カテゴリー「勉強会(2009)」の記事

2009.12.09

子宮筋腫の不正出血タイプ別漢方対策。気血不足、実熱

おはようございます。

土屋です。

昨夜は午後8時から午後9時半ごろまで、ギンガネットでの中医不妊症、子宝漢方相談のテレビ電話勉強会がありました。

長崎の先生の症例を各地の先生方で検討して、中医学講師の先生がチューターをしました。

他の漢方薬局の先生がどのような相談をしているとか、先生方の考え方を聞くことは大いに勉強になりますので、今後との店頭に役立てていきたいと思っています。


簡単なまとめ


子宮筋腫は不正出血になりやすい。


1)気血不足タイプの不正出血には、

帰脾錠+田七人参


2)実熱タイプの不正出血には、

涼血清営顆粒+二至丹



○弓帰調血飲第一加減は、当帰芍薬散も桂枝茯苓丸も配合されている。

養血活血、行気活血、温通止痛、健脾和胃

処方の香附子、益母草は調経作用がある。


○爽月宝は、ピクノジェノール+鎮痛作用

婦宝当帰膠の併用が効果的。



子宮筋腫


漿膜下筋腫…漿膜面への突出>50%

筋層内筋腫…漿膜面への突出<50%、内腔を変形しない

粘膜下筋腫…内腔を変形する


子宮内腔に影響があるような子宮筋腫は妊娠率や着床率が悪い。

不妊の原因になりそうな子宮筋腫→粘膜下筋腫、5cm以上の筋腫、子宮頚管や卵管に近い筋腫、子宮内腔に変形がなくてもART(体外受精)では子宮筋腫があるほうが成績が悪い。


子宮筋腫:下腹部のしこり、冷痛、腰膝がだるい、倦怠無力、月経後期、量少、色黒っぽい、血塊、おりもの多い、水っぽい、手足の冷え、舌淡紫、舌薄白

腎陽不足、寒凝、淤血痰濁

温補腎陽、活血消癥、兼利湿化痰

方剤:参茸補血丸、爽月宝

桂枝茯苓丸、弓帰調血飲第一加減



子宮筋腫の兼証の出血について


子宮筋腫の兼証1 (出血)

出血だらだら続く、色淡い、質薄い、血塊

倦怠、四肢無力、舌淡暗、舌薄白

気虚出血

益気摂血(えっきせっけつ)、化淤


帰脾湯、田七人参



子宮筋腫の兼証2 (出血


月経先期、量多、色紅

心煩、口渇、便秘、舌紅

弁証:血熱出血

涼血止血(りょうけつしけつ)


涼血清営顆粒、二至丹



子宮筋腫の兼証3: (月経痛) 寒凝淤血(かんぎょうおけつ)

下腹部冷え、月経後期、量少、色暗、血塊、月経痛が激しい

手足冷え、色淡紫、苔薄白

暖宮散寒、化淤止痛(月経期)

温経湯、弓帰調血飲第一加減、爽月宝



子宮筋腫の兼証4: 月経量少、後期、あるいは閉経

顔色蒼白、あるいは萎黄、唇甲色痰、めまい、動悸、息切れ、手足しびれ、:舌痰

血虚

養血調経、消癥

婦宝当帰膠、桂枝茯苓丸、参茸補血丸



<子宮筋腫の周期療法の漢方対策>

全周期活血化淤:弓帰調血飲第一加減、爽月宝

卵胞期:杞菊地黄丸、二至丸

黄体期:参茸補血丸など

補腎養血調経も大切


子宮筋腫の/不妊と漢方こちらのスレッドも全体的に子宮筋腫の漢方対策、漢方体験談まとまっています。参考になりましたら、幸いです。

柿の実

<2009年12月7日 柿の実>

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009.11.07

「不妊症専門講座」…大極図について

昨日、一昨日と荷物を整頓していたら、
過去の勉強会のノートが見付かりました。

ココログにアップして、デジタル化したいです。


2005年6月4日 京都「中医不妊症グループミーティング」

過去にこちらで紹介しています。

京都に「不妊症専門講座」の勉強会に行ってきました。


1)大極図→丸い→すべて循環している。

グルグル回る。世の中はすべて回っている。普遍性がある。

人生もそう。→生は死の始まり、死は生の始まり。

人生も一つの循環。

男性も周期がある。


2)

白黒二匹の魚→陽は黄体期、黒い点は陽の中の基礎。

重陰転陽→陰(卵胞期)→白い点は陰の中の陽の基礎→重陰転陽

↑           ○
○           ↓

ホールが上がる   ボールが下がる

人生も一つの循環


3)いつも同じ周期でない→次回は違う、

魚の形は動作的→動いている円

白と黒の魚は相対的にバランスがとれている。

二極→お互いに相手を大切にしている。

相手の種を持っていないといけない。

無いと子供ができない。

決別になってしまう。


真ん中の曲線は、迂回、曲線、バランス

陰の中の陽が無いと、陰が動かない、

いくら補陰してもダメ、補陽も大切。


☆陰陽のリズム→つねに動いている

☆相対的にバランスをとっている。


陰は静かでないと成長できない。

静止→相対的  陽→動態的


◎陰と陽のバランス→健康

陰平陽秘、精神乃治

低温期14日、高温期14日→理想


重陽からさらに陰とバランスをとるために7日間陽が続く。


アンバランスは、バランスをとるようにしていく、発展していく。

基礎体温もバランスがとれていると良い。


陽→上がる  らせん状→人生と同じ、DNAもらせん状


生理が前回良かったが、今回は悪かった。

らせんのように良いときも悪いときもある。

周期療法も同じ。


心肝軸を重要視する。

心と腎も大事、心腎軸


陰陽のリズムで薬を変える。

周期療法→未病先防

生理痛の前に高温期を整える。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009.09.16

不妊症の漢方症例検討。体外受精をいかに成功させるか?

こんにちは。

薬剤師、不妊カウンセラーの土屋幸太郎です。

昨日の夜は、午後8時から午後10時までテレビ電話で全国の漢方薬局の先生方と症例検討会をしました。

議題は2つで、今回は私のメモの清書を書き込みます。

中医師 劉先生と中心にした検討会でした。



1)体外受精の移植のとき、ETのとき出血したら失敗しやすい。

血の鉄分に毒性があり受精卵に悪い。

(これは京都の婦人科医の中山先生も言っていた)


2)生理期の体温が悪い


高温期の生理前の不正出血は、移植周期の前には解消したほうが良い。

原因は、


○気虚(ききょ)

○肝鬱化火(かんうつかか)→二至丹が良い

二至丹→BBT高め、35歳以上の方

3)低温相が長い→陰陽の不足がある

杞菊地黄丸や参茸補血丸などを使ったり。


4)活血化淤剤の使い分け


血府逐淤丸→補と寫のバランスが良い

BBTが高め→水快宝、田七人参

気滞→冠元顆粒

生理に血塊があってコアグラ状の出血→弓帰調血飲第一加減

水飲も解消できるから。

5)子宮内膜が薄い方→紅沙棘(天然型ビタミンE)、お肌もきれいになる


6)高温期の皮膚のトラブル→二至丹→高温期が楽になる、流産予防に


7)流産─染色体の異常で流産。受精卵の質を良くする。


8)高プロラクチン─乳漏、乳房張痛→炒麦芽で改善。

養生茶は、玫瑰花、仏手


9)移植後の高温期出血─帰脾錠、二至丹で収斂固摂止血


10)自然周期卵胞期が長い→補腎薬で改善。


11)採卵数が少ない、分割が良くない→卵巣機能を高め、刺激を避け、自然周期採卵を望み。半年くらい体づくり


12)皮膚のトラブル─鬱熱、陰虚虚熱


13)排卵が早い→滋陰、収斂作用→夏至と冬至にとれるものが良い。

14)クロミッドを使うときに、胎盤エキス製剤→おりものや生理の量に。


15)プロラクチン

脳下垂体の一部分から分泌される乳腺刺激ホルモン。

妊娠後乳腺の刺激、授乳期間乳汁の分泌を促し、排卵を抑える働き


入眠後60~90分で血中PRLは優位に上昇し、夜間にピークに達し、覚醒後は1時間以内に低下、午前10~12時ごろ最低値を示す。



○肝系欝熱→乳汁微黄、濃い、乳房張痛、イライラ、口苦咽干、便秘不眠→BBTは二層性、不安定→加味逍遥散、炒麦芽


○腎虚火旺→閉経不妊乳漏稀薄、腰がだるい耳鳴り、五心煩熱、舌赤少苔、一層性、不安定→瀉火補腎丸、炒麦芽、オリヂンP


○脾虚痰湿→閉経肥満、乳汁量多稀薄、乳房張痛なし、むくみ便が柔らかい、舌淡膩→一層性、卵胞期長い→補陰剤+炒麦芽など


ヘブンリーブルー

<2009年9月17日 我が家の庭 西洋朝顔 「ヘブンリーブルー」>

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009.08.31

加藤レディースクリニック「自然周期採卵について」の講演会を聞いていました。

おはようございます。

漢方薬剤師、不妊カウンセラーの土屋幸太郎です。

2009年8月29日(土)に東京日本橋で、加藤レディースクリニック、副院長 竹原裕志先生の講演を聞いていました。


話された内容の項目と中医薬研究会の会員店からの質問を列記します。


加藤レディースクリニック、副院長 竹原裕志先生講演のおもな内容


1:自然周期採卵とは?


2:刺激周期の副作用


3:完全自然周期採卵の実例と付随するメリット


4:刺激周期と自然周期の比較


5:加藤レディースクリニックの実績


6:PGD(出生前診断)のお話


7:卵巣凍結と卵巣組織凍結の話


8:核置換による若返りの話


9:ips細胞からの生殖細胞の分化誘導研究について


竹原先生への質問項目


1)加藤レディースクリニック様では自然周期採卵の患者さんと、FSH製剤を使う患者さんはどのような基準で分けられるのでしょうか?


2)採卵周期にすぐ移植する場合と、一旦凍結して次周期に移植する場合がありますが、どのような患者に、どのようなお考えで区別していらっしゃるのでしょうか?


3)胚移植の場合、偶数細胞胚が一般的だそうですが、奇数細胞期胚を移植する例もあるようです。偶数と奇数で胚の質の差によるものでしょうか?


4)胚移植前にP4の検査値と移植成功率との関係について何か臨床的な根拠はありますか?


5)抗ミュラー管ホルモン(AMH)の検査意義、FSHとの関連と違いについて教えて頂きたいと思います。


6)排卵誘発剤で卵胞は大きくなったが、採卵したら空胞だったという話をよく聞きますが、空胞について、どう考えたらよいでしょうか?(そもそもなかった、それともあるはずだけど取れなかった?)、自然周期採卵の場合もこのようなことがありますか?


7)強い排卵誘発剤を使っても反応しないいわゆる低反応卵巣に対して、カウフマン療法の必要性と有効性について、先生はどうお考えですか?


8)低反応卵巣でも、たまに良い卵を排出すると聞きましたが、そのチャンスを逃がさないために、気をつけるポイントはなんですか?


9)子宮内膜が明らかに薄い場合、黄体ホルモンの補充療法は胚移植の成功に有効でしょうか?なお、黄体ホルン補充療法長期使用(半年以上)について、メリットとデメリットを主張する意見が分かれていますが、先生のご見解は?


10)HMGスプレキュア応用について、その適応対象、効果(利点、欠点)について教えて頂ければ、有難いです。


11)胚移植の際、4細胞期胚と8分割期胚を2日間の時間差で移植することで、着床の可能性は高くなるのでしょうか?


12)不妊治療を受けている患者さんの心のケアに関して、貴病院ではどのような対応をされているのでしょうか?


13)免疫性(抗核抗体など)不妊の場合、体外受精を実施する前に完治しないと、成功できないでしょうか?なお、リンパ球注入療法について評価がまちまちですが、先生のご見解はいかがでしょうか?


14)前の周期の古い卵胞が残っている場合、積極的に処置した方がよいか、それとも放置しておいてもかまわないでしょうか?


15)月経周期3日目に採血してE2とLHだけを測定する場合があるようですが、FSH検査しない理由は何でしょうか?


16)10回以上も受精卵が胚盤胞までいかずに分割の途中で止まってしまう症例があります。そのまま体外受精・胚移植を続けるべきでしょうか?また、その原因を探るために何か検査方法があるでしょうか?


17)「未成熟卵」を採卵した場合、培養で成熟卵になる可能性はどれくらいあるでしょうか?


と盛りだくさんの内容でした。

今後とも、漢方薬剤師、不妊カウンセーの仕事に大いに役立てていきたいと思った「値千金」のご講演でした。

熱気溢れる会場と竹原先生 title=

<2009年8月29日 熱気溢れる会場と竹原先生>

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009.08.25

今週の漢方相談会~自然周期採卵について

こんにちは!

薬剤師、不妊カウンセラーの土屋幸太郎です。


少々遅い夏休みもらいまして、3日間不在にしていました。

今朝から仕事に復帰しています。


さて今週末、2009年8月29日(土)に東京で勉強会に参加してきます。



中医不妊症テレビお茶の間講座


8月29日(土) 16時~18時 加藤レディースクリニック・副院長

竹原裕志先生 講演 「自然周期採卵について」


講演は、録画、録音不可だそうですので、
ブログにアップする情報もここまでになるかもしれませんが、
しっかりと聞いて勉強してきて、当店のお客様に役立てるよう、
真剣に勉強してきます。

国内最高峰のトップレベルのお話を2時間に渡り聞ける喜びでいっぱいです。


今週の漢方相談会、8月29日(土)と30日(日)は、
薬剤師 土屋信一が担当し、薬剤師、不妊カウンセラーの土屋幸太郎は、
東京出張で加藤レディースクリニックの先生の講演を聞いて勉学してきます。

何卒、よろしくお願い致します。

Imgp7874090823

<2009年8月23日 長野県 「高峰高原」 >

相も変わらず信州は素敵なところでした。

天候に恵まれた遅い夏休みでした。

Imgp7881090823

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009.04.22

男性不妊(2)

男性の性機能─女性を妊孕させる能力


精祖細胞→精母細胞→精子細胞→精子


ブリーフは、精子に悪い。

トランクスなどの風通しが良いものが良い。


精子を洗うのは、PG(プロスタグランディン)を洗うため。

男性の性機能に影響するホルモン


GnRH…視床下部…下垂体を刺激してゴナドトロピンであるICSH,FSHの分泌を促す。

LH…下垂体…間質細胞に作用して、アンドロゲン。とくにテストステロンを分泌させる。

FSH…下垂体…テストステロンとともに精細管の精子形成を促進する。

テストステロン…精巣(間質細胞=Leydig細胞)…性的な性格や行動に影響する、FSHとともに精子形成を促進する。

インヒビン…精巣(Sertori細胞)…下垂体に作用してFSHの分泌を抑える。


診断


精液検査の基準値


量 >=2・0ml

pH 7・2─8・0

濃度 2000万/ml OR MORE

運動率 >=50% 前進運動精子 もしくは

>=25% よく動く前進運動精子

形態 >=30% 正常形態(WHO criteria) もしくは

>=11% 正常形態(Strict criteria)

Vitality 75% or more live

白血球 <100万/ml

WHO 1999

Imgp6419090416

<2009年4月16日 猩々袴(ショウジョウバカマ)>

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009.04.21

男性不妊

Imgp1052

聖路加国際病院の佐藤孝道先生から、先日18日に男性不妊について教えて頂きました。

Imgp1055

精子のことを勉強したり

Imgp1058

私たちからの質問にも回答して頂きました。


勉強した内容は、ざっと

○男女とともに初婚年齢が上がっていること。

○出産年齢も上がっていること。

○女性年齢の高齢化により

妊娠率が低下、流産率が高くなる、トリソミー型染色体異常の児を妊娠する可能性が高くなる。

○男性年齢の高齢化により

精液所見が悪化する。30歳ごろから低下。

妊娠率が低下する、自然流産率が高くなる、トリソミー型染色体異常の児を妊娠する可能性が高くなる。


○不妊の原因


排卵障害、ピックアップ障害、卵管閉鎖、子宮筋腫、子宮内膜症、内膜ポリープ、頸管粘液不良、受精障害、ED(性交障害)、無精子症、乏精子無力症、抗精子抗体など


○不妊のおもな原因

☆女性因子

●卵管因子…30%

●排卵因子…10%

●子宮因子…数%

●頸管因子…数%

●着床因子…数%


☆男性因子

…30~40%

精子因子、性交障害など


☆原因不明…約20%


○「男性不妊」を強いて定義すれば

女性を妊孕させる能力が低下した状態

妊孕力を持った精子を作り、射精し、女性に送り届ける能力


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009.04.16

中医不妊症テレビお茶の間講座 「男性と不妊」に参加してきます。

こんにちは。

薬剤師、不妊カウンセラーの土屋幸太郎です。


明日の夕方から久しぶりに東京に上京します。

土日の18日、19日と中医不妊症テレビお茶の間講座のスクーリングです。


○4月18日(土)

「男性と不妊」 佐藤孝道先生 聖路加国際病院女性総合診療部部長


○4月19日(日)

海精宝について


などと充実した二日間になりそうです。

新しい知識を得てきます!


「若木神社の桜」

Imgp6386090413

<2009年4月13日 若木(おさなぎ)神社>

桜前線北上中です。

私の近所の若木神社の桜も開花しました。

Imgp6392090413

Imgp6411090413

こちらは我が母校、神町(じんまち)小学校の校庭を見守る枝垂れ桜です。

みなさまは、どのような春をお過ごしですか?

ではでは~。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009.03.18

子宮内膜症、チョコレートのう胞の漢方の4つの体質

テレビ電話で昨夜、勉強会がありました。

東京や長崎など全国の薬局の回線を結んでの勉強会です。

昨日のテーマは、症例検討でチョコレートのう胞のお客様の検討会でした。

とある漢方薬局に来店したお客様の症例を、みんなで検討しよう!ということが趣旨です。


私の意見を要約しますね。


子宮内膜症、チョコレートのう胞は以下のように分析できます。


1)淤血(おけつ)による血行不良

2)炎症による熱

3)冷え性による寒(かん)

4)免疫異常


1)の淤血とは、「痛み、しこり、黒ずみ」を特徴しています。

子宮内膜症、チョコレートのう胞、子宮腺筋症などは、すべて淤血(おけつ)がベースにあると考えられます。


2)炎症は、熱がこもっていると考えられます。

これは皮膚に熱があるアトピー性皮膚炎と同じような感じで考えて、清熱解毒(せいねつげどく)の方法を用いていきます。

私が最近、お客様にお勧めする方法で、子宮腺筋症にも役立ちます。


3)体質的に冷え性の方も多いですから、冷え性を和らげることにより、疼痛などの痛みや体質改善につなげていきます。


4)子宮内膜症は、免疫異常説があります。粘膜の異常を正常にもっていく方法です。


など自分の番では、そのようにお話させて頂きました。

20時から始まって、21時40分ごろまで熱の入った勉強会の報告でした。


Imgp0696

<2009年3月18日 東根市営団 「剪定の春」>

東根市営団 「剪定の春」


不妊症・婦人科疾患には経験豊富な漢方薬剤師、国際中医師、不妊カウンセラーが漢方支援。
毎年100名以上の方が妊娠、出産されています!
ホームページはこちら! →土屋薬局 中国漢方通信  
サテライトブログはこちら→土屋薬局のはてなブログ
山形県東根市神町の土屋薬局

子宮内膜症、子宮腺筋症でしたが漢方のおかげで妊娠出産」 こちらのコラムも参考になりましたら、幸いです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

その他のカテゴリー

LUF・黄体化未破裂卵胞/不妊と漢方 | PCOS・多嚢胞性卵巣症候群/不妊と漢方 | PMS・月経前緊張症/不妊と漢方 | 「ナチュラルな妊娠」「45歳、もう生んでいいかしら?」 | 「血流たっぷり」をめざしなさい | いびき/漢方薬 | おねしょ、小児夜尿症(おねしょ)/漢方薬 | おりもの、のびおり/漢方薬 | お腹の張り、腹部膨満感、食欲不振/漢方薬 | しびれ/漢方薬 | つわり/漢方薬 | にきび/漢方薬 | のどのつかえ、喉の痛み、難治性咽頭潰瘍/漢方薬 | ほてり/漢方薬 | むずむず脚症候/漢方薬 | めまい、立ちくらみ/漢方薬 | アトピー性皮膚/漢方薬 | アレルギー性鼻炎と体外受精/不妊と漢方 | アレルギー性鼻炎の漢方相談について | イスクラ冠元顆粒 | イスクラ冠元顆粒発売20周年記念成都シンポジウムに参加して | イスクラ婦宝当帰膠/漢方薬 | イスクラ独歩顆粒 | イライラ落ち込み漢方、不安落ち込み/漢方薬 | インターネットの掲示板などで漢方紹介 | カウフマン療法/不妊と漢方 | カンジダ膣炎/漢方薬 | ガン(がん)/漢方薬 | クラミジア感染症/漢方薬 | クローン病、潰瘍性大腸炎/漢方薬 | ゲップ・ガスの漢方相談 | ココログ版漢方(無名)コラム・2004 | ココログ版漢方(無名)コラム・2005 | ココログ版漢方(無名)コラム・2006 | ココログ版漢方(無名)コラム・2007 | ココログ版漢方(無名)コラム・2008 | ココログ版漢方(無名)コラム・2009 | ココログ版漢方(無名)コラム・2010~ | コンクレバン | シェーグレン症候群/漢方薬 | シミ・肝斑/漢方 | ストレス/不妊と漢方 | セックスレス/不妊と漢方 | タイミング療法/不妊と漢方 | ダイエット/漢方薬 | チック/小児チック/漢方薬 | チャイナビュー | チョコレート嚢胞/漢方薬 | ツイッター | ディスプレー症候群/漢方薬 | ドライアイ/漢方薬 | ドライマウス、口腔乾燥症/漢方薬 | ニュースレターより | ハテナ | ビタエックス(プラセンタ) | ヘパーデン結節/漢方薬 | ベビ待ち保育士さん、幼稚園教諭さん/不妊と漢方 | ベビ待ち小学校教員さん/漢方薬 | ベビ待ち歯科衛生士さん/漢方薬 | ベビ待ち看護師さん/漢方薬 | ベビ待ち美容師さん/漢方薬 | メニエール病/漢方薬 | メールマガジン | モンテディオ山形 | ヤフー知恵袋の漢方の回答より | リウマチ性多発筋痛症/漢方薬 | リウマチ/漢方薬 | ロコモティブシンドローム/漢方薬 | 下痢、軟便/漢方薬 | 下肢静脈瘤/漢方薬 | 不妊カウンセラーに向けて | 不妊カウンセラー・体外受精コーディネーター養成講座 | 不妊治療の基礎知識…現状と問題点 | 不妊漢方治療の応用 | 不妊症の基本検査について | 不妊症の年代別漢方相談 | 不妊症テレビお茶の間講座 「子宮内膜症」 | 不妊症専門講座・PCOS 「多嚢胞性卵巣症候群」 | 不定愁訴/漢方薬 | 不正出血/漢方薬 | 不眠/漢方薬 | 中医五官病 | 中医痺証専門講座「南通研修」への道 | 乳がんの疫学と薬物療法 | 乳腺炎、断乳、母乳/漢方薬 | 人工授精/漢方薬 | 今週の漢方相談会 2008年 | 今週の漢方相談会 2009年 | 今週の漢方相談会 2010~ | 今週の漢方相談会 2013~ | 今週の漢方相談会2017 | 体外受精/漢方薬 | 何先生や中医師の先生から漢方のこと聞いたこと | 便秘/漢方薬 | 免疫性不妊と不妊漢方 | 全身性エリテマトーデス(SLE)/漢方薬 | 円錐角膜/漢方薬 | 冷え性/漢方薬 | 加齢性黄斑変性症/漢方薬 | 勉強会(2004~2008) | 勉強会(2009) | 勉強会(2010) | 勉強会(2011) | 勉強会(2012~) | 動悸/漢方薬 | 卵巣予備能~全周期活血化淤 | 卵巣嚢腫/漢方薬 | 卵巣機能不全、卵巣機能低下/漢方薬 | 卵管性不妊/漢方薬 | 卵管留水腫/漢方薬 | 卵管閉塞/漢方薬 | 卵胞発育不全/漢方薬 | 受精障害/漢方薬 | 口内炎/漢方薬 | 呑気症(空気嚥下症)/漢方薬 | 周期療法 | 味覚障害/漢方薬 | 咳、ぜんそく、慢性気管支炎/漢方薬 | 咽喉頭異常感症、難治性咽頭潰瘍/漢方薬 | 嗅覚障害/漢方薬 | 土屋幸太郎・漢方講演会 | 土屋幸太郎結婚式 | 土屋薬局からのお知らせ | 土屋薬局のの口コミ、評判 | 坐骨神経痛/漢方薬 | 坑精子坑体/漢方薬 | 基礎体温が低め/漢方薬 | 基礎体温が高め/漢方薬 | 基礎体温ガタガタ/漢方薬 | 基礎体温表/漢方薬 | 多汗症/漢方 | 夜中目が覚める/漢方薬 | 夢と不眠/漢方 | 女性のための漢方レッスン | 女性不妊症的中医治療 | 妊娠中と産後の体調不良/漢方薬 | 妊活・妊娠力アップ/漢方薬 | 子宮内膜が薄い/漢方薬 | 子宮内膜ポリープ、子宮内膜増殖症/漢方薬 | 子宮内膜症/漢方薬 | 子宮外妊娠後/漢方薬 | 子宮筋腫/漢方薬 | 子宮腺筋症/漢方薬 | 子宮頸がん/漢方薬 | 子宮頸管無力症/漢方薬 | 季節の養生法 | 学校保健委員会 | 小児漢方 | 小太郎製薬 | 帯状疱疹後神経痛、後遺症/漢方薬 | 後鼻漏・蓄膿症/漢方薬 | 心と体 | 感音性難聴・耳鳴り、難聴/漢方薬 | 慢性副鼻腔炎(蓄膿症)、アレルギー性鼻炎/漢方薬 | 慢性咽頭炎/漢方薬 | 我が家の庭 | 我が家の庭 2008 | 我が家の庭 2009 | 我が家の庭 2010~ | 手根管症候群、腱鞘炎、ばね指/漢方薬 | 抗核抗体/漢方薬 | 掌蹠膿疱症/漢方薬 | 排卵痛、排卵期/漢方薬 | 排卵障害/漢方薬 | 日中線記念館 | 更年期障害/漢方薬 | 月経の経血量が減少/漢方薬 | 月経不順・生理不順/漢方薬 | 月経周期が短い/漢方薬 | 月経周期が遅れる、長い/漢方薬 | 椎間板ヘルニア/漢方薬 | 武漢へ | 死産後/漢方薬 | 母乳/漢方薬 | 泣きたくなる | 活血化淤の応用 | 流産後の不育/不妊と漢方薬 | 浮腫み/漢方 | 温活GO | 漢方周期療法…南京・夏桂成先生の講義より | 漢方薬の安全性について | 漢方薬局で相談を受ける婦人病について | 無排卵・無月経/漢方薬 | 無月経・無排卵・中医不妊症テレビお茶の間講座 | 生殖医療に関わる疑問に答える | 生殖補助医療の有用性と限界 | 生理痛/漢方薬 | 甲状腺機能亢進症/不妊と漢方 | 甲状腺/不妊と漢方 | 男女の更年期と神経症 | 男性不妊/漢方薬 | 痔/漢方薬 | 痛み、しびれ/漢方薬 | 痰湿/漢方 | 眼精疲労/漢方薬 | 着床障害/不妊と漢方 | 神経障害性疼痛/漢方薬 | 糖尿病/漢方薬 | 経血量少ない/漢方薬 | 綿花観察日記 | 緑内障/漢方薬 | 繊維筋痛症/漢方薬 | 老人性膣炎・萎縮性膣炎/漢方薬 | 耳管開放症/漢方薬 | 耳鳴り、突発性難聴/漢方薬 | 聴覚過敏/漢方薬 | 肘痛/漢方薬 | 股関節痛/漢方薬 | 肩こり/漢方薬 | 肩甲骨の痛み/漢方薬 | 肩痛、五十肩/漢方薬 | 胃酸過多、機能性胃腸症(NUD)/漢方薬 | 背中のほてり/漢方薬 | 背中の痛み/漢方薬 | 胚盤胞/漢方薬 | 脂漏性皮膚炎/漢方薬 | 脈拍/漢方 | 脊柱管狭窄症/漢方薬 | 脱毛、抜け毛、薄毛の漢方薬 | 脳卒中/漢方薬 | 脳疲労症候群、脳過敏症候群/漢方 | 腰椎すべり症/漢方薬 | 腰痛/漢方薬 | 膀胱炎/漢方薬 | 膝痛/漢方薬 | 花粉症/漢方薬 | 若木山、石崎山や東根の景色 | 若木山、石崎山や東根の風景2008 | 若木山、石崎山や東根の風景2009 | 若木山、石崎山や東根の風景2010~ | 蕁麻疹、湿疹/漢方薬 | 薄い子宮内膜に漢方薬が有効である可能性がある | 薬膳 | 血の道症/漢方薬 | 血管力をつければ病気は治る | 補腎の話 | 西洋医学的にみた不妊症漢方概論 | 足底筋膜炎/漢方薬 | 逆流性食道炎/漢方薬 | 過去のバックナンバーより | 過敏性腸症候群/漢方薬 | 過活動膀胱、頻尿/漢方薬 | 遺残卵胞/漢方薬 | 酒さ/漢方薬 | 頭痛/漢方薬 | 頸椎症、首のこり/漢方薬 | 頻尿/漢方薬 | 顔面神経麻痺、手のふるえ/漢方薬 | 顕微授精(ICIS)/漢方薬 | 風邪/漢方薬 | 食欲不振、胃痛/漢方薬 | 高プロラクチン血症/不妊と漢方薬 | 高血圧/漢方薬 | 高齢不妊症、卵巣機能低下における中国漢方の考え方 | 鷺草、朱鷺草観察日記 | 黄体機能不全/漢方薬 | 黄疸/漢方薬 | 100歳まで元気に生きる! | 2人目不妊、第二子不妊の漢方薬 | 2004年妊娠出産おめでとうございます! | 2005年妊娠出産おめでとうございます! | 2006年妊娠出産おめでとうございます! | 2007(1月~6月)妊娠出産おめでとうございます! | 2007(7月~12月)妊娠出産おめでとうございます! | 2008年妊娠出産おめでとうございます! | 2009年妊娠出産おめでとうございます! | 2009(7月~12月)妊娠出産おめでとうございます! | 2010(1月~6月)妊娠出産おめでとうございます! | 2010(7月~12月)妊娠出産おめでとうございます! | 2011年妊娠出産おめでとうございます! | 2012年妊娠出産おめでとうございます! | 2013年妊娠出産おめでとうございます! | 2014年妊娠出産おめでとうございます! | 2015年妊娠出産おめでとうございます! | 2016年妊娠出産おめでとうございます! | 2017年妊娠出産おめでとうございます! | 40歳代、高齢不妊/漢方薬 | AMH/漢方薬 | COPD 慢性閉塞肺疾患/漢方薬 | FSHが低い方/漢方薬 | FSHが高い/漢方薬 | POF・早発閉経/漢方薬