カテゴリー「頭痛|漢方薬」の記事

2017.02.18

後首が重く、頭もギューっと押しつぶされるような痛い、重い感じ。漢方相談お願いします。

おはようございます。

薬剤師、不妊カウンセラーの土屋幸太郎です。

当店の常連のお客さまからのファックスでのお問合わせがありました。


平成27年2月18日


「漢方相談、よろしくお願いします。

相変わらず、後首が重く、頭もギューっと押しつぶされるような痛い、重い感じがします。

目まいと云う程でもないですが、時々、頭と云うか目の前がフワーとする感じもあります。

毎日ではないので辛い日だけ頂調顆粒を飲んでいますが、1包でも毎日飲んだほうが良いのでしょうか?

頂調顆粒、頭痛に調子が良いので続けていきたいです」


<薬剤師、土屋からの回答>


お客さまの住んでいる地域は山形と同じように冬は雪が降ったり、この2月の季節もまだ寒さが厳しいことと思います。

毎日、スーパーへ買物に出かけたり、もちろん家庭でも起床時や夜のトイレなど冷えている状況に体を置かれているかもしれません。

そのような気候が体に悪さをしていることを「外邪(がいじゃ)」と呼びます。

とくに「寒さ」が頭痛や肩こり、うなじ、後頭部の重さに悪い影響している場合には「寒邪(かんじゃ)」と呼びます。


体が元気で肝腎(かんじん)がしっかりしていて骨や関節、筋肉が丈夫で支えられること。

また気血(きけつ)が張りがあって流れが良い状況でしたら、後頭部や首の後、後頚部の重たさ、頭がギューと押し潰されるような痛みはないはずです。


頂調顆粒は、風寒(ふうかん)による後首が重いこと、頭のギューと押し潰されるような痛さ、重い痛みにも応用可能な漢方薬ですから、健康維持のためにも毎日、1日1包を朝方、午前中に続けていくと予防にも症状改善にも役立ちます。

今後とも上手にご利用して頂ければ幸いです。

また何か分からないとき、お困りだったり体調に変化がありましたら、いつでも遠慮なくメールまたはお電話してください。

このたびは当店のご利用ありがとうございました。


イスクラ頂調顆粒は白芷(ビャクシ)、川芎(センキュウ)、羌活(キョウカツ)など9種類の植物性生薬から構成され、これらの生薬から抽出したエキスを顆粒としたものです。

体力に関わらず使用でき、頭痛がある方のかぜ、血の道症、頭痛の改善を目的としております。


効能・効果


体力に関わらず使用でき、頭痛があるものの次の諸症:かぜ、血の道症(注)、頭痛


●効能効果に関連する注意

(注)血の道症とは、月経、妊娠、出産、産後、更年期など女性のホルモンの変動に伴って現れる精神不安やいらだちなどの精神神経症状および身体症状のことである。


平成18年から当店をご愛顧して頂いているおつきあいの長いお客さまです。


当初は坐骨神経痛、腰痛からくる右足の痛みと強いしびれ、歩くのが辛い。

10分くらいしか歩けない。

正座できない。

起床時に辛い。

独歩丸、冠元顆粒、衛益顆粒など服用していました。


平成28年8月4日に漢方相談を受けまして、そのときの内容が以下のようになります。

こちらにココログに記事にさせて頂きました。


首の凝り、 頭痛、 吐き気の漢方相談


2016.08.05
首の凝り、 頭痛、 吐き気の漢方相談

おはようございます。

暑さが今日も厳しくなりそうな山形です。

36℃まで上がりそうです。


朝顔が綺麗に咲いています。

朝顔が綺麗に咲いています。

<2016年8月5日 我が家の朝顔>


さて昨日、東京のイスクラ産業さんの本社に電話して中医学、中国漢方のことについて問い合わせをしましたら、約1年半ぶりくらいに「ようびん先生」から教えてもらうことが出来ました。


以前の内容はこちら 「肝臓癌、肺癌、のどの養生法など中医学的、漢方的なアドバイス」です。


今回は「首の凝り、 頭痛、 吐き気」の漢方相談です。


70代 女性 


「漢方相談お願いします。

1ヶ月前に昼食中に急に後首がギューっと固まったようになり動かくすことが出来なくなり、自分で首筋をもんでなんとか動かせる位になりました。

整形外科では年齢によるものと言われ、首の凝りをほぐす薬をもらいましたがさほど良くなりません。

その上、それ以来、頭の上からズシッと何かで抑えられている感じと軽い吐き気があり、後首もと時々締め付けられているように感じます。

今は1週間に1度はハリ(鍼灸)をして肩こりはだいぶ良くなりましたが、頭重とムカつきで外出が億劫(おっくう)です。

日常生活は大丈夫です。


なんとかスッキリできれば旅行も楽しめるのに…と思い漢方相談させてもらいました。


なお、今年のはじめに急に起こった"良性頭位めまい症”は今はあまり起こりません。

たまにファーっとなる位です。

また今更ですが、先日、72歳になり、152センチ、44キロと細身です。

これからも1週間ぐらいの旅行ができるようになりたいです。

何か良い薬があればお願いします」



ようびん先生のアドバイス


「まず血圧を聞くことです。


めまいや首筋の凝り。


まずは「気血の巡り」が悪いです。


丹参製剤の冠元顆粒や「カラスビシャクの根茎と白朮、天麻が配合された漢方薬」、葛根など。


葛根湯は「血圧」が高い時には使いづらい、麻黄が入っているから、気をつける。


「首から上がスッキリする漢方薬」も使えます。


解表薬だけでなくて去風薬も使いたいから「痛みを散らして楽楽になる漢方薬」もちょっと入れる。


1週間ぐらい様子をみる。


後頭部のこわばりは、去風薬を使いたい、葛根や「痛みを散らして楽楽になる漢方薬」など。


まずは1週間は様子をみる。



追伸です。


その後、改めて漢方相談ご希望のお客様とお話をさせて頂きました。


土屋 「血圧はいかがですか?」


お客様 「血圧は低めです。高くありません」


土屋 「食欲やお通じはいかがですか?」


お客様 「食欲も通じも大丈夫です」


もともと独歩顆粒や逍遥丸をご利用しているお客様でした。


ようびん先生のアドバイスのもと「痛みを楽楽にする漢方薬」と「首から上がスッキリする漢方薬」のこちらの種類をチョイスさせて頂きました。


症状の改善を心より願っております。


このときはイスクラ産業さんの頂調顆粒と小太郎製薬さんのソケーカンS(疏経活血湯)を2つお勧めしたのでした。


その後、同じ年の平成28年12月15日再度のリピートでの漢方薬のご注文で、頂調顆粒とソケーカンS(疏経活血湯)だったので効き目がたしかにあったようです。

今後とも健康維持のためにも漢方を上手にご利用して頂ければ幸いです。


大石田 川前観音

<2017年2月12日> 大石田川前観音 雪に包まれています。


川前観音からの最上川眺め

川前観音からの最上川眺め


最上川

最上川、ああ永遠なれ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017.02.14

とにかくイライラ…不安感…いや〜な頭痛… それって「血の道症」が原因かも⁉️

おはようございます。

雪も溶け始めて、朝の陽射しもだいぶ明るくなってきて底冷えの寒さも抜けてきた山形です。

今日はバレンタインデー、どんな一日をお過ごしですか?


最近は我が家に来るスズメやヒヨドリ、ツグミなどに見惚れることが多く、鳥をみる生活も素敵だなあと思っています。


さて先週の漢方相談会、土曜日の2月11日の建国記念の日、午後にいつも来店されているお客さまが私の漢方相談がちょうど終わったばかりでしたので、こことぞばかりに車に乗って待っていたご主人様も連れてきました。


首の頚椎ヘルニアをやったことがあり、頭痛など体調の不良があるそうです。

50代の男性の方です。

めまい、高血圧

花粉症あり。

腰は椎間板ヘルニア、狭窄症の手術もしました。

左足の親指のしびれはとれない。


天童市に嫁いた娘様が妊娠出産された「縁」で当店でお母様もその後、相談されています。


こちらのチラシで漢方薬の説明を差し上げました。




とにかくイライラ…不安感…いや〜な頭痛…

それって「血の道症」が原因かも⁉️


更年期、妊娠、出産後、生理。


「血の道症」とは月経、妊娠、出産、更年期など女性ホルモンバランスの変動に伴って現れる精神不安や苛立ちなど精神神経症状、身体症状です。




女性は男性と違って月経周期によって体調が変化します。

月経は主に2つのホルモン(エストロゲン、プロゲステロン)によりコントロールされており、月経前はプロゲステロンが多く、月経中はどちらも少なくなります。


生理痛、発熱、頭痛、下痢、鼻血・浮腫・胸が張るなどの症状もでることがあります。

また、ほとんどの女性は更年期に入ると、卵巣の機能が衰えてきます。


そのため卵巣から分泌される女性ホルモンの1つであるエストロゲンの量も減ってきます。

しかし、脳はエストロゲンの量を増やそうと卵胞刺激ホルモンの分泌量を増やします。


ここでホルモンのバランスに乱れが生じてしまいます。

これにより様々な不快な症状が出てきます。


このように女性ホルモンバランスの乱れにより起こる症状を「血の道症」といいます。




女性は月経周期があるのでケアが大切です。

生理前の不調や頭痛…中医学で改善しましょう!


<こんな頭痛で悩んでいませんか?>


女性特有の生理中、ストレス、緊張性の頭痛だけでなく、頭部全体の頭痛を和らげる生薬が入っています。


ストレスthunder

生理中thunder

緊張thunder


厥陰頭痛…頭頂部の頭痛

少陽頭痛…側頭部の頭痛

陽明頭痛…額を含む前頭部の頭痛

太陽頭痛…頸部から後頭部にかけての頭痛


「血の道症」の症状改善に漢方相談!>

こんな症状がある方はぜひ、土屋薬局まで漢方相談、お寄せください。


□イライラすることが多い

□時々、不安になる

□何もやる気がおこらない

□気持ちが沈むことが多い

□頭痛・肩こりがある

□疲れやすい

□めまい、耳鳴りがする

□なかなか眠れない



お客さまのご主人様には男性のかたも「めまい」や「首」「頭」の不調は首から上の中医五官病の疾患であり、漢方薬で改善する可能性が高いことをお伝えして希望をもって頂きました。


ちょうど午前中に尾花沢市からのお客さまがどこにあっても治らなかったひどい頭痛がもう半年経過して症状が軽くなって、だいぶ明るい顔色になられていましたので、その旨などもお伝えしました。


「血の道症」の漢方相談は土屋薬局までお寄せください。



頭痛、肩こり。痛み、しびれの中医痺証


「目、耳、鼻、口、のど」 目の痛み、眼精疲労、ドライアイ、耳鳴り、突発性難聴、後鼻漏や花粉症、のどなどの中医五官病の漢方相談。

不妊症の子宝相談。(本場仕込みの本格的な漢方相談)


ほかどのようなジャンルの漢方相談もお受けしています。

漢方相談会、独身の方が結婚前に生理不順の真剣な婦人病の漢方相談をお寄せ下さったり、不妊で悩む人生の岐路に立っているような真剣なカップルでのご来店が土屋薬局には増えてきています。


元気のでる漢方相談を真摯に心掛けています。


龍に赤ちゃんが載っている画像、子宝に恵まれた


お電話やメールで漢方相談のご予約お願いします。
平日の漢方相談大歓迎です。一人一人に時間をじっくり割いて相談しています。
遠方のかたは、電話やメールでご相談をお寄せください。こちらから。


頭痛、肩こり。痛み、しびれの中医痺証


「目、耳、鼻、口、のど」 目の痛み、眼精疲労、ドライアイ、耳鳴り、突発性難聴、後鼻漏や花粉症、のどなどの中医五官病の漢方相談。

不妊症の子宝相談。(本場仕込みの本格的な漢方相談)


ほかどのようなジャンルの漢方相談もお受けしています。

漢方相談会、独身の方が結婚前に生理不順の真剣な婦人病の漢方相談をお寄せ下さったり、不妊で悩む人生の岐路に立っているような真剣なカップルでのご来店が土屋薬局には増えてきています。


元気のでる漢方相談を真摯に心掛けています。


龍に赤ちゃんが載っている画像、子宝に恵まれた


お電話やメールで漢方相談のご予約お願いします。
平日の漢方相談大歓迎です。一人一人に時間をじっくり割いて相談しています。
遠方のかたは、電話やメールでご相談をお寄せください。こちらから。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016.12.30

石が乗ったみたいな頭痛、肩こりの漢方相談

ちょうど年末に入ったのでお客さまも帰省中の方が昨日にお見えになりました。


(土屋薬局、年内明日の31日まで営業しています)


さて、福島にお嫁に行ったかたが東根に帰ってきていて初めての来店でした。

でも、友人が2人、当店で漢方を愛用して妊娠、出産されて、義理の妹にもご紹介して頂いて、妹さんは夏からしっかりと漢方を愛用されています。


「繋がり」が深いお客さまでした。


お客さまのご相談は頭痛、肩こり。


頭痛は「石が乗ったみたい」


子育てが大変なときから頭痛が始まった。


デパスまたはソラナックスをここ2年間愛用しています。

漢方薬の加味逍遥散は苦くて飲めなかったそうです。


粉薬が苦手なのだそうです。


朝から首筋から頭部までハッキリしない。

皮が張っている感じ。

冷え性

めまいというよりは、クラクラする感じ。


目が覚めやすい。


緊張すると手のひらに汗をかく。

便秘や下痢を繰り返す。


今年は中医五官病といって、首からの上の症状 「目、耳、鼻、口、喉」の5つに関連する疾患を漢方で良くする分野を重点的に勉強し、そして実践した年でした。


尾花沢市から来店されたお客さまも年配の方でしたが、ものすごく辛い頭痛が解消して顔の表情も緩くなり、笑顔になられました。


自信をもってきたので、昨日のお客さまにも「頭痛、肩こり」は治りやすい疾患であることをお伝えして励ました。


義理の妹さんのほうもぜひぜひ良い結果につながっていってもらいたいです。

凧の飾り付け

漢方相談コーナーに凧の飾り付けをしました。

すっかりと気分はお正月です。


凧の飾り付け

源義経です。


薬品レジの飾り付け

薬品レジの飾り付け、迎春です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016.11.05

メールマガジン発行と「突発性難聴、術後の頭痛、耳鳴りが解消した話」

こんにちは。

薬剤師、不妊カウンセラーの土屋幸太郎です。

2016年11月5日土曜日です。

朝一番のお客様、尾花沢市から。

二番目のお客様は鶴岡市からのご来店でした。


1人のお客様は「突発性難聴で、術後の頭を手術したところから首筋まで締め付けられるように痛くて、モヤモヤして詰まっている感じ」  で病院に通って週に1回リハビリをしていてもなかなか良くならなくて、家族も心配している。という漢方相談がありました。


今年の2016年8月17日からの漢方相談で、3ヶ月後の今日の11月5日は、お顔の色も良くなって、調子も良いときと悪い時があって、「調子が良いときが増えてきた」そうです。

頭鳴り、耳鳴りも軽くなりました!


目の輝きがキラキラして、以前とは別人のようにすっかり体調が漢方で良くなっていました。


家族も全員で喜んでいるそうです。


良かった。良かったです。


さて、土屋薬局メールマガジン 本日11月5日に発行しました!

ご紹介させてください。

// ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
●●  土屋薬局 中国漢方通信 メールマガジン 
vol.254 2016・11・05 
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


ご購読ありがとうございます。

当メールマガジンは、土屋薬局 中国漢方通信メールマガジン
のメンバーに登録を頂いた方にのみ、送信しております。

誠に恐れ入りますが、配信アドレスの変更、配信停止(メンバー退会)は
お客様自身でお手続きくださいますようお願いいたします。

----------------------------------------------------------------------
このメールマガジンは『まぐまぐ!』 http://www.mag2.com/ を利用して
発行しています。配信中止はこちら http://www.mag2.com/m/0000139327.htm
発行者Webサイト: http://tutiya.la.coocan.jp/mail-maga.htm
----------------------------------------------------------------------


● このメルマガの内容とは


最新の中国漢方情報とスタッフの日常や近況を綴っております。


● 目次


1.巻頭コラム 「高温期が続きにくかったですが1人目に続き2人めも妊娠しました!」


2.ハッチ日記  今回は休載させて頂きます。


3.『とってもためになる!中国漢方セミナー254』
  
   ★『冬本番の「かぜ」対策!』の巻★


4.編集後記  「第二子不妊でめでたく女児を出産されました!」

●お知らせです。

「メルマガでもっとお役に立てる情報を発信したいと思いますので、
日ごろから疑問に思っていることを教えてください。

あて先は、こちらへ  です。
ツイッターは、http://twitter.com/tutiyakです。



☆.。.:*・°☆.。.:*・°☆.。.:*・°☆.。:°*☆

土屋薬局 薬剤師・土屋幸太郎
国際中医専門員(中国政府認定A級)・不妊カウンセラー
日本不妊カウンセリング学会員
〒999-3763 山形県東根市神町中央1-10-7
電話 0237-47-0033 0237-48-2550
FAX 0237-49-1651
土屋薬局 中国漢方通信 http://tutiya.la.coocan.jp/
ココログ版土屋薬局 中国漢方通信 http://tutiya.cocolog-nifty.com/
ツイッター http://twitter.com/tutiyak
<弊社は個人情報の管理には万全の体制で臨んでおり、
このメールもSSLで保護されています>


若木山からイチョウと月山

<2016年11月2日>

若木山から銀杏の風景と月山


月山、今年も早くも冠雪となりました!

月山、今年も早くも冠雪となりました!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016.09.27

30年前の突発性難聴後の頭痛と耳鳴りに。大石田風景

昨日の午前中に尾花沢市からの漢方相談のお客様が2名のかたもいらっしゃいました。

これは東根市の土屋薬局にとりましては、とても嬉しいことでした。


1人のかたは30年前の突発性難聴後に続く耳鳴りと首筋から後頭部のところの締め付けられるような、引っ張られるような痛みでチクチクした不愉快な感じが続いている漢方相談でした。

耳の手術後からそのような症状が続いているとのこと。


中医五官病で「耳鳴り」「突発性難聴」の漢方を日頃から勉強していますので、トン先生から教わったことをベースに置きながらお薬2種類お勧めしました。

ちょうど1ヶ月くらい経過したのですが、だいぶ顔色が良くなっていらっしゃいまして、ご本人様も「娘からもお母さん、ずいぶんと顔色が良くなったね」と言われているとのことでした。

これからは下半身の膝痛や坐骨神経痛の漢方相談だけでなくて、ベクトルは↑に。


頭痛や肩こり、耳鳴り、眼精疲労など、頭部など、体の上半身↑の気になる症状にも、より的確に漢方相談を対応させていきたいです。


秋の大石田風景


<2016年9月25日>

妻が所要があったので午前中は大石田で時間を過ごしていました。

大石田はどこに行ったらいいかよく分からなかったので、駅の待合室で読書しました。

なかなか快適な空間でした。


大石田駅の待合室


大石田駅の待合室

テレビもあっていい雰囲気でした。


体外受精と漢方の併用の本

最近、再びこちらの本を読んでいます。


体外受精と漢方の併用で成功率を上げる本です。


卵子の質を上げること、採卵できる卵子の数を増やすこと。


着床して妊娠、出産できるような子宮内膜を作っていくこと。


この2つが肝腎です。

基礎体温では、低温期は「卵子」の問題に、高温期は「着床」「妊娠」につながっていきます。


体外受精と不妊症の漢方の本

深淵な世界が広がっています。

このページは不妊症の患者さんは「月経過少」であり「子宮内膜が薄かったり」、「子宮内膜は正常の厚さだけど月経量が少ない」ことが多く見受けられる。

多くの要因としては、生まれつきの先天的な稟賦が不足していること、腎精不足。

あるいは流産後に手術で掻爬などで血を損傷したこと。

脾虚で胃腸が弱いので化源不足で血虚となること。


したがって月経血が衰え、少なくなり、血海(けっかい)は満ちることなく、月経量は次第に減っていく。

そしてそれは妊娠に影響を及ぼす。


ということなどなど示唆に富む内容です。


アレルギー性鼻炎があれば体外受精の着床にも問題がある。


これも深いです。

きたにゃ

大石田、村山、尾花沢、東根市の地域情報誌の「きたにゃ」は入魂の「真下慶治記念特集号」です。美術ファンは今号は「必見!」です。

大石田のマンホール

大石田町のマンホール

斎藤茂吉のお墓

勉強を終えて散歩していたら道中に斎藤茂吉のお墓を発見しました。

山形県の方も大石田に斎藤茂吉のお墓があることを知っている人は少ないのではないでしょうか?


猫との遭遇

猫との遭遇


最上川にかかる橋

そして最上川にでました。

感動です。


最上川はゆうゆうと

最上川は悠々と


最上川

山形県の母なる川 最上川

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016.08.05

首の凝り、 頭痛、 吐き気の漢方相談

おはようございます。

暑さが今日も厳しくなりそうな山形です。

36℃まで上がりそうです。


朝顔が綺麗に咲いています。

<2016年8月5日 我が家の朝顔>


さて昨日、東京のイスクラ産業さんの本社に電話して中医学、中国漢方のことについて問い合わせをしましたら、約1年半ぶりくらいに「ようびん先生」から教えてもらうことが出来ました。


以前の内容はこちら 「肝臓癌、肺癌、のどの養生法など中医学的、漢方的なアドバイス」です。


今回は「首の凝り、 頭痛、 吐き気」の漢方相談です。


70代 女性 


「1ヶ月前に昼食中に急に後首がギューっと固まったようになり動かくすことが出来なくなり、自分で首筋をもんでなんとか動かせるようになりました。

整形外科では年齢によるものと言われ、首の凝りをほぐす薬をもらいましたがさほど良くなりません。

その上、それ以来、頭の上からズシッと何かで抑えられている感じと軽い吐き気があり、後首もと時々締め付けられているように感じます。

今は1週間に1度はハリ(鍼灸)をして肩こりはだいぶ良くなりましたが、頭重とムカつきで外出が億劫(おっくう)です。

日常生活は大丈夫です。


なんとかスッキリできれば旅行も楽しめるのに…と思い漢方相談させてもらいました。


なお、今年のはじめに急に起こった"良性頭位めまい症”は今はあまり起こりません。

たまにファーっとなる位です。


体型は細身です。


これからも1週間ぐらいの旅行ができるようになりたいです。


何か良い薬があればお願いします」



ようびん先生のアドバイス


「まず血圧を聞くことです。


めまいや首筋の凝り。


まずは「気血の巡り」が悪いです。


丹参製剤の冠元顆粒や「カラスビシャクの根茎と白朮、天麻が配合された漢方薬」、葛根など。


葛根湯は「血圧」が高い時には使いづらい、麻黄が入っているから、気をつける。


「首から上がスッキリする漢方薬」も使えます。


解表薬だけでなくて去風薬も使いたいから「痛みを散らして楽楽になる漢方薬」もちょっと入れる。


1週間ぐらい様子をみる。


後頭部のこわばりは、去風薬を使いたい、葛根や「痛みを散らして楽楽になる漢方薬」など。


まずは1週間は様子をみる。

薄荷の花です

同じく今朝の我が家の「薄荷の花」です。

暑い日にはスーッとメントールの香りで涼しく過ごしたいものですね。


追伸です。


その後、改めて漢方相談ご希望のお客様とお話をさせて頂きました。


土屋 「血圧はいかがですか?」


お客様 「血圧は低めです。高くありません」


土屋 「食欲やお通じはいかがですか?」


お客様 「食欲も通じも大丈夫です」


もともと独歩顆粒や逍遥丸をご利用しているお客様でした。


ようびん先生のアドバイスのもと「痛みを楽楽にする漢方薬」と「首から上がスッキリする漢方薬」のこちらの種類をチョイスさせて頂きました。


症状の改善を心より願っております。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016.05.24

太乙膏と目の漢方、緑内障、ドライアイ、目の痒みに

製薬メーカーさんの担当の方が訪店されましたので、これを幸いにして漢方の勉強を教えて頂きました。


太乙膏です。


1)炎症をとる 2)皮膚を潤す 3)肉芽形成作用

いつでも使いやすい、夏場、冬場などの季節を問わない


漢方薬の軟膏には3つのタイプがある。


紫雲膏、中黄膏、太乙膏


紫雲膏は当帰と紫根から

潤う作用がある。

乾燥傾向にに、保湿効果


中黄膏の軟膏は清熱だけ。かゆみ、顔が赤いなど→熱があるときだけ使用する。

市販されていない。
(例外はパップ剤。軟膏はないので実際は使えない)


太乙膏は清熱作用にも優れている。


これからの季節には虫刺されにも太乙膏が優れている。


外用)アトピー→炎症をとって皮膚を潤す軟膏は痒みがすぐにとまる。


内服)温清飲や当帰飲子など


虫刺されには、塗るというよりも軟膏を置く。

知らない間に痒みがひく。


臭いが気になるときには夜寝る前からスタート


脱ステロイド願望のある患者さんも潜在的に多いはず

今ある皮膚科医療への不満

床ずれ→綺麗に治る



目の漢方について聞いてみました。


目を洗うようにスッキリする漢方薬

花粉症による目の痒み、ドライアイ


首から上の熱をとる、頭痛などにもよい


今ある症状をボン!ととる。


緑内障にも応用が効く


眼科医もビックリするくらい眼圧が下がったケースがあった。

3~5日でOTC販売の感覚でも効き目がわかる。


「飲む炎症を取る漢方の目薬」


ドライアイには、「飲む炎症を取る漢方の目薬」+「飲む目薬の漢方薬」 お勧め


I山形市霞城公園 最上義光公

<2016年5月15日撮影 山形市霞城公園 最上義光公>


よく5月16日の様子です。

まったく今回の漢方の話は関係ありませんが。。



| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016.04.09

山形市から2人目不妊、血流たっぷり、温活GO!の漢方で妊娠

こんにちは。

薬剤師、不妊カウンセラーの土屋幸太郎です。

いつもコラム拝見ありがとうございます。


今日の山形は例年どおりの気候のせいか、曇りで若干寒さを感じます。

我が家の庭の紅葉も盛りを過ぎて、そろそろまた季節が動き出している感じです。

さて、今回は嬉しいお話をご紹介させて頂きます。


「不妊症の子宝漢方を服用して2周期ですぐに妊娠、ご懐妊で嬉しい限りです。」


昨日の午前中 9月14日に山形市から第二子不妊症、2人目不妊。


第二子の不妊症、2人目不妊の漢方相談のご希望の子宝相談にお客様が来店されました。


私は2年ぶりでお会いしたのですが、お子様は男の子でもう間もなく2歳になりました。

もう一人のお子様、二人目の子宝漢方相談を希望とのことで、東根の土屋薬局まで来店されたそうです。


今回はWさまに掲載許可を頂きまして、コラムを作成させて頂きます。


前回は、不妊症の子宝相談で漢方薬を服用して2周期ですぐに妊娠、ご懐妊になったとのことで嬉しい限りです。


赤ちゃんは妊娠中もしっかりと漢方で体調を整えましたのですくすくと元気に育っています。


○初めての子宝の漢方相談 平成20年8月22日


当時Wさま 28歳 


生理痛がひどい、婦人科の検診では異常なくボルタレンを使っています。

片頭痛もあります。


その他の随伴症状としましては、足の冷え、肩こり、肌の乾燥、寝つきが悪い、通じはときどき便秘になる。


漢方薬は、血流たっぷりの漢方と漢方の人参の一種。


田七人参(でんしちにんじん)は生理痛の軽減などに活血化淤の効果を期待です。



○平成20年10月6日 漢方相談日


生理痛はけっこう軽くなりました。

あまり疲れにくくもなってきました。


子宝の血流たっぷりの漢方は効いているようです。

ここ2か月間は40日周期です。

BBTの基礎体温はあまり高いほうではありません。


養血調経と漢方の人参の一種に、麦芽を炒ったものをお勧め。


麦芽を炒ったものは基礎体温を綺麗にして、基礎体温のギザギザが解消したり、排卵期の階段式上昇がスムーズになることなど期待できます。


以前にも血流たっぷりの漢方薬と麦芽を炒ったもの、漢方の人参の一種の組み合わせを何人かのお客様にお勧めしていましたが、わりと早く効き目が分かる人が多くて、ほかにもご懐妊されたお客様がいらっしゃる組み合わせです。



そして月日は流れて。。。


○平成23年5月29日 漢方相談日 今年です。


前回の漢方相談で男の子ができて、もう2歳になります。


現在は生理痛は軽くなっています。

もう一人ほしい、冷え性を改善したい。


土日の休みになると頭痛がします。

仕事をしていると頭の痛みはありません。

生理は30日型、生理痛は多少初日のみです。

以前ほどではありません。


血流たっぷりの漢方を中心に漢方相談していきました。


○平成23年9月14日 漢方相談日


生理28~30日周期です。

大体順調に生理は来ていて、5日間あります。

生理痛は初日、二日目です。

生理には血塊が混ざります。


食欲、通じはOKです。

頭痛、肩こり、足のむくみが気になります。


今回は、血流たっぷりの漢方薬に丹参の血液サラサラ漢方薬、漢方の人参の一種の3つで、活血化淤(かっけつかお)といって血液をサラサラにして血流を改善することに的を絞りました。


丹参製剤は、もともとは冠心2号方といいます。


中国で毛沢東が号令をかけて開発させました。

活血化淤(かっけつかお)の漢方界のエポックメーキングです。


普段から血流たっぷりの漢方薬と併用していくことによって頭痛の軽減、そして排卵期などもスムーズに過ごされることを期待した漢方製剤です。

漢方の人参の一種は、生理痛などの淤血(おけつ)対策に生理を中心に併用していきます。


また二人目の妊娠の良い結果報告になるといいなあということで、当店からは今頃になり遅くなりましたが、出産お祝いのアルバムも進呈させて頂きました。

今後とも頑張って子宝の漢方相談を頑張りたいです。


薬剤師、国際中医師、不妊カウンセラー 土屋幸太郎


Wさまにお贈りするお写真です。

村山市 三ヶ瀬の流れ 最上川

<2011年11月1日 村山市 三ヶ瀬の流れ 最上川>

秋深まる最上川を眺めに行きました。

雄大な流れで、見ていて飽きがきません。


I村山市 三ヶ瀬の流れ 最上川

村山市 三ヶ瀬の流れ 最上川

山々の紅葉も綺麗でして、山形に住んでいて良かったなあと思う瞬間です。

Wさま、どうもおめでとうございました。

今後とも良い結果を心から願っております。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016.03.12

血流たっぷりの温活漢方は生理痛、生理不順に絶対おすすめ!

おはようございます。

薬剤師、不妊カウンセラーの土屋幸太郎です。


3月12日は、朝は雪がチラチラしていて朝一番のお客さま、村山市の白鳥からいらっしゃいましたが、やはり葉山の麓も雪が降っていたようです。

この震災の時期はまだまだ寒いです。

5年前は雪が降った上に電気がなくて寒かったです。


さて「土屋薬局 中国漢方通信」を見なおしています。


漢方は生理痛、生理不順に絶対おすすめ!/生理痛や生理不順の漢方薬!


こちらのページを手直し中です。


再度、写真も撮り直しましたのでココログにも掲載させて頂きます。


コスモポリタンの掲載記事


コスモポリタンの掲載記事


コスモポリタンの掲載記事


コスモポリタンの掲載記事


コスモポリタンの掲載記事


生理痛の漢方薬のスレッドも参考になりましたら、幸いです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015.01.16

2014年 中医痺証専門講座南通研修の研修を終えて

土屋薬局 中国漢方通信 メールマガジン vol.242 2014・10・05号の編集後記からココログ版に転載します。

昨年2014年9月に中国南通市での痺証研修の感想です。


帰国後、はや5ヶ月間を過ぎようとしています。


実際に意気込んだ痺証の痛み、しびれの中高年のお客さまよりも、子宝相談の若い女性のかたのほうが主流でなかなか痛み、しびれの漢方相談を連日がっちりするところまでは行っていませんが、本場の痺証科で学んだことを今後にも活かしていきたいです。


虫類の世界につきましては婦宝当帰膠にも阿膠が配合されていて、かなり補腎の力があるのでは?と考えてみたり、活血剤や補腎薬においても病院の保険漢方にはない、中医学独特の効き目の良さ─この場合には妊娠するスピードや体調を回復する早さ─を今後とも追及していきたいと思います。


では!


confident

// ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
●●  5.編集後記 「2014年 中医痺証専門講座南通研修の研修を終えて」
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


こんにちは。

薬剤師、不妊カウンセラーの土屋幸太郎です。


2014年9月14日(日)~9月19日(金)の期間に行われた「2014年 中医痺証専門講座南通研修」から無事に帰ってきました。


研修の舞台は中国の南通市です。


上海浦東国際空港から高速道路で約300キロ、揚子江にかかる巨大な橋を渡り、風光明媚な揚子江デルタ地域、江蘇省を走り抜けます。


今回の研修のメインは痺証(ひしょう)といって漢方の本場中国、中医学の国において中医医院での痺証の漢方診察を研修して肌身で本場のスケールを体感してこようという趣旨でした。


日本を発つ前には「中国ではどうぞご無事で」などとまるで危ない国に行くようなニュアンスの言葉がありましたので苦笑しつつ期待に胸を膨らませて成田空港を飛び立ちました。


中国南通市は「水の都」でした。


川や池や昔の城のほとりなど日本人にとっても馴染みやすい環境でご飯や草魚やお肉、果物など大変に美味しくて毎回の食事がとても楽しみでした。


南通市での研修は、南通中医医院、良春中医病院、良春中医研究所と3か所を巡りました。


痛み、しびれの漢方診療では煎じ薬の湯薬と針や灸、マッサージなどが盛んに行われているのをみて、また患者さんたちが気持ちよさそうに吸い玉や鍼灸でパルス治療を受けているのを見て、また穏やかな空気が治療の現場に流れていることを感じました。


中医師の先生たちの病院でも、暖かな雰囲気でした。


文面が限られていますので最後になりますが、中国の国医、国のお医者さん、国家大師の朱良春先生 御年98歳のレジェンドで高名な先生に実際にお会いできてお話しできたこと。


また7人の息子さん、娘さんたちからは朱先生ご一家の「家族」として迎え入れたことなど大変に感激したことであり、今後の私の漢方相談の人生に対しても大きな一歩となりました。


(7人のお子様のうち5人は中医師のお医者さんという医師一家でした)


その後はなんと朱良春先生のご自宅にお招きされまして、記念の一枚です。


朱先生から頂戴した「土屋幸太郎先生 恵存」のサイン入りの本です。


これからの中医学人生は、朱良春先生スピリットで効き目の良い、切れ味の良い漢方相談を心掛けます。


どうもありがとうございました。


Imgp80290915a

<2014年9月15日>

中国南通市 良春中医病院からの眺め

緑が美しい街です。


Imgp80300915a


Imgp80340915a

私こと土屋幸太郎の記念写真です。パチリ


Imgp80380915a

中国の病院の痺証科では、湯液の漢方薬の内服のほうとマッサージや針灸などの2つから成り立ちます。

漢方薬を飲みながら凝ったところをほぐしていきます。


(写真撮影の許可は病院の先生や患者さんに承諾してもらっています)


一人一人の体質に合わせてスチームの液体、漢方薬の煎じ薬を肌にあてているそうです。驚きです。


Imgp80390915a

こちらは吸い玉の女性の患者さんです。

中国では竹の筒を使うところが日本と違うそうです。


Imgp80400915a

腰の電気のパルス治療です。

針に電気─パルス─が流れていて写真では分かりませんが、定期的に患部がビクッと電気の刺激で動きます。


かなり効き目があるような感じでした。


Imgp80430915a

| | コメント (0) | トラックバック (0)

その他のカテゴリー

LUF・黄体化未破裂卵胞|不妊と漢方薬 | PCOS・多嚢胞性卵巣症候群|不妊と漢方薬 | PMS・月経前緊張症|漢方薬 | 「ナチュラルな妊娠」「45歳、もう生んでいいかしら?」 | 「血流たっぷり」をめざしなさい | いびき|漢方薬 | おねしょ、小児夜尿症|漢方薬 | おりもの、のびおり|不妊治療と漢方薬 | お客さまとのエピソード | お腹の張り、腹部膨満感、食欲不振|漢方薬 | お香 | しびれ|漢方薬 | つわり|漢方薬 | にきび|漢方薬 | のどのつかえ、喉の痛み、難治性咽頭潰瘍|漢方薬 | ほてり|漢方薬 | むずむず脚症候|漢方薬 | めまい、立ちくらみ|漢方薬 | アトピー性皮膚炎|漢方薬 | アレルギー性鼻炎と体外受精|漢方薬 | アレルギー性鼻炎|漢方薬 | イスクラ冠元顆粒 | イスクラ冠元顆粒発売20周年記念成都シンポジウムに参加して | イスクラ婦宝当帰膠 | イスクラ独歩顆粒 | イライラ落ち込み漢方、不安落ち込み|漢方薬 | イラスト | インターネットの掲示板などで漢方紹介 | カウフマン療法|不妊と漢方薬 | カンジダ膣炎|不妊と漢方薬 | ガン(がん)|漢方薬 | クラミジア感染症|不妊と漢方薬 | クローン病、潰瘍性大腸炎|漢方薬 | ゲップ・ガス|漢方薬 | ココログ版漢方(無名)コラム・2004 | ココログ版漢方(無名)コラム・2005 | ココログ版漢方(無名)コラム・2006 | ココログ版漢方(無名)コラム・2007 | ココログ版漢方(無名)コラム・2008 | ココログ版漢方(無名)コラム・2009 | ココログ版漢方(無名)コラム・2010~ | コンクレバン | シェーグレン症候群|漢方薬 | シミ・肝斑|漢方薬 | ストレス|漢方薬 | セックスレス、性機能減退|不妊と漢方薬 | タイミング療法|不妊と漢方薬 | ダイエット|漢方薬 | チャイナビュー | チョコレート嚢胞|不妊治療と漢方薬 | ツイッター | ツボの話題 | ディスプレー症候群|漢方薬 | ドライアイ|漢方薬 | ドライマウス、口腔乾燥症|漢方薬 | ニュースレターより | ハテナ | ビタエックス(プラセンタ) | フレイルの漢方対策 | ヘパーデン結節|漢方薬 | ベビ待ち保育士さん、幼稚園教諭さん|漢方薬 | ベビ待ち小学校教員さん|不妊と漢方薬 | ベビ待ち歯科衛生士さん|不妊と漢方薬 | ベビ待ち看護師さん|不妊と漢方薬 | ベビ待ち美容師さん|不妊と漢方薬 | メニエール病|漢方薬 | メールマガジン | モンテディオ山形 | ヤフー知恵袋の漢方の回答より | リウマチ性多発筋痛症|漢方薬 | リウマチ|漢方薬 | ロコモティブシンドローム|漢方薬 | 下痢、軟便|漢方薬 | 下肢静脈瘤|漢方薬 | 不妊カウンセラーに向けて | 不妊カウンセラー・体外受精コーディネーター養成講座 | 不妊治療の基礎知識…現状と問題点 | 不妊漢方治療の応用 | 不妊症の基本検査について | 不妊症の年代別漢方相談 | 不妊症テレビお茶の間講座 「子宮内膜症」 | 不妊症専門講座・PCOS 「多嚢胞性卵巣症候群」 | 不定愁訴|漢方薬 | 不正出血|不妊と漢方薬 | 不眠|漢方薬 | 不育、流産後|不妊治療と漢方薬 | 中医五官病 | 中医痺証専門講座「南通研修」への道 | 乳がんの疫学と薬物療法 | 乳腺炎、断乳、母乳|漢方薬 | 人工授精で妊娠出産|不妊と漢方薬 | 今週の漢方相談会 2008年 | 今週の漢方相談会 2009年 | 今週の漢方相談会 2010~ | 今週の漢方相談会 2013~ | 今週の漢方相談会2017 | 体外受精で妊娠出産|不妊と漢方薬 | 何先生や中医師の先生から漢方のこと聞いたこと | 便秘|漢方薬 | 免疫性不妊|漢方薬 | 全身性エリテマトーデス(SLE)|漢方薬 | 円錐角膜|漢方薬 | 冷え性|漢方薬 | 加齢性黄斑変性症|漢方薬 | 勉強会(2004~2008) | 勉強会(2009) | 勉強会(2010) | 勉強会(2011) | 勉強会(2012~) | 動悸|漢方薬 | 卵巣予備能~全周期活血化淤 | 卵巣嚢腫|不妊と漢方薬 | 卵巣機能不全、卵巣機能低下|不妊と漢方薬 | 卵管性不妊|不妊と漢方薬 | 卵管水腫|不妊と漢方薬 | 卵管閉塞|不妊と漢方薬 | 卵胞発育不全|不妊と漢方薬 | 受精障害|不妊と漢方薬 | 口内炎|漢方薬 | 呑気症(空気嚥下症)|漢方薬 | 味覚障害|漢方薬 | 咳、ぜんそく、慢性気管支炎|漢方薬 | 咽喉頭異常感症、難治性咽頭潰瘍|漢方薬 | 嗅覚障害|漢方薬 | 土屋幸太郎・漢方講演会 | 土屋幸太郎結婚式 | 土屋薬局からのお知らせ | 土屋薬局のの口コミ、評判 | 坐骨神経痛|漢方薬 | 坑精子坑体|不妊と漢方薬 | 基礎体温が低め|不妊と漢方薬 | 基礎体温が高め|不妊と漢方薬 | 基礎体温ガタガタ|不妊と漢方薬 | 基礎体温表|不妊と漢方薬 | 夏の疲れに漢方 | 多汗症|漢方 | 夜中目が覚める|漢方薬 | 夢と不眠|漢方 | 女性のための漢方レッスン | 女性不妊症的中医治療 | 妊娠中と産後の体調不良|漢方薬 | 妊活・妊娠力アップ|漢方薬 | 子宮内膜が薄い|不妊と漢方薬 | 子宮内膜ポリープ、子宮内膜増殖症|漢方薬 | 子宮内膜症|不妊治療と漢方薬 | 子宮外妊娠後|不妊と漢方薬 | 子宮筋腫|不妊治療と漢方薬 | 子宮腺筋症|不妊治療と漢方薬 | 子宮頸がん|漢方薬 | 子宮頸管無力症|不妊と漢方薬 | 季節の漢方養生 | 季節の養生法 | 学校保健委員会 | 小児チック|漢方薬 | 小児漢方 | 小太郎製薬 | 帯状疱疹後神経痛、後遺症|漢方薬 | 後鼻漏・蓄膿症|漢方薬 | 心と体 | 感音性難聴・耳鳴り、難聴|漢方薬 | 慢性副鼻腔炎(蓄膿症)|漢方薬 | 慢性咽頭炎|漢方薬 | 我が家の庭 | 我が家の庭 2008 | 我が家の庭 2009 | 我が家の庭 2010~ | 手根管症候群、腱鞘炎、ばね指|漢方薬 | 抗リン脂質抗体|不妊と漢方薬 | 抗核抗体|不妊治療と漢方薬 | 掌蹠膿疱症|漢方薬 | 排卵痛、排卵期|不妊と漢方薬 | 排卵障害|不妊と漢方薬 | 日中線記念館 | 更年期障害|漢方薬 | 月経の経血量が減少|不妊治療と漢方薬 | 月経不妊周期療法|不妊と漢方薬 | 月経不順・生理不順|不妊と漢方薬 | 月経周期が短い|不妊と漢方薬 | 月経周期が遅れる、長い|不妊と漢方薬 | 未成熟卵|不妊症と漢方 | 椎間板ヘルニア|漢方薬 | 武漢へ | 死産後|漢方薬 | 母乳|漢方薬 | 泣きたくなる | 活血化淤の応用 | 浮腫み|漢方 | 温活GO | 漢方周期療法…南京・夏桂成先生の講義より | 漢方薬の安全性について | 漢方薬局で相談を受ける婦人病について | 無排卵・無月経/不妊と漢方薬 | 無月経・無排卵・中医不妊症テレビお茶の間講座 | 生殖医療に関わる疑問に答える | 生殖補助医療の有用性と限界 | 生理痛、月経困難症|漢方薬 | 甲状腺機能亢進症|不妊と漢方薬 | 甲状腺|不妊治療と漢方薬 | 男女の更年期と神経症|漢方薬 | 男性不妊|不妊治療と漢方薬 | 疲労|漢方薬 | 痔|漢方薬 | 痛み、しびれ|漢方薬 | 痰湿(暑湿)について | 痰湿|漢方 | 眼精疲労|漢方薬 | 着床障害、着床失敗|不妊症と漢方薬 | 着床障害|不妊治療と漢方薬 | 神経障害性疼痛|漢方薬 | 秋バテの漢方 | 空胞|不妊治療と漢方薬 | 糖尿病|漢方薬 | 経血量少ない|不妊と漢方薬 | 綿花観察日記 | 緑内障|漢方薬 | 繊維筋痛症|漢方薬 | 老人性膣炎・萎縮性膣炎|漢方薬 | 耳管開放症|漢方薬 | 耳鳴り、突発性難聴|漢方薬 | 聴覚過敏|漢方薬 | 肘痛|漢方薬 | 股関節痛|漢方薬 | 肩こり|漢方薬 | 肩甲骨の痛み|漢方薬 | 肩痛、五十肩|漢方薬 | 胃酸過多、機能性胃腸症(NUD)|漢方薬 | 背中のほてり|漢方薬 | 背中の痛み|漢方薬 | 胚盤胞|不妊治療と漢方薬 | 脂漏性皮膚炎|漢方薬 | 脈拍|漢方 | 脊柱管狭窄症|漢方薬 | 脱毛、抜け毛、薄毛の漢方薬 | 脳卒中|漢方薬 | 脳疲労症候群、脳過敏症候群|漢方 | 腰椎すべり症|漢方薬 | 腰痛|漢方薬 | 膀胱炎|漢方薬 | 膝痛|漢方薬 | 膿精液症|男性不妊の漢方薬 | 花粉症|漢方薬 | 若木山、石崎山や東根の景色 | 若木山、石崎山や東根の風景2008 | 若木山、石崎山や東根の風景2009 | 若木山、石崎山や東根の風景2010~ | 蕁麻疹、湿疹/漢方薬 | 薄い子宮内膜に漢方薬が有効である可能性がある | 薬膳 | 血の道症|漢方薬 | 血管力をつければ病気は治る | 補腎の話 | 西洋医学的にみた不妊症漢方概論 | 足底筋膜炎|漢方薬 | 逆流性食道炎|漢方薬 | 過去のバックナンバーより | 過敏性腸症候群|漢方薬 | 過活動膀胱、頻尿|漢方薬 | 遺残卵胞|不妊治療と漢方薬 | 酒さ|漢方薬 | 頭痛|漢方薬 | 頸椎症、首のこり|漢方薬 | 頻尿|漢方薬 | 顔面神経麻痺、手のふるえ|漢方薬 | 顕微授精(ICIS)|不妊と漢方薬 | 風邪|漢方薬 | 食欲不振、胃痛|漢方薬 | 食養生 | 高プロラクチン血症|不妊と漢方薬 | 高血圧|漢方薬 | 高齢不妊症、卵巣機能低下における中国漢方の考え方 | 高齢不妊|不妊治療と漢方薬 | 鷺草、朱鷺草観察日記 | 黄体機能不全|不妊と漢方薬 | 黄疸|漢方薬 | 100歳まで元気に生きる! | 2人目不妊、第二子不妊|漢方薬 | 2004年妊娠出産おめでとうございます! | 2005年妊娠出産おめでとうございます! | 2006年妊娠出産おめでとうございます! | 2007(1月~6月)妊娠出産おめでとうございます! | 2007(7月~12月)妊娠出産おめでとうございます! | 2008年妊娠出産おめでとうございます! | 2009年妊娠出産おめでとうございます! | 2009(7月~12月)妊娠出産おめでとうございます! | 2010(1月~6月)妊娠出産おめでとうございます! | 2010(7月~12月)妊娠出産おめでとうございます! | 2011年妊娠出産おめでとうございます! | 2012年妊娠出産おめでとうございます! | 2013年妊娠出産おめでとうございます! | 2014年妊娠出産おめでとうございます! | 2015年妊娠出産おめでとうございます! | 2016年妊娠出産おめでとうございます! | 2017年妊娠出産おめでとうございます! | AMH|不妊治療と漢方薬 | COPD 慢性閉塞肺疾患|漢方薬 | FSHが低い方|不妊治療と漢方薬 | FSHが高い|不妊治療と漢方薬 | POF・早発閉経|不妊治療と漢方薬