カテゴリー「POF・早発閉経|不妊治療と漢方薬」の記事

2017.07.15

卵巣機能低下、卵巣機能不全、早発閉経のFSH高いとのきの子宝漢方相談








こんにちは!

薬剤師、不妊カウンセラーの土屋幸太郎です。


7月15日土曜日の漢方相談会、漢方相談が早く終わったので(また予約が入っていますが)、この時間を利用してココログを更新。


過去の自分の記事から引用させて頂きますが、いろいろと参考になる文章で自分自身、今後の漢方相談、とくに早発閉経や卵巣機能低下、卵巣機能不全のお客さまへの対応法を改めて再確認、再認識したところです。



2010.01.12
FSH103。卵巣機能低下(不全)でFSH44から不妊子宝漢方で胚盤胞。妊娠出産!

おはようございます。

薬剤師、不妊カウンセラーの土屋幸太郎です。

成人式は、スカイブルーの晴れでお祝いをした翌日は曇りの山形です。

さて、今回のメールマガジンより転載させて頂きます。

 // ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
●●  1.巻頭コラム 「お客様と当店の「虹の架け橋」」
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


Sさまより掲載許可を頂きまして、コラムを作成させて頂きます。

○2008年5月20日


Sさま 35歳  

卵巣機能が悪い、卵巣機能不全、卵巣機能低下です。

FSHがひどいとき103です。

今はカウフマンで一時的に28まで下がりました。

3~4年前からFSHが高くなっています。

思い当たるとしたらストレスが多かったです。


レディースクリニックに通院しています。


3月19日~4月2日 プラノバール

4月8日~4月17日 プレマリン

4月17日~4月28日 プラノバール

5月6日~14日 セロフェン


冷え性です。

片頭痛、肩こり、首が凝る。


初潮12歳 月経期間平均で23~33日

長い周期 65日

月経期間 5~7日

生理不順です。

生理痛はありません。


2005年3月 子宮筋腫核手術


2007年2月~8月 漢方薬服用 当帰芍薬散

2007年9月 10月       温経湯
2007年11月~12月      当帰芍薬散
2008年1月~3月中旬     当帰芍薬散+加味 遥散
2008年3月中旬~5月     当帰芍薬散


このHPを拝見しましてFSHが高い方が改善が見られたとのことで
私もFSHの数値が少しでも下がってくれれば卵巣機能が改善し、
いい卵ができたらと思いまして土屋薬局さんに是非お願いできたら嬉しいです。

現在飲んでいる当帰芍薬散を飲んでも卵巣機能改善があまり見られないため、
漢方薬を思い切って変えてみたらどうかと思いまして
どうか助けて下さい。宜しくお願いいたします。


2005年3月 子宮筋腫核手術

2005年8月 FSH20・29 LH 9.12 E2 47

2006年6月 FSH 51 LH 10・11 E2 60

プラノバール後 

2006年7月 FSH 8・45 LH 24・82 E2 65

2006年9月 プラノバール後

2006年10月 FS 11・52 LH3・91 E2 34・56


2007年7月 FS 22・58 LH 4・56 E2 37・99


2007年 9月 体外受精 採卵(右側 変性卵) 1個

10月 体外受精 採卵(右側 未熟卵1個、小さくて駄目に1個)

11月 体外受精 採卵(左側 成熟卵1個→移植 グレード2)


2007年12月 FSH103

プレマリン+デュファストン服用


2008年1月 FSH17

残留卵胞(遺残卵胞)あり


プラノバール後 

2008年 1月下旬 FSH 45  E2 69

2008年 2月 FSH 64 E2 51

3月19日~4月2日 プラノバール

4月8日~4月17日 プレマリン

4月17日~4月28日 プラノバール


2008年5月6日 FSH 28 E2 67

5月16日 体外受精 採卵(右側 成熟卵1個)→多精子受精


との漢方相談でした。


当店からは、養血調経、補腎益精、丹参製剤、活血製剤、補気健脾と
5種類の漢方をお勧めしました。


その後、ストレス軽減や不眠気味、夢が多いなどの体質改善に、
その時々で漢方を変更していきました。



2008年10月18日


土屋先生
こんにちは
いつもお世話になっておりますm(__)m

本日レディスクリニックへ行ってきまして
E2 344 と順調に伸びていまして 卵胞の大きさは
右側 一つ 15,5ミリ
左側 一つ 小さな卵胞があり
右側の卵胞 明後日の午前中に採卵することになりました。
ちなみに今日が周期14日目で採卵日の日が周期16日目となります。
漢方薬を飲んでいるおかげで毎回卵胞が育ち排卵しています。
土屋薬局さんの漢方を飲む前は無排卵という月が多かっただけに漢方薬が効いているようです。
今回は体外受精周期なので目に見えて卵胞を確認できますが
一様一つでも大きく育っているようでまずは安心いたしました。



2008年10月27日


初めて胚盤胞まで行きました。

凍結できました。

夢見ていたことでしたので、とても嬉しいです。

漢方を服用していたら排卵できるようになったと
嬉しい言葉を頂戴いたしました。


2008年11月10日

FSH15 E250

今周期に移植することになりました。

来週の20日には戻す予定です。


胚盤胞Aランク  グレード3 妊娠率70%


子宮内膜を厚くして、妊娠率を上げる漢方を紹介しました。


安胎法


2008年11月19日

受精卵を戻す準備をしています。

10日目で卵胞5ミリで発育が遅いので経過観察をしています。

スプレキュアを使って排卵させて、凍結融解胚を戻していきます。


2008年11月25日

明後日、戻す予定です。

P4が2・8なので、黄体ホルモン製剤を膣剤で入れています。


安胎法



2008年11月27日


P4が13だった。

移植後はデュファストンと膣剤を入れています。

121時間で胚盤胞になりました。

子宮内膜が8ミリ、P413。胚はAランクでした。

12月4日判定日でした。


2008年12月4日 

陽性反応!

HCG103→HCG100超えれば大丈夫。


今回は、FSH44だったが胚盤胞までいった。

漢方飲んでからメキメキ良かったです。


2008年12月14日

昨日、胎嚢が確認できました。

5.7ミリで正常な大きさでした。

漢方を服用してから調子がすごく良かった。

主人も喜んでいます。

漢方を服用していると安心です。


2008年12月28日


先生本当に本当にありがとうございましたm(__)m
ここまで 来れたのも土屋薬局の漢方薬と土屋先生の的確な薬剤師さんとしての
アドバイスによってここまで来ることが出来ましたm(__)m
本当に本当にあの時 土屋先生に出会えて良かったです。
漢方薬の効き目ってすごいですね!!
土屋薬局さんの漢方薬を飲んでからメキメキと変わって行ったような気がします。
まだまだ不安な毎日が続きますが 今後ともご指導のほど宜しくお願いしますm(__)m
先生~入院中の時は漢方薬飲んでないのですが 退院してまた復活すれば大丈夫ですよね~?
また来年も宜しくお願いしますm(__)m
先生にとって 来年も良い年でありますように・・・良いお年を・・・\^o^/

2009年7月29日


こんばんは〓夜分遅くにすみません〓
お返事が かなり遅くなりまして申し訳ありません〓〓

お祝いメール〓とお祝いのアルバムを有り難うございました〓
とっても嬉しかったです〓〓
早速 退院しましたらアルバムに赤ちゃん〓の写真を飾りたいと思います〓

毎日 物凄く時間に追われる忙しさで 寝れずに悪戦苦闘しています〓〓〓
毎日母乳をあげているのですが赤ちゃん〓がすぐに寝てしまう為飲みが
1時間から2時間の授乳時間を一回につき取られ母乳は消化が早いものですから
1時間たつともう お腹空いて 授乳やおむつかえや搾乳など入れると ほとんど寝てなく
睡眠が少しでも時間があると30分でも横になってます〓

そんな毎日ですが赤ちゃん〓が横にいるだけで 有り難く 嬉しく
夢のような毎日を過ごしています〓〓〓

赤ちゃん〓の顔をみるたび 私達のもとに生まれて来てくれてありがとう
〓という気持ちでいっぱいです〓
こんな幸せの毎日を送れるのは 土屋薬局さまのおかげです〓〓
初診で FSHが 103もあるのに 土屋先生は 漢方の力で大丈夫 一緒に頑張りましょう
良くなりますからねと声をかけて頂き先生の漢方調合アドレスの結果
・半年間いろいろな種類の漢方を飲んで 見事 半年後妊娠し 今こうして我が子を抱けています〓
本当にありがとうございました〓〓
赤ちゃん〓の髪の毛もフサフサで毛の量も多いです〓

ココログの件 大丈夫ですよ〓皆さんの少しでもお役に立つなら嬉しいです〓〓
赤ちゃん〓の写真また送りますね〓



ちなみに先日に仙台市での南東北中医薬研究会で講師の先生に、この私の過去の漢方体験を述べたら「奇跡ね」とのことでした。


「奇跡」に終わらずに「助けてください」という真摯なお客さまには、きちんと向き合って真剣に漢方相談、今後ともしていきたいです。

若木山からの神町の眺め

<2017年7月13日> 若木山からの神町の眺め


月山、葉山は雲隠れ

月山、葉山は雲隠れ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017.07.10

栃木県中医薬研究会で漢方講演会にお呼ばれしました。

おはようございます。

薬剤師、不妊カウンセラーの土屋幸太郎です。


昨日の7月9日、栃木中医薬研究会の薬剤師の先生方にお呼ばれしまして、漢方講演会をしてきました。

実に4年ぶりの漢方講演会でいろいろと感慨深いものがありました。

このような機会を頂きまして、ありがとうございました。


土屋幸太郎の講演

<2017年7月9日 宇都宮市 二荒山会館にて>


タイトルテーマは「南通痺証研修と朱良春先生。独歩顆粒と私の漢方相談法」でした。


ここの場面では麻黄附子細辛湯(まおうぶしさいしんとう)についての漢方的な解説をしている場面です。


麻黄=太陽膀胱経

附子=少陰腎経

細辛=少陰腎経の深く潜んだ風寒湿の邪気を太陽膀胱経の表面までえい!と押し出します。


土屋幸太郎の講演


最後のほうの講演です。


早発閉経、POFや難治性不妊症、体外受精の複数回の失敗のときなど基礎体温表が高温期は37℃を越え、低温期は36・5℃を越えます。

以前に東京のイスクラ産業本社7階で中医不妊症お茶の間講座の会がスタートして間もなくだったときに、まだそのときは全国の会員は20数名でした。


各地の有力な漢方薬局の先生方が持ち寄った基礎体温表、10数例、すべてが基礎体温が高めでした。


強烈な印象として忘れられません。


そのときの体験もお話しながら、ふだんは中医不妊症でもあまり語られていない基礎体温表の下げ方、


君火

肝火

相火


この「心肝腎」の火を落とす方法も説明させて頂きました。


出し惜しみすることなく、フルに私の今までの経験、理論、体験をお話しました。


漢方講演

<薬剤師、不妊カウンセラー、国際中医医師A級の土屋幸太郎の漢方講演>


お呼び下さった栃木県中医薬研究会の薬剤師の先生方、どうもありがとうございました。


<番外編>

ホテル朝食会場で

ホテル朝食会場で


ココ・ファーム・ワイナリーにて


ココ・ファーム・ワイナリーにて

<ココ・ファーム・ワイナリーにて>


前日、7月8日。

およそ7~8年ぶりに足利のココ・ファーム・ワイナリーに行けました。

妻を連れて行きたかったので念願叶いました。

「魂のブドウ畑」を背景にして


薬剤師、不妊カウンセラー、国際中医師 土屋幸太郎

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017.06.22

卵巣機能低下、早発閉経の不妊への漢方対応

2017年6月6日に中医不妊症お茶の間講座 不妊IP講座 薔薇組を受講しました。

定期的に薬局の勤務が終わった午後8時から午後10時まで中医薬研究会の有志の先生方と中医不妊症を学び、中医学講師の先生たちをテューターとして基礎から応用まで学んでいます。


わたし土屋幸太郎が勉強した内容を記録していきます。


症例1


「30代女性 検査値がFSHが100を越える。

E2 25以下、AMH0・1未満

低用量ピル使用歴3年 無月経歴3年

精神安定剤を服用しています。」


「ダイエットをして体重がものすごく痩せたことがある。

冷え性、イライラ、不眠不安。

食事が少ない。

眠りが浅く、夢が多い。

プレマリンなどで生理を起こしています」


中医学講師の劉先生より


FSHは8以下が正常。

100を超えると閉経女性の数字。

E2が25以下なので、まだ可能性があるかも?

FSHが下がる可能性があるかも?


過去の喫煙歴はPOF(早発閉経)の原因になる。

喫煙歴の長さ、1日の本数


精神安定剤はプロラクチンが上昇しやすい


POF(早発閉経)の中医学的な漢方対応


補腎活血(ほじんかっけつ)+疏肝解欝(そかんげうつ)


補腎活血が基本になる。


疏肝解欝は、疏肝解欝健脾として。


ストレスが卵巣機能低下につながる。

自己免疫のような卵巣を攻撃するかも。

1つの仮説。


POF(早発閉経)とは  1)FSHの上昇 2)生理不順  43歳以下


FSHを下げるのは困難、FSHが上がることを遅延させること

FSHが10,20くらいの人は上がらないようにしていく。


山東省の先日も講演いただいた先生は 「2017.04.28 高齢不妊症、卵巣機能低下における中国漢方の考え方(2)」FSHは1回計測すれば何度も測ることはないそうです。

FSHを何回も測ると

1)ストレス

2)測ってもあまり意味がない


FSHが60でも90でも差はない。


FSHが高い卵巣機能低下、卵巣機能不全、早発閉経の場合の漢方対応は


補腎・活血  疏肝・健脾


とくに基礎体温表が不安定な場合には疏肝健脾も


消化吸収を良くしていく


ポイントは


1)時間がかかる→若い年齢の早発閉経、卵巣機能低下の場合にはひょっとしたら変化するかも

3ヶ月を1クール。

変化がなかったら早発閉経、卵巣機能低下の漢方処方を考える。


2)漢方処方を状況により調整すること

3)おりものの観察(来店されてからおりもの、のびおりが増えたかどうかチェック)

4)土壌、種、肥料、環境


土壌は活血する、種はいいものを選別する、肥料は補腎活血で。


山東省の不妊症の先生のところでは、FSH178で自然妊娠した方がいる。


何例もそのような症例を持っている。


POF(早発閉経) 種が減っていく、種(卵子)が劣化していく。

いいものが少なくなっていく。


基礎体温表はかなり不安定


POF(早発閉経)の患者さん2つのタイプ


1)ガタガタ不安定

2)安定している


このうち1)のほうが変化しやすい

補腎活血でおりものが増えて↑ 卵がでてくるかも


POF(早発閉経)で基礎体温表が安定している場合はなかなか変わらない。


POF(早発閉経)でも同じ漢方処方はない。

処方を変更していく。


1人1人体質が違う。

体に合う漢方を選ぶ。

効果がないときには再度、漢方薬の処方をかえる。


活血は今回の処方の破血薬よりも丹参製剤の漢方薬がいいでしょうね。

妊娠維持にも丹参製剤がよい。


丹参は 1)血流改善作用 2)子宮内膜改善作用に優れている。


基礎体温表が高かったら水蛭製剤もよい。


おりものの観察が大事→あったら必ず病院にいって超音波でみてもらう。


おりものはE2が増えてきている。

(E2は卵胞の顆粒膜細胞からでる)


おりものが増えた場合には卵胞は13ミリ以上はあると思う。


補腎陰 三分のニ  +  補腎陽  三分の一


動かす(おりもの増えたら)


五子衍宗丸を基本とした種、卵子、精子によい漢方薬もよい。


種(精子、卵子)には補腎精


満州の秘宝のハシマとか紫色のソフトカプセルとか。


おりものが増えたらクコの実と菊の花が配合された漢方薬を増やしたり


亀ちゃん漢方を増やしたり


月山の夕焼け

<2017年6月20日 月山の夕焼け>

月山の夕焼け

ご覧ください。

月山の向こう側の日本海側へお日様が沈んでいきます。

今日という1日にさようならを。

みなさま、どうぞ明日もよい1日で!

お疲れ様でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017.05.15

赤ちゃんが欲しい。妊娠しやすい体づくりを応援 漢方薬局へ行ってみよう!

こんにちは。

薬剤師、不妊カウンセラーの土屋幸太郎です。

今日は2017年5月15日月曜日です。


先週に「赤ちゃんが欲しい2017 夏号 SUMMER」「あなたの妊活応援マガジン 夏の妊活が進む うまくいく」「年末までに絶対授かる大作戦!」が届きました。


妊娠しやすい体づくりを応援 漢方薬局へ行ってみよう!


スペシャル座談会ではとても良いことが書かれていました。

私と高円寺で一緒に中医学を学んだ東西薬局の猪越英明先生 「兄貴」と生殖医療専門の産婦人科の先生2人の合計3人での会話がありました。

「兄貴」は血はつながっていませんが、一緒に勉強したときから「兄貴」でして、私は年齢からいっても「弟分」に相当します。


一緒に勉強して中国にも行って、三鷹市北野でテニスをして吉祥寺や日本橋で食べたり、飲んだりとそういう仲間の先生です。

ほぼ毎日、一緒に夕飯を高円寺で食べに行っていました。(「兄貴」は毎晩、晩酌をするのでいつもビールをコップ一杯ご馳走になっていました。)


イスクラ高円寺中医学塾第六期生の同期です。


「兄貴」 「土屋やん」の仲です。

だから私は東西薬局の猪越先生親子とはある意味、ファミリーです。


さて、少し本をご紹介しますと


「赤ちゃんが欲しい2017

元モーニング娘の保田圭さんの美人な表紙が目立ちます。


最先端治療の西洋医学、全身をととのえる東洋医学


幸町IVFクリニック 雀部先生


「婦人科でのホルモン治療などは方法が確率されていて、どこでもだいたい同じ治療が受けられます。

しかし、それでは太刀打ちできないケースもあります。

そういう場合には、体全体を健康にして体質を改善する漢方のアプローチは有効だと思います。

漢方は西洋医学では届かない部分をカバーする力強い存在です。」


<体の状態がいいといい卵ができる!>

猪越先生


「妊活中は、とにかく『妊娠すること』ばかりに目が向きがちですが、まず全身の体調が良くなった先に『妊娠しやすい体』があります。」


雀部先生


「体の状態がいいと『いい卵』ができるので、体づくりは大事なことです。

体外受精でたくさんの卵をみていますが、健康状態がベストな患者さんの卵は、その形状はもちろん、受精や分割の状況もよく、「卵は正直だな」と感じています。」

…そのほか、先生方の座談会は産婦人科の先生方が


「受精しても分割が進まなかった患者さんがちゃんと卵が成長するように成るなど漢方薬での卵の状態がよくなることを実感しています。」


「男性の性欲減退にも漢方薬の力を期待!」


<妊活のために大事なことは>


「『体外受精をするからなんとかしてもらおう』という他力本願の考えではなく、『体外受精をするからこそ体の状態をよくしておく』ことが重要。治療効果を上げるためにも大切なことです」(杉山産婦人科中川先生)


などと素晴らしい記事だったのでこの場で紹介させて頂きました。

「赤ちゃんがほしい」さん。引用させて頂きました。ありがとうございます。


ベビ待ちさんの中医学入門


ベビ待ちさんの中医学入門 なかなか赤ちゃんを授からないと悩んでいる方、中医学による周期調節法(周期療法)や漢方を使って、不妊、体調不良の改善を目指しませんか。


「なかなか赤ちゃんが来なくて、もう、どうしていいのかわからない」


「私の友達でね、ずーっと不妊治療をしている人がいて、漢方薬局で相談しながら体外受精をしたら妊娠したんだって!」


「えー!! 何の漢方飲んだなの?」


「実は漢方って体質が大切なんだって。体質によって選ぶ漢方が違うそう」


「どこで相談やっているのかなあ」


「パンダマークの薬局で『周期調節法(周期療法)』による漢方相談したそうよ。」


「ちゃんと自分に合った漢方を選んで、不妊の知識も豊富で養生もアドバイスしてくれて、相談しているうちに、悩みも解消したそうよ。

今までいろいろ試して効かなかったからどうしようかな~と思ったけど、今回はよかったと言ってたよ」


「私も相談してみようかな」


ベビ待ちさんの中医学入門

土屋薬局の広告

土屋薬局も協賛させて頂いています。


薬剤師、不妊カウンセラーの親切な相談 土屋薬局



頭痛、肩こり。痛み、しびれの中医痺証。

「目、耳、鼻、口、のど」 目の痛み、眼精疲労、ドライアイ、耳鳴り、突発性難聴、後鼻漏や花粉症、のどなどの中医五官病の漢方相談。

不妊症の子宝相談。(本場仕込みの本格的な漢方相談)


ほかどのようなジャンルの漢方相談もお受けしています。

漢方相談会、独身の方が結婚前に生理不順の真剣な婦人病の漢方相談をお寄せ下さったり、不妊で悩む人生の岐路に立っているような真剣なカップルでのご来店が土屋薬局には増えてきています。


元気のでる漢方相談を真摯に心掛けています。


龍に赤ちゃんが載っている画像、子宝に恵まれた


お電話やメールで漢方相談のご予約お願いします。
平日の漢方相談大歓迎です。一人一人に時間をじっくり割いて相談しています。
遠方のかたは、電話やメールでご相談をお寄せください。こちらから。


<今週の漢方相談会のご案内 2017年5月15日>


5月17日水曜日は薬剤師、不妊カウンセラーの土屋幸太郎は公休させて頂きます。

5月15,16,18~20日(月火木金土)と勤務しています。

5月21日(日)は土屋薬局営業しています。

父のベテラン薬剤師 土屋信一が漢方相談に応じています。


お気をつけてご来店ください。

道が分からない、バスや電車の公共乗り物での来店のかたはスタッフまでお問い合わせください。


遠方の方でも最初はきちんと来店して頂ければあとは責任持ってお電話やメールで必ずアフターフォロー、アフターケアばっちりしていますので初回は来店での漢方相談もご検討してみてくださいね。


中国漢方の痺証と中国漢方婦人科に詳しい薬剤師 土屋幸太郎 国際中医師)、不妊カウンセラー(NPO法人不妊カウンセリング学会認定)による親切な相談。じっくり話を聞いて一人一人の体質や年齢、症状に応じて相談しています。どうぞお気軽にお声をかけて下さい。

土屋幸太郎のプロフィールはこちらです。


速報! 2017年5月1日

イスクラ中医不妊症専門講座エキスパートコース修了証書を頂戴しました!

イスクラ中医不妊症専門講座エキスパートコース修了証書

イスクラ中医不妊症専門講座エキスパートコース修了証書

株 土屋薬局 土屋幸太郎殿

あなたはイスクラ中医不妊症専門講座エキスパートコースにおいて 10年以上の研究過程を修了されました。

ここに中医不妊症エキスパートとしての十分な知識を習得されたことを証します。


漢方メーカー、イスクラ産業さんからの中医不妊症の子宝相談の「お墨付き」です。


どうぞ安心してご相談してください。

今後とも中医学の自由でそして日本漢方にはない豊富な種類の補腎薬をお客さまたちにご紹介して、若返りと妊娠、出産のために店頭で漢方相談していきたいです。


日本不妊カウンセリング学会認定 不妊カウンセラー認定更新証

日本不妊カウンセリング学会認定 不妊カウンセラー認定更新証

中国政府による認定の国際中医師の賞状

中国政府による認定の国際中医師の賞状です。

漢方相談のレベルが本場の中医師と同程度という証明です。


「中医学」漢方に普及に尽力 東根・土屋薬局 大使館から表彰の山新の記事

山形新聞で紹介された土屋薬局の記事、中国大使館から表彰を受けました。

「中医学」普及に尽力 東根・土屋薬局 大使館から表彰の山新の記事


土屋薬局 漢方相談 「龍に子供が載っている画像」子宝に恵まれました


土屋薬局店内 漢方勉強会

<2015年7月30日 土屋薬局店内 漢方勉強会>


不妊症で悩んでいた漢方相談のお客さまからの妊娠、出産のお礼のお手紙と赤ちゃんの写真


壁面には不妊症で悩んでいたお客さまが土屋薬局の子宝の漢方相談でめでたく妊娠、出産されたお礼にと寄贈された赤ちゃんの写真やお手紙がいっぱい。

明るい活気と希望に満ちた漢方相談薬局です。


ご主人さま、ご実家のお母様と赤ちゃんと家族4人でのご来店でした。

こちらのコラムもぜひご覧になってください。


山形県東根市神町の土屋薬局の外観

こちらも2015年7月30日現在の土屋薬局の外観です。

連日の猛暑、旧国道13号線沿いに当店がございます。

地理的には村山市、河北町、天童市、寒河江市、山形市、仙台市から来店しやすいです。



I薬剤師 土屋幸太郎の漢方相談の風景 title=

<2013年11月4日 郡山市ビッグパレット 薬剤師 土屋幸太郎の漢方相談の風景>

薬剤師 土屋幸太郎の漢方相談の風景

土屋薬局 中国漢方通信/漢方専門の薬剤師、不妊カウンセラーが相談します。

漢方体験ドットコム…土屋薬局のお客様体験談です。ぜひご覧になってください。

中国の子授け観音様の送子観音菩薩

<2015/09/30 送子観音菩薩像を漢方コーナーに移動しました。オーラがでています>

中国の民間の信仰では、送子観音菩薩は日本でいう「子授け観音」として大変に有名です。

中国で漢方の不妊治療の名医、老中医は「あの漢方の先生はまさに漢方の送子観音菩薩様です」とも言われたりしています。

当店も私も多くの人を苦しみから救う送子観音菩薩様のエピソードにあやかりながら、お客様たちと喜び、悲しみを共有していきたいです。


子宝の神様、送子観音菩薩と中国の泥人形


漢方のご相談方法は、漢方相談表、またはファックス電話で受け付けています。
お問い合わせは、送信フォームもございます。
詳しい漢方相談の方法はこちらからで説明しています。


所在地 山形県東根市神町中央1-10-7
Google mapによる所在地

営業時間 第二、第四日曜日お休みです。

平日 午前9時~午後7時  土祭日 午前9時~午後6時

メールアドレス JDY00247@nifty.com

電話 0237-47-0033 漢方電話相談室 0237-48-2550 Fax 0237-49-1651


仙台方面からのご来店の場合には、お車でのご来店、または仙台駅前の旧仙台ホテル跡の複合商業施設のEDEN前のバス停から「山形新庄行き」48ライナーの山形交通のバスをお勧めしています。さくらんぼ東根駅下車です。1時間に1本あります。約1時間15分です。

さくらんぼ東根駅に到着されましたら、当店のスタッフがお迎えにまいりますので、お気軽に前もってご予約のうえご来店頂けたらと思います。


2016.09.14 「追記です。仙台から、もし「来店を希望されるお客様」へ

2016.09.23 こちらも追記です。 「土屋薬局での漢方相談のご予約のお問い合わせにつきまして

2017.02.27 さらに追記です。時間に余裕があるかたはクロワッサンプラスでの体質チェックしています。より漢方薬の選び方など適切にやっていけます。「クロワッサンプラス中医学読本で体質チェック好評です!今週の漢方相談会のお知らせ2017年2月27日


山形県県内、朝日町 飯豊町 大石田町 大江町 大蔵村 小国町 尾花沢市、金山町、上山市 河北町、川西町、寒河江市 酒田市 鮭川村 庄内町 白鷹町 新庄市、高畠町 鶴岡市 天童市 戸沢村 長井市 中山町 南陽市 西川町 東根市 舟形町 真室川町 三川町 村山市 最上町 山形市 山辺町 遊佐町 米沢市。

お隣の新潟県、福島県、秋田県、宮城県、仙台市などにお住いでご来店できる方はぜひ山形県東根市の土屋薬局まで漢方相談をお寄せくださいね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017.05.09

創業祭のご案内と東京での中医不妊症研修について!

5月のニュースレター 創業祭のご案内と東京での中医不妊症研修について!


こんにちは!

薬剤師、不妊カウンセラーの土屋幸太郎です。


今月号は土屋薬局創業78周年 「創業祭」特集号です。


私は土屋薬局 三代目、創業100周年をぜひ盛大にお祝いできるように、末永く地域に根差した薬局業を続けていきたいです。

これもひとえに皆様のご支援の賜物と心より感謝しております。


スタッフ一同これからもひとりひとりのお客さまとの会話を大事にしながら笑顔があふれる気軽に会話できる医療機関を目指したいです。

何かお気づきのこと、至らないことなどございましたら、改善していきたいですので遠慮なくご指摘ください。

さて、先日4月16日、17日の日月を利用して東京で中医不妊症お茶の間講座グループミーティングに参加してきました。

テーマは全国各地の漢方薬局の先生方の店頭実践の「高齢不妊症、卵巣機能低下における中国漢方の考え方」でした。

高齢化社会で100歳まで生きる時代になりましたが、女性のからだ、男性のからだも含めて生殖には「年齢の壁」があります。

晩婚化や女性の社会進出、キャリア優先などにより妊活が遅れるケースがあります。


高齢不妊症での症例は全員が40代でした。


ある薬局の資料によりますと過去3年間に40歳以上で来店されたのは約285名。


しかしながら挙児希望の願いが果せず治療を中止していかれる方も多くみられ、妊娠されたのは約半数の123名(43%)。


自然妊娠されたのは40~43歳まで、43歳を過ぎるとART(体外受精)との漢方併用が多くみられるそうです。


現代の中国での産婦人科の体外受精、日本でも社会問題になっているのは「高齢不妊、卵巣機能低下、早発閉経」です。

それに対応する「応え」「答え」としての中医学、中国漢方での実践を2日間に渡り学んできました。


今回のニュースレターにあるイスクラ逍遙丸はストレス対策、春の憂鬱、イライラ、妊活中のストレス対策に。(希望と落胆がジェットコースターのように繰り返されるから)

星火亀鹿仙は高齢不妊症や卵巣機能低下、AMHが低い、FSHが高いなどに1つの有望な亀類加工食品です。

亀板とスッポンの甲羅と鹿茸や西洋人参が配合されて、老化対策に有効な「一手」です。


土屋薬局では月経周期(28日よりも早い、遅い)や今までの治療歴(子宮内膜症、多嚢胞性卵巣症候群など)やお客さまの年齢、体型、お肌、胃腸の状態など総合的に加味して最適な漢方相談をお勧めしています。

埼玉県からご家族で来店されたお客さま、めでたく自然妊娠されて過去3回の流産も乗り越えて間もなく45歳で出産だそうです。

ご主人の大学の後輩が東根市役所にいる縁でわざわざ関東から東根に来店されてそして良い結果に繋がりました。

今後とも「ご縁」など大切にして創業祭を頑張っていきたいです。


「2016.07.28 埼玉県から漢方相談にご来店頂きまして狭山茶もお土産頂きました。

こちらのお客さまのことです!おめでとうございます。



土屋薬局 中国漢方通信の「高齢不妊と漢方、妊娠、出産について」「不妊漢方早わかり/子宝漢方のツボ/山形仙台」こちらのコラムも参考になりましたら、幸いです。
こちらも参考になりましたら、幸いです。


長井市の老舗

<2017年5月9日 長井市あら町 土屋薬局もこのような老舗企業を目指したいです>

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017.04.28

高齢不妊症、卵巣機能低下における中国漢方の考え方(2)

高齢不妊症、卵巣機能低下における中国漢方の考え方の続きの話です。


薬剤師、不妊カウンセラーの土屋幸太郎です。

土屋薬局では普段は、女性の方ですと子宝相談、不妊症などの漢方相談が多いです。

子宝相談にもタイミングでとか、人工授精で頑張りたい、体外受精で頑張りたいなど、ひとりひとりのお客さまのの状態によっても変わってきます。


また年齢別にいえば、20代、30代前半、30代後半、40代では、卵巣年齢のAMHや普段のFSHやE2などのホルモン値や、また40代に近くなれば子宮の素因、子宮筋腫や子宮腺筋症なども増えてきます。


最近、全国の漢方薬局では40代の不妊症を成功させる漢方相談が増えてきていますので、その特集のスクーリングでした。


わたし、土屋幸太郎もイスクラ中医不妊症専門講座エキスパートコース修了証書を頂戴して表彰されました。


イスクラ中医不妊症専門講座エキスパートコース修了証書


もう10年勉強して10年実践で実際に漢方相談してきました。


いわばこの表彰は日本サッカーでいえばJリーグの浦和レッズ、清水エスパルス、横浜マリノスのような感じです。


尊敬する中医師の王愛延先生と土屋幸太郎"

尊敬する中医師の王愛延先生と土屋幸太郎。イスクラ中医不妊症専門講座エキスパートコース修了証書


さて

高齢不妊症、卵巣機能低下における中国漢方の考え方

<高齢不妊症、卵巣機能低下における中国漢方の考え方>

中国山東中医薬大学付属病院・山東中医院生殖医療センター 


体外受精ARTにおける中医薬応用の着眼点


体外受精の治療による心身を伴う不具合…心身

胚の質が悪い… 精子・卵子 種

子宮内膜が薄い、繰り返しの胚移植失敗…土壌、虫

高齢による低反応(卵巣)、卵巣機能低下

卵巣過剰刺激

前兆流産


高齢不妊症、卵巣機能低下における中国漢方の考え方

体外受精は最後の高度な不妊治療、ステップアップの最終段階ですから「挙児への希望」が大きいだけに「失敗」を繰り返しますと「悲しみ」や「ストレス」そして「イライラ」などの心身のバランスが乱れてきます。


不妊はただの「虚弱体質」の「滋養強壮」の漢方相談になるのではなくて、ストレス等の心身を調和することが大事と言われるところがここにあると思います。

よく逍遥丸(しょうようがん)などの疏肝理気剤が使用されます。

加味逍遥散(かみしょうようさん)だと冷え性には本来はむかないので、個人的には(土屋が思うには)逍遥丸のほうが使いやすいかなと実感しています。


イライラをほかにとるのは炒麦芽(いりばくが)や竜骨や牡蛎などが配合された漢方薬、いわゆる逍遥散のような柴胡剤(さいこざい)、またミンハオのような「飲む宝石」の重鎮安神剤も素晴らしいと思います。


胚の質が悪い、精子、卵子を良くすることは前回の甲信地方の漢方薬局の先生が指摘されましたように「検査結果に異常がなくてもご主人にも漢方薬を服用してもらう」ことはとても大切だなあと改めて再認識しました。


男性のかた、最近、土屋薬局にも40代、50代の男性の方などご自身の健康管理に不妊と関係なくて来店されるケースがポツポツ増えてきています。


「3年間の足の冷えがとれました」

「尿のキレが20代に戻りました」


などと驚きの漢方体験談をお聞きして、私も男性の漢方相談 「メンズ漢方相談」けっこういけるかもと考え始めまた。


妻が言うには「男の人の健康相談ができるところってなかなかないから、案外、男性の漢方相談いけるかもよ」と私にアドバイスしてくれます。


もう50代の方ですと、完全に私の「先輩」の年代ですから歳も近いので親しくお話させて頂いています。


脳梗塞後遺症の方なども、あまり漢方薬で痺れがとれてはいないようですが、「もう少し続けてみる」とのことで、通ってくるお客さまもいらっしゃいます。

おそらく相性が私といいからわざわざ来店されるのだと思います。


(実際にお話はお客さまの仕事の話しを聞いています)


話は脱線していますが、体外受精など不妊治療がうまくいかないときには、ご主人の精子から考える方法が大切になってくると思います。

むかし、体外受精コーディネーターの試験勉強をしているときにも産婦人科の荒木先生の本にもそのような一説がありました。


子宮内膜のほうは、薄い場合の漢方相談は「6ミリ」以上に厚くなりません。

などと昔、よく漢方相談をうけていました。


今現在、当店に来店されるお客さまでは黄体機能不全なども含めまして、わりとうまくいっているケースが多いようです。

昨日にほぼ5週目で妊娠確定のようなお客さまもプロゲステロンの黄体ホルモンは6でしたが、漢方だけで高温期の基礎体温がとてもきれいになりました。


子宮内膜が「硬い」場合には、活血化瘀などの方法がいいと思います。


また連休中など時間をとってこのシリーズを書いていきたいです。

では明日の29日からの連休、みなさま、どうぞお元気で!


私は北村山薬剤師会での役員会、薬剤師研修会と重要な仕事をしてきます!


土屋薬局 中国漢方通信の「高齢不妊と漢方、妊娠、出産について」「不妊漢方早わかり/子宝漢方のツボ/山形仙台」こちらのコラムも参考になりましたら、幸いです。


若木山から眺める月山

<2017年4月24日 若木山から眺める月山>

この日はとてもよいお天気で月山の眺めがいい感じでした。

桜の季節ですから月山の眺めがとても美しいです。


桜と月山

桜と月山

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017.04.21

高齢不妊症、卵巣機能低下における中国漢方の考え方

おはようございます。

薬剤師、不妊カウンセラーの土屋幸太郎です。


2017年4月16日、17日の日月と久しぶりに東京出張で2017中不妊症お茶の間講座上級コース第一回グループミーティングに参加してきました。


中医不妊症お茶の間講座とは、漢方薬局で子宝相談、不妊症の漢方相談の道を選ぶお客さまが増えてきているので、日本でも本場 中国での漢方の実践、中医学での漢方による不妊症脱却、子宝に恵まれる漢方相談の講座です。


この専門講座が設立されたときには、日本の漢方薬局でそこまで専門的な相談ができるかどうか危惧されたエピソードもあったそうですが、いまではすごく勉強をされている先生も増えて大所帯になってきました。


私こと、土屋幸太郎は不妊症で悩んでいる方の味方、力になりたいと思いまして、ずっとコツコツと勉強を続けてはや10年すぎまして表彰されました。


イスクラ中医不妊症専門講座エキスパートコース修了証書


イスクラ中医不妊症専門講座エキスパートコース修了証書

株 土屋薬局 土屋幸太郎殿

あなたはイスクラ中医不妊症専門講座エキスパートコースにおいて 10年以上の研究過程を修了されました。

ここに中医不妊症エキスパートときての十分な知識を習得されたことを証します。


中医不妊症の子宝相談の「お墨付き」です。


東京や博多まで飛行機で行って勉強したこともありました。

(いま考えると博多まで中医不妊症講座の勉強に行ったなんですごい熱意です)


私が教わっている中医師の先生方は名医ばかりで本当に恵まれています。


さて東京です。


つばさ

山形新幹線つばさに久しぶりに乗りました。

車体の色がメタリックなカラーからだいぶ柔らかくなった印象です。


霞城公園の桜

霞城公園の桜をみながら東京へ


高島屋 熊本城

東京日本橋高島屋 熊本城特集 頑張れ熊本!です。

山形からも復興を応援しています。


2017中医不妊症お茶の間講座2017

2017中医不妊症お茶の間講座2017の案内です。


症例検討 高齢不妊症

症例検討 高齢不妊症


4月16日 日曜日当日はまず甲信地方の漢方薬局の先生と京滋奈の漢方薬局の先生からのそれぞれの40代以降の高齢不妊症の漢方相談の症例を発表して頂きました。

今回は40歳以降の方の不妊症の特集です。


1)甲信地方の先生の症例は40歳で見事に体外受精で妊娠出産されたお話でした。


2回の流産、採卵 受精せずなどを乗り越えて漢方薬局の先生と二人三脚で頑張って無事にご出産。


先生の考察は「高齢不妊症の場合は、低温期に補腎陰の漢方薬を多めにいれて、補陽の漢方薬も少し入れる。ご主人はどこも悪くない、元気と言われても主人にも漢方を飲んでもらうと良い。生理期、排卵期に冠元顆粒を増やす。これらの事で成功に至ったのではないかと思います」

ととても参考になるご意見でした。



2)京滋奈の漢方薬局の先生


「高齢不妊・卵巣機能低下・早発閉経」


40代のお客さま(43歳)


40歳のときにあるクリニックで「もう妊娠は諦めたほうがいい」と言われる。


体外受精、遺残卵胞、未受精、変性卵、など乗り越えて奇跡の採卵、受精確認


先生の感想 「高齢不妊、卵巣機能低下、早発閉経という状況下で西洋医学と中医学のコラボで奇跡的に採卵できた症例です。高齢でありながら仕事のストレスを受けて卵巣機能が低下して閉経状態になった。閉経状態でもまだ卵胞が見える状態でした。」

 
3)京滋奈の漢方薬局の先生

「高齢不妊・卵巣機能不全」


「なかなか良い卵ができない」

卵の質が問題


土屋薬局 中国漢方通信の「高齢不妊と漢方、妊娠、出産について」「不妊漢方早わかり/子宝漢方のツボ/山形仙台」こちらのコラムも参考になりましたら、幸いです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017.04.15

チョコレート嚢種の方の自然妊娠!と中医不妊症お茶の間講座「高齢不妊症」で東京に行ってきます!

こんにちは。

薬剤師、不妊カウンセラーの土屋幸太郎です。

山形は雨降りで花冷えのような天候です。

今日は4月15日土曜日で昨日の14日金曜日が一日かなり忙しくて、今日はわりとゆったりとしていて常連の熱心なお客さまにご来店が続いています。


「2017.04.13 潜在性高プロラクチン血症と黄体機能不全の子宝漢方相談で妊娠!

「2017.04.14 夕方に来店されたお客さま夫妻「妊娠」でした。仙台のネコ。アロハ!マハロ!


今週、2人の妊娠報告、1人の出産のご報告だったのですが、昨日の夕方にメールでご連絡がありまして、子宮内膜症でチョコレート嚢種の手術歴があり子宮内膜ポリープもあって、子宮内膜ポリープを切除してから体外受精に移行しましょう。という漢方相談のお客さまが、漢方薬服用4ヶ月で自然妊娠!されたという嬉しいご連絡でした。


「先生、お元気ですか?

漢方は、毎日のめていて最近は味にも慣れてきました。

報告です。

昨日、4/14 市販の検査薬で妊娠反応がでました。

4/20に子宮内膜ポリープ除去のため、総合病院を紹介してもらい行くはずだったのに、なかなか生理がこず、いつもは、生理前胸が張るのに、今回は全然はらず、2~3日前からゲップと胸焼けが続き変だなと思い検査しました。

今日、受診をしてきたところ、前回生理から31日目で4週目くらいかなと、まだ胎嚢は見えませんでした。次は、17日に受診予定です。

まだ、喜べませんが、妊娠反応がでたのは初めてなのと、また今回は薬や注射なにも使わず、自然で、ポリープをとろうという気持ちだったので、ビックリしています。

漢方の効果があったと思わずにはいられません。

どうか、このままいい結果につながりますようにとソワソワしています。」



今週は3名の妊娠報告、1名の出産のご報告でした。


最近、北東北のお客さまのチョコレート嚢種、子宮内膜症でのお客さまも姙娠されたのですが、今回もすごく良い結果で漢方薬役立っているようです。


子宮内膜症、チョコレート嚢胞の漢方の原因の秘密。気虚

子宮内膜症、子宮腺筋症の漢方の鍵は温活にあり

子宮内膜症、チョコレート嚢胞の漢方で自然妊娠!生理痛も辛かった。


こちらの土屋薬局はてなブログにもその漢方の秘密が書かれています。


最近、私のお客さま、看護師さんと薬剤師さんが増えてきているのですが(今日もお客さまは県外のかたがナース2名、県内もナースのお客さま達)、昨日の薬剤師さんにも「子宮内膜症、チョコレート嚢種で悩んでいるお友だちがいたら力になれるので紹介してくださいね」と口が滑ってしまいました。


さて、明日、明後日の4月16日(日)、17日(月)と東京に中医不妊症お茶の間講座に参加してきます。


I中医不妊症お茶の間講座

中医不妊症お茶の間講座


「高齢不妊症」 

「高齢・卵巣機能低下における中医薬、漢方的な考え方」


これを機会に、基礎体温表が高めの場合や慢性の不正出血(黄体機能不全をふくむ)、そして「飲む宝石」ミンハオの使い方など、いろいろな先生とあって情報を探ってきます。


もちろん体外受精や高齢のかた、AMHが低い。FSHが高い場合など真剣に中医師の先生や日本の有力な漢方薬局の先生の話など聞いていきます。


なお、医療関係者のかたで看護師さんや薬剤師さんなど、しっかりと子宝の漢方や痛み、しびれなど、体調を良くしたいと考えのかたはぜひ山形県東根市の土屋薬局をご検討ください。

看護師さんとここまで相性のよい相談ができるようになるとは、、と驚いています。

土屋薬局 中国漢方通信の「高齢不妊と漢方、妊娠、出産について」「不妊漢方早わかり/子宝漢方のツボ/山形仙台」こちらのコラムも参考になりましたら、幸いです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017.02.06

FSH高い28.19から40前に妊娠出産、再び漢方で45歳で2人目出産!

先日の土曜日の漢方相談会は、県内外から福島県や宮城県、米沢市など雪にも負けずに多方面から多くのお客さまにご利用頂きました。


今日の土曜日の漢方相談会。


宮城県や福島県など他県のお客様や山形県内、米沢からもこの雪降る☃️❄️山形県東根市の土屋薬局にお客様が結集した感じでした。


遠方から来店される方は私の詳しい、ひょっとしたらマニアックかもしれない中医学、漢方の理論を信用して「任せてみよう」「自分の人生をかけてみよう」と堅い強固な決意で来店されていることが目線や顔つきから伝わってきました。

ということで、1日の仕事が終わってからも中医不妊症を研究して勉強します。


今日、驚いたのは子宮がん検診で胎嚢がみえて妊娠がわかったお客様からの報告でした。


地元のクリニックでも「体外受精でも妊娠は難しいかもしれない。こちらの地方では治療は無理」ということで仙台の不妊治療専門のクリニック🏥を紹介されていたお客様、最初は月の半分が不正出血だったり、月に2回生理が来たり。


基礎体温もほぼ一層で排卵も分からなかったのですが、漢方でお肌がピカピカになって若返り、基礎体温も二層になって、すごく体調が良くなっていました。


漢方薬は3年間ぐらい根気よく続けていました。


私と同じく医療職なので現実をよく分かっていて、漢方も熱心に根気よく取り組まれていました。


「土屋薬局の漢方薬のお陰です」というお話でした。


自然妊娠という素晴らしい結果で「千載一遇のチャンスですから仕事よりも身体を優先してくださいね!」とお答えさせて頂きました。


最近はFSHが30を超えていて自然妊娠で45歳でご出産とか、驚き‼️⁉️のお話が多い土屋薬局の漢方相談会のお話でした!


その中でも印象的だったのは1人のお客さま、40代の子宮がん検診で「袋が見える!」とということで妊娠発覚でした。

劇的な展開でした。

もう3年と長丁場で土屋薬局で子宝の不妊症の漢方相談を続けていました。


当初、月の半分が不正出血があり、調子の悪いときは月に2回生理が来るような状況でした。

基礎体温も一層性のままで排卵も分かりづらい感じでした。


それが漢方を服用を続けていたところ、アトピーの黒くなった色素沈着もとれてきて顔や手もスベスベになって、いつの間にか不正出血は止まり、基礎体温表は二層に分かれ排卵日も分かるようになりました。


医療機関で働いているお客さまでして、同じ医療を学んだ学校の友人のかたと同級会で会ったら「顔色がよくなっていて驚かれました!」と自他ともに漢方の効き目を実感されていまして、最近は雪のためにお会い出来ていなかったのですが、とてもうれしい結果でした。


お店で拍手していたら、同じく40代でお子さま2人いらっしゃいますが、とても美人で30代にしかみえないお客さまもちょうど漢方の補充に来店されていまして「先生、それで拍手していたのですか!」と言われました。(そのお客さまも漢方続けて2~3年経ちますが、10歳は若返りました)


地元の体外受精をするクリニックの婦人科の先生からも他県のより高度な専門クリニックを紹介されていただけに、漢方じっくりでの自然妊娠に感激のお話でした。


「漢方の服用は継続は力なり」


でもしっかりと補腎といって若返り、お肌や髪の毛が若返りしていくようなものを服用していないと時間がもったいないので、しっかりとした漢方薬局さんで相談にのるといいと思います。


FSHが高い(卵巣機能低下)


さて、もう1つ嬉しいお話です。


このお客さまの薬暦簿、最初の漢方相談は平成23年6月30日のとき、39歳のときからの漢方相談で婦人科の先生からは「妊娠は無理だと思う」と匙を投げられていたお客さま。


不妊症、FSHは高値。

卵巣機能低下。

冷え性、冬場は手足がひどく冷たい。


そのお客さまの過去の記録はこちらなのですが。


FSHはいつも20~30を越えるている状態でしたが、1人目のお子さま、自然妊娠、出産!


それだけでもレジェンドなのですが、2人目も欲しい。ということで平成25年7月の女の子のご出産から、休養を経て平成27年6月3日から再度、漢方薬を再スタート。


「30代の頃から先生たちに無理だと言われていました」

そして平成29年 2017年11月に元気な男の子出産とのことで、どうもおめでとうございます!

一姫二太郎です。


「ご無沙汰しております!


あれから順調に経過して、11月◯日に3256時の元気な男の子を出産しました。

45歳にして全く問題なく、母子共に順調に経過しているのも、先生の漢方のおかげと感謝しています。

色々とありがとうございました。

諦めていた時からすると、高齢ながら2子も授かるなんて!

本当に幸せな気持ちでいっぱいです!

今は昼夜問わず、授乳やオムツ替えに奮闘しておりますが、赤ちゃんの成長を感じながら楽しく過ごしています。

寒い日がまだまだ続きますがお体に気をつけてお過ごし下さい。

本当にありがとうございました!

お世話になりました!」


わっ。happy01 おめでとうございます!


このKさまの場合には「基礎体温表高め」を軸にずっと漢方薬の相談をさせていただいていました。


参考までにこのお客さまの漢方相談の経過も掲載させて頂きます。

2014.10.24


結婚10年目 FSH28・9でしたが、この日を迎える事ができたことは夢のようですし、 日に日に大きくなっていく我が子をみているだけで、とても幸せです!

// ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
●●   「この日を迎える事ができたことは夢のようですし、日に日に大きくなっていく我が子をみているだけで、とても幸せです!」
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

Kさまより掲載許可を頂きました。

コラムを作成させて頂きます。


Kさま 39歳のときの漢方相談です。



○平成23年6月30日


39歳 結婚10年目 

FSH28・9 LH 6・17 PRL 6・05

卵巣機能低下(卵巣機能不全)です。FSHが高いです。


初潮14歳

月経周期は28~30日 月経期間は4~5日間 

経血量は初日、2日目に多く生理痛はとくにひどくありません。


冷え性、肩こり


これから病院でのタイミング治療が始まります。

漢方薬は、麦味参顆粒、二至丹、瓊玉膏、婦宝当帰膠、参馬補腎丸をお勧めしました。



翌年の平成24年2月頃からは「月経周期が短めの漢方相談」になりました。


婦宝当帰膠、天王補心丹、温清飲、二至丹、知柏壮健丸、帰脾湯、マカ、冠元顆粒など


平成24年11月3日にめでたく陽性反応、以前に流産された体験がありますので、


婦宝当帰膠、帰脾湯、コンクレバンなどで妊娠中の体作り


そして平成25年8月に嬉しいメールを頂戴しました。


「こんにちは!


お陰様で、7月に元気な女の子が誕生しました!

予定日より2日早い満月日に産まれました。


母子共に健康で、順調に経過しています。


お産も3時間51分と高齢ながらも安産でした!

この日を迎える事ができたことは夢のようですし、

日に日に大きくなっていく我が子をみているだけ で、とても幸せです!

本当にありがとうございました!」


嬉しい結果になりまして、心から本当に良かったなあと思いました。

FSHが高い、卵巣機能低下(不全)からよく頑張りました。

ご家族の末永いお幸せを心から願っております。

今週は水曜日の2月8日(水曜日)は土屋幸太郎公休です。

そのかわり、2月11日(土曜日祝日)は働きますので、よかったら漢方相談にご来店ください。


もともと休みの日だと土曜日を忘れていたのですが、同じく40代で体外受精の採卵で9個、9個とも受精という素晴らしい経過のお客さまから相談に来たいです。とメールがありましたので、張り切って土曜日は漢方相談する予定です。

建国記念日のめでたい日ですから、天気がいいといいですね。


漢方相談のご予約は 0237-47-0033の土屋薬局、スタッフまでお話してください!


頭痛、肩こり。痛み、しびれの中医痺証


「目、耳、鼻、口、のど」 目の痛み、眼精疲労、ドライアイ、耳鳴り、突発性難聴、後鼻漏や花粉症、のどなどの中医五官病の漢方相談。

不妊症の子宝相談。(本場仕込みの本格的な漢方相談)


ほかどのようなジャンルの漢方相談もお受けしています。

漢方相談会、独身の方が結婚前に生理不順の真剣な婦人病の漢方相談をお寄せ下さったり、不妊で悩む人生の岐路に立っているような真剣なカップルでのご来店が土屋薬局には増えてきています。


元気のでる漢方相談を真摯に心掛けています。


龍に赤ちゃんが載っている画像、子宝に恵まれた


お電話やメールで漢方相談のご予約お願いします。
平日の漢方相談大歓迎です。一人一人に時間をじっくり割いて相談しています。
遠方のかたは、電話やメールでご相談をお寄せください。こちらから。

中国漢方の痺証と中国漢方婦人科に詳しい薬剤師 土屋幸太郎 国際中医師)、不妊カウンセラー(NPO法人不妊カウンセリング学会認定)による親切な相談。じっくり話を聞いて一人一人の体質や年齢、症状に応じて相談しています。どうぞお気軽にお声をかけて下さい。

土屋幸太郎のプロフィールはこちらです。


日本不妊カウンセリング学会認定 不妊カウンセラー認定更新証

日本不妊カウンセリング学会認定 不妊カウンセラー認定更新証

中国政府による認定の国際中医師の賞状

中国政府による認定の国際中医師の賞状です。

漢方相談のレベルが本場の中医師と同程度という証明です。


「中医学」漢方に普及に尽力 東根・土屋薬局 大使館から表彰の山新の記事

山形新聞で紹介された土屋薬局の記事、中国大使館から表彰を受けました。

「中医学」普及に尽力 東根・土屋薬局 大使館から表彰の山新の記事


土屋薬局 漢方相談 「龍に子供が載っている画像」子宝に恵まれました


土屋薬局店内 漢方勉強会

<2015年7月30日 土屋薬局店内 漢方勉強会>


不妊症で悩んでいた漢方相談のお客さまからの妊娠、出産のお礼のお手紙と赤ちゃんの写真


壁面には不妊症で悩んでいたお客さまが土屋薬局の子宝の漢方相談でめでたく妊娠、出産されたお礼にと寄贈された赤ちゃんの写真やお手紙がいっぱい。

明るい活気と希望に満ちた漢方相談薬局です。


ご主人さま、ご実家のお母様と赤ちゃんと家族4人でのご来店でした。

こちらのコラムもぜひご覧になってください。


山形県東根市神町の土屋薬局の外観

こちらも2015年7月30日現在の土屋薬局の外観です。

連日の猛暑、旧国道13号線沿いに当店がございます。

地理的には村山市、河北町、天童市、寒河江市、山形市、仙台市から来店しやすいです。



I薬剤師 土屋幸太郎の漢方相談の風景 title=

<2013年11月4日 郡山市ビッグパレット 薬剤師 土屋幸太郎の漢方相談の風景>

薬剤師 土屋幸太郎の漢方相談の風景

土屋薬局 中国漢方通信/漢方専門の薬剤師、不妊カウンセラーが相談します。

漢方体験ドットコム…土屋薬局のお客様体験談です。ぜひご覧になってください。

中国の子授け観音様の送子観音菩薩

<2015/09/30 送子観音菩薩像を漢方コーナーに移動しました。オーラがでています>

中国の民間の信仰では、送子観音菩薩は日本でいう「子授け観音」として大変に有名です。

中国で漢方の不妊治療の名医、老中医は「あの漢方の先生はまさに漢方の送子観音菩薩様です」とも言われたりしています。

当店も私も多くの人を苦しみから救う送子観音菩薩様のエピソードにあやかりながら、お客様たちと喜び、悲しみを共有していきたいです。


子宝の神様、送子観音菩薩と中国の泥人形


漢方のご相談方法は、漢方相談表、またはファックス電話で受け付けています。
お問い合わせは、送信フォームもございます。
詳しい漢方相談の方法はこちらからで説明しています。


所在地 山形県東根市神町中央1-10-7
Google mapによる所在地

営業時間 第二、第四日曜日お休みです。

平日 午前9時~午後7時  土祭日 午前9時~午後6時

メールアドレス JDY00247@nifty.com

電話 0237-47-0033 漢方電話相談室 0237-48-2550 Fax 0237-49-1651


仙台方面からのご来店の場合には、お車でのご来店、または仙台駅前の旧仙台ホテル跡の複合商業施設のEDEN前のバス停から「山形新庄行き」48ライナーの山形交通のバスをお勧めしています。さくらんぼ東根駅下車です。1時間に1本あります。約1時間15分です。

さくらんぼ東根駅に到着されましたら、当店のスタッフがお迎えにまいりますので、お気軽に前もってご予約のうえご来店頂けたらと思います。


2016.09.14 「追記です。仙台から、もし「来店を希望されるお客様」へ

2016.09.23 こちらも追記です。 「土屋薬局での漢方相談のご予約のお問い合わせにつきまして


山形県県内、朝日町 飯豊町 大石田町 大江町 大蔵村 小国町 尾花沢市、金山町 上山市 河北町、川西町、寒河江市 酒田市 鮭川村 庄内町 白鷹町 新庄市、高畠町 鶴岡市 天童市 戸沢村 長井市 中山町 南陽市 西川町 東根市 舟形町 真室川町 三川町 村山市 最上町 山形市 山辺町 遊佐町 米沢市。

お隣の新潟県、福島県、秋田県、宮城県、仙台市などにお住いでご来店できる方はぜひ山形県東根市の土屋薬局まで漢方相談をお寄せくださいね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016.12.19

先週の漢方相談会の様子など 2016/12/19

こんにちは。

薬剤師、不妊カウンセラーの土屋幸太郎です。




今日の東根市はだいぶ温かい感じです。

昨日から、(昨日は午前中は妻の用事で大石田に滞在していましたが)、大石田も含めて東根、山形もだいぶ天候が落ち着いていて、先週の厳しい冬の雪景色から一転して穏やかな感じです。

このまま年末まで天候が落ち着いていると嬉しいなあと思います。


先週の漢方相談会、土曜日は予約のお客さまが3件でしたので、余裕をもって臨みました。


結局、閉店までお客さまたちが順繰りに来店されて、あまりゆっくりすることもなく頑張って漢方相談した一日でした。


お客さまは、山形市、東根市、寒河江市、仙台市、鶴岡市、村山市、天童市、米沢市など山形県内を中心にご来店頂きました。


不妊症などの子宝での漢方相談が多かったです。


鶴岡市からは2組のお客さまたちで、鶴岡市は思うに、人柄がよくて優しい人達が多いですね。

今日の月曜日、午前中は尾花沢市からの常連のお客さまもいらっしゃいましたが、大石田や尾花沢市の人たちも優しくていい人ばかりです。


最近、大石田や尾花沢市に縁があるので、東根市から北のほうから村山市、大石田、尾花沢市などからも、お客さまの来店があると嬉しいなあと妻と話し合いました。


土曜日の漢方相談会、早発閉経のお客さまがいらっしゃていましてここ3年間ぐらい漢方相談での長いおつきあいとなっています。


早発閉経の漢方相談は、「2016.12.14 中医不妊症お茶の間講座「薔薇」第3回…早発閉経、第二子不妊」 こちらのコラムにもありますように病院の治療も「根気よく」と長期戦になることが多いです。


時代が変われば漢方の処方も変わったりもします。


重要な漢方薬の処方を柱にして、体調を整えるようにお勧めしています。


地元の産婦人科のクリニックの先生とのところで血液検査。

ホルモン検査をしていて、治療のほうは東京に通われています。


最近、他のお客さまが良かった漢方薬などもご紹介して、プラス 体づくり肝臓加水分解物の医薬品もお勧めしました。


肝臓加水分解物のアミノ酸はホルモンや子宮や卵巣や血管、血液などの「もと」ですから、冷え性なども軽減して良い結果につながっていって頂きたいです。




土曜日の午前中に報告があったのは、紫煌珠(しこうじゅ)というプラセンタのサプリ。


新しい商品なので、ちょっと様子をみていました。


「2016.11.09 2人のお子様に恵まれたお客様からのご紹介と生理前の食べ物

今日の午前中は「山形市のお友達から今年の春に土屋薬局さんを紹介されて、それからずっと来たい、来たいと思っていたんです」というご主人様と夫婦でのご来店の初来店のお客様がいらっしゃいました。


お友達のかたは2人のお子様に恵まれて幸せで、元気に毎日を暮らしているそうです。


ご紹介されたお客様の場合には、当店のことも知っている方からの紹介ですから、わりと不安のようなものがなくて、スッと溶け込めるようです。


今後の良い結果となりますことを心から願っています。


こちらのお客さまに、婦宝当帰膠と紫煌珠の2つでリラックスした感じでお勧めしました。


12月17日の土曜日のお電話だと「高温期が続いていて妊娠したかもしれないです!妊娠中服用しても大丈夫ですか?」とまさかの急展開の良いお話でした。


よく新しい漢方薬の商品が合っているかどうか、そのお店やその漢方の先生に合っているかどうかは、「最初の頃にお勧めしたお客さまたちの反応」でわかりやすいです。


土屋薬局の場合には、独歩丸や独歩顆粒(独活寄生湯製剤)がとても山形、東根、村山などの地域で評判が良くて痛みやしびれが楽なるケースが多かったですので、そのまま自信を持ちました。


紫煌珠もひょっとしたらかなり素晴らしいかもです。



| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧

その他のカテゴリー

LUF・黄体化未破裂卵胞|不妊と漢方薬 | PCOS・多嚢胞性卵巣症候群|不妊と漢方薬 | PMS・月経前緊張症|漢方薬 | 「ナチュラルな妊娠」「45歳、もう生んでいいかしら?」 | 「血流たっぷり」をめざしなさい | いびき|漢方薬 | おねしょ、小児夜尿症|漢方薬 | おりもの、のびおり|不妊治療と漢方薬 | お客さまとのエピソード | お腹の張り、腹部膨満感、食欲不振|漢方薬 | お香 | しびれ|漢方薬 | つわり|漢方薬 | にきび|漢方薬 | のどのつかえ、喉の痛み、難治性咽頭潰瘍|漢方薬 | ほてり|漢方薬 | むずむず脚症候|漢方薬 | めまい、立ちくらみ|漢方薬 | アトピー性皮膚炎|漢方薬 | アレルギー性鼻炎と体外受精|漢方薬 | アレルギー性鼻炎|漢方薬 | イスクラ冠元顆粒 | イスクラ冠元顆粒発売20周年記念成都シンポジウムに参加して | イスクラ婦宝当帰膠 | イスクラ独歩顆粒 | イライラ落ち込み漢方、不安落ち込み|漢方薬 | イラスト | インターネットの掲示板などで漢方紹介 | カウフマン療法|不妊と漢方薬 | カンジダ膣炎|不妊と漢方薬 | ガン(がん)|漢方薬 | クラミジア感染症|不妊と漢方薬 | クローン病、潰瘍性大腸炎|漢方薬 | ゲップ・ガス|漢方薬 | ココログ版漢方(無名)コラム・2004 | ココログ版漢方(無名)コラム・2005 | ココログ版漢方(無名)コラム・2006 | ココログ版漢方(無名)コラム・2007 | ココログ版漢方(無名)コラム・2008 | ココログ版漢方(無名)コラム・2009 | ココログ版漢方(無名)コラム・2010~ | コンクレバン | シェーグレン症候群|漢方薬 | シミ・肝斑|漢方薬 | ストレス|漢方薬 | セックスレス、性機能減退|不妊と漢方薬 | タイミング療法|不妊と漢方薬 | ダイエット|漢方薬 | チャイナビュー | チョコレート嚢胞|不妊治療と漢方薬 | ツイッター | ツボの話題 | ディスプレー症候群|漢方薬 | ドライアイ|漢方薬 | ドライマウス、口腔乾燥症|漢方薬 | ニュースレターより | ハテナ | ビタエックス(プラセンタ) | フレイルの漢方対策 | ヘパーデン結節|漢方薬 | ベビ待ち保育士さん、幼稚園教諭さん|漢方薬 | ベビ待ち小学校教員さん|不妊と漢方薬 | ベビ待ち歯科衛生士さん|不妊と漢方薬 | ベビ待ち看護師さん|不妊と漢方薬 | ベビ待ち美容師さん|不妊と漢方薬 | メニエール病|漢方薬 | メールマガジン | モンテディオ山形 | ヤフー知恵袋の漢方の回答より | リウマチ性多発筋痛症|漢方薬 | リウマチ|漢方薬 | ロコモティブシンドローム|漢方薬 | 下痢、軟便|漢方薬 | 下肢静脈瘤|漢方薬 | 不妊カウンセラーに向けて | 不妊カウンセラー・体外受精コーディネーター養成講座 | 不妊治療の基礎知識…現状と問題点 | 不妊漢方治療の応用 | 不妊症の基本検査について | 不妊症の年代別漢方相談 | 不妊症テレビお茶の間講座 「子宮内膜症」 | 不妊症専門講座・PCOS 「多嚢胞性卵巣症候群」 | 不定愁訴|漢方薬 | 不正出血|不妊と漢方薬 | 不眠|漢方薬 | 不育、流産後|不妊治療と漢方薬 | 中医五官病 | 中医痺証専門講座「南通研修」への道 | 乳がんの疫学と薬物療法 | 乳腺炎、断乳、母乳|漢方薬 | 人工授精で妊娠出産|不妊と漢方薬 | 今週の漢方相談会 2008年 | 今週の漢方相談会 2009年 | 今週の漢方相談会 2010~ | 今週の漢方相談会 2013~ | 今週の漢方相談会2017 | 体外受精で妊娠出産|不妊と漢方薬 | 何先生や中医師の先生から漢方のこと聞いたこと | 便秘|漢方薬 | 免疫性不妊|漢方薬 | 全身性エリテマトーデス(SLE)|漢方薬 | 円錐角膜|漢方薬 | 冷え性|漢方薬 | 加齢性黄斑変性症|漢方薬 | 勉強会(2004~2008) | 勉強会(2009) | 勉強会(2010) | 勉強会(2011) | 勉強会(2012~) | 動悸|漢方薬 | 卵巣予備能~全周期活血化淤 | 卵巣嚢腫|不妊と漢方薬 | 卵巣機能不全、卵巣機能低下|不妊と漢方薬 | 卵管性不妊|不妊と漢方薬 | 卵管水腫|不妊と漢方薬 | 卵管閉塞|不妊と漢方薬 | 卵胞発育不全|不妊と漢方薬 | 受精障害|不妊と漢方薬 | 口内炎|漢方薬 | 呑気症(空気嚥下症)|漢方薬 | 味覚障害|漢方薬 | 咳、ぜんそく、慢性気管支炎|漢方薬 | 咽喉頭異常感症、難治性咽頭潰瘍|漢方薬 | 嗅覚障害|漢方薬 | 土屋幸太郎・漢方講演会 | 土屋幸太郎結婚式 | 土屋薬局からのお知らせ | 土屋薬局のの口コミ、評判 | 坐骨神経痛|漢方薬 | 坑精子坑体|不妊と漢方薬 | 基礎体温が低め|不妊と漢方薬 | 基礎体温が高め|不妊と漢方薬 | 基礎体温ガタガタ|不妊と漢方薬 | 基礎体温表|不妊と漢方薬 | 夏の疲れに漢方 | 多汗症|漢方 | 夜中目が覚める|漢方薬 | 夢と不眠|漢方 | 女性のための漢方レッスン | 女性不妊症的中医治療 | 妊娠中と産後の体調不良|漢方薬 | 妊活・妊娠力アップ|漢方薬 | 子宮内膜が薄い|不妊と漢方薬 | 子宮内膜ポリープ、子宮内膜増殖症|漢方薬 | 子宮内膜症|不妊治療と漢方薬 | 子宮外妊娠後|不妊と漢方薬 | 子宮筋腫|不妊治療と漢方薬 | 子宮腺筋症|不妊治療と漢方薬 | 子宮頸がん|漢方薬 | 子宮頸管無力症|不妊と漢方薬 | 季節の漢方養生 | 季節の養生法 | 学校保健委員会 | 小児チック|漢方薬 | 小児漢方 | 小太郎製薬 | 帯状疱疹後神経痛、後遺症|漢方薬 | 後鼻漏・蓄膿症|漢方薬 | 心と体 | 感音性難聴・耳鳴り、難聴|漢方薬 | 慢性副鼻腔炎(蓄膿症)|漢方薬 | 慢性咽頭炎|漢方薬 | 我が家の庭 | 我が家の庭 2008 | 我が家の庭 2009 | 我が家の庭 2010~ | 手根管症候群、腱鞘炎、ばね指|漢方薬 | 抗リン脂質抗体|不妊と漢方薬 | 抗核抗体|不妊治療と漢方薬 | 掌蹠膿疱症|漢方薬 | 排卵痛、排卵期|不妊と漢方薬 | 排卵障害|不妊と漢方薬 | 日中線記念館 | 更年期障害|漢方薬 | 月経の経血量が減少|不妊治療と漢方薬 | 月経不妊周期療法|不妊と漢方薬 | 月経不順・生理不順|不妊と漢方薬 | 月経周期が短い|不妊と漢方薬 | 月経周期が遅れる、長い|不妊と漢方薬 | 未成熟卵|不妊症と漢方 | 椎間板ヘルニア|漢方薬 | 武漢へ | 死産後|漢方薬 | 母乳|漢方薬 | 泣きたくなる | 活血化淤の応用 | 浮腫み|漢方 | 温活GO | 漢方体験ドットコム | 漢方周期療法…南京・夏桂成先生の講義より | 漢方薬の安全性について | 漢方薬局で相談を受ける婦人病について | 無排卵・無月経/不妊と漢方薬 | 無月経・無排卵・中医不妊症テレビお茶の間講座 | 生殖医療に関わる疑問に答える | 生殖補助医療の有用性と限界 | 生理痛、月経困難症|漢方薬 | 甲状腺機能亢進症|不妊と漢方薬 | 甲状腺|不妊治療と漢方薬 | 男女の更年期と神経症|漢方薬 | 男性不妊|不妊治療と漢方薬 | 疲労|漢方薬 | 痔|漢方薬 | 痛み、しびれ|漢方薬 | 痰湿(暑湿)について | 痰湿|漢方 | 眼精疲労|漢方薬 | 着床障害、着床失敗|不妊症と漢方薬 | 着床障害|不妊治療と漢方薬 | 神経障害性疼痛|漢方薬 | 秋バテの漢方 | 空胞|不妊治療と漢方薬 | 糖尿病|漢方薬 | 経血量少ない|不妊と漢方薬 | 綿花観察日記 | 緑内障|漢方薬 | 繊維筋痛症|漢方薬 | 老人性膣炎・萎縮性膣炎|漢方薬 | 耳管開放症|漢方薬 | 耳鳴り、突発性難聴|漢方薬 | 聴覚過敏|漢方薬 | 肘痛|漢方薬 | 股関節痛|漢方薬 | 肩こり|漢方薬 | 肩甲骨の痛み|漢方薬 | 肩痛、五十肩|漢方薬 | 胃酸過多、機能性胃腸症(NUD)|漢方薬 | 背中のほてり|漢方薬 | 背中の痛み|漢方薬 | 胚盤胞|不妊治療と漢方薬 | 脂漏性皮膚炎|漢方薬 | 脈拍|漢方 | 脊柱管狭窄症|漢方薬 | 脱毛、抜け毛、薄毛の漢方薬 | 脳卒中|漢方薬 | 脳疲労症候群、脳過敏症候群|漢方 | 腰椎すべり症|漢方薬 | 腰痛|漢方薬 | 膀胱炎|漢方薬 | 膝痛|漢方薬 | 膿精液症|男性不妊の漢方薬 | 花粉症|漢方薬 | 若木山、石崎山や東根の景色 | 若木山、石崎山や東根の風景2008 | 若木山、石崎山や東根の風景2009 | 若木山、石崎山や東根の風景2010~ | 蕁麻疹、湿疹/漢方薬 | 薄い子宮内膜に漢方薬が有効である可能性がある | 薬膳 | 血の道症|漢方薬 | 血管力をつければ病気は治る | 補腎の話 | 西洋医学的にみた不妊症漢方概論 | 足底筋膜炎|漢方薬 | 逆流性食道炎|漢方薬 | 過去のバックナンバーより | 過敏性腸症候群|漢方薬 | 過活動膀胱、頻尿|漢方薬 | 遺残卵胞|不妊治療と漢方薬 | 酒さ|漢方薬 | 頭痛|漢方薬 | 頸椎症、首のこり|漢方薬 | 頻尿|漢方薬 | 顔面神経麻痺、手のふるえ|漢方薬 | 顕微授精(ICIS)|不妊と漢方薬 | 風邪|漢方薬 | 食欲不振、胃痛|漢方薬 | 食養生 | 高プロラクチン血症|不妊と漢方薬 | 高血圧|漢方薬 | 高齢不妊症、卵巣機能低下における中国漢方の考え方 | 高齢不妊|不妊治療と漢方薬 | 鷺草、朱鷺草観察日記 | 黄体機能不全|不妊と漢方薬 | 黄疸|漢方薬 | 100歳まで元気に生きる! | 2人目不妊、第二子不妊|漢方薬 | 2004年妊娠出産おめでとうございます! | 2005年妊娠出産おめでとうございます! | 2006年妊娠出産おめでとうございます! | 2007(1月~6月)妊娠出産おめでとうございます! | 2007(7月~12月)妊娠出産おめでとうございます! | 2008年妊娠出産おめでとうございます! | 2009年妊娠出産おめでとうございます! | 2009(7月~12月)妊娠出産おめでとうございます! | 2010(1月~6月)妊娠出産おめでとうございます! | 2010(7月~12月)妊娠出産おめでとうございます! | 2011年妊娠出産おめでとうございます! | 2012年妊娠出産おめでとうございます! | 2013年妊娠出産おめでとうございます! | 2014年妊娠出産おめでとうございます! | 2015年妊娠出産おめでとうございます! | 2016年妊娠出産おめでとうございます! | 2017年妊娠出産おめでとうございます! | AMH|不妊治療と漢方薬 | COPD 慢性閉塞肺疾患|漢方薬 | FSHが低い方|不妊治療と漢方薬 | FSHが高い|不妊治療と漢方薬 | POF・早発閉経|不妊治療と漢方薬