カテゴリー「めまい、立ちくらみ|漢方薬」の記事

2017.02.18

後首が重く、頭もギューっと押しつぶされるような痛い、重い感じ。漢方相談お願いします。

おはようございます。

薬剤師、不妊カウンセラーの土屋幸太郎です。

当店の常連のお客さまからのファックスでのお問合わせがありました。


平成27年2月18日


「漢方相談、よろしくお願いします。

相変わらず、後首が重く、頭もギューっと押しつぶされるような痛い、重い感じがします。

目まいと云う程でもないですが、時々、頭と云うか目の前がフワーとする感じもあります。

毎日ではないので辛い日だけ頂調顆粒を飲んでいますが、1包でも毎日飲んだほうが良いのでしょうか?

頂調顆粒、頭痛に調子が良いので続けていきたいです」


<薬剤師、土屋からの回答>


お客さまの住んでいる地域は山形と同じように冬は雪が降ったり、この2月の季節もまだ寒さが厳しいことと思います。

毎日、スーパーへ買物に出かけたり、もちろん家庭でも起床時や夜のトイレなど冷えている状況に体を置かれているかもしれません。

そのような気候が体に悪さをしていることを「外邪(がいじゃ)」と呼びます。

とくに「寒さ」が頭痛や肩こり、うなじ、後頭部の重さに悪い影響している場合には「寒邪(かんじゃ)」と呼びます。


体が元気で肝腎(かんじん)がしっかりしていて骨や関節、筋肉が丈夫で支えられること。

また気血(きけつ)が張りがあって流れが良い状況でしたら、後頭部や首の後、後頚部の重たさ、頭がギューと押し潰されるような痛みはないはずです。


頂調顆粒は、風寒(ふうかん)による後首が重いこと、頭のギューと押し潰されるような痛さ、重い痛みにも応用可能な漢方薬ですから、健康維持のためにも毎日、1日1包を朝方、午前中に続けていくと予防にも症状改善にも役立ちます。

今後とも上手にご利用して頂ければ幸いです。

また何か分からないとき、お困りだったり体調に変化がありましたら、いつでも遠慮なくメールまたはお電話してください。

このたびは当店のご利用ありがとうございました。


イスクラ頂調顆粒は白芷(ビャクシ)、川芎(センキュウ)、羌活(キョウカツ)など9種類の植物性生薬から構成され、これらの生薬から抽出したエキスを顆粒としたものです。

体力に関わらず使用でき、頭痛がある方のかぜ、血の道症、頭痛の改善を目的としております。


効能・効果


体力に関わらず使用でき、頭痛があるものの次の諸症:かぜ、血の道症(注)、頭痛


●効能効果に関連する注意

(注)血の道症とは、月経、妊娠、出産、産後、更年期など女性のホルモンの変動に伴って現れる精神不安やいらだちなどの精神神経症状および身体症状のことである。


平成18年から当店をご愛顧して頂いているおつきあいの長いお客さまです。


当初は坐骨神経痛、腰痛からくる右足の痛みと強いしびれ、歩くのが辛い。

10分くらいしか歩けない。

正座できない。

起床時に辛い。

独歩丸、冠元顆粒、衛益顆粒など服用していました。


平成28年8月4日に漢方相談を受けまして、そのときの内容が以下のようになります。

こちらにココログに記事にさせて頂きました。


首の凝り、 頭痛、 吐き気の漢方相談


2016.08.05
首の凝り、 頭痛、 吐き気の漢方相談

おはようございます。

暑さが今日も厳しくなりそうな山形です。

36℃まで上がりそうです。


朝顔が綺麗に咲いています。

朝顔が綺麗に咲いています。

<2016年8月5日 我が家の朝顔>


さて昨日、東京のイスクラ産業さんの本社に電話して中医学、中国漢方のことについて問い合わせをしましたら、約1年半ぶりくらいに「ようびん先生」から教えてもらうことが出来ました。


以前の内容はこちら 「肝臓癌、肺癌、のどの養生法など中医学的、漢方的なアドバイス」です。


今回は「首の凝り、 頭痛、 吐き気」の漢方相談です。


70代 女性 


「漢方相談お願いします。

1ヶ月前に昼食中に急に後首がギューっと固まったようになり動かくすことが出来なくなり、自分で首筋をもんでなんとか動かせる位になりました。

整形外科では年齢によるものと言われ、首の凝りをほぐす薬をもらいましたがさほど良くなりません。

その上、それ以来、頭の上からズシッと何かで抑えられている感じと軽い吐き気があり、後首もと時々締め付けられているように感じます。

今は1週間に1度はハリ(鍼灸)をして肩こりはだいぶ良くなりましたが、頭重とムカつきで外出が億劫(おっくう)です。

日常生活は大丈夫です。


なんとかスッキリできれば旅行も楽しめるのに…と思い漢方相談させてもらいました。


なお、今年のはじめに急に起こった"良性頭位めまい症”は今はあまり起こりません。

たまにファーっとなる位です。

また今更ですが、先日、72歳になり、152センチ、44キロと細身です。

これからも1週間ぐらいの旅行ができるようになりたいです。

何か良い薬があればお願いします」



ようびん先生のアドバイス


「まず血圧を聞くことです。


めまいや首筋の凝り。


まずは「気血の巡り」が悪いです。


丹参製剤の冠元顆粒や「カラスビシャクの根茎と白朮、天麻が配合された漢方薬」、葛根など。


葛根湯は「血圧」が高い時には使いづらい、麻黄が入っているから、気をつける。


「首から上がスッキリする漢方薬」も使えます。


解表薬だけでなくて去風薬も使いたいから「痛みを散らして楽楽になる漢方薬」もちょっと入れる。


1週間ぐらい様子をみる。


後頭部のこわばりは、去風薬を使いたい、葛根や「痛みを散らして楽楽になる漢方薬」など。


まずは1週間は様子をみる。



追伸です。


その後、改めて漢方相談ご希望のお客様とお話をさせて頂きました。


土屋 「血圧はいかがですか?」


お客様 「血圧は低めです。高くありません」


土屋 「食欲やお通じはいかがですか?」


お客様 「食欲も通じも大丈夫です」


もともと独歩顆粒や逍遥丸をご利用しているお客様でした。


ようびん先生のアドバイスのもと「痛みを楽楽にする漢方薬」と「首から上がスッキリする漢方薬」のこちらの種類をチョイスさせて頂きました。


症状の改善を心より願っております。


このときはイスクラ産業さんの頂調顆粒と小太郎製薬さんのソケーカンS(疏経活血湯)を2つお勧めしたのでした。


その後、同じ年の平成28年12月15日再度のリピートでの漢方薬のご注文で、頂調顆粒とソケーカンS(疏経活血湯)だったので効き目がたしかにあったようです。

今後とも健康維持のためにも漢方を上手にご利用して頂ければ幸いです。


大石田 川前観音

<2017年2月12日> 大石田川前観音 雪に包まれています。


川前観音からの最上川眺め

川前観音からの最上川眺め


最上川

最上川、ああ永遠なれ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017.02.14

とにかくイライラ…不安感…いや〜な頭痛… それって「血の道症」が原因かも⁉️

おはようございます。

雪も溶け始めて、朝の陽射しもだいぶ明るくなってきて底冷えの寒さも抜けてきた山形です。

今日はバレンタインデー、どんな一日をお過ごしですか?


最近は我が家に来るスズメやヒヨドリ、ツグミなどに見惚れることが多く、鳥をみる生活も素敵だなあと思っています。


さて先週の漢方相談会、土曜日の2月11日の建国記念の日、午後にいつも来店されているお客さまが私の漢方相談がちょうど終わったばかりでしたので、こことぞばかりに車に乗って待っていたご主人様も連れてきました。


首の頚椎ヘルニアをやったことがあり、頭痛など体調の不良があるそうです。

50代の男性の方です。

めまい、高血圧

花粉症あり。

腰は椎間板ヘルニア、狭窄症の手術もしました。

左足の親指のしびれはとれない。


天童市に嫁いた娘様が妊娠出産された「縁」で当店でお母様もその後、相談されています。


こちらのチラシで漢方薬の説明を差し上げました。




とにかくイライラ…不安感…いや〜な頭痛…

それって「血の道症」が原因かも⁉️


更年期、妊娠、出産後、生理。


「血の道症」とは月経、妊娠、出産、更年期など女性ホルモンバランスの変動に伴って現れる精神不安や苛立ちなど精神神経症状、身体症状です。




女性は男性と違って月経周期によって体調が変化します。

月経は主に2つのホルモン(エストロゲン、プロゲステロン)によりコントロールされており、月経前はプロゲステロンが多く、月経中はどちらも少なくなります。


生理痛、発熱、頭痛、下痢、鼻血・浮腫・胸が張るなどの症状もでることがあります。

また、ほとんどの女性は更年期に入ると、卵巣の機能が衰えてきます。


そのため卵巣から分泌される女性ホルモンの1つであるエストロゲンの量も減ってきます。

しかし、脳はエストロゲンの量を増やそうと卵胞刺激ホルモンの分泌量を増やします。


ここでホルモンのバランスに乱れが生じてしまいます。

これにより様々な不快な症状が出てきます。


このように女性ホルモンバランスの乱れにより起こる症状を「血の道症」といいます。




女性は月経周期があるのでケアが大切です。

生理前の不調や頭痛…中医学で改善しましょう!


<こんな頭痛で悩んでいませんか?>


女性特有の生理中、ストレス、緊張性の頭痛だけでなく、頭部全体の頭痛を和らげる生薬が入っています。


ストレスthunder

生理中thunder

緊張thunder


厥陰頭痛…頭頂部の頭痛

少陽頭痛…側頭部の頭痛

陽明頭痛…額を含む前頭部の頭痛

太陽頭痛…頸部から後頭部にかけての頭痛


「血の道症」の症状改善に漢方相談!>

こんな症状がある方はぜひ、土屋薬局まで漢方相談、お寄せください。


□イライラすることが多い

□時々、不安になる

□何もやる気がおこらない

□気持ちが沈むことが多い

□頭痛・肩こりがある

□疲れやすい

□めまい、耳鳴りがする

□なかなか眠れない



お客さまのご主人様には男性のかたも「めまい」や「首」「頭」の不調は首から上の中医五官病の疾患であり、漢方薬で改善する可能性が高いことをお伝えして希望をもって頂きました。


ちょうど午前中に尾花沢市からのお客さまがどこにあっても治らなかったひどい頭痛がもう半年経過して症状が軽くなって、だいぶ明るい顔色になられていましたので、その旨などもお伝えしました。


「血の道症」の漢方相談は土屋薬局までお寄せください。



頭痛、肩こり。痛み、しびれの中医痺証


「目、耳、鼻、口、のど」 目の痛み、眼精疲労、ドライアイ、耳鳴り、突発性難聴、後鼻漏や花粉症、のどなどの中医五官病の漢方相談。

不妊症の子宝相談。(本場仕込みの本格的な漢方相談)


ほかどのようなジャンルの漢方相談もお受けしています。

漢方相談会、独身の方が結婚前に生理不順の真剣な婦人病の漢方相談をお寄せ下さったり、不妊で悩む人生の岐路に立っているような真剣なカップルでのご来店が土屋薬局には増えてきています。


元気のでる漢方相談を真摯に心掛けています。


龍に赤ちゃんが載っている画像、子宝に恵まれた


お電話やメールで漢方相談のご予約お願いします。
平日の漢方相談大歓迎です。一人一人に時間をじっくり割いて相談しています。
遠方のかたは、電話やメールでご相談をお寄せください。こちらから。


頭痛、肩こり。痛み、しびれの中医痺証


「目、耳、鼻、口、のど」 目の痛み、眼精疲労、ドライアイ、耳鳴り、突発性難聴、後鼻漏や花粉症、のどなどの中医五官病の漢方相談。

不妊症の子宝相談。(本場仕込みの本格的な漢方相談)


ほかどのようなジャンルの漢方相談もお受けしています。

漢方相談会、独身の方が結婚前に生理不順の真剣な婦人病の漢方相談をお寄せ下さったり、不妊で悩む人生の岐路に立っているような真剣なカップルでのご来店が土屋薬局には増えてきています。


元気のでる漢方相談を真摯に心掛けています。


龍に赤ちゃんが載っている画像、子宝に恵まれた


お電話やメールで漢方相談のご予約お願いします。
平日の漢方相談大歓迎です。一人一人に時間をじっくり割いて相談しています。
遠方のかたは、電話やメールでご相談をお寄せください。こちらから。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016.08.18

突発性難聴からの「耳鳴り、めまい」が漢方で改善、効果!!

「2011.12.07 産後のめまい・前庭神経炎を漢方。漢方で改善!!」こちらのコラムが内容が3つぐらいあって、ちょっと「グジャグジャ感」がありまいた。


土屋薬局では「耳鳴り」「突発性難聴」「感音性難聴」「脳過敏症候群による耳鳴り」など「耳鳴り」関係の漢方相談が多いですから、再度分かりやすく別個にコラムとさせて頂きます。



「突発性難聴からの耳鳴り、めまいが漢方で改善、効果!!」


70代の女性のお客様です。


「突発性難聴からの耳鳴り、めまい」で「川が流れているような耳鳴り」と「年中メロディーが聞こえているような耳鳴り」の2種類が混ざっている頑固な耳鳴りの漢方のご相談を先月11月から始めています。


1か月経過して、だいぶ「突発性難聴からの耳鳴り」が気にならなくなってきたそうです。

良かった、良かったです。


突発性難聴からの「めまい」もだいぶ良くて、病院のめまい科にも今日、通院してきて経過が良いと褒められてきたそうです。


新規の突発性難聴の漢方相談の方でした。


突発性難聴から、耳鳴りが始まって、今では「メロディーが頭の中で鳴るように」なったそうです。


「歌うとそのだんだん速くなる頭のなかのメロディーが辛くなること」が、「歌うにつれてゆっくりになる」が「歌うのを止めるとまたメロディーが加速すること」に対して、しっかりと突発性難聴後の漢方相談で対処させて頂きました。


「腎は耳に開竅する」ことから、補腎、安神、活血、通絡開竅という4つの漢方でバランスを調和する「突発性難聴のめまい、耳鳴り」の漢方対策が良かったようでした。


…「不快な耳鳴り漢方相談。耳鳴りを漢方で何とかしたい!」こちらのコラムも参考になりましたら、幸いです。


突発性難聴からの「耳鳴り、めまい」、お気軽に漢方相談お寄せくださいね。



| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016.08.04

中医五官薬局

一昨日の土屋薬局の漢方相談は、「耳鳴り、耳鳴り、めまい、後鼻漏」とまるで中医五官病の「目、耳、鼻、口、のど」の5つの疾患の病気でした。


中医不妊症は「妊娠」したり、いつかは誰でも「妊娠」「出産」できない年齢になって「卒業」がありますから、この「めまい」や「耳鳴り」などの漢方相談でしたら、「眼精疲労」や「視力減退」「ドライアイ」なども含めますと、ほとんどの方と「漢方相談でお付き合い」ができると思います。


山形新聞の朝刊に広告を掲載していて、たまたま目立つところに載ったこともあると思いますが、今後とも「めまい」や「耳鳴り」「鼻」「のど」「くち」などの頭部の「首から上の疾患」に強い薬局でありたいです。


5例のうち「めまい」のお客様と「後鼻漏」のお客様はリピートのお客様でした。


「めまい」は1週間ぐらいで良くなったそうです。

「後鼻漏」も良くなっているとのことで、きちんと中医五官病を勉強してきて良かったなあと思いました。



<2016年7月3日 仙台にて>


耳鳴り、聴力低下、突破性難聴、めまい。後鼻漏、嗅覚障害。声帯病、扁桃疾患、口内炎、いびき。を勉強してこれから、加齢黄斑、眼精疲労、目の充血、ドライアイ、産後のドライアイ、シェーグレン症候群、角膜浮腫、潰瘍、白内障、緑内障、高眼圧、黄斑変性症、飛蚊症、円錐角膜など、どうぞ中医五官病の漢方相談、お寄せください。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016.07.02

明日の日曜日 7月5日は仙台で中医五官病のスクーリング


こんにちは。
漢方薬剤師、不妊カウンセラー、国際中医師の土屋幸太郎です


明日は7月5日日曜日、仙台市で中医五官病のスクーリングに出席します。

嬉しいことに今まで東京で勉強していたのですが、仙台まで出張講義となります。

いつもお世話になっているトン先生と劉先生のお二人がいらっしゃいます。


明日の勉強する内容は、


第一部

1)花粉症について店頭応用、症例検討とワンポイントレッスン


第二部

2)耳鳴り、めまい、後鼻漏、嗅覚障害についての店頭応用、症例検討とワンポイントレッスン

3)眼精疲労、加齢黄斑変性についての店頭応用


以上です。頑張って勉強してきて、中医五官病、「目」「耳」「鼻」「口」「咽喉」の5つの器官、みなさまが悩みやすい分野の漢方相談、今後とも役立てるように頑張っていきます。


昨日は、「慢性副鼻腔炎(蓄膿症)による後鼻漏の漢方相談」したので嬉しかったです。ではでは、みなさま良い休日を!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016.05.25

中高年男性の漢方薬、聴力低下や耳鳴り、めまいに

おはようございます。

土屋です。


昨日に製薬メーカーさんの担当の方の訪店がありましたので、時間的な余裕もありましたのでいろいろと漢方の話題など教えて頂いていました。

土屋薬局では最近は店頭に耳鳴りの新規の漢方相談の方や、耳鳴り、難聴、めまいによい漢方薬の継続リピートの方などけっこういらっしゃいますので、より耳鳴、難聴、めまいの漢方相談をきちんと対応できることをアピールするために、のぼりを目立つところに置きました。


耳鳴りの養生法、耳鳴りを軽くする体操、精神面・メンタル面でのコツなどもアドバイスできます。


<漢方薬、年を重ねると衰えてくる聴力低下や耳鳴り、めまいに>


のぼせ、頭重。めまい、耳鳴り、難聴、喉の渇き、皮膚が黒っぽい、下腹部に力がない、頻尿、足冷え


性生活の不摂生、夜型の生活でいつも睡眠不足、薄着や冷たいもので体を冷やす


ストレスが多く神経をすり減らすような生活


「ジージー」 「キーンキーン」という耳鳴り

低音域や高音域の耳鳴りなどに


土屋薬局の50代、60代の男性の耳鳴りのタイプでは「朝の起床時に耳鳴りが辛い」「日中は仕事をしているので忘れている、辛くない」などの耳鳴りの漢方相談が最近、比較的に多いです。

耳鳴り、難聴、めまいの漢方相談お寄せください。



新しい「耳鳴り、張力低下」ののぼりが、風にパタパタと揺らぎます。

薬局、薬店において「のぼり」はいつも近くを車で通る人たちへのアピールになります。

所在地 山形県東根市神町中央1-10-7

営業時間 第二、第四日曜日お休みです。

平日 午前9時~午後7時  土祭日 午前9時~午後6時

メールアドレス JDY00247@nifty.com

電話 0237-47-0033 漢方電話相談室 0237-48-2550 Fax 0237-49-1651


にほんブログ村 健康ブログ 漢方へ
にほんブログ村漢方ブログランキングに参加しています。 


妊娠・出産 ブログランキングへ
 ↑ クリックして頂けましたら望外の喜びです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014.10.21

めまい、フラフラ感の漢方相談で妊娠しました!

こんにちは。

薬剤師、不妊カウンセラーの土屋幸太郎です。

今日の山形はしっとりとした雨降りです。


Img_23591021

<2014年10月21日>

我が家の庭。

コムラサキシキブです。

Img_23601021

紫色の実が鮮やかです。


さて、昨日のコラム「今週の漢方相談会のお知らせです。炒麦芽の話題も 2014年10月20日」の続きの話です。

先週のおめでたいお話です。



○20代のお客さま


平成25年11月30日から当店のご利用でした。

めまい、フラフラ感の漢方相談


耳鼻科、脳神経外科、循環器科で検査してもなんともなかった。

座っていても立っていてもドキドキ、フラフラしてしまいます。

頭痛もあります。

たまに動悸がして食欲もないこともあります。


養血調経と疏肝理気の漢方をご紹介しました。


翌年の平成26年1月17日


めまい、フラフラ感が一日中あります。

十分にカウンセリングのうえ、漢方処方変更でした。


養血調経+補腎益精


○平成26年3月15日

めまいは前よりは全然いいです。

生理はサラサラになりました。

前はドロドロの生理でした。



○平成26年10月16日


そして今回は 「冷え症が良くなったり、夜ぐっすりと眠れるようになりました。生理もすっきり出るようになりました。めまいや、コリが軽くなった。先生、妊娠したようです。漢方薬は飲んでも大丈夫なんでしたよね。直接にお店に行きたかったのですが、安静にとのことでお願いします!!」


というお葉書を頂戴してスタッフ一同嬉しく思った次第です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014.06.23

仙台漢方定例会 「高血圧の中医学的対処法」

こんにちは。

薬剤師、不妊カウンセラーの土屋幸太郎です。


先週の土曜日や平日の漢方相談会、いろいろと良い効き目がありました。


1)慢性の蕁麻疹で悩んでいたお客様が子宝中心の漢方で蕁麻疹がでなくなってストレスが軽減したこと


2)めまい、耳鳴りのお客さま 1か月でめまいや耳鳴りが治ったこと(子宝の周期療法の結果)


3)平成24年6月12日に初めての漢方相談だったお客様。漢方を服用して1か月後に妊娠、出産されて今は男の子1歳3ヶ月で元気だそうです。ストレスの漢方相談に再来店されました。


4)糖尿病の50代のお客様


平成26年4月28日が初めての漢方相談、病院ではタチオンとグラクティブ50㎎、アムロジン、リピディール

漢方を服用した結果


4月22日 HbA1C 13・6% → 5月8日 9.0% → 6月17日 6・0%


と順調な経過です。

グラクティブの糖尿病の薬は50㎎から25㎎に減りました。

担当の病院の先生もビックリしていて、低血糖に注意とこんどは言われるようになりました。

体重も5キロ減ったし、すごく良かったそうです。


毎回、お子様たちの学業のことや就職、結婚の話などをお聞きしていますが、糖尿病がすごく良くなったのでご本人様もその漢方はずっと続けていくとお話しています。

これらのお話はまた機会があれば個別に検討してアップしてみたいです。


さて、昨日は仙台市で南東北中医薬研究会の定例会がありました。

初めての試みで漢方の勉強会を前にランチ会を開きました。

仙台市の薬剤師勉強会の会場となったランチ

<2014年6月22日 仙台市の薬剤師勉強会の会場となったランチです。なんとレディースランチをご馳走になりました>

古川市の先生も初めて奥様を連れて会場に来たので、ちょうどお昼のときは私と私の妻と4人の席で若い方々の会話となり、妻も喜んでいました。

定例会の前に懇親会と情報交換を兼ねて食事をすることはとても良いことだなあと思いました。

夜にいっぱいをするよりも、昼間のほうが明るい感じで好きです。

デザートも食べられるし。。


レディースランチのデザートです、美味しかったです

<レディースランチのデザートです、美味しかったです>


次に中医学、漢方の定例会、最初の30分は会長である私、土屋幸太郎による紅沙棘(ホンサージ)の話でした。

日頃の店頭でのお客様たちへの嬉しかったお話など、また何先生よりお聞きしている紅沙棘の使い方、エピソードなどを明日からの店頭ですぐに活用できるような話をしました。


土屋幸太郎の話

<土屋幸太郎の話>


劉先生の「高血圧の中医学的対処法」

本番は劉先生の「高血圧の中医学的対処法」でした。

「漢方の高血圧対策すごく勉強になった」

パワポに頼らない、熱気あるご講演に妻も感激したようで「漢方の高血圧対策すごく勉強になった」と帰り際に言っていました。


高血圧の漢方のことも勉強した内容などは、いつかまとめていきたいのですが、耳鳴りにしろ、高血圧、糖尿病など今後は幅広く漢方相談をして喜ばれるような存在になりたいと思いました。


不妊症の漢方相談。子宝周期療法は結果的には年齢別の補腎(ほじん)という若返りの方法をマスターしましたので、

20代、30代、40代、50代、60代、70代、80代


とそれぞれの年代別にたとえ同じ症状であっても漢方相談を分けていくことが可能ですし、その結果、めまいや耳鳴り、糖尿病など体質改善で良くなったのだと思います。

中医学を勉強していて良かったです。


山形市七日町のルピシアで紅茶も買いました。

帰りは山形道の高速道路で帰ってきましたので、山形市七日町のルピシアで紅茶も買いました。

なかなか美味しくて好きです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013.08.16

突発性難聴で両耳の聴力低下、ふらふらするめまい、耳鳴り。聴力回復

「4月耳鼻科の検査で聴力はすっかりもとにもどっていて治ってました」

「漢方相談。突発性難聴で両耳の聴力低下、ふらふらするめまい、耳鳴り。聴力回復」


Kさまより掲載許可を頂きましてコラムを作成させて頂きます。


「それから、私のような悩みを持ったかたに少しでも元気や希望をもっていただけるのでしたら、よろこんでココログに使ってもらってかまいません。」


とのことでした。

Kさま、どうもありがとうございます。


○平成25年3月11日


38歳の主婦の方です。

突発性難聴を3年間で4回して今回薬も効かず、聴力が両耳ともに低下しています。

耳鳴りも両方あります。

今回は去年の12月発症して今2ヶ月ほど経過しました。

常に同じ状態が続いています。

メチコバール、カリクレイン、ストミンA


冷え性です。

肩こり、3年前に突発性難聴になって以来、完治した後もずっとなんとなくふらふらするめまいがあります

食欲あり 量は普通

最近治らないことの不安からストレスで胃が痛い時があるが今までは胃は調子よかったです。

最近は耳が治らないストレスでずっと軟便です。

普段は快調でした。


3年間で左2回、右1回、そして今回12月から両耳の聴力が低下してステロイドでも治らず不安で息が苦しくなってます。


右30db,左50dbほど聴力低下です。

左は最初30dbでしたが2月にはいって50dbに低下しました。

耳鳴りはうるさいほどではないのであまり気にならない程度ですが、右はカーンカーン、左はブーンブーンがおさまり、今はジーとなってます。


MRI,レントゲンに異常なく「これ以上は対処療法しかない」と耳鼻科ではいわれ、落ち込んでます。

落ちた聴力が回復する可能性がある漢方はあるのでしょうか?


今まで私と同じようなかたがいらして回復した症例んあどありましたら教えていただけますと希望がもてて精神的に落ち着きます。



当店から漢方薬2種類をお勧めさせて頂きました。


よく症状が改善しますように気持ちも込めました。


○平成25年4月12日

ちなみに最近ブーンの耳鳴りの音が小さくなってきてるきがします。嬉しいですー^^



○平成25年5月24日


4月耳鼻科の検査で聴力はすっかりもとにもどっていて治ってました。

もう一生戻らないと思っていたので本当に嬉しかったです。

漢方がきいたのだとおもいます。 

本当にありがとうございました。

静かな静かなところで聞こえるくらいのわずかな耳鳴りはある気もしますが、ブーンと鼓膜を揺らす嫌な耳鳴りもきえました。



突発性難聴の経過が良くて、すごく嬉しく思っています。

今後とも体調よくお過ごしになって頂きたいです。


イチジクの実

<2013年8月11日 山形市 イチジクの実>

今年も大きくなーれ!

芙蓉の花、綺麗です。

芙蓉の花、綺麗です。

山形最高。


2013年9月2日 追記です。


このお客様には補腎活血(ほじんかっけつ)をメインにさせて頂きました。


「腎は耳に穴をあける」と言われるように、成長、生殖、老化に関連する腎(じん)の機能の強弱が耳の聞こえや耳鳴り、難聴などに密接に関連しています。

耳鳴、難聴などの耳の症状の改善は腎の機能を改善する、腎を補う補腎(ほじん)が一つの方法です。


同時に内耳には1本の細い血管が流れていますので、リンパの巡りを良くして耳の聞こえを良くするにも活血剤も必要になってきます。

よく耳の詰まりの漢方相談もお受けしますが、理気活血(りきかっけつ)が大切になってきます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013.05.09

めまいの漢方相談について…脈に合せてゆれる感じ

こんにちは。

今日も連休明け、仙台や米沢など遠方からのお客様が続いて楽しく漢方相談をさせて頂きました。

午後も頑張っています。


さて、昨日にスー先生から中医学(中国の漢方)について教えを頂きましたので記録していきたいです。



「立っていても座っていても頭がふらつきます。脈に合せてゆれる感じです。ときどき目が回りそうで血の気がひいていく感じに襲われます。過去 に回転性のめ まいがしてからずっと浮動感や頭痛が続いています。メニエルと一度診断されました。寝るときや起きる時のフラッとするめまいを何度か繰り返し ました。」


土屋: 漢方ではどのように考えていったら良いのでしょうか?


スー先生: 

普通のめまいは突然に起きます。

めまいよりは、うつ、先ほど土屋先生がおっしゃった「血の気(け)」がまさに引いた感じ。

自律神経系もある感じです。


甘麦大棗湯、琥珀製剤もいいです。


心気不足、心神失養→症状が沢山でます。

臓燥(ぞうそう)です。

精神的に波があります。

時には悲しい、泣き出したり。


たとえば

帰脾湯+甘麦大棗湯(もしくは百潤露でもOK)+琥珀製剤


×うつだからといって疏肝理気と限らない。逍遥丸は落ち込んで張る感じのときに使います。


きっとよくなる。

薬+心療作用

半信半疑は効かない。


ストレスで再発する可能性、睡眠不足で悪化する可能性も。

Imgp54170505

<2013年5月5日 美都餐室 mido cafe >

チムサチョイからネイザンロードを歩いて、油麻池のミドカフェまでやってきました。

この後はお隣の天后廟(ティンハウミュウ)でお参りしました。

Imgp54190505

ちょうど私たちはカフェの一番眺めの良いところ、特等席に通されました。

この写真の奥に天后廟(ティンハウミュウ)があります。

まるでマカオのように天井から渦巻いている線香が吊り下げられて独特の情感を醸し出していました。


Imgp54220505

メニューを見て妻と何しようか話していたら隣の知的な20~30代の一人でご飯を食べていた男性の方から、英語で「何かお困りでしたらお助けしましょうか?」と言われましたので、あまりの親切さに感激しました。

香港は親切な人ばかりです。


Imgp54270505

ミルクティーと香港名物の珈琲+紅茶(鴛鴦茶)です。

意外に珈琲と紅茶のブレンドが美味しいのです。


Imgp54290505

定番のフレンチトースト旨かったです。


ここのカフェはは香港の開発の波で「残っていることが奇跡的」と言われているお店だそうです。

私の薬局も「残っていることが奇跡的」と渋い感じを目指したいです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

その他のカテゴリー

LUF・黄体化未破裂卵胞|不妊と漢方薬 | PCOS・多嚢胞性卵巣症候群|不妊と漢方薬 | PMS・月経前緊張症|漢方薬 | 「ナチュラルな妊娠」「45歳、もう生んでいいかしら?」 | 「血流たっぷり」をめざしなさい | いびき|漢方薬 | おねしょ、小児夜尿症|漢方薬 | おりもの、のびおり|不妊治療と漢方薬 | お客さまとのエピソード | お腹の張り、腹部膨満感、食欲不振|漢方薬 | お香 | しびれ|漢方薬 | つわり|漢方薬 | にきび|漢方薬 | のどのつかえ、喉の痛み、難治性咽頭潰瘍|漢方薬 | ほてり|漢方薬 | むずむず脚症候|漢方薬 | めまい、立ちくらみ|漢方薬 | アトピー性皮膚炎|漢方薬 | アレルギー性鼻炎と体外受精|漢方薬 | アレルギー性鼻炎|漢方薬 | イスクラ冠元顆粒 | イスクラ冠元顆粒発売20周年記念成都シンポジウムに参加して | イスクラ婦宝当帰膠 | イスクラ独歩顆粒 | イライラ落ち込み漢方、不安落ち込み|漢方薬 | イラスト | インターネットの掲示板などで漢方紹介 | カウフマン療法|不妊と漢方薬 | カンジダ膣炎|不妊と漢方薬 | ガン(がん)|漢方薬 | クラミジア感染症|不妊と漢方薬 | クローン病、潰瘍性大腸炎|漢方薬 | ゲップ・ガス|漢方薬 | ココログ版漢方(無名)コラム・2004 | ココログ版漢方(無名)コラム・2005 | ココログ版漢方(無名)コラム・2006 | ココログ版漢方(無名)コラム・2007 | ココログ版漢方(無名)コラム・2008 | ココログ版漢方(無名)コラム・2009 | ココログ版漢方(無名)コラム・2010~ | コンクレバン | シェーグレン症候群|漢方薬 | シミ・肝斑|漢方薬 | ストレス|漢方薬 | セックスレス、性機能減退|不妊と漢方薬 | タイミング療法|不妊と漢方薬 | ダイエット|漢方薬 | チャイナビュー | チョコレート嚢胞|不妊治療と漢方薬 | ツイッター | ツボの話題 | ディスプレー症候群|漢方薬 | ドライアイ|漢方薬 | ドライシンドロームの漢方対策に | ドライマウス、口腔乾燥症|漢方薬 | ニュースレターより | ハテナ | ビタエックス(プラセンタ) | フレイルの漢方対策 | ヘパーデン結節|漢方薬 | ベビ待ち保育士さん、幼稚園教諭さん|漢方薬 | ベビ待ち小学校教員さん|不妊と漢方薬 | ベビ待ち歯科衛生士さん|不妊と漢方薬 | ベビ待ち看護師さん|不妊と漢方薬 | ベビ待ち美容師さん|不妊と漢方薬 | メニエール病|漢方薬 | メールマガジン | モンテディオ山形 | ヤフー知恵袋の漢方の回答より | リウマチ性多発筋痛症|漢方薬 | リウマチ|漢方薬 | ロコモティブシンドローム|漢方薬 | 下痢、軟便|漢方薬 | 下肢静脈瘤|漢方薬 | 不妊カウンセラーに向けて | 不妊カウンセラー・体外受精コーディネーター養成講座 | 不妊治療の基礎知識…現状と問題点 | 不妊漢方治療の応用 | 不妊症の基本検査について | 不妊症の年代別漢方相談 | 不妊症テレビお茶の間講座 「子宮内膜症」 | 不妊症専門講座・PCOS 「多嚢胞性卵巣症候群」 | 不定愁訴|漢方薬 | 不正出血|不妊と漢方薬 | 不眠|漢方薬 | 不育、流産後|不妊治療と漢方薬 | 中医五官病 | 中医痺証専門講座「南通研修」への道 | 乳がんの疫学と薬物療法 | 乳腺炎、断乳、母乳|漢方薬 | 人工授精で妊娠出産|不妊と漢方薬 | 今週の漢方相談会 2008年 | 今週の漢方相談会 2009年 | 今週の漢方相談会 2010~ | 今週の漢方相談会 2013~ | 今週の漢方相談会2017 | 体外受精で妊娠出産|不妊と漢方薬 | 何先生や中医師の先生から漢方のこと聞いたこと | 便秘|漢方薬 | 免疫性不妊|漢方薬 | 全身性エリテマトーデス(SLE)|漢方薬 | 円錐角膜|漢方薬 | 冷え性|漢方薬 | 加齢性黄斑変性症|漢方薬 | 勉強会(2004~2008) | 勉強会(2009) | 勉強会(2010) | 勉強会(2011) | 勉強会(2012~) | 動悸|漢方薬 | 卵巣予備能~全周期活血化淤 | 卵巣嚢腫|不妊と漢方薬 | 卵巣機能不全、卵巣機能低下|不妊と漢方薬 | 卵管性不妊|不妊と漢方薬 | 卵管水腫|不妊と漢方薬 | 卵管閉塞|不妊と漢方薬 | 卵胞発育不全|不妊と漢方薬 | 受精障害|不妊と漢方薬 | 口内炎|漢方薬 | 呑気症(空気嚥下症)|漢方薬 | 味覚障害|漢方薬 | 咳、ぜんそく、慢性気管支炎|漢方薬 | 咽喉頭異常感症、難治性咽頭潰瘍|漢方薬 | 嗅覚障害|漢方薬 | 土屋幸太郎・漢方講演会 | 土屋幸太郎結婚式 | 土屋薬局からのお知らせ | 土屋薬局のの口コミ、評判 | 坐骨神経痛|漢方薬 | 坑精子坑体|不妊と漢方薬 | 基礎体温が低め|不妊と漢方薬 | 基礎体温が高め|不妊と漢方薬 | 基礎体温ガタガタ|不妊と漢方薬 | 基礎体温表|不妊と漢方薬 | 夏の疲れに漢方 | 多汗症|漢方 | 夜中目が覚める|漢方薬 | 夢と不眠|漢方 | 女性のための漢方レッスン | 女性不妊症的中医治療 | 妊娠中と産後の体調不良|漢方薬 | 妊活・妊娠力アップ|漢方薬 | 子宮内膜が薄い|不妊と漢方薬 | 子宮内膜ポリープ、子宮内膜増殖症|漢方薬 | 子宮内膜症|不妊治療と漢方薬 | 子宮外妊娠後|不妊と漢方薬 | 子宮筋腫|不妊治療と漢方薬 | 子宮腺筋症|不妊治療と漢方薬 | 子宮頸がん|漢方薬 | 子宮頸管無力症|不妊と漢方薬 | 季節の漢方養生 | 季節の養生法 | 学校保健委員会 | 小児チック|漢方薬 | 小児漢方 | 小太郎製薬 | 帯状疱疹後神経痛、後遺症|漢方薬 | 後鼻漏・蓄膿症|漢方薬 | 心と体 | 感音性難聴・耳鳴り、難聴|漢方薬 | 慢性副鼻腔炎(蓄膿症)|漢方薬 | 慢性咽頭炎|漢方薬 | 我が家の庭 | 我が家の庭 2008 | 我が家の庭 2009 | 我が家の庭 2010~ | 手根管症候群、腱鞘炎、ばね指|漢方薬 | 抗リン脂質抗体|不妊と漢方薬 | 抗核抗体|不妊治療と漢方薬 | 掌蹠膿疱症|漢方薬 | 排卵痛、排卵期|不妊と漢方薬 | 排卵障害|不妊と漢方薬 | 日中線記念館 | 更年期障害|漢方薬 | 月経の経血量が減少|不妊治療と漢方薬 | 月経不妊周期療法|不妊と漢方薬 | 月経不順・生理不順|不妊と漢方薬 | 月経周期が短い|不妊と漢方薬 | 月経周期が遅れる、長い|不妊と漢方薬 | 未成熟卵|不妊症と漢方 | 椎間板ヘルニア|漢方薬 | 武漢へ | 死産後|漢方薬 | 母乳|漢方薬 | 泣きたくなる | 活血化淤の応用 | 浮腫み|漢方 | 温活GO | 漢方体験ドットコム | 漢方周期療法…南京・夏桂成先生の講義より | 漢方薬の安全性について | 漢方薬局で相談を受ける婦人病について | 無排卵・無月経/不妊と漢方薬 | 無月経・無排卵・中医不妊症テレビお茶の間講座 | 生殖医療に関わる疑問に答える | 生殖補助医療の有用性と限界 | 生理痛、月経困難症|漢方薬 | 甲状腺機能亢進症|不妊と漢方薬 | 甲状腺|不妊治療と漢方薬 | 男女の更年期と神経症|漢方薬 | 男性不妊|不妊治療と漢方薬 | 疲労|漢方薬 | 痔|漢方薬 | 痛み、しびれ|漢方薬 | 痰湿(暑湿)について | 痰湿|漢方 | 眼精疲労|漢方薬 | 着床障害、着床失敗|不妊症と漢方薬 | 着床障害|不妊治療と漢方薬 | 神経障害性疼痛|漢方薬 | 秋バテの漢方 | 空胞|不妊治療と漢方薬 | 糖尿病|漢方薬 | 経血量少ない|不妊と漢方薬 | 綿花観察日記 | 緑内障|漢方薬 | 繊維筋痛症|漢方薬 | 老人性膣炎・萎縮性膣炎|漢方薬 | 耳管開放症|漢方薬 | 耳鳴り、突発性難聴|漢方薬 | 聴覚過敏|漢方薬 | 肘痛|漢方薬 | 股関節痛|漢方薬 | 肩こり|漢方薬 | 肩甲骨の痛み|漢方薬 | 肩痛、五十肩|漢方薬 | 胃酸過多、機能性胃腸症(NUD)|漢方薬 | 背中のほてり|漢方薬 | 背中の痛み|漢方薬 | 胚盤胞|不妊治療と漢方薬 | 脂漏性皮膚炎|漢方薬 | 脈拍|漢方 | 脊柱管狭窄症|漢方薬 | 脱毛、抜け毛、薄毛の漢方薬 | 脳卒中|漢方薬 | 脳疲労症候群、脳過敏症候群|漢方 | 腰椎すべり症|漢方薬 | 腰痛|漢方薬 | 膀胱炎|漢方薬 | 膝痛|漢方薬 | 膿精液症|男性不妊の漢方薬 | 花粉症|漢方薬 | 若木山、石崎山や東根の景色 | 若木山、石崎山や東根の風景2008 | 若木山、石崎山や東根の風景2009 | 若木山、石崎山や東根の風景2010~ | 蕁麻疹、湿疹/漢方薬 | 薄い子宮内膜に漢方薬が有効である可能性がある | 薬膳 | 血の道症|漢方薬 | 血管力をつければ病気は治る | 補腎の話 | 西洋医学的にみた不妊症漢方概論 | 足底筋膜炎|漢方薬 | 逆流性食道炎|漢方薬 | 過去のバックナンバーより | 過敏性腸症候群|漢方薬 | 過活動膀胱、頻尿|漢方薬 | 遺残卵胞|不妊治療と漢方薬 | 酒さ|漢方薬 | 頭痛|漢方薬 | 頸椎症、首のこり|漢方薬 | 頻尿|漢方薬 | 顔面神経麻痺、手のふるえ|漢方薬 | 顕微授精(ICIS)|不妊と漢方薬 | 風邪|漢方薬 | 食欲不振、胃痛|漢方薬 | 食養生 | 高プロラクチン血症|不妊と漢方薬 | 高血圧|漢方薬 | 高齢不妊症、卵巣機能低下における中国漢方の考え方 | 高齢不妊|不妊治療と漢方薬 | 鷺草、朱鷺草観察日記 | 黄体機能不全|不妊と漢方薬 | 黄疸|漢方薬 | 100歳まで元気に生きる! | 2人目不妊、第二子不妊|漢方薬 | 2004年妊娠出産おめでとうございます! | 2005年妊娠出産おめでとうございます! | 2006年妊娠出産おめでとうございます! | 2007(1月~6月)妊娠出産おめでとうございます! | 2007(7月~12月)妊娠出産おめでとうございます! | 2008年妊娠出産おめでとうございます! | 2009年妊娠出産おめでとうございます! | 2009(7月~12月)妊娠出産おめでとうございます! | 2010(1月~6月)妊娠出産おめでとうございます! | 2010(7月~12月)妊娠出産おめでとうございます! | 2011年妊娠出産おめでとうございます! | 2012年妊娠出産おめでとうございます! | 2013年妊娠出産おめでとうございます! | 2014年妊娠出産おめでとうございます! | 2015年妊娠出産おめでとうございます! | 2016年妊娠出産おめでとうございます! | 2017年妊娠出産おめでとうございます! | AMH|不妊治療と漢方薬 | COPD 慢性閉塞肺疾患|漢方薬 | FSHが低い方|不妊治療と漢方薬 | FSHが高い|不妊治療と漢方薬 | POF・早発卵巣不全|不妊治療と漢方薬