カテゴリー「高齢不妊|不妊治療と漢方薬」の記事

2017.08.15

お盆期間中の不妊治療での嬉しいお話

こんにちは。

薬剤師、不妊カウンセラーの土屋幸太郎です。


昨日の8月14日はお盆休みなので普段と違うお客様が来る予感がしてました。


午前中に来店されたお客様はなんと7年ぶりのご来店。

ご家族4人でのご来店でした。


ご主人様が「お久しぶりです。以前に大変にお世話になりました。お陰さまでこの子が生まれまして…」


お話をよくお伺いしますと7年前に出産されたそうです。


そのときの奥さまの年齢が40歳ですから、よく頑張られたし、その後もご家族お元気でお過ごしですからとても嬉しく思いました。


「2017.08.14 おめでごうございます。家族4人でのご来店。40歳のときに2人目出産


その後、夕方になると41歳のお客様がいらっしゃいました。


今年の7月12日からの土屋薬局での漢方相談。

会社の友人から口コミでのご来店でした。


いまの時代は「会社」という同じ組織に属している方からのご紹介が信頼性があるようです。


さて体外受精をされていて6月に胚盤胞で凍結卵を2個もっていて、1つは良いもの、1つは良くないものだそうです。


ちょうど月経周期6日目でのご来店でした。

2日おきにお腹にエストラーナテープを3枚貼っています。


月経周期は少し短めで26日前後で生理が来るタイプです。


クロワッサンプラスの中医学で6つの体質チェックでは


気虚体質 5点

気滞体質 15点

血虚体質 9点

瘀血体質 0点

陰虚体質 8点

痰湿体質 0点


良いところは、通常は40代の場合には肥満気味になってきて、肥満になると血圧が上がり、血流も悪くなり、卵巣や子宮への血流もおそらく悪くなるでしょうから、40代で降圧剤のアルドメットを服用しているような場合には妊娠がなかなか難しかったりします。


同時に肥満は痰湿(たんしつ)といって子宮や卵巣の腫れなども引き起こしやすいので、40代前後の方で子宝ご希望の場合にはダイエットはまずお勧めです。

体型が標準に近いほうが妊娠に有利だと感じています。


さて、このお客様もやや痩せ型ですが肥満ではなくて健康的なお嬢様タイプの体質。


これから凍結融解胚移植をあたるに妊娠しやすい方法


養血調経+補腎益精+活血化瘀


この場合、瘀血でなくても子宮内膜の血流を良くしていたほうが「着床の窓」が開きやすいです。


結果、昨日の8月14日には「妊娠」が分かった!と嬉しいお知らせでした。


お盆の期間中も大学病院などは診察していますので、昨日はほかにも大学病院で体外受精をされていて、子宮や卵巣が腫れなくなって調子が良いというお客様もいらっしゃいました。

2週間後に卵を戻すそうです。


非常に感心したのですが、体外受精をされているにも関わらず、表情は落ち着かれていて、穏やかな表情をされていましたので私も感銘を受けました。


お盆期間中の不妊治療での嬉しいお話でした。


夏水仙

<2017年8月12日> 今年も夏水仙咲きました!


夏水仙

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017.08.14

おめでごうございます。家族4人でのご来店。40歳のときに2人目出産

おはようございます。

薬剤師、漢方講師、不妊カウンセリング学会会員、不妊カウンセラーの土屋幸太郎です。


今日は8月14日お盆の期間中で土屋薬局は営業中です。

お墓参りなど故郷に帰省されて、ご家族でにぎやかにされていることと思います。

そろそろ夏の盛りも終わりになってきますね。

夏風邪をひかれているかたも増えてきました。


さて午前中に家族4人でのご来店のお客様がいらっしゃいました。


お子さまが7歳になったそうです。


40歳のときに2人目を出産されたという高齢ですが、すごく漢方で頑張っていたお客様でした。


人の良さそうなご主人様が最初、開口一番に「ありがとうございました。7年前に妻がお世話になって」ということでした。

当時、7年前の漢方薬は養血調経をたっぷりと補腎益精で卵巣機能を若返らせる方法でした。


参茸補血丸や双料参茸丸などもお勧めしていましたので、これらの漢方薬はやはり体力を回復させる効果もだいぶ期待できるのだなあと改めて再認識した次第です。


鹿の角、鹿角が配合された漢方や補気薬の人参などの効果が相当いいのだと思います。


それにしても40代前後に妊娠では高齢のためにガッツで頑張ることが多いですから、無事に出産されてご家族みなさまお元気とのことで嬉しく思った次第です。


40歳代の年齢の漢方相談のコツもありますので興味があるかたは山形県東根市の土屋薬局までご来店くださいね。


山形蔵王

山形蔵王の田んぼからの眺め


この日の蔵王は雲隠れ


芙蓉の花


芙蓉の花もとても綺麗に咲いていました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017.07.27

43歳高齢不妊、体外受精、FSH高い、遺残卵胞からの妊娠対策

2017年6月6日に中医不妊症お茶の間講座 不妊IP講座 薔薇組を受講しました。

定期的に薬局の勤務が終わった午後8時から午後10時まで中医薬研究会の有志の先生方と中医不妊症を学び、中医学講師の先生たちをテューターとして基礎から応用まで学んでいます。


わたし土屋幸太郎が勉強した内容を記録していきます。


前回は、「2017.06.22 卵巣機能低下、早発閉経の不妊への漢方対応」でした。


今回は症例2です。


ちょっと日にちが経過していますが自分自身の勉強のためにログしていきます。


<症例2>


全国の漢方薬局の先生方から実際の店頭での漢方相談、不妊症の子宝相談での体験例です。


43歳 165センチ 体重50キロ後半  結婚4年


生理初潮11歳 現在生理周期25日  おりもの少ない


FSH高い 52~80  化学流産、遺残卵胞


クロミッド+スプレキュア、ソフイアA

問題点


1)高齢

2)FSH高い

3)着床失敗

4)BBT 基礎体温表が高い


解決路


劉先生の解説…


遺残卵胞→次の周期に影響する。

原因は高齢、38歳以降


活血補気(かっけつほき)も大切。3ヶ月休んで子宮内膜を綺麗にする方法もある。


遺残卵胞の対策…高齢、卵が育ちにくい


遺残卵胞はホルモンと関係する。


遺残卵胞は受精率が低い。

遺残卵胞は活血化瘀で出す。


活血剤+チャガ→一番よい


たとえば水蛭製剤+チャガ

水蛭製剤は5粒×3回

生理スタートからでもいい。

高温期に水蛭製剤いい。

ピル+水蛭


死血(しけつ)をとる。


遺残卵胞の予防にも


高齢は主席卵胞が大きくなりにくい。


ほかの卵も小さくなりにくい。


クロミッド、HMGで残りも発育してしまう。


卵は多くならずに遺残卵胞。


またはHCG注射、高温期ピルで遺残卵胞。


低温期の小卵胞が高温期に大きくなって遺残卵胞。


HCG注射→かならず遺残卵胞が残る。


HCG注射してからチャガ→遺残卵胞を抑える。


育卵も大切。



艶麗丹は八仙丸のバージョンアップ。

肺腎の潤い


カエルの輸卵管。


昔は中国の男性の精力剤、いまは美容にも応用されている。



基礎体温表が高い


低温期、高温期が高い

月経周期が短い


1)黄体期が短い

2)排卵が早い→小さい卵子のうちに予防


小さい卵は受精能力がない。→高温期も短くなる。


冬至と夏至に採取される漢方薬をよく使う。


熱と湿をよとる。(旱蓮草が)


女貞子は肝腎の陰を補う。収れん作用→小卵胞が排卵しないようにする

冬至と夏至に採取される漢方薬は 1)基礎体温表を下げる  2)月経周期を伸ばす


つまり高齢不妊に良い。不正出血の対策に。


FSH高い→病院ではE2またはピルでリセット。


クコの実と菊の花が配合された漢方薬+冬至と夏至に採取された漢方薬+亀ちゃんスッポン漢方スープ


補陰を中心にしていく


基礎体温表が上がっていくから。


冬至と夏至に採取された漢方は月経周期3日目から使っていく


1日3回 1回7~8粒  1日21~24粒


生理3日目から高温期に上がるまで


高温期が高いときには、冬至と夏至に採取された漢方は高温期にも使える。


2~3ヶ月で結果がでてくる。


モーニング

<2017年7月17日>

福島県郡山市のモーニングへヨーグルトを食べに行きました。

ヨーグルト専門で山形や仙台にお店がありませんので、本店に出かけました。


窓際の席

11時半過ぎと早めに来たので窓際の席に座ることができました。


けっこう眺めがよいです。


お通しのヨーグルト


お通しのヨーグルトで「おお!」と盛り上がります。


ブルベリーのタルト

ブルーベリーは蔵王の伊藤農園さんで採れたものです。

新鮮でとても美味しかったです。


ぷるぷる

ぷるぷる


ブルーベリーのタルト

ブルーベリーのタルト


コーヒーヨーグルトのパフェ

これは珍しいコーヒーヨーグルトのパフェです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017.07.25

高齢不妊でしたが2人の子宝に恵まれたお客さま。おめでとうございます!

「おはようございます。

メールの返信が遅くなってしまい、すみませんでした。

お祝いのフォトフレーム、届きました。

とても可愛らしいフォトフレームですね!

ありがとうございます!!

先日1ヶ月検診も終わり、母子共に大きな問題もなく、ホッと一安心したところです。

さて、私、メールを最後までちゃんと読んでいなかったようで、このメールを書こうとした時に、いただいたメールを読み返してみたら、続きがあることに気づいて。。。

返信が遅くなってすみませんでした。

体験談を載せるという事ですが、匿名で個人情報に関わる事が載らないという事であれば、載せていただいても構わないのですが、ただ、私、皆様に励みになるような特別な体験があるというほどでも無いので、私なんかの体験談で大丈夫なのでしょうか?

返って恐縮な感じで…。

こんな私なんかの体験談で、少しでもお役にたてる事があるのであれば、載せていただいて大丈夫です。

よろしくお願い致します。」


今月の7月17日に頂戴したメールです。


一番初めての不妊症の子宝の漢方相談が始まったのはIさま、39歳のとき。


2012年(平成24年) いまから5年前の7月31日のとき。


そのときの漢方相談の内容をご紹介します。


年齢39歳

妊娠が出来ないことです。

また、最近、生理周期が短くなってきている気がします。

排卵も早い気がするのと、おりものも少なくなっているような気がします。

高温期が短い気がします。

また全体的に基礎体温が低いような気がします。


妊娠については、2~3年位です。

その他については、4~5ヶ月位前からです。


冷え性の方です

背中がつまります。


食欲は以前と変わらないです。(あります)


以前はずっと便秘でした。

ずっと薬も飲んだりしていました。


ここ1~2年は薬を飲まず、自然に出るようになっています。
(今でも便秘ぎみになる時がありますが・・・)


トイレは以前は近くて悩みでもありましたが、最近は普通かなと思います。

夜は基本的にはトイレには起きないです。


以前は眠れないということはなかったのですが、最近、なかなか眠れない時もあります。
(暑いせいなのかもしれないですが・・・)


夢は見る時と見ない(覚えていないだけかもですが)時があります。


腰痛は自覚はないですが、姿勢が悪いせいか、ちょっと違和感がある気はします。
(痛いというほどではないのですが、マッサージなどでは、腰が良くないと言われたことも・・・)


PCなどを見る時間が長いため、眼は疲れていると思います。

視力も以前より悪くなりました。(1.5->0.7とか)

以前は生理はほぼ27~28日周期で、毎回順調でした。

ここ4~5ヶ月は、25日~26日位で、ひどい時で24日という時もありました。

期間も以前は1~2日目が出血量が多く、4日目位までは出血、5日目位はティッシュにつく程度の出血、6~7日目はおりもの程度、という感じでした。

ですが、ここ4~5ヶ月は、生理の前に茶色いおりもののようなものが3~4日続き、その後、生理が来るというような流れになってきました。そのためか、最近は、生理も7日より短い期間で終わる気がし、若干出血量も少なくなっているような気がします。

生理痛は、結構あり、10年位前までは毎月のように薬を飲んでいましたが、それ以降は、薬は飲まないようにしています。最近は以前よりは軽くなってきたような気がします。

初潮年齢は11才です。

不妊についてとても悩んでいます。

お返事が遅くなっても構いませんので、出来ましたら、不妊カウンセラーの土屋幸太郎先生にご相談をお願い出来たらと思っています。

とにかく、第一は子供が欲しいのですが、なかなか出来ず、悩んでいます。

2年位前までは色々あり、なかなか子供を作ることが出来なかったのですが、ここ1~2年は本格的に悩んでいました。主人も私も39才で年齢的なこともあり、とてもあせっています。


2012年3月から不妊治療の病院へ通い始めたのですが、ちょうどその頃から、上記に書いたように、月経周期が短くなったり、月経期間が短くなったりし始めたような気がします。


また、おりものも、1年ほど前は多くて困る位だったのですが、病院へ通い始めた頃から、意識するようになったせいか、下着へ付くようなおりものがほとんどなくなってしまった気がします。(排卵頃に先生に内診でみていただいた時には、先生は多くなってきているから大丈夫とのことでしたが・・)


また、排卵時期も、以前は14日目位だったような気がするのですが(これはあくまでも自覚症状からです。排卵痛などから)、今は12日目位のような感じがします。(毎回病院でみてもらったりしているのを計算したり、検査薬などから・・・)


また、全体的に基礎体温も低いのでは?と思います。

高温期でも、最高でも36.7度~36.8度前後位で、36.9度へ行くことはありません。


また、高温期中でも、最初は高くなっても、途中から低くなっている気がします。


黄体機能が良くないのかなと思い、悩んでいたのですが、先生は、高温期の中でばらついているので(低温期と高温期の2層になっているので)大丈夫ですとのことでした・・・。


ちょうど病院へ通い始めた頃というのも気になり、実は以前からそうだったけど、気にするようになったからわかっただけかなとも思ったり、妊娠のことを気にするようになったストレスからかなと思ったり、また、この1年位、仕事でもストレスが多くなり、残業も遅い時間までになっています。


体はすごく疲れているし、睡眠時間が短いのも確かです。
(眠れない原因の1つはそれもあるかもしれません。)


また、食事や飲み物など、自分なりに色々調べて、色々実行してみたりしていたのですが、なんか、それが逆にホルモンバランスを崩してしまっているのかなと思うのもあったりして、余計わからなくなってしまいました。


出来るだけ体を冷やさないように下着の重ね着をしたり、5月からは30分程度のウォーキング、短時間なストレッチなどもしています。。。


また、先日、以前不妊で同じ病院へ通っていた方が、冷え性ということで病院から処方してもらった「当帰勺薬散(トウキシャクヤクサン)」という漢方薬をいただき、数日前から飲み始めてみました。


主人は、たばこ、お酒などを飲んだりするのと、定期的な運動などもあまりしていないため、その影響も心配です。


最後に、病院で検査した結果を書いておきます。

先生には、どれも異常はないと言われたのですが・・・(?)


<検査日>     <検査内容>  <値>
周期5日目(3/2): プロラクチン 19.40ng/ml
            LH    4.63mlU/ml
           FSH    5.75mlU/ml

周期20日目(4/13):  E2   166.9pg/mL
            P4   10.91ng/mL

2ヶ月ほど前に卵管造影の検査も行ないましたが、特に問題はないとのことでした。

以上なのですが、いっぺんに色々な内容を書いてしまい、申し訳ありません。

お忙しいところ申し訳ありませんが、よろしくお願い致します。



ここからの漢方相談で、結局、体外受精で採卵も凍結もうまくいきまして平成26年7月に(西暦2014年)無事にご出産!

41歳でのご出産!

おめでとうございます!


再度、第二子の子宝の漢方相談も平成27年(西暦2015年)から始めて、このたび平成29年(2017年)に出産のご報告、実に44歳でのご出産!


と嬉しいご報告、子宝の漢方体験談でした。


途中、流産もありましたが頑張って乗り越えていきました!


2017年6月


「ご無沙汰しています。

一昨日、男の子が生まれました。

土屋先生には、前回の妊娠時も、今回の妊娠時も、色々アドバイスをいただき、とても感謝しています。

お陰で、前回も今回も、大きなトラブルも無く、無事出産までたどり着く事が出来、今はほっとしております。

とは言っても、これからが更に大変な毎日が待っていますので、頑張らなくてはと思います。

今後も何かありましたらまたご相談に乗っていただく事もあるかと思いますが、よろしくお願いします。

取り急ぎ、ご報告まで。」


お地蔵さん

<2017年7月18日 慈恩寺のお地蔵さん>


先日、慈恩寺に行ってきました。

約3年以上ぶりでしたが、とても感銘を受けてきました。


慈恩寺


平日の夕方だったせいか、誰も人がいない境内でした。

ただヒグラシの音だけが響きます。


慈恩寺

Iさま、どうもおめでとうございました!

ご家族の皆様のご健康とご多幸を心より祈念申し上げます。

どうぞお元気で!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017.07.10

栃木県中医薬研究会で漢方講演会にお呼ばれしました。

おはようございます。

薬剤師、不妊カウンセラーの土屋幸太郎です。


昨日の7月9日、栃木中医薬研究会の薬剤師の先生方にお呼ばれしまして、漢方講演会をしてきました。

実に4年ぶりの漢方講演会でいろいろと感慨深いものがありました。

このような機会を頂きまして、ありがとうございました。


土屋幸太郎の講演

<2017年7月9日 宇都宮市 二荒山会館にて>


タイトルテーマは「南通痺証研修と朱良春先生。独歩顆粒と私の漢方相談法」でした。


ここの場面では麻黄附子細辛湯(まおうぶしさいしんとう)についての漢方的な解説をしている場面です。


麻黄=太陽膀胱経

附子=少陰腎経

細辛=少陰腎経の深く潜んだ風寒湿の邪気を太陽膀胱経の表面までえい!と押し出します。


土屋幸太郎の講演


最後のほうの講演です。


早発閉経、POFや難治性不妊症、体外受精の複数回の失敗のときなど基礎体温表が高温期は37℃を越え、低温期は36・5℃を越えます。

以前に東京のイスクラ産業本社7階で中医不妊症お茶の間講座の会がスタートして間もなくだったときに、まだそのときは全国の会員は20数名でした。


各地の有力な漢方薬局の先生方が持ち寄った基礎体温表、10数例、すべてが基礎体温が高めでした。


強烈な印象として忘れられません。


そのときの体験もお話しながら、ふだんは中医不妊症でもあまり語られていない基礎体温表の下げ方、


君火

肝火

相火


この「心肝腎」の火を落とす方法も説明させて頂きました。


出し惜しみすることなく、フルに私の今までの経験、理論、体験をお話しました。


漢方講演

<薬剤師、不妊カウンセラー、国際中医医師A級の土屋幸太郎の漢方講演>


お呼び下さった栃木県中医薬研究会の薬剤師の先生方、どうもありがとうございました。


<番外編>

ホテル朝食会場で

ホテル朝食会場で


ココ・ファーム・ワイナリーにて


ココ・ファーム・ワイナリーにて

<ココ・ファーム・ワイナリーにて>


前日、7月8日。

およそ7~8年ぶりに足利のココ・ファーム・ワイナリーに行けました。

妻を連れて行きたかったので念願叶いました。

「魂のブドウ畑」を背景にして


薬剤師、不妊カウンセラー、国際中医師 土屋幸太郎

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017.06.29

44歳高齢不妊。第二子をご出産されました!おめでとうございます!

先日44歳で第二子を出産された方からの報告のメールがありました。


「ご無沙汰しています。

一昨日、男の子が生まれました。

土屋先生には、前回の妊娠時も、今回の妊娠時も、色々アドバイスをいただき、とても感謝しています。

お陰で、前回も今回も、大きなトラブルも無く、無事出産までたどり着く事が出来、今はほっとしております。

とは言っても、これからが更に大変な毎日が待っていますので、頑張らなくてはと思います。

今後も何かありましたらまたご相談に乗っていただく事もあるかと思いますが、よろしくお願いします。

取り急ぎ、ご報告まで。」


一番と最初の漢方相談、子宝の不妊症対策の漢方相談が平成24年7月31日のときです。


妊娠できないことが一番の悩み。


生理周期が最近早くなってきています。

排卵も早い気がすることと、おりものの減ってきています。

高温期も短く黄体機能不全気味であることと

また全体的に基礎体温表は低めの感じがします。


ずっと便秘気味でした。


最近ここ4~5ヶ月間は月経周期は25~26日が続き、ひどいときには24日で生理が終わってしまう月経周期もありました。


経血量は1~2日目の出血量が多くて4日目くらいまでは出血、5日目くらいはティッシュにつく程度。

6~7日目はおりもの程度で月経が終わっていまいます。


生理痛はひどいときがありけっこうひどいです。

鎮痛剤は10年前はたくさん飲んできました。

それ以降は鎮痛剤は飲まないように気をつけています。

最近は生理痛は以前よりは軽くなってきている気がします。


平成24年7月31日のとき漢方薬は


1)イスクラ婦宝当帰膠
2)イスクラ麦味参顆粒
3)参馬補腎丸
4)イスクラ冠元顆粒


<月経期 1~5日目>

婦宝当帰膠4ml(カップの目盛)×2回
冠元顆粒1包×2回


<卵胞期 6~10日目>

婦宝当帰膠カップ1杯×2回
麦味参顆粒1包×2回
参馬補腎丸8丸×2回


<排卵期 11~15日目>

婦宝当帰膠カップ1杯×2回
麦味参顆粒1包×2回
参馬補腎丸8丸×2回
冠元顆粒1包×2回


<黄体期 16~28日目>

婦宝当帰膠カップ1杯×2回
麦味参顆粒1包×2回
参馬補腎丸8丸×2回

このような感じの周期療法です。

夏場の暑くなってくる季節には全身の一身の気を補う人参が入っている麦味参顆粒、別名、これは生脈散を使うと以外に良いということを経験的に土屋が知っているということと。


酸味の味が主体なので麦味参顆粒と参馬補腎丸を収れん作用を期待して、卵子が早く排出しないように、良い卵で成熟するような心がけです。


たしかこの「月経周期が短め」で排卵されたかた、あのかたは東大病院に通われていたのですが、そのかたは麦味参顆粒と紅沙棘だったと思います。

妊娠出産されました。


出産前に2人目不妊対策予防。産後養生と子宝漢方をお求めに」こちらのお客様は山形県内の可愛いお嬢さんですが、私と相性がよいこともあるかもしれませんが、イスクラ婦宝当帰膠を全周期の毎日、月経期と排卵期の冠元顆粒の併用で妊娠出産されました。


この方法も上記のお客さまの月経周期に合わせた服用方法に載っています。


さて、平成24年8月29日は、より月経周期が短い対策として二至丹。


そして9月には瀉火補腎丸をさらに併用。


虚熱を下げていく方法になります。


翌年の平成の5月にオリヂンP顆粒を追加でお勧めしました。

プラセンタ製剤です。

いまの時代にはサプリではイスクラさんの紫煌珠。

または第二類医薬品では森田薬品さんのビタエックス顆粒で代替可能です。


さてその後体外受精となり、採卵前には


婦宝当帰膠+冠元顆粒+オリヂンP顆粒+杞菊顆粒


この組み合わせで採卵がうまくいきました。


卵が12個とれて9個も凍結できたそうです。


平成25年10月に着床そして翌年の平成26年7月に無事にお子さまを第一子を出産できました!


卵を戻したときからは二至丹や参馬補腎丸が大活躍しました。


その後は、平成28年から


婦宝当帰膠+プラセンタ(ビタエックス顆粒)+冠元顆粒+参馬補腎丸


このような組み合わせで体外受精がうまくいきまして44歳での妊娠出産に至りました。


どうもおめでとうございました!


若木神社

<2017年6月27日>

この日は昼間に東京から旧知のイスクラ産業さんの相談員の方が訪店されていろいろと漢方薬の話をしてくださいました。

お昼に運動できなかったので、午後の休憩を利用して若木神社までちょっと散歩へ


みんな集合?

「みんな若木山に集結?」


この写真をツイートしたら遠く海外まで届きました。

なんかいい写真ですよね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017.05.18

2人目不妊体外受精凍結融解胚移植。妊活漢方で40歳無事出産。家族全員元気

「土屋先生

ご無沙汰しております。

◯◯と申します。

その節は大変お世話になりました。

おかげさまで、昨年1月に生まれた二人目の子供も1歳を過ぎ、元気に保育園に通っています。

私も子供も大きな病気をすることもなく元気に過ごしています。

さて、このたび引っ越しをしましたのでいつもお送りいただいているメール便の配達先の変更をお願いいたします。」

2017年5月15日に頂戴したメールです。


縁あって仙台市のお客さまです。

山形県東根市の土屋薬局で第二子不妊のときに漢方相談させて頂きました。

1人目も体外受精でスムーズにうまくうって、(幸運にも体外受精1回目で妊娠出産されました)、2人目が今度は思うようになかなか結果がでない。

体外受精での妊娠が難しい。


「漢方の助けを借りたいです」という子宝漢方、第二子不妊の一人目のお子さまの兄弟、姉妹を迎えにいく漢方相談です。


前回の吉祥寺、調布、八王子の東西薬局さんの英明先生「兄貴」の記事 


「赤ちゃんが欲しい2017


元モーニング娘の保田圭さんの美人な表紙が目立ちます。

2017.05.15 「赤ちゃんが欲しい。妊娠しやすい体づくりを応援 漢方薬局へ行ってみよう!」の婦人科の先生たちの声をもう一度思い出してもらいたいのですが。


幸町IVFクリニック 雀部先生


「婦人科でのホルモン治療などは方法が確率されていて、どこでもだいたい同じ治療が受けられます。

しかし、それでは太刀打ちできないケースもあります。

そういう場合には、体全体を健康にして体質を改善する漢方のアプローチは有効だと思います。

漢方は西洋医学では届かない部分をカバーする力強い存在です。」


<妊活のために大事なことは>


「『体外受精をするからなんとかしてもらおう』という他力本願の考えではなく、『体外受精をするからこそ体の状態をよくしておく』ことが重要。治療効果を上げるためにも大切なことです」(杉山産婦人科中川先生)


このことが理解できる漢方に興味がある方が昔から土屋薬局のお客さまに多かった訳です。


なんとなく理解していたのですが「2017年赤ちゃんがほしい夏号」の東西薬局の猪越英明先生(兄貴)と婦人科の先生方の漢方対談を読んで腑に落ちた次第です。


さて

2015年3月5日のときには


「排卵痛の事や凍結卵を戻す予定であることなどで漢方の組み合わせを教えていただき、早速、今回からお願いしようと思います。

現在の状況をお話ししますと、3月2日に生理が始まり、その日から凍結卵を戻すべくエストラーナテープを太ももに貼り始めました。

予定で行くと3月20日に胚盤胞の凍結卵を戻す日でしたが、仕事が繁忙期で20日が休めないことと、気ぜわしい時期に大切な卵を戻すのも、精神的にも体力的にも気持ちが追いついていかないことを考え、次のタイミングに合わせることを病院に伝えたところでした。

本日テープを貼りかえる日でしたが、中断しました。

中断することで不正出血があるかもしれないとのことです。

年齢を考えると1ヶ月でも1日でも早く、と思いあれこれ考えましたが、1ヶ月、心も体も整えることにしました。

そこで、先生にご紹介いただいた、3本柱の「養血調経、補腎精、活血化瘀」の漢方薬の組み合わせで始めたいと思うのですがいかがでしょうか。」

2016年1月26日のときには


「二人目の凍結卵移植前から妊娠のご報告をさせていただいてからしばらく経ってしまいましたが、このたび、1月9日に予定日ぴったりに2794グラムの男の子を無事出産いたしました。

一人目が予定日より遅れて、3516グラムと大き目で生まれたので、小さく感じましたが、元気に生まれてきてくれました。

(安産祈願のワンちゃんのマスコットのお力も借りて☆)

今回も妊娠前から妊娠中、そして一人目の時にはおっぱいのトラブルまで大変お世話になりました。

ありがとうございました。

そして、今回はご報告と共に、産後の身体の回復やこれからの為になにかお勧めの漢方はありますでしょうか?

というのは一人目の時に、1年過ぎたころから子供が保育園に行くようになったことで病気をもらうことが多くなったのと、自分も仕事復帰したころで月に一度位、頻繁に熱や体調を崩すことがあり、産後の体調の変化を痛感しました。

今回の出産後、自分も40歳になりますし、一人目の時のような体力の低下を早めに予防したいと思い、体力や女性特有のホルモンの変化などに対応できる漢方があればと思いました。

ちなみに一人目の時は爪が薄くなる、二枚爪になる、抜け毛が多くなる、精神的に悲 しくなることがあった、などの変調を感じました。

今回も完全母乳(おっぱいの出は良いです)で育児をしたいと思いますので、母乳に影響がないもので、上記のような変 調にいい漢方がございましたら教えて頂けますと助かります。

赤ちゃんを寝かせながら、など合間でのご連絡で、メールで申し訳ありません。

よろしくお願いいたします。

(親バカですがいろいろとお世話になった土屋先生にご報告をと思い、子供の写真を添付させていただきました。)」


2016年1月30日のときには


「そして、先日出産お祝いのフォトフレームも送ってくださったとのことで大変うれしく思います。

漢方薬だけでなく、相談も親身になってくださり、安産のお守りやお祝いのフォトフレームまで「お客さん」としてだけでない、土屋先生を始め、スタッフの方の心配りを感じます。

現在実家にいるため、フレームは旦那さんに受け取ってもらい、近々持ってきてもらう予定でした。

楽しみです☆まずはお礼まで・・・本当にあ りがとうございました。


※ あと、私のメールの一部?をホームページに掲載してくださる件ですが、是非よろしくお願いいたします。


私の身近にも不妊治療に頑張っている方がいたりと、自分も含めていろんな不安、そして体にいいものを早めに知りたい、そんな思いもありました。

今回土屋薬局さんと土屋先生に出会えて、気軽に相談でき、体に合ったものを提案していただける安心感を本当に感じましたので、もし他の方々の目に留まって少しでもお力になれるのであれば、と思います。

よろしくお願いします。」

今回は体外受精での第二子不妊の漢方相談、凍結融解胚移植(胚盤胞)からの漢方相談でしたが、土屋薬局の漢方相談、子宝降臨につながってとても嬉しく思います。

お子さまを元気に迎え入れる漢方相談、流産予防対策など優れているときが多いですから、お悩みのかたは遠慮なく山形県東根市神町の土屋薬局までご相談お寄せください。


葉山

<2017年5月16日> 葉山の眺め

葉山がとても綺麗です。


葉山

葉山の残雪と下の方から緑色で、青色、白色と美しい

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017.05.15

赤ちゃんが欲しい。妊娠しやすい体づくりを応援 漢方薬局へ行ってみよう!

こんにちは。

薬剤師、不妊カウンセラーの土屋幸太郎です。

今日は2017年5月15日月曜日です。


先週に「赤ちゃんが欲しい2017 夏号 SUMMER」「あなたの妊活応援マガジン 夏の妊活が進む うまくいく」「年末までに絶対授かる大作戦!」が届きました。


妊娠しやすい体づくりを応援 漢方薬局へ行ってみよう!


スペシャル座談会ではとても良いことが書かれていました。

私と高円寺で一緒に中医学を学んだ東西薬局の猪越英明先生 「兄貴」と生殖医療専門の産婦人科の先生2人の合計3人での会話がありました。

「兄貴」は血はつながっていませんが、一緒に勉強したときから「兄貴」でして、私は年齢からいっても「弟分」に相当します。


一緒に勉強して中国にも行って、三鷹市北野でテニスをして吉祥寺や日本橋で食べたり、飲んだりとそういう仲間の先生です。

ほぼ毎日、一緒に夕飯を高円寺で食べに行っていました。(「兄貴」は毎晩、晩酌をするのでいつもビールをコップ一杯ご馳走になっていました。)


イスクラ高円寺中医学塾第六期生の同期です。


「兄貴」 「土屋やん」の仲です。

だから私は東西薬局の猪越先生親子とはある意味、ファミリーです。


さて、少し本をご紹介しますと


「赤ちゃんが欲しい2017

元モーニング娘の保田圭さんの美人な表紙が目立ちます。


最先端治療の西洋医学、全身をととのえる東洋医学


幸町IVFクリニック 雀部先生


「婦人科でのホルモン治療などは方法が確率されていて、どこでもだいたい同じ治療が受けられます。

しかし、それでは太刀打ちできないケースもあります。

そういう場合には、体全体を健康にして体質を改善する漢方のアプローチは有効だと思います。

漢方は西洋医学では届かない部分をカバーする力強い存在です。」


<体の状態がいいといい卵ができる!>

猪越先生


「妊活中は、とにかく『妊娠すること』ばかりに目が向きがちですが、まず全身の体調が良くなった先に『妊娠しやすい体』があります。」


雀部先生


「体の状態がいいと『いい卵』ができるので、体づくりは大事なことです。

体外受精でたくさんの卵をみていますが、健康状態がベストな患者さんの卵は、その形状はもちろん、受精や分割の状況もよく、「卵は正直だな」と感じています。」

…そのほか、先生方の座談会は産婦人科の先生方が


「受精しても分割が進まなかった患者さんがちゃんと卵が成長するように成るなど漢方薬での卵の状態がよくなることを実感しています。」


「男性の性欲減退にも漢方薬の力を期待!」


<妊活のために大事なことは>


「『体外受精をするからなんとかしてもらおう』という他力本願の考えではなく、『体外受精をするからこそ体の状態をよくしておく』ことが重要。治療効果を上げるためにも大切なことです」(杉山産婦人科中川先生)


などと素晴らしい記事だったのでこの場で紹介させて頂きました。

「赤ちゃんがほしい」さん。引用させて頂きました。ありがとうございます。


ベビ待ちさんの中医学入門


ベビ待ちさんの中医学入門 なかなか赤ちゃんを授からないと悩んでいる方、中医学による周期調節法(周期療法)や漢方を使って、不妊、体調不良の改善を目指しませんか。


「なかなか赤ちゃんが来なくて、もう、どうしていいのかわからない」


「私の友達でね、ずーっと不妊治療をしている人がいて、漢方薬局で相談しながら体外受精をしたら妊娠したんだって!」


「えー!! 何の漢方飲んだなの?」


「実は漢方って体質が大切なんだって。体質によって選ぶ漢方が違うそう」


「どこで相談やっているのかなあ」


「パンダマークの薬局で『周期調節法(周期療法)』による漢方相談したそうよ。」


「ちゃんと自分に合った漢方を選んで、不妊の知識も豊富で養生もアドバイスしてくれて、相談しているうちに、悩みも解消したそうよ。

今までいろいろ試して効かなかったからどうしようかな~と思ったけど、今回はよかったと言ってたよ」


「私も相談してみようかな」


ベビ待ちさんの中医学入門

土屋薬局の広告

土屋薬局も協賛させて頂いています。


薬剤師、不妊カウンセラーの親切な相談 土屋薬局



頭痛、肩こり。痛み、しびれの中医痺証。

「目、耳、鼻、口、のど」 目の痛み、眼精疲労、ドライアイ、耳鳴り、突発性難聴、後鼻漏や花粉症、のどなどの中医五官病の漢方相談。

不妊症の子宝相談。(本場仕込みの本格的な漢方相談)


ほかどのようなジャンルの漢方相談もお受けしています。

漢方相談会、独身の方が結婚前に生理不順の真剣な婦人病の漢方相談をお寄せ下さったり、不妊で悩む人生の岐路に立っているような真剣なカップルでのご来店が土屋薬局には増えてきています。


元気のでる漢方相談を真摯に心掛けています。


龍に赤ちゃんが載っている画像、子宝に恵まれた


お電話やメールで漢方相談のご予約お願いします。
平日の漢方相談大歓迎です。一人一人に時間をじっくり割いて相談しています。
遠方のかたは、電話やメールでご相談をお寄せください。こちらから。


<今週の漢方相談会のご案内 2017年5月15日>


5月17日水曜日は薬剤師、不妊カウンセラーの土屋幸太郎は公休させて頂きます。

5月15,16,18~20日(月火木金土)と勤務しています。

5月21日(日)は土屋薬局営業しています。

父のベテラン薬剤師 土屋信一が漢方相談に応じています。


お気をつけてご来店ください。

道が分からない、バスや電車の公共乗り物での来店のかたはスタッフまでお問い合わせください。


遠方の方でも最初はきちんと来店して頂ければあとは責任持ってお電話やメールで必ずアフターフォロー、アフターケアばっちりしていますので初回は来店での漢方相談もご検討してみてくださいね。


中国漢方の痺証と中国漢方婦人科に詳しい薬剤師 土屋幸太郎 国際中医師)、不妊カウンセラー(NPO法人不妊カウンセリング学会認定)による親切な相談。じっくり話を聞いて一人一人の体質や年齢、症状に応じて相談しています。どうぞお気軽にお声をかけて下さい。

土屋幸太郎のプロフィールはこちらです。


速報! 2017年5月1日

イスクラ中医不妊症専門講座エキスパートコース修了証書を頂戴しました!

イスクラ中医不妊症専門講座エキスパートコース修了証書

イスクラ中医不妊症専門講座エキスパートコース修了証書

株 土屋薬局 土屋幸太郎殿

あなたはイスクラ中医不妊症専門講座エキスパートコースにおいて 10年以上の研究過程を修了されました。

ここに中医不妊症エキスパートとしての十分な知識を習得されたことを証します。


漢方メーカー、イスクラ産業さんからの中医不妊症の子宝相談の「お墨付き」です。


どうぞ安心してご相談してください。

今後とも中医学の自由でそして日本漢方にはない豊富な種類の補腎薬をお客さまたちにご紹介して、若返りと妊娠、出産のために店頭で漢方相談していきたいです。


日本不妊カウンセリング学会認定 不妊カウンセラー認定更新証

日本不妊カウンセリング学会認定 不妊カウンセラー認定更新証

中国政府による認定の国際中医師の賞状

中国政府による認定の国際中医師の賞状です。

漢方相談のレベルが本場の中医師と同程度という証明です。


「中医学」漢方に普及に尽力 東根・土屋薬局 大使館から表彰の山新の記事

山形新聞で紹介された土屋薬局の記事、中国大使館から表彰を受けました。

「中医学」普及に尽力 東根・土屋薬局 大使館から表彰の山新の記事


土屋薬局 漢方相談 「龍に子供が載っている画像」子宝に恵まれました


土屋薬局店内 漢方勉強会

<2015年7月30日 土屋薬局店内 漢方勉強会>


不妊症で悩んでいた漢方相談のお客さまからの妊娠、出産のお礼のお手紙と赤ちゃんの写真


壁面には不妊症で悩んでいたお客さまが土屋薬局の子宝の漢方相談でめでたく妊娠、出産されたお礼にと寄贈された赤ちゃんの写真やお手紙がいっぱい。

明るい活気と希望に満ちた漢方相談薬局です。


ご主人さま、ご実家のお母様と赤ちゃんと家族4人でのご来店でした。

こちらのコラムもぜひご覧になってください。


山形県東根市神町の土屋薬局の外観

こちらも2015年7月30日現在の土屋薬局の外観です。

連日の猛暑、旧国道13号線沿いに当店がございます。

地理的には村山市、河北町、天童市、寒河江市、山形市、仙台市から来店しやすいです。



I薬剤師 土屋幸太郎の漢方相談の風景 title=

<2013年11月4日 郡山市ビッグパレット 薬剤師 土屋幸太郎の漢方相談の風景>

薬剤師 土屋幸太郎の漢方相談の風景

土屋薬局 中国漢方通信/漢方専門の薬剤師、不妊カウンセラーが相談します。

漢方体験ドットコム…土屋薬局のお客様体験談です。ぜひご覧になってください。

中国の子授け観音様の送子観音菩薩

<2015/09/30 送子観音菩薩像を漢方コーナーに移動しました。オーラがでています>

中国の民間の信仰では、送子観音菩薩は日本でいう「子授け観音」として大変に有名です。

中国で漢方の不妊治療の名医、老中医は「あの漢方の先生はまさに漢方の送子観音菩薩様です」とも言われたりしています。

当店も私も多くの人を苦しみから救う送子観音菩薩様のエピソードにあやかりながら、お客様たちと喜び、悲しみを共有していきたいです。


子宝の神様、送子観音菩薩と中国の泥人形


漢方のご相談方法は、漢方相談表、またはファックス電話で受け付けています。
お問い合わせは、送信フォームもございます。
詳しい漢方相談の方法はこちらからで説明しています。


所在地 山形県東根市神町中央1-10-7
Google mapによる所在地

営業時間 第二、第四日曜日お休みです。

平日 午前9時~午後7時  土祭日 午前9時~午後6時

メールアドレス JDY00247@nifty.com

電話 0237-47-0033 漢方電話相談室 0237-48-2550 Fax 0237-49-1651


仙台方面からのご来店の場合には、お車でのご来店、または仙台駅前の旧仙台ホテル跡の複合商業施設のEDEN前のバス停から「山形新庄行き」48ライナーの山形交通のバスをお勧めしています。さくらんぼ東根駅下車です。1時間に1本あります。約1時間15分です。

さくらんぼ東根駅に到着されましたら、当店のスタッフがお迎えにまいりますので、お気軽に前もってご予約のうえご来店頂けたらと思います。


2016.09.14 「追記です。仙台から、もし「来店を希望されるお客様」へ

2016.09.23 こちらも追記です。 「土屋薬局での漢方相談のご予約のお問い合わせにつきまして

2017.02.27 さらに追記です。時間に余裕があるかたはクロワッサンプラスでの体質チェックしています。より漢方薬の選び方など適切にやっていけます。「クロワッサンプラス中医学読本で体質チェック好評です!今週の漢方相談会のお知らせ2017年2月27日


山形県県内、朝日町 飯豊町 大石田町 大江町 大蔵村 小国町 尾花沢市、金山町、上山市 河北町、川西町、寒河江市 酒田市 鮭川村 庄内町 白鷹町 新庄市、高畠町 鶴岡市 天童市 戸沢村 長井市 中山町 南陽市 西川町 東根市 舟形町 真室川町 三川町 村山市 最上町 山形市 山辺町 遊佐町 米沢市。

お隣の新潟県、福島県、秋田県、宮城県、仙台市などにお住いでご来店できる方はぜひ山形県東根市の土屋薬局まで漢方相談をお寄せくださいね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017.05.09

創業祭のご案内と東京での中医不妊症研修について!

5月のニュースレター 創業祭のご案内と東京での中医不妊症研修について!


こんにちは!

薬剤師、不妊カウンセラーの土屋幸太郎です。


今月号は土屋薬局創業78周年 「創業祭」特集号です。


私は土屋薬局 三代目、創業100周年をぜひ盛大にお祝いできるように、末永く地域に根差した薬局業を続けていきたいです。

これもひとえに皆様のご支援の賜物と心より感謝しております。


スタッフ一同これからもひとりひとりのお客さまとの会話を大事にしながら笑顔があふれる気軽に会話できる医療機関を目指したいです。

何かお気づきのこと、至らないことなどございましたら、改善していきたいですので遠慮なくご指摘ください。

さて、先日4月16日、17日の日月を利用して東京で中医不妊症お茶の間講座グループミーティングに参加してきました。

テーマは全国各地の漢方薬局の先生方の店頭実践の「高齢不妊症、卵巣機能低下における中国漢方の考え方」でした。

高齢化社会で100歳まで生きる時代になりましたが、女性のからだ、男性のからだも含めて生殖には「年齢の壁」があります。

晩婚化や女性の社会進出、キャリア優先などにより妊活が遅れるケースがあります。


高齢不妊症での症例は全員が40代でした。


ある薬局の資料によりますと過去3年間に40歳以上で来店されたのは約285名。


しかしながら挙児希望の願いが果せず治療を中止していかれる方も多くみられ、妊娠されたのは約半数の123名(43%)。


自然妊娠されたのは40~43歳まで、43歳を過ぎるとART(体外受精)との漢方併用が多くみられるそうです。


現代の中国での産婦人科の体外受精、日本でも社会問題になっているのは「高齢不妊、卵巣機能低下、早発閉経」です。

それに対応する「応え」「答え」としての中医学、中国漢方での実践を2日間に渡り学んできました。


今回のニュースレターにあるイスクラ逍遙丸はストレス対策、春の憂鬱、イライラ、妊活中のストレス対策に。(希望と落胆がジェットコースターのように繰り返されるから)

星火亀鹿仙は高齢不妊症や卵巣機能低下、AMHが低い、FSHが高いなどに1つの有望な亀類加工食品です。

亀板とスッポンの甲羅と鹿茸や西洋人参が配合されて、老化対策に有効な「一手」です。


土屋薬局では月経周期(28日よりも早い、遅い)や今までの治療歴(子宮内膜症、多嚢胞性卵巣症候群など)やお客さまの年齢、体型、お肌、胃腸の状態など総合的に加味して最適な漢方相談をお勧めしています。

埼玉県からご家族で来店されたお客さま、めでたく自然妊娠されて過去3回の流産も乗り越えて間もなく45歳で出産だそうです。

ご主人の大学の後輩が東根市役所にいる縁でわざわざ関東から東根に来店されてそして良い結果に繋がりました。

今後とも「ご縁」など大切にして創業祭を頑張っていきたいです。


「2016.07.28 埼玉県から漢方相談にご来店頂きまして狭山茶もお土産頂きました。

こちらのお客さまのことです!おめでとうございます。



土屋薬局 中国漢方通信の「高齢不妊と漢方、妊娠、出産について」「不妊漢方早わかり/子宝漢方のツボ/山形仙台」こちらのコラムも参考になりましたら、幸いです。
こちらも参考になりましたら、幸いです。


長井市の老舗

<2017年5月9日 長井市あら町 土屋薬局もこのような老舗企業を目指したいです>

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017.04.28

高齢不妊症、卵巣機能低下における中国漢方の考え方(2)

高齢不妊症、卵巣機能低下における中国漢方の考え方の続きの話です。


薬剤師、不妊カウンセラーの土屋幸太郎です。

土屋薬局では普段は、女性の方ですと子宝相談、不妊症などの漢方相談が多いです。

子宝相談にもタイミングでとか、人工授精で頑張りたい、体外受精で頑張りたいなど、ひとりひとりのお客さまのの状態によっても変わってきます。


また年齢別にいえば、20代、30代前半、30代後半、40代では、卵巣年齢のAMHや普段のFSHやE2などのホルモン値や、また40代に近くなれば子宮の素因、子宮筋腫や子宮腺筋症なども増えてきます。


最近、全国の漢方薬局では40代の不妊症を成功させる漢方相談が増えてきていますので、その特集のスクーリングでした。


わたし、土屋幸太郎もイスクラ中医不妊症専門講座エキスパートコース修了証書を頂戴して表彰されました。


イスクラ中医不妊症専門講座エキスパートコース修了証書


もう10年勉強して10年実践で実際に漢方相談してきました。


いわばこの表彰は日本サッカーでいえばJリーグの浦和レッズ、清水エスパルス、横浜マリノスのような感じです。


尊敬する中医師の王愛延先生と土屋幸太郎"

尊敬する中医師の王愛延先生と土屋幸太郎。イスクラ中医不妊症専門講座エキスパートコース修了証書


さて

高齢不妊症、卵巣機能低下における中国漢方の考え方

<高齢不妊症、卵巣機能低下における中国漢方の考え方>

中国山東中医薬大学付属病院・山東中医院生殖医療センター 


体外受精ARTにおける中医薬応用の着眼点


体外受精の治療による心身を伴う不具合…心身

胚の質が悪い… 精子・卵子 種

子宮内膜が薄い、繰り返しの胚移植失敗…土壌、虫

高齢による低反応(卵巣)、卵巣機能低下

卵巣過剰刺激

前兆流産


高齢不妊症、卵巣機能低下における中国漢方の考え方

体外受精は最後の高度な不妊治療、ステップアップの最終段階ですから「挙児への希望」が大きいだけに「失敗」を繰り返しますと「悲しみ」や「ストレス」そして「イライラ」などの心身のバランスが乱れてきます。


不妊はただの「虚弱体質」の「滋養強壮」の漢方相談になるのではなくて、ストレス等の心身を調和することが大事と言われるところがここにあると思います。

よく逍遥丸(しょうようがん)などの疏肝理気剤が使用されます。

加味逍遥散(かみしょうようさん)だと冷え性には本来はむかないので、個人的には(土屋が思うには)逍遥丸のほうが使いやすいかなと実感しています。


イライラをほかにとるのは炒麦芽(いりばくが)や竜骨や牡蛎などが配合された漢方薬、いわゆる逍遥散のような柴胡剤(さいこざい)、またミンハオのような「飲む宝石」の重鎮安神剤も素晴らしいと思います。


胚の質が悪い、精子、卵子を良くすることは前回の甲信地方の漢方薬局の先生が指摘されましたように「検査結果に異常がなくてもご主人にも漢方薬を服用してもらう」ことはとても大切だなあと改めて再認識しました。


男性のかた、最近、土屋薬局にも40代、50代の男性の方などご自身の健康管理に不妊と関係なくて来店されるケースがポツポツ増えてきています。


「3年間の足の冷えがとれました」

「尿のキレが20代に戻りました」


などと驚きの漢方体験談をお聞きして、私も男性の漢方相談 「メンズ漢方相談」けっこういけるかもと考え始めまた。


妻が言うには「男の人の健康相談ができるところってなかなかないから、案外、男性の漢方相談いけるかもよ」と私にアドバイスしてくれます。


もう50代の方ですと、完全に私の「先輩」の年代ですから歳も近いので親しくお話させて頂いています。


脳梗塞後遺症の方なども、あまり漢方薬で痺れがとれてはいないようですが、「もう少し続けてみる」とのことで、通ってくるお客さまもいらっしゃいます。

おそらく相性が私といいからわざわざ来店されるのだと思います。


(実際にお話はお客さまの仕事の話しを聞いています)


話は脱線していますが、体外受精など不妊治療がうまくいかないときには、ご主人の精子から考える方法が大切になってくると思います。

むかし、体外受精コーディネーターの試験勉強をしているときにも産婦人科の荒木先生の本にもそのような一説がありました。


子宮内膜のほうは、薄い場合の漢方相談は「6ミリ」以上に厚くなりません。

などと昔、よく漢方相談をうけていました。


今現在、当店に来店されるお客さまでは黄体機能不全なども含めまして、わりとうまくいっているケースが多いようです。

昨日にほぼ5週目で妊娠確定のようなお客さまもプロゲステロンの黄体ホルモンは6でしたが、漢方だけで高温期の基礎体温がとてもきれいになりました。


子宮内膜が「硬い」場合には、活血化瘀などの方法がいいと思います。


また連休中など時間をとってこのシリーズを書いていきたいです。

では明日の29日からの連休、みなさま、どうぞお元気で!


私は北村山薬剤師会での役員会、薬剤師研修会と重要な仕事をしてきます!


土屋薬局 中国漢方通信の「高齢不妊と漢方、妊娠、出産について」「不妊漢方早わかり/子宝漢方のツボ/山形仙台」こちらのコラムも参考になりましたら、幸いです。


若木山から眺める月山

<2017年4月24日 若木山から眺める月山>

この日はとてもよいお天気で月山の眺めがいい感じでした。

桜の季節ですから月山の眺めがとても美しいです。


桜と月山

桜と月山

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧

その他のカテゴリー

LUF・黄体化未破裂卵胞|不妊と漢方薬 | PCOS・多嚢胞性卵巣症候群|不妊と漢方薬 | PMS・月経前緊張症|漢方薬 | 「ナチュラルな妊娠」「45歳、もう生んでいいかしら?」 | 「血流たっぷり」をめざしなさい | いびき|漢方薬 | おねしょ、小児夜尿症|漢方薬 | おりもの、のびおり|不妊治療と漢方薬 | お客さまとのエピソード | お腹の張り、腹部膨満感、食欲不振|漢方薬 | しびれ|漢方薬 | つわり|漢方薬 | にきび|漢方薬 | のどのつかえ、喉の痛み、難治性咽頭潰瘍|漢方薬 | ほてり|漢方薬 | むずむず脚症候|漢方薬 | めまい、立ちくらみ|漢方薬 | アトピー性皮膚炎|漢方薬 | アレルギー性鼻炎と体外受精|漢方薬 | アレルギー性鼻炎|漢方薬 | イスクラ冠元顆粒 | イスクラ冠元顆粒発売20周年記念成都シンポジウムに参加して | イスクラ婦宝当帰膠 | イスクラ独歩顆粒 | イライラ落ち込み漢方、不安落ち込み|漢方薬 | インターネットの掲示板などで漢方紹介 | カウフマン療法|不妊と漢方薬 | カンジダ膣炎|不妊と漢方薬 | ガン(がん)|漢方薬 | クラミジア感染症|不妊と漢方薬 | クローン病、潰瘍性大腸炎|漢方薬 | ゲップ・ガス|漢方薬 | ココログ版漢方(無名)コラム・2004 | ココログ版漢方(無名)コラム・2005 | ココログ版漢方(無名)コラム・2006 | ココログ版漢方(無名)コラム・2007 | ココログ版漢方(無名)コラム・2008 | ココログ版漢方(無名)コラム・2009 | ココログ版漢方(無名)コラム・2010~ | コンクレバン | シェーグレン症候群|漢方薬 | シミ・肝斑|漢方薬 | ストレス|漢方薬 | セックスレス、性機能減退|不妊と漢方薬 | タイミング療法|不妊と漢方薬 | ダイエット|漢方薬 | チャイナビュー | チョコレート嚢胞|不妊治療と漢方薬 | ツイッター | ディスプレー症候群|漢方薬 | ドライアイ|漢方薬 | ドライマウス、口腔乾燥症|漢方薬 | ニュースレターより | ハテナ | ビタエックス(プラセンタ) | フレイルの漢方対策 | ヘパーデン結節|漢方薬 | ベビ待ち保育士さん、幼稚園教諭さん|漢方薬 | ベビ待ち小学校教員さん|不妊と漢方薬 | ベビ待ち歯科衛生士さん|不妊と漢方薬 | ベビ待ち看護師さん|不妊と漢方薬 | ベビ待ち美容師さん|不妊と漢方薬 | メニエール病|漢方薬 | メールマガジン | モンテディオ山形 | ヤフー知恵袋の漢方の回答より | リウマチ性多発筋痛症|漢方薬 | リウマチ|漢方薬 | ロコモティブシンドローム|漢方薬 | 下痢、軟便|漢方薬 | 下肢静脈瘤|漢方薬 | 不妊カウンセラーに向けて | 不妊カウンセラー・体外受精コーディネーター養成講座 | 不妊治療の基礎知識…現状と問題点 | 不妊漢方治療の応用 | 不妊症の基本検査について | 不妊症の年代別漢方相談 | 不妊症テレビお茶の間講座 「子宮内膜症」 | 不妊症専門講座・PCOS 「多嚢胞性卵巣症候群」 | 不定愁訴|漢方薬 | 不正出血|不妊と漢方薬 | 不眠|漢方薬 | 不育、流産後|不妊治療と漢方薬 | 中医五官病 | 中医痺証専門講座「南通研修」への道 | 乳がんの疫学と薬物療法 | 乳腺炎、断乳、母乳|漢方薬 | 人工授精で妊娠出産|不妊と漢方薬 | 今週の漢方相談会 2008年 | 今週の漢方相談会 2009年 | 今週の漢方相談会 2010~ | 今週の漢方相談会 2013~ | 今週の漢方相談会2017 | 体外受精で妊娠出産|不妊と漢方薬 | 何先生や中医師の先生から漢方のこと聞いたこと | 便秘|漢方薬 | 免疫性不妊|漢方薬 | 全身性エリテマトーデス(SLE)|漢方薬 | 円錐角膜|漢方薬 | 冷え性|漢方薬 | 加齢性黄斑変性症|漢方薬 | 勉強会(2004~2008) | 勉強会(2009) | 勉強会(2010) | 勉強会(2011) | 勉強会(2012~) | 動悸|漢方薬 | 卵巣予備能~全周期活血化淤 | 卵巣嚢腫|不妊と漢方薬 | 卵巣機能不全、卵巣機能低下|不妊と漢方薬 | 卵管性不妊|不妊と漢方薬 | 卵管水腫|不妊と漢方薬 | 卵管閉塞|不妊と漢方薬 | 卵胞発育不全|不妊と漢方薬 | 受精障害|不妊と漢方薬 | 口内炎|漢方薬 | 呑気症(空気嚥下症)|漢方薬 | 味覚障害|漢方薬 | 咳、ぜんそく、慢性気管支炎|漢方薬 | 咽喉頭異常感症、難治性咽頭潰瘍|漢方薬 | 嗅覚障害|漢方薬 | 土屋幸太郎・漢方講演会 | 土屋幸太郎結婚式 | 土屋薬局からのお知らせ | 土屋薬局のの口コミ、評判 | 坐骨神経痛|漢方薬 | 坑精子坑体|不妊と漢方薬 | 基礎体温が低め|不妊と漢方薬 | 基礎体温が高め|不妊と漢方薬 | 基礎体温ガタガタ|不妊と漢方薬 | 基礎体温表|不妊と漢方薬 | 多汗症|漢方 | 夜中目が覚める|漢方薬 | 夢と不眠|漢方 | 女性のための漢方レッスン | 女性不妊症的中医治療 | 妊娠中と産後の体調不良|漢方薬 | 妊活・妊娠力アップ|漢方薬 | 子宮内膜が薄い|不妊と漢方薬 | 子宮内膜ポリープ、子宮内膜増殖症|漢方薬 | 子宮内膜症|不妊治療と漢方薬 | 子宮外妊娠後|不妊と漢方薬 | 子宮筋腫|不妊治療と漢方薬 | 子宮腺筋症|不妊治療と漢方薬 | 子宮頸がん|漢方薬 | 子宮頸管無力症|不妊と漢方薬 | 季節の養生法 | 学校保健委員会 | 小児チック|漢方薬 | 小児漢方 | 小太郎製薬 | 帯状疱疹後神経痛、後遺症|漢方薬 | 後鼻漏・蓄膿症|漢方薬 | 心と体 | 感音性難聴・耳鳴り、難聴|漢方薬 | 慢性副鼻腔炎(蓄膿症)|漢方薬 | 慢性咽頭炎|漢方薬 | 我が家の庭 | 我が家の庭 2008 | 我が家の庭 2009 | 我が家の庭 2010~ | 手根管症候群、腱鞘炎、ばね指|漢方薬 | 抗リン脂質抗体|不妊と漢方薬 | 抗核抗体|不妊治療と漢方薬 | 掌蹠膿疱症|漢方薬 | 排卵痛、排卵期|不妊と漢方薬 | 排卵障害|不妊と漢方薬 | 日中線記念館 | 更年期障害|漢方薬 | 月経の経血量が減少|不妊治療と漢方薬 | 月経不妊周期療法|不妊と漢方薬 | 月経不順・生理不順|不妊と漢方薬 | 月経周期が短い|不妊と漢方薬 | 月経周期が遅れる、長い|不妊と漢方薬 | 未成熟卵|不妊症と漢方 | 椎間板ヘルニア|漢方薬 | 武漢へ | 死産後|漢方薬 | 母乳|漢方薬 | 泣きたくなる | 活血化淤の応用 | 浮腫み|漢方 | 温活GO | 漢方周期療法…南京・夏桂成先生の講義より | 漢方薬の安全性について | 漢方薬局で相談を受ける婦人病について | 無排卵・無月経/不妊と漢方薬 | 無月経・無排卵・中医不妊症テレビお茶の間講座 | 生殖医療に関わる疑問に答える | 生殖補助医療の有用性と限界 | 生理痛、月経困難症|漢方薬 | 甲状腺機能亢進症|不妊と漢方薬 | 甲状腺|不妊治療と漢方薬 | 男女の更年期と神経症|漢方薬 | 男性不妊|不妊治療と漢方薬 | 痔|漢方薬 | 痛み、しびれ|漢方薬 | 痰湿|漢方 | 眼精疲労|漢方薬 | 着床障害|不妊治療と漢方薬 | 神経障害性疼痛|漢方薬 | 空胞|不妊治療と漢方薬 | 糖尿病|漢方薬 | 経血量少ない|不妊と漢方薬 | 綿花観察日記 | 緑内障|漢方薬 | 繊維筋痛症|漢方薬 | 老人性膣炎・萎縮性膣炎|漢方薬 | 耳管開放症|漢方薬 | 耳鳴り、突発性難聴|漢方薬 | 聴覚過敏|漢方薬 | 肘痛|漢方薬 | 股関節痛|漢方薬 | 肩こり|漢方薬 | 肩甲骨の痛み|漢方薬 | 肩痛、五十肩|漢方薬 | 胃酸過多、機能性胃腸症(NUD)|漢方薬 | 背中のほてり|漢方薬 | 背中の痛み|漢方薬 | 胚盤胞|不妊治療と漢方薬 | 脂漏性皮膚炎|漢方薬 | 脈拍|漢方 | 脊柱管狭窄症|漢方薬 | 脱毛、抜け毛、薄毛の漢方薬 | 脳卒中|漢方薬 | 脳疲労症候群、脳過敏症候群|漢方 | 腰椎すべり症|漢方薬 | 腰痛|漢方薬 | 膀胱炎|漢方薬 | 膝痛|漢方薬 | 膿精液症|男性不妊の漢方薬 | 花粉症|漢方薬 | 若木山、石崎山や東根の景色 | 若木山、石崎山や東根の風景2008 | 若木山、石崎山や東根の風景2009 | 若木山、石崎山や東根の風景2010~ | 蕁麻疹、湿疹/漢方薬 | 薄い子宮内膜に漢方薬が有効である可能性がある | 薬膳 | 血の道症|漢方薬 | 血管力をつければ病気は治る | 補腎の話 | 西洋医学的にみた不妊症漢方概論 | 足底筋膜炎|漢方薬 | 逆流性食道炎|漢方薬 | 過去のバックナンバーより | 過敏性腸症候群|漢方薬 | 過活動膀胱、頻尿|漢方薬 | 遺残卵胞|不妊治療と漢方薬 | 酒さ|漢方薬 | 頭痛|漢方薬 | 頸椎症、首のこり|漢方薬 | 頻尿|漢方薬 | 顔面神経麻痺、手のふるえ|漢方薬 | 顕微授精(ICIS)|不妊と漢方薬 | 風邪|漢方薬 | 食欲不振、胃痛|漢方薬 | 高プロラクチン血症|不妊と漢方薬 | 高血圧|漢方薬 | 高齢不妊症、卵巣機能低下における中国漢方の考え方 | 高齢不妊|不妊治療と漢方薬 | 鷺草、朱鷺草観察日記 | 黄体機能不全|不妊と漢方薬 | 黄疸|漢方薬 | 100歳まで元気に生きる! | 2人目不妊、第二子不妊|漢方薬 | 2004年妊娠出産おめでとうございます! | 2005年妊娠出産おめでとうございます! | 2006年妊娠出産おめでとうございます! | 2007(1月~6月)妊娠出産おめでとうございます! | 2007(7月~12月)妊娠出産おめでとうございます! | 2008年妊娠出産おめでとうございます! | 2009年妊娠出産おめでとうございます! | 2009(7月~12月)妊娠出産おめでとうございます! | 2010(1月~6月)妊娠出産おめでとうございます! | 2010(7月~12月)妊娠出産おめでとうございます! | 2011年妊娠出産おめでとうございます! | 2012年妊娠出産おめでとうございます! | 2013年妊娠出産おめでとうございます! | 2014年妊娠出産おめでとうございます! | 2015年妊娠出産おめでとうございます! | 2016年妊娠出産おめでとうございます! | 2017年妊娠出産おめでとうございます! | AMH|不妊治療と漢方薬 | COPD 慢性閉塞肺疾患|漢方薬 | FSHが低い方|不妊治療と漢方薬 | FSHが高い|不妊治療と漢方薬 | POF・早発閉経|不妊治療と漢方薬