業ですし、慣れない作業ですから、腰や膝、肩や肘、背中などの痛みや凝りにもつながりやすいです。


カラダの中からポカポカと温まって痛みに良い漢方薬を試してみませんか?

という内容が1つ。


そして月曜日の今日の12月12日の土屋薬局の月曜日の朝礼で話し合ったことがこちらの内容です。


土屋薬局のチラシ 「痔」のコーナー


土屋薬局のチラシ、痔の特集コーナーです。


「ぢ」


痔の不快な痛みや出血に即効性があり、副作用のない飲んで治すよい薬があります!!


スタッフにも漢方の痔の相談で、当店のお客さまで寒河江市白岩から来店されたエピソードをお話しました。


白岩の友人から「長年の痔が土屋薬局の漢方相談で治った!」と聞いてきて来店された、白岩のお客さまがいらっしゃいました。


20年、痔で悩んでいたけれどもこちらの槐角丸を服用したらわずか2週間で改善して感激!とのことでした。


朝礼が終わり、スタッフにも「皆さんも痔のお客さまが来ましたら痔の漢方薬、槐角丸(かいがくがん)を紹介しましょう!」と朝礼を終えましたら、本当に朝の一番のお客さまが「痔の漢方薬 槐角丸」の指名買いでした。


痔の漢方薬 槐角丸

ちょっと画像が横になっていますが、槐角丸を今朝に撮影したものです。




毎年、12月の忘年会シーズンになると土屋薬局では例年、この季節は自衛隊さんや会社員の方など、アルコールの摂取量が増えて、痔になりやすいです。

肝臓の疲れは「痔」に来やすいです。


痔でお悩みの方は土屋薬局へ漢方相談お寄せください。


痔の不快な痛みや出血に、飲む痔(ぢ)の漢方薬を知っていますか?

こちらのコラムも参考になりましたら、幸いです。



「痔の不快な痛みや出血に即効性があり、飲む痔の漢方薬」


土屋薬局からのご提案


※痔の原因は淤血と肝の異常


日本人の大人 3人の1人は「痔主」といわれるほど、痔を患っている人は年齢、性別を問わず多いものです。


痔には内痔核、外痔核(いぼ痔)、裂肛(切れ痔、裂け痔)など幾つかのタイプがあります。

いずれも肛門の周囲の静脈の血液の流れが悪くなり、「うっ血」が生じることによって起こります。


この痔静脈は門脈系(肝臓につながっている血管)に属していて、肝臓と密接な関係で結ばれています。

痔静脈に異常がある場合には、肝臓にも病気までいかなくても肛門の「うっ血」のような異常があることが多くなります。

この「うっ血」状態を中医学では肛門の周辺にある痔静脈と「肝」に淤血(おけつ)が発生したためとみることができます。

そこで痔を改善するために、血液を浄化して流れをよくし、同時に肝の働きを強化するようにします。


※ どのタイプに飲んでも有効


浸膏槐角丸という中国の漢方薬は飲んで効果をあらわらず漢方薬です。


「浸膏」とは濃縮されたエキスの意味です。

即効性があり、天然の生薬成分なので安心して服用いただけます。


「浸膏槐角丸」は血行改善、血管強化、消炎鎮痛などの作用のある処方ですから、とくに痔の痛みが強く、痔の出血したり、粘液が出たりする痔によく効きます。



浸膏槐角丸に含まれている生薬は6種類。

このうち「槐角(エンジュの果実)」「地楡(ワレモコウの根茎と根)」には肝を強化するとともに、血管強化、止血、消炎、鎮痛が期待できます。

「防風(ボウフウの根)」は痔の患部の肛門の湿り気をとり、痛みを止めます。

「黄金(コガネバナの根)」は痔の患部の肛門の熱を冷まし、便通を整えます。


「当帰(当帰の根)」は血流を活発にして血液を綺麗にしてさらに肝にも働きます。

そして「枳穀(ミカン科)には便の出を良くし、痔の肛門の緊張を緩める働きがあります。



イスクラ浸膏槐角丸

槐角・地楡など6種類の植物性生薬から抽出したエキスを丸剤とした第二類医薬品の漢方薬です。

内痔核・外痔核・裂肛・痔出血・痔の痛みなどの緩和を目的としております。


<効能効果> 

次の症状の緩和「内痔核、外痔核、裂肛、痔出血、痔の痛み」


<用法・用量>

次の量を、1日2回朝夕、温水にて服用してください。

成人(15歳以上) 6~9丸 2回

15歳未満 服用しないでください。


槐角丸300丸 4080円(税抜き) 
槐角丸600丸 7570円(税抜き)


こちらのニフティのホームページのコラムもしお時間がありましたらご参照ください。

痔の不快な痛みや出血に飲む痔の漢方薬ご存知ですか?

はてなブログでも作成しました! 「30代から30年続いた痔(内痔)が漢方3週間ですっきり改善!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016.09.23

30年間の痔。わずか3週間で痔の痛み、出血が改善!

<土屋薬局で痔の漢方、痔の漢方薬を体験する前です>


仕事の知り合いの方から「ぜひ土屋薬局の痔の漢方薬、すごくいいから飲んでみたら」「痔の漢方薬、一度試してみたら?」と信用のあるかたからのご紹介でしたから、半信半疑で隣の市から土屋薬局に来てみました。


60代 男性です。

痔は30代から。

痔の痛みがあります。


夜には寝る前、就寝前に痔の座薬を使います。


日中は痔の座薬を使うとトイレに行きたくなるので、痔の座薬は使いづらいそうです。

内痔です。

肛門の出口近くに内痔があって、小さくなったり、大きくなったりを繰り返しているそうです。

高血圧もあって降圧剤は服用したり、服用しなかったり。だそうです。


寝酒の習慣があります。

ビールは毎晩1本。

焼酎は4~5杯。

コーヒーも1日4~5杯。


お友達から「土屋薬局の痔の漢方薬」はずっと聞いていて知っていました。


今回は「痔の漢方薬」にプラスして「痔の体質を改善する漢方薬」も説明を受けて購入しました。


つまり「痔の痛み、痒みの症状を改善する漢方薬」と「痔の体質を改善する漢方薬」の2種類で万全を期しての対策でした。

ガラス拭きと同じで、表側と裏側から磨かないとピカピカになりませんから。



<土屋薬局で痔の漢方薬、痔の漢方体験後です>


さて、約3週間後の今日の8月29日にお客様が来店されて言うには、前回8月8日に来店して「痔の漢方薬」2種
類購入して飲んでみたら、「すごくよく効いて痔の痛みも無くなって出血も止まった」そうです。

肛門の入り口近くの「いぼ痔」も消えたみたいです。


「30年ぐらいの「痔」がこんなに早く改善したとは。。。」


シミジミした顔で嬉しい「痔の漢方薬」を服用してのご感想でした。

薬剤師の私ももちろんかなり嬉しかったです。

今回はそれに「腰痛」の漢方相談をしてお帰りになられました。



<土屋薬局の痔の漢方の解説>


「痔」で長年悩んでいるかた。

「痔の痛み、出血、腫れ」などで悩んでいるかた。


きちんと病院も受診されていて、それでも治らずに困っている方はぜひ土屋薬局まで漢方相談をお寄せくださいね。

もしまだ「痔」で病院で先生の診察を受けていない場合には、最初は必ず病院で受診して治療を受けたうえで、土屋薬局に「痔」の漢方相談にご来店ください。


このお客様の場合には本来の養生はやはり「お酒」「アルコール」と「コーヒー」などの嗜好品です。


お酒のアルコールやコーヒーなどは肛門に悪い刺激になるので、今後はできれば日常生活で「寝酒」の生活習慣も改善できたら、もっといいのだろう。と思います。


でもアルコールを止めないで、コーヒーもそのままで「30年の痔がわずか3週間で改善したこと」はやはり土屋薬局の「痔の漢方薬」がとても効き目があったのだと思います。


山形県県内、朝日町 飯豊町 大石田町 大江町 大蔵村 小国町 尾花沢市、金山町 上山市 河北町、川西町、寒河江市 酒田市 鮭川村 庄内町 白鷹町 新庄市、高畠町 鶴岡市 天童市 戸沢村 長井市 中山町 南陽市 西川町 東根市 舟形町 真室川町 三川町 村山市 最上町 山形市 山辺町 遊佐町 米沢市。

お隣の新潟県、福島県、秋田県、宮城県、仙台市などにお住いでご来店できる方はぜひ山形県東根市の土屋薬局まで漢方相談をお寄せくださいね。

一緒に頑張りましょう!


痔の不快な痛みや出血に、飲む痔(ぢ)の漢方薬を知っていますか?」 こちらの漢方コラムも参考になりましたら、幸いです。



我が家の彼岸花です

2016年9月23日

我が家の彼岸花、毎年不思議に思いますけど、今年も「お彼岸」に合わせてかのように地上に顔を出し花を妖艶に咲かせます。


我が家の彼岸花の写真その2です


漢方コラム 「彼岸花」も参考になるようでしたら望外の喜びです。


彼岸花の写真その3です

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013.03.05

産後の貧血、腰痛、痔の痛み、イボ、出血。カンジダ膣炎の漢方アドバイス

おはようございます。

薬剤師、不妊カウンセラーの土屋幸太郎です。

NHK仙台放送局天気の番組みていたら、今日は「啓蟄」だそうです。

一雨ごとに春の足音が近づいてくるそうですが、我が家の庭は空から淡雪が降ってきています。


さて、昨日に師匠のトン先生にいろいろと中医学、漢方のことお電話でお聞きして勉強しました。

忘れないうちにログしていきたいです。



1)土屋


「めでたく40代でご出産のお客様のことです。

産後に貧血がひどい、腰が痛くてまっすぐに歩けません。

体の回復を助け、母乳がよく出るような漢方薬は婦宝当帰膠と独歩顆粒でよろしいでしょうか?」


トン先生 「はい、素晴らしいですね」


2)土屋からの質問その2


「慢性化しているカンジダ膣炎。40代のお客様です。

37歳ごろから現在まで毎月のようにカンジダ膣炎になります。

20代の頃も年に数回なっていましたがここ数年は慢性化しています。

37歳のときに通院していた婦人科では『35歳を超えたらホルモンの関係でカンジダ膣炎が慢性化する人がいるけどもいきなり治ることもありますから』と言われていましたが、結局治りませんでした。

現在はほんとにひどいときだけ通院しています。

生理が終わったらまた再発してしまうの繰り返しです」


トン先生 「粘膜のバリア機能の問題。

真菌と戦う免疫力の問題。

何回も繰り返す→清熱解毒は対処療法で不十分。

急性期終わったら+症状をなおす


次回の生理がきたら早めに「夏至と冬至に採れる生薬」+「バリア機能を高める漢方、黄耆製剤」がいいです。

百合製剤もOK.

「夏至と冬至に採れる漢方」だったら8粒×2回。

百合製剤も「バリア機能を高める漢方、黄耆製剤」も1包×2回


真菌は粘膜の乾燥しているところが大好きだから潤いをつけていく補陰も必要。


40代だから「湿熱も解消する補腎薬」「地球温暖化の強い味方の漢方薬」も予防のためにいい!

生理中も服用して大丈夫。

ずっとのんでいい。

清熱解毒は短期間にする。」


痔の不快な痛みや出血に、飲む痔(ぢ)の漢方薬を知っていますか?

こちらの痔の漢方のコラムも参考になりましたら、幸いです。



3)土屋からの質問その3


「めでたく先月にご出産された30代のお客様がいらっしゃいます。一人目は帝王切開でしたが、2人目は自然分娩だったそうです。さて、産後に痔の痛み、イボ。出血があります。どのように漢方を考えたらよろしいでしょうか?」


トン先生

「便秘があるのだったら『冬至と夏至に採れる漢方』+槐角丸

2つの季節の漢方は便秘にいい、止血効果もある。

便秘があれば槐角丸と併用すれば効果的な漢方。


便秘がなければ田七人参+槐角丸」

中国大使館商務処の水餃子

<2013年3月3日 中国大使館商務処でだされた水餃子。美味しかったです>

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012.01.28

肛門の痒み、肛門の周りが湿っていて痒い漢方相談

こんにちは。

今日の午前中に来店されましたお客様、お二人ともめでたく漢方周期療法でご懐妊、妊婦さんとなりまして嬉しい限りでした。

出産予定日をそれぞれお聞きしましたら、9月1日でした。

こんなことってあるんですね。

1年は365日もあるのに、365分の一でピタッとお二人の出産予定日が一致するなんて不思議です。


さて、肛門の痒みの漢方相談をお受けましたので、恩師のようびん先生に漢方的対策を教えて頂きました。



「肛門の痒み、肛門の周りが湿っていて痒い」


肛門は二陰(にいん)です。

肝経が絡んでいる。


しめっぽい痒みには「湿熱(しつねつ)」がある。

湿が絡んでいる。


少し「湿熱を解消する漢方」を併用していくとよい。


1日3包から始めて良くなったら1日2包、1包に減らしていく。

辛い物、甘いもの、お酒はダメ。


3包をお湯に溶かして洗面器に溶かして10分ぐらいおしりに浸ける。


あるいはスベリヒユの服用、夜寝る前に外用も。


(湿熱の話は「夏に多い湿疹」「夏に多い湿疹2」で詳しく解説しています。

肛門の漢方の話はこちらも参考になりましたら、幸いです。

痔の不快な痛みや出血に、飲む痔(ぢ)の漢方薬を知っていますか?


若木山から若木山公園を眺める

<2012年1月18日 若木山から若木山公園を眺める>

若木山から若木山公園を眺める

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008.04.22

痔ろうが痔の漢方薬で良くなったお話です。

本日、先ほど来店されたお客様は、今年の3月27日からの漢方相談でした。

50歳の女性の方です。

ここ数年来、痔で朝の排便後の痛みが強い。

便は普通。

痔ろう、脱肛で、良くなったり悪くなったりで、痔を繰り返しているそうです。

地域の総合病院の外科に通院していました。


44歳から更年期もあり、ほてりや足の冷えもあります。

ふわふわしためまいもあります。

当店からは、痔ろうに対して「痔の漢方薬」をお勧めさせて頂きました。


「痔の漢方薬」は、血行改善、血管強化、消炎鎮痛などの作用がある処方です。

とくに痛みが強く出血したり、粘液が出たりする痔によく効きます。

女性に多い、痔の原因となる「通じのトラブル」にも対応する便利な処方とも言えます。


「痔の漢方薬」を服用後約1ヵ月の今日現在は、4月21日から服用開始で15日目から「痔ろう」の出血が止まってきて、20日目から治ってきたそうです。

今ではだいぶ「痔ろう」が楽だとのことで、油断大敵にならないようにとお話させて頂きました。

普段は食物繊維の多い食事もお通じが良くなるので、痔には大切ですし、コーヒーやアルコール、辛いものなどの刺激物も控えなければなりません。

<「痔の不快な痛みや出血に、飲む痔(ぢ)の漢方薬を知っていますか?」>にも養生法が書かれています。

花咲く若木山公園

<2008年4月21日 花咲く若木山公園>


「肛門周囲腫瘍から「痔ろう」に進行しそうな状態ですので漢方で予防していきたいです。」


上記の話と違うお客様の「痔瘻」の漢方相談の内容をログさせて頂きます。



<2013年4月18日追記です>


30代 男性のお客様の「痔ろうの漢方相談」をお受けしましたので、トン先生にも中国漢方の知恵を拝借しました。

「肛門周囲腫瘍から痔ろうに進行しそうな状態で、4月3日に切開手術を受けました。

半年前から肛門付近に出来物ができてとくに痛みもなく過ごしていましたが、手術前にむずがゆい痒みとなりました。

現在はプロクトセディル軟膏のみです。

膿を出した部分が腸に向かって伸び始めていると医師から言われています。

切開手術後は7割の人が数か月で痔ろうに進行し、3割の人が完治するという説明を受けました。

痔ろうになっていないのですが、痔ろうになる可能性が高いので進行しないような痔瘻の漢方薬はございますか?」


トン先生からのアドバイス


→腸の粘膜にいい五○草、炎症を抑える田○人参、そして水蛭製剤などがお勧めです。


花咲く若木山公園

<2008年4月21日 花咲く若木山公園>

| | コメント (0) | トラックバック (0)

その他のカテゴリー

LUF・黄体化未破裂卵胞/不妊と漢方 | PCOS・多嚢胞性卵巣症候群/不妊と漢方 | PMS・月経前緊張症/不妊と漢方 | 「ナチュラルな妊娠」「45歳、もう生んでいいかしら?」 | 「血流たっぷり」をめざしなさい | いびき/漢方薬 | おねしょ、小児夜尿症(おねしょ)/漢方薬 | おりもの、のびおり/漢方薬 | お腹の張り、腹部膨満感、食欲不振/漢方薬 | しびれ/漢方薬 | つわり/漢方薬 | にきび/漢方薬 | のどのつかえ、喉の痛み、難治性咽頭潰瘍/漢方薬 | ほてり/漢方薬 | むずむず脚症候/漢方薬 | めまい、立ちくらみ/漢方薬 | アトピー性皮膚/漢方薬 | アレルギー性鼻炎と体外受精/不妊と漢方 | アレルギー性鼻炎の漢方相談について | イスクラ冠元顆粒 | イスクラ冠元顆粒発売20周年記念成都シンポジウムに参加して | イスクラ婦宝当帰膠/漢方薬 | イスクラ独歩顆粒 | イライラ落ち込み漢方、不安落ち込み/漢方薬 | インターネットの掲示板などで漢方紹介 | カウフマン療法/不妊と漢方 | カンジダ膣炎/漢方薬 | ガン(がん)/漢方薬 | クラミジア感染症/漢方薬 | クローン病、潰瘍性大腸炎/漢方薬 | ゲップ・ガスの漢方相談 | ココログ版漢方(無名)コラム・2004 | ココログ版漢方(無名)コラム・2005 | ココログ版漢方(無名)コラム・2006 | ココログ版漢方(無名)コラム・2007 | ココログ版漢方(無名)コラム・2008 | ココログ版漢方(無名)コラム・2009 | ココログ版漢方(無名)コラム・2010~ | コンクレバン | シェーグレン症候群/漢方薬 | シミ・肝斑/漢方 | ストレス/不妊と漢方 | セックスレス/不妊と漢方 | タイミング療法/不妊と漢方 | ダイエット/漢方薬 | チック/小児チック/漢方薬 | チャイナビュー | チョコレート嚢胞/漢方薬 | ツイッター | ディスプレー症候群/漢方薬 | ドライアイ/漢方薬 | ドライマウス、口腔乾燥症/漢方薬 | ニュースレターより | ハテナ | ビタエックス(プラセンタ) | ヘパーデン結節/漢方薬 | ベビ待ち保育士さん、幼稚園教諭さん/不妊と漢方 | ベビ待ち小学校教員さん/漢方薬 | ベビ待ち歯科衛生士さん/漢方薬 | ベビ待ち看護師さん/漢方薬 | ベビ待ち美容師さん/漢方薬 | メニエール病/漢方薬 | メールマガジン | モンテディオ山形 | ヤフー知恵袋の漢方の回答より | リウマチ性多発筋痛症/漢方薬 | リウマチ/漢方薬 | ロコモティブシンドローム/漢方薬 | 下痢、軟便/漢方薬 | 下肢静脈瘤/漢方薬 | 不妊カウンセラーに向けて | 不妊カウンセラー・体外受精コーディネーター養成講座 | 不妊治療の基礎知識…現状と問題点 | 不妊漢方治療の応用 | 不妊症の基本検査について | 不妊症の年代別漢方相談 | 不妊症テレビお茶の間講座 「子宮内膜症」 | 不妊症専門講座・PCOS 「多嚢胞性卵巣症候群」 | 不定愁訴/漢方薬 | 不正出血/漢方薬 | 不眠/漢方薬 | 中医五官病 | 中医痺証専門講座「南通研修」への道 | 乳がんの疫学と薬物療法 | 乳腺炎、断乳、母乳/漢方薬 | 人工授精/漢方薬 | 今週の漢方相談会 2008年 | 今週の漢方相談会 2009年 | 今週の漢方相談会 2010~ | 今週の漢方相談会 2013~ | 今週の漢方相談会2017 | 体外受精/漢方薬 | 何先生や中医師の先生から漢方のこと聞いたこと | 便秘/漢方薬 | 全身性エリテマトーデス(SLE)/漢方薬 | 円錐角膜/漢方薬 | 冷え性/漢方薬 | 加齢性黄斑変性症/漢方薬 | 勉強会(2004~2008) | 勉強会(2009) | 勉強会(2010) | 勉強会(2011) | 勉強会(2012~) | 動悸/漢方薬 | 卵巣予備能~全周期活血化淤 | 卵巣嚢腫/漢方薬 | 卵巣機能不全、卵巣機能低下/漢方薬 | 卵管性不妊/漢方薬 | 卵管留水腫/漢方薬 | 卵管閉塞/漢方薬 | 卵胞発育不全/漢方薬 | 受精障害/漢方薬 | 口内炎/漢方薬 | 呑気症(空気嚥下症)/漢方薬 | 周期療法 | 味覚障害/漢方薬 | 咳、ぜんそく、慢性気管支炎/漢方薬 | 咽喉頭異常感症、難治性咽頭潰瘍/漢方薬 | 嗅覚障害/漢方薬 | 土屋幸太郎・漢方講演会 | 土屋幸太郎結婚式 | 土屋薬局からのお知らせ | 土屋薬局のの口コミ、評判 | 坐骨神経痛/漢方薬 | 坑精子坑体/漢方薬 | 基礎体温が低め/漢方薬 | 基礎体温が高め/漢方薬 | 基礎体温ガタガタ/漢方薬 | 基礎体温表/漢方薬 | 多汗症/漢方 | 夜中目が覚める/漢方薬 | 夢と不眠/漢方 | 女性のための漢方レッスン | 女性不妊症的中医治療 | 妊娠中と産後の体調不良/漢方薬 | 妊活・妊娠力アップ/漢方薬 | 子宮内膜が薄い/漢方薬 | 子宮内膜ポリープ、子宮内膜増殖症/漢方薬 | 子宮内膜症/漢方薬 | 子宮外妊娠後/漢方薬 | 子宮筋腫/漢方薬 | 子宮腺筋症/漢方薬 | 子宮頸がん/漢方薬 | 子宮頸管無力症/漢方薬 | 季節の養生法 | 学校保健委員会 | 小児漢方 | 小太郎製薬 | 帯状疱疹後神経痛、後遺症/漢方薬 | 後鼻漏・蓄膿症/漢方薬 | 心と体 | 感音性難聴・耳鳴り、難聴/漢方薬 | 慢性副鼻腔炎(蓄膿症)、アレルギー性鼻炎/漢方薬 | 慢性咽頭炎/漢方薬 | 我が家の庭 | 我が家の庭 2008 | 我が家の庭 2009 | 我が家の庭 2010~ | 手根管症候群、腱鞘炎、ばね指/漢方薬 | 抗核抗体/漢方薬 | 掌蹠膿疱症/漢方薬 | 排卵痛、排卵期/漢方薬 | 排卵障害/漢方薬 | 日中線記念館 | 更年期障害/漢方薬 | 月経の経血量が減少/漢方薬 | 月経不順・生理不順/漢方薬 | 月経周期が短い/漢方薬 | 月経周期が遅れる、長い/漢方薬 | 椎間板ヘルニア/漢方薬 | 武漢へ | 死産後/漢方薬 | 母乳/漢方薬 | 泣きたくなる | 活血化淤の応用 | 流産後の不育/不妊と漢方薬 | 浮腫み/漢方 | 温活GO | 漢方周期療法…南京・夏桂成先生の講義より | 漢方薬の安全性について | 漢方薬局で相談を受ける婦人病について | 無排卵・無月経/漢方薬 | 無月経・無排卵・中医不妊症テレビお茶の間講座 | 生殖医療に関わる疑問に答える | 生殖補助医療の有用性と限界 | 生理痛/漢方薬 | 甲状腺機能亢進症/不妊と漢方 | 甲状腺/不妊と漢方 | 男女の更年期と神経症 | 男性不妊/漢方薬 | 痔/漢方薬 | 痛み、しびれ/漢方薬 | 痰湿/漢方 | 眼精疲労/漢方薬 | 着床障害/不妊と漢方 | 神経障害性疼痛/漢方薬 | 糖尿病/漢方薬 | 経血量少ない/漢方薬 | 綿花観察日記 | 緑内障/漢方薬 | 繊維筋痛症/漢方薬 | 老人性膣炎・萎縮性膣炎/漢方薬 | 耳管開放症/漢方薬 | 耳鳴り、突発性難聴/漢方薬 | 聴覚過敏/漢方薬 | 肘痛/漢方薬 | 股関節痛/漢方薬 | 肩こり/漢方薬 | 肩甲骨の痛み/漢方薬 | 肩痛、五十肩/漢方薬 | 胃酸過多、機能性胃腸症(NUD)/漢方薬 | 背中のほてり/漢方薬 | 背中の痛み/漢方薬 | 胚盤胞/漢方薬 | 脂漏性皮膚炎/漢方薬 | 脈拍/漢方 | 脊柱管狭窄症/漢方薬 | 脱毛、抜け毛、薄毛の漢方薬 | 脳卒中/漢方薬 | 脳疲労症候群、脳過敏症候群/漢方 | 腰椎すべり症/漢方薬 | 腰痛/漢方薬 | 膀胱炎/漢方薬 | 膝痛/漢方薬 | 花粉症/漢方薬 | 若木山、石崎山や東根の景色 | 若木山、石崎山や東根の風景2008 | 若木山、石崎山や東根の風景2009 | 若木山、石崎山や東根の風景2010~ | 蕁麻疹、湿疹/漢方薬 | 薄い子宮内膜に漢方薬が有効である可能性がある | 薬膳 | 血の道症/漢方薬 | 血管力をつければ病気は治る | 補腎の話 | 西洋医学的にみた不妊症漢方概論 | 足底筋膜炎/漢方薬 | 逆流性食道炎/漢方薬 | 過去のバックナンバーより | 過敏性腸症候群/漢方薬 | 過活動膀胱、頻尿/漢方薬 | 遺残卵胞/漢方薬 | 酒さ/漢方薬 | 頭痛/漢方薬 | 頸椎症、首のこり/漢方薬 | 頻尿/漢方薬 | 顔面神経麻痺、手のふるえ/漢方薬 | 顕微授精(ICIS)/漢方薬 | 風邪/漢方薬 | 食欲不振、胃痛/漢方薬 | 高プロラクチン血症/不妊と漢方薬 | 高血圧/漢方薬 | 鷺草、朱鷺草観察日記 | 黄体機能不全/漢方薬 | 黄疸/漢方薬 | 100歳まで元気に生きる! | 2人目不妊、第二子不妊の漢方薬 | 2004年妊娠出産おめでとうございます! | 2005年妊娠出産おめでとうございます! | 2006年妊娠出産おめでとうございます! | 2007(1月~6月)妊娠出産おめでとうございます! | 2007(7月~12月)妊娠出産おめでとうございます! | 2008年妊娠出産おめでとうございます! | 2009年妊娠出産おめでとうございます! | 2009(7月~12月)妊娠出産おめでとうございます! | 2010(1月~6月)妊娠出産おめでとうございます! | 2010(7月~12月)妊娠出産おめでとうございます! | 2011年妊娠出産おめでとうございます! | 2012年妊娠出産おめでとうございます! | 2013年妊娠出産おめでとうございます! | 2014年妊娠出産おめでとうございます! | 2015年妊娠出産おめでとうございます! | 2016年妊娠出産おめでとうございます! | 2017年妊娠出産おめでとうございます! | 40歳代、高齢不妊/漢方薬 | AMH/漢方薬 | COPD 慢性閉塞肺疾患/漢方薬 | FSHが低い方/漢方薬 | FSHが高い/漢方薬 | POF・早発閉経/漢方薬