カテゴリー「何先生や中医師の先生から漢方のこと聞いたこと」の記事

2017.03.15

老人性膣炎・萎縮性膣炎の漢方相談。扶正去邪で炎症を軽減させる

こんにちは。

薬剤師、不妊カウンセラーの土屋幸太郎です。


昨日は雨降りになった山形です。

昨日の天気予報では米沢など雪だるまマークがあって冬将軍の居残りに肌寒さを感じています。


さて、当店で実際に膣炎で漢方薬を服用されているお客さまより以下のような漢方相談を受けました。


「腟炎慢性化し治療するも痒みがとれない相談いたしました。

漢方飲んでからは菌はでていませんがやはりまだ痒みとれません。

婦人科でホルモンのエストラーナテープ治療はじめましたが、三種の漢方そのままで続けてよいでしょうか。

膣炎の漢方薬に関しては4ヵ月飲んでいますがまだ飲んでいないと効果でないものでしょうか?

時間がかかるものと思っていますがつい辛いので焦ってしまいます。

すみません。

よろしくお願いいたします。」


平成27年11月21日より漢方相談をしている、膣炎の陰部の痒みの漢方相談を担当させて頂いています。

老人性膣炎(萎縮性膣炎)で婦人科にも通いました。

カンジダ菌、大腸菌がみつかってカンジダ膣炎と診断されました。


再発を繰り返しています。

痒みが残っています。


萎縮性膣炎が治らないストレスで7月に動悸、耳鳴りもでました。

食欲不振も。


冷え性で手足が冷えます。

立ちくらみ、めまい


話は戻りますが、老人性膣炎とは


老人性腟炎とは

老人性腟炎は卵巣の機能が低下したことによって、女性ホルモンの分泌も低下し、膣の自浄作用が低下して善玉菌の割合が減少して起こる膣炎です。
以前は、老人性腟炎と呼ばれることが一般的でしたが、更年期や閉経期の年代を老人と呼ぶのはふさわしくないことや、年齢に関係なく卵巣摘出手術を行った人もなりやすいことから、最近では萎縮性膣炎と呼ばれています。


昨日の午前中に東京にいる私の師匠、中医師の何先生という上海出身の先生にお聞きしておきました。


何先生から閉経後の萎縮性膣炎、老人性膣炎について教わったこと


「更年期は膣の粘膜、陰部の皮膚が弱くなる。

回復が遅いのでさらに痒くなる。

美肌油の外用、入浴したあとに塗る。

下着が汚れやすいので寝るときにはスカートなどを履いたほうがいい。

美肌油は粘膜の修復に役立つ。

炎症を抑えながら回復を早める。」


「5つのお花の生薬で膣炎の炎症を軽減させる漢方を使ってみる。

膣炎、下腹部の消炎作用に。

美肌油も内服する、粘膜を強めます。

1回2カプセル×3回

老人性膣炎、萎縮性膣炎の痒みの原因となる湿熱をサッパリさせる漢方薬は外すか、または半包に減量する。」


「50代女性は体が冷えている。

少し、血流たっぷりの冷え性を軽減する漢方薬も入れていいと思う。

ホルモンの減少とも関係ある。

粘膜の弱り、免疫力低下↓ 感染しやすくなる。

陰部が感染しやすくなる。」

「血流たっぷりの冷え性を軽減する漢方薬で扶正去邪になる。

血流たっぷりの冷え性を軽減する漢方薬+美肌油→扶正 粘膜強化、ホルモン減少を助ける。免疫力増強

老人性膣炎、萎縮性膣炎の痒みの原因となる湿熱を解消する漢方薬は半量またはいったんお休み+山形県でひょっとしていいことあるかも生薬+5つの花の老人性膣炎、萎縮性膣炎の炎症を軽減させる漢方生薬→去邪

痒みや炎症を抑えるグループ」


弱い部分を救って、炎症を解消して治していきます。


さすが、何先生!

と心から尊敬した次第です。


果樹園、雪景色

<2017年3月14日 東根市>

雨降りの中、傘をさして営団方面まで散歩していきました。

春を待つ果樹畑、剪定している季節が好きです。


大森山眺め

大森山眺め


ラ・フランス畑

3月の剪定しているラ・フランス畑


3月の果樹園の雪景色

3月の果樹園の雪景色

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017.02.18

後首が重く、頭もギューっと押しつぶされるような痛い、重い感じ。漢方相談お願いします。

おはようございます。

薬剤師、不妊カウンセラーの土屋幸太郎です。

当店の常連のお客さまからのファックスでのお問合わせがありました。


平成27年2月18日


「漢方相談、よろしくお願いします。

相変わらず、後首が重く、頭もギューっと押しつぶされるような痛い、重い感じがします。

目まいと云う程でもないですが、時々、頭と云うか目の前がフワーとする感じもあります。

毎日ではないので辛い日だけ頂調顆粒を飲んでいますが、1包でも毎日飲んだほうが良いのでしょうか?

頂調顆粒、頭痛に調子が良いので続けていきたいです」


<薬剤師、土屋からの回答>


お客さまの住んでいる地域は山形と同じように冬は雪が降ったり、この2月の季節もまだ寒さが厳しいことと思います。

毎日、スーパーへ買物に出かけたり、もちろん家庭でも起床時や夜のトイレなど冷えている状況に体を置かれているかもしれません。

そのような気候が体に悪さをしていることを「外邪(がいじゃ)」と呼びます。

とくに「寒さ」が頭痛や肩こり、うなじ、後頭部の重さに悪い影響している場合には「寒邪(かんじゃ)」と呼びます。


体が元気で肝腎(かんじん)がしっかりしていて骨や関節、筋肉が丈夫で支えられること。

また気血(きけつ)が張りがあって流れが良い状況でしたら、後頭部や首の後、後頚部の重たさ、頭がギューと押し潰されるような痛みはないはずです。


頂調顆粒は、風寒(ふうかん)による後首が重いこと、頭のギューと押し潰されるような痛さ、重い痛みにも応用可能な漢方薬ですから、健康維持のためにも毎日、1日1包を朝方、午前中に続けていくと予防にも症状改善にも役立ちます。

今後とも上手にご利用して頂ければ幸いです。

また何か分からないとき、お困りだったり体調に変化がありましたら、いつでも遠慮なくメールまたはお電話してください。

このたびは当店のご利用ありがとうございました。


イスクラ頂調顆粒は白芷(ビャクシ)、川芎(センキュウ)、羌活(キョウカツ)など9種類の植物性生薬から構成され、これらの生薬から抽出したエキスを顆粒としたものです。

体力に関わらず使用でき、頭痛がある方のかぜ、血の道症、頭痛の改善を目的としております。


効能・効果


体力に関わらず使用でき、頭痛があるものの次の諸症:かぜ、血の道症(注)、頭痛


●効能効果に関連する注意

(注)血の道症とは、月経、妊娠、出産、産後、更年期など女性のホルモンの変動に伴って現れる精神不安やいらだちなどの精神神経症状および身体症状のことである。


平成18年から当店をご愛顧して頂いているおつきあいの長いお客さまです。


当初は坐骨神経痛、腰痛からくる右足の痛みと強いしびれ、歩くのが辛い。

10分くらいしか歩けない。

正座できない。

起床時に辛い。

独歩丸、冠元顆粒、衛益顆粒など服用していました。


平成28年8月4日に漢方相談を受けまして、そのときの内容が以下のようになります。

こちらにココログに記事にさせて頂きました。


首の凝り、 頭痛、 吐き気の漢方相談


2016.08.05
首の凝り、 頭痛、 吐き気の漢方相談

おはようございます。

暑さが今日も厳しくなりそうな山形です。

36℃まで上がりそうです。


朝顔が綺麗に咲いています。

朝顔が綺麗に咲いています。

<2016年8月5日 我が家の朝顔>


さて昨日、東京のイスクラ産業さんの本社に電話して中医学、中国漢方のことについて問い合わせをしましたら、約1年半ぶりくらいに「ようびん先生」から教えてもらうことが出来ました。


以前の内容はこちら 「肝臓癌、肺癌、のどの養生法など中医学的、漢方的なアドバイス」です。


今回は「首の凝り、 頭痛、 吐き気」の漢方相談です。


70代 女性 


「漢方相談お願いします。

1ヶ月前に昼食中に急に後首がギューっと固まったようになり動かくすことが出来なくなり、自分で首筋をもんでなんとか動かせる位になりました。

整形外科では年齢によるものと言われ、首の凝りをほぐす薬をもらいましたがさほど良くなりません。

その上、それ以来、頭の上からズシッと何かで抑えられている感じと軽い吐き気があり、後首もと時々締め付けられているように感じます。

今は1週間に1度はハリ(鍼灸)をして肩こりはだいぶ良くなりましたが、頭重とムカつきで外出が億劫(おっくう)です。

日常生活は大丈夫です。


なんとかスッキリできれば旅行も楽しめるのに…と思い漢方相談させてもらいました。


なお、今年のはじめに急に起こった"良性頭位めまい症”は今はあまり起こりません。

たまにファーっとなる位です。

また今更ですが、先日、72歳になり、152センチ、44キロと細身です。

これからも1週間ぐらいの旅行ができるようになりたいです。

何か良い薬があればお願いします」



ようびん先生のアドバイス


「まず血圧を聞くことです。


めまいや首筋の凝り。


まずは「気血の巡り」が悪いです。


丹参製剤の冠元顆粒や「カラスビシャクの根茎と白朮、天麻が配合された漢方薬」、葛根など。


葛根湯は「血圧」が高い時には使いづらい、麻黄が入っているから、気をつける。


「首から上がスッキリする漢方薬」も使えます。


解表薬だけでなくて去風薬も使いたいから「痛みを散らして楽楽になる漢方薬」もちょっと入れる。


1週間ぐらい様子をみる。


後頭部のこわばりは、去風薬を使いたい、葛根や「痛みを散らして楽楽になる漢方薬」など。


まずは1週間は様子をみる。



追伸です。


その後、改めて漢方相談ご希望のお客様とお話をさせて頂きました。


土屋 「血圧はいかがですか?」


お客様 「血圧は低めです。高くありません」


土屋 「食欲やお通じはいかがですか?」


お客様 「食欲も通じも大丈夫です」


もともと独歩顆粒や逍遥丸をご利用しているお客様でした。


ようびん先生のアドバイスのもと「痛みを楽楽にする漢方薬」と「首から上がスッキリする漢方薬」のこちらの種類をチョイスさせて頂きました。


症状の改善を心より願っております。


このときはイスクラ産業さんの頂調顆粒と小太郎製薬さんのソケーカンS(疏経活血湯)を2つお勧めしたのでした。


その後、同じ年の平成28年12月15日再度のリピートでの漢方薬のご注文で、頂調顆粒とソケーカンS(疏経活血湯)だったので効き目がたしかにあったようです。

今後とも健康維持のためにも漢方を上手にご利用して頂ければ幸いです。


大石田 川前観音

<2017年2月12日> 大石田川前観音 雪に包まれています。


川前観音からの最上川眺め

川前観音からの最上川眺め


最上川

最上川、ああ永遠なれ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016.12.14

中医不妊症お茶の間講座「薔薇」第3回…早発閉経、第二子不妊

おはようございます。

薬剤師、不妊カウンセラーの土屋幸太郎です。


昨日も雪降で昨年と違って冬らしい風景になっている山形です。

もう今日で12月15日、あと2週間で年の瀬ですから早いものですね。


さてだいぶ時間が経過しましたが11月22日に行われた中医不妊症お茶の間講座「薔薇」第3回の講義をまとめてみたいです。


今回は2つの中医不妊症の漢方検討会でした。

症例1)


主訴:早発閉経、採卵できない 30代の主婦の方


生理不順、初潮から年に1~2回程度。

ピルで生理を起こしている。

<体外受精(ART)の治療>


「ジュリナでFSHが下がれば採卵できるかも」と婦人科の先生


ジュリナを服用しつつセロフェンの隔日投与


しかし反応がない状態でFSHが上昇してしまいプレマリン、ノアルテンでリセット


セロフェン3~4日に1錠、エストラーナテープ2日に1回2枚貼ります。

+ジュリナ6錠プラス


LHが高いのでアンタゴニストを注射


卵胞みえずリセット


セロフェンは4日に1錠ペースにするとFSHは上昇しませんでした。


小さい卵胞がみえましたが、途中で卵胞がみえなくなった。


ピルでFSHが下がるが、ピルを中止するとFSHが上がります。


今後、IVA(原始卵胞体外活性化法)ができる不妊クリニックへ転院しようかどうか迷っています。


IVAとは体外活性化( In vitro activation)のこと。

体外に取り出した卵巣組織にある操作を加え、卵巣内にある卵子(発育開始前の原始卵胞)を体外で成長開始させ自身の体内に戻す新技術、1978年の体外受精、1990年台代の顕微授精に次ぐ不妊治療の革命と期待される治療法です。



この場をまとめるテューターの康先生から、(私の師匠の中医師の先生の1人。年齢を重ねる度に若返ってくるというリアル中医学なレジェンドです)。


検査値について→E2は60くらい、FSHは1桁代、LHはFSHより低いことが望ましい。


排卵誘発の失敗したときにはアンタゴニストで抑える。


E2が200以上になると卵胞1個はふつうはあるが、卵胞がみえないときには失敗。

甲状腺の数値に関して TSH 不妊症でなければよいが、不妊のときには2・5以下が望ましい。

甲状腺機能低下症

一緒に討論会に参加した漢方薬局の先生方は北から南へ多数いらっしゃいましたが、いろいろと漢方アドバイスがありました。

1人の先生は「もっと胃腸のちからを考慮してみたらいかがですか?」という意見もあって、私もなるほど。と思いました。


引き続き担当の薬剤師の先生のところで漢方相談していきます。



症例検討その2) 30代 第二子希望


BMIが18・6

標準体重の86%


BMIは 90%以上はあったほうが望ましい。

体づくりも大切。


多発性子宮内膜ポリープ

→エイジングにより子宮の環境が悪くなりやすい。

子宮の老化、血行不良、子宮筋腫も増える。


月経周期 28~35日 →排卵に関係がある。


黄体機能不全→卵の力がない、排卵にも影響する。

基礎体温の低温期が高い→卵巣機能低下→高温期低い


生理周期が遅れる場合には、気血不足、腎陽不足


※夫婦関係を良くしてタイミングを増やすこと


土屋の意見→病院でクロミフェン、デュファストン、ゴナールエフ(HMG注射)など不妊治療をされていますので、もっと気楽に病院の治療に伴奏を奏でる程度の漢方の併用でもいいかもしれません。



| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016.11.09

2人のお子様に恵まれたお客様からのご紹介と生理前の食べ物

こんにちは。

薬剤師、不妊カウンセラーの土屋幸太郎です。


今日は山形、平地でも初雪となり、昨日の夜は「明日の天気予報雪だるまマークだね!」「雪が最初に降るときって緊張するね」などと妻と語りながら「朝に起きたら白い世界になっていたらどうする?」と妙に子供のようにウキウキした気持ちになりました。


車のタイヤ交換は昨日、一昨日に終わらせて、これからはもし仙台に行くときなどでも「峠越え」にスタッドレスタイヤ力を発揮しそうです。


今日の午前中は「山形市のお友達から今年の春に土屋薬局さんを紹介されて、それからずっと来たい、来たいと思っていたんです」というご主人様と夫婦でのご来店の初来店のお客様がいらっしゃいました。


お友達のかたは2人のお子様に恵まれて幸せで、元気に毎日を暮らしているそうです。


ご紹介されたお客様の場合には、当店のことも知っている方からの紹介ですから、わりと不安のようなものがなくて、スッと溶け込めるようです。


今後の良い結果となりますことを心から願っています。

さて、昨日の午後に来店されたお客様から「生理前にはどのような食べ物がいいですか?」とご質問があり、実は中医学の薬膳はとても深いので、困ってしまって助け舟。

東京のイスクラ産業さんに電話をしたら私の師匠の何先生が出勤していらっしゃいました。


ログさせてください。


土屋 「何先生、生理前に食べるものでお勧めのものございますか?」


何先生 「生理前の食べ物は、出血があるから、まずは温かいスープがお勧めです。

豚汁とか、そう、山形だったら芋煮とか。

水も補充できるし、身体を温めることができます。

冷たいものは生理期間中はなるべく避けます。

季節によって、生理前は温かいものを食べるといいです。


たとえば、ゴマは鉄分があるし、豚の角煮などもいいです。

大豆、ひじきの煮たものも鉄分の補充にいいです。」

土屋 「生理前のイライラに良い食べ物ございますか?」

何先生 「うーん、そうですね。食べ物というよりはこれはもうイライラには逍遥丸が一番と楽になるものです。
漢方薬を上手に使ったほうがいいと思います。」


と、助け舟の回答をお客様にお伝えすることができました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016.10.31

抗核抗体陽性など不育症や不妊症の検査値で陽性がある場合。免疫性不妊の漢方対策

こんにちは。

薬剤師、不妊カウンセラーの土屋幸太郎です。

漢方で困ったときには電話でアドバイスを中医師の先生方にお聞きしています。


日本の才女、劉先生に電話することができました。

ログさせてください。


土屋 「先生、抗核抗体陽性など不育症や不妊症の検査値で陽性がある場合は「弁証」しますか?」それとも「弁病」ですか? (「弁病」とは検査値から弁証論治していくこと。「弁証」とは「検査値」にとらわれずに個人個人の1人1人の体質に漢方薬を合わせていくこと)


劉先生 「症状がないときには、弁証できないので「弁病論治」が向いています」


劉先生 「たとえば、リウマチのような症状が出ているかどうか。」


劉先生 「弁病では玉の周りを扇を立てる漢方製剤がベースです。もし症状があれば自分の身体の400倍を持ち上げる力持ち漢方製剤がいいですね。」


「プラス タイガ地方で冬にスノーモービルで採取する1000本に1本見つかるかどうかの漢方製剤をプラスです」

「症状がなければその2つが基本」


「夫婦2人で免疫性不妊の場合には玉の周りを扇を立てる漢方製剤を飲みます。奥さまは生理が終わってから服用していく」


「玉の周りを扇を立てる漢方製剤は3ヶ月は服用していきます。女性はタイガ地方で冬にスノーモービルで採取する1000本に1本見つかるかどうかの漢方製剤をプラスです」

土屋 「もし皮膚病、ニキビなどあればどのように漢方相談していきますか?」


劉先生 「5つの花びらの漢方製剤も追加してもいいです。」


土屋 「背中のニキビはどうですか?」


劉先生 「ニキビはどこの臓腑から発症しているかどうかが大切です。背中は陽経、太陽膀胱経ですから風から防いでいく通す聖なる漢方薬とか、お正月のおせち料理に入っているクチナシの実や自衛隊さんが山から持ってくるキハダなど配合された漢方薬など使います。


土屋 「免疫性不妊の場合、たとえば習慣流産や体外受精のときに原因になっているときに地球温暖化に対応する虚熱を冷ます漢方薬は弁病ではなくて必ず弁証なのですね?」


劉先生 「そうです。虚熱を覚ます補腎薬を使う場合には、これは必ず弁証論治しなければいけません。弁病論治には向いていません。」

土屋 「よく補腎薬の効果を上げるためだったり安神薬を使いますがそのポイントは?」


劉先生 「安神薬は不安感に、妊娠するかどうか、不妊治療が成功するかどうかの不安に。心と脾の二陽に発する漢方薬は虚証でも実証でも熱がある場合でもつかえます。これをベースの基本処方の漢方にするべきです」


土屋 「不妊の子宝相談で便秘に関してはいかがお考えでしょうか?」


劉先生 「便秘は基礎体温の体温やおりものが少ないなど総合的に判断していきます。陰虚があるかどうか。高温期には将軍製剤漢方は使いやすい、生理前など。低温期のときには将軍漢方は使いにくい。体温がどうかで考えていきます」


土屋 「プラノバールなどピルを服用しているときの漢方相談のコツを教えてください」


劉先生 「今世紀最大の発見と言われる漢方相談の活血化瘀剤は排卵障害や卵の数が少ないとき、加齢のときに使います。」


劉先生 「次の生理周期にどうか? ピルでしばらく調整するのか、その周期の後に採卵するかどうか?普段は血流たっぷりの漢方薬+今世紀最大の発見と言われる漢方相談の活血化瘀剤。」


「採卵周期が近い場合には、補腎薬を足します。卵の準備に。地底の陰気をお腹に受ける亀ちゃん漢方製剤や香港漢方で花膠製剤漢方、また満州の秘宝の補腎精の漢方薬など」


土屋 「胚盤胞までなかなかうまくいかないと漢方相談を受ける機会も多いのですが、劉先生の今までの漢方相談でうまくいった体験など具体的に教えてください。」


劉先生 「今までの方法で大丈夫です。」


と、かなり勉強になった内容の濃いお電話でのアドバイスでした。

劉先生ありがとうございました!



痛み、しびれ、「目、耳、鼻、口、のど」の漢方相談。不妊症の子宝相談。ほかどのようなジャンルの漢方相談もお受けしています。


<11月第1週の漢方相談会のお知らせです>


○2016年11月1日~11月2日(火~水) 薬剤師、国際中医師、不妊カウンセラー 土屋幸太郎が漢方相談を担当させて頂きます。


◯2016年11月3日(水) 薬剤師 土屋信一が漢方相談を担当します。
土屋幸太郎は東京で中医五官病スクーリングで出張しています。


◯2016年11月4~5日(金土) 薬剤師、国際中医師、不妊カウンセラー 土屋幸太郎が漢方相談を担当させて頂きます。


◯2016年11月6日 薬剤師 土屋信一が漢方相談を担当します。
土屋幸太郎 公休です。


漢方相談会、独身の方が結婚前に生理不順の真剣な婦人病の漢方相談をお寄せ下さったり、不妊で悩む人生の岐路に立っているような真剣なカップルでのご来店が土屋薬局には増えてきています。


元気のでる漢方相談を真摯に心掛けています。


龍に赤ちゃんが載っている画像、子宝に恵まれた


お電話やメールで漢方相談のご予約お願いします。
平日の漢方相談大歓迎です。一人一人に時間をじっくり割いて相談しています。
遠方のかたは、電話やメールでご相談をお寄せください。こちらから。

中国漢方の痺証と中国漢方婦人科に詳しい薬剤師 土屋幸太郎 国際中医師)、不妊カウンセラー(NPO法人不妊カウンセリング学会認定)による親切な相談。じっくり話を聞いて一人一人の体質や年齢、症状に応じて相談しています。どうぞお気軽にお声をかけて下さい。

土屋幸太郎のプロフィールはこちらです。


日本不妊カウンセリング学会認定 不妊カウンセラー認定更新証

日本不妊カウンセリング学会認定 不妊カウンセラー認定更新証

中国政府による認定の国際中医師の賞状

中国政府による認定の国際中医師の賞状です。

漢方相談のレベルが本場の中医師と同程度という証明です。


「中医学」漢方に普及に尽力 東根・土屋薬局 大使館から表彰の山新の記事

山形新聞で紹介された土屋薬局の記事、中国大使館から表彰を受けました。

「中医学」普及に尽力 東根・土屋薬局 大使館から表彰の山新の記事


土屋薬局 漢方相談 「龍に子供が載っている画像」子宝に恵まれました


土屋薬局店内 漢方勉強会

<2015年7月30日 土屋薬局店内 漢方勉強会>


不妊症で悩んでいた漢方相談のお客さまからの妊娠、出産のお礼のお手紙と赤ちゃんの写真


壁面には不妊症で悩んでいたお客さまが土屋薬局の子宝の漢方相談でめでたく妊娠、出産されたお礼にと寄贈された赤ちゃんの写真やお手紙がいっぱい。

明るい活気と希望に満ちた漢方相談薬局です。


ご主人さま、ご実家のお母様と赤ちゃんと家族4人でのご来店でした。

こちらのコラムもぜひご覧になってください。


山形県東根市神町の土屋薬局の外観

こちらも2015年7月30日現在の土屋薬局の外観です。

連日の猛暑、旧国道13号線沿いに当店がございます。

地理的には村山市、河北町、天童市、寒河江市、山形市、仙台市から来店しやすいです。



I薬剤師 土屋幸太郎の漢方相談の風景 title=

<2013年11月4日 郡山市ビッグパレット 薬剤師 土屋幸太郎の漢方相談の風景>

薬剤師 土屋幸太郎の漢方相談の風景

土屋薬局 中国漢方通信/漢方専門の薬剤師、不妊カウンセラーが相談します。

漢方体験ドットコム…土屋薬局のお客様体験談です。ぜひご覧になってください。

中国の子授け観音様の送子観音菩薩

<2015/09/30 送子観音菩薩像を漢方コーナーに移動しました。オーラがでています>

中国の民間の信仰では、送子観音菩薩は日本でいう「子授け観音」として大変に有名です。

中国で漢方の不妊治療の名医、老中医は「あの漢方の先生はまさに漢方の送子観音菩薩様です」とも言われたりしています。

当店も私も多くの人を苦しみから救う送子観音菩薩様のエピソードにあやかりながら、お客様たちと喜び、悲しみを共有していきたいです。


子宝の神様、送子観音菩薩と中国の泥人形


漢方のご相談方法は、漢方相談表、またはファックス電話で受け付けています。
お問い合わせは、送信フォームもございます。
詳しい漢方相談の方法はこちらからで説明しています。


所在地 山形県東根市神町中央1-10-7
Google mapによる所在地

営業時間 第二、第四日曜日お休みです。

平日 午前9時~午後7時  土祭日 午前9時~午後6時

メールアドレス JDY00247@nifty.com

電話 0237-47-0033 漢方電話相談室 0237-48-2550 Fax 0237-49-1651


仙台方面からのご来店の場合には、お車でのご来店、または仙台駅前の旧仙台ホテル跡の複合商業施設のEDEN前のバス停から「山形新庄行き」48ライナーの山形交通のバスをお勧めしています。さくらんぼ東根駅下車です。1時間に1本あります。約1時間15分です。

さくらんぼ東根駅に到着されましたら、当店のスタッフがお迎えにまいりますので、お気軽に前もってご予約のうえご来店頂けたらと思います。


2016.09.14 「追記です。仙台から、もし「来店を希望されるお客様」へ

2016.09.23 こちらも追記です。 「土屋薬局での漢方相談のご予約のお問い合わせにつきまして


山形県県内、朝日町 飯豊町 大石田町 大江町 大蔵村 小国町 尾花沢市、金山町 上山市 河北町、川西町、寒河江市 酒田市 鮭川村 庄内町 白鷹町 新庄市、高畠町 鶴岡市 天童市 戸沢村 長井市 中山町 南陽市 西川町 東根市 舟形町 真室川町 三川町 村山市 最上町 山形市 山辺町 遊佐町 米沢市。

お隣の新潟県、福島県、秋田県、宮城県、仙台市などにお住いでご来店できる方はぜひ山形県東根市の土屋薬局まで漢方相談をお寄せくださいね。

一緒に頑張りましょう!


結婚記念日ディナー

<2016年10月31日>


いつもの日曜日はスーパーでお買い物してお家でご飯を食べているのですが、昨日は「結婚記念日」としてディナーを食べに行きました。

素敵な店員さんにパチリと写真を撮ってもらいました。

2人で美容室帰りです。


結婚記念日ディナーのプレート


結婚記念日ディナーのプレート


電話予約のときに「結婚記念日なんです!」とお伝えしたら、粋なはからいでした。

どうもありがとうございました!

今後とも夫婦円満で2人で支え合って頑張っていきたいです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016.10.20

90代のお父様の便秘の漢方相談。「放松とは?」

常連のお客様からお父様の便秘につきまして漢方相談を受けました。

便秘の漢方相談、実は難しいです。

東京にお電話しましたら師匠の何先生がいらっしゃいましたので、教えて頂きました。

ログしていきます。



土屋 「お客様のお父様、90代で便秘です。過去に心筋梗塞、ペースメーカーも入れています。きちんと近くの病院に通院して、下剤やツムラの漢方薬も処方されているそうです。お気軽にアドバイスください」


何先生からのご回答


「お父様の便秘には、冷え(陽虚)と気虚があります。

一般的な便秘薬の大黄、アロエ、センナはお腹を冷やします。

お腹の大腸が怠け者になる。


1つのお勧めする方法としましては、麻子仁丸+大建中湯です。

大建中湯はお腹を温める。

+少量の健胃顆粒を入れたほうがいい。

健胃顆粒は胃にも腸にも働く。


これがもし効かないようば場合には少し調整する必要がある。


麻子仁丸+十全大補湯


お腹を温めて大腸の働きを良くする。

大腸の働きを回復させる。

大腸の気を補う。


ただし十全大補湯を使ったらガスが出やすくなります。

この季節は便の出が悪くなりやすい。


夏は湿度が高い。

秋は乾燥の季節。」


土屋 


「何先生、最近、中国語の本を読んでいると「松」という言葉が気になります。

とくに「放松」という言葉が養生法に多いようです。

「松」とはリラックスを意味して、そしてなんで日本語では「松の木」の「松」の文字が中国語ではリラックスを意味するのでしょうか?」


何先生 


「いい言葉をご存知ですね。

「緊張」の反対の言葉が「松」です。

リラックスという意味になります。

つまり「松の木」のように下はどっしりとしていますが、上は空に手を挙げるように伸び伸びするという感じでしょうか。


枝が広がる、キュッと緊張した握った手を広げていく緊張が解けた状態です。

「松」とは身体のリラックスを指します」




<追記です>


「放松」とは子宝の不妊症の漢方相談では、心理面への中医養生法の1つです。


たとえば「放松心情、避免焦慮」と言われます。


不妊症の場合には長年の長期の不妊や不育で家族や社会からの圧迫があり、各方面からのプレッシャーがあり、容易に情緒が抑うつ状態になりやすい。

不安状態が続きやすい。


とくに体外受精をするときは更に緊張が続くことになる。

家族は患者さんに不要な圧迫、プレッシャーを欠けずに身体を休められるように関心を持つべきです。

各々は平常心を失わず、リラックスを心がければ妊娠しやすくなってきます。


…などと中医婦人科の中国語の本に書かれています。

この「放松」が緊張の反対、心を緩める。リラックスするという意味になります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016.08.23

慢性的に続く高温期の不正出血の漢方対策

本日2回目の更新です。


お客様から「高温期になるとだるくなって疲れやすくなって不正出血がある。昨年から続いています。」


という漢方相談をお受けしました。


基礎体温を拝見させていただきましたところ、ちょうど月経周期19,20、21日前後から、つまり生理が始まる10日前から生理まで不正出血となっていました。


助け舟を求めるように東京に電話をしてアドバイスをもらいました。

張先生でした。

婦人科に強い中医師の先生です。


2008.05.27

慢性頭痛、アルツハイマー、不妊症、子宮内膜症、PCOS,子宮筋腫などの漢方対策

こちらに、その先生が載っています。

「黄体機能不全ですね。

もしお客さまに会えるのなら子宮内膜が厚くなりすぎる状況を聞いていみたいです。

漢方では、「心脾の病は二陽に発する」不正出血によい漢方薬がまずお薦めです。


排卵期から多めに使います。

月経周期15日以降は1日3回。


土屋薬局でしたら婦宝当帰膠もいいでしょう。


そして生理以外の全周期は「冬至と夏至に採取されるスピリチュアルな不正出血に良い漢方」もお薦めです。


亀ちゃん漢方もいい。


亀ちゃん漢方には収れん作用があります。


卵子の問題、E2が足りない。


卵巣機能の弱り+黄体機能不全


まとめますと、「心脾の病は二陽に発する不正出血によい漢方薬」と「冬至と夏至に採取されるスピリチュアルな不正出血に良い漢方」と「亀ちゃん漢方」の3つの服用が理想的です。


亀ちゃん漢方、卵を良くする。子供が欲しい時には。」

土屋 「先生、田七人参は使えますか?」


張先生 「もちろん生理周期を中心に使えます」


と力強いアドバイスを頂戴しました。

ありがとうございました。

蔵王

<2016年8月21日 蔵王 山形市>

田んぼと蔵王


ここの田んぼのお米は「酒造米」になるのだそうです。

だからとても美味しいのだそうです。


雀の大群も空を飛ぶようになりました。

芙蓉

芙蓉の花も綺麗に咲く季節ですね!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016.08.05

首の凝り、 頭痛、 吐き気の漢方相談

おはようございます。

暑さが今日も厳しくなりそうな山形です。

36℃まで上がりそうです。


朝顔が綺麗に咲いています。

<2016年8月5日 我が家の朝顔>


さて昨日、東京のイスクラ産業さんの本社に電話して中医学、中国漢方のことについて問い合わせをしましたら、約1年半ぶりくらいに「ようびん先生」から教えてもらうことが出来ました。


以前の内容はこちら 「肝臓癌、肺癌、のどの養生法など中医学的、漢方的なアドバイス」です。


今回は「首の凝り、 頭痛、 吐き気」の漢方相談です。


70代 女性 


「1ヶ月前に昼食中に急に後首がギューっと固まったようになり動かくすことが出来なくなり、自分で首筋をもんでなんとか動かせるようになりました。

整形外科では年齢によるものと言われ、首の凝りをほぐす薬をもらいましたがさほど良くなりません。

その上、それ以来、頭の上からズシッと何かで抑えられている感じと軽い吐き気があり、後首もと時々締め付けられているように感じます。

今は1週間に1度はハリ(鍼灸)をして肩こりはだいぶ良くなりましたが、頭重とムカつきで外出が億劫(おっくう)です。

日常生活は大丈夫です。


なんとかスッキリできれば旅行も楽しめるのに…と思い漢方相談させてもらいました。


なお、今年のはじめに急に起こった"良性頭位めまい症”は今はあまり起こりません。

たまにファーっとなる位です。


体型は細身です。


これからも1週間ぐらいの旅行ができるようになりたいです。


何か良い薬があればお願いします」



ようびん先生のアドバイス


「まず血圧を聞くことです。


めまいや首筋の凝り。


まずは「気血の巡り」が悪いです。


丹参製剤の冠元顆粒や「カラスビシャクの根茎と白朮、天麻が配合された漢方薬」、葛根など。


葛根湯は「血圧」が高い時には使いづらい、麻黄が入っているから、気をつける。


「首から上がスッキリする漢方薬」も使えます。


解表薬だけでなくて去風薬も使いたいから「痛みを散らして楽楽になる漢方薬」もちょっと入れる。


1週間ぐらい様子をみる。


後頭部のこわばりは、去風薬を使いたい、葛根や「痛みを散らして楽楽になる漢方薬」など。


まずは1週間は様子をみる。

薄荷の花です

同じく今朝の我が家の「薄荷の花」です。

暑い日にはスーッとメントールの香りで涼しく過ごしたいものですね。


追伸です。


その後、改めて漢方相談ご希望のお客様とお話をさせて頂きました。


土屋 「血圧はいかがですか?」


お客様 「血圧は低めです。高くありません」


土屋 「食欲やお通じはいかがですか?」


お客様 「食欲も通じも大丈夫です」


もともと独歩顆粒や逍遥丸をご利用しているお客様でした。


ようびん先生のアドバイスのもと「痛みを楽楽にする漢方薬」と「首から上がスッキリする漢方薬」のこちらの種類をチョイスさせて頂きました。


症状の改善を心より願っております。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016.07.01

中医学による子宮腺筋症の漢方アドバイス

子宮内膜症性気胸の漢方対策についての時に陳先生に中医学を教えて頂いたことの続きです。


土屋 「最後に、子宮腺筋症の漢方相談について先生の考えを教えて下さい」


陳先生


<中医学による子宮腺筋症の漢方アドバイス>

子宮腺筋症は基礎体温が上がってきます。

少し「とくに広州では夏場には飲まれているという漢方薬」を多くする。

とくに月経血の出血量が多いかた、月経過多の場合には「とくに広州では夏場には飲まれているという漢方薬」を使う。


水蛭製剤の漢方、三年から七年かかるという雲南省特産の漢方薬+「とくに広州では夏場には飲まれているという漢方薬」


「とくに広州では夏場には飲まれているという漢方薬」で子宮腺筋症の痛みを和らげます。


子宮腺筋症の漢方相談は、体の弱い人、強い人。

若い人、年取った人


最後の4つの分類での子宮腺筋症の漢方相談の方法、今後にも活かしていきたいです。


親切に教えて頂きましてありがとうございました。




不妊症・婦人科疾患には経験豊富な漢方薬剤師、国際中医師、不妊カウンセラーが漢方支援。
毎年100名以上の方が妊娠、出産されています!
ホームページはこちら! →土屋薬局 中国漢方通信  
サテライトブログはこちら→土屋薬局のはてなブログ
山形県東根市神町の土屋薬局

子宮内膜症、子宮腺筋症でしたが漢方のおかげで妊娠出産」 こちらのコラムも参考になりましたら、幸いです。
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016.06.28

子宮内膜症性気胸の漢方対策について

こんにちは。

薬剤師、不妊カウンセラーの土屋幸太郎です。


今日来店されたお客様、ご主人と鎌倉に旅行に行くことがここ数年はまっているそうです。

あちこちの神社、寺院をお参りして、子宝の神社なども訪れたそうです。

あちこち行き過ぎて子宝の神社の名前を失念してしいました。とのことでしたが、今度の体外受精での卵を戻すこと、ぜひうまくいって頂きたいです。


鎌倉にいったら江ノ電に乗ったりしているそうです。

私も星薬科大学1年のときに品川から鎌倉まででかけて採葉にいってユキノシタなど採取しましたから、鎌倉、とくに北鎌倉あたりは懐かしいです。

お客様と私の2人で、ここは山形県東根市ですが「鎌倉はいまの季節は紫陽花が綺麗でしょうね」とか「鶴岡八幡宮は素晴らしいすね」とか「銭洗弁天は行かれましたか?」などと会話していました。

心は遠く、神奈川の鎌倉へ。


さて今日は、昨日に「仙台で漢方定例会  「声帯病、扁桃疾患、口内炎」…今週の漢方相談会のご案内6月27日」で約束しましたように、週に1回は中医師の先生に漢方のことを聞いてココログを役立つサイトを目指すシリーズです。


東京に電話しましたらちょうど中医婦人科の超権威の陳先生がいらっしゃいました。


土屋 「子宮内膜症性気胸の中医学、中国漢方対策、先生もしご存知でしたら教えて下さい」


陳先生 


<漢方アドバイス>


子宮内膜症性気胸は基本は淤血(おけつ)です。

活血化淤が基本。

治療は同じ。


子宮内膜が異所に飛ぶ。

胸や胸膜に飛んでいきました。

頭に飛んだり、鼻の粘膜に飛んで月経が来るたびに鼻血になる方もいます。


多いのは腹腔。子宮内膜症が卵巣や腹膜に飛んだりします。


肺に子宮内膜が飛ぶと胸が痛くて咳。


活血化淤と合わせて咳止めを使う。

たとえばジャノヒゲの漢方とか、秋の七草の紫色の花の漢方薬とか。


頭痛だったら頂調顆粒(川きゅう茶調散)


胸が痛いことは2つの可能性。


本当に胸が痛いこと。

もう一つはお腹の痛みが放散痛となっていること。

胸の痛みのように感じる。」


陳先生 「土屋先生、この方は痩せていますか、太っていますか?」


土屋 「痩せている体質のようです」

陳先生


<漢方アドバイス>


痩せている人は単なる淤血ではなくて、気血不足(きけつぶそく)。


気血不足からくる淤血(おけつ)


単なる活血(かっけつ)よりは養血したほうがいい。

当帰を使ったシロップ漢方製剤や、チャガも一緒がいい。


子宮内膜症が慢性化すると免疫の異常。

痛みを止めるのは活血化淤(かっけつかお)

(土屋からの注釈 「卵巣予備能~全周期活血化淤」 FSH8以上で高く卵巣予備能の低下~活血化淤漢方対策こちらも参考になりましたら、幸いです。)

もし冷え性だったらさわやかなお月様の宝の漢方。


痩せているのですから、当帰を使った生理を整える女性守り神の漢方シロップ+爽やかなお月様の宝の漢方

◎生理前後、炎症で熱っぽい。ニキビがでる


このような症状がもしあれば清熱解毒 +五味消毒飲加減


慢性であれば当帰を使った養血調経のシロップ漢方を。気血不足だから



そしてこちらがアゲハチョウの動画です。季節を感じます。


子宮内膜症の漢方相談は山形の土屋薬局までお寄せください。

漢方相談につきまして

不妊症・婦人科疾患には経験豊富な漢方薬剤師、国際中医師、不妊カウンセラーが漢方支援。
毎年50名以上の方が妊娠、出産されています!
ホームページはこちら! →土屋薬局 中国漢方通信  
サテライトブログはこちら→土屋薬局のはてなブログ
山形県東根市神町の土屋薬局

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧

その他のカテゴリー

LUF・黄体化未破裂卵胞/不妊と漢方 | PCOS・多嚢胞性卵巣症候群/不妊と漢方 | PMS・月経前緊張症/不妊と漢方 | 「ナチュラルな妊娠」「45歳、もう生んでいいかしら?」 | 「血流たっぷり」をめざしなさい | いびき/漢方薬 | おねしょ、小児夜尿症(おねしょ)/漢方薬 | おりもの、のびおり/漢方薬 | お腹の張り、腹部膨満感、食欲不振/漢方薬 | しびれ/漢方薬 | つわり/漢方薬 | にきび/漢方薬 | のどのつかえ、喉の痛み、難治性咽頭潰瘍/漢方薬 | ほてり/漢方薬 | むずむず脚症候/漢方薬 | めまい、立ちくらみ/漢方薬 | アトピー性皮膚/漢方薬 | アレルギー性鼻炎と体外受精/不妊と漢方 | アレルギー性鼻炎の漢方相談について | イスクラ冠元顆粒 | イスクラ冠元顆粒発売20周年記念成都シンポジウムに参加して | イスクラ婦宝当帰膠/漢方薬 | イスクラ独歩顆粒 | イライラ落ち込み漢方、不安落ち込み/漢方薬 | インターネットの掲示板などで漢方紹介 | カウフマン療法/不妊と漢方 | カンジダ膣炎/漢方薬 | ガン(がん)/漢方薬 | クラミジア感染症/漢方薬 | クローン病、潰瘍性大腸炎/漢方薬 | ゲップ・ガスの漢方相談 | ココログ版漢方(無名)コラム・2004 | ココログ版漢方(無名)コラム・2005 | ココログ版漢方(無名)コラム・2006 | ココログ版漢方(無名)コラム・2007 | ココログ版漢方(無名)コラム・2008 | ココログ版漢方(無名)コラム・2009 | ココログ版漢方(無名)コラム・2010~ | コンクレバン | シェーグレン症候群/漢方薬 | シミ・肝斑/漢方 | ストレス/不妊と漢方 | セックスレス/不妊と漢方 | タイミング療法/不妊と漢方 | ダイエット/漢方薬 | チック/小児チック/漢方薬 | チャイナビュー | チョコレート嚢胞/漢方薬 | ツイッター | ディスプレー症候群/漢方薬 | ドライアイ/漢方薬 | ドライマウス、口腔乾燥症/漢方薬 | ニュースレターより | ハテナ | ビタエックス(プラセンタ) | ヘパーデン結節/漢方薬 | ベビ待ち保育士さん、幼稚園教諭さん/不妊と漢方 | ベビ待ち小学校教員さん/漢方薬 | ベビ待ち歯科衛生士さん/漢方薬 | ベビ待ち看護師さん/漢方薬 | ベビ待ち美容師さん/漢方薬 | メニエール病/漢方薬 | メールマガジン | モンテディオ山形 | ヤフー知恵袋の漢方の回答より | リウマチ性多発筋痛症/漢方薬 | リウマチ/漢方薬 | ロコモティブシンドローム/漢方薬 | 下痢、軟便/漢方薬 | 下肢静脈瘤/漢方薬 | 不妊カウンセラーに向けて | 不妊カウンセラー・体外受精コーディネーター養成講座 | 不妊治療の基礎知識…現状と問題点 | 不妊漢方治療の応用 | 不妊症の基本検査について | 不妊症の年代別漢方相談 | 不妊症テレビお茶の間講座 「子宮内膜症」 | 不妊症専門講座・PCOS 「多嚢胞性卵巣症候群」 | 不定愁訴/漢方薬 | 不正出血/漢方薬 | 不眠/漢方薬 | 中医五官病 | 中医痺証専門講座「南通研修」への道 | 乳がんの疫学と薬物療法 | 乳腺炎、断乳、母乳/漢方薬 | 人工授精/漢方薬 | 今週の漢方相談会 2008年 | 今週の漢方相談会 2009年 | 今週の漢方相談会 2010~ | 今週の漢方相談会 2013~ | 今週の漢方相談会2017 | 体外受精/漢方薬 | 何先生や中医師の先生から漢方のこと聞いたこと | 便秘/漢方薬 | 免疫性不妊と不妊漢方 | 全身性エリテマトーデス(SLE)/漢方薬 | 円錐角膜/漢方薬 | 冷え性/漢方薬 | 加齢性黄斑変性症/漢方薬 | 勉強会(2004~2008) | 勉強会(2009) | 勉強会(2010) | 勉強会(2011) | 勉強会(2012~) | 動悸/漢方薬 | 卵巣予備能~全周期活血化淤 | 卵巣嚢腫/漢方薬 | 卵巣機能不全、卵巣機能低下/漢方薬 | 卵管性不妊/漢方薬 | 卵管留水腫/漢方薬 | 卵管閉塞/漢方薬 | 卵胞発育不全/漢方薬 | 受精障害/漢方薬 | 口内炎/漢方薬 | 呑気症(空気嚥下症)/漢方薬 | 周期療法 | 味覚障害/漢方薬 | 咳、ぜんそく、慢性気管支炎/漢方薬 | 咽喉頭異常感症、難治性咽頭潰瘍/漢方薬 | 嗅覚障害/漢方薬 | 土屋幸太郎・漢方講演会 | 土屋幸太郎結婚式 | 土屋薬局からのお知らせ | 土屋薬局のの口コミ、評判 | 坐骨神経痛/漢方薬 | 坑精子坑体/漢方薬 | 基礎体温が低め/漢方薬 | 基礎体温が高め/漢方薬 | 基礎体温ガタガタ/漢方薬 | 基礎体温表/漢方薬 | 多汗症/漢方 | 夜中目が覚める/漢方薬 | 夢と不眠/漢方 | 女性のための漢方レッスン | 女性不妊症的中医治療 | 妊娠中と産後の体調不良/漢方薬 | 妊活・妊娠力アップ/漢方薬 | 子宮内膜が薄い/漢方薬 | 子宮内膜ポリープ、子宮内膜増殖症/漢方薬 | 子宮内膜症/漢方薬 | 子宮外妊娠後/漢方薬 | 子宮筋腫/漢方薬 | 子宮腺筋症/漢方薬 | 子宮頸がん/漢方薬 | 子宮頸管無力症/漢方薬 | 季節の養生法 | 学校保健委員会 | 小児漢方 | 小太郎製薬 | 帯状疱疹後神経痛、後遺症/漢方薬 | 後鼻漏・蓄膿症/漢方薬 | 心と体 | 感音性難聴・耳鳴り、難聴/漢方薬 | 慢性副鼻腔炎(蓄膿症)、アレルギー性鼻炎/漢方薬 | 慢性咽頭炎/漢方薬 | 我が家の庭 | 我が家の庭 2008 | 我が家の庭 2009 | 我が家の庭 2010~ | 手根管症候群、腱鞘炎、ばね指/漢方薬 | 抗核抗体/漢方薬 | 掌蹠膿疱症/漢方薬 | 排卵痛、排卵期/漢方薬 | 排卵障害/漢方薬 | 日中線記念館 | 更年期障害/漢方薬 | 月経の経血量が減少/漢方薬 | 月経不順・生理不順/漢方薬 | 月経周期が短い/漢方薬 | 月経周期が遅れる、長い/漢方薬 | 椎間板ヘルニア/漢方薬 | 武漢へ | 死産後/漢方薬 | 母乳/漢方薬 | 泣きたくなる | 活血化淤の応用 | 流産後の不育/不妊と漢方薬 | 浮腫み/漢方 | 温活GO | 漢方周期療法…南京・夏桂成先生の講義より | 漢方薬の安全性について | 漢方薬局で相談を受ける婦人病について | 無排卵・無月経/漢方薬 | 無月経・無排卵・中医不妊症テレビお茶の間講座 | 生殖医療に関わる疑問に答える | 生殖補助医療の有用性と限界 | 生理痛/漢方薬 | 甲状腺機能亢進症/不妊と漢方 | 甲状腺/不妊と漢方 | 男女の更年期と神経症 | 男性不妊/漢方薬 | 痔/漢方薬 | 痛み、しびれ/漢方薬 | 痰湿/漢方 | 眼精疲労/漢方薬 | 着床障害/不妊と漢方 | 神経障害性疼痛/漢方薬 | 糖尿病/漢方薬 | 経血量少ない/漢方薬 | 綿花観察日記 | 緑内障/漢方薬 | 繊維筋痛症/漢方薬 | 老人性膣炎・萎縮性膣炎/漢方薬 | 耳管開放症/漢方薬 | 耳鳴り、突発性難聴/漢方薬 | 聴覚過敏/漢方薬 | 肘痛/漢方薬 | 股関節痛/漢方薬 | 肩こり/漢方薬 | 肩甲骨の痛み/漢方薬 | 肩痛、五十肩/漢方薬 | 胃酸過多、機能性胃腸症(NUD)/漢方薬 | 背中のほてり/漢方薬 | 背中の痛み/漢方薬 | 胚盤胞/漢方薬 | 脂漏性皮膚炎/漢方薬 | 脈拍/漢方 | 脊柱管狭窄症/漢方薬 | 脱毛、抜け毛、薄毛の漢方薬 | 脳卒中/漢方薬 | 脳疲労症候群、脳過敏症候群/漢方 | 腰椎すべり症/漢方薬 | 腰痛/漢方薬 | 膀胱炎/漢方薬 | 膝痛/漢方薬 | 花粉症/漢方薬 | 若木山、石崎山や東根の景色 | 若木山、石崎山や東根の風景2008 | 若木山、石崎山や東根の風景2009 | 若木山、石崎山や東根の風景2010~ | 蕁麻疹、湿疹/漢方薬 | 薄い子宮内膜に漢方薬が有効である可能性がある | 薬膳 | 血の道症/漢方薬 | 血管力をつければ病気は治る | 補腎の話 | 西洋医学的にみた不妊症漢方概論 | 足底筋膜炎/漢方薬 | 逆流性食道炎/漢方薬 | 過去のバックナンバーより | 過敏性腸症候群/漢方薬 | 過活動膀胱、頻尿/漢方薬 | 遺残卵胞/漢方薬 | 酒さ/漢方薬 | 頭痛/漢方薬 | 頸椎症、首のこり/漢方薬 | 頻尿/漢方薬 | 顔面神経麻痺、手のふるえ/漢方薬 | 顕微授精(ICIS)/漢方薬 | 風邪/漢方薬 | 食欲不振、胃痛/漢方薬 | 高プロラクチン血症/不妊と漢方薬 | 高血圧/漢方薬 | 高齢不妊症、卵巣機能低下における中国漢方の考え方 | 鷺草、朱鷺草観察日記 | 黄体機能不全/漢方薬 | 黄疸/漢方薬 | 100歳まで元気に生きる! | 2人目不妊、第二子不妊の漢方薬 | 2004年妊娠出産おめでとうございます! | 2005年妊娠出産おめでとうございます! | 2006年妊娠出産おめでとうございます! | 2007(1月~6月)妊娠出産おめでとうございます! | 2007(7月~12月)妊娠出産おめでとうございます! | 2008年妊娠出産おめでとうございます! | 2009年妊娠出産おめでとうございます! | 2009(7月~12月)妊娠出産おめでとうございます! | 2010(1月~6月)妊娠出産おめでとうございます! | 2010(7月~12月)妊娠出産おめでとうございます! | 2011年妊娠出産おめでとうございます! | 2012年妊娠出産おめでとうございます! | 2013年妊娠出産おめでとうございます! | 2014年妊娠出産おめでとうございます! | 2015年妊娠出産おめでとうございます! | 2016年妊娠出産おめでとうございます! | 2017年妊娠出産おめでとうございます! | 40歳代、高齢不妊/漢方薬 | AMH/漢方薬 | COPD 慢性閉塞肺疾患/漢方薬 | FSHが低い方/漢方薬 | FSHが高い/漢方薬 | POF・早発閉経/漢方薬