カテゴリー「口内炎|漢方薬」の記事

2016.01.06

漢方相談で口内炎、舌ベロのビリビリ感がなくなり、妊娠出産!

こんにちは。

薬剤師、不妊カウンセラーの土屋幸太郎です。

今日も穏やかな天候の山形です。


午前中に仙台市からご来店されたお客さま、仙台から東根市に向かう大動脈の国道48号線も作並を過ぎても関山トンネル付近でも雪が無くて安心でした。とのことでした。


今日の漢方のエピソードはお客さまKさまからのご紹介での漢方相談がありました。


そのお客様は平成23年3月10日が初めての漢方相談でした。


マカものんでいる。


舌ベロがザラザラしたり、ピリピリして口内炎になりやすい。


仕事と妊活の両立が心配とのことで、当店からは婦宝当帰膠と天王補心丹の2つをお勧めしました。


翌月の4月13日には、舌ベロが毎日、ビリビリする感じが無くなりました。


「漢方を服用してからは体の調子もいいですし、肌の調子も良くなりました」


めでたくご懐妊されまして、翌年の平成24年1月に女の子をご出産。


平成24年2月から漢方を再開、婦宝当帰膠と帰脾湯の2つでした。


服用こしたところ、またおめでたになりましたので、そのときに作成したメールマガジンのコラムがこちらです。


 // ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
●●  1.巻頭コラム 「漢方を服用してすぐに妊娠できましたので嬉しかったです。」
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


節分、立春を前に嬉しいお知らせがありました。

お客様Kさまの掲載許可を頂きまして、コラムを作成させて頂きます。


初めての漢方相談


○平成23年3月10日


Kさま 33歳

結婚3年目

子つくりをしております。

妊娠しやすい身体つくりをしたいと希望しております。

冷え性ではないのですが、寒がりです。

頭痛、肩こりがあります。

特に生理前や排卵時期あたり。

普段は、頭痛薬を飲むのですが、子つくりのこともあるのでここ1年は飲まないで 我慢しています。


食欲はあります。

食事の量は、普通です。

眠れます。

仕事で疲れたときには、眼の疲労を感 じることがあります。

おなかがいたくなる生理痛はありませんが、頭痛、肩こりがあります。

生理前や排卵時期あたりひどくなることがあります。

普段は頭痛薬を飲むのですが、子つくりのこともあるのでここ1年は飲まないで我 慢しています。

我慢していると3ヶ月に1回ぐらい、体 がだるくて頭がガンガンと痛すぎて何もできなくなることがあります。


仕事も続けているので、また妊娠できたとしてもまた繰り返してしまうのではないかと不安があります。


仕事は立ち仕事などでハードに動くことはないですが、仕事を続けながら妊娠、出産に向けて強い身体作りをすることを望んでいます。


マカも服用していていらっしゃいます。

舌ベロがピリピリして口内炎になりやすいです。

ザラザラすることもあります。


当店からは、養血調経の婦宝当帰膠と安神補腎の効果が期待できる天王補心丹の2つの漢方をお勧めさせて頂きました。


天王補心丹の使用の一つの目標に、口内炎ができやすい、口がそじやすいことがあります。

生理のリズムを整えて、ストレスを解消してリラックスしていけばきっと良い結果につながっていくはずです。

天王補心丹は補陰効果もあります。


○平成23年4月13日

舌ベロが毎日、ヒリヒリすることがなくなりました。

体調もだいぶ良い感じで漢方をご愛用されています。


漢方は同じ処方


「先生が地震の影響もなく、ご無事だということを見て安心しました。

私たちも大丈夫です。

しかし、大きな余震があるとあの日の揺れを思い出してしまい怖いです。

早く余震も収まれば良いのですが。


地震の日も漢方を飲んでいます。

ベロがヒリヒリすると言っていましたが、 仕 事が忙しかったりすると疲れからか・・

ヒリヒリする事がありますが、毎日 ヒリヒリする事がなくなりました。」


○平成23年4月14日

「今日、会社でTさんと土屋先生のことを話したんですよ。

漢方を飲みはじめてから、体の調子も良いし、肌の調子も良くなったような気がします。

Tさんから先生のことを教えてもらって良かったです。

まだ、大きな余震があるかもしれないとのこと・・ お 気をつけ下さい。」


○平成23年5月23日

同じ処方


「生理が来なくなったので様子をみてい ました。

生理予定日から1週間が経ちました。

まだ、妊娠検査薬で試していないのでわかりません。

もう数日したら試そうと思ってい ます。


しかし、生理が来なくて嬉しいものの・・また、繰り返してしまうのではないかと少し心配 しています。」



○平成23年6月26日


「おかげ様でちゃんっと妊娠してしておりました!

心配していた時期も無事すぎて、妊娠14週目に入りました。

つわりで気持ち悪くなっていたため、漢 方薬を飲めなくなっておりましたが、現在は少し落ち着いたので、ま た飲み始めています。

しかし、今度は肩こりからくる頭痛が起こることがたまにあって、頭がぼっーとして何もできなくなることがあります。

頭痛が起こったら、随時、飲めるようなお薬はございますでしょうか?」


妊娠中にも服用できる頭痛の漢方薬をお勧めさせて頂きました。



そして一昨日の平成24年2月2日に嬉しいお知らせがありました。


「今年の1月22日に女の子を出産しました。

口内炎はその後、大丈夫です。

吹き出物は、口のまわりやあごにうっすらできます。

産後の痛みがまだ残っています。

食欲あります。

通じもあります。

夜は眠れています。

肩こりがありますが、頭痛はありません。

舌の痛みもありません。」


「以前に漢方を服用してすぐに妊娠できましたので嬉しかったです。」


当店からは出産お祝いのアルバム進呈とそして今後の二人目に向けての体作りや、お肌のこと、お腹のことなども総合的に考えて、婦宝当帰膠と帰脾湯の2つをお勧めさせて頂きました。


雪が激しいなか、ホットな嬉しいお知らせで心も温かくなりました。


余談ですが、Kさまをご紹介して頂いた職場の同僚のかたは、以前に当店から坐骨神経痛の漢方を服用して、
足腰を丈夫にして立てるようになって、念願のスペイン、マドリードのフランメンコ留学に行けました。

(後日、マドリードから絵葉書が当店に来ました)

そんなわけで、私にはスペインのマドリードからの絵葉書も思い出される、とても嬉しいご出産のご報告でした。

Tさまは坐骨神経痛でフラメンコ留学をあと1か月のところで棒に振るところを、1か月できちんと治して海外に行けましたので、Tさまのエピソードも懐かしい思い出です。



一番最初に漢方相談を頂いたTさまは、「スペインからの絵葉書:ヘルニアになりかけていましたが漢方のおかげで痛みが緩和し、フラメンコでスペインに行けました。

独歩顆粒で坐骨神経痛が良くなりました。


Tさまの会社の同僚のKさまは、妊活希望で平成23年から相談を担当させて頂きまして、今現在は結局2人の子宝に恵まれまして幸せな生活をされていて、間もなく仕事に復帰されるそうです。


今日は、そのTさまからのご紹介のお客さまでしたので数珠つなぎに皆様、良いご縁があるといいなあと思いました。

Imgp6984090519_2

すべてはスペインからの絵葉書から始まりました。


土屋薬局 中国漢方通信」もよろしくお願い致します。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015.11.11

カンジタとの戦いとなったわけですが、漢方でなんとかなるかもしれないと希望が湧いてきました。

こんにちは!

薬剤師、不妊カウンセラーの土屋幸太郎です。

今日も晴天のような時折、曇りになりますが穏やかな一日です。

山の方では紅葉の色が鮮やかさを増してきました。


お客さまIさまから掲載許可をいただきましたのでコラムを作成します。


ヘルペスで漢方薬を服用されて調子が良くなったという体験談です。


2015年11月8日


「早速、ありがとうございました。

ご指示通りしばらく飲んでみて、ご報告いたします。

今日3回飲んでみて、昨日までの酷い痒みは治まりました。

漢方って本当にすごいですね。感動ものです。

子供の頃から健康そのもので病気知らずだった私の天敵はヘルペスでした。

痛いだけなら我慢できますが、口や鼻といった目立つところの皮膚が赤くただれた状態を最短一週間人前にさらしながら生活するのは、思春期の頃にはかなり辛かったです。

その辛い期間を少し短縮してくれる私にとっては最後の切り札的な存在だった抗生剤が原因で今度はカンジタとの戦いとなったわけですが、漢方でなんとかなるかもしれないと希望が湧いてきました。

今後ともよろしくお願いします。」



漢方相談のときは2015年9月9日にメールを頂戴していました。


「それから、ホームページでカンジタの相談例を拝見しました。

私も再発を繰り返していて、どうにかならないものかと悩んでいます。

数年前に、短期間のうちに口唇ヘルペスを繰り返していたことがあり、いつもより長めに抗生剤を服用していた時に初めて膣カンジタになりました。

年に1回くらい症状がひどい時は痛くて婦人科へ行くのですが、普段は寝不足や生理周期で免疫が落ちている時にだけ少し痒みが出ます。

完治はしないものなのかもしれませんが、漢方や生活改善で防げるでしょうか。

39歳子供2人

日々仕事と子育てのストレスや疲労あり、眼の下のクマがとれません。

生理は毎月予定どおり。

おりものは多く、PMSも少しあり。

あとは何を申し上げたらよいか分かりませんがよろしくお願いします。」



漢方を服用してわずか1日で調子が良くなったとのことで嬉しく思っているところです。

今後とも免疫力をつけて調子がよくお過ごしになって頂きたいです。

このたびは掲載許可、ありがとうございました。


0111102

<2015年11月2日  山形市から眺めた晩秋の蔵王です>

0131102

いよいよ秋本番とった山形です。

Iさま、今後ともどうぞよろしくお願い致します。

寒くなってきていますので、風邪などお召しになりませぬよう、ご自愛くださいませ。



追伸です。2015年11月18日


「頂いた漢方を1日3回空腹時に10日飲みきりました。

酷い痒みは3回飲んで消え、その後3日くらい若干の痒みが続き、カンジダ膣炎のあとはよくなりました。

今はすごく体調がいいです。」


とのことですごくお体にカンジダ膣炎の漢方薬が合っていたようです。

今後ともお元気で過ごして頂ければ嬉しいです。


土屋薬局 中国漢方通信」もよろしくお願い致します。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014.12.09

「耳鳴りは治りません」「耳鳴りを治す薬はありません」と言われてすごいショックを受けたようでした。「治ります!」のその一言を待っていたそうです。

こんにちは。

薬剤師、不妊カウンセラーの土屋幸太郎です。


昨日の12月4日は耳鳴り、耳詰まりの漢方相談が2件ありました。


師匠のトン先生(勝手に師匠にしています)は、耳鼻科の国医大師の継承人で豊富な臨床経験をお持ちです。

いまはイスクラ産業さんで専門部会の五官病ができましたので妻を誘って東京で勉強しています。


漢方学習会 「耳鳴りの中医学的対応と応用ポイント」「耳鳴りに対しての老中医の治療経験」「慢性耳鳴に対する基本的な中成薬併用法」こちらのときの資料などもお客様とともに一緒に勉強しながら適切な方剤をお勧めしようとしています。


一人のお客様は女性のお客さまでした。


とある病院に行ったら「耳鳴りは治りません」「耳鳴りを治す薬はありません」と言われてすごいショックを受けたようでした。


顔色と女性であることと年齢から考えて、養血調経を中心に疏肝理気を加えた漢方をご紹介しまして「治ります!」とお伝えしましたら喜んで帰っていかれました。


「治ります!」のその一言を待っていたそうです。


薬局薬剤師として、まずはお客様に元気になってもらうことが一番ですので、いいことした気分になりました。


師匠のトン先生の話でも東京方面でも「耳鳴りを治す薬はないから、病院で一つもお薬を処方してくれなかった」とこぼすお客様たちが数多くいらっしゃるそうです。


私としましては、今後とも中医耳鼻科学を勉強し、店頭で実績を積んで喜ばれるように努力していきたいです。


夕方、最後のお客様は口内炎でした。



○2014年11月10日

最初は甘露飲(かんろいん)という口内炎専門の漢方を先月に1週間分お勧め。


○2014年11月22日

口内炎がまだあります。

漢方を服用して4~5日で良くなりましたが再発しました。

夜は眠れています。

たまに夢を見るくらい。

ちょっとイライラがあります。


○2014年12月8日


口内炎は治りました。

とのことでした。


前回はちょっと漢方を見なおして甘露飲をやめてみて、養血調経+蓮心茶にしてみました。


蓮子心は苦味が特有ですが、心の火を抑えてイライラや夜の睡眠や口の中のトラブルなどにも役立つものだと改めて実感しました。


女性は生理、妊娠、出産、授乳と血を消耗しますので養血調経などで生理のリズムを整えることは耳鳴りや口の中のトラブル解消にもいいですね。


0031208

<2104年12月7日>

我が家の庭、早くも雪景色です。


0041208

ピラカンサです。

ギリシャ語で「紅い棘」を意味しますが、冬景色、雪景色にまたピッタリ映えます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014.03.27

漢方対策:口が甘い、口が苦い。ストレスの3つのルート、子宮内膜増殖症など

こんにちは。

薬剤師、不妊カウンセラーの土屋幸太郎です。

今日は東京から中医学の師匠、恩師の何先生がいらっしゃって先ほどまでご指導あおいでいました。

後半は妻が黄帝内経素問を特訓していました。

ものすごく深い世界だと思います。


まとめておきます。


<ストレスの3つのルート>


君主は心→心拍数が上がる、心拍が強くなる


心脾ルート→胃腸に流れる血液量が下がる→胃腸の働きが弱くなり便秘になったり、下痢になったり

心肝ルート→糖分がたくさんたまる→脂肪肝になる→太る

心腎ルート→副腎皮質ホルモンが高くなる、頻尿、尿が熱くなったり

いわゆる心腎不交で睡眠が悪くなる、夢をよくみたり


心脾ルートは帰脾湯

心肝ルートは酸棗仁湯、ミンハオ、温胆湯

心腎ルートは天王補心丹


◎口が甘く感じる場合には、心脾ルートだから帰脾湯が一番いい


安神薬はストレスの緩和に、精神活動を安定させる。


<参考までに>

口が苦い場合には、春は酸棗仁湯、逍遥丸がいい


何先生、上海の病院で研修していたときに春になると病院を30~40代の男性がぐるっと列を作った。

みな春になって調子が悪くなったり、口が苦くなったりした。

そのことがすごく印象に残っている。

春は陽気が立ち上ってくる季節


日本は世界の東、肝木であり、ストレスがたまりやすく、逍遥丸の効き目がよい国である。



<お年寄りの皮膚病>

60~70代 糖尿病などの薬を長年のんでいる→副作用から皮膚病が長年治らない

→新薬をのんだ後に杞○地黄丸を服用すると肝臓と腎臓の代謝が良くなって、副作用が減り、お肌が良くなる。

長く薬がのめる、肌がボロボロでなくなってくる。


<リウマチ>

7~9時の胃の時間帯に発症しやす事が分かっています。

陽明系の疾患

衛益顆粒を中国では使う。


たとえば、健胃顆粒+衛益顆粒+α など


<子宮内膜増殖症の漢方について>

40代に多い、よくある疾患

男性ホルモンが多すぎる、美肌油がいいかも

女性らしさも大切


生理の量が多いかも→肝血虚になる


逍遥丸+二至丹+美肌油 など


陰虚→血熱→出血量が多い


I何先生と妻が黄帝内経素問を勉強中

<先月の様子ですが、土屋薬局店内。何先生と妻が黄帝内経素問を勉強中>


若木山から眺める葉山です。

<2014年3月19日 葉山>

若木山から眺める葉山です。

春間近!

葉山です

(私にも上海伝統の中医学のスピリッツが魂に入ってきたかも、香港漢方ならぬ上海漢方です)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013.11.19

胃の調子が悪い、胃熱の漢方相談:空腹時にみぞおちが熱く感じる、口臭、粘りつく、胃酸が上がる感じ

こんにちは。

薬剤師、不妊カウンセラーの土屋幸太郎です。

午後から小雨模様の山形です。

山々は紅葉に染まり、落ち葉の季節です。

そろそろ冬支度です。


さて、常連のお客様から胃腸の漢方相談を受けましたので、万全を期するためにも中医師の先生に質問して教えてもらいました。


「最近、胃の調子が悪いです。

・空腹時(食後2~3時間後)に、みぞうちが熱く感じる

・水を飲むと楽になるような気がする

・胃酸が上がってくるような感じがする

・口の中が粘つく

・主人に口から酸っぱい臭いがすると言われる

・舌のコケが黄色い

・食後にもたれたり痛んだりはしません。」


<ようびん先生のアドバイス>

みぞおちが熱く感じる、舌の苔が黄色いことなどは「胃熱(いねつ)」の感じ、胃酸過多の感じがします。


今まで愛用していた健胃顆粒はそのままで


健胃顆粒+黄連解毒湯


がいいと思います。

健胃顆粒はずっと使っていきます。

黄連解毒湯は少量、二分の一から三分の一で。

黄連が苦味健胃薬


胃熱の方は食べ物に気をつける。

脂っぽいもの、甘いもの、お酒、たばこなどを控えていきます。


Imgp66371103

<2013年11月3日 福島市 モモノキ>

モモノキさんという素敵なカフェを偶然に見つけました。

Imgp66411103

素敵な小物も置かれて、猫の雑誌を読みながら紅茶を頼みました。

猫って癒されます。

Imgp66391103_2

窓の外には秋の風景が広がっていました。

Imgp66431103

1本の柿木が印象的な風景でした。

福島県、いいお店ばかりです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013.10.23

口が辛い、ドライマウス、シェーグレン症候群の漢方相談

こんにちは。

薬剤師、不妊カウンセラーの土屋幸太郎です。


お客様から「口の中が辛い、焼けるような火を噴くような感じ、口内炎もできました」との漢方相談を受けて師匠の何先生に助け舟を出してもらいました。


土屋 「ほかの症状は、倦怠感、胃痛、胸やけ、口の中が苦い、粘りつく、口臭、頭痛、のどのつかえなどもございます」


イスクラの中医学講師の何先生からのアドバイス


50代女性のかたは、冷えの陽虚(ようきょ)もあれば陰虚(いんきょ)もあります。

粘膜が弱い

陰虚の熱が全部上に上昇する。 ×補陰(ほいん)だけ


上は熱がこもっている。


お腹も冷えている→十全大補湯や補中丸など

肉桂がいい

冷えを無くすし、通経作用もある


下を温めて上の熱を下げる。

今まで補腎薬を使っていましたが胃腸から少し治していく方法がいいかも


+潤肺糖漿、または+百潤露

潤肺糖漿の牡丹皮が熱を下に引いてくれる


これから「秋」だから乾燥の季節だからちょうどいい


口の中の乾燥(ドライマウス)やシェーグレン症候群、ドライシンドロームなどの症状には春夏は麦味参顆粒のようなものもいいが決定打に欠けるときには、陰虚も陽虚もあると考えて上記のことを念頭におきます。

陰虚火旺(いんきょかおう)と陽虚

腎(じん)ではなくて脾(ひ)から立て直す


お腹が冷えて上に熱が上昇する


弘前市 シェ・モア

<2013年10月13日 弘前市 シェ・モア>

りんごの料理がとても美味しいレストランで、津軽の豊かな土壌、文化を感じました。

店内はお客様たちでにぎわいとても明るい雰囲気でした。

また弘前に美味しいものを食べに行きたいです。

弘前、最高です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013.10.04

「酸棗仁湯だけでは清肝作用が中心なので、蓮子心で清心作用も入れなさい」

本日、コラム第二弾です。


昨日の3日木曜日の午後に多嚢胞性卵巣症候群、英語でいえばPCOSという排卵障害のお客様が従妹の方と一緒に2回目のご来店で高かった基礎体温が下がってきました。

高温期が37℃ぐらいが36・7℃くらいになってきましたので、1か月の服用でだいぶ調子が良くなっていますね。

という展開でした。


いまは山形は稲刈りやラフランス。リンゴなどの農繁期のせいか、お客様のご来店が有難いと思っています。


そして、今日の4日金曜日の午前中は24歳のカップルのお客様、次の新規のお客様も多嚢胞性卵巣症候群でした。

よく考えたら、昨日の午後から3人連続して無排卵、無月経の排卵障害の漢方相談を受けています。


まだまだ私は達観できなくてPCOSには決まった漢方のパターンはないですので、一人一人丁寧に漢方相談させて頂いるのですが、今日の2人目のPCOSのお客様と相談しているときに、漢方の神の声を聞きました。

ちょっと大げさかもしれませんが、漢方の組み合わせを脳の中で必死に考えているときに、最後のほうで声が聞こえてきました。


1)夜勤がある

2)20代でお若い

3)男性ばかりの特殊な職場で緊張状態が続き、ストレスが多い

4)基礎体温は高めで、破綻出血もある

5)寝入りが悪い

6)口内炎ができやすい


初回なので気血(きけつ)の流れをスムーズにして道路の流れを良くすることに的を絞って


酸棗仁湯、血府逐淤湯


この2つでやっていこうと思ったら

「酸棗仁湯だけでは清肝作用が中心なので、蓮子心で清心作用も入れなさい」


ともう一人の自分がささやき、いや漢方の神様の声にしておきましょう。

とにかく、処方が自然に浮かんできてなおかつアドバイスしてくれたので驚きの感動でした。


酸棗仁湯、血府逐淤湯に + 蓮心茶(蓮子心)


という通好みのような処方をお勧めさせて頂きました。

香港漢方の精神も取り入れている、まるで山形ではありますが南の地方にも通用するような組み合わせです。

夏桂成先生と祝谌予先生、とくに祝先生の症例の無排卵における症例なども参考にした感じです。


このコラムは、漢方の声が聞こえてきて感動した話でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013.07.30

口臭や舌苔が厚めの漢方相談。漢方半年服用で口臭解消!

こんにちは。

薬剤師、不妊カウンセラーの土屋幸太郎です。

新潟から帰ってきて体調もよく元気に過ごしています。

久しぶりに新潟では晴天でお日様を見たので陽気のエネルギーをもらった感じです。


さて舌苔が厚くて、口臭が気になるお客様がいらっしゃいまして春から漢方相談を担当させて頂いています。


黄連温胆湯という清熱作用があり、体の内湿、痰湿を解消するものに、「生痰の源は脾胃」ですから晶三仙(しょうさんせん)で胃腸を整えることを目標にしました。


痰熱(たんねつ)といって口臭の原因となる湿邪とストレスなどの熱を同時に解消すること。

ニキビや肌荒れ、不眠などにも効果的です。

晶三仙は甘酸っぱい味で、お腹に溜った痰湿、脂肪などを解消していくものです。

スッキリして、気持ちもサッパリします。


半年ぐらい経過した今ではだいぶ体調も良くて、口臭が良くなっているそうです。

体の内面と外につながる口の調子を一緒に改善すること、良くしていくことが口臭や舌ベロの漢方相談には大切なのだと思います。


我が家の庭 百合の花が綺麗です

<2013年7月24日 我が家の庭 百合の花が綺麗です>

我が家の庭 百合の花が綺麗です

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013.04.25

排卵期と生理期に口内炎、舌の尖がピリピリする人がいます。

こんにちは。

薬剤師、不妊カウンセラーの土屋幸太郎です。

いま午前中のお客様の漢方相談が終わって、昨日に漢方相談して疑問に思ったことをようびん先生にお聞きしておきました。

すごく親切にご指導頂きました。感激です。


さて忘れないうちにログしていきます。

土屋 「排卵期と生理期に口内炎、舌の尖がピリピリする人がいます。どのように考えたらいいですか?先日、漢方相談中ずっと気にかかっていました。教えてください。」


ようびん先生


<漢方アドバイス>


食欲、通じなどの胃腸のトラブルはどうですか? →脾胃のことを必ず聞く

睡眠はどうですか? →心の熱 不眠があるかどうか、夢が多いか?

いつからの症状ですか?


胃腸と心、脾胃と心、心熱は舌のトラブルと関係があります。

もし舌の尖が赤い、苔が多かったら、心熱、食帯、湿がある。


経験では、肝鬱気滞→心熱が多い…逍遥散、加味逍遥散、蓮子心


舌のビリビリとか


疏肝によって心熱がおちつく、蓮子心を加えるとさらにいい

白朮、茯苓が脾胃が弱い人にもいい

肝鬱乗脾の人にもいい


もし便秘があれば便通を解消する。→ちょっとの便秘だったら加味逍遥散がいい

加味逍遥散+蓮子心


◎睡眠がよくない、夢が多い、目が覚めやすい→天王補心丹+蓮子心


◎肝鬱→心熱→逍遥散、加味逍遥散がいい


◎逆に下痢する人→口内炎ができやすい ○健脾散 ×蓮子心


日本人は酒、たばこなどの生活習慣でも口内炎になりやすい。肝鬱、心熱も原因



土屋 「月経周期が短いかたで生理の終わりから高温期に上がるまで首、顎にニキビ、ほほにもニキビ。こめかにもニキビの方がいて高温期になる治る方がいました。今回は、婦宝当帰膠、杞菊顆粒、二至丹で普通に補陰したら1周期で改善しました。」

よう先生 「熱、鬱熱、陰虚内熱などの症状が改善されたからです。素晴らしいです。」


土屋 「月経周期が短いことの対策として卵胞期に酸棗仁湯はありえますか? 生理前に吹き出物、口内炎ができやすい方です。高温期は加味逍遥散をお勧めしています」

よう先生 「加味逍遥散はかないいいです。卵胞期も、睡眠のトラブルがなければ加味逍遥散でいいです。大丈夫です。酸棗仁湯はあくまで不眠など睡眠のトラブルがあれば使います」


若木山公園の桜 開花しました!

<2013年4月22日 若木山公園の桜 開花しました!>

I若木山公園の桜 開花しました!


追伸です。

ようびん先生からは

「病気のそのもとを考える。大きな原因を改善する。改善しなくてはまたでてしまう。病機を分析して洗い出す」と有難い言葉を頂戴いたしました。

中医学に感動です! 「土屋薬局 中国漢方通信」もよろしくお願い致します。


<お悩みのことの漢方相談はお気軽にお問い合わせくださいね>


所在地 山形県東根市神町中央1-10-7
Google mapによる所在地

営業時間 第二、第四日曜日お休みです。

平日 午前8時~午後7時  土祭日 午前8時~午後6時

メールアドレス JDY00247@nifty.com

電話 0237-47-0033 漢方電話相談室 0237-48-2550 Fax 0237-49-1651

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013.04.16

舌の汚れ、口臭の漢方相談と中国漢方式養生法

こんにちは。

薬剤師、不妊カウンセラーの土屋幸太郎です。

若木山の公園、今朝も散歩していたら桜は少しだけ増えて開花していました。

まだ山全体が開花を前に静かに沈黙を守っている感じで、山茱萸や梅の花がきれいな季節です。


さて「舌の汚れ、口臭」の漢方相談を受けましたので、ようびん先生にお聞きしました。

忘れぬうちにログしていきたいです。


「3~4年前から舌苔が厚いです。茶色かったり黄色のときもありましたが、今は白い状態です。胃炎で通院していたこともありますが、いまは治っています。舌苔と口臭だけはなかなか治らずに困っています。」


「睡眠時間が少ないと舌苔がたくさんついてると思います。朝に起きると頭痛がします。夜は寝入りはわりとスムーズです。子供のときにはアトピーと喘息、鼻炎がありました、いまは完治しています。」



<ようびん先生からのアドバイス>


鼻炎も口臭とつながることがあります。

鼻炎があるかどうかチェック。


口は脾胃と関係がある。

また、心は舌の苗でもあります。


1)胃腸がまず悪い→脾胃


2)ストレス→肝と心の問題


心には蓮子心がいい。

心熱をとり、ストレスが溜ることにいい。睡眠がよくなる

蓮子心→口臭にもいい


脾胃を調整するには、健脾利湿。健胃顆粒1包2~3回

肝の調整には逍遥丸をストレス対策に。


養生はお酒やたばこを控えること。

できるだけ夕飯を早く食べて寝る前には固形物は食べないこと。

寝る前に食べると食滞(しょくたい)になる→口臭


果物ではリンゴが口臭にいい。

1日半個



ようびん先生から漢方を教わるとかなり力になります。

中医学、漢方は奥が深いです。

一生取り組んでいこうと思います。


我が家の庭 ヒマラヤユキノシタ

<2013年4月12日 我が家の庭 ヒマラヤユキノシタ>

| | コメント (0) | トラックバック (0)

その他のカテゴリー

LUF・黄体化未破裂卵胞|不妊と漢方薬 | PCOS・多嚢胞性卵巣症候群|不妊と漢方薬 | PMS・月経前緊張症|漢方薬 | 「ナチュラルな妊娠」「45歳、もう生んでいいかしら?」 | 「血流たっぷり」をめざしなさい | いびき|漢方薬 | おねしょ、小児夜尿症|漢方薬 | おりもの、のびおり|不妊治療と漢方薬 | お客さまとのエピソード | お腹の張り、腹部膨満感、食欲不振|漢方薬 | しびれ|漢方薬 | つわり|漢方薬 | にきび|漢方薬 | のどのつかえ、喉の痛み、難治性咽頭潰瘍|漢方薬 | ほてり|漢方薬 | むずむず脚症候|漢方薬 | めまい、立ちくらみ|漢方薬 | アトピー性皮膚炎|漢方薬 | アレルギー性鼻炎と体外受精|漢方薬 | アレルギー性鼻炎|漢方薬 | イスクラ冠元顆粒 | イスクラ冠元顆粒発売20周年記念成都シンポジウムに参加して | イスクラ婦宝当帰膠 | イスクラ独歩顆粒 | イライラ落ち込み漢方、不安落ち込み|漢方薬 | インターネットの掲示板などで漢方紹介 | カウフマン療法|不妊と漢方薬 | カンジダ膣炎|不妊と漢方薬 | ガン(がん)|漢方薬 | クラミジア感染症|不妊と漢方薬 | クローン病、潰瘍性大腸炎|漢方薬 | ゲップ・ガス|漢方薬 | ココログ版漢方(無名)コラム・2004 | ココログ版漢方(無名)コラム・2005 | ココログ版漢方(無名)コラム・2006 | ココログ版漢方(無名)コラム・2007 | ココログ版漢方(無名)コラム・2008 | ココログ版漢方(無名)コラム・2009 | ココログ版漢方(無名)コラム・2010~ | コンクレバン | シェーグレン症候群|漢方薬 | シミ・肝斑|漢方薬 | ストレス|漢方薬 | セックスレス、性機能減退|不妊と漢方薬 | タイミング療法|不妊と漢方薬 | ダイエット|漢方薬 | チャイナビュー | チョコレート嚢胞|不妊治療と漢方薬 | ツイッター | ディスプレー症候群|漢方薬 | ドライアイ|漢方薬 | ドライマウス、口腔乾燥症|漢方薬 | ニュースレターより | ハテナ | ビタエックス(プラセンタ) | フレイルの漢方対策 | ヘパーデン結節|漢方薬 | ベビ待ち保育士さん、幼稚園教諭さん|漢方薬 | ベビ待ち小学校教員さん|不妊と漢方薬 | ベビ待ち歯科衛生士さん|不妊と漢方薬 | ベビ待ち看護師さん|不妊と漢方薬 | ベビ待ち美容師さん|不妊と漢方薬 | メニエール病|漢方薬 | メールマガジン | モンテディオ山形 | ヤフー知恵袋の漢方の回答より | リウマチ性多発筋痛症|漢方薬 | リウマチ|漢方薬 | ロコモティブシンドローム|漢方薬 | 下痢、軟便|漢方薬 | 下肢静脈瘤|漢方薬 | 不妊カウンセラーに向けて | 不妊カウンセラー・体外受精コーディネーター養成講座 | 不妊治療の基礎知識…現状と問題点 | 不妊漢方治療の応用 | 不妊症の基本検査について | 不妊症の年代別漢方相談 | 不妊症テレビお茶の間講座 「子宮内膜症」 | 不妊症専門講座・PCOS 「多嚢胞性卵巣症候群」 | 不定愁訴|漢方薬 | 不正出血|不妊と漢方薬 | 不眠|漢方薬 | 不育、流産後|不妊治療と漢方薬 | 中医五官病 | 中医痺証専門講座「南通研修」への道 | 乳がんの疫学と薬物療法 | 乳腺炎、断乳、母乳|漢方薬 | 人工授精で妊娠出産|不妊と漢方薬 | 今週の漢方相談会 2008年 | 今週の漢方相談会 2009年 | 今週の漢方相談会 2010~ | 今週の漢方相談会 2013~ | 今週の漢方相談会2017 | 体外受精で妊娠出産|不妊と漢方薬 | 何先生や中医師の先生から漢方のこと聞いたこと | 便秘|漢方薬 | 免疫性不妊|漢方薬 | 全身性エリテマトーデス(SLE)|漢方薬 | 円錐角膜|漢方薬 | 冷え性|漢方薬 | 加齢性黄斑変性症|漢方薬 | 勉強会(2004~2008) | 勉強会(2009) | 勉強会(2010) | 勉強会(2011) | 勉強会(2012~) | 動悸|漢方薬 | 卵巣予備能~全周期活血化淤 | 卵巣嚢腫|不妊と漢方薬 | 卵巣機能不全、卵巣機能低下|不妊と漢方薬 | 卵管性不妊|不妊と漢方薬 | 卵管水腫|不妊と漢方薬 | 卵管閉塞|不妊と漢方薬 | 卵胞発育不全|不妊と漢方薬 | 受精障害|不妊と漢方薬 | 口内炎|漢方薬 | 呑気症(空気嚥下症)|漢方薬 | 味覚障害|漢方薬 | 咳、ぜんそく、慢性気管支炎|漢方薬 | 咽喉頭異常感症、難治性咽頭潰瘍|漢方薬 | 嗅覚障害|漢方薬 | 土屋幸太郎・漢方講演会 | 土屋幸太郎結婚式 | 土屋薬局からのお知らせ | 土屋薬局のの口コミ、評判 | 坐骨神経痛|漢方薬 | 坑精子坑体|不妊と漢方薬 | 基礎体温が低め|不妊と漢方薬 | 基礎体温が高め|不妊と漢方薬 | 基礎体温ガタガタ|不妊と漢方薬 | 基礎体温表|不妊と漢方薬 | 多汗症|漢方 | 夜中目が覚める|漢方薬 | 夢と不眠|漢方 | 女性のための漢方レッスン | 女性不妊症的中医治療 | 妊娠中と産後の体調不良|漢方薬 | 妊活・妊娠力アップ|漢方薬 | 子宮内膜が薄い|不妊と漢方薬 | 子宮内膜ポリープ、子宮内膜増殖症|漢方薬 | 子宮内膜症|不妊治療と漢方薬 | 子宮外妊娠後|不妊と漢方薬 | 子宮筋腫|不妊治療と漢方薬 | 子宮腺筋症|不妊治療と漢方薬 | 子宮頸がん|漢方薬 | 子宮頸管無力症|不妊と漢方薬 | 季節の養生法 | 学校保健委員会 | 小児チック|漢方薬 | 小児漢方 | 小太郎製薬 | 帯状疱疹後神経痛、後遺症|漢方薬 | 後鼻漏・蓄膿症|漢方薬 | 心と体 | 感音性難聴・耳鳴り、難聴|漢方薬 | 慢性副鼻腔炎(蓄膿症)|漢方薬 | 慢性咽頭炎|漢方薬 | 我が家の庭 | 我が家の庭 2008 | 我が家の庭 2009 | 我が家の庭 2010~ | 手根管症候群、腱鞘炎、ばね指|漢方薬 | 抗リン脂質抗体|不妊と漢方薬 | 抗核抗体|不妊治療と漢方薬 | 掌蹠膿疱症|漢方薬 | 排卵痛、排卵期|不妊と漢方薬 | 排卵障害|不妊と漢方薬 | 日中線記念館 | 更年期障害|漢方薬 | 月経の経血量が減少|不妊治療と漢方薬 | 月経不妊周期療法|不妊と漢方薬 | 月経不順・生理不順|不妊と漢方薬 | 月経周期が短い|不妊と漢方薬 | 月経周期が遅れる、長い|不妊と漢方薬 | 未成熟卵|不妊症と漢方 | 椎間板ヘルニア|漢方薬 | 武漢へ | 死産後|漢方薬 | 母乳|漢方薬 | 泣きたくなる | 活血化淤の応用 | 浮腫み|漢方 | 温活GO | 漢方周期療法…南京・夏桂成先生の講義より | 漢方薬の安全性について | 漢方薬局で相談を受ける婦人病について | 無排卵・無月経/不妊と漢方薬 | 無月経・無排卵・中医不妊症テレビお茶の間講座 | 生殖医療に関わる疑問に答える | 生殖補助医療の有用性と限界 | 生理痛、月経困難症|漢方薬 | 甲状腺機能亢進症|不妊と漢方薬 | 甲状腺|不妊治療と漢方薬 | 男女の更年期と神経症|漢方薬 | 男性不妊|不妊治療と漢方薬 | 痔|漢方薬 | 痛み、しびれ|漢方薬 | 痰湿|漢方 | 眼精疲労|漢方薬 | 着床障害|不妊治療と漢方薬 | 神経障害性疼痛|漢方薬 | 空胞|不妊治療と漢方薬 | 糖尿病|漢方薬 | 経血量少ない|不妊と漢方薬 | 綿花観察日記 | 緑内障|漢方薬 | 繊維筋痛症|漢方薬 | 老人性膣炎・萎縮性膣炎|漢方薬 | 耳管開放症|漢方薬 | 耳鳴り、突発性難聴|漢方薬 | 聴覚過敏|漢方薬 | 肘痛|漢方薬 | 股関節痛|漢方薬 | 肩こり|漢方薬 | 肩甲骨の痛み|漢方薬 | 肩痛、五十肩|漢方薬 | 胃酸過多、機能性胃腸症(NUD)|漢方薬 | 背中のほてり|漢方薬 | 背中の痛み|漢方薬 | 胚盤胞|不妊治療と漢方薬 | 脂漏性皮膚炎|漢方薬 | 脈拍|漢方 | 脊柱管狭窄症|漢方薬 | 脱毛、抜け毛、薄毛の漢方薬 | 脳卒中|漢方薬 | 脳疲労症候群、脳過敏症候群|漢方 | 腰椎すべり症|漢方薬 | 腰痛|漢方薬 | 膀胱炎|漢方薬 | 膝痛|漢方薬 | 膿精液症|男性不妊の漢方薬 | 花粉症|漢方薬 | 若木山、石崎山や東根の景色 | 若木山、石崎山や東根の風景2008 | 若木山、石崎山や東根の風景2009 | 若木山、石崎山や東根の風景2010~ | 蕁麻疹、湿疹/漢方薬 | 薄い子宮内膜に漢方薬が有効である可能性がある | 薬膳 | 血の道症|漢方薬 | 血管力をつければ病気は治る | 補腎の話 | 西洋医学的にみた不妊症漢方概論 | 足底筋膜炎|漢方薬 | 逆流性食道炎|漢方薬 | 過去のバックナンバーより | 過敏性腸症候群|漢方薬 | 過活動膀胱、頻尿|漢方薬 | 遺残卵胞|不妊治療と漢方薬 | 酒さ|漢方薬 | 頭痛|漢方薬 | 頸椎症、首のこり|漢方薬 | 頻尿|漢方薬 | 顔面神経麻痺、手のふるえ|漢方薬 | 顕微授精(ICIS)|不妊と漢方薬 | 風邪|漢方薬 | 食欲不振、胃痛|漢方薬 | 高プロラクチン血症|不妊と漢方薬 | 高血圧|漢方薬 | 高齢不妊症、卵巣機能低下における中国漢方の考え方 | 高齢不妊|不妊治療と漢方薬 | 鷺草、朱鷺草観察日記 | 黄体機能不全|不妊と漢方薬 | 黄疸|漢方薬 | 100歳まで元気に生きる! | 2人目不妊、第二子不妊|漢方薬 | 2004年妊娠出産おめでとうございます! | 2005年妊娠出産おめでとうございます! | 2006年妊娠出産おめでとうございます! | 2007(1月~6月)妊娠出産おめでとうございます! | 2007(7月~12月)妊娠出産おめでとうございます! | 2008年妊娠出産おめでとうございます! | 2009年妊娠出産おめでとうございます! | 2009(7月~12月)妊娠出産おめでとうございます! | 2010(1月~6月)妊娠出産おめでとうございます! | 2010(7月~12月)妊娠出産おめでとうございます! | 2011年妊娠出産おめでとうございます! | 2012年妊娠出産おめでとうございます! | 2013年妊娠出産おめでとうございます! | 2014年妊娠出産おめでとうございます! | 2015年妊娠出産おめでとうございます! | 2016年妊娠出産おめでとうございます! | 2017年妊娠出産おめでとうございます! | AMH|不妊治療と漢方薬 | COPD 慢性閉塞肺疾患|漢方薬 | FSHが低い方|不妊治療と漢方薬 | FSHが高い|不妊治療と漢方薬 | POF・早発閉経|不妊治療と漢方薬