カテゴリー「乳腺炎、断乳、母乳|漢方薬」の記事

2017.01.07

1月8日、9日の日月祝は土屋薬局お休みです。

こんばんは。

今日の7日の営業もそろそろ終了です。


今日は鼻やのどの詰まり、鼻腔、のどの奥の痛みの新規の漢方相談の方が1件。

その方の娘様の産後2ヶ月のおっぱいの母乳を増やす漢方相談。


新規の耳鳴りの漢方相談も1件。

調子の良いときと悪い時があるそうです。

耳鳴りの漢方で1週間分お試しになって頂いて、来週に再度予約して頂いたので、様子をみていきます。


(県外の方で耳鳴りの漢方相談の方も調子が良くて、水が入った感じなどすっかり抜けているそうです)


鼻や耳などの耳鼻科関係の漢方相談が増えてきて「中医五官病薬局」と看板替えを考えてしまいます。


慢性の頭痛や目の奥の痛み、喉や鼻の不調、耳鳴り、耳つまり、聴力低下など、首から上の「体の頂上」の漢方相談増えてきています。


その他、「妊娠6週めで赤ちゃんはしっかりピクピク動いていました」のお友達の方がご紹介で来店されました。


新年の友人会で「土屋薬局での子宝の漢方体験」を熱く語られて煽られたそうです。


紹介されたお客さまと一緒の漢方薬を2つお勧めしました。

これで今日のお客さまも姙娠されたら嬉しいです。


さて、明日、明後日の2017年1月8日は第二日曜日で土屋薬局の定休日。

明後日の1月9日月成人の日は臨時休業になるそうです。


2日間の休みでスタッフたちも充電するようです。

どうぞご了承のほどよろしくお願い致します。


1月10日火曜日から営業再開です。


冬の若木山

<2017年1月6日撮影 冬の若木山を昇ります>

若木山から若木山公園を下に眺めます。


若木山の道

若木山の道

白銀の世界です。やっほー


月山、葉山はみえず

月山、葉山はみえず


冬の神町眺め

冬の神町眺め

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016.01.08

無事三男を出産致しました。 まるで孫のよう!? なかわいさです。 ありがとうございました。

毎年、この時期はお客様から頂戴した年賀状で嬉しかったお話など載せています。

0040108


仙台市泉区のお客さまでした。

東根市と山を挟んで隣同士なので比較的に来店しやすいと思います。


最初の漢方相談が平成25年11月29日のときでした。


3人目が欲しい


初潮は12歳、月経周期は27~34日で月経期間は5日間でした。


基礎体温は低めです。


今回の月経周期は35日、前周期は34日周期でした。


寒がり、冷え性


お肌は乾燥しやすい


寝つきが悪い、目が覚めやすい、夜に2回ぐらい起きます。


その時の3月に断乳しています。


排卵前後に胸が張ります。


以上のことから漢方薬は3種類をお勧めしました。


養血調経、補腎精、麦芽を炒ったもの


一度、すぐに3ヶ月にご懐妊、流産という残念な結果になりましたが、再度、漢方をお続けになって頂きまして、このたび 平成27年の5月に三男を出産されたという嬉しいご報告の年賀状を頂きました。


0050108

「ご報告が遅くなり、申し訳ありません。

5月○日に無事三男を出産致しました。

まるで孫のよう!? なかわいさです。

ありがとうございました。」


という文面を見て、スタッフ一同喜びました。

この度はどうもおめでとうございました!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014.10.03

漢方体験談:産後6ヶ月のおっぱいの詰まり、乳腺炎、しこりに漢方を試してみたら良かったです。

// ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
●●   「産後6ヶ月のおっぱいの詰まり、乳腺炎、しこりに漢方を試してみたら良かったです」
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

39歳のお客様の漢方相談でした。

産後6ヶ月

産後2ヶ月からおっぱいが詰まりました。

一度、乳腺炎になりました。

1週間に1度、マッサージに行っていますが、すぐにしこりができて詰まってしまいます。

食べ物にも注意してしまいます。


子どもが3ヶ月から夜に寝なくて疲れがたまってしまいます。

夜は21時過ぎにはふとんに入りますが、12時過ぎると目覚めてしまいます。

先日は1度、ヒステリックになりました。


通じは食欲は大丈夫です。

頭痛があるのでロキソニンを服用しています。


平成24年2月23日のときの漢方相談でした。


漢方薬は5つの花の生薬とストレスを緩和して、リラックスするもの、お乳の経絡の通りを良くする漢方薬(火を落としてサッパリする)



○平成24年3月10日

おっぱいの詰まりがとれました。

夜に眠れるようになりました。

痛みもとれました。



○その後継続していって、5つの花の生薬にしました。



○平成24年5月25日

赤ちゃん、体重が増えました。

→おっぱいの回数を減らすように指導されました。


その後、5つの花の生薬を上手に利用しつつ断乳へもっていかれました。


<まとめ>

漢方ではお乳のことなど、おっぱいのトラブルは肝臓の経絡と密接に関連していると考えています。

肝臓の経絡の通りをスムーズにしながら、どうじに胸のしこりや炎症に良い漢方をお勧めした結果、症状の改善でお客様に喜んで頂けました。


Img_21680923

<2014年9月23日 山形市>

黄金色の田んぼと蔵王の風景です。

美しいですね。


Img_21690923


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013.05.30

2人目不妊の漢方薬…産後の母乳、イライラを漢方で解消、ご出産されました! だいぶイライラ、不安感が無くなりました。

おはようございます。

薬剤師、不妊カウンセラーの土屋幸太郎です。

山形ももう梅雨入りしたかのようなどんよりとした天候が続いています。

長くつが活躍する季節ですね。


さて

お客様N様のご了承を得ましたのでコラムを作成させて頂きます。


「2人目不妊の漢方薬…産後の母乳、イライラを漢方で解消、ご出産されました! だいぶイライラ、不安感が無くなりました。」


○平成24年4月13日 


Nさま 30歳 お子様一人いらっしゃいます。

断乳して1年位経つのにまだ母乳が出るので、高プロラクチンではないかと不安です。

二人目が欲しいけどなかなか出来ないのが悩みです。

昨年の12月位からです。

思い当たる事はありません。

イライラすることが多くなったり、物事を悪く考えてしまう時が増えた。

友達の妊娠を素直に喜べません。

お腹いっぱいでも無いのにげっぷのような物が出たりする事が多いです。


便秘はしません。

夜は子供が一回は必ず起きるのでその時起きます。

夢は多いです。


初潮13歳、月経周期28日、月経期間7日


先月1ヶ月間だけ不正出血して生理不順でした。

月経前はイライラすることが多いです。

出産してからストレスが溜まりやすいです。


生理痛は2日目に少し腰痛、経血量に変化なし。

多い時には血塊もでます。


卵巣に良性ののう腫があります。

腫れている感じです。


漢方薬は、以下のようにお勧めさせて頂きました。


養血調経4ml(カップの目盛)×2回
麦芽を炒ったもの 1包×2回
逍遥散に加えたもの 1包×2回



○平成24年5月18日


まだ母乳がでます。

しぼるとでます。

今は生理前で右の下腹部が痛いです。

夜は眠れています。

夢が多いです。

最近、ゲップのようなものがでてきます。

BBTが高めになりやすいです。36・85℃など

朝方に寝汗をかいているときがあります。


漢方薬は、同じもので。



○平成24年5月21日


妊娠できました!

今後は少なめにしてまずは2週間は様子をみていきます。

逍遥散に加えたものがとても良かった。

麦芽を炒ったものも、しばらくしたらお休みになって頂きます。


漢方を服用したら体調が変わって、だいぶイライラ、不安感が無くなりました。

生理予定日よりも3日遅れて妊娠検査薬が陽性、31日目でした。



○平成24年6月19日


8週目で順調です。

毎日、胸やけ。

食欲落ちました。

眠気もあります。

通じは1日1回、ちょっと前よりは出にくい。

寝汗、ほてりはありません。

夜はトイレに起きる、夢は多い、たまにイライラ、足がむくみやすい。


夏至と冬至に採れる漢方薬3粒×2回
胃を健やかにする顆粒半包×2回


養血調経と一緒に白湯(ぬるま湯)に胃を健やかにする顆粒を溶かしたもので夏至と冬至に採れる漢方薬を服用していきます。



○平成24年8月10日


15週目で順調です。

カンジダになりました。

良くなってきています。

1月26日に出産のご予定です。


養血調経4ml(カップの目盛)×2回
五○草1包×2回


五○草で腸と下半身の湿熱を解消していきます。



○平成24年9月7日


その後ご主人様には、胃を健やかにする漢方薬をお勧め。

疲れていて食欲がなくて帰宅しても疲れています。

胃腸がもともと弱く、痔もあります。


その後は、補中丸なども上手に使っていきました。


○年は明けて平成25年3月4日


1月23日に男の子を出産しました。

元気です。

18時間かかり破水でしたが、すぐに生まれました。

一人目は帝王切開でしたが、自然分娩で嬉しいです。


産後に痔の痛み、出血がありますので、産後のケアに養血調経とともに痔の漢方薬の併用もお勧めさせて頂きました。

当店からは出産お祝いのアルバムをお贈りです。

Nさま、どうもおめでとうございました。

ご家族の末永い幸せを心より願っています。



Imgp69140517

<2013年5月17日 若木山から眺めた月山、葉山連峰>

清々しい緑の季節になりました。

この日は空気が澄みきり、遠くの朝日連峰までいい眺めです。

Imgp69180517

東根、村山の母なる山 葉山です。

葉山はこの地域の精神的支柱です。

ときには私たちを慰め、励ましてくれます。


Imgp69190517

Imgp69290517

桜は散って、すっかり緑の季節の若木山(おさなぎやま)です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013.01.21

漢方イライラのカーっとなることもなくなって優しくなって胸のチクチク感もとれた!

こんにちは。

薬剤師、不妊カウンセラーの土屋幸太郎です。

大寒も過ぎて、今日は朝から晴れ上がっている山形です。

遠くの飯豊連峰まで透き通るかのように眺められた空気の澄んだ朝でした。


今日の午前中は東根市内からのお客様、お子様と一緒にご来店されました。


昨年の暮れのご相談で20代の方です。


漢方服用後、胸のチクチク感がとれた。

辛いものが好きだったのが不思議なことに味の好みが変わって、辛い物をとらなくてもよくなりました。

イライラのカーッとなることもなくなって優しい性格になった。

通じも良くなったし、寝入りも良くなった。

夢も多かったのが朝方だけになった、目の下のクマも薄くなりました。


とのことで、かなり著効でございました。

今後とも経過がよくて嬉しい結果につながればと喜んでいるところです。


最近の土屋薬局の周囲の風景です。


<雪の若木神社>

雪の若木神社

<2013年1月16日 雪が降って晴れた翌日の昼休みに散歩に行きました>

雪の若木神社

水も凍ります。

龍がいつも立派だなあとほれぼれする若木山境内です。


雪の若木神社


若木神社です。

遠く、一関方面、岩手でも「若木信仰」があったことを昨日、山形新幹線つばさの指定席を購入するついでに、さくらんぼ図書館に立ち寄って知りました。

天然痘の神様です。


さて今週の漢方相談会の日程です。



○2013年1月21日~1月26日(月~土) 薬剤師、国際中医専門員、不妊カウンセラー 土屋幸太郎が漢方相談を担当させて頂きます。

○2013年1月27日(日) 第四日曜日で土屋薬局は定休日です。


1月27日(日)は妻と一緒に上京して、痺証(ひしょう)という痛み、しびれの漢方相談の方法論、理論をベテラン中医師の先生からイスクラ産業本社で勉強してまいります。

最近、ずっと早寝早起きの生活が続いています。

頑張ろう!


お電話やメールでご予約お願いします。
平日の漢方相談大歓迎です。一人一人に時間をじっくり割いて相談しています。
遠方のかたは、電話やメールでご相談をお寄せください。こちらから。

中医学に詳しい薬剤師(国際中医専門員)、不妊カウンセラー(NPO法人不妊カウンセリング学会認定)による親切な相談。じっくり話を聞いて一人一人の体質や年齢、症状に応じて相談しています。どうぞお気軽にお声をかけて下さい。

福岡県・太宰府天満宮で妻と

<2012年12月7日 福岡県・太宰府天満宮で妻と>

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011.08.25

無事に子供を授かり、うそのように体調が良くなり漢方のお薬は、本当に女性を心身ともに助けてくれるものなんだと実感しました。

Yさまから掲載許可を頂きまして、コラムを作成させて頂きます。

Yさまからは暖かいメールを頂いています。


「土屋先生

もちろんご紹介ください(^^)

私は、いろいろと悩んでいた時に、先生にきめこまやかに相談に乗っていただけたことで、本当に救われ希望を持てました。


無事に子供を授かり、うそのように体調が良くなり漢方のお薬は、本当に女性を心身ともに助けてくれるものなんだと実感しました。


素晴らしいお薬とそして共に心をサポートしてくださった土屋先生のあたたかい気持ちに心から感謝しています。


このメールも以前のメールもどうぞご紹介くださって結構です。

では、これからも先生、どうぞご指導くださいませ。

ありがとうございました。 」


Yさまと一番初めてご相談させて頂いたのが平成16年10月7日のときです。

そのときYさま 31歳。

生理不順、低温期、基礎体温が不安定。

便秘、ストレス、肩こり、頭痛。

結婚して半年、生活の急激な変化のため。

昼、仕事場で座りっぱなしのとき、かなりの割合で頭痛が起こる。


月経前緊張症、ストレス

月経周期25~35日

時々、1か月程度生理が飛ぶことがある。

ここ3か月は基礎体温も高温期が続かなかったり、排卵日が分からなくなったり不安定です。

血液検査は異常ありませんでした。

寒がり、冷え性です。

夢が多く、朝に気分よく起きられません。


当店からは、婦宝当帰膠と星火逍遥丸、参茸補血丸の3つの漢方をお勧めさせて頂きました。


ご主人様は、仕事のストレスと疲労でここ数か月かなり過労気味。

あまり元気がなくて体調もよくないとのことですから、イーパオを服用して頂きました。



○平成16年10月26日

婦宝当帰膠と逍遥丸、参茸補血丸でとても調子がよい。

生理に血塊が混じるとのことで冠元顆粒もお勧めです。

生理期から排卵期までの期間に服用です。


漢方を服用してから基礎体温が心なしか綺麗になりました。

今月は残念ながら生理が来てしまったが、ちゃんと高温期もあり、31日にちゃんと来ていた。

肩こりも頭痛もなくて、とてもいい感じ。


○平成16年11月16日 

検査したときに高プロラクチン血症と言われ、基礎体温は高温期が短くて体温もダラダラと上がっていく。

新しいお薬を服用するたびに、体調も良くなって妊娠しやすくなっているようだ。


ここで周期療法


○月経期

婦宝当帰膠+冠元顆粒+星火逍遥丸


○卵胞期~排卵期

婦宝当帰膠+冠元顆粒+炒麦芽+参茸補血丸


○黄体期

婦宝当帰膠+炒麦芽+参茸補血丸



○平成16年12月6日


陽性反応がでました!


○平成16年12月14日

4~5週目で胎嚢が9ミリくらいでした。



翌年 ○平成17年1月6日

安胎法 星火健胃錠と勝湿顆粒でつわり対策。

次回の検診では母子手帳も頂ける。



○平成17年3月16日

妊娠5か月です。



○平成17年7月6日


「お世話になっています。

現在、臨月中です。

お陰様で妊娠中も順調に過ごすことができています。


今日は産後の漢方薬のことについて教えて頂きたくメールしました。

助産婦さんの話をいろいろと聞いていると産後に養生しておかないと更年期障害になったり、2人目不妊になったりするとのこと。

産後すぐからでも飲める漢方薬を教えて下さい。

婦宝当帰膠も妊娠中は、時々飲んでいました。

それ以外にも、産後の回復を促すようなお薬はありますか?」



○平成17年12月3日


4か月前に無事に出産することができました。

また、乳腺炎で相談にのって頂きたいです。

現在4ヶ月の子育て中です。


最近、乳腺炎が何度も繰り返しています。

助産婦さんのところに行ってマッサージをしてもらい詰まりをとってもらうのですが、また同じところが詰まって炎症を起こしてしまいます。

本を読むと「気が不足している」とのことが書かれていて、よい漢方薬があると書かれていました。

悪寒や熱を伴う乳腺炎を繰り返しているので、効果のある漢方薬あればぜひ教えて下さい。


当店からは婦宝当帰膠と冠元顆粒をお勧めしました。

冠元顆粒は乳腺炎などにも応用がきくことがあります。



時は流れて ○平成19年7月25日

第二子を妊娠しました!嬉しいです。

つわりに勝湿顆粒を服用していきたいです。


「こんにちは! 

第一子誕生までは先生には大変お世話になりました。

心から感謝しております。

子供も2歳になりおかげさまで病気知らずのまるまる元気な男の子です。

今回また第2子を妊娠しました。嬉しい!

前回のつわりで吐き気がひどいときに勝湿顆粒を飲んでいました。

また飲んでいいでしょうか?」



時は流れて、○平成23年8月16日


数年前に先生からの漢方薬で2人の子供にも恵まれ、順調に大きくなっています。

その節はありがとうございました。

夏バテのせいか、育児の疲れのせいか、慢性的に冷えているのが分かり、夏でも足が冷たく非常に疲れやすくなります。

また婦宝当帰膠と冠元顆粒を再開していきたいです。」



Yさまどうもおめでとうございました!

ご一家の末永いお幸せを心から願っております。


Yさまご一家にお贈りする写真です。


Imgp22210814

<2011年8月14日 山形県朝日町 玉ノ井/川通口> 

ここは県公募の最上川の良好な眺め得られる11地点の一つです。

旧明鏡橋を遠くに眺める雄大な眺めです。

Imgp22330814

夏の暑い日でした。

向こう側には国道278号線が走っていますが、こちらの県道の通りには車も通ることなくひっそりとして自分だけの夏を味わうことができます。

Imgp22460814

Imgp22480814

道路の向こう側では朝日町特産のリンゴが生り始めていました。

青いリンゴ、だんだんと赤くなってきます。

Yさまご一家のご健康とご多幸を祈念申し上げます。

ご一家の末永いお幸せを願っています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011.05.11

産後の母乳、おっぱいのつまり、乳腺炎、母乳分泌が悪いの漢方相談

お客様より、漢方相談を受けました。

産後2か月、おっぱいが慢性的に石のように硬いゴツゴツしたしこりが何個できてもとれない、母乳分泌がかなり悪くひどい肩こりもある。

産後1か月ごろから、しこりはだんだんひどくなっている。

母乳分泌不良、母乳分泌不足のときに肩こりや冷え性がある。

母乳外来に行くと乳腺炎の一歩手前と言われています。

つまりをとってもらっても、おっぱいのしこりはとれず。

母乳分泌と肩こりを良くしていきたい。


というご相談で、恩師の中医師の劉先生に漢方対策方法をいろいろとお聞きしました。

私のメモ書きの清書です。


A)初期の段階

おっぱいのトラブルには肝鬱(かんうつ)が関係しています。

乳房は肝経と関係があります。

逍遥丸で疏肝して(8丸くらいで効き目がある)+活血剤

痛みがあるようなときには、田七人参を。

なかったら丹参製剤(たとえば冠元顆粒)で行気活血 1包×2回

水蛭製剤もいいです。5錠×3回


軟堅散結を目指します。


もし水蛭製剤だけだったら、7~8錠を1日3回。


漢方薬は母乳を与えているときでも赤ちゃんには影響しません。

(加味逍遥散は下痢するかも)

日本は産後の養生がダメで、出産のときには気血(きけつ)不足があるので、当帰主体の漢方に生脈散製剤などお勧めです。(たとえば婦宝当帰膠と麦味参顆粒の組み合わせはお勧めです)



B)炎症があるようなとき


母乳のつまり→炎症→熱 乳腺症

その場合には清熱解毒が必要。→タンポポやスミレの花の成分(五涼華)など、銀翹散製剤など。

これらは「赤い」「熱い」などの症状の改善に消炎作用が期待できる。

腫れている感じが強い、場合によっては麦芽を炒ったものでおっぱいを減らしていきます。


モンサンミッシェル

<2010年11月3日 パリからバスで約3時間 車に揺られて感動のモンサンミッシェルが見えてきました>

モンサンミッシェル

モンサンミッシェルは妻がその存在を知っていて、私は何も知らなかったので結婚しなかったら、この地にも一生来なかったと思うと感慨深いです。

北フランスの土地全体が素敵な感じでした。


余談ですが、小澤 征爾さんの著作 「ボクの音楽武者修行」でも体調を崩してしばらく北フランスの修道院で働かせてもらったら、すっかり心身ともに元気になった。と書いてあって、やっぱりパリからは北フランスってモンサンミッシェルとか修道院などのイメージがあるのだなあと思いました。

暖房も何もなくて寒いから一日必死に労働しなければならないので、その作業がメンタルにもよく効くそうです。


○2012年4月19日追記です。


先週にお客様から、産後のおっぱいの相談を受けましてしこりが乳首の上にできているとのことでした。

産後3ヶ月で右胸にしこりが3週間。

しこりが出てから2回ほど熱がでています。

この2か月間ではおっぱいが詰まって乳腺炎で熱がでたことが5回あります。


という漢方相談でして、知り合いの中医学、漢方に詳しい中国人に五味消毒飲(ごみしょうどくいん)を教えてもらったのが当店への漢方相談のきっかけとおっしゃっていました。

国境を越え、良いものは日中変わりないんだなあと素直に思いました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010.12.07

完全母乳育児で便秘で困っています。

おはようございます。

薬剤師、不妊カウンセラーの土屋幸太郎です。


お客様から産後の便秘についてご相談を受けました。

そこでまた恩師の先生に相談してみました。


「母乳は中国では『白い血』とも言われています。

陰血(いんけつ)不足、津液(しんえき)不足が根底にあると思います。

補血剤やケツメイシのお茶など良いと思います。

方針的には、1)血(けつ)を増やすこと 2)緩下作用のあるもの を組み合わせます。

お聞きしている紅沙棘も良いと思います。


お客様に確認してほしいのは、赤ちゃんが下痢しているかどうかです。

赤ちゃんが下痢していたら、油脂性成分のものは控えなくてはいけません。

次に赤ちゃんの体重です。

赤ちゃんの体重によって母乳の量が足りているかどうか、充実しているかどうかがわかります。


最後に食べ物の大切です。

食物繊維たっぷりがいいです。

たとえばバナナとか野菜、根菜類、プルーン(血も増やす通じにも良い)など。

プルーンは3~15粒くらいまでいいです」


とのことで今日は母乳中の便秘の話でした。

Imgp0331

<2010年11月1日 ロンドンピカデリーサーカス>

Imgp0333

大人たちが童心に戻るまるでおとぎ話のような私の大好きな映画「ビッグ」の世界のようでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010.11.26

出産後のトラブル漢方/乳腺炎、断乳と漢方薬

おはようございます。薬剤師、不妊カウンセラーの土屋幸太郎です。

山形県東根市神町の土屋薬局では日頃から不妊症の子宝の漢方相談が数多く寄せられています。

多くのお客さまに喜んでいただいています。

病院での不妊治療がうまくいかないことで西洋医学一辺倒から東洋医学、不妊症への漢方パワーを期待されるお客さまが増えてきました。


お客様から相談がありました。


「現在産後10か月、授乳中ですが、しょっちゅう乳腺炎になったりしこりができて辛い。母乳分泌過多なので、分泌を減らしつつ早く断乳したい。産後1ヶ月から辛いです。」


それなりに知識があったのですが、再度確認のために中医師の王先生にも「乳腺炎、断乳の漢方薬対策」を聞いておきました。

ちょうど中医師の王先生も今日の午前中に同じような相談を受けたそうです。


麦芽を炒ったものをメインに、そしてスイカズラやタンポポ、スミレ、菊などのお花が配合された漢方薬などを乳腺炎対策として紹介してもらいました。

ほかには胃腸が丈夫かどうかも話を聞いて、晶三仙も良いそうです。

晶三仙の神曲も効果的のことでした。


1週間分を試す。

のがいいそうです。


炒麦芽は2包×3回

五涼華は1包×3回


です。


そして胃腸が弱い場合は、晶三仙も併用が良くて

1包×2回、晶三仙の神曲が断乳に良いそうです。



食養生では「鶏がらのスープ」や「おかゆ」などの母乳の分泌を控えたほうが良くて、睡眠不足にも注意で早く寝ることが大切。


当店では、乳腺炎などのご相談、とくに妊娠前から当店の漢方を服用していたお客様を中心に相談がけっこうあります。

産後のトラブルなどにも当店をどうぞご利用ください。


(「ご出産おめでとうございます」と「流産予防・不育症」とのところも断乳についての記載があります)


東根市 大江新田

<2010年11月18日 東根市 大江新田>

私が個人的にとても気に入っている風景です。

秋のりんごの木をバックに、天童川原子の水晶山の紅葉が美しいです。

天童川原子の水晶山の紅葉

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009.11.11

「乳腺炎の漢方相談」

こんにちは、薬剤師、不妊カウンセラーの土屋幸太郎です。

山形は今日は朝から雨降りで、寒さを感じている1日です。

さて、先日の土屋薬局 メールマガジンより。


お客様Kさまからは、以下のようなコメントを頂戴しております。



「こんにちは。メールありがとうございます。

6ヶ月と半ばで急にに娘の腰が座りすっかり目が離せなくなりました。

成長が嬉しい限りです。

今は母乳の作られすぎでシコリに悩んだりしていますが、
それもそろそろ終わりがきてしまうのだなーと、日々感じております。

私のように困っている方が沢山いると思います。

こんな話でお役に立てるのであれば是非ご利用ください。」


 // ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
●●  5.編集後記 「乳腺炎の漢方相談」
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


お客様Kさまより、掲載許可を頂ました。


○2009年6月27日 


Kさま 31歳 

慢性的なオッパイのしこり。

離乳食が始まり、授乳間隔があいたせいか
出産初期に良くなっていた、小さいしこりが沢山出てきて
触るといたのですが、熱とかが出ているわけでもないので、
病院に行きにくく困っています。

出産直後から3ヶ月くらいまで、オッパイにしこりがありました。

安定してきたと思ったら6月上旬(5ヶ月目)
授乳間隔が空いてきたら再発してしまいました。

授乳期間が4時間とか空いたときには、
小さいしこりが密集したのがでっかくなります。

寒がりで冷え性です。

肩こり頭痛時々耳鳴りがあります。

食欲旺盛です。

便秘気味でマグラックスなど服用します。


今は体力的な育児疲れもあり、
気になるところだらけですが、
オッパイのしこりが気になって仕方ありません。

授乳するとポタポタ出るところ以外に、
左右共に3箇所くらいシャワーのように乳が出るため、
口がいっぱいになって苦しいからよく口を離したりします。

産婦人科では母乳だから薬も出せないから、
とにかく赤ちゃんに飲ませて、残りは搾り出してと言われてしまいます。

これから離乳食が本格的になってくるので授乳間隔が空くのに、
搾り出してばかりいるとますますお乳が作らせすぎてシコリが増えてきそうで
不安です。

葛根湯が良いと聞いて飲んでみたり、
たんぽぽコーヒーも出産直後から飲んではいます。

また食事も気をつけていて和食が中心、脂っぽいもの辛いもの甘いものなどは
滅多に食べません。

ブログの乳腺炎の話を読んで、私も興味を持ちました。

http://tutiya.cocolog-nifty.com/kanpotusin/2008/07/post_bb95.html

「乳腺炎や肩こり、頭痛が良くなった話」

土屋薬局からは、Kさまにお花の成分配合の漢方をお勧めしました。


スイカズラのお花や菊花、タンポポ、スミレ、イヌホウズキなどです。


お花の成分ですから、ベクトルは↑で体の上半身の症状に効き目があります。

○2009年7月17日


こんばんは。

梅雨明けで毎日溶けてしまいそうなほど暑くて娘はバテバテです。

私は寒がりのせいか暑いのはわりと平気なんですが、
娘にあわせて冷房とか付けると、肌寒くなってしまいがちです。


漢方薬は毎日2~3袋飲んでいて、とても調子が良いです。

ただ、時々忙しいと忘れてしまい1袋しか飲まなかったりすると、
パンパン・ゴリゴリになってしまいます(笑)


飲むと飲まないとでは明らかに状態が違うので欠かせません!


病院にいったり、インターネットで情報を探して葛根湯を飲んだり、
マッサージしたりしても改善していなかったのが、ウソのようです。 

(幸い「~~式マッサージ」とかには金額が高くて手が出ませんでしたが、
かえってそれが良かったな~とも思っています。)

こんなに手軽で時間もお金も取られない良い方法があったなんて!と思っています。


葛根湯が効くならば、もっと良い漢方薬があるはずだ!と
掘り下げて調べて良かったと思います。

お会いできて本当に良かったです。

丁寧に相談にのって頂き本当にありがとうございました。

また何か困った事がありましたら、その時はよろしくお願いします。


乳腺炎の漢方相談も時折、相談を受けることがあります。

産後の体調不良に、ぜひ漢方相談をご利用ください。

前回の「乳腺炎や肩こり、頭痛が良くなった話」は、肝臓の経絡に着眼点を置き、活血化淤(かっけつかお)、疏肝理気(そかんりき)で乳腺炎が良くなりました。今回は、お花の漢方で乳腺炎が良くなりました。漢方は一人一人によりお勧めするものが違い、それぞれに効果を挙げることの証明になったと思います。


編集長 土屋幸太郎

Imgp8115091104

<2009年11月4日 若木山公園>

今年も紅葉が綺麗でした。

毎年楽しみにしています。

Imgp8122091104

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧

その他のカテゴリー

LUF・黄体化未破裂卵胞|不妊と漢方薬 | PCOS・多嚢胞性卵巣症候群|不妊と漢方薬 | PMS・月経前緊張症|漢方薬 | 「ナチュラルな妊娠」「45歳、もう生んでいいかしら?」 | 「血流たっぷり」をめざしなさい | いびき|漢方薬 | おねしょ、小児夜尿症|漢方薬 | おりもの、のびおり|不妊治療と漢方薬 | お客さまとのエピソード | お腹の張り、腹部膨満感、食欲不振|漢方薬 | しびれ|漢方薬 | つわり|漢方薬 | にきび|漢方薬 | のどのつかえ、喉の痛み、難治性咽頭潰瘍|漢方薬 | ほてり|漢方薬 | むずむず脚症候|漢方薬 | めまい、立ちくらみ|漢方薬 | アトピー性皮膚炎|漢方薬 | アレルギー性鼻炎と体外受精|漢方薬 | アレルギー性鼻炎|漢方薬 | イスクラ冠元顆粒 | イスクラ冠元顆粒発売20周年記念成都シンポジウムに参加して | イスクラ婦宝当帰膠 | イスクラ独歩顆粒 | イライラ落ち込み漢方、不安落ち込み|漢方薬 | インターネットの掲示板などで漢方紹介 | カウフマン療法|不妊と漢方薬 | カンジダ膣炎|不妊と漢方薬 | ガン(がん)|漢方薬 | クラミジア感染症|不妊と漢方薬 | クローン病、潰瘍性大腸炎|漢方薬 | ゲップ・ガス|漢方薬 | ココログ版漢方(無名)コラム・2004 | ココログ版漢方(無名)コラム・2005 | ココログ版漢方(無名)コラム・2006 | ココログ版漢方(無名)コラム・2007 | ココログ版漢方(無名)コラム・2008 | ココログ版漢方(無名)コラム・2009 | ココログ版漢方(無名)コラム・2010~ | コンクレバン | シェーグレン症候群|漢方薬 | シミ・肝斑|漢方薬 | ストレス|漢方薬 | セックスレス、性機能減退|不妊と漢方薬 | タイミング療法|不妊と漢方薬 | ダイエット|漢方薬 | チャイナビュー | チョコレート嚢胞|不妊治療と漢方薬 | ツイッター | ディスプレー症候群|漢方薬 | ドライアイ|漢方薬 | ドライマウス、口腔乾燥症|漢方薬 | ニュースレターより | ハテナ | ビタエックス(プラセンタ) | フレイルの漢方対策 | ヘパーデン結節|漢方薬 | ベビ待ち保育士さん、幼稚園教諭さん|漢方薬 | ベビ待ち小学校教員さん|不妊と漢方薬 | ベビ待ち歯科衛生士さん|不妊と漢方薬 | ベビ待ち看護師さん|不妊と漢方薬 | ベビ待ち美容師さん|不妊と漢方薬 | メニエール病|漢方薬 | メールマガジン | モンテディオ山形 | ヤフー知恵袋の漢方の回答より | リウマチ性多発筋痛症|漢方薬 | リウマチ|漢方薬 | ロコモティブシンドローム|漢方薬 | 下痢、軟便|漢方薬 | 下肢静脈瘤|漢方薬 | 不妊カウンセラーに向けて | 不妊カウンセラー・体外受精コーディネーター養成講座 | 不妊治療の基礎知識…現状と問題点 | 不妊漢方治療の応用 | 不妊症の基本検査について | 不妊症の年代別漢方相談 | 不妊症テレビお茶の間講座 「子宮内膜症」 | 不妊症専門講座・PCOS 「多嚢胞性卵巣症候群」 | 不定愁訴|漢方薬 | 不正出血|不妊と漢方薬 | 不眠|漢方薬 | 不育、流産後|不妊治療と漢方薬 | 中医五官病 | 中医痺証専門講座「南通研修」への道 | 乳がんの疫学と薬物療法 | 乳腺炎、断乳、母乳|漢方薬 | 人工授精で妊娠出産|不妊と漢方薬 | 今週の漢方相談会 2008年 | 今週の漢方相談会 2009年 | 今週の漢方相談会 2010~ | 今週の漢方相談会 2013~ | 今週の漢方相談会2017 | 体外受精で妊娠出産|不妊と漢方薬 | 何先生や中医師の先生から漢方のこと聞いたこと | 便秘|漢方薬 | 免疫性不妊|漢方薬 | 全身性エリテマトーデス(SLE)|漢方薬 | 円錐角膜|漢方薬 | 冷え性|漢方薬 | 加齢性黄斑変性症|漢方薬 | 勉強会(2004~2008) | 勉強会(2009) | 勉強会(2010) | 勉強会(2011) | 勉強会(2012~) | 動悸|漢方薬 | 卵巣予備能~全周期活血化淤 | 卵巣嚢腫|不妊と漢方薬 | 卵巣機能不全、卵巣機能低下|不妊と漢方薬 | 卵管性不妊|不妊と漢方薬 | 卵管水腫|不妊と漢方薬 | 卵管閉塞|不妊と漢方薬 | 卵胞発育不全|不妊と漢方薬 | 受精障害|不妊と漢方薬 | 口内炎|漢方薬 | 呑気症(空気嚥下症)|漢方薬 | 味覚障害|漢方薬 | 咳、ぜんそく、慢性気管支炎|漢方薬 | 咽喉頭異常感症、難治性咽頭潰瘍|漢方薬 | 嗅覚障害|漢方薬 | 土屋幸太郎・漢方講演会 | 土屋幸太郎結婚式 | 土屋薬局からのお知らせ | 土屋薬局のの口コミ、評判 | 坐骨神経痛|漢方薬 | 坑精子坑体|不妊と漢方薬 | 基礎体温が低め|不妊と漢方薬 | 基礎体温が高め|不妊と漢方薬 | 基礎体温ガタガタ|不妊と漢方薬 | 基礎体温表|不妊と漢方薬 | 多汗症|漢方 | 夜中目が覚める|漢方薬 | 夢と不眠|漢方 | 女性のための漢方レッスン | 女性不妊症的中医治療 | 妊娠中と産後の体調不良|漢方薬 | 妊活・妊娠力アップ|漢方薬 | 子宮内膜が薄い|不妊と漢方薬 | 子宮内膜ポリープ、子宮内膜増殖症|漢方薬 | 子宮内膜症|不妊治療と漢方薬 | 子宮外妊娠後|不妊と漢方薬 | 子宮筋腫|不妊治療と漢方薬 | 子宮腺筋症|不妊治療と漢方薬 | 子宮頸がん|漢方薬 | 子宮頸管無力症|不妊と漢方薬 | 季節の養生法 | 学校保健委員会 | 小児チック|漢方薬 | 小児漢方 | 小太郎製薬 | 帯状疱疹後神経痛、後遺症|漢方薬 | 後鼻漏・蓄膿症|漢方薬 | 心と体 | 感音性難聴・耳鳴り、難聴|漢方薬 | 慢性副鼻腔炎(蓄膿症)|漢方薬 | 慢性咽頭炎|漢方薬 | 我が家の庭 | 我が家の庭 2008 | 我が家の庭 2009 | 我が家の庭 2010~ | 手根管症候群、腱鞘炎、ばね指|漢方薬 | 抗リン脂質抗体|不妊と漢方薬 | 抗核抗体|不妊治療と漢方薬 | 掌蹠膿疱症|漢方薬 | 排卵痛、排卵期|不妊と漢方薬 | 排卵障害|不妊と漢方薬 | 日中線記念館 | 更年期障害|漢方薬 | 月経の経血量が減少|不妊治療と漢方薬 | 月経不妊周期療法|不妊と漢方薬 | 月経不順・生理不順|不妊と漢方薬 | 月経周期が短い|不妊と漢方薬 | 月経周期が遅れる、長い|不妊と漢方薬 | 未成熟卵|不妊症と漢方 | 椎間板ヘルニア|漢方薬 | 武漢へ | 死産後|漢方薬 | 母乳|漢方薬 | 泣きたくなる | 活血化淤の応用 | 浮腫み|漢方 | 温活GO | 漢方周期療法…南京・夏桂成先生の講義より | 漢方薬の安全性について | 漢方薬局で相談を受ける婦人病について | 無排卵・無月経/不妊と漢方薬 | 無月経・無排卵・中医不妊症テレビお茶の間講座 | 生殖医療に関わる疑問に答える | 生殖補助医療の有用性と限界 | 生理痛、月経困難症|漢方薬 | 甲状腺機能亢進症|不妊と漢方薬 | 甲状腺|不妊治療と漢方薬 | 男女の更年期と神経症|漢方薬 | 男性不妊|不妊治療と漢方薬 | 痔|漢方薬 | 痛み、しびれ|漢方薬 | 痰湿|漢方 | 眼精疲労|漢方薬 | 着床障害|不妊治療と漢方薬 | 神経障害性疼痛|漢方薬 | 空胞|不妊治療と漢方薬 | 糖尿病|漢方薬 | 経血量少ない|不妊と漢方薬 | 綿花観察日記 | 緑内障|漢方薬 | 繊維筋痛症|漢方薬 | 老人性膣炎・萎縮性膣炎|漢方薬 | 耳管開放症|漢方薬 | 耳鳴り、突発性難聴|漢方薬 | 聴覚過敏|漢方薬 | 肘痛|漢方薬 | 股関節痛|漢方薬 | 肩こり|漢方薬 | 肩甲骨の痛み|漢方薬 | 肩痛、五十肩|漢方薬 | 胃酸過多、機能性胃腸症(NUD)|漢方薬 | 背中のほてり|漢方薬 | 背中の痛み|漢方薬 | 胚盤胞|不妊治療と漢方薬 | 脂漏性皮膚炎|漢方薬 | 脈拍|漢方 | 脊柱管狭窄症|漢方薬 | 脱毛、抜け毛、薄毛の漢方薬 | 脳卒中|漢方薬 | 脳疲労症候群、脳過敏症候群|漢方 | 腰椎すべり症|漢方薬 | 腰痛|漢方薬 | 膀胱炎|漢方薬 | 膝痛|漢方薬 | 膿精液症|男性不妊の漢方薬 | 花粉症|漢方薬 | 若木山、石崎山や東根の景色 | 若木山、石崎山や東根の風景2008 | 若木山、石崎山や東根の風景2009 | 若木山、石崎山や東根の風景2010~ | 蕁麻疹、湿疹/漢方薬 | 薄い子宮内膜に漢方薬が有効である可能性がある | 薬膳 | 血の道症|漢方薬 | 血管力をつければ病気は治る | 補腎の話 | 西洋医学的にみた不妊症漢方概論 | 足底筋膜炎|漢方薬 | 逆流性食道炎|漢方薬 | 過去のバックナンバーより | 過敏性腸症候群|漢方薬 | 過活動膀胱、頻尿|漢方薬 | 遺残卵胞|不妊治療と漢方薬 | 酒さ|漢方薬 | 頭痛|漢方薬 | 頸椎症、首のこり|漢方薬 | 頻尿|漢方薬 | 顔面神経麻痺、手のふるえ|漢方薬 | 顕微授精(ICIS)|不妊と漢方薬 | 風邪|漢方薬 | 食欲不振、胃痛|漢方薬 | 高プロラクチン血症|不妊と漢方薬 | 高血圧|漢方薬 | 高齢不妊症、卵巣機能低下における中国漢方の考え方 | 高齢不妊|不妊治療と漢方薬 | 鷺草、朱鷺草観察日記 | 黄体機能不全|不妊と漢方薬 | 黄疸|漢方薬 | 100歳まで元気に生きる! | 2人目不妊、第二子不妊|漢方薬 | 2004年妊娠出産おめでとうございます! | 2005年妊娠出産おめでとうございます! | 2006年妊娠出産おめでとうございます! | 2007(1月~6月)妊娠出産おめでとうございます! | 2007(7月~12月)妊娠出産おめでとうございます! | 2008年妊娠出産おめでとうございます! | 2009年妊娠出産おめでとうございます! | 2009(7月~12月)妊娠出産おめでとうございます! | 2010(1月~6月)妊娠出産おめでとうございます! | 2010(7月~12月)妊娠出産おめでとうございます! | 2011年妊娠出産おめでとうございます! | 2012年妊娠出産おめでとうございます! | 2013年妊娠出産おめでとうございます! | 2014年妊娠出産おめでとうございます! | 2015年妊娠出産おめでとうございます! | 2016年妊娠出産おめでとうございます! | 2017年妊娠出産おめでとうございます! | AMH|不妊治療と漢方薬 | COPD 慢性閉塞肺疾患|漢方薬 | FSHが低い方|不妊治療と漢方薬 | FSHが高い|不妊治療と漢方薬 | POF・早発閉経|不妊治療と漢方薬