カテゴリー「体外受精/不妊と漢方その1」の記事

2009.01.09

体外受精と漢方相談(2009~)のカテゴリー作りました。

おはようございます。

ブログを2回も当日更新です。

つねに記事の中で写真を入れていますので、開くのに時間がかかったり、読むのにイライラされる方もあると思いますので、「体外受精と漢方薬」のカテゴリーは新しく「体外受精と漢方相談(2009~)」として、本年度2009年より心機一転スタートすることにしました。


体外受精での漢方相談は、お客様の人生や願いが一心にかかっていることが多いですので、私も願いが適うような明るい元気な漢方相談をして、「健康な母体作り」をサポートしていきたいです。

これもひとえに、ココログを読んでくださる皆様方、そして掲載許可を頂けた嬉しいお知らせを運んでくれるお客様たちのお陰です。

今後とも、土屋薬局をどうぞよろしくお願い致します。


薬剤師、国際中医専門員、不妊カウンセラー 土屋幸太郎

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008.12.29

おめでとうございます!

おはようございます。

薬剤師、不妊カウンセラーの土屋幸太郎です。


今日も嬉しいお話のご紹介です。

お客様の掲載許可のもとに紹介させて頂きます。


○平成18年3月3日

Mさま、38歳です。

35歳のときから通院を始めました。

2度目胚盤胞まで育ったそこそこのグレードの胚を戻し、
微量の陽性反応はでたものの妊娠には至りませんでした。

3度目は、なんとなく卵巣の腫れや体調不良を自身でも感じていたので、
やはりうまくいきませんでした。

ストレスを感じやすいです。


初潮は10歳、月経周期は不妊治療を受ける前は25日ぐらい、
現在は28~30日、月経期間は3~5日ぐらい。

月経量は少なく、最近は塊がまじることもある。

月経前は胸の張りがあり、イライラすることが多いです。


去年転院を機に、7月から顕微授精を3回受けています。

卵巣機能やホルモン値も特に以上なく、原因は不明です。

お医者さん曰く、卵のグレードが今後の課題だそうです。

自分自身としては、着床に何か原因があるのかな?と思ったりします。

次回4回目の顕微授精を予定していますので、卵の質を良くすること、
改善した方が良いことなどを踏まえて、東洋医学的なアドバイスを宜しくお願いします


当店からは、Mさまご自身に3種類の漢方薬を。

ご主人様には1種類の漢方薬をお勧めしました。

漢方的には、Mさまにはプラセンタも含めて、補腎(ほじん)を中心にした処方。

ご主人様にも、精子に良い漢方薬をお勧めさせて頂きました。


その後、真面目にMさまご夫妻は漢方を真面目に継続されまして、
平成18年5月22日のときの状態では、


「今月のゴールデンウイークに採卵して、9個の卵が採れて、
正常に受精した卵を5つを凍結しました。

そして6月20日過ぎごろ胚を戻す予定です。

とてもドキドキしますが、体調を整えて頑張りたいです」

という感想も頂きました。


○平成18年7月25日

胎嚢が確認できました。

HCG順調です。



○平成20年12月20日


お子様1歳9ヶ月で元気な女の子です。

また二人目をご希望とのことで、最近
残っていた漢方薬を再度服用を始めました。

平成18年の相談を参考にして再開していきます。


この秋から眠りづらくなっていて、
睡眠導入剤を服用しても目が覚めやすくなっていましたが、
当店から不眠と婦人科にも良い漢方をお勧めしたところ、
すぐに効き目が現れてグッスリと眠れたとのことでした。

今後とも、Mさまの良い結果を願っています。


Mさまにお贈りします写真は、後ほど撮影してきます。

Mさま、このたびはおめでとうございました!

また、今後の良い結果を願っています。

Imgp5678081229

<2008年12月29日 東根市観音寺 「野川 小柳橋付近」>

Imgp5674081229

久しぶりにまとまった降雪の晴れ間に、
雪解け水が豪快に流れています。

静寂を感じる風景で私にはとても好ましいです。

Mさま、どうもおめでとうございました。

ご家族良いお年をお迎えしてください。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008.11.29

3ヶ月間漢方継続。12個採卵8個受精、胚盤胞5個、胎嚢確認

おはようございます。

薬剤師、不妊カウンセラーの土屋幸太郎です。

今日の山形県は快晴です。

気持ちの良いお天気となっています。

みなさまのお住まいのところはいかがですか?


さて、最近は体外受精を頑張っている方の漢方相談のフィードバックがありまして、なかなか結果が良い報告が最近多いです。

大体のお客様は、過去に数回体外受精(IVF)や顕微授精(ICSI)をしていて、「漢方を併用してみよう!」と思って、相談に来られます。

40代の方で、体外受精7回目のお客さまは、今年の1月から相談をしていました。

LHが高く、子宮内膜がやや薄いです。

1月、2月、3月と3ヶ月間漢方を継続服用で、12個採卵して8個受精、胚盤胞まで5個育ったそうです。

最近、凍結胚を戻されてめでたくご懐妊。

胎嚢を確認しましたので、今は安胎法(あんたいほう)の流産防止の漢方をお勧めさせて頂いています。


他のお客様でも採卵にあたりまして、「漢方を服用していて良かったです!」などの嬉しい結果報告を頂くことが多いですので、「うーん、やっぱり漢方って効くんだなあ」と実感する今日この頃です。


今日は土曜日なので、漢方相談の予約もけっこう入っていまして、仙台から3組、福島県から1組のご相談のお客様たちが来店されます。

この時期、山形に来店するのはまだ降雪していないとはいえ、本当に有難いことだと思います。


若木公園 「銀杏の落葉」

<2008年11月27日 若木公園 「銀杏の落葉」>

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008.10.03

札幌からのお客様

札幌から飛行機で山形の当店に漢方相談に来たお客様がいらっしゃいました。

「まさか北海道から、直接に漢方相談に来られるとは!」と驚いたのですが、可愛らしいお客様でゆっくりと相談することができました。

当店の近くには車で10分くらいのところに山形空港がありますので、山形空港でレンタカーを借りての来店です。


人工授精を1回されて、今後、人工授精を続けるか、それとも体外受精にステップアップされるか。

またその間にも、「ぜひ漢方で体質を改善して良い体調にしていきたい」ということで、いろいろとお話を聞かせて頂きました。

今の私の願いは、せっかく札幌から飛行機で来店して頂きましたので、ぜひ良い結果につながっていって頂きたいと思っています。


では、今日の写真は先月に北海道に旅行に行った時の思い出を紹介します。

北海道は最高です!

Imgp0759080913

積丹半島雷電温泉郷からの夕焼け 2008年9月13日

Imgp0761080913

Imgp1012080914

ニセコからの羊蹄山の眺め 2008年9月14日

Imgp1051080914

真狩温泉からの羊蹄山の眺め 2008年9月14日

札幌のお客様によりますと、真狩温泉の前のレストランで、サミットのファーストレディの皆様の食事会が開かれたそうです。美味しいレストランがあるんだそうです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008.09.17

PCO(多嚢胞)とPCOS(多嚢胞性卵巣症候群)の違いは?

おはようございます。

薬剤師、不妊カウンセラーの土屋幸太郎です。

昨日は、連休明けのせいでしょうか。

新規のお客様が3組来店されました。

最初のご相談は、県外から来店されたお客様で、耳鳴り、耳が聞こえづらいとのご相談でした。


お客様から「私の症状、辛さが分かりますか?」との問いがありましたので、即座に「はい、分かります!私は先日に旅行の途中で『潜水服は蝶の夢を見る』を半年かかりましたが読破しました。フランスの世界的な雑誌「ELLE」の編集長だった、ジャン=ドミニック・ボービーはある日突然の脳幹の脳卒中になり、手足や体全身が麻痺してしまうロックト・インシンドロームに罹ってしまいました。意思の伝達は、左目の瞬きだけです。その本日は、20万回の瞬きで書かれたものです。ジャン=ドミニック・ボービーさんは、まるで潜水服に包まれているかのような生活を過ごしたのですが、その著作の最後のほうに、だんだんと耳も聞こえなくなってきて、周囲の音が激しくうるさく聞こえることが記述されていました。だから私は、あなたの辛さ、悲しみが分かります」と答えました。


「毎朝、耳の症状が変わってくる。耳の中に水が入っていて抜けない感じ、または耳鳴り、音がうるさく感じだったり閉塞感も辛い」ということで、しっかりとした漢方相談を1時間半くらいしまして、お客様も納得のうえで喜んで帰っていかれました。


その後に、20代の若きお友達同士のご相談でした。

だるい、疲れやすいといったご相談で、生理のリズムを整えて、体の元気を作っていく漢方をお勧めしました。


最後は、夕方18時ごろから県外のお客様がカップルで来店されました。


「体外受精もしているが、なかなか卵も採卵できないので、漢方でしっかりとした体作りをしていきたい」というご相談でした。

日頃から東根に買い物に来ているそうで、非常に和やかな、初対面とは思えない漢方相談となり、お役に立てて良かったなあと思いました。


さて、そして20時からはテレビ電話での勉強会がありました。

タフな一日です。

メモ書きから。


夜勤する人→BBTが高くなりやすい。

陰と陽のバランスが崩れるから。

陰の成長、卵胞の育ちが悪くなる。

エストロゲンが少なくなる、おりものも減る。

低温期が高いことは、クロミッドを使っている影響か?または夜勤も関係しているか?


夜勤や睡眠不足は、陰(いん)が消耗されやすい生活スタイル。


PCO(多嚢胞)とPCOS(多嚢胞性卵巣症候群)の違いは?


○PCO 卵巣の中に5~6個の卵が見える。

40代の人にも見られる状態。


○PCOS 卵巣の中に12個以上卵胞が見える。

または症候群であるから、LHが高い、男性ホルモン↑、原発性のもの、20~30代前半に多い。


○PCOS 

1)陰虚火旺(いんきょかおう)タイプ 男性ホルモンが高い、痩せている、毛深い

2)気虚痰湿(ききょたんしつ)タイプ 肥満

以上です。

22時頃にテレビ電話の勉強会が終わり、私もそのまましばらくして「陰を消耗しないように、早く寝よう」と思いまして夢の中に突入しました。夜の幕がいつの間にか落ちてきたのでした。

積丹半島「岬の湯」から 日本海展望

<2008年9月13日 積丹半島「岬の湯」から 日本海展望>

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008.09.01

「ありがとう」の嬉しいお便りです。

おはようございます。

薬剤師、不妊カウンセラーの土屋幸太郎です。

8月19日に県内のお客様より嬉しいメールを頂きました。

掲載許可をもらいましたので、転載させて頂きます。

お久しぶりです。以前漢方相談をさせていただきました。
今日はご報告があってメールしました。
8/8に2970グラムの女の子を出産しました。

12月に3回目の体外受精をしまして、妊娠しました。
妊娠中は順調に経過していたのですが、
8か月に入ったころから逆子になってしまい、臨月に入ってからも直らなかったため、
37w4dで予定帝王切開で出産になりました。

3回目の体外受精の少し前から以前の漢方薬にプラスして、
別の漢方も追加で飲み始めていたのでそれが良かったのかなと今では思います。

素敵な妊婦生活でした。自分の中で、命が育っていく体験ができたこと
土屋薬局さんに出会えたことに感謝しています。ありがとう。
つわりで飲むのをお休みしていたのですが、
出産で貧血になってしまい授乳もしているので、また飲むのを再開しようと思います。

「ありがとう」というお言葉に、グッときました。

こちらこそ、素敵な言葉を頂きまして、ありがとうございました。

Imgp4698080901

Imgp4712080901
<2008年9月1日撮影 朝顔の花と種>

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008.08.19

FSH高く体外受精、LUFも。漢方でFSH下がり卵胞確認!

こんにちは!

薬剤師、不妊カウンセラーの土屋幸太郎です。


FSHが高く(E2も70以上と高く)病院での不妊症の治療が難しくなり40代という年齢もあって、当店の「FSHを下げる漢方」を服用されたお客様より掲載許可を頂きました。

今月8月15日に頂いたメールの内容紹介です。



○平成20年8月15日


「ご無沙汰しております。

5月に不妊のFSH高値でご相談した者です。

その節にはアドバイスを頂き本当にありがとうございました。

本日はその後の経過を伝えさせて下さい。


昨年の6月頃よりFSHが上がり始め、今年の5月にFSHが最高の21.1まで上昇して、医師にも「妊娠は難しいと言わざるを得ない」と言われ途方に暮れていた時に土屋薬局さんで漢方相談にのっていただきました。

そして、アドバイスに従って漢方を飲み始めました。


漢方を飲み始めて1か月ちょっと経った7月11日、生理開始3日目のFSHは5.56,8月9日、生理開始3日目のFSHは8.31でした。


7月はたまたまかな?と半信半疑でしたが、8月の結果を見て漢方薬のお蔭だと確信いたしました。

これで、また病院で不妊症の治療が開始できます。

本当にありがとうございました。

時節柄くれぐれもご自愛くださいませ。

とりあえず、お礼まで申し上げます。」


○平成20年8月16日


「補足をさせていただきますと、6月と7月(前周期)にはカウフマンはしていません。

つまり、これまでと違ったことはアドバイスに従って漢方を服用したことだけです。

ただ、経済的に厳しいので7月は漢方薬の服用する量を減らしました。

それでも、通常よりは漢方薬を多く服用していました。

その結果、7月より8月の方がFSHが上がってしまったのかな?と思っています。


1年以上もFSHがFSH13から21.1の間をさまよっており、医師にも妊娠は難しいと言われてしまった後でしたから、2か月連続でFSH10以下というのは夢のようです。

FSHを下げると言われて行ったカウフマンも私には効果がなく、ますますFSHの数値は上がっていきましたから、絶望的な状態でした。


それが、たったの1ヶ月でFSHの数値が下がったのですから驚いています。

本当にありがとうございました。

今後、ますますのご活躍をお祈りしております。


追伸 前回のメールではFSHなどのホルモン値でお話しできなかったことを補足しましたが、メールを紹介して下さる際にわかりやすいように編集していただいて結構です。

お手数をおかけしますがよろしくお願いします。」


2つのメールをまとめよりも、原文そのまま掲載のほうが分かりやすいと思い、掲載させて頂きました。

一番最初の5月の相談で頂いたメールは、以下のようでした。

41歳の方で、体外受精をしています。



○平成20年5月 初めてのFSHを下げる漢方相談にあたって


「5/9のD3の診察でFSHが21.1 LH7.3 E2 96.7で、FSH、LH、E2などすべての数値が高すぎるので妊娠は非常に難しいですと主治医に言われ、泣きながら帰ってきました。


E2が高い場合はFSHが低くなるのが正常で、両方高いのは卵巣機能が相当衰えているとのことで、絶望的な気分です。

ここ1年位はFSH<が13~17でした。いづれもD2~D3の結果です。


漢方薬でFSHやE2を下げられ、41歳と高齢のため時間がないので、なるべく速やかに効果がでるものがあればお願いしたいです。

また、高FSHはホルモン剤の影響もあるとのことで、ここ2年位、毎周期LUF(黄体化未破裂卵胞)があるので中用量ピルを高温期に飲んでいます。


排卵誘発剤のクロミッドも飲んでいます。

そこで、この影響も消したいのでFSHを下げるようなデトックス効果がある漢方があれば教えていただけると嬉しいです。」



他のお客様でも、FSHが高かったけれども、卵胞が確認できるようになったなどと嬉しい報告を頂くことがありますので、嬉しく思うことが多い今日この頃です。

葛の花

<2008年8月17日 葛の花>


2008/08.23追記

その後、8月19日に再び連絡を頂きました。


本日はクリニックに行き、卵胞を確認してきました。

過去最高の6個の卵胞が確認でき(体外受精のショート法でも3個でした。今回は低刺激です。)、E2は1923.1で22日に採卵になります。

この採卵が最後になることを祈りつつ臨みたいと思います。

医師も

「カウフマンもしていないのになぜFSHが下がったのだろう?FSHは年齢に相当して高くなったんだろうから10以下になるとは思わなかったなあ。」と首をかしげておられました。


土屋先生の漢方のお蔭でここまで来られたことを心から感謝しております。

本当にありがとうございました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008.08.18

男性不妊で精子無力症。精子の運動率が悪い漢方と養生、生活習慣について

おはようございます。

薬剤師、不妊カウンセラーの土屋幸太郎です。

昨日の夜から急に涼しくなり、今朝も寒さを感じる山形です。

お盆を過ぎると、いつもの夏も終わり、秋に向かって季節が進んでいくようです。


先週のお盆の期間中の漢方相談会は、宮城県からのお客様や首都圏に住んでいるカップルの方が帰省中に漢方相談に来られたりと、ふだん中々お会いできないような方々とお会いできまして、嬉しく思っているところです。


帰省中のカップルは男性不妊症で精子無力症。


ご主人の精子の運動率が悪いとのことのご相談でした。


病院の方が優しい病院で、地域の総合病院で不妊専門クリニックではありませんから、早急に体外受精や顕微授精を無理に進めることもなく、病院の治療方針として「患者さんからの希望があったときのみ、体外受精へ進む」のだそうです。


精子の運動率が一ケタ台ですから─なんとか漢方で自然に運動率を上げたい─というご相談で、お客様の舌ベロを見せてもらいましたら、舌に白い苔が多く、苔は一部ところどころが剥がれている、という慢性的に胃腸が弱いことが分かりました。


話をお聞きすれば、毎晩ビールを2本くらいお飲みになっているとのこと。

中国漢方的な養生としては、精子のためにも、妊娠するためにも、なるべく節酒、禁酒が望ましいことをお伝えしました。


けっこう中国での男科の相談の体験例を読んでいると「禁酒したことが不妊克服につながった」ことなども記載されていますので、日常の生活習慣、食習慣の改善も─健康な体づくりの観点からも大切なことになります。


よく奥様のほうにご主人の生活習慣を尋ねてみると、


○帰宅が遅い

○夕飯が遅い

○残業が多く疲れが溜まる

○睡眠時間が少ない

○家庭での飲酒習慣がある

○肥満傾向


などが多く見受けられるようです。


仕事もなるべく終わらせて、または終わらなくても良いから職場を出て早く帰宅するような生活習慣もとても大切だと思っています。

漢方は「胃腸を丈夫にすること」「胃腸を丈夫にして同時に精をつけること」を目的にしました。

妊娠につながるような良き結果を願っています。


もう一人のお客様─東京から土曜日に始めて来店されたお客様は─山形新幹線つばさに乗って降りる時刻も教えて頂いていましたので、スタッフが「さくらんぼ東根駅」までお迎えに上がったのですが、行き違いかとうとうずっと待っていてもお客様は現れませんでした。


気になって待っていたところ、突然に来店されましたので驚いたところ、駅でレンタサイクルを借りて当店までやって来たそうです。

「恐るべし!」の行動力です。(笑)


2時間ほど漢方相談をされまして─新幹線の帰る指定席の時間までたっぷりとありましたので、「東根温泉にも興味があります!」とのことで、再びレンタサイクルで東根温泉までお出かけになりました。

雨降りが多かった日ですから、その後の観光の模様などはまだ聞いておりませんが─楽しい思い出、自分自身を変えられるきっかけになる漢方相談─になって頂いたら、こちらのほうもとても嬉しいです。


最上川「三ヶ瀬の流れ」 大雨後の激流

<2008年8月17日 最上川「三ヶ瀬の流れ」 大雨後の激流>

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008.08.11

先週の嬉しかった話です。

おはようございます。

薬剤師、不妊カウンセラーの土屋幸太郎です。

山形も暑さが厳しい毎日です。

最近は、「夏祭りシーズン」に突入しましたので、
神輿も天童、東根と昨日、一昨日と連日に渡り担ぎました。


さて先週の嬉しかった話は、当店に平成18年のときから、ずっと3年間漢方を頑張って継続されたお客さまのことです。

その間、タイミング、人工授精、体外受精とステップしていってたのですが、体外受精をしても結果がでずに、今月の生理が来てから再度採卵の準備に入る予定でした。

で、生理を待っていたら、なかなか生理が来ずに「もしや」と思い検査に行ったらご懐妊されていたとのことでした。


ご主人様も漢方を服用されていましたし、お母様も膝の痛みで長年当店をご利用して下さっていますので、本当に良かったと思っております。

「私が妊娠したら、私以上にお母さんが喜ぶと思う」

と以前に語って頂いていますので、私もお母さんの喜んだ顔が目に浮かぶ今日この頃です。

Imgp0193080811_2

<2008年8月9日 天童祭り 私の所属しているお神輿>

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008.07.08

チョコレート嚢胞もあって、なかなか採卵が難しい。片方の卵巣しか反応しない

最近は、この地方特有の農繁期で日中は、ゆっくりとしていることが多いのですが、夕方から閉店にかけまして忙しくなりました。


その中の一人に、チョコレート嚢胞もあって、なかなか採卵が難しいお客様がいらっしゃいます。

片方の卵巣が反応しないので、通常よりもハンディを背負っています。


「このまま卵が採れなくなったら、どうしよう」という不安も常に付きまとうそうです。

以前の不妊学会の分科会で聞いた、アメリカでの卵子提供、代理母による不妊治療の現実などの話にも脱線したりもしました。


卵子提供は、たとえば「アジア系アメリカ人」の卵はいくらなどと金額が決まっていたりするのです。

いろいろと深い話をしていて、また話は脱線していきます。


漢方のほうでは、今まで活血化淤(かっけつかお)といって、どうしても子宮内膜症、チョコレート嚢胞(嚢腫)というと、淤血(おけつ)に意識が向きがちですが、これからの体外受精の採卵に向けて、「クラシカルな漢方処方」に切り替えることにしました。


今までの処方は、たとえば、


○養血調経(ようけつちょうけい) ○活血(かっけつ) ○活血(かっけつ)


という感じで、活血化淤(かっけつかお)に偏り勝ちだったのですが、これからは、


○養血調経(ようけつちょうけい) ○健脾(けんぴ) ○補腎(ほじん) ○活血(かっけつ)


という「王道」の中医学の難治病に対する基本処方を組んでいくことに決定しました。


ちょうど相談している最中に、先週、アトピーの皮膚の痒みで立ち話程度でしたが、気軽に漢方をお勧めした方が「やはり言われたように、効き目が良くて、お肌が良くなりました」と20代前後の女性の方が来店されましたので、その方にお勧めした漢方は、「胃腸を丈夫にしてお肌をスベスベにする漢方」ですから、ひらめきまして、相談しているお客様にも「お肌がスベスベになるということは、卵胞ホルモンのエストロゲンの分泌が良くなっているということですから、採卵のときの卵胞の発育にも有利に働きます!」とお勧めさせて頂きました。

人間が、りんごの木になったとしたら、「胃腸」は「畑」に相当しますので、不妊などの子宝相談にも意外に役立つのです。


同時に、最近1ヵ月半とか2ヶ月くらいの漢方の服用で「形勢逆転」しているお客様たちも多くなってきましたので、よく分析してみれば、徹底的に「補腎(ほじん」もしている訳です。

これも人間をりんごの木にたとえるところの「根っこ」に相当します。

「根っこ」は、体の「元気」「精力」「若さ」「生殖」の象徴です。


クラシカルな王道の処方は、健脾(けんぴ)・補腎(ほじん)そして、補血・活血(ほけつかっけつ)につながっていきます。


話は続いていきます。

「最近、私は『愛』について勉強しています。(笑)」

「『愛するということ』という本の一説に、以下のような文章がありました」

「人類全体の誕生にしても、個人の誕生にしても、人間は誕生と同時に、本能が支配する明確な世界から、不明確で、不安定で、開かれた世界へと投げ出される。確かなのは過去についてだけで、将来について確かなことといったら、死ぬということだけだ。」

「つまり、次の採卵もまだ駄目と決まった訳ではありませんし、今回から処方も変更しましたので、より効果が上がってくる可能性もありますから、頑張りましょう!私たちは、どこからか生まれてこの世にやって来て、そして将来の確実な決定事項は『死ぬこと』だけですから、採卵の数や卵の質がどうなるかは予測がつきません。良い結果になる可能性も十分にあります!」

「そうですよね~」とお客様の目は、キラリと光りました。

ということで、農繁期の続いている山形で繰り広げられた漢方相談の話でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧

その他のカテゴリー

LUF・黄体化未破裂卵胞/不妊と漢方 | PCOS・多嚢胞性卵巣症候群/不妊と漢方 | PMS・月経前緊張症/不妊と漢方 | 「ナチュラルな妊娠」「45歳、もう生んでいいかしら?」 | 「血流たっぷり」をめざしなさい | いびき/漢方薬 | おねしょ、小児夜尿症(おねしょ)/漢方薬 | おりもの/漢方薬 | お腹の張り、腹部膨満感、食欲不振/漢方薬 | しびれ/漢方相談 | つわり/漢方薬 | にきび/漢方薬 | のどのつかえ、喉の痛み、難治性咽頭潰瘍/漢方薬 | ほてり/漢方薬 | むずむず脚症候/漢方で効果改善 | めまい、立ちくらみ/漢方薬 | アトピー性皮膚/漢方薬 | アレルギー性鼻炎と体外受精/不妊と漢方 | アレルギー性鼻炎の漢方相談について | イスクラ冠元顆粒 | イライラ落ち込み漢方、不安落ち込み/漢方薬 | インターネットの掲示板などで漢方紹介 | カウフマン療法/不妊と漢方 | カンジダ膣炎/不妊と漢方 | ガン(がん)/漢方薬 | クラミジア感染症/不妊と漢方 | クローン病、潰瘍性大腸炎/漢方薬 | ココログ版漢方(無名)コラム・2004 | ココログ版漢方(無名)コラム・2005 | ココログ版漢方(無名)コラム・2006 | ココログ版漢方(無名)コラム・2007 | ココログ版漢方(無名)コラム・2008 | ココログ版漢方(無名)コラム・2009 | ココログ版漢方(無名)コラム・2010~ | コンクレバン | シェーグレン症候群/漢方薬 | シミ・肝斑/漢方 | ストレス/不妊と漢方 | セックスレス/不妊と漢方 | タイミング療法/不妊と漢方 | ダイエット/不妊と漢方 | チック/小児チック/漢方薬 | チャイナビュー | チョコレート嚢胞/不妊と漢方 | ツイッター | ディスプレー症候群/漢方薬 | ドライアイ/漢方薬 | ドライマウス、口腔乾燥症/漢方 | ニュースレターより | ハテナ | ヘパーデン結節/漢方薬 | ベビ待ち保育士、幼稚園教諭/不妊と漢方 | ベビ待ち歯科衛生士/不妊と漢方 | ベビ待ち看護師/不妊と漢方 | ベビ待ち美容師さん/不妊と漢方 | メニエール病/漢方薬 | メールマガジン | モンテディオ山形 | ヤフー知恵袋の漢方の回答より | リウマチ性多発筋痛症/漢方薬 | リウマチ/漢方薬 | ロコモティブシンドローム/漢方薬 | 下痢、軟便/漢方薬 | 下肢静脈瘤/漢方薬 | 不妊カウンセラーに向けて | 不妊カウンセラー・体外受精コーディネーター養成講座 | 不妊治療の基礎知識…現状と問題点 | 不妊漢方治療の応用 | 不妊症の基本検査について | 不妊症の年代別漢方相談 | 不妊症の漢方相談会 2008年 | 不妊症の漢方相談会 2009年 | 不妊症の漢方相談会 2010~ | 不妊症の漢方相談会 2013~ | 不妊症の漢方相談会2017 | 不妊症テレビお茶の間講座 「子宮内膜症」 | 不妊症専門講座・PCOS 「多嚢胞性卵巣症候群」 | 不定愁訴/漢方薬 | 不正出血/不妊と漢方 | 不眠/漢方薬 | 中医五官病 | 中医痺証専門講座「南通研修」への道 | 乳がんの疫学と薬物療法 | 乳腺炎、断乳、母乳/産後の漢方薬 | 人工授精/不妊と漢方その1 | 人工授精/不妊と漢方その2 | 体外受精/不妊と漢方その1 | 体外受精/不妊と漢方その2 | 何先生や中医師の先生から漢方のこと聞いたこと | 便秘/漢方 | 円錐角膜/漢方薬 | 冠元顆粒発売20周年記念成都シンポジウムに参加して | 冷え性/不妊と漢方 | 加齢性黄斑変性症/漢方で効果改善 | 動悸/漢方薬 | 卵巣予備能~全周期活血化淤 | 卵巣嚢腫/漢方薬 | 卵巣機能不全、卵巣機能低下/不妊と漢方 | 卵管性不妊/不妊と漢方 | 卵管水腫/卵管留水腫/不妊と漢方 | 卵管閉塞/不妊と漢方 | 卵胞発育不全/不妊と漢方 | 口内炎/漢方 | 呑気症(空気嚥下症)/漢方薬 | 味覚障害/漢方薬 | 咳、ぜんそく、慢性気管支炎/漢方薬 | 咽喉頭異常感症、難治性咽頭潰瘍/漢方薬 | 嗅覚障害/漢方薬 | 土屋幸太郎・漢方講演会 | 土屋幸太郎結婚式 | 土屋薬局からのお知らせ | 土屋薬局のの口コミ、評判 | 坐骨神経痛の痛みしびれ/漢方 | 坑精子坑体/不妊と漢方 | 基礎体温が低め/不妊と漢方 | 基礎体温が高め/不妊と漢方 | 基礎体温ガタガタ/不妊と漢方 | 基礎体温表/不妊と漢方 | 多汗症/漢方 | 夜中目が覚める/漢方 | 夢と不眠/漢方 | 女性のための漢方レッスン | 女性不妊症的中医治療 | 妊娠中と産後の体調不良/漢方 | 妊活・妊娠力アップ/不妊と漢方 | 婦宝当帰膠/不妊と漢方 | 子宮内膜が薄い/不妊と漢方 | 子宮内膜ポリープ、子宮内膜増殖症/不妊と漢方 | 子宮内膜症/不妊と漢方、妊娠出産 | 子宮外妊娠後/不妊と漢方 | 子宮筋腫/不妊と漢方 | 子宮腺筋症/不妊と漢方、妊娠出産 | 子宮頸がん/不妊と漢方 | 季節の養生法 | 学校保健委員会 | 小児漢方/漢方 | 小太郎製薬 | 帯状疱疹後神経痛、後遺症/漢方薬 | 後鼻漏(蓄膿症)の鼻水、鼻づまり/漢方 | 心と体 | 感音性難聴(耳鳴り、難聴)/漢方薬 | 慢性副鼻腔炎(蓄膿症)、アレルギー性鼻炎/漢方薬 | 慢性咽頭炎/漢方薬 | 我が家の庭 | 我が家の庭 2008 | 我が家の庭 2009 | 我が家の庭 2010~ | 手根管症候群、腱鞘炎、ばね指/漢方薬 | 抗核抗体/不妊と漢方 | 掌蹠膿疱症/漢方薬 | 排卵痛、排卵期/不妊と漢方 | 排卵障害/不妊と漢方、妊娠出産 | 日中線記念館 | 更年期障害/漢方 | 月経の経血量が減少/不妊と漢方 | 月経周期が短い/不妊と漢方 | 月経周期が遅れる、長い/不妊と漢方 | 椎間板ヘルニア/漢方で痛み、しびれ改善 | 武漢へ | 死産後/不妊と漢方。妊娠出産 | 母乳の漢方薬 | 泣きたくなる | 活血化淤の応用 | 流産後の不育/不妊と漢方、妊娠出産 | 浮腫み/漢方 | 温活GO | 漢方勉強会(2004~2008) | 漢方勉強会(2009) | 漢方勉強会(2010) | 漢方勉強会(2011) | 漢方勉強会(2012~) | 漢方周期療法 | 漢方周期療法…南京・夏桂成先生の講義より | 漢方薬の安全性について | 漢方薬局で相談を受ける婦人病について | 無排卵・無月経/不妊と漢方・妊娠出産 | 無月経・無排卵・中医不妊症テレビお茶の間講座 | 独歩顆粒 | 生殖医療に関わる疑問に答える | 生殖補助医療の有用性と限界 | 生理不順/不妊と漢方、妊娠出産 | 生理痛/不妊と漢方、妊娠出産 | 甲状腺機能亢進症/不妊と漢方 | 甲状腺/不妊と漢方 | 男女の更年期と神経症 | 男性不妊・乏精子症 精子無力症/不妊と漢方・妊娠出産 | 痔/漢方薬 | 痛み、しびれ/漢方薬 | 痰湿/漢方 | 眼精疲労/漢方薬 | 着床障害/不妊と漢方 | 神経障害性疼痛/漢方薬 | 経血量少ない不妊/不妊と漢方 | 綿花観察日記 | 緑内障/漢方 | 繊維筋痛症/漢方薬 | 老人性膣炎・萎縮性膣炎の漢方 | 耳管開放症/漢方薬 | 耳鳴り、突発性難聴/漢方薬 | 聴覚過敏/漢方薬 | 肘の痛み/漢方薬 | 股関節痛、変形性股関節症の漢方薬 | 肩こりの漢方薬 | 肩甲骨の痛みの漢方薬 | 肩痛、五十肩の漢方薬 | 胃酸過多、機能性胃腸症(NUD)の漢方薬 | 背中のほてり/漢方 | 背中の痛み/漢方 | 胚盤胞/不妊と漢方 | 脂漏性皮膚炎/漢方薬 | 脈拍/漢方 | 脊柱管狭窄症の漢方薬 | 脱毛、抜け毛、薄毛の漢方薬 | 脳卒中の漢方薬 | 脳疲労症候群、脳過敏症候群/漢方 | 腰椎すべり症/漢方薬 | 腰痛の漢方薬 | 膀胱炎の漢方薬 | 膝痛の漢方薬 | 花粉症の漢方薬 | 若木山、石崎山や東根の景色 | 若木山、石崎山や東根の風景2008 | 若木山、石崎山や東根の風景2009 | 若木山、石崎山や東根の風景2010~ | 蕁麻疹、湿疹の漢方薬 | 薄い子宮内膜に漢方薬が有効である可能性がある | 薬膳 | 血の道症/漢方相談 | 血管力をつければ病気は治る | 補腎の話 | 西洋医学的にみた不妊症漢方概論 | 足底筋膜炎の漢方薬 | 逆流性食道炎の漢方薬 | 過去のバックナンバーより | 過敏性腸症候群の漢方薬 | 過活動膀胱、頻尿の漢方薬 | 遺残卵胞/不妊と漢方 | 酒さの漢方薬 | 頭痛、慢性頭痛の漢方薬 | 頸椎症、首のこり/漢方で効果改善 | 頻尿/漢方で効果改善 | 顔面神経麻痺、手のふるえと漢方薬 | 顕微授精(ICIS)/不妊と漢方 | 風邪/漢方 | 食欲不振、胃痛の漢方薬 | 高プロラクチン血症/不妊と漢方1 | 高プロラクチン血症/不妊と漢方2 | 高血圧と糖尿病の漢方薬 | 高血圧の漢方薬 | 鷺草、朱鷺草観察日記 | 黄体機能不全/不妊と漢方 | 黄疸の漢方薬 | 100歳まで元気に生きる! | 2人目不妊、第二子不妊の漢方薬 | 2004年妊娠出産おめでとうございます! | 2005年妊娠出産おめでとうございます! | 2006年妊娠出産おめでとうございます! | 2007(1月~6月)妊娠出産おめでとうございます! | 2007(7月~12月)妊娠出産おめでとうございます! | 2008年妊娠出産おめでとうございます! | 2009年妊娠出産おめでとうございます! | 2009(7月~12月)妊娠出産おめでとうございます! | 2010(1月~6月)妊娠出産おめでとうございます! | 2010(7月~12月)妊娠出産おめでとうございます! | 2011年妊娠出産おめでとうございます! | 2012年妊娠出産おめでとうございます! | 2013年妊娠出産おめでとうございます! | 2014年妊娠出産おめでとうございます! | 2015年妊娠出産おめでとうございます! | 2016年妊娠出産おめでとうございます! | 2017年妊娠出産おめでとうございます! | 40歳代、高齢不妊/不妊と漢方 | AMH/不妊と漢方 | COPD 慢性閉塞肺疾患の漢方薬 | FSHが低い方/不妊と漢方 | FSHが高い/不妊と漢方 | POF・早発閉経/不妊と漢方