カテゴリー「排卵障害|不妊と漢方薬」の記事

2017.08.04

多嚢胞性卵巣症候群の方の新規の漢方相談

こんにちは。

薬剤師、不妊カウンセラーの土屋幸太郎です。


午前中はずっと子宝相談の漢方が続いていました。

20代の排卵障害、多嚢胞性卵巣症候群の方の新規の漢方相談と40代の方の体外受精での凍結融解胚移植を成功させるご相談です。


20代で土屋薬局に来店されるお客様の場合には生理不順、多嚢胞性卵巣症候群といって排卵障害があってなかなか排卵誘発剤に反応しづらい場合と卵巣機能そのもの弱りの2つのパターンが多いようです。


多嚢胞性卵巣は小さな卵胞が卵巣表面に数多くあるも、主席卵胞が大きく育ちにくい。

子宮内膜はある程度肥厚するが、卵胞発育によるそれ以上のE2の増加はなく、また排卵による黄体ホルモンの分泌もないために子宮内膜が安定せず、内膜が維持できなくなり、子宮内膜が剥がれ落ちて破綻出血を生じる。

これが不規則な不正出血の原因となる。

それでも20歳代では毎月1個の卵が主席卵胞になりゆっくりとした発育ながらも排卵することが多いが、30代半ばになると卵巣表面の組織が硬くなり徐々に卵胞発育が排卵が困難になり、卵胞期延長による月経周期の延長から月経不順を経て次第に不規則な破綻出血に終える無排卵周期が多くなり、ついには無月経になる。


PCO、PCOSの中医学弁証論治の基本


腎精→天癸(てんき)→衝任脈が流れる→包宮に血→生理s


PCO、PCOSの中医学病理機序


1)腎虚(じんきょ)─腎精不足、衝任空虚、胞脈失養

2)痰湿(たんしつ)─過食肥甘、痰湿内生、阻滞胞脈

3)淤血(おけつ)─痰湿不去、気血不暢、互結淤血


※ 痰湿タイプは肥満の人が多い

※ 淤血→排卵していない卵巣、痰湿はおりものが多い、痰湿をとらないと淤血になる。


多嚢胞性卵巣症候群(PCOS)と漢方について」こちらから抜粋させて頂きました。


20代のお客様の場合には 1)月経周期が遅くなる時がある  2)基礎体温表が高温期が36・7℃よりも低めでしたので、まずは初回ですから 気血水の廻りをそれぞれ改善しながら、活血化瘀(かっけつかお)といって血行を改善して排卵をスムーズに促すことをメインにしました。


お客様を大いに励ましてまたのご来店のときに相談していくことになりました。


今日は、ほか妊娠されたお客様からの妊娠中の不正出血対策の漢方についてなどのお問合わせがありました。


みなさま良い結果につながりますのように精一杯漢方相談していきたいです。


多嚢胞性卵巣症候群の漢方相談。体外受精で駄目だったけど自然妊娠!こちらのコラムも参考になりましたら、幸いです。


芙蓉の花

<2017年8月3日 芙蓉の花>

芙蓉の花

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016.09.14

以前の会社の同僚が赤ちゃん出産して半年。漢方での不妊の体質改善あったと思う

午後の散歩が終わったら役所の方がきて管理薬剤師としてお話をお伺いして、その間にずっと待って頂いた新規のお客様がいらっしゃいました。

管理薬剤師になったので責任もって頑張ります。


で、ここで話は終わりではなくて、その後の漢方相談、山形市内からの20代のお客様で、ちょうど排卵誘発剤のクロミッドを月経周期5日から服用して月経周期19日目。


基礎体温は低温期がだんだんと高くなってきて36・5℃を超えています。


若いかたですから、生理周期が26日から45日まで幅があり生理不順気味、バラバラ。


Pのプロゲステロンも10以下、8ぐらいで黄体機能不全気味。


ヒューナーテストの結果も悪くて、今度は坑精子坑体の検査も進められた。


と、ここからの漢方相談でした。


生理前に胸が張りやすい、1周間前から。

イライラも1周間前から。


中医学では、生理前の胸の張りを伝統的に重要視しています。


またまだクロミッドを服用しても排卵していないので、排卵もスムーズに行くように山形県の県花「紅花」配合の漢方で理気活血も疏肝理気、養血調経と同時にお勧めしました。


帰りがけにお話がいろいろとお客様からでてきました。


「私と以前同じ会社で働いてた同僚が赤ちゃん出産して半年でした。先日に赤ちゃんに会いにいったら、土屋薬局での漢方薬で不妊の体質改善できて妊娠出来たと思う、絶対、漢方の力があった」

と土屋薬局を「イチオシ」してくれたそうです。


ありがとうございます!


「ちょうど私と同じ年だし、主人が一回り違うところも一緒だし。年上だし。そしてなかなか赤ちゃんが出来ないね」と2人で語って励まし合っていたそうです。


思わず新規のお客様には「これから真打ち登場ですよ」と「大物はこれから妊娠ですよ」と励まし、また朱良春先生のご家族からの教え「こころの養生法」の世界をご紹介して、養生法では「早寝」のこと。


サプリでは「葉酸」などがいいことなど日本不妊カウセリング学会認定不妊カウンセラーとしても(薬剤師でもありますが)、過去の研修会での資料なども一緒にお客様と見て説明させて頂きました。


今後とも早めに妊娠、出産になって頂きたいです。



次の記事は「追記です。仙台から、もし「来店を希望されるお客様」へ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016.08.31

PCOS,多嚢胞性卵巣症候群で「無排卵」「無月経」。漢方で「妊活」「排卵」できるように!

「PCOS、多嚢胞性卵巣症候群」で最高は「2年間」生理が来なかったというお客様の漢方相談をさせて頂いています。

毎回、ご主人様と一緒に来るお客様で2人とも20代の若さと元気さで溢れています。


土屋薬局の20代の子宝漢方相談では「PCOS,多嚢胞性卵巣症候群」の方が群を抜いて多いです。


看護師さんの友人同士が3人漢方相談に来たら3人とも「PCOS,多嚢胞性卵巣症候群」で「驚いた」思い出もあるくらいです。

さて話は戻ります。


「PCOS、多嚢胞性卵巣症候群」の漢方相談です。


20歳のときにはクロミッドという排卵誘発剤で反応して「排卵」していましたが、いまはまったく効き目がなくクロミッドにも反応せずに「無排卵」。

注射、HMGの注射を打っています。

それでも「卵胞」が育たずに困っています。


その「PCOS,多嚢胞性卵巣症候群」の治療はもう2年ぐらい通院しています。


卵巣が腫れやすいので少なめにHMGの注射を打っています。

舌ベロには歯型があって気虚のような感じ。

寒がり、冷え性。

LH-FSHのバランスが悪いと言われています。

ニキビ(-) ため息がでます。

今年の5月10日のことでした。


漢方薬4種類で始めました。

その後、6月15日

その日は実家のお母様と一緒のご来店でした。


土屋薬局は「お母様と一緒のご来店は妊娠する」というジンクスがあります。


「お母さんと来る」か「主人と来る」か、迷いました。

というお客様もいらっしゃるくらいです。


義理のお母さん、主人のお母さんと一緒に来るお客様もいるぐらいです。

さて、「PCOS、多嚢胞性卵巣症候群」の漢方相談です。


5月30~31日に不正出血。

ちょっと排卵誘発剤の注射も効き目が無くなってきているそうです。


6月1日に通院。

また生理を起こす注射を打ちました。

いまは生理待ち。

次は6月23日に通院の予定。


ここで漢方薬を変更しました。


「卵巣」が硬くてキロキロしているので、うまく「排卵」出来るように活血化淤(かっけつかお)、破血化淤(はけつかお)の漢方と化痰(かたん)。


先月の7月に再来店。

昨日は、「PCOS。多嚢胞性卵巣症候群」の不正出血でした。

おりものは多い感じ。

卵胞チェックしたらまだ卵胞が小さい。

子宮内膜も薄いです。


7月2日。


今回も不正出血がありました。

排卵誘発剤の次の周期は不正出血になりやすいです。


そして昨日の8月16日です。


クロミッド2錠で今回は卵胞、卵が育ちました。

ほんと「久しぶり」だそうです。

「漢方薬が効いてきた」と思う。


とご主人とニコニコした顔でお話されていました。

HCG注射を打ってタイミングもうまくとれたそうです。


今後とも早めに「妊娠」「ご懐妊」の良い結果につながっていってほしいと思いました。


<土屋薬局から一言>


PCOS,多嚢胞性卵巣症候群のときには東京駅にある待ち合わせ場所の「銀の鈴」のようです。

せっかくのいい「卵」はたくさんあるのですが、なかなか「排卵」できない。

ガラスの箱から抜けることができません。


いかにしてその「ガラスの箱」つまりキロキロとした硬い「卵巣」を「卵子」が飛び出るようにするかが漢方対策として重要になってくると思います。


山形県、酒田市、鶴岡市、庄内町、最上郡、金山町、村山市、東根市、寒河江市、河北町谷地、天童市、山形市、南陽市、米沢市、長井市、川西町。お隣の新潟県、福島県、秋田県、宮城県、仙台市などにお住いでご来店できる方はぜひ漢方相談をお寄せくださいね。

一緒に漢方で「妊活」「不妊体質改善」でPCOS、多嚢胞性卵巣症候群を克服して「不妊」から「妊娠」を目指していきましょう!


月山の眺め

<2016年8月31日>

台風10号が去った後の月山です。

晴天です。

月山

大森山

こちらは反対側の大森山方面の眺めです。

もくもくと夏の雲が。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016.08.04

「排卵障害」「f無月経」を改善する漢方で、長期戦。無事に妊娠5ヶ月になりました。

先ほど、お電話を頂戴しました。

平成26年2月24日が初めての「排卵障害」での漢方相談でした。


14歳で初潮が来てから最初は月に1回の生理でした。

体重が23~24歳のときに減ってしまって50キロ→37キロに。


生理がストップしてしまって放置していて「無月経」「無排卵」。

27歳のときに「重い腰」をあげて産婦人科の先生のところに。

クロミッド2錠でも排卵しませんでした。


ゴナールエフ皮下注ペン300も効かなかった。


卵胞が育たない。


ちょっと甲状腺が少なくてあえて「病名」をつければ「橋本病」だけど治療の必要もない。


FSHは低かった。


ふだんは「おりもの」を感じないし、「おりもの」自体も多くありません。


卵巣ドリリングという手術でも「排卵」できませんでした。

「排卵障害」「無月経」です。

土屋薬局からは漢方薬、4種類。


1)婦宝当帰膠 2)シベリア霊芝(チャガ)  3)弓帰調血飲第一加減  4)オリヂンP顆粒(プラセンタ)


東北人の山形県民の私も根気強く、忍耐力がありますが、このお客様も実は北東北のほうから遠方からわざわざ夫婦でのご来店でしたが、とても根気があり、忍耐づよく。そして根性がありました。


ずっ上記の「排卵障害対策」の漢方をサボらずに毎日続けました。


凄いことです。偉業です。


平成27年10月21日に体外受精で採卵の予定。

スプレキュアを使っている段階。


甲状腺は問題なくなりました。


ここからちょっと漢方薬を変更。


1)婦宝当帰膠 2)イスクラ冠元顆粒 3)衛益顆粒 4)シベリア霊芝 5)オリヂンP顆粒


今年の平成28年5月2日。


4月27日に陽性!妊娠です!!


5月6日が次の診察で胎嚢を確認する予定。


いまは腟坐剤、エストラーナテープ


ICSIうまくいきました!

今日のお電話 8月4日では仕事はまだ頑張っていらっしゃって女性が多い職場ですから職場のスタッフからも、そしてお客様も女性が多い職場ですから、お客様とも「妊娠」の話で盛り上がっているとのことでした。

5ヶ月ですとだいぶお腹も大きくなってきますから、今後とも無事のご出産楽しみにしています。



「無排卵」「無月経」のときは、まず「川や池に魚を増やす」ことを考えます。

「川」や「池」が汚れていましたら「汚れ」をとって「魚」が住めるようにすることも大切です。

これは「水質浄化の方法」です。

上記のお客様にお勧めした4つの漢方薬のうちの1つの方法はこの「身体の汚れ、デトックスするような漢方薬」をお勧めしました。

次に「川」や「池」が綺麗になったら、「魚」が住めるようになったと考えますから次に「栄養」をつけていきます。

「魚」とはたとえの話で「卵子」と考えてくださいね。

うまく「栄養」をつけるには中医学、中国漢方の2つの方針は「養血」と「活血」です。「調経(ちょうけい)」していきます。

根気よくステップを踏んで段階を経て「漢方薬」で「無月経」「無排卵」の不妊体質改善をして「妊娠」へつながった嬉しいお客様の口コミ、漢方体験談でした。


山形県、酒田市、鶴岡市、庄内町、最上郡、金山町、村山市、東根市、寒河江市、河北町谷地、天童市、山形市、南陽市、米沢市、長井市、川西町。お隣の新潟県、福島県、秋田県、宮城県などにお住いで、漢方に興味があるかた、ご来店できる方はぜひ漢方相談をお寄せくださいね。


私の好きな漢方に興味があるかたは、一緒に漢方で「妊活」「不妊体質改善」をしていきましょう!





<2016年8月17日追記です>

「無月経」「無排卵」を漢方で「不妊」体質改善から「妊娠」!」として漢方体験ドットコムの新しいコラムにもなりました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015.12.21

排卵障害。漢方で自然に病院の薬も使わずに排卵して生理!

こんにちは。

山形県東根市神町の土屋薬局、薬剤師、不妊カウンセラーの土屋幸太郎です。


先週の漢方相談会、午後のお客さま、ニコニコ顔で前回が初めての漢方相談でした。


今回は2回目の漢方相談で、普通は「効かなかった」とか「もっと効き目がほしい」などリクエストをお聞きすることも多いだけに、私は身構えていましたが、開口一番「すごいすごい、自然に病院の薬も使わずに排卵して生理が来ました!」

と大喜びされていました。


昨年の10月にPCOS、多嚢胞性卵巣症候群のために卵巣ドリリングをしていました。


腹腔鏡手術で、卵巣にレーザーあるいは電気メスを用いて複数の小さい穴をあける(ドリリング)手術です。


その後もなかなか排卵することが難しく、クロミッド、AIH(人工授精)、デュファストンをされても妊娠せずに、看護師さんのお友達から当店を紹介されて先月からの漢方相談をされていました。


ほかには、眠れるようになった。

イライラも減った。

排卵してすぐに綺麗に上がって二層の基礎体温で31日周期で自発生理だったので驚いた!

などなど。


とにかく気持ちが楽になって、ニキビも減ったし、夜もグッスリとのことで、喜んでもらえて本当に良かったです。


紹介者の看護師さんと二人で「お互いに漢方を続けていこうね!」と話されたそうです。


最近、不妊症、子宝漢方相談は二極化していまして(土屋薬局でわたし、土屋幸太郎が体験していること)、


○月経不順、排卵障害などPCOSの多嚢胞に起因するもの


○それ以外、高齢のかた、仙台や山形市などで体外受精をされるお客さま


少なくとも20代、30代前半で多嚢胞性のお客さま4人はいらっしゃいます。


店頭で漢方相談を摘みかねるうちに、上記のように、普通の子宝漢方相談とは考えかた、発想を変えて相談するべき。と思い、不妊症の中医学の専門講座で勉強したことなども再度学習し直しました。


とくに仙台で数年前に教わった周先生の多嚢胞性卵巣症候群に対する成功例、漢方だけで排卵できるようになって妊娠、出産された方のケースの処方を今回、実践しましたらお客様に喜んでもらえました。


今後とも「日々是決戦」ならぬ「日々是勉強」で少しずつでも積み重ねていきたいです。


xmas


母型の親戚から贈られてきた北海道のサロマ湖の牡蠣と土屋薬局のお隣の三桝農機具屋さんから頂戴しましたハタハタのゴージャスな鍋を妻に調理してもらいました。

<2015年12月20日>

母型の親戚から贈られてきた北海道のサロマ湖の牡蠣と土屋薬局のお隣の三桝農機具屋さんから頂戴しましたハタハタのゴージャスな鍋を妻に調理してもらいました。


サロマ湖の牡蠣は、焼き牡蠣に鍋料理にと大活躍でした。

サロマ湖の牡蠣は、焼き牡蠣に鍋料理にと大活躍でした。

サロマ湖の牡蠣は、焼き牡蠣に鍋料理にと大活躍でした。

サロマ湖の牡蠣は、焼き牡蠣に鍋料理にと大活躍でした。

ハタハタも旬の味でとても美味しかったです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015.12.04

早発閉経の漢方薬で3~4年ぶりに自然に生理が!!

こんばんは。

薬剤師、不妊カウンセラーの土屋幸太郎です。


お陰様で今日の金曜日も漢方相談、午前中は宮城県の仙台からのお客さま、午後は地元の山形県東根市、村山市などからのご来店がございまして忙しかったです。


明日の土曜日も何件かの漢方相談のご予約が入っていますので、しっかり対応したいです。


さて、今日に来店されたお客さま、左の卵巣に卵巣のう腫が3センチあり経過観察でした。

今年の平成27年9月28日が初回の漢方相談日です。


11月6日は「左の卵巣の腫れがひかなくて腹腔鏡手術の予定です。人工授精2回目の予定がホルモン剤も含めて中止になりました。クロミッド5日間服用してさらに卵巣に水がたまったようだ」とお聞きしています。


11月12日も卵巣が腫れていて3ヶ月間、3センチのまま

水がひかない。


そこで熟考しまして、いままでの漢方薬 + 「胃腸を丈夫にして体の余計な水分を解消するロシアの漢方」をお勧めしました。

◎今日の12月4日のご来店では、卵巣の水がひいて腫れが小さくなりました。


卵胞の下にも水が見えなくなりました。

角度によってはあるようにも、ないようにも見える。(エコー検査)


先生のほうから排卵誘発剤などが合わない体質ではないか、もし今後治療するのでしたら、排卵誘発剤を使わずに自然な感じでしていくのが良いのではないか?とアドバイスをもらったそうです。


ということで、お客様と二人三脚状態で漢方相談に取り組んでいる今日この頃です。


温泉が好きだそうで宮城県の鳴子温泉に泊まったり、栃木の那須湯本や日光湯元温泉などにも泊まりに行っているそうです。


温泉の話はいいですね。


最後に、土屋薬局に来るととても元気になるとのことで11月16日に頂戴した投函されたお葉書のことで、「もしよろしかったらココログというブログで紹介してもいいですか?」とお聞きしましたら、快諾をいただきましたので紹介させて頂きます。


お客様からの絵葉書

<2015年12月4日撮影>

「いつも、大変お世話になっております。

不妊の相談でお世話になり、幸太郎先生のその人に合った漢方のおかげで、冷え性や、夜もぐっすりとねむることができて、体調も日に日に良好になっていると感じます。

幸太郎先生の『大丈夫です。子宝に恵まれますよ』という、お言葉が本当にありがたいですし、感謝です」


また「今月もお便り書きます!」と有難いお言葉でした。

お褒めのお言葉、感激です。



昨日の夕方は午後から漢方相談のお電話が多かったのですが、一人の早発閉経のお客さま、40歳です。


早発閉経 卵巣が弱っているので排卵誘発もしづらいので自然周期で採卵しています。


1年に1回しか採卵できない。


毎年、春。


FSH70~50  LH30~50  E2 10以下


今年の平成27年11月2日からの漢方相談。


以前から当店の山形県東根市の土屋薬局の存在を知っていましたが思い切ってお電話したそうです。


漢方薬4種類お勧め


11月16日 疲れなくなった。


FSH70  LH50  E211 (11月12日の検査)


そして昨日の平成27年12月3日


◎3~4年ぶりに自然に生理がきました!


11月初めはFSH80でした。


「こんなに早く漢方が効くとは驚いています。」


「普通は3ヶ月過ぎてから効き目があると思うのですが、なんでですか?」


「漢方は体に合っていて、すごく疲れがとれました」


「まさか自然に生理が来たとは!」


などと嬉しいお電話でした。


上記の早発閉経のお客さまも掲載許可を頂いています。


では明日の土曜日も薬剤師として漢方相談、店頭で頑張ります!


早発閉経・卵巣機能不全の漢方対策」こちらも参考になりましたら、幸いです。


我が家の庭 池も雪囲い

<2015年12月3日>

我が家の庭です。

池にも雪囲いです。

金魚たちとは来年の春までお別れです。


池の雪囲い

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015.11.21

「生理不順の漢方相談について」

おはようございます。

今日は2015年11月21日土曜日です。

午前9時16分を過ぎたところですが、一昨日に東京から何先生がいらっしゃって中医学、本場の中国的な漢方の考え方をレクチャーして頂きましたので、昨日に引き続きまとめていきます。


今年の5月にお客さまから頂戴していた嬉しいお手紙を写真たてに入れることができました。

産後のダイエットについて

とシリーズ化しています。


cherry


何先生から教わったこと 


その2)


「生理不順の漢方相談について」


このお客様は虚は強くないですね。

やや熱がこもっている感じです。


精神が爽やかになる漢方薬を使うとよい。


肝血虚(かんけっきょ)


舌の両側のギザギザがひどくないからです。(舌ベロの横側のギザギザがあるときは気血両虚)


精神が爽やかになる漢方薬に丹参製剤(少量)


肝血虚があるから生理が作れなくなった。


婦宝当帰膠+精神が爽やかになる漢方薬+丹参製剤(少量)


今の処方の上に精神が爽やかになる漢方薬を満量で1日3回のむとよい。

効果が出てくる、元気になる。

精神が爽やかになる漢方薬は月経周期が長い人が服用していると月経周期が短くなってくる。


寝る前には神様が枕元で教えてくれたレジェンドな漢方薬


心脾の病には二陽に発する漢方薬なども非常に良いです。


無月経には ☆精神が爽やかになる漢方薬+人参と鹿茸が配合された1日30丸飲む漢方薬


ホルモンは肝臓で合成される。

肝血虚、肝鬱気滞→ホルモンの合成がダメになる、生理を作れなくなる。


cherry


便秘→子宮にも良くない

津液が枯れる。

将来は子宮筋腫にもなりやすい。


便秘には、麻子仁丸+胃腸を健やかにする漢方薬半包(残りの半分はクリップで止めて冷蔵庫に)


起床時または寝る前に服用して通じを良くする。


便秘に良い漢方薬+胃腸を健やかにする漢方薬→効果が良くなる


便秘薬だけだと大腸が動かなくなる→なまけものになる。


胃腸を健やかにする漢方薬→大腸の働きが良くなる。

陽明系のお薬だから


胃は陽明、大腸も陽明(胃腸が健やかになる漢方薬が効く理由)

半包でも品質がいいから大丈夫


0081112

<2015年11月16日>

若木山からの展望です。

左から月山、葉山


0091112

今年も月山の白い帽子は素晴らしいです。

いい眺めです。


0101112

葉山はまだ麓に近いほうなので降雪していません。

晩秋といったところです。


0111112

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015.10.29

POF(早発閉経)の漢方検討会…悪性リンパ腫、急性骨髄性白血病

こんにちは。

薬剤師、不妊カウンセラーの土屋幸太郎です。


今日の2015年10月29日は午後から東京から何先生をお迎えして、漢方ミニ勉強会を店内でします。

最近は妻がおもに黄帝内経素問を習っていますが、私も何先生のお陰で中医学の理論が肌身につきました。

中医学、つまり漢方医学の勉強は読書など本も読むことも大切ですが、分かっている優れた先生から口伝で習うことも大切です。

ちょっとした一言が印象に残って、後々まで記憶に残り、それが漢方相談のときに力を発揮することもございます。


さて、一昨日の火曜日の夜に中医不妊症お茶の間講座 薔薇グループ POF(早発閉経)の中国漢方対策を勉強しました。


いまは体外受精などの地域で有名な不妊専門の体外受精に力を入れているクリニックに通って、排卵誘発、採卵に挑戦している方も多い時代ではないでしょうか。

アートクリニックとか多いですよね。


0051029

<2015年10月27日火曜日> 20~22時


3名の全国の不妊症に強い漢方薬局の先生方が症例を発表されました。


POF(早発閉経)の漢方検討会にて私がメモしたこと、印象に残ったことをログしていきたいです。



1)39歳 2人目不妊 無月経


向精神薬を服用していて、できるだけ減らすような方向で努力しながらお子様を授かる治療をされています。


漢方薬は、婦宝当帰膠、心脾顆粒、麦味参顆粒、甘麦大棗湯など


<テューターの陳先生からのまとめです>


1つは漢方薬で生理周期、月経周期を整える事


プロラクチンが高い可能性がある。→高プロラクチン血症(または潜在性高プロラクチン血症)は排卵障害、黄体機能不全になる可能性がある。


炒麦芽(いりばくが)を多めに使う。


漢方薬の理気(りき)も必要…逍遥丸(しょうようがん)など


肥満の場合には痰湿(たんしつ)だから、排卵障害、黄体機能不全にもなりやすい。


化痰(かたん)が必要…温胆湯がいい、痰湿(たんしつ)をとり安神効果がある。


またはチャガもいい


主人も大事…奥さんだけの問題ではないかもしれません。


気血不足(きけつぶそく)…肝(かん)は蔵血(ぞうけつ)、疏泄(そせつ)作用がある。


逍遥丸(しょうようがん)は補血理気(ほけつりき)なので女性のうつ症状に一番とよい


逍遥丸は積極的に使うべき


+炒麦芽


漢方薬の温胆湯(うんたんとう)も眠れないときには、昼夜などに加える。


本人の症状に合わせて漢方薬を使い分ける。


顔ののぼせ→気滞血淤で加味逍遥散がいい

または逍遥丸


足は冷たいので本質は「熱」ではない。


補腎(ほじん)  排卵前には亀鹿仙(きろくせん)など


ずっと飲むもの…婦宝当帰膠(ふほうとうきこう)、逍遥丸、補腎薬(ほじんやく)

+症状に応じて加減するもの…温胆湯など


うまく本人の症状に漢方薬を合わせていくべき



2)40歳 結婚8ヶ月 若いときに無月経になったことがある。


<テューターの陳先生からのまとめです>


稽留流産…卵の質が悪い、精子の質が悪い。

または40歳以降など年齢の問題


甲状腺機能も考慮する。


瀉火補腎丸(しゃかほじんがん)→すぐに使わない、舌診と合わせて使う、陰虚火旺に


BBTが高くても、寝るのが遅かったり、起床が遅いとBBTが高くなる。



○会員店の先生からの質問


「亀鹿(きろくせん)と瀉火補腎丸の使い分けは?」


○テューターの陳先生の回答


「亀鹿仙は補陰がメイン、陰虚陽亢(いんきょようこう)に。

つまり陰と陽が仲良くなる。

熱を取り除くのではない、正常に戻すこと。

体を冷やしたり、性腺軸を抑制するのはよくないです。」



3)悪性リンパ腫にかかって化学療法、幹細胞移植のために放射線を浴びて月経が止まったかたや急性骨髄性白血病などにかかって以上の理由から早発閉経(POF)になった方など。POF(早発閉経)の漢方対策は?


<テューターの陳先生からのまとめです>


若いときに悪性腫瘍になった。

以上の方たちの規則性はない。


中国漢方では先天的な腎虚(じんきょ)と考え、補腎(ほじん)が大事。


免疫力も考える。


長期間生理が止まる…腎虚+気血不足+瘀血おけつ(淤血の場合にはピルの長期服用が原因だからメインの証ではない)


おもに虚がメイン


補腎精+陰陽双補(いんようそうほ)


漢方薬の参茸補血丸(さんじょうほけつがん)は非常に良い。


化学療法の副作用を軽減する。


双料参茸丸(そうりょうさんじょうがん)もとても良い。


化学療法は熱を生じる→陰虚が進む→まずは補陰(ほいん)


元気がなければ補陽(ほよう)も必要


服用方法の一例


Aパターン   朝は漢方の補陽、夜は漢方の補陰


Bパターン   ある一定の程度漢方薬で補陰(ほいん)して、その後に漢方薬の補陽薬(ほようやく)で月経周期を作っていく


以上、POF,早発閉経などを含む中国漢方式漢方対策の漢方薬局勉強会のまとめでした。


POF・早発閉経に効く漢方薬、妊娠」 

早発閉経・卵巣機能不全の漢方対策/FSHが高くてAMHが少なめの漢方対策/卵巣機能を高める

こちらの記事も参考になりましたら、幸いです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015.04.19

許潤三先生の漢方本で排卵障害と不正出血をお勉強

こんにちは!

薬剤師、不妊カウンセラーの土屋幸太郎です。

山形はすっかり桜の季節です。

あちこちで満開で穏やかな日々です。


私のほうは、柴松岩先生の中医婦人科のおもに不妊症に関わる全ての分野、婦人科の医案を40症例、中国語で20万8千字を読破しました!

早発閉経の大家の先生ですから、今後の店頭でのAMHが少ないかた、FSHが高いかたへのお役立ちになれたら嬉しいです。


POF・早発閉経に効く漢方薬、妊娠」 

早発閉経・卵巣機能不全の漢方対策/FSHが高くてAMHが少なめの漢方対策/卵巣機能を高める

こちらの記事も参考になりましたら、幸いです。



いまは許潤三先生という、こちらは同じく北京の日中友好医院の国家級老中医、臨床経験60年の大家の先生の本を読んでいます。


中医婦人科の本

<2015年4月19日撮影>

日本では馴染み深い傷寒論にもお詳しい、シンプルな方剤で効き目の良さを発揮する「打てば太鼓のように響く」漢方を実践されている先生です。

最近読んだページのご紹介です。


中医婦人科の本

まず排卵障害の不妊から。悩んでいる方も多いです。クロミッドでなかなか排卵しない多嚢胞の方の場合は肌身に染みると思います。毎日注射に通ったのに、卵が出来すぎて人工授精を見送ったり、タイミングが合わなかったり。

長期の排卵障害はいわゆる閉経の状態、早発閉経。

高プロラクチン血症、未破裂卵胞症候群、黄体効能不足への漢方対策。


甲状腺機能低下。


中医婦人科の本

こちらは崩漏(ほうろう)です。不正出血のことです。

高温期の生理前の不正出血だったり、おもに黄体機能不全によります。

多嚢胞、pcosの方の不正出血は、破綻出血。いきなり止血するのではなく、活血化瘀もしながら体質改善していきます。

子宮内膜ポリープの不正出血、子宮腺筋症のつらい強い痛み、過多月経、ダラダラした不正出血などの漢方対策など。

もっと内容を読んでいるのですが、ページが長くなりますので、また中医学、中国漢方の北京の老中医の医案を読むシリーズでアップ⤴︎したいです。


若木山

先日、久々に若木山に登りました。

若木山は神町の宝です。

若木山

若木山を登る道。ああ


フキノトウがまだ咲いていました

フキノトウがまだ咲いてました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015.02.02

早発閉経、FSHが3まで下がり卵胞も育ってきた!

おはようございます。

先週の土曜日の漢方相談会、すごく経過が良いお客様が多かったのです。

特筆すべきです!


○仙台の漢方相談のお客さま…「基礎体温が高めの漢方相談で」


基礎体温が高めでしたので、いままで「まだ基礎体温が高いです」と「基礎体温が高めの漢方相談」を頑張りましたが当初は思うように効果が出ずに苦戦しましたが、とうとう12月に救世主の漢方が登場しました。

これが素晴らしいのですが、基礎体温が低温期がスッと下がって、そのまま妊娠につながっています。

高温期が続いていて間もなく5週目です。



○南陽市の漢方相談のお客さま…「お子様の小児の漢方相談で」


お子様の漢方相談、素晴らしく調子が良くて、お母さまなど家族の人たちも大喜びです。

とてもよい年末年始を家族そろって迎えられたそうです。



○天童市の漢方漢方のお客さま…「流産後に解禁後、一発での妊娠!!」


流産後の体調の回復の漢方相談から、解禁後一発でのご懐妊でした。

順調な経過で素晴らしいです。

妊娠直前に、開気丸で気の流れも良くなったのが功を奏したのでは?と喜んでおります。

日本一の開気丸を上手に使う男になりたいです。


○東根市の漢方相談のお客さま…20代のうちに妊娠、出産したいという夢がかなえられる!!


20代のうちに妊娠、出産したいという夢がかなえられそうです。

もう5ヶ月になるそうです。


「基礎体温が高め」「月経周期が25日前後で短め」でしたが、お年もお若く漢方の効き目も良くて妊娠直前は、 杞菊地黄丸+補腎精+冬至と夏至に採取される中国漢方の補陰の名方などの組み合わせでご懐妊でした!


○山形市の漢方相談のお客さま…多嚢胞性卵巣で排卵障害


多嚢胞性卵巣で排卵障害

顔は紅くなりやすい

とうとう12月に多嚢胞性卵巣のかたも排卵しやすくなる漢方が登場しましたので、先月からお勧めしていましたら誘発剤なしに順調に卵胞が育ちました。

HCG+タイミングもバッチリで基礎体温がすごくいいです。



○神町の漢方相談のお客さま…周期療法の漢方相談で基礎体温が良くなった、高温期がスッと綺麗に


当店に歩いてこれるだけあって、細かく1週間に1~2回は漢方相談しているだけありまして、12月からの漢方ですぐに基礎体温が良くなりました。

今周期はタイミングばっちりで高温期が綺麗でいい結果を楽しみにしています。



○東根市の漢方相談のお客さま…早発閉経、FSHが3まで下がり卵胞も育ってきた!


早発閉経で長年、通院されているかたです。

とうとう、補腎精の素晴らしい漢方が登場しましたので、今までの漢方+「補腎精の素晴らしい漢方」でお顔がタレントさんのようにとても綺麗になりました。

私が子供時代で言えば、「銀河鉄道999」のメーテルのような美しさになりました。


今まで当店では仲間由○恵さんのようなオーラになって3か月ぐらいで妊娠されたお客様もいらっしゃいましたが、とうとうタレントさんの登場です。

案の定、FSHが3・いくつと数字が落ち着いてなんと卵胞も育っていて、とうとう体外受精の採卵周期に入れることになりました!


(マスクをされて風邪予防をしていましたが、まつ毛など目の瞳もとても美しくなられて驚くばかりでした)

わが家の庭

<2015年2月2日 わが家の庭>

まだまだ寒の強い山形です。

朝は鳥たちが元気に空を飛び、鳴き声も賑やかです。

先週、なんと鶴がいたんです。

妻に語っても信じてくれませんでしたが、わたしと両親の3人で鶴をみました。

土屋薬局、とっても縁起が良い場所です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧

その他のカテゴリー

LUF・黄体化未破裂卵胞|不妊と漢方薬 | PCOS・多嚢胞性卵巣症候群|不妊と漢方薬 | PMS・月経前緊張症|漢方薬 | 「ナチュラルな妊娠」「45歳、もう生んでいいかしら?」 | 「血流たっぷり」をめざしなさい | いびき|漢方薬 | おねしょ、小児夜尿症|漢方薬 | おりもの、のびおり|不妊治療と漢方薬 | お客さまとのエピソード | お腹の張り、腹部膨満感、食欲不振|漢方薬 | しびれ|漢方薬 | つわり|漢方薬 | にきび|漢方薬 | のどのつかえ、喉の痛み、難治性咽頭潰瘍|漢方薬 | ほてり|漢方薬 | むずむず脚症候|漢方薬 | めまい、立ちくらみ|漢方薬 | アトピー性皮膚炎|漢方薬 | アレルギー性鼻炎と体外受精|漢方薬 | アレルギー性鼻炎|漢方薬 | イスクラ冠元顆粒 | イスクラ冠元顆粒発売20周年記念成都シンポジウムに参加して | イスクラ婦宝当帰膠 | イスクラ独歩顆粒 | イライラ落ち込み漢方、不安落ち込み|漢方薬 | インターネットの掲示板などで漢方紹介 | カウフマン療法|不妊と漢方薬 | カンジダ膣炎|不妊と漢方薬 | ガン(がん)|漢方薬 | クラミジア感染症|不妊と漢方薬 | クローン病、潰瘍性大腸炎|漢方薬 | ゲップ・ガス|漢方薬 | ココログ版漢方(無名)コラム・2004 | ココログ版漢方(無名)コラム・2005 | ココログ版漢方(無名)コラム・2006 | ココログ版漢方(無名)コラム・2007 | ココログ版漢方(無名)コラム・2008 | ココログ版漢方(無名)コラム・2009 | ココログ版漢方(無名)コラム・2010~ | コンクレバン | シェーグレン症候群|漢方薬 | シミ・肝斑|漢方薬 | ストレス|漢方薬 | セックスレス、性機能減退|不妊と漢方薬 | タイミング療法|不妊と漢方薬 | ダイエット|漢方薬 | チャイナビュー | チョコレート嚢胞|不妊治療と漢方薬 | ツイッター | ディスプレー症候群|漢方薬 | ドライアイ|漢方薬 | ドライマウス、口腔乾燥症|漢方薬 | ニュースレターより | ハテナ | ビタエックス(プラセンタ) | フレイルの漢方対策 | ヘパーデン結節|漢方薬 | ベビ待ち保育士さん、幼稚園教諭さん|漢方薬 | ベビ待ち小学校教員さん|不妊と漢方薬 | ベビ待ち歯科衛生士さん|不妊と漢方薬 | ベビ待ち看護師さん|不妊と漢方薬 | ベビ待ち美容師さん|不妊と漢方薬 | メニエール病|漢方薬 | メールマガジン | モンテディオ山形 | ヤフー知恵袋の漢方の回答より | リウマチ性多発筋痛症|漢方薬 | リウマチ|漢方薬 | ロコモティブシンドローム|漢方薬 | 下痢、軟便|漢方薬 | 下肢静脈瘤|漢方薬 | 不妊カウンセラーに向けて | 不妊カウンセラー・体外受精コーディネーター養成講座 | 不妊治療の基礎知識…現状と問題点 | 不妊漢方治療の応用 | 不妊症の基本検査について | 不妊症の年代別漢方相談 | 不妊症テレビお茶の間講座 「子宮内膜症」 | 不妊症専門講座・PCOS 「多嚢胞性卵巣症候群」 | 不定愁訴|漢方薬 | 不正出血|不妊と漢方薬 | 不眠|漢方薬 | 不育、流産後|不妊治療と漢方薬 | 中医五官病 | 中医痺証専門講座「南通研修」への道 | 乳がんの疫学と薬物療法 | 乳腺炎、断乳、母乳|漢方薬 | 人工授精で妊娠出産|不妊と漢方薬 | 今週の漢方相談会 2008年 | 今週の漢方相談会 2009年 | 今週の漢方相談会 2010~ | 今週の漢方相談会 2013~ | 今週の漢方相談会2017 | 体外受精で妊娠出産|不妊と漢方薬 | 何先生や中医師の先生から漢方のこと聞いたこと | 便秘|漢方薬 | 免疫性不妊|漢方薬 | 全身性エリテマトーデス(SLE)|漢方薬 | 円錐角膜|漢方薬 | 冷え性|漢方薬 | 加齢性黄斑変性症|漢方薬 | 勉強会(2004~2008) | 勉強会(2009) | 勉強会(2010) | 勉強会(2011) | 勉強会(2012~) | 動悸|漢方薬 | 卵巣予備能~全周期活血化淤 | 卵巣嚢腫|不妊と漢方薬 | 卵巣機能不全、卵巣機能低下|不妊と漢方薬 | 卵管性不妊|不妊と漢方薬 | 卵管水腫|不妊と漢方薬 | 卵管閉塞|不妊と漢方薬 | 卵胞発育不全|不妊と漢方薬 | 受精障害|不妊と漢方薬 | 口内炎|漢方薬 | 呑気症(空気嚥下症)|漢方薬 | 味覚障害|漢方薬 | 咳、ぜんそく、慢性気管支炎|漢方薬 | 咽喉頭異常感症、難治性咽頭潰瘍|漢方薬 | 嗅覚障害|漢方薬 | 土屋幸太郎・漢方講演会 | 土屋幸太郎結婚式 | 土屋薬局からのお知らせ | 土屋薬局のの口コミ、評判 | 坐骨神経痛|漢方薬 | 坑精子坑体|不妊と漢方薬 | 基礎体温が低め|不妊と漢方薬 | 基礎体温が高め|不妊と漢方薬 | 基礎体温ガタガタ|不妊と漢方薬 | 基礎体温表|不妊と漢方薬 | 多汗症|漢方 | 夜中目が覚める|漢方薬 | 夢と不眠|漢方 | 女性のための漢方レッスン | 女性不妊症的中医治療 | 妊娠中と産後の体調不良|漢方薬 | 妊活・妊娠力アップ|漢方薬 | 子宮内膜が薄い|不妊と漢方薬 | 子宮内膜ポリープ、子宮内膜増殖症|漢方薬 | 子宮内膜症|不妊治療と漢方薬 | 子宮外妊娠後|不妊と漢方薬 | 子宮筋腫|不妊治療と漢方薬 | 子宮腺筋症|不妊治療と漢方薬 | 子宮頸がん|漢方薬 | 子宮頸管無力症|不妊と漢方薬 | 季節の養生法 | 学校保健委員会 | 小児チック|漢方薬 | 小児漢方 | 小太郎製薬 | 帯状疱疹後神経痛、後遺症|漢方薬 | 後鼻漏・蓄膿症|漢方薬 | 心と体 | 感音性難聴・耳鳴り、難聴|漢方薬 | 慢性副鼻腔炎(蓄膿症)|漢方薬 | 慢性咽頭炎|漢方薬 | 我が家の庭 | 我が家の庭 2008 | 我が家の庭 2009 | 我が家の庭 2010~ | 手根管症候群、腱鞘炎、ばね指|漢方薬 | 抗リン脂質抗体|不妊と漢方薬 | 抗核抗体|不妊治療と漢方薬 | 掌蹠膿疱症|漢方薬 | 排卵痛、排卵期|不妊と漢方薬 | 排卵障害|不妊と漢方薬 | 日中線記念館 | 更年期障害|漢方薬 | 月経の経血量が減少|不妊治療と漢方薬 | 月経不妊周期療法|不妊と漢方薬 | 月経不順・生理不順|不妊と漢方薬 | 月経周期が短い|不妊と漢方薬 | 月経周期が遅れる、長い|不妊と漢方薬 | 未成熟卵|不妊症と漢方 | 椎間板ヘルニア|漢方薬 | 武漢へ | 死産後|漢方薬 | 母乳|漢方薬 | 泣きたくなる | 活血化淤の応用 | 浮腫み|漢方 | 温活GO | 漢方周期療法…南京・夏桂成先生の講義より | 漢方薬の安全性について | 漢方薬局で相談を受ける婦人病について | 無排卵・無月経/不妊と漢方薬 | 無月経・無排卵・中医不妊症テレビお茶の間講座 | 生殖医療に関わる疑問に答える | 生殖補助医療の有用性と限界 | 生理痛、月経困難症|漢方薬 | 甲状腺機能亢進症|不妊と漢方薬 | 甲状腺|不妊治療と漢方薬 | 男女の更年期と神経症|漢方薬 | 男性不妊|不妊治療と漢方薬 | 痔|漢方薬 | 痛み、しびれ|漢方薬 | 痰湿|漢方 | 眼精疲労|漢方薬 | 着床障害|不妊治療と漢方薬 | 神経障害性疼痛|漢方薬 | 空胞|不妊治療と漢方薬 | 糖尿病|漢方薬 | 経血量少ない|不妊と漢方薬 | 綿花観察日記 | 緑内障|漢方薬 | 繊維筋痛症|漢方薬 | 老人性膣炎・萎縮性膣炎|漢方薬 | 耳管開放症|漢方薬 | 耳鳴り、突発性難聴|漢方薬 | 聴覚過敏|漢方薬 | 肘痛|漢方薬 | 股関節痛|漢方薬 | 肩こり|漢方薬 | 肩甲骨の痛み|漢方薬 | 肩痛、五十肩|漢方薬 | 胃酸過多、機能性胃腸症(NUD)|漢方薬 | 背中のほてり|漢方薬 | 背中の痛み|漢方薬 | 胚盤胞|不妊治療と漢方薬 | 脂漏性皮膚炎|漢方薬 | 脈拍|漢方 | 脊柱管狭窄症|漢方薬 | 脱毛、抜け毛、薄毛の漢方薬 | 脳卒中|漢方薬 | 脳疲労症候群、脳過敏症候群|漢方 | 腰椎すべり症|漢方薬 | 腰痛|漢方薬 | 膀胱炎|漢方薬 | 膝痛|漢方薬 | 膿精液症|男性不妊の漢方薬 | 花粉症|漢方薬 | 若木山、石崎山や東根の景色 | 若木山、石崎山や東根の風景2008 | 若木山、石崎山や東根の風景2009 | 若木山、石崎山や東根の風景2010~ | 蕁麻疹、湿疹/漢方薬 | 薄い子宮内膜に漢方薬が有効である可能性がある | 薬膳 | 血の道症|漢方薬 | 血管力をつければ病気は治る | 補腎の話 | 西洋医学的にみた不妊症漢方概論 | 足底筋膜炎|漢方薬 | 逆流性食道炎|漢方薬 | 過去のバックナンバーより | 過敏性腸症候群|漢方薬 | 過活動膀胱、頻尿|漢方薬 | 遺残卵胞|不妊治療と漢方薬 | 酒さ|漢方薬 | 頭痛|漢方薬 | 頸椎症、首のこり|漢方薬 | 頻尿|漢方薬 | 顔面神経麻痺、手のふるえ|漢方薬 | 顕微授精(ICIS)|不妊と漢方薬 | 風邪|漢方薬 | 食欲不振、胃痛|漢方薬 | 高プロラクチン血症|不妊と漢方薬 | 高血圧|漢方薬 | 高齢不妊症、卵巣機能低下における中国漢方の考え方 | 高齢不妊|不妊治療と漢方薬 | 鷺草、朱鷺草観察日記 | 黄体機能不全|不妊と漢方薬 | 黄疸|漢方薬 | 100歳まで元気に生きる! | 2人目不妊、第二子不妊|漢方薬 | 2004年妊娠出産おめでとうございます! | 2005年妊娠出産おめでとうございます! | 2006年妊娠出産おめでとうございます! | 2007(1月~6月)妊娠出産おめでとうございます! | 2007(7月~12月)妊娠出産おめでとうございます! | 2008年妊娠出産おめでとうございます! | 2009年妊娠出産おめでとうございます! | 2009(7月~12月)妊娠出産おめでとうございます! | 2010(1月~6月)妊娠出産おめでとうございます! | 2010(7月~12月)妊娠出産おめでとうございます! | 2011年妊娠出産おめでとうございます! | 2012年妊娠出産おめでとうございます! | 2013年妊娠出産おめでとうございます! | 2014年妊娠出産おめでとうございます! | 2015年妊娠出産おめでとうございます! | 2016年妊娠出産おめでとうございます! | 2017年妊娠出産おめでとうございます! | AMH|不妊治療と漢方薬 | COPD 慢性閉塞肺疾患|漢方薬 | FSHが低い方|不妊治療と漢方薬 | FSHが高い|不妊治療と漢方薬 | POF・早発閉経|不妊治療と漢方薬