カテゴリー「妊活・妊娠力アップ|漢方薬」の記事

2017.09.22

人工授精3回、体外受精5回失敗からの漢方相談で妊娠されたお話です。

薬剤師、不妊カウンセラーの土屋幸太郎です。

山形はお彼岸前に穏やかな天候が続いています。

みなさまも良い休日お過ごしくださいね。


さて、土屋薬局での子宝漢方相談、嬉しかったお話です。


Sさま37歳のときのご相談でした。


◯平成27年11月28日 初めての漢方相談日


人工授精3回、体外受精5回されています。


体外受精は初回、2回めと3,4,5回めはそれぞれ違う病院です。

その年の7月が最後の体外受精でした。


来月に体外受精をする予定が来年の1月に延期となりました。

7月の体外受精では6個採卵、5個受精でした。

胚盤胞は1個。


胚盤胞を1個戻しましたが、着床しませんでした。


受精がいまひとつでそれが課題です。


寝付きが悪いです。

というのも主人の帰りが23時と毎晩遅いからです。


そこからそのときには、漢方薬は


イスクラ婦宝当帰膠(当帰と阿膠を中心にした血の道症のシロップ)、ビタエックス顆粒(プラセンタ製剤)、ストレスを軽減する逍遥丸。


ご主人様にも漢方薬を服用してもらうことになりました。

食用アリ製剤のイーパオです。


その後は、


平成28年12月22日


月経周期19日めです。

排卵が終わって、治療のために昨日からプラノバールを服用しています。12日間の服用


1月中旬が採卵の予定です。


平成28年1月22日

受精卵を2個戻してきました。


判定日は2月3日。

今週の水曜日に戻して2個を2日めに戻しました。

胚盤胞まで待ちませんでした。


9個採卵、6個受精。

2個は凍結できそう。


明日からはルティナス膣錠とプラノバールが始まります。


漢方薬は引き続き、同じ方法の継続です。



平成28年4月16日


陰性でした。残念です。

2月3日が判定日でした。


5月に生理がきたら胚移植をしていきます。


助成金が合計で6回になったので、次回からの体外受精は自己負担になります。

もしその次の体外受精をするときには仙台など山形から県外での体外受精での不妊治療を検討しているとのことでした。


今周期は自然にして次から頑張ります。


周期療法的に、杞菊顆粒と参茸補血丸を取り入れて周期を作っていきます。


平成28年6月1日

卵を戻しにいきます。


そして結果がでずに転院。

病院は3軒目です。

平成28年9月2日


8月1日に採卵が終わって18個とれてOHSSになりかけましたが7個凍結できました。


胚盤胞は5個もあります。

9月の生理がきたら戻していきます。


アンタゴニスト法でした。

いままではロング法でした。

9月に戻すのはグレート4AA。


7月からチラージン25ミリグラムを服用しています。

橋本病、甲状腺ホルモンは正常。


疲れがある。

漢方で疲れを解消したいです。


右の卵巣にはチョコレート嚢腫ががあることが分かりました。


麦味参顆粒にシベリア霊芝茶。

そして生理中は弓帰調血飲第一加減でスッキリと。


婦宝当帰膠も継続です。

平成28年9月16日


9月24日が移植の日です。


いまはエストラーナテープを貼っています。

疲れます。

ヘトヘトになります。

交感神経が興奮してきて、23時ぐらいにやっと治まるそうです。

漢方薬は心脾顆粒、温胆湯、蓮心茶の安神薬のコンビで。

平成28年10月1日


10月8日が判定日です。

眠れるし、気持もより穏やかに過ごせるようになりました。


デュファストンを1日3回服用しています。


エストラーナテープ+膣座薬も


9月24日に無事に胚移植移植できました。

凍結融解胚移植8回目です。


いつもお腹のチクチクした感じがありますが、今回はありません。

ひょっとして。。。

心脾顆粒+イスクラ温胆湯(これは黄連温胆湯というメンタルに強い温胆湯です)+婦宝当帰膠


平成28年10月11日

妊娠!

5週と1日目


胎嚢も確認できました。

という嬉しいお話でした。

どうもおめでとうございました!


妊娠

妊娠された画像です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017.03.21

新しいプラセンタ製剤のビタエックス顆粒分包好評です。冬虫夏草製剤の青海冬夏泉入荷しました。

おはようございます。

薬剤師、不妊カウンセラーの土屋幸太郎です。


連休明けの3月21日火曜日です。

みなさま充実したお彼岸の日だったことと思います。

先祖を供養して仏壇に線香を上げて手を添えることは気持も整い安らぎます。

だいぶ雪も溶けてすっかり春ですので、先週の金曜日には車のタイヤ交換もちょっと早いかなと思いましたが、ディーラーさんの点検に合わせてお願いしておきました。

車のタイヤも夏タイヤだと気持がスイッチ入ります。


そういえば、先日当店のお客さまのお嬢さまの記事が山形新聞に掲載されましたので、前々からお母様、お父様のほうからはよく話を伺うたびに「いつかは世界デビューできっと有名な人になるに違いない」とぼんやり思っていましたが、本当に素晴らしいことでおめでとうございます。


さて今日は土屋薬局の近況、取扱いの漢方薬、医薬品などの近況報告を発信したいと思います。

プラセンタののぼり

<2017年3月18日土曜日> 土屋薬局の駐車場のぼり


新しく医薬品のプラセンタ製剤を仕入れましたので、森田薬品さんから「プラセンタののぼり」を数枚提供して頂きました。

気の利いた素晴らしい土屋薬局のスタッフが早速、雪も解けたので「プラセンタののぼり」を出してくれました。

かなり目立ちます。


プラセンタののぼり


プラセンタ製剤の取扱に強い薬局ですと、通常は難しいとされる脱毛、白髪、抜け毛などの髪の毛のトラブルの漢方相談に、にきびやアトピー性皮膚炎などの慢性皮膚病各種男女不妊症の漢方相談などの精巣、卵巣、子宮などへの働きかけや、疲労回復、美肌も含めましてお勧めです。

思えば、不妊症の漢方相談に取り組むまえには「薬局で子宝相談?」と緊張していたものでしたが、当時は、婦宝当帰膠とプラセンタ製剤(オリヂンP顆粒)、参茸補血丸などで不思議なほどよく体外受精など後がない必死な漢方相談でも良い結果がでました。

いま思うとそれでも年齢層が35~38歳ぐらいの方の漢方相談でしたので、その種類の補腎薬の重ね方でも効き目が良かったのだと思います。


いまはもっと多様多種の漢方製剤が揃っていますから「頑張りどころ」のときには、良いものをお勧めしてもらうといいでしょう。


ビタエックス

オリヂンP顆粒はイスクラ産業さんが発売を中止したので、製造販売元の「元祖」ビタエックス顆粒を取扱を始めました。

ビタエックス顆粒250グラム 16000円(税抜き)は10本入ったのですが、全部売り切れてしまいました。

すごいです。


ビタエックス顆粒60包の分包タイプを仕入れたら、週末にかけて全部売れきれてしまいました。


(と文章を書いていたら、連休明けの荷物が届いて補充されました)


ビタエックス分包

ビタエックスは1包の大きさはこれぐらいです。

1回1包 1・5グラムが入っています。

プラセンタは胎児の成長に必要な栄養がぎっしりです。


土曜日のお客さまは新しくプランセンタのサプリも登場してそちらが7000円(税抜き)で、こちらの60包は8000円(税抜き)ですから、「1000円しか違わいなのだから、一人目の娘を授かったときと同じプラセンタの医薬品を飲みたいです」ということで購入していかれました。

娘様はとても可愛くて「人に愛される」ように育ってもらいたいそうです。

すごい幸せのオーラがビンビンです。


けっこう自衛隊の奥さまの漢方相談、神町の第6師団の街なので多く引き受けています。

(関東出身の方も多く相談していて比較的におそらく私は相性がいいと思いますので、全国の方とも相談可能だろうなあと思います)


プラセンタは中国の漢方では紫荷車と呼ばれていて、補腎作用と大いに気血(きけつ)を補い免疫力を高める作用に優れているとされています。

興味があるかたは土屋薬局までお問い合わせください。

艶麗丹と亀鹿仙

艶麗丹と亀鹿仙です。


艶麗丹=えんれいたん

亀鹿仙=きろくせん


と呼びます。

土屋薬局にも高級な補腎の漢方サプリ(亀鹿仙と艶麗丹は健康食品)が入っています。


艶麗丹はハシマといって満州に住むカエルの輸卵管です。

ゼリーみたいなかんじで高級王様薬膳料理の一種に各種、贅沢な素材を組み合わせました。

個人的には、私は艶麗丹のお世話になって体調が良くなりました。


亀鹿仙は、亀やスッポンの甲羅に鹿の角と補腎精、補腎陰を強化したものです。


補腎とは「元気」「生殖能力」「若さ」を取り戻すことです。

亀鹿仙のほうだと大学病院で体外受精2回失敗、空胞が2回続いて採卵も無理、採卵から難しかったので体外受精を諦めたお客さまが、再度子宝の漢方相談で、婦宝当帰膠+プラセンタ製剤+亀鹿仙と3つを続けて服用したら自然妊娠になったという嬉しい報告があります。

レジェント級です。


亀を使った漢方にも今後とも要チェックです。

亀鹿仙は60包 17500円(税抜き)と一見すると値段が高いようですが、実は全国的に売れに売れているそうです。

艶麗丹は60袋で16000円(税抜き)です。

こちらは腎精を補う力があり、亀鹿仙に比べると「軽み」の妙味があります。

たとえばガンや胃腸障害など極度に体調が悪いときには、「重たい性質」「粘膩(ねんじ)」性なものが胃に負担になって「飲めない」「体が受け付けない」ことがあります。

この艶麗丹は「軽み」が意外な力を発揮することがあります。


紫煌珠と紅沙棘

紫煌珠(しこうじゅ)と紅沙棘(ほんさーじ)です。


紫煌珠、紅沙棘ともに健康食品、サプリの分類です。


紫煌珠はプラセンタサプリです。

葉酸など妊娠に必要な栄養をいれています。


婦宝当帰膠と紫煌珠で1ヶ月で妊娠されたお客さまがいらっしゃって、「ここ2~3年の子育ての疲れもみるみるうちにとれて体調が良くなって妊娠できました!」と嬉しいお知らせがあり、妊娠してからもずっと婦宝当帰膠と紫煌珠を続けています。

お顔の色もとっても良いです。


だから紫煌珠もとってもいいものだと思っています。


紅沙棘は美肌油です。

お肌ぷるぷるです。


その昔、仙台までいって体外受精をクリニックでされていた方が、婦宝当帰膠+紅沙棘+海精宝という3つの組わせで妊娠出産されたことを思い出します。

これもいい組み合わせですね。


紫煌珠90カプセル7000円、紅沙棘120粒7800円(それぞれ税抜きです)


新イーパオ

こちらは食用アリ製品のアリのサプリです。

アリのお陰でありがとう。


イーパオ210粒は今まで在庫がありましたが、この6個が販売されましたら、次回からは「新新イーパオ」になります。

初代と同じく、葛根、ヨクイニン、食用アリの3つの配合になります。

湖北省の老中医の秘密の漢方処方の「核心」のところがイーパオの配合の秘密らしいですよ。


イーパオ210粒が新しいものが入荷しましたらまた連絡します。


土屋薬局、隣のイーパオの大袋630粒は「新新イーパオ」になっています。


朱良春先生の最後にあった日本人として、土屋幸太郎は南通市の朱良春スピリットの継承を目指します。

だからイーパオも好きです。


アリは自分の体重の400倍を持ち上げ、300倍のものを引っ張る力があり、ジメジメした土の中でも風邪をひかずに病気をしないし、腰痛や関節痛にもなりません、不思議な生き物です。


中国の農村の民間で昔からアリを食べて元気なお年寄りなどいましたから、そのようなことも観察して現代中医学に役立てています。


青海冬夏泉

最後のお知らせです。


青海冬夏泉が久々に土屋薬局に入荷しました。


貴重な天然の冬虫夏草(とうちゅうかそう)が配合された清涼飲料水です。

医薬品でありません。


天然野生の冬虫夏草です。

中国青海省チベット高原です。

黄河源流の工場で作られています。


冬虫夏草、枸杞子、人参、ハチミツです。

最後のボスキャラです。


先週、1本の電話が土屋薬局にありました。


「青海冬夏泉置いていますか?」


男性の声でした。


山形県内にお住まいのお客さまで、あわてて青海冬夏泉を取り扱っている 双寶(そうほう)さんの高崎さんに電話をかけて(社長の高崎さんは旧知だから)、訳をいって6個仕入れました。

翌日に青海冬夏泉が入荷してお客さまにお電話をして、すぐに取りにきてもらいました。


息子さんから冬虫夏草のことを聞いたそうです。


ちょうどご予約のお客さまとの漢方相談中でしたので私は青海冬夏泉のお客さまに出れずに、また薬剤師の父も昼時で不在だったもので、スタッフが担当させて頂きましたが、もしまたご購入に来るようなときがあれば冬虫夏草の青海冬夏泉の意義をお伝えしたいです。


青海冬夏泉の説明


高崎社長からも「幸か不幸か山形県内で青海冬夏泉の冬虫夏草を取り扱っているのは土屋薬局さんだけですよ」


土屋 「幸か不幸かだなんて、責任感重大ですね!」


高崎社長と2人で盛り上がり(電話で)


高崎社長 「この電話が何かのいいきっかけになるかもしれませんね」

土屋 「そうですね、何かのご縁ですから冬虫夏草製剤の青海冬夏泉もこれからもう1回やり直して見つめていきたいです」


という明るい電話で帳合がつきました。


では、今週も土屋薬局をどうぞよろしくお願い致します。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016.03.16

中医不妊症お茶の間講座 薔薇グループ 第一回目 43歳の2人の方の体外受精と漢方薬局での妊活をテーマに

こんにちは。

土屋です。

山形も次第に春めいてきています。

そろそろお庭の雪囲いも外れる季節だなと楽しみにしています。

陽射しもだいぶ陽気が上がってきました。


0160315

<2016年3月16日 我が家の庭です>

0170315

<ヒマラヤユキノシタも綺麗に咲いています。この地味な感じがたまりません>

0190315

<金魚は悠々と>


さて、昨夜は仕事が終わってからの20時から22時まで2時間たっぷりで今年初めてのWEB会議システムでの中医不妊症お茶の間講座がありました。

昔はギンガネットのテレビ電話での回線で中医学、中国漢方での不妊症対策を勉強していましたから、今はパソコンですから隔世の感がございます。


中医不妊症お茶の間講座 薔薇グループ 第一回目 テーマは子宮筋腫


0200315


テーマは子宮筋腫だったのですが、今回の症例発表は先生方が各店での症例を自主的に発表するという形式でしたので40代の体外受精と漢方薬局との両立というテーマが2つでした。


中医不妊症お茶の間講座は初期のころは少ないメンバーでアットホーム的な感じでしたが、今現在は大御所になり、だいぶ賑やかになりました。

毎年、中級か、たまには初級コースだった私も、今年は押し出されるような感じでとうとう上級コースへ。

2ヶ月に1回ぐらいの頻度のWEBシステムでの双方向性の会議によるお勉強と、年に2回のオフミーティング、いわゆるスクーリングとなりました。


2例とも偶然の一致でしょうか、43歳という第一子を願う不妊症での体外受精、子宝漢方相談でした。


2人の漢方薬局の女性の薬剤師の先生の発表でした。


症例発表のうち1人は最近、妊娠が分かったとのことで素晴らしい漢方でのバックアップの取り組みだと思いました。


0050315

<アプチロンです>


1人は体外受精2回の失敗で漢方薬局へ。


結婚2年目

採卵1回目は5個採卵、初期胚1個移植、残り4個は胚盤胞まで行かず。

採卵2回目は昨年の2月。

D2で、E2が50くらい、FSHは25を超え、AMHは0.6ぐらい


「体外受精で採卵、受精はできているが胚盤胞まで育たないので、胚移植までいけない。

眠りが浅いのでメンタルクリニックに通院中。

白髪、生理の量も少ないので本当に妊娠できる体かどうか心配です」


最期の妊娠直前の漢方は、補腎薬を強力にしました。


補腎薬とは、白髪が黒くなり、髪の毛が生えて、お肌もつるつるになる。

卵巣にも若返りパワーというのが補腎になります。

目もパッチリです。


個人的には、ミンハオという重鎮安神剤の使い方ややはりプランセンタ関係に、亀鹿仙という亀ちゃん漢方に、新しいデビューした艶麗丹なども、うーん、なるほど!と思った次第です。


40代の漢方相談の場合には、「ご予算的にこのぐらいで」と決まっていて3種類ぐらいを使っていく場合と、もう少し使える予算が自由な方の場合には5~6種類などよりしっかりと漢方を服用していくケースもございます。

あくまでこれは薬局なのでご自身で判断して選んでチョイス、選択して自分の体を養っていくイメージになります。


昨日の発表直前にめでたく妊娠がお分かりになったそうです。


0030315

<2016年3月15日 台湾朱鷺草です。薬局で咲いています>


もう1人の方は、タイミング療法2年間(クロミッド+HCG注射) 35歳前後

AIHという人工授精を6回

体外受精(IVF)を採卵4回、胚移植を4回

採卵キャンセル1回


体外受精の不妊治療不成功で、なかなか妊活がうまくいきませんでした。


生理周期が23~25日と短め

排卵が早い、D8~11日


生理日数3日ほど、生理の量は減っている。


子宮内膜が薄い、移植のときには7~9ミリぐらい


アンタゴニスト法です。


この方の症例を通して全国の漢方薬局の先生方が意見を述べたという勉強会でした。


テューターは東京の張先生でした。


最近は、山形の土屋薬局でも体外受精との漢方相談や40代の方が増えてきています。


もっと喜ばれるように努力していきたいです。


今日の午前中一番のお客様は、2人目も漢方で妊娠した!と喜んでいました。


やはり補腎薬を使って、いわゆる薬膳料理のような精進料理ぽいのではなくて、「濃いスープ」を飲んで体調を整える感じや睡眠のこと。

胃腸のこと、メンタル、痩せ体質、疲れやすいことなども、漢方薬局での対策、ケアできるのではとも考えました。

40代は20代、30代と違って加齢、エイジングの問題もありますから個人差も大きいですし、生活習慣の養生の見直しも大切では?という意見もありました。


夜更かしなどはなるべく避けたほうが賢明です。

12時以降など深夜に睡眠をとるのはちょっと厳しいかな、、という感じは漢方を生業としているものは共有されている感覚ですし、食べるもの、食生活も大事になってきます。


40代の場合には、いよいよですから、補腎薬、とくに動物性の補腎薬を多めに使う傾向があり、そのほうが結果、妊活の成果がでやすいです。


淤血という血行不良を改善するのが奏功するときもございます。


いずれにしましても土屋薬局でも妊活、とくに40代の漢方相談も喜んで引き受けていますので、何かの機会がございましたら遠慮なく妊活、子宝の漢方相談お寄せください。

ご主人さまやお子様と一緒の来店も大丈夫です。


0040315

<薬局で花開くアマリリスです>

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015.09.18

妊娠準備始めませんか? 子宮温活。生理で分かる私の「子宮力」

こんにちは!

昨日からの雨も上がった山形です。

薬剤師、不妊カウンセラーの土屋幸太郎です。


昨日に郵便で2冊の本が届きました。


からだの本

そーっと封を外すと「からだの本」が入っていました。


不調改善のカギは、「子宮力」にあり!


血めぐり改善で本来の力を呼び戻す “子宮温活”を始めよう


「子宮力」を上げて不調改善


冷え、ストレスに効果あり  美子宮ヨガにトライ!


生理で分かる私の「子宮力」


正しい知識&備えで不調解消! 今、そこにある更年期


私の「卵子」、大丈夫?


女性の不調 「もしかして痔?」


子宮力をUPさせなきゃ!


と、オレンジページのからだの本でございました。


土屋薬局に2冊届いた理由はこちらでした。


土屋薬局の広告

土屋薬局の広告

2ページにわたり、当店の宣伝広告を頼んでいたのでした。


新規の漢方相談のお客様が来店されるときには「どのような理由で当店を知りましたか?」とお聞きしたりします。


ホームページ、お友達の紹介で(口コミ)、駐車場ののぼりなど様々な理由があります。


なかでも「オレンジページの雑誌を見てきました!」というお客様が年に何人かいらっしゃいます。


そういう訳で、私は個人的には「からだの本」のパブリシティを評価しています。


「生理痛」の漢方ケア

そして96ページには「第7回 女性の悩みを漢方でケア 「生理痛」の漢方ケア」のタイトルでいつもご指導頂いています張先生の執筆がございました。


本来、生理痛はないのが普通。

つらい場合、生活の質の低下や、婦人病の心配も


生理痛がつらいのは「瘀血体質」が深く関係


生理がくる1週間ほど前からケアすることでラクになります


よく使われる漢方薬


などなど、さまざまにためになる情報が満載のオレンジページ別冊 からだの本、全国の書店で絶賛発売中です。


張先生の記事は大変に素晴らしいですからぜひご購入のうえ、毎月の生理を整えることから健康づくりにチャレンジしてみてください。


漢方は生理痛、生理不順に絶対おすすめ!/生理痛や生理不順の漢方薬!」も参考になれば嬉しいです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010.08.06

妊娠力アップの漢方講座 「気(き)」…流産予防にも

こんにちは!

薬剤師、不妊カウンセラーの土屋幸太郎です。

最近、私は「気(き)」を重視して漢方相談をするようになってきましたが、ご懐妊されるお客様も増えてきて、手ごたえを感じています。

オレンジページ6月号で陳先生が書かれた妊娠力アップの漢方講座 「気(き)」の巻きはとても参考になります。

では軽くご紹介しましょう!


「妊娠力アップの漢方講座」


元気の源であり、生命活動を支える「気」。気の働きが良いと、卵巣の働きも活発になり、妊娠力もアップします。

妊娠力を左右する「気」のヒミツをひもといていきましょう。


「気」とは「体力・気力・精力のもとになり、生命活動を支えるエネルギーのこと」


○体と心を元気にする

○子宮や卵巣の働きを高める

○血液や栄養を体のすみずみに運ぶ

○体を温める

○体を外敵から守る


気の働きがいいと…女性ホルモンの分泌がよくなる…いい卵が育つ…排卵・着床がスムーズに…精子が元気になる→妊娠力アップ →○妊娠後も胎児の発育が順調に…流産しにくい

妊娠力と「気」の関係…卵巣機能を高めて、いい卵をつくり、スムーズな排卵、着床をサポートします。


「気」は、体と心を元気に保つだけではなく、子宮や卵巣などの臓器の働き高める、血液や栄養を体のすみずみまで運ぶ、体を温めるなどの様々な働きをしています。


この「気」が十分にあり、体のすみずみまで巡っていると、卵巣機能が高まり、いい卵が育ち、排卵、着床もスムーズに。妊娠中の不正出血や流産の心配も少なくなります。


精巣の働きも高めるので、精子の質や運動率もアップ。

男性にとってもこの「気」はとても重要な意味を持っているのです。


また、この「気」とホルモンバランスを整え体を妊娠しやすい環境にする「血(けつ)」は、とても密接な関係にあります。

「血」をつくり、体内に巡らせるためにも「気」の存在が不可欠なのです。


そのために妊娠力を高めるには、「気」を補い、巡りを良くする漢方薬や養生法(生活習慣の改善)のアプローチが大切になります。


土屋薬局 中国漢方通信/漢方専門の薬剤師、不妊カウンセラーが相談します

土屋幸太郎・薬剤師、不妊カウンセラー(@tutiyak) - Twilog

土屋幸太郎・tutiyakツイッター

土屋薬局 中国漢方通信メールマガジン

所在地 山形県東根市神町中央1-10-7
Google mapによる所在地

営業時間 第二、第四日曜日お休みです。

平日 午前8時~午後7時  土日祭日 午前8時~午後6時

メールアドレス JDY00247@nifty.com

電話 0237-47-0033 漢方電話相談室 0237-48-2550 Fax 0237-49-1651

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010.06.08

妊娠力を上げる漢方的生活…着床障害と流産

お客様から問い合わせがありました。


雑誌オレンジページ別冊「妊娠力を上げる漢方的生活2」を読んで、漢方に興味をお持ちになって、今度相談に来てみたい。友達が東根(ひがしね)に住んでいるので、今度友達のところに遊びに行くついでに来店したい。とのことでした。


ざっと表紙に載っている文章を挙げますと


「妊娠力を上げる漢方的生活2」


○冷え性だと妊娠しにくいの?

○冷え、年齢、ストレス…。妊娠力を上げる3つの対策

○基礎体温で妊娠力チェック

○冷え性解消! しょうがレシピ

○若さを保つ! 黒い食べ物レシピ

○体にいいお茶

○カウンセラーがアドバイス 「子どもはまだ?」と言われたら

○タイプ別 男性の妊娠力アップ養生法

○もしかしてセックスレス?

○注目・鍼灸の不妊治療

○漢方薬局相談

○着床障害と流産


となっています。


刺激的なタイトルに実際、内容も素晴らしいですので、本屋さんで見かけましたらぜひ手にとってみてください。


私も「漢方で考える男性不妊」のページを読んで温泉ファンでありながら、最近はシャワーでさっと済ますようにしています。


57ページの「お風呂はぬるめに:

精子を元気に保つには、温度を低く保つことが大切。熱いお風呂やサウナに長時間入っていると、せっかくつくられた精子の質を低下させてしまいます。

「子宝の湯」などの温泉もありますが、子づくりの4~5日前からはなるべく避けるか、お湯につかる時間をできるだけ短くしましょう。

お風呂は38℃くらいのぬるめが理想。シャワーだけも充分です。」

というイスクラ産業の陳先生の文章を読んで実践しています。


61ページの泌尿器科医の辻祐治先生の文章の

「また、熱が精子をつくる働きを低下させることも、よく知られています。男性不妊症の患者さんのうち、熱いお風呂に週30分以上、3ヶ月以上入っている人に、その習慣をやめてもらったところ、3ヶ月で45%の人で、総運動精子数(精液量×精子濃度×運動率)が2倍以上に改善した報告があります。」という文章も読んで、忙しいのもありますが、最近温泉旅行に行けていない自分へのせめてもの慰めとしています。


妊娠力を上げる漢方的生活2

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010.05.27

オレンジページからだの本 「妊娠力アップの漢方講座」

小泉今日子実行委員会」に続いて、今回はオレンジページ「からだの本」を紹介させて頂きます。

来店されたお客様に「なんで来店されましたか?」と必ずきっかけを問うようにしていますが、先日『オレンジページ「からだの本」を見て興味を持ったら、近くの土屋さんが載っていたので来店しました』というお客様がいらっしゃいました。

よく本屋さんでも売っているし、友人が車検をするのにトヨタのディーラーさんに付き合ったら、オレンジページ「からだの本」がドン!と詰まれているのを見たくらい、あちこちで目にする雑誌です。

最近号は、こちらのようです。


Imgp9009100527

オレンジページ からだの本 VOL5


お客様には 『なかでもどこのページに興味を持ちましたか?』

と質問させて頂いたら、78~79ページにある私もお世話になっているイスクラ産業の陳先生の漢方の記事が載っていました。(パチパチパチ)


妊娠力アップの漢方講座 「血(けつ)」 妊娠力の根本にかかわる、血液と血液の働きの総称

○全身に栄養とうるおいを与える

○体を温める

○精神を安定させる

○ホルモンバランスを整える


などと妊娠力と「血(けつ」の関係について特集されていました。


「血(けつ)」の働きがよいと…→子宮と卵巣の働きがよくなる→ホルモンバランスが整う→元気な卵が育つ→子宮内膜が温かく、柔らかくなり着床しやすくなる→妊娠力アップ!

とあります。


その中でも大きくざっくりと分けると、淤血(おけつ)という「血」のめぐりが悪い状態と、「血」が不足していたり、働きが低下している「血虚(けっきょ)」の2つに分けています。


「血」のめぐりが悪い「淤血(おけつ)」の特徴は、


<生理>

生理不順、無月経

経血にかたまりが混じる

生理痛がひどい

生理前後に頭痛がひどくなる


<その他の症状>

子宮筋腫、子宮内膜症、卵巣嚢腫、卵管癒着などがある

下半身が冷えて、上半身がのぼせる

顔色が黒っぽくくすんでいる

舌に黒っぽい斑点がある、舌の裏側の静脈が太い

肩こりがひどい

妊娠(ちゃくしょう)しにくい

抗リン脂質抗体が陽性


<基礎体温>

生理が始まっても、なかなか体温が下がらない

生理中、一度下がった体温がまた上がる


などが「淤血(おけつ)」の特徴です。



「血」が不足していたり、働きが低下している「血虚(けっきょ)」の特徴は、


<生理>

生理不順、無月経

経血の色が薄く、ピンク色に近い

経血量が少ない、または出血が1週間以上続く


<その他の症状>

冷え性、低血圧、貧血ぎみ

めまい、立ちくらみ

髪の毛にツヤがない

不眠、イライラしやすい


<基礎体温>

低温期が長い

高温期が10日未満と短い


などが特徴だそうです。


妊娠力アップの養生法としては、体を冷やさない、栄養バランスの良い食事を心がけ、過度のダイエットは禁物、夜更かしやストレスによる「血」の消耗を防ぐ。など指摘されていました。


漢方薬は、婦宝当帰膠や冠元顆粒、参茸補血丸など紹介で、そのほか食事では「淤血(おけつ)」タイプには、しょうが、ねぎ、にんにく、らっきょう、にら、たまねぎ、トマト、なす、春菊、アスパラガス、いわし、かつお、うなぎ、納豆、シナモンなど。

「血虚」タイプの食事は、鶏肉、レバー、ほうれん草、にんじん、卵、ひじき、プルーン、レーズン、黒豆、黒ゴマ、なつめ、松の実、牛乳、はちみつなど。

です。


で、お客様とは十分にお話のうえで、最初「男性の漢方の先生だ!」ということで幾分緊張されたとのことですが、一度話してしまえばスムーズに受け入れて頂きまして、穏やかな漢方相談となりました。

当店もオレンジページに合同の宣言広告を掲載しているので、雑誌をご覧になってのお客様がいらっしゃって良かったなあと思った次第です。ではでは。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010.04.27

小泉今日子実行委員会…血流たっぷりの漢方で温活GO!

「小泉今日子実行委員会」

先週、漢方の会社より1冊の本が届きました。

その名も「小泉今日子実行委員会」


私の学生時代、とくに高校時代はアイドルブームでした。


キョンキョンの歌などもよく聴いていたものです。


大学に上がってからは神奈川出身の友人、そう茅ヶ崎とか鎌倉出身の友人たちが同郷のアイドル・小泉さんのことをいろいろとお喋りしていたものです。


そんななんだか懐かしい、甘酸っぱい感覚を小泉さんには持ってしまます。


(いまだに第一線で活躍していることも凄いです)


このたび刊行された「小泉今日子実行委員会」では漢方薬の婦宝当帰膠(ふほうとうきこう)のことが紹介されています。


この本では、12~13ページと167ページに婦宝当帰膠が「小泉さんご愛用」とのことで紹介されています。


もし手にとってみたら、婦宝当帰膠の記事を目にしたら、「土屋薬局が言っていた漢方情報だ!」と思いだしてくだされば嬉しく思います。


小泉さん曰く「スプーン1杯で、白湯で割って、ゆっくり飲む。体が冷えなくなる」だそうです。

血流たっぷりの漢方で素晴らしいですね。


私も昨日の夕食後にテレビを見ながらコタツに入って、婦宝当帰膠のお湯割りをお茶がわりにして飲みました。

一日の疲れが解消するようでお勧めですし、お肌にも肩こり、頭痛対策にもお勧めですよ。


オレンジページからだの本 「妊娠力アップの漢方講座」にも話はつながっていきます。

土屋薬局 中国漢方通信」もよろしくお願い致します。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

その他のカテゴリー

LUF・黄体化未破裂卵胞|不妊と漢方薬 | PCOS・多嚢胞性卵巣症候群|不妊と漢方薬 | PMS・月経前緊張症|漢方薬 | 「ナチュラルな妊娠」「45歳、もう生んでいいかしら?」 | 「血流たっぷり」をめざしなさい | いびき|漢方薬 | おねしょ、小児夜尿症|漢方薬 | おりもの、のびおり|不妊治療と漢方薬 | お客さまとのエピソード | お腹の張り、腹部膨満感、食欲不振|漢方薬 | お香 | しびれ|漢方薬 | つわり|漢方薬 | にきび|漢方薬 | のどのつかえ、喉の痛み、難治性咽頭潰瘍|漢方薬 | ほてり|漢方薬 | むずむず脚症候|漢方薬 | めまい、立ちくらみ|漢方薬 | アトピー性皮膚炎|漢方薬 | アレルギー性鼻炎と体外受精|漢方薬 | アレルギー性鼻炎|漢方薬 | イスクラ冠元顆粒 | イスクラ冠元顆粒発売20周年記念成都シンポジウムに参加して | イスクラ婦宝当帰膠 | イスクラ独歩顆粒 | イライラ落ち込み漢方、不安落ち込み|漢方薬 | イラスト | インターネットの掲示板などで漢方紹介 | カウフマン療法|不妊と漢方薬 | カンジダ膣炎|不妊と漢方薬 | ガン(がん)|漢方薬 | クラミジア感染症|不妊と漢方薬 | クローン病、潰瘍性大腸炎|漢方薬 | ゲップ・ガス|漢方薬 | ココログ版漢方(無名)コラム・2004 | ココログ版漢方(無名)コラム・2005 | ココログ版漢方(無名)コラム・2006 | ココログ版漢方(無名)コラム・2007 | ココログ版漢方(無名)コラム・2008 | ココログ版漢方(無名)コラム・2009 | ココログ版漢方(無名)コラム・2010~ | コンクレバン | シェーグレン症候群|漢方薬 | シミ・肝斑|漢方薬 | ストレス|漢方薬 | セックスレス、性機能減退|不妊と漢方薬 | タイミング療法|不妊と漢方薬 | ダイエット|漢方薬 | チャイナビュー | チョコレート嚢胞|不妊治療と漢方薬 | ツイッター | ツボの話題 | ディスプレー症候群|漢方薬 | ドライアイ|漢方薬 | ドライマウス、口腔乾燥症|漢方薬 | ニュースレターより | ハテナ | ビタエックス(プラセンタ) | フレイルの漢方対策 | ヘパーデン結節|漢方薬 | ベビ待ち保育士さん、幼稚園教諭さん|漢方薬 | ベビ待ち小学校教員さん|不妊と漢方薬 | ベビ待ち歯科衛生士さん|不妊と漢方薬 | ベビ待ち看護師さん|不妊と漢方薬 | ベビ待ち美容師さん|不妊と漢方薬 | メニエール病|漢方薬 | メールマガジン | モンテディオ山形 | ヤフー知恵袋の漢方の回答より | リウマチ性多発筋痛症|漢方薬 | リウマチ|漢方薬 | ロコモティブシンドローム|漢方薬 | 下痢、軟便|漢方薬 | 下肢静脈瘤|漢方薬 | 不妊カウンセラーに向けて | 不妊カウンセラー・体外受精コーディネーター養成講座 | 不妊治療の基礎知識…現状と問題点 | 不妊漢方治療の応用 | 不妊症の基本検査について | 不妊症の年代別漢方相談 | 不妊症テレビお茶の間講座 「子宮内膜症」 | 不妊症専門講座・PCOS 「多嚢胞性卵巣症候群」 | 不定愁訴|漢方薬 | 不正出血|不妊と漢方薬 | 不眠|漢方薬 | 不育、流産後|不妊治療と漢方薬 | 中医五官病 | 中医痺証専門講座「南通研修」への道 | 乳がんの疫学と薬物療法 | 乳腺炎、断乳、母乳|漢方薬 | 人工授精で妊娠出産|不妊と漢方薬 | 今週の漢方相談会 2008年 | 今週の漢方相談会 2009年 | 今週の漢方相談会 2010~ | 今週の漢方相談会 2013~ | 今週の漢方相談会2017 | 体外受精で妊娠出産|不妊と漢方薬 | 何先生や中医師の先生から漢方のこと聞いたこと | 便秘|漢方薬 | 免疫性不妊|漢方薬 | 全身性エリテマトーデス(SLE)|漢方薬 | 円錐角膜|漢方薬 | 冷え性|漢方薬 | 加齢性黄斑変性症|漢方薬 | 勉強会(2004~2008) | 勉強会(2009) | 勉強会(2010) | 勉強会(2011) | 勉強会(2012~) | 動悸|漢方薬 | 卵巣予備能~全周期活血化淤 | 卵巣嚢腫|不妊と漢方薬 | 卵巣機能不全、卵巣機能低下|不妊と漢方薬 | 卵管性不妊|不妊と漢方薬 | 卵管水腫|不妊と漢方薬 | 卵管閉塞|不妊と漢方薬 | 卵胞発育不全|不妊と漢方薬 | 受精障害|不妊と漢方薬 | 口内炎|漢方薬 | 呑気症(空気嚥下症)|漢方薬 | 味覚障害|漢方薬 | 咳、ぜんそく、慢性気管支炎|漢方薬 | 咽喉頭異常感症、難治性咽頭潰瘍|漢方薬 | 嗅覚障害|漢方薬 | 土屋幸太郎・漢方講演会 | 土屋幸太郎結婚式 | 土屋薬局からのお知らせ | 土屋薬局のの口コミ、評判 | 坐骨神経痛|漢方薬 | 坑精子坑体|不妊と漢方薬 | 基礎体温が低め|不妊と漢方薬 | 基礎体温が高め|不妊と漢方薬 | 基礎体温ガタガタ|不妊と漢方薬 | 基礎体温表|不妊と漢方薬 | 夏の疲れに漢方 | 多汗症|漢方 | 夜中目が覚める|漢方薬 | 夢と不眠|漢方 | 女性のための漢方レッスン | 女性不妊症的中医治療 | 妊娠中と産後の体調不良|漢方薬 | 妊活・妊娠力アップ|漢方薬 | 子宮内膜が薄い|不妊と漢方薬 | 子宮内膜ポリープ、子宮内膜増殖症|漢方薬 | 子宮内膜症|不妊治療と漢方薬 | 子宮外妊娠後|不妊と漢方薬 | 子宮筋腫|不妊治療と漢方薬 | 子宮腺筋症|不妊治療と漢方薬 | 子宮頸がん|漢方薬 | 子宮頸管無力症|不妊と漢方薬 | 季節の漢方養生 | 季節の養生法 | 学校保健委員会 | 小児チック|漢方薬 | 小児漢方 | 小太郎製薬 | 帯状疱疹後神経痛、後遺症|漢方薬 | 後鼻漏・蓄膿症|漢方薬 | 心と体 | 感音性難聴・耳鳴り、難聴|漢方薬 | 慢性副鼻腔炎(蓄膿症)|漢方薬 | 慢性咽頭炎|漢方薬 | 我が家の庭 | 我が家の庭 2008 | 我が家の庭 2009 | 我が家の庭 2010~ | 手根管症候群、腱鞘炎、ばね指|漢方薬 | 抗リン脂質抗体|不妊と漢方薬 | 抗核抗体|不妊治療と漢方薬 | 掌蹠膿疱症|漢方薬 | 排卵痛、排卵期|不妊と漢方薬 | 排卵障害|不妊と漢方薬 | 日中線記念館 | 更年期障害|漢方薬 | 月経の経血量が減少|不妊治療と漢方薬 | 月経不妊周期療法|不妊と漢方薬 | 月経不順・生理不順|不妊と漢方薬 | 月経周期が短い|不妊と漢方薬 | 月経周期が遅れる、長い|不妊と漢方薬 | 未成熟卵|不妊症と漢方 | 椎間板ヘルニア|漢方薬 | 武漢へ | 死産後|漢方薬 | 母乳|漢方薬 | 泣きたくなる | 活血化淤の応用 | 浮腫み|漢方 | 温活GO | 漢方周期療法…南京・夏桂成先生の講義より | 漢方薬の安全性について | 漢方薬局で相談を受ける婦人病について | 無排卵・無月経/不妊と漢方薬 | 無月経・無排卵・中医不妊症テレビお茶の間講座 | 生殖医療に関わる疑問に答える | 生殖補助医療の有用性と限界 | 生理痛、月経困難症|漢方薬 | 甲状腺機能亢進症|不妊と漢方薬 | 甲状腺|不妊治療と漢方薬 | 男女の更年期と神経症|漢方薬 | 男性不妊|不妊治療と漢方薬 | 疲労|漢方薬 | 痔|漢方薬 | 痛み、しびれ|漢方薬 | 痰湿(暑湿)について | 痰湿|漢方 | 眼精疲労|漢方薬 | 着床障害、着床失敗|不妊症と漢方薬 | 着床障害|不妊治療と漢方薬 | 神経障害性疼痛|漢方薬 | 秋バテの漢方 | 空胞|不妊治療と漢方薬 | 糖尿病|漢方薬 | 経血量少ない|不妊と漢方薬 | 綿花観察日記 | 緑内障|漢方薬 | 繊維筋痛症|漢方薬 | 老人性膣炎・萎縮性膣炎|漢方薬 | 耳管開放症|漢方薬 | 耳鳴り、突発性難聴|漢方薬 | 聴覚過敏|漢方薬 | 肘痛|漢方薬 | 股関節痛|漢方薬 | 肩こり|漢方薬 | 肩甲骨の痛み|漢方薬 | 肩痛、五十肩|漢方薬 | 胃酸過多、機能性胃腸症(NUD)|漢方薬 | 背中のほてり|漢方薬 | 背中の痛み|漢方薬 | 胚盤胞|不妊治療と漢方薬 | 脂漏性皮膚炎|漢方薬 | 脈拍|漢方 | 脊柱管狭窄症|漢方薬 | 脱毛、抜け毛、薄毛の漢方薬 | 脳卒中|漢方薬 | 脳疲労症候群、脳過敏症候群|漢方 | 腰椎すべり症|漢方薬 | 腰痛|漢方薬 | 膀胱炎|漢方薬 | 膝痛|漢方薬 | 膿精液症|男性不妊の漢方薬 | 花粉症|漢方薬 | 若木山、石崎山や東根の景色 | 若木山、石崎山や東根の風景2008 | 若木山、石崎山や東根の風景2009 | 若木山、石崎山や東根の風景2010~ | 蕁麻疹、湿疹/漢方薬 | 薄い子宮内膜に漢方薬が有効である可能性がある | 薬膳 | 血の道症|漢方薬 | 血管力をつければ病気は治る | 補腎の話 | 西洋医学的にみた不妊症漢方概論 | 足底筋膜炎|漢方薬 | 逆流性食道炎|漢方薬 | 過去のバックナンバーより | 過敏性腸症候群|漢方薬 | 過活動膀胱、頻尿|漢方薬 | 遺残卵胞|不妊治療と漢方薬 | 酒さ|漢方薬 | 頭痛|漢方薬 | 頸椎症、首のこり|漢方薬 | 頻尿|漢方薬 | 顔面神経麻痺、手のふるえ|漢方薬 | 顕微授精(ICIS)|不妊と漢方薬 | 風邪|漢方薬 | 食欲不振、胃痛|漢方薬 | 食養生 | 高プロラクチン血症|不妊と漢方薬 | 高血圧|漢方薬 | 高齢不妊症、卵巣機能低下における中国漢方の考え方 | 高齢不妊|不妊治療と漢方薬 | 鷺草、朱鷺草観察日記 | 黄体機能不全|不妊と漢方薬 | 黄疸|漢方薬 | 100歳まで元気に生きる! | 2人目不妊、第二子不妊|漢方薬 | 2004年妊娠出産おめでとうございます! | 2005年妊娠出産おめでとうございます! | 2006年妊娠出産おめでとうございます! | 2007(1月~6月)妊娠出産おめでとうございます! | 2007(7月~12月)妊娠出産おめでとうございます! | 2008年妊娠出産おめでとうございます! | 2009年妊娠出産おめでとうございます! | 2009(7月~12月)妊娠出産おめでとうございます! | 2010(1月~6月)妊娠出産おめでとうございます! | 2010(7月~12月)妊娠出産おめでとうございます! | 2011年妊娠出産おめでとうございます! | 2012年妊娠出産おめでとうございます! | 2013年妊娠出産おめでとうございます! | 2014年妊娠出産おめでとうございます! | 2015年妊娠出産おめでとうございます! | 2016年妊娠出産おめでとうございます! | 2017年妊娠出産おめでとうございます! | AMH|不妊治療と漢方薬 | COPD 慢性閉塞肺疾患|漢方薬 | FSHが低い方|不妊治療と漢方薬 | FSHが高い|不妊治療と漢方薬 | POF・早発閉経|不妊治療と漢方薬