カテゴリー「肩痛、五十肩/漢方薬」の記事

2016.11.22

むずむず足症候群、両肩の痛み、手根管症候群。子宮腺筋症で出産された

こんにちは。

薬剤師、不妊カウンセラーの土屋幸太郎です。

今朝の地震、皆様のところは大丈夫だったでしょうか?


先程、秋田県から来店されたお客様、秋田県は揺れが少なかったようで知らないで寝ていたそうです。

ちょっと福島県から秋田県は離れているので、地震の揺れが少ないようですね。


土屋薬局もお陰さまでスタッフ一同、元気にしております。

いつも気にかけていただきましてありがとうございます。

今日の午前中の漢方相談、むずむず足症候群の新規のお客様でした。


つや姫とむずむず脚症候群、体外受精の凍結融解胚移植の漢方併用例

「むずむず脚症候群」の「漢方薬」で「足のしびれ」が漢方で解消!


過去に痺証部会で中医師の陶先生より、むずむず足症候群、レストレスレッグスの中医学における漢方の治したかも教えて頂きまして、栃木県の私が尊敬する毛塚先生の1年間における、むずむず足症候群の漢方相談における治癒例も参考にさせて頂き、予め予習していました。


まずは15日間、むずむず足症候群対策の漢方で様子をみて頂きまして、経過を教えて頂く予定です。


その後に来店されたお客様も新規のご夫妻でした。

奥さまがあちこち痛い。

降圧剤と高脂血症のお薬とツムラの107番 牛車腎気丸を近医より処方されています。

整形外科からは鎮痛剤処方。


両肩の痛み(肩関節周囲炎、いわゆる五十肩で腕が上がらない、就寝時にも痛くて目が覚める)、手のしびれ(手根管症候群)、食欲が少なく痩せてきた。

胃腸虚弱で食欲不振。


鎮痛剤もあまり飲めない、胃が荒れるので飲みたくない。


そして、痛散湯などが欲しいというリクエストです。(これは通信販売なので薬局店頭では購入できません)


この手の漢方相談は、実は難しいです。

困り果てたところ、妻から数日前に教えてもらったアドバイスが脳裏に蘇り、それをお客様に実行、実践。

お勧めしたところ、話にも花が開いて、喜んでお帰りになりました。


ご主人様も奥さまが心配で着いてきただけに大喜び!


午前中は河北町谷地からのお客様たちでした。


午後は来月に入籍して、来年に結婚の予定のお客様が「温活」の話でご来店。


生理不順、生理周期が長いことが気になって、子供がぜひ欲しい。

ということで、試飲と説明でこちらのお客様も喜んでお帰りになりました!


そして秋田県から私のレジェンドの子宮腺筋症でめでたく出産されたレジェンドのお客様のご来店。


入籍されるお客様とも「腹を割った」話をしましたが、秋田県のお客様とも「本音」で「腹を割ったお話」をしてもらいました。


不覚にも私が感動してしまって、涙を流してしまったぐらいで(普通はお客様が涙をながすので逆だろ~と自分で自分にツッコミを入れたくなりました)、お子様1歳過ぎてお元気ですくすく育っているそうで、感動でした。

その子宮腺筋症だったお客様には久しぶりにお会い出来て、ほんとに嬉しかったです。

やったーおめでとうございます!

子宝漢方で不妊体質を改善!このブログは正しく中医学、漢方を学んでいる薬剤師、認定不妊カウンセラー、国際中医師の土屋幸太郎が妊活応援!赤ちゃんがほしい、綺麗になりたい女性を応援しています。

一緒に頑張りましょう!親切丁寧に漢方相談していますからお気軽にどうぞ!

ひょっとしたら人生変わるかも!

痛みや耳鳴り、ガンなど全てのジャンル漢方相談可能です。


遠慮なく漢方相談お寄せくださいね。


若木神社の落葉

<2016年11月18日>

若木神社の落葉です。

紅葉も見事ですね。

若木神社の石碑

庚申塔も落ち葉に埋もれて


若木山公園の落葉

若木山公園の落葉

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016.09.20

健康サポート薬局のための薬剤師の対応研修プログラム~医学部の先生から「腰痛」を学ぶ~

昨日の2016年9月19日(月祝)に「健康サポート薬局のための薬剤師の対応研修プログラム」に参加してきました。

山形市大野目の山形ビッグウイングの2階が会場でした。


尾花沢の柴崎先生の「薬局、薬剤師をめぐる現状とサポート薬局のご講演を聞き、その後は昭和大学医学部教授の木内先生から「薬剤師の臨床判断と一般用医薬品適正使用研修会 ~腰痛編~」を学びました。

開会が14時だったのですが、「遅刻厳禁」の講習会のために30分前にビッグウイングの駐車場に妻と向かったところで前回もあった私の星薬科大学時代の同級生、福島出身のS君もちょうど目の前の車から降りてきたところでした。


やはり彼とは何か「縁」があるようです。


会場では、7人前後の班に分かれ、各テーブルごとに昭和大学医学部の先生の指示どおりにディスカッションして作業して感想もレポートして無事に第二回目の「健康サポート薬局のための講習会」が終わりました。

(ちなみに1回目はコチラ 「健康サポート薬局のための多職種連携プログラムに参加してきました。」です)


私の右側には妻。

左には星薬時代の薬学科のS君、私は衛生学科でしたので初めて一緒に勉強しました。

50歳を前に大学時代の同級生と席を一緒にして、しかも場所を戸越銀座から山形市に移して「肩を並べて」勉強するとは「感激」「感涙」ものです。








それで、臨床上、病院で診察する「腰痛」のことの知識を昭和大学医学部の教授から教えて頂いたので、今まで以上にもより「腰痛」「坐骨神経痛」「椎間板ヘルニア」「脊柱菅狭窄症」などの漢方相談も得意になれるなあ、、と思っていたら、本当に今朝一番のお客様が本丸からいらっしゃいまして「椎間板ヘルニア術後の坐骨神経痛」とご主人様は「肩関節周囲炎」でした。


要は今の薬学部六年生の時代に、昭和大学薬学部で先生から教わっているような内容を「新しい六年生薬剤師」と同じような研修を受けたわけです。


これからの未来の薬局はひょっとしたらスイッチOTCがたくさんあって、「真の医療機関」としてもっと格上の存在になっているかもしれません。

それが本来の意味の「健康サポート薬局」なのだと思います。


いまの薬学部の子たちは心電図を読んだり、トリアージの訓練や患者さんとの会話など、医学部と同じような授業を受けているそうです。スゴイなあ。


漢方のお客様の話に戻りますが、いろいろと詳しく症状を説明差し上げましてお二人ともお喜びになって雨ふるなか、本丸のご自宅までお車でお帰りになりました。

今後とも研修会、しっかりとやって頑張っていきたいです。


痛み、しびれ、「目、耳、鼻、口、のど」の漢方相談。不妊症の子宝相談。ほかどのようなジャンルの漢方相談もお受けしています。

<9月第4週の漢方相談会のお知らせです>


○2016年9月20日~9月24日(火~土) 薬剤師、国際中医師、不妊カウンセラー 土屋幸太郎が漢方相談を担当させて頂きます。


※ ただし9月22日(木)は土屋幸太郎は祝日、秋分の日のために公休を頂戴します。


漢方相談会、独身の方が結婚前に生理不順の真剣な婦人病の漢方相談をお寄せ下さったり、不妊で悩む人生の岐路に立っているような真剣なカップルでのご来店が土屋薬局には増えてきています。


元気のでる漢方相談を真摯に心掛けています。


龍に赤ちゃんが載っている画像、子宝に恵まれた


お電話やメールで漢方相談のご予約お願いします。
平日の漢方相談大歓迎です。一人一人に時間をじっくり割いて相談しています。
遠方のかたは、電話やメールでご相談をお寄せください。こちらから。

中国漢方の痺証と中国漢方婦人科に詳しい薬剤師 土屋幸太郎 国際中医師)、不妊カウンセラー(NPO法人不妊カウンセリング学会認定)による親切な相談。じっくり話を聞いて一人一人の体質や年齢、症状に応じて相談しています。どうぞお気軽にお声をかけて下さい。

土屋幸太郎のプロフィールはこちらです。


日本不妊カウンセリング学会認定 不妊カウンセラー認定更新証

日本不妊カウンセリング学会認定 不妊カウンセラー認定更新証

中国政府による認定の国際中医師の賞状

中国政府による認定の国際中医師の賞状です。

漢方相談のレベルが本場の中医師と同程度という証明です。


「中医学」漢方に普及に尽力 東根・土屋薬局 大使館から表彰の山新の記事

山形新聞で紹介された土屋薬局の記事、中国大使館から表彰を受けました。

「中医学」普及に尽力 東根・土屋薬局 大使館から表彰の山新の記事


土屋薬局 漢方相談 「龍に子供が載っている画像」子宝に恵まれました


土屋薬局店内 漢方勉強会

<2015年7月30日 土屋薬局店内 漢方勉強会>


不妊症で悩んでいた漢方相談のお客さまからの妊娠、出産のお礼のお手紙と赤ちゃんの写真


壁面には不妊症で悩んでいたお客さまが土屋薬局の子宝の漢方相談でめでたく妊娠、出産されたお礼にと寄贈された赤ちゃんの写真やお手紙がいっぱい。

明るい活気と希望に満ちた漢方相談薬局です。


ご主人さま、ご実家のお母様と赤ちゃんと家族4人でのご来店でした。

こちらのコラムもぜひご覧になってください。


山形県東根市神町の土屋薬局の外観

こちらも2015年7月30日現在の土屋薬局の外観です。

連日の猛暑、旧国道13号線沿いに当店がございます。

地理的には村山市、河北町、天童市、寒河江市、山形市、仙台市から来店しやすいです。



I薬剤師 土屋幸太郎の漢方相談の風景 title=

<2013年11月4日 郡山市ビッグパレット 薬剤師 土屋幸太郎の漢方相談の風景>

薬剤師 土屋幸太郎の漢方相談の風景

土屋薬局 中国漢方通信/漢方専門の薬剤師、不妊カウンセラーが相談します。

漢方体験ドットコム…土屋薬局のお客様体験談です。ぜひご覧になってください。

中国の子授け観音様の送子観音菩薩

<2015/09/30 送子観音菩薩像を漢方コーナーに移動しました。オーラがでています>

中国の民間の信仰では、送子観音菩薩は日本でいう「子授け観音」として大変に有名です。

中国で漢方の不妊治療の名医、老中医は「あの漢方の先生はまさに漢方の送子観音菩薩様です」とも言われたりしています。

当店も私も多くの人を苦しみから救う送子観音菩薩様のエピソードにあやかりながら、お客様たちと喜び、悲しみを共有していきたいです。


子宝の神様、送子観音菩薩と中国の泥人形


漢方のご相談方法は、漢方相談表、またはファックス電話で受け付けています。
お問い合わせは、送信フォームもございます。
詳しい漢方相談の方法はこちらからで説明しています。


所在地 山形県東根市神町中央1-10-7
Google mapによる所在地

営業時間 第二、第四日曜日お休みです。

平日 午前9時~午後7時  土祭日 午前9時~午後6時

メールアドレス JDY00247@nifty.com

電話 0237-47-0033 漢方電話相談室 0237-48-2550 Fax 0237-49-1651


仙台方面からのご来店の場合には、お車でのご来店、または仙台駅前の旧仙台ホテル跡の複合商業施設のEDEN前のバス停から「山形新庄行き」48ライナーの山形交通のバスをお勧めしています。さくらんぼ東根駅下車です。1時間に1本あります。約1時間15分です。

さくらんぼ東根駅に到着されましたら、当店のスタッフがお迎えにまいりますので、お気軽に前もってご予約のうえご来店頂けたらと思います。


2016.09.14 「追記です。仙台から、もし「来店を希望されるお客様」へ





S君は学生時代の戸越銀座や武蔵小山で「はははは」と笑っていた姿は相変わらずで、午後10時に散開。

そして私たちは東根へ。

同級生のS君は米沢方面へ帰っていきました。


3回目の遭遇はあるのでしょうか?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016.08.20

常連だったお客様が可愛い女の子の赤ちゃんを抱いて家族3人で来店されました。

こんにちは。

今日は2016年8月20日午後15時37分です。


ちょうど五十肩の新規のお客様の漢方相談をしているときに、常連だったお客様が可愛い女の子の赤ちゃんを抱いて家族3人で来店されました。

赤ちゃん1歳1ヶ月だそうです。


ご主人も「娘にメロメロ」。


このお二人は初めて漢方相談に来たときに、ちょうど土曜日で、土曜日の漢方相談が終わってからホッとしてNHKテレビを観ていたら偶然にもテレビの取材に登場されていて、とても思い出深いお客様たちでした。


なにか霞城セントラル近くの広場で「食べ物市場」が開催されて「お客様の一人」としてインタビューされました。


2人で口を揃えて「美味しかったです」と語っていたことがいつも印象的で、なかなか子宝に恵まれない時には「励まし」、「会話と漢方」で漢方相談を進めていました。


今日は私はお話する時間はほとんどありませんでしたが、スタッフによりますとなんと2人目は自然妊娠されて来年に出産予定のことでした。

1人目と同様に「元気な赤ちゃんを産みたい」ご希望で、以前と同じ続けていた漢方薬をご購入されてお帰りになったそうです。


1人目の漢方相談のときには、「2人とも異常なし」「とても元気で健康」「年齢も若い」のになかなか授からずに、奥様がメンタルで参ってしまいそうになり、その面を漢方でカバーした感じでした。


病院の治療もタイミング、人工授精、体外受精とステップアップしていきましたから、その時の体づくりもきちんとされていたので今回の「自然妊娠!!」という「信じられないほど素敵な出来事」につながったような感じもします。


その他、今日の漢方相談予約こそ1件だけだったのですが、みなさま順々にご来店頂きまして


2)アトピー性皮膚炎・肌荒れの男性の若い方のリピートの漢方相談→お肌がスベスベになってきて効き目を実感


3)娘様の生理不順の漢方相談に→リピーターのお客様


4)ストレスとメンタル面の漢方に→リピーターのお客様


5)胃が弱い、冷え性、子宝相談に→新規のお客様


6)卵管水腫に→リピーターのお客様。漢方服用して体調がよい。これから赤川の花火大会へ


7)体外受精で採卵が無事に超痛くてもうダメだと思ったけど、これから無事に戻せるように「15日間」の限定の漢方薬の漢方相談


8)両肩の五十肩(肩関節周囲炎)の漢方相談→新規のお客様


と、生理不順、子宝相談系とお肌系、痛み系などバランスよく漢方相談しています。





追伸です。

その後も今日は「懐かしい思い出深いお客様」がたちが赤ちゃんを抱いて来店されています。


庄内のお客様、40代で子宮内膜ポリープ術後から自然妊娠された私にとりましたら「漢方レジェンド」のお客様も男の子のお子様と一緒にご来店されました。

天童市の子育て応援施設の「天童市子育て未来館 げんキッズで楽しく遊んできて、もう車の中で「ぐっすり」とのことでした。


ご主人様も奥様も相変わらず若々しく、奥様は「可愛らしく」、ご主人はますます「精悍」になっていました。

素晴らしいですね!


お客様たち、過去に「一緒に妊活を乗り切ってきた関係」ですから子宝に恵まれたお客様の家庭で、とくにご主人と奥様が2人で毎回来店されていたところは、再度、漢方の愛用も続けていただけているようです。


(ご主人様と意見の相違、考え方が違っている時には私も四苦八苦だったりしているかも。。)



| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016.06.10

五十肩の漢方対策の問い合わせ

お客様から、五十肩の漢方対策の問い合わせがございました。


「右肩の痛み。1か月前から」

「以前から右肩には痛みが少々ありましたがヨガを毎日行っていました。
1か月前から急に痛みが増してきました。」

「右腕を上げる時、右腕を体の後ろ、腰や背中に回す時」

「1回整形外科に行きヒアルロン酸注射と炎症止めの薬を処方されましたが今は服用していません」

「整形外科では注射と痛み止めだけで効果がみられませんでした」


詳細は省きますが、以上のような辛い右肩の日常生活にも支障が出るような痛みの五十肩、肩関節周囲炎の漢方相談です。


<薬剤師、国際中医師の土屋幸太郎からの回答>


緑が美しい季節と思います。

山形はちょうどさくらんぼの季節となっております。


さて右肩の痛み、

一か月まえから急に痛みが増してきた。

ヨガをされています。


運動好きで若いころは空手とウエイトトレーニングをされていました。

そのころは体重は75キロありました。


整形外科で注射とシップの処方です。


ポイントは


1)急に発症した


おそらく五十肩(肩関節周囲炎)の風寒湿(ふうかんしつ)型のタイプと推測されます。

特徴としましては、急に発生した疼痛、肩関節の活動制限、
(冷やすと痛みが激しくなることが多い、温めると楽である)

肩が重たい感じもします。


2)体重が75キロから68キロに減った

中医学では気血不足(きけつぶそく)、腎虚(じんきょ)などのいわゆる虚証(きょしょう)がメインであると考えます。

本虚標実(ほんきょひょうじつ)です。


つまり加齢による肩関節の弱り、筋骨の弱りにより、右肩に炎症が生じているのではないでしょうか?


五十肩、肩関節周囲炎の漢方の対策としましては、


痛みしびれを軽減する652年に開発されたレジェンドの漢方薬だけではおそらく効き目がないでしょうから、

そして今の梅雨時の日本の湿度の高さも考慮すれば


☆痛みしびれを軽減する652年に開発されたレジェンドの漢方薬+5つの生薬の漢方製剤


おそらく、この方法で楽になっていくはずです。

まずは1か月服用、服用して良い感じ、感触が得られましたら、半年くらいは根気よく服用する気持ちであればかならず、、治っていくはずです。




| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016.01.28

右肘から右肩、肩甲骨の痛み、漢方で解消!

こんにちは。

1月28日木曜日です。

早いものでそろそろ1月もあっという間に終わってしまいます。


今年は暖冬のようで例年でいえば3月くらいの雰囲気になってきた山形神町です。


さて、サクランボやリンゴなどの果樹農家が多い東根市では痛みやしびれ、とくに肘や肩、肩甲骨などが痛むお客さまからの漢方相談も多いものです。


最近、良かった話がありましたからご紹介させてください。


土屋薬局 中国漢方通信のロゴ 漢方相談


〇平成27年10月20日 漢方相談日

62歳 男性

バスの運転手さんで送迎のお仕事をされています。


右肘から右肩全体の痛み、右の肩甲骨の痛みの漢方相談で土屋薬局にご来店


その年の3月に整形外科に行って一度、治まった。

しかし最近寒くなってきたせいか、右肘や右肩全体の痛み、右の肩甲骨などの痛みが再発しました。


内科では降圧剤、糖尿病、コレステロールの薬を服用しています。


夜中に寝ていても痛みで目が覚めます。


寒さで痛みが増します。

ですから夏でもエアコンで冷やすことはしませんでした。


土屋薬局からは去風散寒除湿、益気養血、滋補肝腎の漢方薬をお勧めしました。


これ一つで冷えから体を守りますし、血行を改善して関節の機能を改善する優れた漢方薬です。


その後、右肘から右肩全体の痛み、右の肩甲骨の痛みの漢方相談のお客様、音沙汰がなかったのですが、つい先日の平成28年1月25日のことでした。


こちらのお客さまからのご紹介のドライバー、運転手仲間の方がいらっしゃってお話をお聞きします「Kさんは去風散寒除湿、益気養血、滋補肝腎の漢方薬を服用したらすっかりと右肘や肩、肩甲骨の痛みが解消した」とのことでした。

私もすごく嬉しく思いました。


よく去風散寒除湿、益気養血、滋補肝腎の漢方薬は下半身専門と思われ、膝痛や坐骨神経痛に使われることが多いのですが、改めて運転手さんの肩や腕、肘などを酷使される職業の方にも合うことがよく分かりました。

寒い季節にもぴったりの漢方薬のご紹介でした。


寒椿です

<2016年1月15日>

寒椿です。


寒椿のクローズアップです

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015.04.24

四十肩、五十肩の漢方体験

初夏のような陽気になってきた山形です。

山の緑が濃くなってきました。

さて、「あなたの漢方を飲んで良かった」をお聞かせください。シリーズです。

土屋薬局の常連のお客様からの漢方を服用しての感想の紹介です。


「土屋薬局に痛みの漢方薬でお世話になって、この方10年近く。体の節目とはいえ、私の場合は四十肩からはじまり、足のしびれやぎっくり腰までなり、その辛さを痛みの漢方薬で軽減できたことには頭が上がりません。病院の薬(鎮痛剤)では痛みが残り、日常の家事もままなりませんでした。ずっと助けられてきて感謝しています。ありがとうございます。」


痛み、しびれの漢方相談は痺証(ひしょう)と言われています。

体の老化による関節や骨の弱り、衰弱。

住んでいる地域の寒さや湿気。

外仕事で風に長年にわたり当たることが多かったり、室内のお仕事でもスーパーなどの寒い職場など、普段から私たちの体は天気や気候、職場。そして体質の強弱により、痛みやしびれの症状がでてきやすくなります。


昨年に中国南通市での痺証研修も懐かしく、中国も同じアジアの文化圏ですから漢方薬の生薬や鍼灸などのマッサージ、吸い玉、針など痛みの総合療法を本場で体験できたことは良かったなあと思います。


四十肩、五十肩の場合には痛みが深くて頑固なときが多いですから、経絡深くに効く漢方薬をメインに。


「通じざればすなわち痛む」ですから、経絡の道案内として通絡作用に優れている虫類を使うことも中国漢方の経験では多いです。


今年の山茱萸2015

今年の山茱萸2015

今年の山茱萸2015

青空に黄色い山茱萸が映えます。

I今年の山茱萸2015

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015.01.16

肘の痛みに効く漢方相談(2)

本日、2回目の更新です。


三連休明けでゆっくりとしているのですが、肘の痛みの漢方相談のお客様がいらっしゃいました。


男性のかたで両肘、とくに利き腕の右ひじから手首までが痛くてだるくなって、力が入りにくいそうです。


溶接工の仕事をされているそうです。


ホームページをお読みになって「独歩顆粒を服用したら、根本から体が治っていくのではないだろうか?専門家の意見が聞きたい。」という趣旨の漢方相談でした。


独歩顆粒はサクランボやリンゴ農家のかたの冬場の寒い季節の畑仕事、剪定などで手の指先に力が入りにくいときにも応用が利くものですからそのこともお伝えしました。


踏ん張って、頑張って仕事をされる方の味方になれる漢方薬です。


(「肘の痛みの漢方相談…約3ヶ月間の服用で、肘の症状も改善して調子の良い毎日を過ごされています。」も参考になりましたら、幸いです。)


冬の蔵王のお地蔵さん、頭まで雪ですっぽり

<2014年12月28日>

山形市蔵王

地蔵さんの頭まで雪ですっぽりです。


雪のモンスター、樹氷も輝かしいです

山形蔵王快晴

雪のモンスター、樹氷も輝かしいです。


遠くの朝日連峰もバッチリの風景、山形市蔵王スキー場でした

遠くの朝日連峰もバッチリの風景です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年 中医痺証専門講座南通研修の研修を終えて

土屋薬局 中国漢方通信 メールマガジン vol.242 2014・10・05号の編集後記からココログ版に転載します。

昨年2014年9月に中国南通市での痺証研修の感想です。


帰国後、はや5ヶ月間を過ぎようとしています。


実際に意気込んだ痺証の痛み、しびれの中高年のお客さまよりも、子宝相談の若い女性のかたのほうが主流でなかなか痛み、しびれの漢方相談を連日がっちりするところまでは行っていませんが、本場の痺証科で学んだことを今後にも活かしていきたいです。


虫類の世界につきましては婦宝当帰膠にも阿膠が配合されていて、かなり補腎の力があるのでは?と考えてみたり、活血剤や補腎薬においても病院の保険漢方にはない、中医学独特の効き目の良さ─この場合には妊娠するスピードや体調を回復する早さ─を今後とも追及していきたいと思います。


では!


confident

// ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
●●  5.編集後記 「2014年 中医痺証専門講座南通研修の研修を終えて」
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


こんにちは。

薬剤師、不妊カウンセラーの土屋幸太郎です。


2014年9月14日(日)~9月19日(金)の期間に行われた「2014年 中医痺証専門講座南通研修」から無事に帰ってきました。


研修の舞台は中国の南通市です。


上海浦東国際空港から高速道路で約300キロ、揚子江にかかる巨大な橋を渡り、風光明媚な揚子江デルタ地域、江蘇省を走り抜けます。


今回の研修のメインは痺証(ひしょう)といって漢方の本場中国、中医学の国において中医医院での痺証の漢方診察を研修して肌身で本場のスケールを体感してこようという趣旨でした。


日本を発つ前には「中国ではどうぞご無事で」などとまるで危ない国に行くようなニュアンスの言葉がありましたので苦笑しつつ期待に胸を膨らませて成田空港を飛び立ちました。


中国南通市は「水の都」でした。


川や池や昔の城のほとりなど日本人にとっても馴染みやすい環境でご飯や草魚やお肉、果物など大変に美味しくて毎回の食事がとても楽しみでした。


南通市での研修は、南通中医医院、良春中医病院、良春中医研究所と3か所を巡りました。


痛み、しびれの漢方診療では煎じ薬の湯薬と針や灸、マッサージなどが盛んに行われているのをみて、また患者さんたちが気持ちよさそうに吸い玉や鍼灸でパルス治療を受けているのを見て、また穏やかな空気が治療の現場に流れていることを感じました。


中医師の先生たちの病院でも、暖かな雰囲気でした。


文面が限られていますので最後になりますが、中国の国医、国のお医者さん、国家大師の朱良春先生 御年98歳のレジェンドで高名な先生に実際にお会いできてお話しできたこと。


また7人の息子さん、娘さんたちからは朱先生ご一家の「家族」として迎え入れたことなど大変に感激したことであり、今後の私の漢方相談の人生に対しても大きな一歩となりました。


(7人のお子様のうち5人は中医師のお医者さんという医師一家でした)


その後はなんと朱良春先生のご自宅にお招きされまして、記念の一枚です。


朱先生から頂戴した「土屋幸太郎先生 恵存」のサイン入りの本です。


これからの中医学人生は、朱良春先生スピリットで効き目の良い、切れ味の良い漢方相談を心掛けます。


どうもありがとうございました。


Imgp80290915a

<2014年9月15日>

中国南通市 良春中医病院からの眺め

緑が美しい街です。


Imgp80300915a


Imgp80340915a

私こと土屋幸太郎の記念写真です。パチリ


Imgp80380915a

中国の病院の痺証科では、湯液の漢方薬の内服のほうとマッサージや針灸などの2つから成り立ちます。

漢方薬を飲みながら凝ったところをほぐしていきます。


(写真撮影の許可は病院の先生や患者さんに承諾してもらっています)


一人一人の体質に合わせてスチームの液体、漢方薬の煎じ薬を肌にあてているそうです。驚きです。


Imgp80390915a

こちらは吸い玉の女性の患者さんです。

中国では竹の筒を使うところが日本と違うそうです。


Imgp80400915a

腰の電気のパルス治療です。

針に電気─パルス─が流れていて写真では分かりませんが、定期的に患部がビクッと電気の刺激で動きます。


かなり効き目があるような感じでした。


Imgp80430915a

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014.10.10

漢方体験談:手首、背中、腕、指の痛みが楽になりました。

こんにちは。

薬剤師、不妊カウンセラーの土屋幸太郎です。

今日の山形は、いい天気です。

これから台風が近づいているのが信じられないくらい穏やかな秋晴れの良い一日となっています。

ソウタンとムクゲの花が咲いています。


我が家の庭のソウタンとムクゲの花です。

<2014年10月10日>

我が家の庭のソウタンとムクゲの花です。

とても可憐な花たちです。


我が家の庭のソウタンとムクゲの花です。

ソウタンの花の色のなんと神秘的なことでしょう!


さて昨日、今日と手首の痛みが漢方で楽になった女性のお客さまが2名いらっしゃいましたので、記録させてください。


1)50代のお客さまの手首の痛みの漢方体験談


○2014年9月25日


手首の痛みが気になります。

今までは骨粗鬆症対策股関節の痛み対策に食用アリ製品と杞菊地黄丸をご愛用して頂いていました。


プラスして、止痛、袪風湿、舒筋活絡の漢方薬を

○2014年10月8日


先月の漢方薬を早速、常用の漢方に追加したところ翌日から手首の痛みがとれました!

薄らいで楽になりました。

本当に楽になって嬉しいです。



2)常連のお母様 「中から左腕、指先にかけて針を刺したような痛みの漢方相談」


○2014年9月4日


お母さまが背中から左腕、指先にかけて針を刺したような痛みが走り2週間たちました。

整形外科に通院しています。


常用されていらっしゃる冠元顆粒に合わせて併用できるものとして、止痛、袪風湿、舒筋活絡の漢方薬を追加でお勧めしました。



○2014年10月9日


お母さまはだいぶ良くなりました。

整形外科のお薬を服用しなくても良くなりました。

マッサージだけは続けています。

家事もこなせています。

ありがとうございました。


以上、ここ最近の土屋薬局での手首の痛みの漢方相談。背中や腕から指先にかけての針で刺したような痛みの漢方相談の良かった話のご紹介でした。

止痛、袪風湿、舒筋活絡の漢方薬は素晴らしいことが改めて実感されました。

今後とも痛み、しびれの痺証の漢方相談、多くのお客様のお役にたちたいです。


四十肩・五十肩の漢方療法の紹介」こちらも参考になりましたら、幸いです。


ソウタンの花も鮮やかに咲いていますtitle=

<2014年10月9日>

ソウタンの花も鮮やかに咲いています。

白くて可憐な花です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014.07.22

痺証オープン講座に参加してきました。

おはようございます。

山形県東根市の土屋薬局、薬剤師の土屋です。


さて、三連休の中日、7月20日(日)を利用して痺証オープン講座に参加してきました。

私こと土屋幸太郎も白羽の矢が立ち、三部構成の最後を締めくくる講師として久しぶりに東京での講演会でした。


子宝相談、不妊症のほうは全国各地の漢方薬局、薬店で取り組みが進んでいますが、痺証(ひしょう)という痛みやしびれの漢方相談でのシンポジウムでしたので私もちょっと興奮しました。

三連休にも関わらず会場には多くの薬剤師の先生方が集まり熱気を感じました。

これから日本各地で「関節の痛み、しびれ、足腰のだるさ、肩こり、足のけいれん、指のこわばり、筋肉痛、腰痛、神経痛、五十肩、捻挫、骨折」などに起因する痺証に多くの漢方薬局さんが得意になられますことを願ってやみません。



**********************

痺証オープン講座のお知らせ

**********************


2013 年より開講した中医痺証専門講座では、まだご受講でない先生方にも当講座の内容に触れていただきたく、オープン講座を企画いたしました。

痛みや関節痛のお客さまへの中成薬での対応のポイント、症状の見方について解説いたします。


日時 :
2014年7月20日 ( 日 )
13:30~17:30(13:00 開場)

場所:
東京国際フォーラムG409
東京都千代田区丸の内3-5-1

内容:
第1部  ロコモティブシンドロームにおける中成薬の活用
        秋本佳媛中医学講師
第2部 骨折における中成薬の活用
        陶惠寧中医学講師/ 北海道 さくら薬局・種田雅士先生
第3部 独歩顆粒~健康で元気な毎日のために
        南東北 土屋薬局・土屋幸太郎先生


東京国際フォーラムで 妻と一緒にパチリ

<2014年7月20日 東京国際フォーラムで 妻と一緒にパチリ>

東京国際フォーラムの会場の風景

会場の敷地では骨董市が人を集めていました。

土地柄、外人さんたちもたくさんいて凄いと思ってしまいました。

夜には東京は大雨となりましたが日中はとても良い天気でした。


秋本先生のロコモティブシンドロームチェック

秋本先生のロコモティブシンドロームチェックです。

あなたは片足でイスから立てますか?


I秋本先生の黄帝内経素問による人の「運命」

同じく秋本先生の黄帝内経素問による人の「運命」です。


女性は7の倍数、男性は8の倍数で運命が決まります。

それらの自然の変化、体の老いに対して若さを維持すること、養生して長生きすることが中医学です。


中医学とは「養生の医学」「長生きで健康の医学」です。


秋本先生の話は大変にためになり、今後の痛み、しびれの漢方相談に活かしていきたいです。

次は北海道の種田先生による骨折に対する中医学、中医学漢方の話がありすごく参考になりました。


I痺証の痛み、しびれの漢方講演

土屋幸太郎の独歩顆粒を中心とした痺証の痛み、しびれの漢方講演です。

5つの生薬の話もお花のスライドなどでお話させて頂きました。


土屋幸太郎の独歩顆粒を中心とした痺証の痛み、しびれの漢方講演


土屋幸太郎の独歩顆粒を中心とした痺証の痛み、しびれの漢方講演

最後の痛み、しびれの漢方薬の質疑応答です。

無事に回答を終えてほっと一安心


<7月第4週の漢方相談会のお知らせです>


○2014年7月22日(火)~7月26日(土) 薬剤師、国際中医専門員A級、不妊カウンセラー 土屋幸太郎が漢方相談を担当させて頂きます。


○2014年7月27日(日) 

第四日曜日で土屋薬局 定休日です。

漢方相談会、独身の方が結婚前に生理不順の真剣な漢方相談をお寄せ下さったり、カップルでのご来店が増えてきています。喜ばれる漢方相談を心掛けています。



漢方のご相談方法は、漢方相談表、 またはファックス電話 お問い合わせは、送信フォームもございます。
詳しい漢方相談の方法はこちらからで説明し ています。


所在地 山形県東根市神町中央1-10-7
Google mapによる所在地

営業時間 第二、第四日曜日お休みです。

平日 午前8時~午後7時  土祭日 午前8時~午後6時

メールアドレス JDY00247@nifty.com

電話 0237-47-0033 漢方電話相談室 0237-48-2550 Fax 0237-49-1651


仙台方面からのご来店の場合には、お車でのご来店、または仙台駅前の旧仙台ホテル跡の複合商業施設のEDEN前のバス停から「山形新庄行き」48 ライナーの山形交通のバスをお勧めしています。さくらんぼ東根駅下車です。1時間に1本あります。約1時間15分です。

さくらんぼ東根駅に到着されましたら、当店のスタッフがお迎えにまいりますので、お気軽に前もってご予約のうえご来店頂けたらと思います。


携帯からは、こちらをクリックしてください。→土屋薬局のグールグルマップ


大きな地図で見る< /small>


土屋薬局 中国漢方通信」の本家でコラムを作成して います。

土屋薬局は山形県の農村地帯にお店がありますので、さくらんぼ農家の方など足腰の痛み、しびれ。坐骨神経痛、腰痛、膝痛、リウマチなどの漢方相談 が多い薬局です。

痛み、しびれでお困りのかた、またご家族のご相談などお気軽に漢方相談お寄せください。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

その他のカテゴリー

LUF・黄体化未破裂卵胞/不妊と漢方薬 | PCOS・多嚢胞性卵巣症候群/不妊と漢方薬 | PMS・月経前緊張症/漢方薬 | 「ナチュラルな妊娠」「45歳、もう生んでいいかしら?」 | 「血流たっぷり」をめざしなさい | いびき/漢方薬 | おねしょ、小児夜尿症(おねしょ)/漢方薬 | おりもの、のびおり/漢方薬 | お腹の張り、腹部膨満感、食欲不振/漢方薬 | しびれ/漢方薬 | つわり/漢方薬 | にきび/漢方薬 | のどのつかえ、喉の痛み、難治性咽頭潰瘍/漢方薬 | ほてり/漢方薬 | むずむず脚症候/漢方薬 | めまい、立ちくらみ/漢方薬 | アトピー性皮膚/漢方薬 | アレルギー性鼻炎と体外受精/漢方薬 | アレルギー性鼻炎の漢方相談について | イスクラ冠元顆粒 | イスクラ冠元顆粒発売20周年記念成都シンポジウムに参加して | イスクラ婦宝当帰膠/不妊と漢方薬 | イスクラ独歩顆粒 | イライラ落ち込み漢方、不安落ち込み/漢方薬 | インターネットの掲示板などで漢方紹介 | カウフマン療法/不妊と漢方薬 | カンジダ膣炎/不妊と漢方薬 | ガン(がん)/漢方薬 | クラミジア感染症/不妊と漢方薬 | クローン病、潰瘍性大腸炎/漢方薬 | ゲップ・ガス/漢方薬 | ココログ版漢方(無名)コラム・2004 | ココログ版漢方(無名)コラム・2005 | ココログ版漢方(無名)コラム・2006 | ココログ版漢方(無名)コラム・2007 | ココログ版漢方(無名)コラム・2008 | ココログ版漢方(無名)コラム・2009 | ココログ版漢方(無名)コラム・2010~ | コンクレバン | シェーグレン症候群/漢方薬 | シミ・肝斑/漢方薬 | ストレス/漢方薬 | セックスレス/不妊と漢方薬 | タイミング療法/不妊と漢方薬 | ダイエット/漢方薬 | チャイナビュー | チョコレート嚢胞/不妊と漢方薬 | ツイッター | ディスプレー症候群/漢方薬 | ドライアイ/漢方薬 | ドライマウス、口腔乾燥症/漢方薬 | ニュースレターより | ハテナ | ビタエックス(プラセンタ) | フレイルの漢方対策 | ヘパーデン結節/漢方薬 | ベビ待ち保育士さん、幼稚園教諭さん/漢方薬 | ベビ待ち小学校教員さん/不妊と漢方薬 | ベビ待ち歯科衛生士さん/不妊と漢方薬 | ベビ待ち看護師さん/不妊と漢方薬 | ベビ待ち美容師さん/不妊と漢方薬 | メニエール病/漢方薬 | メールマガジン | モンテディオ山形 | ヤフー知恵袋の漢方の回答より | リウマチ性多発筋痛症/漢方薬 | リウマチ/漢方薬 | ロコモティブシンドローム/漢方薬 | 下痢、軟便/漢方薬 | 下肢静脈瘤/漢方薬 | 不妊カウンセラーに向けて | 不妊カウンセラー・体外受精コーディネーター養成講座 | 不妊治療の基礎知識…現状と問題点 | 不妊漢方治療の応用 | 不妊症の基本検査について | 不妊症の年代別漢方相談 | 不妊症テレビお茶の間講座 「子宮内膜症」 | 不妊症専門講座・PCOS 「多嚢胞性卵巣症候群」 | 不定愁訴/漢方薬 | 不正出血/不妊と漢方薬 | 不眠/漢方薬 | 中医五官病 | 中医痺証専門講座「南通研修」への道 | 乳がんの疫学と薬物療法 | 乳腺炎、断乳、母乳/漢方薬 | 人工授精/不妊と漢方薬 | 今週の漢方相談会 2008年 | 今週の漢方相談会 2009年 | 今週の漢方相談会 2010~ | 今週の漢方相談会 2013~ | 今週の漢方相談会2017 | 体外受精/不妊と漢方薬 | 何先生や中医師の先生から漢方のこと聞いたこと | 便秘/漢方薬 | 免疫性不妊/漢方薬 | 全身性エリテマトーデス(SLE)/漢方薬 | 円錐角膜/漢方薬 | 冷え性/漢方薬 | 加齢性黄斑変性症/漢方薬 | 勉強会(2004~2008) | 勉強会(2009) | 勉強会(2010) | 勉強会(2011) | 勉強会(2012~) | 動悸/漢方薬 | 卵巣予備能~全周期活血化淤 | 卵巣嚢腫/不妊と漢方薬 | 卵巣機能不全、卵巣機能低下/不妊と漢方薬 | 卵管性不妊/不妊と漢方薬 | 卵管水腫/不妊と漢方薬 | 卵管閉塞/不妊と漢方薬 | 卵胞発育不全/不妊と漢方薬 | 受精障害/不妊と漢方薬 | 口内炎/漢方薬 | 呑気症(空気嚥下症)/漢方薬 | 味覚障害/漢方薬 | 咳、ぜんそく、慢性気管支炎/漢方薬 | 咽喉頭異常感症、難治性咽頭潰瘍/漢方薬 | 嗅覚障害/漢方薬 | 土屋幸太郎・漢方講演会 | 土屋幸太郎結婚式 | 土屋薬局からのお知らせ | 土屋薬局のの口コミ、評判 | 坐骨神経痛/漢方薬 | 坑精子坑体/不妊と漢方薬 | 基礎体温が低め/不妊と漢方薬 | 基礎体温が高め/不妊と漢方薬 | 基礎体温ガタガタ/不妊と漢方薬 | 基礎体温表/不妊と漢方薬 | 多汗症/漢方 | 夜中目が覚める/漢方薬 | 夢と不眠/漢方 | 女性のための漢方レッスン | 女性不妊症的中医治療 | 妊娠中と産後の体調不良/漢方薬 | 妊活・妊娠力アップ/漢方薬 | 子宮内膜が薄い/不妊と漢方薬 | 子宮内膜ポリープ、子宮内膜増殖症/漢方薬 | 子宮内膜症/不妊と漢方薬 | 子宮外妊娠後/不妊と漢方薬 | 子宮筋腫/漢方薬 | 子宮腺筋症/漢方薬 | 子宮頸がん/漢方薬 | 子宮頸管無力症/不妊と漢方薬 | 季節の養生法 | 学校保健委員会 | 小児チック/漢方薬 | 小児漢方 | 小太郎製薬 | 帯状疱疹後神経痛、後遺症/漢方薬 | 後鼻漏・蓄膿症/漢方薬 | 心と体 | 感音性難聴・耳鳴り、難聴/漢方薬 | 慢性副鼻腔炎(蓄膿症)、アレルギー性鼻炎/漢方薬 | 慢性咽頭炎/漢方薬 | 我が家の庭 | 我が家の庭 2008 | 我が家の庭 2009 | 我が家の庭 2010~ | 手根管症候群、腱鞘炎、ばね指/漢方薬 | 抗核抗体/不妊と漢方薬 | 掌蹠膿疱症/漢方薬 | 排卵痛、排卵期/不妊と漢方薬 | 排卵障害/不妊と漢方薬 | 日中線記念館 | 更年期障害/漢方薬 | 月経の経血量が減少/漢方薬 | 月経不妊周期療法/不妊と漢方薬 | 月経不順・生理不順/不妊と漢方薬 | 月経周期が短い/不妊と漢方薬 | 月経周期が遅れる、長い/不妊と漢方薬 | 椎間板ヘルニア/漢方薬 | 武漢へ | 死産後/漢方薬 | 母乳/漢方薬 | 泣きたくなる | 活血化淤の応用 | 流産後の不育/漢方薬 | 浮腫み/漢方 | 温活GO | 漢方周期療法…南京・夏桂成先生の講義より | 漢方薬の安全性について | 漢方薬局で相談を受ける婦人病について | 無排卵・無月経/不妊と漢方薬 | 無月経・無排卵・中医不妊症テレビお茶の間講座 | 生殖医療に関わる疑問に答える | 生殖補助医療の有用性と限界 | 生理痛/漢方薬 | 甲状腺機能亢進症/不妊と漢方薬 | 甲状腺/不妊と漢方薬 | 男女の更年期と神経症/漢方薬 | 男性不妊/漢方薬 | 痔/漢方薬 | 痛み、しびれ/漢方薬 | 痰湿/漢方 | 眼精疲労/漢方薬 | 着床障害/不妊と漢方薬 | 神経障害性疼痛/漢方薬 | 糖尿病/漢方薬 | 経血量少ない/不妊と漢方薬 | 綿花観察日記 | 緑内障/漢方薬 | 繊維筋痛症/漢方薬 | 老人性膣炎・萎縮性膣炎/漢方薬 | 耳管開放症/漢方薬 | 耳鳴り、突発性難聴/漢方薬 | 聴覚過敏/漢方薬 | 肘痛/漢方薬 | 股関節痛/漢方薬 | 肩こり/漢方薬 | 肩甲骨の痛み/漢方薬 | 肩痛、五十肩/漢方薬 | 胃酸過多、機能性胃腸症(NUD)/漢方薬 | 背中のほてり/漢方薬 | 背中の痛み/漢方薬 | 胚盤胞/漢方薬 | 脂漏性皮膚炎/漢方薬 | 脈拍/漢方 | 脊柱管狭窄症/漢方薬 | 脱毛、抜け毛、薄毛の漢方薬 | 脳卒中/漢方薬 | 脳疲労症候群、脳過敏症候群/漢方 | 腰椎すべり症/漢方薬 | 腰痛/漢方薬 | 膀胱炎/漢方薬 | 膝痛/漢方薬 | 膿精液症/男性不妊の漢方薬 | 花粉症/漢方薬 | 若木山、石崎山や東根の景色 | 若木山、石崎山や東根の風景2008 | 若木山、石崎山や東根の風景2009 | 若木山、石崎山や東根の風景2010~ | 蕁麻疹、湿疹/漢方薬 | 薄い子宮内膜に漢方薬が有効である可能性がある | 薬膳 | 血の道症/漢方薬 | 血管力をつければ病気は治る | 補腎の話 | 西洋医学的にみた不妊症漢方概論 | 足底筋膜炎/漢方薬 | 逆流性食道炎/漢方薬 | 過去のバックナンバーより | 過敏性腸症候群/漢方薬 | 過活動膀胱、頻尿/漢方薬 | 遺残卵胞/不妊と漢方薬 | 酒さ/漢方薬 | 頭痛/漢方薬 | 頸椎症、首のこり/漢方薬 | 頻尿/漢方薬 | 顔面神経麻痺、手のふるえ/漢方薬 | 顕微授精(ICIS)/不妊と漢方薬 | 風邪/漢方薬 | 食欲不振、胃痛/漢方薬 | 高プロラクチン血症/不妊と漢方薬 | 高血圧/漢方薬 | 高齢不妊症、卵巣機能低下における中国漢方の考え方 | 高齢不妊/漢方薬 | 鷺草、朱鷺草観察日記 | 黄体機能不全/不妊と漢方薬 | 黄疸/漢方薬 | 100歳まで元気に生きる! | 2人目不妊、第二子不妊/漢方薬 | 2004年妊娠出産おめでとうございます! | 2005年妊娠出産おめでとうございます! | 2006年妊娠出産おめでとうございます! | 2007(1月~6月)妊娠出産おめでとうございます! | 2007(7月~12月)妊娠出産おめでとうございます! | 2008年妊娠出産おめでとうございます! | 2009年妊娠出産おめでとうございます! | 2009(7月~12月)妊娠出産おめでとうございます! | 2010(1月~6月)妊娠出産おめでとうございます! | 2010(7月~12月)妊娠出産おめでとうございます! | 2011年妊娠出産おめでとうございます! | 2012年妊娠出産おめでとうございます! | 2013年妊娠出産おめでとうございます! | 2014年妊娠出産おめでとうございます! | 2015年妊娠出産おめでとうございます! | 2016年妊娠出産おめでとうございます! | 2017年妊娠出産おめでとうございます! | AMH/不妊と漢方薬 | COPD 慢性閉塞肺疾患/漢方薬 | FSHが低い方/不妊と漢方薬 | FSHが高い/不妊と漢方薬 | POF・早発閉経/不妊と漢方薬