カテゴリー「ココログ版漢方(無名)コラム・2007」の記事

2007.11.26

中国地方に行っていました。

おはようございます。

土屋です。

連休中にお休みを頂きまして、雪降る山形から、
伊丹空港に降り立って、中国地方へ旅に出ていました。

美作の奥津の風情や三朝、そして三瓶山のふもとの湯抱旅館の
中村旅館さんに泊まり、千原、温泉津、有福へ。

昨日は、有馬、あしやと訪れて帰路につきました。


中国道を走っていると、周囲の紅葉が山全体が
東北地方とは違う色づきで、筆舌しがたいのですが、
それはそれは美しかったです。

中村旅館さんのおばあちゃんは、出迎えも、見送りも、
すべて廊下に正座して、丁寧に頭を下げられますので、
目頭が熱くなりました。

料理も、私が今まで生きてきた中で、一番とおいしい料理で、
「心のこもった料理」とはこのことか、と思いました。

温泉津のほうでは、おばあちゃんの家に訪れて、
山形土産をお渡して、亡くなられたご主人様に線香を上げさせて
頂きましたら、大変に喜んで頂きました。

はるばる山形から島根に行って、本当に良かったです。


岡山や鳥取、島根の山陰のほうは、景色が美しくて、
みな親切な人ばかりで、一生忘れない旅になりました。

来店されるお客様や、遠方の方の電話でもメールでも
親切に応対したい、中村旅館さんのおばあちゃんを見習いたいと
肝に銘じて薬剤師の仕事に励みたいです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007.11.22

店内の模様替えと初雪の日々

おはようございます。

土屋です。

日曜日の夜から初雪となり、
断続的に雪が続いております。

今シーズンは、「カメムシ」が大量に発生したという情報もあり、
雪が多いことを覚悟していたのですが、「やっぱり」という感じです。

先日、来店されたお客様は、「冬は雪かきで痩せます」と言っていましたので、
なるほどと思ったのですが、私も「雪かき」は頑張りたいと思っています。


さて、昨日は雨降りだったのですが、友人のS君の会社で
作成してくれた店内の新しい絵柄の紹介をしましょう!


Imgp0956081122

漢方相談コーナーのところは、「秋」から「冬」に模様替えです。

雪原に1本の柿の木が立っています。


ちょうど静かに雪降る景色で、白い銀世界に赤い柿の実が
何とも言えない情緒を醸(かも)し出しています。

1年の4シーズンで「絵」を替えているのですが、
一番多く褒められるのが、この「雪原に1本の柿木」です。


Imgp0957071122

S君曰く「相当苦労したんだよ。」です。

絵の色彩の感覚にかなり苦労したらしいです。

もし土屋薬局に来られる場合には、みなさま、この「雪原に1本の柿木」を
ご覧になってくださいね。

Imgp0960071122

もう一つ、店の正面の絵柄も交換しました。

まるで八甲田を思い出すような絵です。

「ブナ林に積もる雪」です。

来るべき冬の厳しさを思い出すかのようですね。


雪国の魅力は、連日曇天の空から雪が降り、
気持ちが沈みがちになりそうなときに、
カラッと晴れるんですね。

なんとも言えない、カタルシスを得ることになります。


それにしても、雪が降るということは、
幼少の頃からの記憶が蘇り、なんだか小学生の時分に戻ったかのような
新鮮な記憶となります。

名作「銀河鉄道999」で、鉄郎がメーテルと旅する感覚とでも言うべきしょうか。


Imgp0964071122_2

<2007年11月22日 一瞬の晴れ間>

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007.11.15

メールマガジンより…風邪の対処法、土門拳さん

みなさま、おはようございます。

土屋です。

今週は寒波がやって来て、寒くなりそうですので
風邪などお召しになりませぬよう、ご自愛くださいませ。

さて、本日15日刊行のメールマガジンを先ほど作成しました。

今回も落とさずに頑張りました。

では、私の書いたコラムを、ここココログでも紹介させて頂きます。

 // ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
●●  1.巻頭コラム 「最近の店頭での相談より 風邪の対処法」
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


最近、よく耳にしたり、相談されることが多いことは
「風邪(かぜ)」のことです。

大人から子供まで、一家で風邪をひいていることも珍しくなく、
気温が下がり始めた今月に、よく相談を受けることが多いです。


「風邪(かぜ)」は、中国漢方では「風邪(ふうじゃ)」と呼び、
自然界の動きにたとえています。


つまり、「風(かぜ)」とは、急に発生して
あちこちに動き回る、捉えどころがないものですから、
私たち人体の体においても、「風邪(かぜ)」の症状は様々に変化して
当然であるという考え方です。

昔から「風邪は万病の本」と言われていますが、
まさにその通りで、風邪(かぜ)をひきやすいことは、
体の気血(きけつ)不足や腎虚(じんきょ)など、
抵抗力不足が一因となっているでしょう。


さて、「風邪(かぜ)」に対する対応する方法は、
やはりひき始めが肝腎です。


「あ、のどが痛い」と思ったとき、感じたときに、
わたしの場合ですと、すぐに「天津感冒片(てんしんかんぼうへん)」を
服用しています。

1回4錠を服用して、同時に1錠はトローチ代わりに舐めて服用します。


「のどが痛い」と感じたときに、すぐに対応することが肝腎でして、
たとえば、海外旅行への飛行機の中での乾燥による「のどの痛み」にも、
天津感冒片は欠かせないもので、痛みがすーっと解消して、
見事に「風邪の予防」になります。


私がこの我が店で勤務して10年以上経過していますが、
風邪で寝込んだり、休んだことが1回も無いのも、
天津感冒片のお陰です。

中国漢方を知る前の薬学生のときや、東大病院で研修していたときには、
「のどが痛い」時には、マクロライド系の抗生剤などを服用していました。


でも、やはりその当時の抗生剤と天津感冒片を比べると
「切れ味」「効き目」「シャープさ」が全然違います。

(もちろん風邪には、天津感冒片が素晴らしいです)


熱心なお客様の中には、風邪の対応も漢方で済ませる方がいらっしゃいます。

評判は上々で、家族の皆様も風邪をひかなくなることが多いようです。


これから寒くなる季節ですので、皆様風邪などお召しになりませぬよう
ご自愛くださいませ。

(日本では、葛根湯が有名ですが、中国では天津感冒片が
風邪薬のスタンダートです。江戸時代に鎖国していたので、
日本の漢方は発展の歴史が止まってしまったのです)


薬剤師、国際中医専門員、不妊カウンセラー 土屋幸太郎

 // ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
●● 5.編集後記 「土門拳さん」
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


先日、久しぶりに土門拳記念館を訪れたときに、
館内は珍しく多くのお客様たちがいて、
私まで嬉しくなってしまいました。

そうです。

私は「土門教」なので、ついには、
大和路の室生寺や長谷寺、聖林寺なども今年の5月に訪れたくらい、
熱心に土門さんの人柄や作品に惚れています。

今回の展示は、「筑豊のこどもたち」「昭和のこどもたち」「ヒロシマ」
「文楽」「風貌」「戦前戦後ドキュメント」「風景」「室生寺」「古寺巡礼」
それに、企画展示室には第26回土門拳賞受賞作品として
中村征夫さんの「海中2万7000時間の旅」もありました。


土門さんの作品を見ることにより、
胸の中に「私は日本人である」ということをかなり意識するようになります。

また、先人たちが残した偉大な寺院の建築の素晴らしさ、精巧さ、
仏像の素晴らしさなど、「土門拳フィルター」を通して、
いろいろなことが見えてくるし、学べるようになります。


リアリズムな写真は、絵画などをも超える可能性があることを示唆していて、
これからも土門さんの作品を愛していこうと、心に固く決めたのでした。

それにしても、目頭が熱くなる写真が多く、胸を打ちました。

さあ、みなさま、日本人として誇りをもって生きていきましょう!


編集長 土屋幸太郎


Imgp7034070530

<2007年5月26日 女人高野室生寺>

Imgp727307115_2

国宝 「金堂」

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007.10.09

九州から帰ってきました。

Imgp1359071007

九州から帰ってきました。

福岡空港から降り立って、友人の新婚夫妻と一緒に、
横断してきました。

福岡、大分、宮崎で、最後は鹿児島空港から帰路について
無事に帰ってきました。


今、心に残る風景は、大分の九重町の山村部の美しさや街道に咲く彼岸花、
阿蘇の外輪山の風景、人吉の鄙びた温泉銭湯、開聞岳にそして桜島。

親切で人懐っこい人たち。


これからは、東北人だけど、脳みそにはしっかりと「九州フォルダ」も出来ましたので、
また機会があれば訪れてみたい、そんなふうに漠然と再度の憧れを抱いています。


Imgp1360071009

Imgp1366071009

<2007年10月7日 開聞岳(かいもんだけ)>

Imgp1413071007

<2007年10月8日 桜島 フェリーからの眺め>

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007.10.02

稲刈り

Imgp0315070929

<2006年9月29日撮影 観音寺より大森山と若木山の眺め>

すっかり稲刈りの季節で、早いもので、黄金色の田んぼも収穫が始まっています。

これからより深まり行く秋へ、そして収穫物も種になり、
地中深く眠る冬へと、季節が移り変わっていきます。


Imgp0332070929

右側の大きな山が大森山(おおもりやま)で、東根市側にあります。

左側の小さい山が若木山(おさなぎやま)で
私の家があるところ、つまり神町(じんまち)側になります。

いつ見ても、いい眺めだなあ。

Imgp0349070929

こちらは、反対側の東の方角です。

奥羽山脈で、この山の向こうは宮城県。

やがては仙台などにつながります。

今頃、仙台では沢山の人たちが賑やかに活動していて
活気に満ち溢れ、その中で私はこういう鄙びた美しいところにいる。

などと詩的に思ったりもします。

Imgp0350070929

ダリの作品が好きで、何が心を惹かれるかと言えば、
ダリの絵画の中の空や遥かなる地平線に、「永遠」を感じるからです。

地元の何気ない、こんな田舎の風景にも「永遠」を感じてしまう
自分がいます。

それにしても、いい眺めですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007.09.25

米作りと岩木山と彼岸花

Imgp0009070924

<2007年9月24日撮影 岩木山 三本柳温泉周辺から>


久しぶりに津軽を訪れて、秋晴れの岩木山を眺めてきました。

やはり気持ちがいいです。

岩木山は雄大で、山の稜線は空の青さを切り取るように、
穏やかな曲線を描いています。


Imgp0011070924

私、富山県でも感動しましたが、一生懸命に米作りで農作業をしてる農家の
方々を見ていると、とても尊敬します。

日本の国土は、この田んぼで成り立っていると強く信じています。


Imgp0021070921

Imgp0023070924

冠雪の帽子が無い、青々とした岩木山も魅力的です。

一緒に民宿に泊まったグループの方々の話ですと、
麓(ふもと)から岩木山の山頂に登って、降りてくるまで
合計都合8時間かかったそうです。

岩木山山頂で食べた宿の人が心を込めて作った「おにぎり」は、
とても美味しかったという感想もお聞きしました。


1日の三分の一を岩木山と過ごすという贅沢な時間の使い方で、
東京からよくこの津軽の地方にやって来るそうです。

そういえば、民宿の娘さんが遠く双眼鏡で、岩木山を眺めている姿も
凛々(りり)しくて、岩木山に「男のロマン」「女のロマン」を感じてしまいました。


さて、我が家の彼岸花です。

今朝の9月25日の撮影です。


Imgp0197070924

<2007年9月25日 我が家の庭>

昨日、津軽を去るときに知り合いのIさんの家を
「嶽きみ」をお土産に訪ねたのですが、
庭先にも ちょうど彼岸花が満開でした。

家の壁には、まだピンク色の朝顔たちもきれいに咲いていて、
津軽も今年は暑いんだなあ、と感じました。

満開の彼岸花は、それはそれはとてもきれいで、
Iさんの笑顔とともに忘れられない光景でした。

Imgp0205070924

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007.09.12

サトちゃんムーバー

Imgp9365070904


今朝、メールで嬉しいコメントを頂きました。

「サトちゃんと一緒に撮った写真、今日届きました。沢山撮って頂きありがとうございました。娘も喜んで何度も写真を広げて見ています。(*^_^*)メールで失礼します。これからも宜しくお願いします。」


先日、2歳の娘さんと家族3人で来店されました。

平成13年のときから一生懸命に漢方をお続けになっていまして、
平成16年にめでたく授かりました。

最近では、風邪を予防する漢方薬を中心にご利用して頂いています。


いつもはご主人様が奥様の代理で当店に買い物に来ていたのですが、
ちょうど2年ぶりくらいに、そのSさまご自身にお会いしまして、
漢方相談コーナーでお話を聞かせて頂いていますと、
お店の遠くのコーナーから、

「ハッピイ、サトウ、クスリ屋さん~」

という、サトちゃんムーバーの音楽とブイーンとエンジン音が鳴ったので、
「もしや」と思いきや、元気で明るいお嬢さまがサトちゃんムーバーに
喜んで乗っていたのでした。


家族の幸せを目の辺りにしまして、すぐに一眼レフでサトちゃんムーバーに
乗っている娘さんを中心として、Sさまとご主人を後ろに並んでもらいまして、
10数枚撮影して現像して、郵便で写真をお贈りしたところ、
今朝の感想を頂いたという訳です。

私も朝から「ハッピイ」です。(^^)


Imgp9368070904

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007.09.11

朝顔とのぼり

Imgp9714070911

<2007年9月11日撮影 土屋薬局駐車場>

台風9号の爪跡(つめあと)です。

強風と豪雨のために、すべてののぼりが駄目になりましたので、
昨日の10日に新調しました。


のぼりとイブ」から2ヶ月でのモデルチェンジです。

この静岡中医薬研究会の作成した「のぼり」は、なかなか目に留まるらしくて、
今まで3名のお客様が「プチ自律神経なんですけど」とか「頭痛がひどくて…」
と来店されています。

Imgp9716070911

Imgp9717070911


のぼりは、プリミティブな宣伝方法ですが、
風に吹かれて、パタパタと旗(はた)めいていますと、
何かそこには活気があるようで、心強いものです。


(そういえば、写真を撮影していたら、赤信号で止まっていた車から
「おはよう」と声を掛けられました。中学校時代の友人でして、元気そうでした)


最後に、朝顔がまだまだ咲いています。

台風9号の後の朝顔でお別れです。


Imgp9710070911

Imgp9713070911

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007.08.21

夏の終わりの雲

Imgp9001070821

<2007年8月21日撮影 土屋薬局の正面向かい 農協スタンド大空見上げ>

山形の夏の太陽が、真っ赤な叫び声を上げて沈んでいきました。

あっという間の出来事で、地球上はなんと美しいのかと思う瞬間でもあります。


Imgp9005070821

小さい頃から雲を眺めることが好きで、
温泉の露天に入っていても、海や川や大空を眺めていると、
もうそれだけで満足。

空に憧れを抱きつつ、このような暇がなるべくあって、
ぼんやり空を見ていることも、とても大切だと思います。


Imgp9008070821

月が太陽を見送るように輝き、夜空を照らし始めます。

月は、ぼんやりと私たちを包み込むようでもあります。


Imgp9011070821

キリコの絵よりも、ダリの絵が好きな理由は、
自分でも分かっています。

空や雲が描かれて、そこに「永遠」と「神秘性」を感じ取っているからです。

遠く、スペインのポルト・リガトの空を一度見に行きたいです。


Imgp9015070821

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007.08.16

Imgp8900070816

<2007年8月16日撮影 東根市フルーツライン>

今年は、桃の花を撮り忘れましたが、
私は桃の花や果実が大好きです。

いつもこの道路を通るたびに、桃の畑に目が行ってしまいます。


岡山や福島の桃の本場にはかないませんが、
今日は私の地元の桃をご覧ください。

Imgp8906070816

夏の暑さに、懸命に桃の木が耐えているようです。


暑い季節に食べる桃は、とてもおいしいです。


Imgp8913070816

Imgp8915070816

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧

その他のカテゴリー

LUF・黄体化未破裂卵胞|不妊と漢方薬 | PCOS・多嚢胞性卵巣症候群|不妊と漢方薬 | PMS・月経前緊張症|漢方薬 | 「ナチュラルな妊娠」「45歳、もう生んでいいかしら?」 | 「血流たっぷり」をめざしなさい | いびき|漢方薬 | おねしょ、小児夜尿症|漢方薬 | おりもの、のびおり|不妊治療と漢方薬 | お客さまとのエピソード | お腹の張り、腹部膨満感、食欲不振|漢方薬 | お香 | しびれ|漢方薬 | つわり|漢方薬 | にきび|漢方薬 | のどのつかえ、喉の痛み、難治性咽頭潰瘍|漢方薬 | ほてり|漢方薬 | むずむず脚症候|漢方薬 | めまい、立ちくらみ|漢方薬 | アトピー性皮膚炎|漢方薬 | アレルギー性鼻炎と体外受精|漢方薬 | アレルギー性鼻炎|漢方薬 | イスクラ冠元顆粒 | イスクラ冠元顆粒発売20周年記念成都シンポジウムに参加して | イスクラ婦宝当帰膠 | イスクラ独歩顆粒 | イライラ落ち込み漢方、不安落ち込み|漢方薬 | イラスト | インターネットの掲示板などで漢方紹介 | カウフマン療法|不妊と漢方薬 | カンジダ膣炎|不妊と漢方薬 | ガン(がん)|漢方薬 | クラミジア感染症|不妊と漢方薬 | クローン病、潰瘍性大腸炎|漢方薬 | ゲップ・ガス|漢方薬 | ココログ版漢方(無名)コラム・2004 | ココログ版漢方(無名)コラム・2005 | ココログ版漢方(無名)コラム・2006 | ココログ版漢方(無名)コラム・2007 | ココログ版漢方(無名)コラム・2008 | ココログ版漢方(無名)コラム・2009 | ココログ版漢方(無名)コラム・2010~ | コンクレバン | シェーグレン症候群|漢方薬 | シミ・肝斑|漢方薬 | ストレス|漢方薬 | セックスレス、性機能減退|不妊と漢方薬 | タイミング療法|不妊と漢方薬 | ダイエット|漢方薬 | チャイナビュー | チョコレート嚢胞|不妊治療と漢方薬 | ツイッター | ツボの話題 | ディスプレー症候群|漢方薬 | ドライアイ|漢方薬 | ドライシンドロームの漢方対策に | ドライマウス、口腔乾燥症|漢方薬 | ニュースレターより | ハテナ | ビタエックス(プラセンタ) | フレイルの漢方対策 | ヘパーデン結節|漢方薬 | ベビ待ち保育士さん、幼稚園教諭さん|漢方薬 | ベビ待ち小学校教員さん|不妊と漢方薬 | ベビ待ち歯科衛生士さん|不妊と漢方薬 | ベビ待ち看護師さん|不妊と漢方薬 | ベビ待ち美容師さん|不妊と漢方薬 | メニエール病|漢方薬 | メールマガジン | モンテディオ山形 | ヤフー知恵袋の漢方の回答より | リウマチ性多発筋痛症|漢方薬 | リウマチ|漢方薬 | ロコモティブシンドローム|漢方薬 | 下痢、軟便|漢方薬 | 下肢静脈瘤|漢方薬 | 不妊カウンセラーに向けて | 不妊カウンセラー・体外受精コーディネーター養成講座 | 不妊治療の基礎知識…現状と問題点 | 不妊漢方治療の応用 | 不妊症の基本検査について | 不妊症の年代別漢方相談 | 不妊症テレビお茶の間講座 「子宮内膜症」 | 不妊症専門講座・PCOS 「多嚢胞性卵巣症候群」 | 不定愁訴|漢方薬 | 不正出血|不妊と漢方薬 | 不眠|漢方薬 | 不育、流産後|不妊治療と漢方薬 | 中医五官病 | 中医痺証専門講座「南通研修」への道 | 乳がんの疫学と薬物療法 | 乳腺炎、断乳、母乳|漢方薬 | 人工授精で妊娠出産|不妊と漢方薬 | 今週の漢方相談会 2008年 | 今週の漢方相談会 2009年 | 今週の漢方相談会 2010~ | 今週の漢方相談会 2013~ | 今週の漢方相談会2017 | 体外受精で妊娠出産|不妊と漢方薬 | 何先生や中医師の先生から漢方のこと聞いたこと | 便秘|漢方薬 | 免疫性不妊|漢方薬 | 全身性エリテマトーデス(SLE)|漢方薬 | 円錐角膜|漢方薬 | 冷え性|漢方薬 | 加齢性黄斑変性症|漢方薬 | 勉強会(2004~2008) | 勉強会(2009) | 勉強会(2010) | 勉強会(2011) | 勉強会(2012~) | 動悸|漢方薬 | 卵巣予備能~全周期活血化淤 | 卵巣嚢腫|不妊と漢方薬 | 卵巣機能不全、卵巣機能低下|不妊と漢方薬 | 卵管性不妊|不妊と漢方薬 | 卵管水腫|不妊と漢方薬 | 卵管閉塞|不妊と漢方薬 | 卵胞発育不全|不妊と漢方薬 | 受精障害|不妊と漢方薬 | 口内炎|漢方薬 | 呑気症(空気嚥下症)|漢方薬 | 味覚障害|漢方薬 | 咳、ぜんそく、慢性気管支炎|漢方薬 | 咽喉頭異常感症、難治性咽頭潰瘍|漢方薬 | 嗅覚障害|漢方薬 | 土屋幸太郎・漢方講演会 | 土屋幸太郎結婚式 | 土屋薬局からのお知らせ | 土屋薬局のの口コミ、評判 | 坐骨神経痛|漢方薬 | 坑精子坑体|不妊と漢方薬 | 基礎体温が低め|不妊と漢方薬 | 基礎体温が高め|不妊と漢方薬 | 基礎体温ガタガタ|不妊と漢方薬 | 基礎体温表|不妊と漢方薬 | 夏の疲れに漢方 | 多汗症|漢方 | 夜中目が覚める|漢方薬 | 夢と不眠|漢方 | 女性のための漢方レッスン | 女性不妊症的中医治療 | 妊娠中と産後の体調不良|漢方薬 | 妊活・妊娠力アップ|漢方薬 | 子宮内膜が薄い|不妊と漢方薬 | 子宮内膜ポリープ、子宮内膜増殖症|漢方薬 | 子宮内膜症|不妊治療と漢方薬 | 子宮外妊娠後|不妊と漢方薬 | 子宮筋腫|不妊治療と漢方薬 | 子宮腺筋症|不妊治療と漢方薬 | 子宮頸がん|漢方薬 | 子宮頸管無力症|不妊と漢方薬 | 季節の漢方養生 | 季節の養生法 | 学校保健委員会 | 小児チック|漢方薬 | 小児漢方 | 小太郎製薬 | 帯状疱疹後神経痛、後遺症|漢方薬 | 後鼻漏・蓄膿症|漢方薬 | 心と体 | 感音性難聴・耳鳴り、難聴|漢方薬 | 慢性副鼻腔炎(蓄膿症)|漢方薬 | 慢性咽頭炎|漢方薬 | 我が家の庭 | 我が家の庭 2008 | 我が家の庭 2009 | 我が家の庭 2010~ | 手根管症候群、腱鞘炎、ばね指|漢方薬 | 抗リン脂質抗体|不妊と漢方薬 | 抗核抗体|不妊治療と漢方薬 | 掌蹠膿疱症|漢方薬 | 排卵痛、排卵期|不妊と漢方薬 | 排卵障害|不妊と漢方薬 | 日中線記念館 | 更年期障害|漢方薬 | 月経の経血量が減少|不妊治療と漢方薬 | 月経不妊周期療法|不妊と漢方薬 | 月経不順・生理不順|不妊と漢方薬 | 月経周期が短い|不妊と漢方薬 | 月経周期が遅れる、長い|不妊と漢方薬 | 未成熟卵|不妊症と漢方 | 椎間板ヘルニア|漢方薬 | 武漢へ | 死産後|漢方薬 | 母乳|漢方薬 | 泣きたくなる | 活血化淤の応用 | 浮腫み|漢方 | 温活GO | 漢方体験ドットコム | 漢方周期療法…南京・夏桂成先生の講義より | 漢方薬の安全性について | 漢方薬局で相談を受ける婦人病について | 無排卵・無月経/不妊と漢方薬 | 無月経・無排卵・中医不妊症テレビお茶の間講座 | 生殖医療に関わる疑問に答える | 生殖補助医療の有用性と限界 | 生理痛、月経困難症|漢方薬 | 甲状腺機能亢進症|不妊と漢方薬 | 甲状腺|不妊治療と漢方薬 | 男女の更年期と神経症|漢方薬 | 男性不妊|不妊治療と漢方薬 | 疲労|漢方薬 | 痔|漢方薬 | 痛み、しびれ|漢方薬 | 痰湿(暑湿)について | 痰湿|漢方 | 眼精疲労|漢方薬 | 着床障害、着床失敗|不妊症と漢方薬 | 着床障害|不妊治療と漢方薬 | 睡眠と妊活 | 神経障害性疼痛|漢方薬 | 秋バテの漢方 | 空胞|不妊治療と漢方薬 | 糖尿病|漢方薬 | 経血量少ない|不妊と漢方薬 | 綿花観察日記 | 緑内障|漢方薬 | 繊維筋痛症|漢方薬 | 老人性膣炎・萎縮性膣炎|漢方薬 | 耳管開放症|漢方薬 | 耳鳴り、突発性難聴|漢方薬 | 聴覚過敏|漢方薬 | 肘痛|漢方薬 | 股関節痛|漢方薬 | 肩こり|漢方薬 | 肩甲骨の痛み|漢方薬 | 肩痛、五十肩|漢方薬 | 胃酸過多、機能性胃腸症(NUD)|漢方薬 | 背中のほてり|漢方薬 | 背中の痛み|漢方薬 | 胚盤胞|不妊治療と漢方薬 | 脂漏性皮膚炎|漢方薬 | 脈拍|漢方 | 脊柱管狭窄症|漢方薬 | 脱毛、抜け毛、薄毛の漢方薬 | 脳卒中|漢方薬 | 脳疲労症候群、脳過敏症候群|漢方 | 腰椎すべり症|漢方薬 | 腰痛|漢方薬 | 膀胱炎|漢方薬 | 膝痛|漢方薬 | 膿精液症|男性不妊の漢方薬 | 花粉症|漢方薬 | 若木山、石崎山や東根の景色 | 若木山、石崎山や東根の風景2008 | 若木山、石崎山や東根の風景2009 | 若木山、石崎山や東根の風景2010~ | 蕁麻疹、湿疹/漢方薬 | 薄い子宮内膜に漢方薬が有効である可能性がある | 薬膳 | 血の道症|漢方薬 | 血管力をつければ病気は治る | 補腎の話 | 西洋医学的にみた不妊症漢方概論 | 足底筋膜炎|漢方薬 | 逆流性食道炎|漢方薬 | 過去のバックナンバーより | 過敏性腸症候群|漢方薬 | 過活動膀胱、頻尿|漢方薬 | 遺残卵胞|不妊治療と漢方薬 | 酒さ|漢方薬 | 頭痛|漢方薬 | 頸椎症、首のこり|漢方薬 | 頻尿|漢方薬 | 顔面神経麻痺、手のふるえ|漢方薬 | 顕微授精(ICIS)|不妊と漢方薬 | 風邪|漢方薬 | 食欲不振、胃痛|漢方薬 | 食養生 | 高プロラクチン血症|不妊と漢方薬 | 高血圧|漢方薬 | 高齢不妊症、卵巣機能低下における中国漢方の考え方 | 高齢不妊|不妊治療と漢方薬 | 鷺草、朱鷺草観察日記 | 黄体機能不全|不妊と漢方薬 | 黄疸|漢方薬 | 100歳まで元気に生きる! | 2人目不妊、第二子不妊|漢方薬 | 2004年妊娠出産おめでとうございます! | 2005年妊娠出産おめでとうございます! | 2006年妊娠出産おめでとうございます! | 2007(1月~6月)妊娠出産おめでとうございます! | 2007(7月~12月)妊娠出産おめでとうございます! | 2008年妊娠出産おめでとうございます! | 2009年妊娠出産おめでとうございます! | 2009(7月~12月)妊娠出産おめでとうございます! | 2010(1月~6月)妊娠出産おめでとうございます! | 2010(7月~12月)妊娠出産おめでとうございます! | 2011年妊娠出産おめでとうございます! | 2012年妊娠出産おめでとうございます! | 2013年妊娠出産おめでとうございます! | 2014年妊娠出産おめでとうございます! | 2015年妊娠出産おめでとうございます! | 2016年妊娠出産おめでとうございます! | 2017年妊娠出産おめでとうございます! | AMH|不妊治療と漢方薬 | COPD 慢性閉塞肺疾患|漢方薬 | FSHが低い方|不妊治療と漢方薬 | FSHが高い|不妊治療と漢方薬 | POF・早発卵巣不全|不妊治療と漢方薬