カテゴリー「POF・早発閉経/不妊と漢方」の記事

2017.02.06

FSH高い28.19から40前に妊娠出産、再び漢方で45歳で2人目出産!

先日の土曜日の漢方相談会は、県内外から福島県や宮城県、米沢市など雪にも負けずに多方面から多くのお客さまにご利用頂きました。


今日の土曜日の漢方相談会。


宮城県や福島県など他県のお客様や山形県内、米沢からもこの雪降る☃️❄️山形県東根市の土屋薬局にお客様が結集した感じでした。


遠方から来店される方は私の詳しい、ひょっとしたらマニアックかもしれない中医学、漢方の理論を信用して「任せてみよう」「自分の人生をかけてみよう」と堅い強固な決意で来店されていることが目線や顔つきから伝わってきました。

ということで、1日の仕事が終わってからも中医不妊症を研究して勉強します。


今日、驚いたのは子宮がん検診で胎嚢がみえて妊娠がわかったお客様からの報告でした。


地元のクリニックでも「体外受精でも妊娠は難しいかもしれない。こちらの地方では治療は無理」ということで仙台の不妊治療専門のクリニック🏥を紹介されていたお客様、最初は月の半分が不正出血だったり、月に2回生理が来たり。


基礎体温もほぼ一層で排卵も分からなかったのですが、漢方でお肌がピカピカになって若返り、基礎体温も二層になって、すごく体調が良くなっていました。


漢方薬は3年間ぐらい根気よく続けていました。


私と同じく医療職なので現実をよく分かっていて、漢方も熱心に根気よく取り組まれていました。


「土屋薬局の漢方薬のお陰です」というお話でした。


自然妊娠という素晴らしい結果で「千載一遇のチャンスですから仕事よりも身体を優先してくださいね!」とお答えさせて頂きました。


最近はFSHが30を超えていて自然妊娠で45歳でご出産とか、驚き‼️⁉️のお話が多い土屋薬局の漢方相談会のお話でした!


その中でも印象的だったのは1人のお客さま、40代の子宮がん検診で「袋が見える!」とということで妊娠発覚でした。

劇的な展開でした。

もう3年と長丁場で土屋薬局で子宝の不妊症の漢方相談を続けていました。


当初、月の半分が不正出血があり、調子の悪いときは月に2回生理が来るような状況でした。

基礎体温も一層性のままで排卵も分かりづらい感じでした。


それが漢方を服用を続けていたところ、アトピーの黒くなった色素沈着もとれてきて顔や手もスベスベになって、いつの間にか不正出血は止まり、基礎体温表は二層に分かれ排卵日も分かるようになりました。


医療機関で働いているお客さまでして、同じ医療を学んだ学校の友人のかたと同級会で会ったら「顔色がよくなっていて驚かれました!」と自他ともに漢方の効き目を実感されていまして、最近は雪のためにお会い出来ていなかったのですが、とてもうれしい結果でした。


お店で拍手していたら、同じく40代でお子さま2人いらっしゃいますが、とても美人で30代にしかみえないお客さまもちょうど漢方の補充に来店されていまして「先生、それで拍手していたのですか!」と言われました。(そのお客さまも漢方続けて2~3年経ちますが、10歳は若返りました)


地元の体外受精をするクリニックの婦人科の先生からも他県のより高度な専門クリニックを紹介されていただけに、漢方じっくりでの自然妊娠に感激のお話でした。


「漢方の服用は継続は力なり」


でもしっかりと補腎といって若返り、お肌や髪の毛が若返りしていくようなものを服用していないと時間がもったいないので、しっかりとした漢方薬局さんで相談にのるといいと思います。


FSHが高い(卵巣機能低下)


さて、もう1つ嬉しいお話です。


このお客さまの薬暦簿、最初の漢方相談は平成23年6月30日のとき、39歳のときからの漢方相談で婦人科の先生からは「妊娠は無理だと思う」と匙を投げられていたお客さま。


不妊症、FSHは高値。

卵巣機能低下。

冷え性、冬場は手足がひどく冷たい。


そのお客さまの過去の記録はこちらなのですが。


FSHはいつも20~30を越えるている状態でしたが、1人目のお子さま、自然妊娠、出産!


それだけでもレジェンドなのですが、2人目も欲しい。ということで平成25年7月の女の子のご出産から、休養を経て平成27年6月3日から再度、漢方薬を再スタート。


「30代の頃から先生たちに無理だと言われていました」

そして平成29年 2017年11月に元気な男の子出産とのことで、どうもおめでとうございます!

一姫二太郎です。


「ご無沙汰しております!


あれから順調に経過して、11月◯日に3256時の元気な男の子を出産しました。

45歳にして全く問題なく、母子共に順調に経過しているのも、先生の漢方のおかげと感謝しています。

色々とありがとうございました。

諦めていた時からすると、高齢ながら2子も授かるなんて!

本当に幸せな気持ちでいっぱいです!

今は昼夜問わず、授乳やオムツ替えに奮闘しておりますが、赤ちゃんの成長を感じながら楽しく過ごしています。

寒い日がまだまだ続きますがお体に気をつけてお過ごし下さい。

本当にありがとうございました!

お世話になりました!」


わっ。happy01 おめでとうございます!


このKさまの場合には「基礎体温表高め」を軸にずっと漢方薬の相談をさせていただいていました。


参考までにこのお客さまの漢方相談の経過も掲載させて頂きます。

2014.10.24


結婚10年目 FSH28・9でしたが、この日を迎える事ができたことは夢のようですし、 日に日に大きくなっていく我が子をみているだけで、とても幸せです!

// ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
●●   「この日を迎える事ができたことは夢のようですし、日に日に大きくなっていく我が子をみているだけで、とても幸せです!」
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

Kさまより掲載許可を頂きました。

コラムを作成させて頂きます。


Kさま 39歳のときの漢方相談です。



○平成23年6月30日


39歳 結婚10年目 

FSH28・9 LH 6・17 PRL 6・05

卵巣機能低下(卵巣機能不全)です。FSHが高いです。


初潮14歳

月経周期は28~30日 月経期間は4~5日間 

経血量は初日、2日目に多く生理痛はとくにひどくありません。


冷え性、肩こり


これから病院でのタイミング治療が始まります。

漢方薬は、麦味参顆粒、二至丹、瓊玉膏、婦宝当帰膠、参馬補腎丸をお勧めしました。



翌年の平成24年2月頃からは「月経周期が短めの漢方相談」になりました。


婦宝当帰膠、天王補心丹、温清飲、二至丹、知柏壮健丸、帰脾湯、マカ、冠元顆粒など


平成24年11月3日にめでたく陽性反応、以前に流産された体験がありますので、


婦宝当帰膠、帰脾湯、コンクレバンなどで妊娠中の体作り


そして平成25年8月に嬉しいメールを頂戴しました。


「こんにちは!


お陰様で、7月に元気な女の子が誕生しました!

予定日より2日早い満月日に産まれました。


母子共に健康で、順調に経過しています。


お産も3時間51分と高齢ながらも安産でした!

この日を迎える事ができたことは夢のようですし、

日に日に大きくなっていく我が子をみているだけ で、とても幸せです!

本当にありがとうございました!」


嬉しい結果になりまして、心から本当に良かったなあと思いました。

FSHが高い、卵巣機能低下(不全)からよく頑張りました。

ご家族の末永いお幸せを心から願っております。

今週は水曜日の2月8日(水曜日)は土屋幸太郎公休です。

そのかわり、2月11日(土曜日祝日)は働きますので、よかったら漢方相談にご来店ください。


もともと休みの日だと土曜日を忘れていたのですが、同じく40代で体外受精の採卵で9個、9個とも受精という素晴らしい経過のお客さまから相談に来たいです。とメールがありましたので、張り切って土曜日は漢方相談する予定です。

建国記念日のめでたい日ですから、天気がいいといいですね。


漢方相談のご予約は 0237-47-0033の土屋薬局、スタッフまでお話してください!


頭痛、肩こり。痛み、しびれの中医痺証


「目、耳、鼻、口、のど」 目の痛み、眼精疲労、ドライアイ、耳鳴り、突発性難聴、後鼻漏や花粉症、のどなどの中医五官病の漢方相談。

不妊症の子宝相談。(本場仕込みの本格的な漢方相談)


ほかどのようなジャンルの漢方相談もお受けしています。

漢方相談会、独身の方が結婚前に生理不順の真剣な婦人病の漢方相談をお寄せ下さったり、不妊で悩む人生の岐路に立っているような真剣なカップルでのご来店が土屋薬局には増えてきています。


元気のでる漢方相談を真摯に心掛けています。


龍に赤ちゃんが載っている画像、子宝に恵まれた


お電話やメールで漢方相談のご予約お願いします。
平日の漢方相談大歓迎です。一人一人に時間をじっくり割いて相談しています。
遠方のかたは、電話やメールでご相談をお寄せください。こちらから。

中国漢方の痺証と中国漢方婦人科に詳しい薬剤師 土屋幸太郎 国際中医師)、不妊カウンセラー(NPO法人不妊カウンセリング学会認定)による親切な相談。じっくり話を聞いて一人一人の体質や年齢、症状に応じて相談しています。どうぞお気軽にお声をかけて下さい。

土屋幸太郎のプロフィールはこちらです。


日本不妊カウンセリング学会認定 不妊カウンセラー認定更新証

日本不妊カウンセリング学会認定 不妊カウンセラー認定更新証

中国政府による認定の国際中医師の賞状

中国政府による認定の国際中医師の賞状です。

漢方相談のレベルが本場の中医師と同程度という証明です。


「中医学」漢方に普及に尽力 東根・土屋薬局 大使館から表彰の山新の記事

山形新聞で紹介された土屋薬局の記事、中国大使館から表彰を受けました。

「中医学」普及に尽力 東根・土屋薬局 大使館から表彰の山新の記事


土屋薬局 漢方相談 「龍に子供が載っている画像」子宝に恵まれました


土屋薬局店内 漢方勉強会

<2015年7月30日 土屋薬局店内 漢方勉強会>


不妊症で悩んでいた漢方相談のお客さまからの妊娠、出産のお礼のお手紙と赤ちゃんの写真


壁面には不妊症で悩んでいたお客さまが土屋薬局の子宝の漢方相談でめでたく妊娠、出産されたお礼にと寄贈された赤ちゃんの写真やお手紙がいっぱい。

明るい活気と希望に満ちた漢方相談薬局です。


ご主人さま、ご実家のお母様と赤ちゃんと家族4人でのご来店でした。

こちらのコラムもぜひご覧になってください。


山形県東根市神町の土屋薬局の外観

こちらも2015年7月30日現在の土屋薬局の外観です。

連日の猛暑、旧国道13号線沿いに当店がございます。

地理的には村山市、河北町、天童市、寒河江市、山形市、仙台市から来店しやすいです。



I薬剤師 土屋幸太郎の漢方相談の風景 title=

<2013年11月4日 郡山市ビッグパレット 薬剤師 土屋幸太郎の漢方相談の風景>

薬剤師 土屋幸太郎の漢方相談の風景

土屋薬局 中国漢方通信/漢方専門の薬剤師、不妊カウンセラーが相談します。

漢方体験ドットコム…土屋薬局のお客様体験談です。ぜひご覧になってください。

中国の子授け観音様の送子観音菩薩

<2015/09/30 送子観音菩薩像を漢方コーナーに移動しました。オーラがでています>

中国の民間の信仰では、送子観音菩薩は日本でいう「子授け観音」として大変に有名です。

中国で漢方の不妊治療の名医、老中医は「あの漢方の先生はまさに漢方の送子観音菩薩様です」とも言われたりしています。

当店も私も多くの人を苦しみから救う送子観音菩薩様のエピソードにあやかりながら、お客様たちと喜び、悲しみを共有していきたいです。


子宝の神様、送子観音菩薩と中国の泥人形


漢方のご相談方法は、漢方相談表、またはファックス電話で受け付けています。
お問い合わせは、送信フォームもございます。
詳しい漢方相談の方法はこちらからで説明しています。


所在地 山形県東根市神町中央1-10-7
Google mapによる所在地

営業時間 第二、第四日曜日お休みです。

平日 午前9時~午後7時  土祭日 午前9時~午後6時

メールアドレス JDY00247@nifty.com

電話 0237-47-0033 漢方電話相談室 0237-48-2550 Fax 0237-49-1651


仙台方面からのご来店の場合には、お車でのご来店、または仙台駅前の旧仙台ホテル跡の複合商業施設のEDEN前のバス停から「山形新庄行き」48ライナーの山形交通のバスをお勧めしています。さくらんぼ東根駅下車です。1時間に1本あります。約1時間15分です。

さくらんぼ東根駅に到着されましたら、当店のスタッフがお迎えにまいりますので、お気軽に前もってご予約のうえご来店頂けたらと思います。


2016.09.14 「追記です。仙台から、もし「来店を希望されるお客様」へ

2016.09.23 こちらも追記です。 「土屋薬局での漢方相談のご予約のお問い合わせにつきまして


山形県県内、朝日町 飯豊町 大石田町 大江町 大蔵村 小国町 尾花沢市、金山町 上山市 河北町、川西町、寒河江市 酒田市 鮭川村 庄内町 白鷹町 新庄市、高畠町 鶴岡市 天童市 戸沢村 長井市 中山町 南陽市 西川町 東根市 舟形町 真室川町 三川町 村山市 最上町 山形市 山辺町 遊佐町 米沢市。

お隣の新潟県、福島県、秋田県、宮城県、仙台市などにお住いでご来店できる方はぜひ山形県東根市の土屋薬局まで漢方相談をお寄せくださいね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016.12.19

先週の漢方相談会の様子など 2016/12/19

こんにちは。

薬剤師、不妊カウンセラーの土屋幸太郎です。




今日の東根市はだいぶ温かい感じです。

昨日から、(昨日は午前中は妻の用事で大石田に滞在していましたが)、大石田も含めて東根、山形もだいぶ天候が落ち着いていて、先週の厳しい冬の雪景色から一転して穏やかな感じです。

このまま年末まで天候が落ち着いていると嬉しいなあと思います。


先週の漢方相談会、土曜日は予約のお客さまが3件でしたので、余裕をもって臨みました。


結局、閉店までお客さまたちが順繰りに来店されて、あまりゆっくりすることもなく頑張って漢方相談した一日でした。


お客さまは、山形市、東根市、寒河江市、仙台市、鶴岡市、村山市、天童市、米沢市など山形県内を中心にご来店頂きました。


不妊症などの子宝での漢方相談が多かったです。


鶴岡市からは2組のお客さまたちで、鶴岡市は思うに、人柄がよくて優しい人達が多いですね。

今日の月曜日、午前中は尾花沢市からの常連のお客さまもいらっしゃいましたが、大石田や尾花沢市の人たちも優しくていい人ばかりです。


最近、大石田や尾花沢市に縁があるので、東根市から北のほうから村山市、大石田、尾花沢市などからも、お客さまの来店があると嬉しいなあと妻と話し合いました。


土曜日の漢方相談会、早発閉経のお客さまがいらっしゃていましてここ3年間ぐらい漢方相談での長いおつきあいとなっています。


早発閉経の漢方相談は、「2016.12.14 中医不妊症お茶の間講座「薔薇」第3回…早発閉経、第二子不妊」 こちらのコラムにもありますように病院の治療も「根気よく」と長期戦になることが多いです。


時代が変われば漢方の処方も変わったりもします。


重要な漢方薬の処方を柱にして、体調を整えるようにお勧めしています。


地元の産婦人科のクリニックの先生とのところで血液検査。

ホルモン検査をしていて、治療のほうは東京に通われています。


最近、他のお客さまが良かった漢方薬などもご紹介して、プラス 体づくり肝臓加水分解物の医薬品もお勧めしました。


肝臓加水分解物のアミノ酸はホルモンや子宮や卵巣や血管、血液などの「もと」ですから、冷え性なども軽減して良い結果につながっていって頂きたいです。




土曜日の午前中に報告があったのは、紫煌珠(しこうじゅ)というプラセンタのサプリ。


新しい商品なので、ちょっと様子をみていました。


「2016.11.09 2人のお子様に恵まれたお客様からのご紹介と生理前の食べ物

今日の午前中は「山形市のお友達から今年の春に土屋薬局さんを紹介されて、それからずっと来たい、来たいと思っていたんです」というご主人様と夫婦でのご来店の初来店のお客様がいらっしゃいました。


お友達のかたは2人のお子様に恵まれて幸せで、元気に毎日を暮らしているそうです。


ご紹介されたお客様の場合には、当店のことも知っている方からの紹介ですから、わりと不安のようなものがなくて、スッと溶け込めるようです。


今後の良い結果となりますことを心から願っています。


こちらのお客さまに、婦宝当帰膠と紫煌珠の2つでリラックスした感じでお勧めしました。


12月17日の土曜日のお電話だと「高温期が続いていて妊娠したかもしれないです!妊娠中服用しても大丈夫ですか?」とまさかの急展開の良いお話でした。


よく新しい漢方薬の商品が合っているかどうか、そのお店やその漢方の先生に合っているかどうかは、「最初の頃にお勧めしたお客さまたちの反応」でわかりやすいです。


土屋薬局の場合には、独歩丸や独歩顆粒(独活寄生湯製剤)がとても山形、東根、村山などの地域で評判が良くて痛みやしびれが楽なるケースが多かったですので、そのまま自信を持ちました。


紫煌珠もひょっとしたらかなり素晴らしいかもです。



| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016.12.14

中医不妊症お茶の間講座「薔薇」第3回…早発閉経、第二子不妊

おはようございます。

薬剤師、不妊カウンセラーの土屋幸太郎です。


昨日も雪降で昨年と違って冬らしい風景になっている山形です。

もう今日で12月15日、あと2週間で年の瀬ですから早いものですね。


さてだいぶ時間が経過しましたが11月22日に行われた中医不妊症お茶の間講座「薔薇」第3回の講義をまとめてみたいです。


今回は2つの中医不妊症の漢方検討会でした。

症例1)


主訴:早発閉経、採卵できない 30代の主婦の方


生理不順、初潮から年に1~2回程度。

ピルで生理を起こしている。

<体外受精(ART)の治療>


「ジュリナでFSHが下がれば採卵できるかも」と婦人科の先生


ジュリナを服用しつつセロフェンの隔日投与


しかし反応がない状態でFSHが上昇してしまいプレマリン、ノアルテンでリセット


セロフェン3~4日に1錠、エストラーナテープ2日に1回2枚貼ります。

+ジュリナ6錠プラス


LHが高いのでアンタゴニストを注射


卵胞みえずリセット


セロフェンは4日に1錠ペースにするとFSHは上昇しませんでした。


小さい卵胞がみえましたが、途中で卵胞がみえなくなった。


ピルでFSHが下がるが、ピルを中止するとFSHが上がります。


今後、IVA(原始卵胞体外活性化法)ができる不妊クリニックへ転院しようかどうか迷っています。


IVAとは体外活性化( In vitro activation)のこと。

体外に取り出した卵巣組織にある操作を加え、卵巣内にある卵子(発育開始前の原始卵胞)を体外で成長開始させ自身の体内に戻す新技術、1978年の体外受精、1990年台代の顕微授精に次ぐ不妊治療の革命と期待される治療法です。



この場をまとめるテューターの康先生から、(私の師匠の中医師の先生の1人。年齢を重ねる度に若返ってくるというリアル中医学なレジェンドです)。


検査値について→E2は60くらい、FSHは1桁代、LHはFSHより低いことが望ましい。


排卵誘発の失敗したときにはアンタゴニストで抑える。


E2が200以上になると卵胞1個はふつうはあるが、卵胞がみえないときには失敗。

甲状腺の数値に関して TSH 不妊症でなければよいが、不妊のときには2・5以下が望ましい。

甲状腺機能低下症

一緒に討論会に参加した漢方薬局の先生方は北から南へ多数いらっしゃいましたが、いろいろと漢方アドバイスがありました。

1人の先生は「もっと胃腸のちからを考慮してみたらいかがですか?」という意見もあって、私もなるほど。と思いました。


引き続き担当の薬剤師の先生のところで漢方相談していきます。



症例検討その2) 30代 第二子希望


BMIが18・6

標準体重の86%


BMIは 90%以上はあったほうが望ましい。

体づくりも大切。


多発性子宮内膜ポリープ

→エイジングにより子宮の環境が悪くなりやすい。

子宮の老化、血行不良、子宮筋腫も増える。


月経周期 28~35日 →排卵に関係がある。


黄体機能不全→卵の力がない、排卵にも影響する。

基礎体温の低温期が高い→卵巣機能低下→高温期低い


生理周期が遅れる場合には、気血不足、腎陽不足


※夫婦関係を良くしてタイミングを増やすこと


土屋の意見→病院でクロミフェン、デュファストン、ゴナールエフ(HMG注射)など不妊治療をされていますので、もっと気楽に病院の治療に伴奏を奏でる程度の漢方の併用でもいいかもしれません。



| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016.10.28

子宮内膜症/FSH37高め、AMH低めでしたが妊娠!

土屋薬局のお客様からブログ掲載の許可を頂戴しました。


妊娠された嬉しい経過の報告をさせて頂きます。


「子宮内膜症/FSH37高め、AMH低めでしたが妊娠!」



2016年10月14日 


「返信遅くなりました。

もちろんです。

ココログに載せていただいて大丈夫ですよ。

私の体験談で少しでも励みになっていただける方がいれば私も嬉しく思います。

どうぞよろしくお願いいたします。」



2016年10月11日


ご無沙汰しています。

昨年末ほどお世話になりました。

その節はお世話になりました。


近くの婦人科へすぐ行きましたが、私の結果を見るなり、うちでは難しいから何もできないという判断でした。


ホルモン値だけはとりあえず検査してもらったのですが、FSHの値は「13」ほどまで下がっていました!!(以前のFSHは37ほどありました。)


その後、県外にある不妊治療で有名な病院へラストの望みをかけて行ってみました。

その時のFSHの値は「7」ほどになっていました。


土屋薬局様に処方していただいた漢方や自宅に帰ってきて結果、いろんな気づかぬストレスから解放されたのかなと思っております。


ただAMHの値はやはりとても低い値でした。


「私の卵子大丈夫なのかな?」と、とても不安ではありました。


そのときに病院の先生は、『AMHの検査値はあくまでただの値であって、体調にも左右されるものだから気にしすぎなくていい!身体の状態は良さそうだし若いし、これならタイミングでも人工授精でもいいかもしれないなぁ』と言ってくださりました。

他の病院では「このFSHやAMH値の状態だとうちでは何もできない。卵子ドナーを検討するべき」という感じだったので、婦人科の病院によって、先生によって、全然違うのだなということをとても感じています。


そして、私たちは今後のことも考え体外受精の道を選択し、1度目にて奇跡的に妊娠することができました!!!

現在、妊娠17週に入ったところです。

いろんな不安はありますが、今は、とにかく無事に元気に育ってくれて生まれてきてくれることを祈るのみです。


ちょうど1年ほど前、「もう自分たちの子供はあきらめるしかないのかな」と落ち込んでいたあの頃、まさかこういう結果、妊娠になることは、夢にも思っていませんでした。


あのとき、土屋薬局様に漢方の相談にのっていただき、あきらめずにいて良かったなと心底思っております。

本当にありがとうございました。

また無事に産まれましたら、ご報告させてください。


今回の経験を経て、私のように、そして私以上に不妊に悩んでいる方がたくさんいるということを改めて知りました。

不妊で苦しむ方が少しでも少なくなりますよう、そして、今後の日本の不妊治療全般がもっと進むことを願っています。

そして土屋薬局様の今後のご活躍をお祈りいたしております。



初回の漢方相談のときのメールです。


2015年11月7日


子宮内膜症、チョコレートのう胞について、補足させていただきます。


H25年1月30日 子宮頸がん検査を婦人科へ受けに行き、エコー検診(?)もしてもらう。

左の卵巣がはれているので、至急大きな病院でMRIを受けた方がいいといわれる。


H25年2月1日 MRI検査を受け、おそらくチョコレートのう胞でしょうとの診断。

4cmほどの大きさと言っていました。

H25年2月26日 腹腔鏡手術を受ける。


術後の経過も特に問題なしということでした。


あと、身体の症状で書き忘れていたのですが、ここ数カ月、たまにですが、頭の前からこめかみあたりまでが重く感じるときがあります(痛いという感じではありません)眠たいような感覚も同時にあります。疲れているような。

スマホなどで目が疲れていたり、排卵期などの関係もあるのかなとも思っているのですが・・・



Oさま、このたびはまことにおめでとうございました!

今後とも体調よくお過ごしになって頂きたいです。

土屋薬局からの漢方はFSHが高い対策として一般的な養血調経補腎にプラスして疏肝理気と寧心もお勧めさせ
て頂きました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016.07.11

早発閉経(POF)の漢方相談その2

こんにちは。

薬剤師、不妊カウンセラーの土屋幸太郎です。


今日の7月11日月曜日は、朝から遠方のお客様の電話が続きました。

埼玉県、大阪府、大阪府、東京です。


「大阪」の女性の方と私の「山形の東北人」のキャラクターの相性、意外にもいいかもしれないなあと思いもするのですが、話は戻って漢方相談です。

すべて子宝漢方相談でした。


「早発閉経」の方が1名いらっしゃいました。

お話をお伺いすると、その方が通院されているところは、「早発閉経」で有名な病院から東京都内で開業された先生のクリニックです。


クエートからも患者さんが来ているそうです。


「世界クラス」で驚きました。

海外からも「早発閉経」の患者さんが来るそうです。


さて、「早発閉経の最新の手術」を受けました。


「卵巣の一部を切除してスライスして、それを1周間ぐらい培養して更に再度、卵巣に戻す」そうです。


1週間の入院手術で早いかたは「3ヶ月後」から手術の効き目がでてくるそうです。

遅くとも「1年以内」が卵胞が育つ目標です。


早発閉経(POF)の漢方薬」こちらにも土曜日の漢方相談会が終わってから書きましたが、地元のお客様にも何人か「早発閉経での漢方相談」のかたいらっしゃいます。


自分の文章を引用します。


早発閉経(POF)の漢方薬


土曜日の漢方相談会、無事に終わりました。ひとりひとり、まったく違うパターン化されていない「お客様に寄り添った漢方薬」体現できたと思います。

朗報は「早発閉経」のお客様「ボン!と卵胞が13ミリまで大きくなりました!」と感激の展開でした。いつも仕事帰りの土曜日の午後にふらっと来店されるお客様で注文通りに「早発閉経の漢方薬」をお求めになりお帰りになりました。

そのあときちんと薬歴簿をつけてみたら前回は大サービスで無料で一週間「とある漢方薬」を「早発閉経対策の漢方薬」としてオススメしていたのでした。

うーん、これが普通の漢方薬の発想とは違っていて「エストラーナテープ」とかお薬をいっぱい使って今までホルモンなど調整してきていますので「デトックス」「肝臓機能の代謝」を良くする方法だったのでした。

これって、普通の日本漢方の漢方薬局、病院やクリニックの漢方では絶対でてこない、処方されないもの。

中医薬研究会でも、一部の一握りの先生だけが知っている「早発閉経対策の発想」です。

今後ともこの「早発閉経(POF)の漢方薬」の方法、機会があれば当店に来店されるお客様に紹介していきたいです。

…✂︎ キリトリセン✂︎…

話は戻ってそのお客様「いきなり、卵胞がパッと見えてきたんです。」とのことでした。月水金と週に3回の通院で注射しています。うまくいってほしいです。

ということで、この漢方理論は東京からわざわざ山形まで商品の知識を教えにきてくれた先月、先々月くらいに「叩きこまれました」ので、感覚的にはわかっていました。


プレマリンとかエストラーナテープとか、いろいろなホルモン剤を「早発閉経」の患者さんは使用しますのであるお意味「畑が農薬づけ」になっていますから、「デトックス」を兼ねる漢方の新しい方法です。

今日の電話相談でのお客様にも何らかの変化があってほしいです。


また季節に合わせて漢方相談していきたいです。

早くも7月の三連休、「海の日」が近づいてきました。


早発閉経・卵巣機能不全の漢方対策」こちらも参考になりましたら、幸いです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015.12.24

1)生理不順に、無排卵月経、早発閉経に  2)耳鳴り、突発性難聴に

こんにちは。

今日はクリスマスイブで楽しい出来事が続く毎日です。

山形は今年は暖冬で蔵王スキー場もやっと雪がある状態のようです。

平野でも積雪がなくて過ごしやすい12月を過ごしています。


さて先日に何先生から漢方レッスンを受けて勉強したこと、お聞きしたことをメモしていきます。



1)生理不順に、無排卵月経、早発閉経の漢方相談について


弁証論治における一人一人の不妊体質+イスクラ逍遥丸(しょうようがん)を加える。


逍遥丸は生理周期が長い人に効果的です。


肝血(かんけつ)不足があると生理が作られなくなるから。


8丸×3回または満量の12丸×3回で


+参茸補血丸  安神剤の心脾顆粒(しんぴかりゅう)または天王補心丹(てんのうほしんたん)


早発閉経・卵巣機能不全の漢方対策」こちらも参考になりましたら、幸いです。


2)耳鳴り、突発性難聴の漢方相談のお問い合わせに


舌ベロは紅い色

裂紋と呼ばれる亀裂が沢山ある舌


日常ではあまり遭遇しない舌ベロでしたので、中医師の先生2人も問い合わせしました。


何先生から


「亀鹿仙がいい。耳鳴りが治っている人がいる」


「+補中丸」


「寝る前に心脾顆粒1包」


耳鼻科の国医大師の弟子のトン先生から


「普段、私は講義では補腎(ほじん)に理気活血(りきかっけつ)と耳鳴りの治し方の方法を説明不足していますが、この方はタイプが違います。

裂紋が沢山あります。

気陰両虚(きいんりょうきょ)ですから亀鹿仙がいい。


+酸棗仁湯


せいぜい、+婦宝当帰膠を追加するぐらいでいいと思います。


耳の周りの耳鳴り漢方体操も加えていきます」


とのことでした。


月経不順、生理周期が長い方。

無排卵でお悩みの方。

耳鳴り、突発性難聴後の漢方相談お寄せください。


寒河江のケーキ屋さん

<2015年12月23日>

昨日はクリスマスイブイブケーキを予約していた寒河江のお店に取りに行きました。

実は初めてのお店でしたが、ネットのブログで評判が良かったので思い切って決めました。


クリスマスムード満点

土屋薬局とは違いクリスマスムード満点の店内です。

手狭な店内にあちこちにクリスマスケーキが置かれて、予約のお客様たちが次々に来店してきた午後3時半過ぎでした。


2014年ベストスイーツ

食べログファンも泣いて喜びます。

2014ベストスーツ賞


玄関もオシャレでした

玄関もお洒落で遊び心があります。


オブジェ

これは妻と二人でうけました。

なかなか凄いオブジェです。


ケーキ美味しかったです!

ケーキは生クリームといい、中のスポンジといい、とても美味しかったです。

また購入に行きたいです!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015.12.04

早発閉経の漢方薬で3~4年ぶりに自然に生理が!!

こんばんは。

薬剤師、不妊カウンセラーの土屋幸太郎です。


お陰様で今日の金曜日も漢方相談、午前中は宮城県の仙台からのお客さま、午後は地元の山形県東根市、村山市などからのご来店がございまして忙しかったです。


明日の土曜日も何件かの漢方相談のご予約が入っていますので、しっかり対応したいです。


さて、今日に来店されたお客さま、左の卵巣に卵巣のう腫が3センチあり経過観察でした。

今年の平成27年9月28日が初回の漢方相談日です。


11月6日は「左の卵巣の腫れがひかなくて腹腔鏡手術の予定です。人工授精2回目の予定がホルモン剤も含めて中止になりました。クロミッド5日間服用してさらに卵巣に水がたまったようだ」とお聞きしています。


11月12日も卵巣が腫れていて3ヶ月間、3センチのまま

水がひかない。


そこで熟考しまして、いままでの漢方薬 + 「胃腸を丈夫にして体の余計な水分を解消するロシアの漢方」をお勧めしました。

◎今日の12月4日のご来店では、卵巣の水がひいて腫れが小さくなりました。


卵胞の下にも水が見えなくなりました。

角度によってはあるようにも、ないようにも見える。(エコー検査)


先生のほうから排卵誘発剤などが合わない体質ではないか、もし今後治療するのでしたら、排卵誘発剤を使わずに自然な感じでしていくのが良いのではないか?とアドバイスをもらったそうです。


ということで、お客様と二人三脚状態で漢方相談に取り組んでいる今日この頃です。


温泉が好きだそうで宮城県の鳴子温泉に泊まったり、栃木の那須湯本や日光湯元温泉などにも泊まりに行っているそうです。


温泉の話はいいですね。


最後に、土屋薬局に来るととても元気になるとのことで11月16日に頂戴した投函されたお葉書のことで、「もしよろしかったらココログというブログで紹介してもいいですか?」とお聞きしましたら、快諾をいただきましたので紹介させて頂きます。


お客様からの絵葉書

<2015年12月4日撮影>

「いつも、大変お世話になっております。

不妊の相談でお世話になり、幸太郎先生のその人に合った漢方のおかげで、冷え性や、夜もぐっすりとねむることができて、体調も日に日に良好になっていると感じます。

幸太郎先生の『大丈夫です。子宝に恵まれますよ』という、お言葉が本当にありがたいですし、感謝です」


また「今月もお便り書きます!」と有難いお言葉でした。

お褒めのお言葉、感激です。



昨日の夕方は午後から漢方相談のお電話が多かったのですが、一人の早発閉経のお客さま、40歳です。


早発閉経 卵巣が弱っているので排卵誘発もしづらいので自然周期で採卵しています。


1年に1回しか採卵できない。


毎年、春。


FSH70~50  LH30~50  E2 10以下


今年の平成27年11月2日からの漢方相談。


以前から当店の山形県東根市の土屋薬局の存在を知っていましたが思い切ってお電話したそうです。


漢方薬4種類お勧め


11月16日 疲れなくなった。


FSH70  LH50  E211 (11月12日の検査)


そして昨日の平成27年12月3日


◎3~4年ぶりに自然に生理がきました!


11月初めはFSH80でした。


「こんなに早く漢方が効くとは驚いています。」


「普通は3ヶ月過ぎてから効き目があると思うのですが、なんでですか?」


「漢方は体に合っていて、すごく疲れがとれました」


「まさか自然に生理が来たとは!」


などと嬉しいお電話でした。


上記の早発閉経のお客さまも掲載許可を頂いています。


では明日の土曜日も薬剤師として漢方相談、店頭で頑張ります!


早発閉経・卵巣機能不全の漢方対策」こちらも参考になりましたら、幸いです。


我が家の庭 池も雪囲い

<2015年12月3日>

我が家の庭です。

池にも雪囲いです。

金魚たちとは来年の春までお別れです。


池の雪囲い

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015.11.10

FSH→28.19から漢方相談。自然妊娠でご出産。2人目も妊娠!

こんにちは!

薬剤師、不妊カウンセラーの土屋幸太郎です。

今日も天気予報は「曇り」ですがうっすらと晴れ間となり、暖かな陽気の山形です。

昨日は台風後の気候のような「生暖かい」天候でした。

最近は穏やかな日が続いていて落ち着いた毎日です。

我が家の庭

<2015年11月10日 我が家の庭>

ハウチワカエデの紅葉

池で悠々と泳ぐ金魚たち


さて今日は平成23年6月30日から子宝の不妊症漢方相談で土屋薬局をご利用頂いているお客さまから嬉しいお電話がありました。


先日にメールで「高温期が2週間続いていますが、もし妊娠していてもこのまま同じように子宝の漢方薬を飲み続けていて良いでしょうか?」というメールを頂戴していました。


実はこのお客様は、不妊症での子宝・漢方相談を始めた今から5年前の平成23年度の段階で


「本日、クリニック受診したところ、7月8日の検査結果について、

エストラジオール→56
プロジェステロン→0.9

との結果で、プロジェステロンは通常は低くても10以上はないと・・・と言われてしまいました。

また、前回の検査(6月9日)にて、

プロラクチン→6.05

LH→6.17

FSH→28.19


との結果です。


「FSHが高い為、妊娠するのは医学的には困難です。」と言われていた事もあり、今後妊娠できるのかどうか不安で仕方がありません。


しかも、もうすぐ40歳を迎えてしまう為、かなり焦りもあります。


先日、土屋先生に色々とお話を伺って、一時的にはホッとしたところではありましたが、クリニックに行き、検査結果を目の当たりにする度に、不安で仕方がありません。

土屋先生のホームページにて「FSHが高くても漢方で不妊体質を改善してご懐妊、妊娠!」の実例を拝見し、自分の事の様に嬉く思い、きっと自分も!!と明るい気持ちになれるのですが、実際に私のような値でも皆さんのように子供を授かる事ができるのでしょうか?」

このFSHが約29とFSH高値からの状態から、平成25年7月に女の子をご出産!


というすごく頑張られたお客さまだったのです。


なんと土屋薬局の漢方薬での自然妊娠でした。


「さて、現在の私の状況ですが・・・

今周期は、人工授精も行わず、薬も使わずでしたが、本日、高温期25日目となり、ダメもとで妊娠検査薬を使用してみたところ・・・

なんと!なんと!!

陽性反応がでました!!

それもこれも、土屋先生の処方いただいた漢方のおかげと感謝しております!!」


今年の平成27年からは第二子をご希望とのことで再度、漢方薬を再スタートされました。


基礎体温が高めの漢方相談

基礎体温が高めの漢方相談も兼ねました。

低温期で36・5℃前後、高温期は37℃を越えます。


よく「基礎体温は高ければいいと思っていた」という声も耳にしますが、基礎体温が高い時には卵がサウナ状態でゆで上がってしまい、暑くて着床しにくい状態です。


基礎体温を体に潤いをつける方法で下げることを目標にします。


9月からガラリと漢方薬のスタイルを変えて「基礎体温が高めの漢方対策」となります。

基礎体温が高め

基礎体温がスッと下がりました

驚くべきことですが1周期でスっと基礎体温が下がりました。


低温期で36・3~36・4℃と正常になり、高温期も36・8℃前後と理想的です。


きれいな二層性の基礎体温のグラフです。


そして、まだ怖くて妊娠検査薬を使っていませんが高温期が18日目となっているとのことで、大いに期待しているところです。


お客さま曰く「土屋薬局の漢方薬を服用していると不妊症体質を改善して妊娠できる!という妙な安心感があります。先生の処方を信じてこれからも飲み続けます」と有難いお言葉を頂戴しています。


お客さまの年齢を聞いたら今は44歳だそうです。

30代のころは病院やクリニックの先生たちからは「妊娠は無理だ」と言われていました。

すごい、すごいです。

FSHが29からの漢方相談で2人目までもってきました。

今後とも順調にいきますことを心から願っております。


(お客さまからの了解をえてFSHが高め、ホルモンバランスが悪い時の漢方コラムを作成させて頂きました

○平成28年5月16日追記です。

その後、こちらのお客様、めでたく妊娠3か月になっています!


平日午後4時に新規の不妊症での漢方相談、子宝相談の依頼が続いています。」こちらのコラムも参考になりましたら、幸いです。

早発閉経・卵巣機能不全の漢方対策」こちらも参考になりましたら、幸いです。


2017年3月8日追記です。


FSH高い28.19から40前に妊娠出産、再び漢方で45歳で2人目出産!

無事にご出産されました。

奇跡的なことが2回もおこりまして嬉しい限りです

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015.11.05

不妊症の年代別子宝漢方相談…その6 月経不順(後期):卵巣性の基礎体温の特徴 Ⅱ

シリーズはまだ続いていて季節はすっかりと秋になりました。


前回は「不妊症の年代別子宝漢方相談…その5 ◎生理不順の漢方治療の三拍子」でした。

不妊症の年代別子宝漢方相談…その4 生理不順のタイプ、生理不順の原因

こちらなども参考になりましたら、幸いです。


さて、シリーズその6 「月経不順(後期):卵巣性の基礎体温の特徴 Ⅱ」の巻です。


月経不順(後期) 卵巣性の基礎体温の特徴Ⅱ


不妊症のBBTの基礎体温の特徴:卵胞期長い、不安定、波動が激しい


基礎体温のグラフ

<またヘタウマな基礎体温のグラフになってしまいました。。>


卵巣機能低下、卵巣早衰、FSHが高い

多嚢胞性卵巣、卵巣嚢腫


中医弁証──肝腎陰虚(かんじんいんきょ)、痰湿瘀血(たんしつおけつ)


漢方方剤─補腎薬+去痰(きょたん)、活血(かっけつ)剤


補腎薬…夏至と冬至に採れる漢方薬→不正出血の予防にも、人参と海馬が配合されている脾腎に良い漢方薬→健脾化痰する。


去痰→チャガ  たとえば、3ヶ月間1つの卵がホルモンを邪魔する。E2は上がってしまう


活血剤→<基礎体温が高い> 水蛭配合の漢方薬、 <基礎体温が低い> 丹参製剤や桂枝と茯苓が配合された漢方薬など


生理不順(後期):医原性の基礎体温の特徴 Ⅲ


不妊症の基礎体温の特徴:卵胞期長い、不安定、高め


基礎体温が不安定、卵胞期が長い、不安定、高め


<基礎体温は36・5℃以上>


長期間に渡る排卵誘発剤の使用、子宮内膜症治療など


中医弁証─痰湿鬱熱(たんしつうつねつ)、気陰両虚(きいんりょうきょ)


漢方方剤─滋陰清熱(じいんせいねつ)、去痰解鬱(きょたんげうつ)


夏至と冬至に採れる漢方薬、亀とスッポンの甲羅が入った亀食品、知母と黄柏が配合された虚火を鎮める補陰の名方、枸杞の実と菊の花が六味地黄丸に配合された名方、水蛭配合の破血薬など


烏瓜の実がブロック塀に

<2015年11月4日>


烏瓜の白くて可憐な花は、すっかり熟した果実となりました。

葉っぱも紅葉で秋という感じです。


秋の熟した烏瓜の実です

銀河鉄道の夜では烏瓜の実の灯りを思い出します。


若木山公園もすっかり秋。ブランコと銀杏の風景

若木山公園に足を運びました。

すっかり赤黄色の風景で紅葉が美しいです。

ブランコと銀杏の風景もなかなかですね。


地面に落ちた銀杏の実です

今年も銀杏の香りが公園中に広がる季節となりました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015.10.29

POF(早発閉経)の漢方検討会…悪性リンパ腫、急性骨髄性白血病

こんにちは。

薬剤師、不妊カウンセラーの土屋幸太郎です。


今日の2015年10月29日は午後から東京から何先生をお迎えして、漢方ミニ勉強会を店内でします。

最近は妻がおもに黄帝内経素問を習っていますが、私も何先生のお陰で中医学の理論が肌身につきました。

中医学、つまり漢方医学の勉強は読書など本も読むことも大切ですが、分かっている優れた先生から口伝で習うことも大切です。

ちょっとした一言が印象に残って、後々まで記憶に残り、それが漢方相談のときに力を発揮することもございます。


さて、一昨日の火曜日の夜に中医不妊症お茶の間講座 薔薇グループ POF(早発閉経)の中国漢方対策を勉強しました。


いまは体外受精などの地域で有名な不妊専門の体外受精に力を入れているクリニックに通って、排卵誘発、採卵に挑戦している方も多い時代ではないでしょうか。

アートクリニックとか多いですよね。


0051029

<2015年10月27日火曜日> 20~22時


3名の全国の不妊症に強い漢方薬局の先生方が症例を発表されました。


POF(早発閉経)の漢方検討会にて私がメモしたこと、印象に残ったことをログしていきたいです。



1)39歳 2人目不妊 無月経


向精神薬を服用していて、できるだけ減らすような方向で努力しながらお子様を授かる治療をされています。


漢方薬は、婦宝当帰膠、心脾顆粒、麦味参顆粒、甘麦大棗湯など


<テューターの陳先生からのまとめです>


1つは漢方薬で生理周期、月経周期を整える事


プロラクチンが高い可能性がある。→高プロラクチン血症(または潜在性高プロラクチン血症)は排卵障害、黄体機能不全になる可能性がある。


炒麦芽(いりばくが)を多めに使う。


漢方薬の理気(りき)も必要…逍遥丸(しょうようがん)など


肥満の場合には痰湿(たんしつ)だから、排卵障害、黄体機能不全にもなりやすい。


化痰(かたん)が必要…温胆湯がいい、痰湿(たんしつ)をとり安神効果がある。


またはチャガもいい


主人も大事…奥さんだけの問題ではないかもしれません。


気血不足(きけつぶそく)…肝(かん)は蔵血(ぞうけつ)、疏泄(そせつ)作用がある。


逍遥丸(しょうようがん)は補血理気(ほけつりき)なので女性のうつ症状に一番とよい


逍遥丸は積極的に使うべき


+炒麦芽


漢方薬の温胆湯(うんたんとう)も眠れないときには、昼夜などに加える。


本人の症状に合わせて漢方薬を使い分ける。


顔ののぼせ→気滞血淤で加味逍遥散がいい

または逍遥丸


足は冷たいので本質は「熱」ではない。


補腎(ほじん)  排卵前には亀鹿仙(きろくせん)など


ずっと飲むもの…婦宝当帰膠(ふほうとうきこう)、逍遥丸、補腎薬(ほじんやく)

+症状に応じて加減するもの…温胆湯など


うまく本人の症状に漢方薬を合わせていくべき



2)40歳 結婚8ヶ月 若いときに無月経になったことがある。


<テューターの陳先生からのまとめです>


稽留流産…卵の質が悪い、精子の質が悪い。

または40歳以降など年齢の問題


甲状腺機能も考慮する。


瀉火補腎丸(しゃかほじんがん)→すぐに使わない、舌診と合わせて使う、陰虚火旺に


BBTが高くても、寝るのが遅かったり、起床が遅いとBBTが高くなる。



○会員店の先生からの質問


「亀鹿(きろくせん)と瀉火補腎丸の使い分けは?」


○テューターの陳先生の回答


「亀鹿仙は補陰がメイン、陰虚陽亢(いんきょようこう)に。

つまり陰と陽が仲良くなる。

熱を取り除くのではない、正常に戻すこと。

体を冷やしたり、性腺軸を抑制するのはよくないです。」



3)悪性リンパ腫にかかって化学療法、幹細胞移植のために放射線を浴びて月経が止まったかたや急性骨髄性白血病などにかかって以上の理由から早発閉経(POF)になった方など。POF(早発閉経)の漢方対策は?


<テューターの陳先生からのまとめです>


若いときに悪性腫瘍になった。

以上の方たちの規則性はない。


中国漢方では先天的な腎虚(じんきょ)と考え、補腎(ほじん)が大事。


免疫力も考える。


長期間生理が止まる…腎虚+気血不足+瘀血おけつ(淤血の場合にはピルの長期服用が原因だからメインの証ではない)


おもに虚がメイン


補腎精+陰陽双補(いんようそうほ)


漢方薬の参茸補血丸(さんじょうほけつがん)は非常に良い。


化学療法の副作用を軽減する。


双料参茸丸(そうりょうさんじょうがん)もとても良い。


化学療法は熱を生じる→陰虚が進む→まずは補陰(ほいん)


元気がなければ補陽(ほよう)も必要


服用方法の一例


Aパターン   朝は漢方の補陽、夜は漢方の補陰


Bパターン   ある一定の程度漢方薬で補陰(ほいん)して、その後に漢方薬の補陽薬(ほようやく)で月経周期を作っていく


以上、POF,早発閉経などを含む中国漢方式漢方対策の漢方薬局勉強会のまとめでした。


POF・早発閉経に効く漢方薬、妊娠」 

早発閉経・卵巣機能不全の漢方対策/FSHが高くてAMHが少なめの漢方対策/卵巣機能を高める

こちらの記事も参考になりましたら、幸いです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧

その他のカテゴリー

LUF・黄体化未破裂卵胞/不妊と漢方 | PCOS・多嚢胞性卵巣症候群/不妊と漢方 | PMS・月経前緊張症/不妊と漢方 | 「ナチュラルな妊娠」「45歳、もう生んでいいかしら?」 | 「血流たっぷり」をめざしなさい | いびき/漢方薬 | おねしょ、小児夜尿症(おねしょ)/漢方薬 | おりもの/漢方薬 | お腹の張り、腹部膨満感、食欲不振/漢方薬 | しびれ/漢方相談 | つわり/漢方薬 | にきび/漢方薬 | のどのつかえ、喉の痛み、難治性咽頭潰瘍/漢方薬 | ほてり/漢方薬 | むずむず脚症候/漢方で効果改善 | めまい、立ちくらみ/漢方薬 | アトピー性皮膚/漢方薬 | アレルギー性鼻炎と体外受精/不妊と漢方 | アレルギー性鼻炎の漢方相談について | イスクラ冠元顆粒 | イライラ落ち込み漢方、不安落ち込み/漢方薬 | インターネットの掲示板などで漢方紹介 | カウフマン療法/不妊と漢方 | カンジダ膣炎/不妊と漢方 | ガン(がん)/漢方薬 | クラミジア感染症/不妊と漢方 | クローン病、潰瘍性大腸炎/漢方薬 | ココログ版漢方(無名)コラム・2004 | ココログ版漢方(無名)コラム・2005 | ココログ版漢方(無名)コラム・2006 | ココログ版漢方(無名)コラム・2007 | ココログ版漢方(無名)コラム・2008 | ココログ版漢方(無名)コラム・2009 | ココログ版漢方(無名)コラム・2010~ | コンクレバン | シェーグレン症候群/漢方薬 | シミ・肝斑/漢方 | ストレス/不妊と漢方 | セックスレス/不妊と漢方 | タイミング療法/不妊と漢方 | ダイエット/不妊と漢方 | チック/小児チック/漢方薬 | チャイナビュー | チョコレート嚢胞/不妊と漢方 | ツイッター | ディスプレー症候群/漢方薬 | ドライアイ/漢方薬 | ドライマウス、口腔乾燥症/漢方 | ニュースレターより | ハテナ | ヘパーデン結節/漢方薬 | ベビ待ち保育士、幼稚園教諭/不妊と漢方 | ベビ待ち歯科衛生士/不妊と漢方 | ベビ待ち看護師/不妊と漢方 | ベビ待ち美容師さん/不妊と漢方 | メニエール病/漢方薬 | メールマガジン | モンテディオ山形 | ヤフー知恵袋の漢方の回答より | リウマチ性多発筋痛症/漢方薬 | リウマチ/漢方薬 | ロコモティブシンドローム/漢方薬 | 下痢、軟便/漢方薬 | 下肢静脈瘤/漢方薬 | 不妊カウンセラーに向けて | 不妊カウンセラー・体外受精コーディネーター養成講座 | 不妊治療の基礎知識…現状と問題点 | 不妊漢方治療の応用 | 不妊症の基本検査について | 不妊症の年代別漢方相談 | 不妊症の漢方相談会 2008年 | 不妊症の漢方相談会 2009年 | 不妊症の漢方相談会 2010~ | 不妊症の漢方相談会 2013~ | 不妊症の漢方相談会2017 | 不妊症テレビお茶の間講座 「子宮内膜症」 | 不妊症専門講座・PCOS 「多嚢胞性卵巣症候群」 | 不定愁訴/漢方薬 | 不正出血/不妊と漢方 | 不眠/漢方薬 | 中医五官病 | 中医痺証専門講座「南通研修」への道 | 乳がんの疫学と薬物療法 | 乳腺炎、断乳、母乳/産後の漢方薬 | 人工授精/不妊と漢方その1 | 人工授精/不妊と漢方その2 | 体外受精/不妊と漢方その1 | 体外受精/不妊と漢方その2 | 何先生や中医師の先生から漢方のこと聞いたこと | 便秘/漢方 | 円錐角膜/漢方薬 | 冠元顆粒発売20周年記念成都シンポジウムに参加して | 冷え性/不妊と漢方 | 加齢性黄斑変性症/漢方で効果改善 | 動悸/漢方薬 | 卵巣予備能~全周期活血化淤 | 卵巣嚢腫/漢方薬 | 卵巣機能不全、卵巣機能低下/不妊と漢方 | 卵管性不妊/不妊と漢方 | 卵管水腫/卵管留水腫/不妊と漢方 | 卵管閉塞/不妊と漢方 | 卵胞発育不全/不妊と漢方 | 口内炎/漢方 | 呑気症(空気嚥下症)/漢方薬 | 味覚障害/漢方薬 | 咳、ぜんそく、慢性気管支炎/漢方薬 | 咽喉頭異常感症、難治性咽頭潰瘍/漢方薬 | 嗅覚障害/漢方薬 | 土屋幸太郎・漢方講演会 | 土屋幸太郎結婚式 | 土屋薬局からのお知らせ | 土屋薬局のの口コミ、評判 | 坐骨神経痛の痛みしびれ/漢方 | 坑精子坑体/不妊と漢方 | 基礎体温が低め/不妊と漢方 | 基礎体温が高め/不妊と漢方 | 基礎体温ガタガタ/不妊と漢方 | 基礎体温表/不妊と漢方 | 多汗症/漢方 | 夜中目が覚める/漢方 | 夢と不眠/漢方 | 女性のための漢方レッスン | 女性不妊症的中医治療 | 妊娠中と産後の体調不良/漢方 | 妊活・妊娠力アップ/不妊と漢方 | 婦宝当帰膠/不妊と漢方 | 子宮内膜が薄い/不妊と漢方 | 子宮内膜ポリープ、子宮内膜増殖症/不妊と漢方 | 子宮内膜症/不妊と漢方、妊娠出産 | 子宮外妊娠後/不妊と漢方 | 子宮筋腫/不妊と漢方 | 子宮腺筋症/不妊と漢方、妊娠出産 | 子宮頸がん/不妊と漢方 | 季節の養生法 | 学校保健委員会 | 小児漢方/漢方 | 小太郎製薬 | 帯状疱疹後神経痛、後遺症/漢方薬 | 後鼻漏(蓄膿症)の鼻水、鼻づまり/漢方 | 心と体 | 感音性難聴(耳鳴り、難聴)/漢方薬 | 慢性副鼻腔炎(蓄膿症)、アレルギー性鼻炎/漢方薬 | 慢性咽頭炎/漢方薬 | 我が家の庭 | 我が家の庭 2008 | 我が家の庭 2009 | 我が家の庭 2010~ | 手根管症候群、腱鞘炎、ばね指/漢方薬 | 抗核抗体/不妊と漢方 | 掌蹠膿疱症/漢方薬 | 排卵痛、排卵期/不妊と漢方 | 排卵障害/不妊と漢方、妊娠出産 | 日中線記念館 | 更年期障害/漢方 | 月経の経血量が減少/不妊と漢方 | 月経周期が短い/不妊と漢方 | 月経周期が遅れる、長い/不妊と漢方 | 椎間板ヘルニア/漢方で痛み、しびれ改善 | 武漢へ | 死産後/不妊と漢方。妊娠出産 | 母乳の漢方薬 | 泣きたくなる | 活血化淤の応用 | 流産後の不育/不妊と漢方、妊娠出産 | 浮腫み/漢方 | 温活GO | 漢方勉強会(2004~2008) | 漢方勉強会(2009) | 漢方勉強会(2010) | 漢方勉強会(2011) | 漢方勉強会(2012~) | 漢方周期療法 | 漢方周期療法…南京・夏桂成先生の講義より | 漢方薬の安全性について | 漢方薬局で相談を受ける婦人病について | 無排卵・無月経/不妊と漢方・妊娠出産 | 無月経・無排卵・中医不妊症テレビお茶の間講座 | 独歩顆粒 | 生殖医療に関わる疑問に答える | 生殖補助医療の有用性と限界 | 生理不順/不妊と漢方、妊娠出産 | 生理痛/不妊と漢方、妊娠出産 | 甲状腺機能亢進症/不妊と漢方 | 甲状腺/不妊と漢方 | 男女の更年期と神経症 | 男性不妊・乏精子症 精子無力症/不妊と漢方・妊娠出産 | 痔/漢方薬 | 痛み、しびれ/漢方薬 | 痰湿/漢方 | 眼精疲労/漢方薬 | 着床障害/不妊と漢方 | 神経障害性疼痛/漢方薬 | 経血量少ない不妊/不妊と漢方 | 綿花観察日記 | 緑内障/漢方 | 繊維筋痛症/漢方薬 | 老人性膣炎・萎縮性膣炎の漢方 | 耳管開放症/漢方薬 | 耳鳴り、突発性難聴/漢方薬 | 聴覚過敏/漢方薬 | 肘の痛み/漢方薬 | 股関節痛、変形性股関節症の漢方薬 | 肩こりの漢方薬 | 肩甲骨の痛みの漢方薬 | 肩痛、五十肩の漢方薬 | 胃酸過多、機能性胃腸症(NUD)の漢方薬 | 背中のほてり/漢方 | 背中の痛み/漢方 | 胚盤胞/不妊と漢方 | 脂漏性皮膚炎/漢方薬 | 脈拍/漢方 | 脊柱管狭窄症の漢方薬 | 脱毛、抜け毛、薄毛の漢方薬 | 脳卒中の漢方薬 | 脳疲労症候群、脳過敏症候群/漢方 | 腰椎すべり症/漢方薬 | 腰痛の漢方薬 | 膀胱炎の漢方薬 | 膝痛の漢方薬 | 花粉症の漢方薬 | 若木山、石崎山や東根の景色 | 若木山、石崎山や東根の風景2008 | 若木山、石崎山や東根の風景2009 | 若木山、石崎山や東根の風景2010~ | 蕁麻疹、湿疹の漢方薬 | 薄い子宮内膜に漢方薬が有効である可能性がある | 薬膳 | 血の道症/漢方相談 | 血管力をつければ病気は治る | 補腎の話 | 西洋医学的にみた不妊症漢方概論 | 足底筋膜炎の漢方薬 | 逆流性食道炎の漢方薬 | 過去のバックナンバーより | 過敏性腸症候群の漢方薬 | 過活動膀胱、頻尿の漢方薬 | 遺残卵胞/不妊と漢方 | 酒さの漢方薬 | 頭痛、慢性頭痛の漢方薬 | 頸椎症、首のこり/漢方で効果改善 | 頻尿/漢方で効果改善 | 顔面神経麻痺、手のふるえと漢方薬 | 顕微授精(ICIS)/不妊と漢方 | 風邪/漢方 | 食欲不振、胃痛の漢方薬 | 高プロラクチン血症/不妊と漢方1 | 高プロラクチン血症/不妊と漢方2 | 高血圧と糖尿病の漢方薬 | 高血圧の漢方薬 | 鷺草、朱鷺草観察日記 | 黄体機能不全/不妊と漢方 | 黄疸の漢方薬 | 100歳まで元気に生きる! | 2人目不妊、第二子不妊の漢方薬 | 2004年妊娠出産おめでとうございます! | 2005年妊娠出産おめでとうございます! | 2006年妊娠出産おめでとうございます! | 2007(1月~6月)妊娠出産おめでとうございます! | 2007(7月~12月)妊娠出産おめでとうございます! | 2008年妊娠出産おめでとうございます! | 2009年妊娠出産おめでとうございます! | 2009(7月~12月)妊娠出産おめでとうございます! | 2010(1月~6月)妊娠出産おめでとうございます! | 2010(7月~12月)妊娠出産おめでとうございます! | 2011年妊娠出産おめでとうございます! | 2012年妊娠出産おめでとうございます! | 2013年妊娠出産おめでとうございます! | 2014年妊娠出産おめでとうございます! | 2015年妊娠出産おめでとうございます! | 2016年妊娠出産おめでとうございます! | 2017年妊娠出産おめでとうございます! | 40歳代、高齢不妊/不妊と漢方 | AMH/不妊と漢方 | COPD 慢性閉塞肺疾患の漢方薬 | FSHが低い方/不妊と漢方 | FSHが高い/不妊と漢方 | POF・早発閉経/不妊と漢方