カテゴリー「ドライマウス、口腔乾燥症|漢方薬」の記事

2013.10.28

流産した時は心身共に相当落ち込みました。 若い方と違って、そう何度も妊娠のチャンスに出会えないと思ったし、焦りました。

こんにちは。

薬剤師、不妊カウンセラーの土屋幸太郎です。


昨日の2013年10月27日は、仙台で南東北中医薬研究会の定例会に妻と一緒に参加してきました。

台風27、28号も無事に過ぎ去り、昼間は駅伝、夜は楽天の日本シリーズと大いに盛り上がった仙台でした。

楽天の次第では、プロなのに1塁にヘッドスライディングでセーフには心から感動しました。

きっとあのスタジアムの雰囲気とあの気迫がセーフになったのに違いない。選手の気迫が勝利をつかみ取ったのだ。と確信しております。


さて勉強会では2年ぶりに何先生に来て頂きまして「ドライマウスと百潤露」というテーマで中医学の立場から、50代女性が多く悩むといわれるドライマウスの対処法について教えて頂きました。

薬局の店頭で今後とも活かしていきたいです。

仙台市 南東北中医薬研究会定例会

<2013年10月27日 仙台市 南東北中医薬研究会定例会>


先週の漢方相談会では1週間で2名の方のご出産、2名の方のご懐妊、妊娠の連絡を頂きました。

本当に嬉しいことでした。

掲載許可を頂いていますので、時をみてしっかりしたコラムを作成していきますが、お客様のメールは以下のように始まっていました。


「私は、35歳、 37歳流産、38 歳、 40歳と言う決して早くはない妊娠出産です。

流産した時は心身共に相当落ち込みました。

若い方と違って、そう何度も妊娠のチャンスに出会えないと思ったし、焦りました。

何度も流産されている方から見れば一回の流産くらいで、、、と思うかも知れませんが本当に辛かったです。」


今後ともお客様の気持ちに寄り添って漢方相談をしていきたいです。



今週の漢方相談会のお知らせです。


○2013年10月28~30日(月~水) 薬剤師、国際中医専門員、不妊カウンセラー 土屋幸太郎が漢方相談を担当させて頂きます。

○2013年10月31日(木) 薬剤師、国際中医専門員、不妊カウンセラー 土屋幸太郎は午前中の勤務で午後から公休を頂きます。

○2013年11月1~2日(金~土) 薬剤師、国際中医専門員、不妊カウンセラー 土屋幸太郎が漢方相談を担当させて頂きます。

○2013年11月3~4日(日月祝) 薬剤師 土屋信一が漢方相談を担当させて頂きます。
土屋幸太郎は公休です。

午後からは薬剤師 土屋信一が応対させて頂きます。


土曜日の漢方相談会、独身の方が結婚前に生理不順の真剣な漢方相談をお寄せ下さったり、カップルでのご来店が増えてきています。喜ばれる漢方相談を心掛けています。


結婚記念日

余談ですが、先日の10月25日 結婚記念日でした。

仙台のトラットリア エッセというお店をなんとなく良さげでしたので予約して、ちょうど台風27、28号で「嵐の金曜日」の状態だったのですがレストランは満員、すごいなーと思っていました。

妻も大喜びで夫婦の絆がいっそう深くなり(深くなったと思います)、昨日の日曜日にテレビを見ていたらハウンドドッグで有名な仙台出身の大友康平さんが仙台市の飲食店でお勧めを挙げていて、一位になんとトラットリア エッセさんが登場していて、実際に大友さんが美味しく仙台牛を食べていました。

シェフと友人だそうです。

いいレストランで食事をするのは人生の喜びです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013.10.23

口が辛い、ドライマウス、シェーグレン症候群の漢方相談

こんにちは。

薬剤師、不妊カウンセラーの土屋幸太郎です。


お客様から「口の中が辛い、焼けるような火を噴くような感じ、口内炎もできました」との漢方相談を受けて師匠の何先生に助け舟を出してもらいました。


土屋 「ほかの症状は、倦怠感、胃痛、胸やけ、口の中が苦い、粘りつく、口臭、頭痛、のどのつかえなどもございます」


イスクラの中医学講師の何先生からのアドバイス


50代女性のかたは、冷えの陽虚(ようきょ)もあれば陰虚(いんきょ)もあります。

粘膜が弱い

陰虚の熱が全部上に上昇する。 ×補陰(ほいん)だけ


上は熱がこもっている。


お腹も冷えている→十全大補湯や補中丸など

肉桂がいい

冷えを無くすし、通経作用もある


下を温めて上の熱を下げる。

今まで補腎薬を使っていましたが胃腸から少し治していく方法がいいかも


+潤肺糖漿、または+百潤露

潤肺糖漿の牡丹皮が熱を下に引いてくれる


これから「秋」だから乾燥の季節だからちょうどいい


口の中の乾燥(ドライマウス)やシェーグレン症候群、ドライシンドロームなどの症状には春夏は麦味参顆粒のようなものもいいが決定打に欠けるときには、陰虚も陽虚もあると考えて上記のことを念頭におきます。

陰虚火旺(いんきょかおう)と陽虚

腎(じん)ではなくて脾(ひ)から立て直す


お腹が冷えて上に熱が上昇する


弘前市 シェ・モア

<2013年10月13日 弘前市 シェ・モア>

りんごの料理がとても美味しいレストランで、津軽の豊かな土壌、文化を感じました。

店内はお客様たちでにぎわいとても明るい雰囲気でした。

また弘前に美味しいものを食べに行きたいです。

弘前、最高です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012.07.23

頭頸部ガンの術後の漢方相談、仙台での不妊症漢方勉強会の話題

おはようございます。

薬剤師、不妊カウンセラーの土屋幸太郎です。

今朝の朝一番の漢方相談のお客様、頭頸部ガンの術後に声がしわがれ声。


頭頸部ガンは切除して、30数回の放射線療法をして無事に退院されたのですが、放射線と化学療法の影響で味覚がなくなって口が渇くということで今朝の山形新聞の朝刊の記事の漢方欄を見てご来店になったそうです。

70代男性の方ですので、夜もお小水が1時間おきに近いとのことで、補腎陰、益気養陰になるような体の潤いを増しながら、味覚障害も改善できるような漢方をお勧めさせて頂きました。

味覚障害、ドライマウスとも体の中の津液もまして軽減していって頂きたいです。



さて昨日の日曜日には、仙台で南東北中医薬研究会の定例会 「婦人科シリーズ第四回 ホルモンの異常と不妊」 周軍先生 に薬剤師の妻と一緒に受講してきました。


私が今まで教わった先生方とはまた違う「北京の中医学」とでも呼ぶべきでしょうか、とても風格のある中医理論の教えで先月も感銘を受けたのですが、昨日も目からウロコでした。


○心と腎のバランスが大事

○肝も流れを良くしている


そして、


1:高プロラクチン血症

2:黄体機能不全


西洋医学の考え方とBBT、中医学の考え方と対応法


とのことで、以下省略しますが、私も「梁が高いしっかりした漢方」をしていきたいものだと思いました。

北京の香りがするような中医処方で素晴らしかったです。


紅い百合

<2012年7月18日 紅い百合>



今週の漢方相談会…薬剤師、国際中医専門A級、不妊カウンセラー(NPO法人不妊カウンセリング学会認定)の親切な相談 2012年度 第二、第四日曜日は定休日です。12/07/23


○7月23日~28日(月~土) 薬剤師、不妊カウンセラーの土屋幸太郎が相談を担当します。

○7月29日(日)  薬剤師 土屋信一が相談を担当します。



お電話やメールでご予約お願いします。
平日の漢方相談大歓迎です。一人一人に時間をじっくり割いて相談しています。
遠方のかたは、電話やメールでご相談をお寄せください。こちらから。

中医学に詳しい薬剤師(国際中医専門員)、不妊カウンセラー(NPO法人不妊カウンセリング学会認定)による親切な相談。じっくり話を聞いて一人一人の体質や年齢、症状に応じて相談しています。どうぞお気軽にお声をかけて下さい。

マカオで

<2012年5月5日 マカオ・媽閣廟> 筆者・土屋幸太郎近影


土屋薬局 中国漢方通信/漢方専門の薬剤師、不妊カウンセラーが相談します。

土屋幸太郎・薬剤師、不妊カウンセラー(@tutiyak) - Twilog

土屋幸太郎・tutiyakツイッター

土屋薬局 中国漢方通信メールマガジン


婦人科の漢方相談、周期療法も常に研鑽を積んでいます。

日本中医薬研究会での不妊症周期療法の勉強を10年以上前から続けていて、暇があれば復習、勉強しています。

より多くのお客様たちにご懐妊、ご出産して頂きたいです。


先週の漢方相談会では、2人目のお子様を出産されたお客様がお母様と一緒に来店されまして、お客様たちが帰られた後にスタッフの一人から「お子様が生まれて家族が幸せになって、ほんとに素晴らしい仕事を私たちはしているのですね」と言われて、私も光栄に思いました。

先週は2名のご懐妊、2名のご出産のご報告がありました。


薬剤師、国際中医師、不妊カウンセラー 土屋幸太郎

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011.01.24

口渇と動悸の漢方相談

72歳の男性の方です。

口渇がここ数年気になっているそうです。

循環器科で不整脈を訴えたが検査では正常だったので「気にしすぎです」と言われています。

漢方では動悸の漢方を処方されているとのことでした。


食欲はありますが、便秘がちです。

肩こり、入眠剤で夜に寝ています。

人口股関節を入れていて足腰が弱い感じです。


動悸に関しましては、検査しても異常がなかったが動悸がつらいそうです。

体が重く感じます。


舌ベロチェックをしてもらったとこ、「舌が赤くて苔が少なくて亀裂があります」とのことでした。


土屋薬局からは、百潤露(ひゃくじゅんろ)という漢方と麦味参顆粒(ばくみさんかりゅう)の2つをお勧めしました。

私も一緒に服用しましたが、飲みやすい味でお肌や体も潤う感じで、口渇に強い味方!という感じでした。


百潤露はや麦味参顆粒は、体の「肺」や「胃」などの陰(いん)を補っていきますし、麦味参顆粒は中国での原点名は『生脈散(しょうみゃくさん』と言われているくらいですので、中国では動悸対策などにも応用されているので、それぞれお選びした理由をお話しさせて頂き漢方相談が終わりました。

口渇の症状がぜひ軽減していって頂きたいと切に願っております。

Imgp0958110124

<2011年1月24日 啓翁桜咲いてます。可憐です>

土屋薬局では季節に合わせて、壁面の絵柄を替えています。

いまは冬バージョン。

今年の冬将軍は手ごわく、道路はツルツルに、屋根からはツララをせり出させている張本人です。

早く春が来ないかな。

Imgp0971110124

趣向を変えて反対側から撮影です。


Imgp0974110124

店内は暖かいですから啓翁桜も勢いよく花開いています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010.07.23

「盛夏到来!中医学で夏バテ対策を」漢方で元気な夏の過ごし方養生法

イスクラネット7月22日号で「盛夏到来!中医学で夏バテ対策を」という記事がありました。

紹介させて頂きます。

張先生の記事です。

いよいよ夏本番の到来です。

夏の養生法は「夏宜清補」(体内の熱を清めながらで気血津液を補うべき)とされ、夏の気候の特徴に合わせ、陽気発散、益気養陰、健脾護胃が基本です。

また、冬病夏治という方法もあります。

夏はこまめに水分補給をするという点からも、水分とともに服用する工夫をすると良いですし、飲みやすさからも幅広い年代へのお客様へお勧めしやすいと思います。



漢方では、麦味参顆粒とイスクラ婦宝当帰膠、百潤露の3つが紹介されています。


<麦味参顆粒>

夏バテ、疲れ、体力のない方に。スポーツドリンクのお供に。

高麗人参は補気陰の働きがあり、体力を補充して、麦門冬は胃の熱とのどの渇きに良いので、水分補給に役立ちます。

五味子の酸味は収斂作用があり、汗の出すぎを防ぎます。

これら3種類の生薬が配合された麦味参顆粒で、夏に陥りがちば気陰両虚から体を守りましょう!


<イスクラ婦宝当帰膠>

イスクラ婦宝当帰膠は冷え性、貧血、血虚気味のかたに、ぬるま湯で薄めて飲みます。

会社勤めの女性には冷房対策の面からも、会社に1瓶を置いておき、仕事中にも服用できるようにすると良いでしょう。


<百潤露>

朝の起床に服用すると、朝起きたときのむかつきなどの解消に。

胃のお掃除になって朝ご飯が美味しくなる。

汗の匂いが気になる方、のどの渇き、口の中の粘りには、緑茶割りもお勧めです。

滋陰、清胃熱と清肺熱で汗が爽やかになってお口もサッパリ。


この記事を書いている土屋幸太郎も、麦味参やイスクラ婦宝当帰膠、百潤露などで夏バテ対策をしています。参考になりましたら、幸いです。みなさま、どうぞ素敵な季節を!

岩手県八幡平市古屋敷 たばこの花

<2010年7月18日 岩手県八幡平市古屋敷 たばこの花>

たぼこの花って綺麗ですね~。

でもこの葉っぱが中毒性があるなんて。。という感じです。

「美しいものには毒がある」のでしょうか。

たばこを吸う人が減れば、耕作農家の方は困りますし、難しい問題だと思います。

たばこの花

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010.06.14

口内炎の漢方相談、ドライシンドローム、シェーグレン症候群

こんにちは!

薬剤師、不妊カウンセラーの土屋幸太郎です。

今日の山形は風が強く、ちょっぴり寒い感じです。

さくらんぼの実もたわわに実ってきて、風に揺れています。


さて先日、80歳の女性のお客様の口内炎の漢方相談がありました。

口中にできてから、もう10日間も治らないそうです。

病院の薬も効き目がないようで、病院の漢方もザラザラして服用しづらいそうです。


「土屋さんだったら、何か良い漢方薬あると思ってよ。やって来た」


という有難い一言頂戴しました。


80歳の方の場合には、口が乾燥してきて粘りもあって、口内炎ができるのですから、漢方の方針としては「体に売るおいを与える方針でやっていきます。


近年、ドライシンドローム(乾燥症候群)としても知られていて、老化・加齢、ストレス、ホルモンの変化、環境の変化、食習慣の変化、生活環境の変化などにより、口腔の症状がでやすくなってきます。

唾液が減ってきて食事の味がしない、口がネバネバする、口臭、シェーグレン症候群、口腔疾患、口内炎などの口の渇きをターゲットに漢方を服用していく方法を今日は紹介させて頂きました。

我が家の庭 皐月の花満開です

<2010年6月14日 我が家の庭 皐月の花満開です>

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010.04.12

不妊症子宝の漢方相談会から…FSH、AMH、のぼせ、ほてりの腎陰虚証

こんにちは!

薬剤師、不妊カウンセラーの土屋幸太郎です。


先週の漢方相談会、仙台から2組の不妊症の子宝相談のお客様を始め、午前から午後までずっと忙しかったです。

AMHが低い、FSHが高いなどの漢方相談や色々なお悩みに漢方相談させて頂きました。

実際にその日の店頭では、ツイッターにもツイートしましたが、舌ベロの色が赤くて苔が無い感じの「腎陰虚(じんいんきょ)」証のお客様の漢方相談も受け持ちまして、色々と考えさせられました。


土屋幸太郎ツイッターより

最近、気になるのは、腎陰虚(じんいきょ)証の方が増えていることです。地球温暖化が原因かまたは、生活習慣に起因するたとえば睡眠不足やコーヒー、アルコールなどの影響もあるかもしれないです。
10:59 PM Apr 9th Keitai Webから

腎陰虚(じんいんきょ)証とは、体を支える陰血不足があって、仮の熱感が現れてきます。

体液不足だから、相対的に熱感が浮上してくるのです。


<のぼせやすい、夜に火照りやすい、寝汗をかく、基礎体温が高め、口渇、お肌の乾燥、おりものが少ない、排卵日が早くなりやすいまたは無排卵傾向>などの症状があれば、腎陰虚証の確立は上がってきます。

今後ともしっかりと相談して、お客様たちに喜んでいただけるような漢方相談を目指したいです。



今週の漢方相談会 10/04/12

先週の漢方相談会、仙台から2組のお客様を始め、午前から午後までずっと忙しかったです。AMHが低い、FSHが高いなどの漢方相談や色々なお悩みに漢方相談させて頂きました。

4月12日~4月17日(月~土) 薬剤師、国際中医専門員A級、不妊カウンセラーの土屋幸太郎が相談を担当致します。

4月18日(日) 漢方相談歴46年 薬剤師の土屋信一が相談を担当します。


お電話でご予約お願いします。
遠方のかたは、電話やメールでご相談をお寄せください。こちらから


これ以外にも平日も相談大丈夫です!

大日様から大森山眺め

<2010年4月9日> 山形県東根市 大日様から大森山眺め 赤い屋根のある風景

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010.03.02

ドライマウス(口腔乾燥症)その2

こんにちは。

薬剤師、不妊カウンセラーの土屋幸太郎です。

山形は昨日から雪が降って、また冬に逆戻りです。

3月の降雪は急なものですから、寒さを余計に感じています。


さて、10年ぶりに来店されたお客様がいらっしゃいました。

当時は腰痛の漢方相談をしていました。

プールで水中歩行などもした結果、足腰が丈夫になり、それは今でも習慣化していて毎日プールに通って運動しているそうです。

私も見習いたいです。


さて、お客様が本日おっしゃるには、

「ここ2~3ヶ月眠りづらい。口が渇いて、今まで何軒も病院に行ってきたが治らなかった」とのこと。


眠りづらいことの背景には、陰虚(いんきょ)という体質があります。

陰虚体質は、高齢によっても引き起こされますし、地球温暖化や生活環境の変化なども関連しています。


産まれての赤ちゃんは、みずみずしいです。

大人になって年をとると、シワが増えたり、お肌が乾燥して、口も乾燥してきます。

ドライアイなどの目の乾燥も起こってきます。


食事を美味しく食べるためにも、口の渇きを治していくことは大切なことだと思います。


ドライマウス(口腔乾燥症)への漢方は、「補陰(ほいん)」して体の潤いを増していきますので、口の渇きや夜に眠りづらいことなどにも有効な対策になります。

今後の良き結果を期待しています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010.02.25

ドライマウス(口腔乾燥症)

昨日、近所のお客様が来店されました。

ドライマウス(口腔乾燥症)のご相談です。

恥ずかしながら、10年以上漢方相談していて、この分野に力を入れていませんでした。

今年2010年は所属する日本中医薬研究会でも、会の方針として「ドライマウス(口腔乾燥症)」に力を入れるそうで、興味をもっていた分野でした。

ちょうどそのとき、「ドライマウス(口腔乾燥症)」に効き目のある漢方を試しに飲んでいたときに、お客様が来店されまして「偶然ですね~」と話しが弾みながら漢方相談が進みました。


なんでもネットで検索したら、当薬局のホームページが出てきたそうです。

うーん、インターネットでどうして土屋薬局のサイトが「ドライマウス(口腔乾燥症)」でヒットしたか不明ですが、(私はそのページを作った記憶がないのです)、最近のお客様のご来店の動機としては、携帯などで検索してから、実店舗に顔を出されることが増えてきているようです。


「この前テレビでも放映していましたが、ドライマウスなどの口の乾きの症状は『口腔乾燥症』と言うそうです。よく目にしたり耳にする事が多いので、これって私にあてはまる!と思っていました」


口が渇いて、口がネバネバするそうです。

目も車の運転や機械操作、パソコンなどの仕事でショボショボします。

お肌も乾燥傾向にあります。


口の乾きの原因としては他に、


○ストレス

○口呼吸

○季節柄

○加齢

○唾液腺の病気

○神経障害

○くすりの副作用

○糖尿病


などあるようです。


具体的な症状としましては、


○口の中がネバネバする

○乾きやすい

○唾液が出ない

○食事が食べづらい

○口を開けるのもつらい

○ものを飲み込みにくい


などあるそうです。


来店されたお客様には、「ドライマウス(口腔乾燥症)」の漢方薬をお勧めしました。

良い効き目、実感してほしいなあと思っています。

米沢上杉雪灯篭祭り

<2010年2月14日 米沢上杉雪灯篭祭り>

米沢上杉雪灯篭祭り

米沢上杉雪灯篭祭り

愛も変わらず、米沢と山形県は「愛」なんです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

その他のカテゴリー

LUF・黄体化未破裂卵胞|不妊と漢方薬 | PCOS・多嚢胞性卵巣症候群|不妊と漢方薬 | PMS・月経前緊張症|漢方薬 | 「ナチュラルな妊娠」「45歳、もう生んでいいかしら?」 | 「血流たっぷり」をめざしなさい | いびき|漢方薬 | おねしょ、小児夜尿症|漢方薬 | おりもの、のびおり|不妊治療と漢方薬 | お客さまとのエピソード | お腹の張り、腹部膨満感、食欲不振|漢方薬 | しびれ|漢方薬 | つわり|漢方薬 | にきび|漢方薬 | のどのつかえ、喉の痛み、難治性咽頭潰瘍|漢方薬 | ほてり|漢方薬 | むずむず脚症候|漢方薬 | めまい、立ちくらみ|漢方薬 | アトピー性皮膚炎|漢方薬 | アレルギー性鼻炎と体外受精|漢方薬 | アレルギー性鼻炎|漢方薬 | イスクラ冠元顆粒 | イスクラ冠元顆粒発売20周年記念成都シンポジウムに参加して | イスクラ婦宝当帰膠 | イスクラ独歩顆粒 | イライラ落ち込み漢方、不安落ち込み|漢方薬 | インターネットの掲示板などで漢方紹介 | カウフマン療法|不妊と漢方薬 | カンジダ膣炎|不妊と漢方薬 | ガン(がん)|漢方薬 | クラミジア感染症|不妊と漢方薬 | クローン病、潰瘍性大腸炎|漢方薬 | ゲップ・ガス|漢方薬 | ココログ版漢方(無名)コラム・2004 | ココログ版漢方(無名)コラム・2005 | ココログ版漢方(無名)コラム・2006 | ココログ版漢方(無名)コラム・2007 | ココログ版漢方(無名)コラム・2008 | ココログ版漢方(無名)コラム・2009 | ココログ版漢方(無名)コラム・2010~ | コンクレバン | シェーグレン症候群|漢方薬 | シミ・肝斑|漢方薬 | ストレス|漢方薬 | セックスレス、性機能減退|不妊と漢方薬 | タイミング療法|不妊と漢方薬 | ダイエット|漢方薬 | チャイナビュー | チョコレート嚢胞|不妊治療と漢方薬 | ツイッター | ディスプレー症候群|漢方薬 | ドライアイ|漢方薬 | ドライマウス、口腔乾燥症|漢方薬 | ニュースレターより | ハテナ | ビタエックス(プラセンタ) | フレイルの漢方対策 | ヘパーデン結節|漢方薬 | ベビ待ち保育士さん、幼稚園教諭さん|漢方薬 | ベビ待ち小学校教員さん|不妊と漢方薬 | ベビ待ち歯科衛生士さん|不妊と漢方薬 | ベビ待ち看護師さん|不妊と漢方薬 | ベビ待ち美容師さん|不妊と漢方薬 | メニエール病|漢方薬 | メールマガジン | モンテディオ山形 | ヤフー知恵袋の漢方の回答より | リウマチ性多発筋痛症|漢方薬 | リウマチ|漢方薬 | ロコモティブシンドローム|漢方薬 | 下痢、軟便|漢方薬 | 下肢静脈瘤|漢方薬 | 不妊カウンセラーに向けて | 不妊カウンセラー・体外受精コーディネーター養成講座 | 不妊治療の基礎知識…現状と問題点 | 不妊漢方治療の応用 | 不妊症の基本検査について | 不妊症の年代別漢方相談 | 不妊症テレビお茶の間講座 「子宮内膜症」 | 不妊症専門講座・PCOS 「多嚢胞性卵巣症候群」 | 不定愁訴|漢方薬 | 不正出血|不妊と漢方薬 | 不眠|漢方薬 | 不育、流産後|不妊治療と漢方薬 | 中医五官病 | 中医痺証専門講座「南通研修」への道 | 乳がんの疫学と薬物療法 | 乳腺炎、断乳、母乳|漢方薬 | 人工授精で妊娠出産|不妊と漢方薬 | 今週の漢方相談会 2008年 | 今週の漢方相談会 2009年 | 今週の漢方相談会 2010~ | 今週の漢方相談会 2013~ | 今週の漢方相談会2017 | 体外受精で妊娠出産|不妊と漢方薬 | 何先生や中医師の先生から漢方のこと聞いたこと | 便秘|漢方薬 | 免疫性不妊|漢方薬 | 全身性エリテマトーデス(SLE)|漢方薬 | 円錐角膜|漢方薬 | 冷え性|漢方薬 | 加齢性黄斑変性症|漢方薬 | 勉強会(2004~2008) | 勉強会(2009) | 勉強会(2010) | 勉強会(2011) | 勉強会(2012~) | 動悸|漢方薬 | 卵巣予備能~全周期活血化淤 | 卵巣嚢腫|不妊と漢方薬 | 卵巣機能不全、卵巣機能低下|不妊と漢方薬 | 卵管性不妊|不妊と漢方薬 | 卵管水腫|不妊と漢方薬 | 卵管閉塞|不妊と漢方薬 | 卵胞発育不全|不妊と漢方薬 | 受精障害|不妊と漢方薬 | 口内炎|漢方薬 | 呑気症(空気嚥下症)|漢方薬 | 味覚障害|漢方薬 | 咳、ぜんそく、慢性気管支炎|漢方薬 | 咽喉頭異常感症、難治性咽頭潰瘍|漢方薬 | 嗅覚障害|漢方薬 | 土屋幸太郎・漢方講演会 | 土屋幸太郎結婚式 | 土屋薬局からのお知らせ | 土屋薬局のの口コミ、評判 | 坐骨神経痛|漢方薬 | 坑精子坑体|不妊と漢方薬 | 基礎体温が低め|不妊と漢方薬 | 基礎体温が高め|不妊と漢方薬 | 基礎体温ガタガタ|不妊と漢方薬 | 基礎体温表|不妊と漢方薬 | 多汗症|漢方 | 夜中目が覚める|漢方薬 | 夢と不眠|漢方 | 女性のための漢方レッスン | 女性不妊症的中医治療 | 妊娠中と産後の体調不良|漢方薬 | 妊活・妊娠力アップ|漢方薬 | 子宮内膜が薄い|不妊と漢方薬 | 子宮内膜ポリープ、子宮内膜増殖症|漢方薬 | 子宮内膜症|不妊治療と漢方薬 | 子宮外妊娠後|不妊と漢方薬 | 子宮筋腫|不妊治療と漢方薬 | 子宮腺筋症|不妊治療と漢方薬 | 子宮頸がん|漢方薬 | 子宮頸管無力症|不妊と漢方薬 | 季節の養生法 | 学校保健委員会 | 小児チック|漢方薬 | 小児漢方 | 小太郎製薬 | 帯状疱疹後神経痛、後遺症|漢方薬 | 後鼻漏・蓄膿症|漢方薬 | 心と体 | 感音性難聴・耳鳴り、難聴|漢方薬 | 慢性副鼻腔炎(蓄膿症)|漢方薬 | 慢性咽頭炎|漢方薬 | 我が家の庭 | 我が家の庭 2008 | 我が家の庭 2009 | 我が家の庭 2010~ | 手根管症候群、腱鞘炎、ばね指|漢方薬 | 抗リン脂質抗体|不妊と漢方薬 | 抗核抗体|不妊治療と漢方薬 | 掌蹠膿疱症|漢方薬 | 排卵痛、排卵期|不妊と漢方薬 | 排卵障害|不妊と漢方薬 | 日中線記念館 | 更年期障害|漢方薬 | 月経の経血量が減少|不妊治療と漢方薬 | 月経不妊周期療法|不妊と漢方薬 | 月経不順・生理不順|不妊と漢方薬 | 月経周期が短い|不妊と漢方薬 | 月経周期が遅れる、長い|不妊と漢方薬 | 未成熟卵|不妊症と漢方 | 椎間板ヘルニア|漢方薬 | 武漢へ | 死産後|漢方薬 | 母乳|漢方薬 | 泣きたくなる | 活血化淤の応用 | 浮腫み|漢方 | 温活GO | 漢方周期療法…南京・夏桂成先生の講義より | 漢方薬の安全性について | 漢方薬局で相談を受ける婦人病について | 無排卵・無月経/不妊と漢方薬 | 無月経・無排卵・中医不妊症テレビお茶の間講座 | 生殖医療に関わる疑問に答える | 生殖補助医療の有用性と限界 | 生理痛、月経困難症|漢方薬 | 甲状腺機能亢進症|不妊と漢方薬 | 甲状腺|不妊治療と漢方薬 | 男女の更年期と神経症|漢方薬 | 男性不妊|不妊治療と漢方薬 | 痔|漢方薬 | 痛み、しびれ|漢方薬 | 痰湿|漢方 | 眼精疲労|漢方薬 | 着床障害|不妊治療と漢方薬 | 神経障害性疼痛|漢方薬 | 空胞|不妊治療と漢方薬 | 糖尿病|漢方薬 | 経血量少ない|不妊と漢方薬 | 綿花観察日記 | 緑内障|漢方薬 | 繊維筋痛症|漢方薬 | 老人性膣炎・萎縮性膣炎|漢方薬 | 耳管開放症|漢方薬 | 耳鳴り、突発性難聴|漢方薬 | 聴覚過敏|漢方薬 | 肘痛|漢方薬 | 股関節痛|漢方薬 | 肩こり|漢方薬 | 肩甲骨の痛み|漢方薬 | 肩痛、五十肩|漢方薬 | 胃酸過多、機能性胃腸症(NUD)|漢方薬 | 背中のほてり|漢方薬 | 背中の痛み|漢方薬 | 胚盤胞|不妊治療と漢方薬 | 脂漏性皮膚炎|漢方薬 | 脈拍|漢方 | 脊柱管狭窄症|漢方薬 | 脱毛、抜け毛、薄毛の漢方薬 | 脳卒中|漢方薬 | 脳疲労症候群、脳過敏症候群|漢方 | 腰椎すべり症|漢方薬 | 腰痛|漢方薬 | 膀胱炎|漢方薬 | 膝痛|漢方薬 | 膿精液症|男性不妊の漢方薬 | 花粉症|漢方薬 | 若木山、石崎山や東根の景色 | 若木山、石崎山や東根の風景2008 | 若木山、石崎山や東根の風景2009 | 若木山、石崎山や東根の風景2010~ | 蕁麻疹、湿疹/漢方薬 | 薄い子宮内膜に漢方薬が有効である可能性がある | 薬膳 | 血の道症|漢方薬 | 血管力をつければ病気は治る | 補腎の話 | 西洋医学的にみた不妊症漢方概論 | 足底筋膜炎|漢方薬 | 逆流性食道炎|漢方薬 | 過去のバックナンバーより | 過敏性腸症候群|漢方薬 | 過活動膀胱、頻尿|漢方薬 | 遺残卵胞|不妊治療と漢方薬 | 酒さ|漢方薬 | 頭痛|漢方薬 | 頸椎症、首のこり|漢方薬 | 頻尿|漢方薬 | 顔面神経麻痺、手のふるえ|漢方薬 | 顕微授精(ICIS)|不妊と漢方薬 | 風邪|漢方薬 | 食欲不振、胃痛|漢方薬 | 高プロラクチン血症|不妊と漢方薬 | 高血圧|漢方薬 | 高齢不妊症、卵巣機能低下における中国漢方の考え方 | 高齢不妊|不妊治療と漢方薬 | 鷺草、朱鷺草観察日記 | 黄体機能不全|不妊と漢方薬 | 黄疸|漢方薬 | 100歳まで元気に生きる! | 2人目不妊、第二子不妊|漢方薬 | 2004年妊娠出産おめでとうございます! | 2005年妊娠出産おめでとうございます! | 2006年妊娠出産おめでとうございます! | 2007(1月~6月)妊娠出産おめでとうございます! | 2007(7月~12月)妊娠出産おめでとうございます! | 2008年妊娠出産おめでとうございます! | 2009年妊娠出産おめでとうございます! | 2009(7月~12月)妊娠出産おめでとうございます! | 2010(1月~6月)妊娠出産おめでとうございます! | 2010(7月~12月)妊娠出産おめでとうございます! | 2011年妊娠出産おめでとうございます! | 2012年妊娠出産おめでとうございます! | 2013年妊娠出産おめでとうございます! | 2014年妊娠出産おめでとうございます! | 2015年妊娠出産おめでとうございます! | 2016年妊娠出産おめでとうございます! | 2017年妊娠出産おめでとうございます! | AMH|不妊治療と漢方薬 | COPD 慢性閉塞肺疾患|漢方薬 | FSHが低い方|不妊治療と漢方薬 | FSHが高い|不妊治療と漢方薬 | POF・早発閉経|不妊治療と漢方薬