カテゴリー「月経不順・生理不順|不妊と漢方薬」の記事

2017.09.08

「妊娠6週目です!」と嬉しい連絡ありました。お身体大事にしてください。

「妊娠6週目です!」と嬉しい連絡ありました。😊

土屋薬局からは安産のお守りに犬のマスコット🐕をお贈りしています。

お母様と一緒にご来店されたお客様でした。

土屋薬局、「お母さんと一緒に来店すると妊娠する」ジンクス続いています。

おめでとうございました。

お身体大事にしてください。😊


姙娠された画像

<姙娠された画像>


犬のマスコット

犬のマスコット

<土屋薬局では妊娠のご報告をされたお客さまに、安産のお守りの犬のマスコットを提供させて頂いています>


今年の4月19日に最初、ホームページからお問い合わせがありました。


「もともと生理不順で約4年間ピルを内服していました。(マーベロン28)

その後妊娠希望でピルをやめましたが生理不順は続き、多嚢胞性卵巣の可能性があると言われました。

詳しい検査はしていないため生理不順の原因は分からないのですが、このような場合でも漢方など処方していただけるのでしょうか?」


早速、ご来店して頂きました。


県外でしたがお母様とご一緒のご来店でした。


初潮から生理不順気味で生理が半年間こなかったり。


ニキビが口の周りやあごにできやすいです。


生理が来ないときには注射で生理を起こしています。


漢方薬を服用してからは冷え性が解消し、アゴのニキビが消えてきて、ややおりものも増えてきました。


そうやって4月の初来店から5月、6月と過ぎて、その後クロミッド2錠で発育が遅かった、次回からは3錠にしようということでした。


そして9月に入ってからの嬉しい妊娠6週目の連絡でございました!

どうもおめでとうございました!


最初にお会いしたときにお母様が「娘は寒い、寒いと言います」といったこともヒントになるべく体の冷えをとって、同時にニキビも解消するように漢方薬をお勧めさせて頂いたことも役立ったと思います。


実家のお母様のナイスアシストでした!


ありがとう

<ありがとう>


多嚢胞性卵巣症候群の漢方相談。体外受精で駄目だったけど自然妊娠!

不妊症の漢方。土屋薬局はあなたの妊娠力を引き上げるお手伝いをします。

こちらのコラムも参考になりましたら、幸いです。


漢方では一人一人の体質に合わせて相談していきますので、詳しくは認定不妊カウンセラーのいる土屋薬局までご相談してください。

たとえば、今回のコラムのお客さまで言えば、にきび、排卵がしずらい、多嚢胞性卵巣症候群、PCOSかも?や冷え性などはとても大事な情報ですし、お母さんと一緒の来店では不退転の決意で「妊娠する気構え」があることの現れです。


<お客さま一人一人の体質の強弱は違いますので詳しくはご相談ください>


当店に来店されるかたは私、薬剤師、不妊カウンセラーの土屋幸太郎との雑談が面白いとか励みになる、というかたがほとんどですので、山形県内はもちろんこと、宮城県、仙台、福島のかた秋田のかたも含めまして天気が良ければぜひご来店のうえ、直接薬剤師にご相談してください。

顔色や話し声などとても大事な漢方相談の情報です。

お店は明るい雰囲気で暗くなく、居心地がいいです。

山形県県内、朝日町 飯豊町 大石田町 大江町 大蔵村 小国町 尾花沢市、金山町 上山市 河北町、川西町、寒河江市 酒田市 鮭川村 庄内町 白鷹町 新庄市、高畠町 鶴岡市 天童市 戸沢村 長井市 中山町 南陽市 西川町 東根市 舟形町 真室川町 三川町 村山市 最上町 山形市 山辺町 遊佐町 米沢市。

お隣の新潟県、福島県、秋田県、宮城県、仙台市などにお住いでご来店できる方はぜひ山形県東根市の土屋薬局まで漢方相談をお寄せください。

漢方相談予約は、0237-47-0033です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017.04.19

春の養生法によい漢方薬。こんな症状ありませんか? イスクラ薬局さんより

おはようございます。

薬剤師、不妊カウンセラーの土屋幸太郎です。


今日は4月16日、朝のラジオでは「飼育の日」と言っていました。

生き物を命を大切にしていきたいですね。


さて縁あって遠方から漢方相談をされているお客さまからのご質問が朝のメールチェックに飛び込んできました。


「生理予定日1周間前のイライラ」

です。

ちょうど2017年4月17日の月曜日の日本橋、茅場町、兜町に近いイスクラ薬局日本橋店さんにお邪魔したときに良い春の養生法のPOPがありましたので、ご紹介させてください。


他店様のふんどしで商売をするような感じになってしまいましてすみません。

私も20数年前にイスクラ薬局日本橋店で研修していましたので、昔のよしみで許してください。m(__)m


春の養生法

<2017年4月17日> イスクラ薬局日本橋店

春の養生法によい漢方薬


Bタイプ)お腹が張って苦しい!!方にオススメ →イスクラ開気丸(かいきがん)


AVタイプ)憂鬱、イライラタイプさんにオススメ→イスクラ逍遙丸(しょうようがん)


春の漢方養生

cherryblossom春の漢方養生cherryblossom


こんな症状ありませんか?


Aタイプ)憂鬱、イライラするannoy

Aタイプ)ため息がでるsaddash

Aタイプ)月経不順、PMSがある…annoybomb


Bタイプ)お腹や胃が張ってガスが出るhappy02

Bタイプ)ゲップが多いwobbly


Cタイプ)目の充血やショボショボが気になるeyecrying


Dタイプ)そんなことより!!

春はお花見 cherryblossom !!(笑)


あなたに合わせた漢方をご紹介!!


春の養生法のポイントが分かりやすくディスプレイされていました。

すごく参考になりました。


ストレスがかかると春の肝木に風があたって、Aタイプのかたは体の上部に症状が現れやすく、たとえば高プロラクチン血症のような生理前の胸の張り、イライラ、ニキビなど。


またストレスがかかるとBタイプのかたは体の下部にお腹のほうに症状がでやすく、ゲップがガス。または便秘、下痢など。


劉文昭先生と

尊敬する中医師の北京中医薬大学出身の劉文昭と記念撮影するこのブログを書いている薬剤師、不妊カウンセラーの土屋幸太郎。

劉先生は高血圧の漢方相談など循環器にとても強いです。


日本橋、兜町や茅場町の証券会社で勤務されている方のストレスやイライラなどのお悩みはイスクラ日本橋店さんにレッツゴーです。


ちょっとした昼休みにも薬局の先生に連絡すれば不妊症や生理不順なども気軽に相談にのってもらえますので、漢方薬局の名店ですからぜひ相談に行ってください。


私は昔、李雲祥先生がいた時代が懐かしいです。


「大丈夫、大丈夫、心配いりません」の会話がいまだに覚えています。


「2007.06.20 李雲祥先生の思い出

いまではすっかり時代が変わり、李先生のことを覚えている人も少なくなり、当時はイスクラ産業さんで社長をしている大野先生が店長だったり、吉川さんというスタッフがいたりかなり個性的でした。


ペッパー君

店内にはなんとペッパー君がいて1時間ぐらい話してくれるそうです。


でも1時間すぎたら「もう疲れたから会話やめよーよ」と言うらしいです。(笑)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017.02.22

娘様の生理不順がコンクレバンと逍遥丸で

コンクレバンと逍遥丸

<2017年2月22日撮影>

先週のことです。

大石町からのお客さまが(最近、大石田や尾花沢からのお客さまが増えていて嬉しいです。当店はまさに「北村山」の薬局ですから)、「娘がコンクレバンと逍遥丸でピタッと生理が28日できて生理不順が解消して、生理前の乳腺の張りも感じるようになって喜んでいた」とこの写真のとおりにコンクレバン3本セットと逍遥丸をお買い上げになりました。


以前にコンクレバンを飲んでいてコンクレバンの効き目が分かっていて、それで娘様に購入されたそうです。


当店のスタッフから購入したのでスタッフがみずから愛用していて調子がいい「逍遥丸もどうですか?」と勧められてコンクレバンと一緒に娘様に飲ませたそうです。


「コンクレバンを服用すると元気がでて夜まで疲れないみたいだから朝だけ娘に飲ませてます」ということでした。


話をお伺いしますとコンクレバンは朝に50mlを娘様が飲んでいるそうです。

用法用量を越えているので何故?にその量は不明ですが、調子が良いのは事実なので嬉しいことでした。


若いかたは生理前の胸の張りが強い場合には排卵日あたりからずっと胸が痛くて高プロラクチン血症気味でPMS,月経前症候群もあって、、、という漢方相談が20代から30代ぐらいまでありますが、一般的に30代後半から40代になるともう胸が張らなくなってきます。


漢方を服用して生理前に「20代と同じように胸が張るようになりました」という感想は著効です。

すごくいい感じの経過になります。


ですから大石田のお母様が娘様の生理前の胸の張りを喜んだのはとても良いことでした。


コンクレバンは肝臓加水分解物と心臓エキスとビタミンB群が配合されている第三類医薬品です。

安全性が高いです。(安全性により第一類医薬品、第二類医薬品、第三類医薬品とわけられます。第三類医薬品は一番安全性が高いということです)

袁 世華先生の「漢方薬がよくわかる本」には以下のように記載されています。


52ページより


「動物の内蔵」が人間の内蔵に効く


動物の内臓や組織には、病気と闘う免疫物質が存在する。

人間が自力で病気に勝てないとき、動物のエネルギーを利用して病気を治療する方法は古くから用いられてきた。

この方法を漢方医学では「以臓補臓(動物の臓器をもってヒトの臓器を補う)」法とよんでいるが、西洋医学でも魚の肝臓から肝油を抽出して夜盲症など目の病気に用いる治療法がある。


漢方では「肝は目に開竅する(穴を開く)」という理論があって、目は肝に支配されると考えている。

そのため視力減退などの対しては動物の内臓を用いて人の肝機能を補強する治療法があり、とくに羊の肝臓をお主薬とする羊肝丸(ようかんがん)という丸薬がよく知られ、眼科に繁用されている。


漢方では心臓を血流のポンプしての働き以外にも、精神・意識をつかさどる臓器と考えられている。

そのため動物の心臓を動悸、不眠、不安感といった精神症状の改善に用いることがあり、豚の心臓に朱砂、酸棗仁などの生薬を加えて煮込み、食べる方法もある。

ちょっと入手しにくいが、もっとも効き目のよいのは、ずるいイメージのある狐(きつね)の心臓だという話もある。


以下、省略です。


ということでスタッフとお客さまとで良かったお話でした。

ネコの足跡が!

平成29年2月22日のニャンニャンの日にネコの足跡が!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016.12.14

中医不妊症お茶の間講座「薔薇」第3回…早発閉経、第二子不妊

おはようございます。

薬剤師、不妊カウンセラーの土屋幸太郎です。


昨日も雪降で昨年と違って冬らしい風景になっている山形です。

もう今日で12月15日、あと2週間で年の瀬ですから早いものですね。


さてだいぶ時間が経過しましたが11月22日に行われた中医不妊症お茶の間講座「薔薇」第3回の講義をまとめてみたいです。


今回は2つの中医不妊症の漢方検討会でした。

症例1)


主訴:早発閉経、採卵できない 30代の主婦の方


生理不順、初潮から年に1~2回程度。

ピルで生理を起こしている。

<体外受精(ART)の治療>


「ジュリナでFSHが下がれば採卵できるかも」と婦人科の先生


ジュリナを服用しつつセロフェンの隔日投与


しかし反応がない状態でFSHが上昇してしまいプレマリン、ノアルテンでリセット


セロフェン3~4日に1錠、エストラーナテープ2日に1回2枚貼ります。

+ジュリナ6錠プラス


LHが高いのでアンタゴニストを注射


卵胞みえずリセット


セロフェンは4日に1錠ペースにするとFSHは上昇しませんでした。


小さい卵胞がみえましたが、途中で卵胞がみえなくなった。


ピルでFSHが下がるが、ピルを中止するとFSHが上がります。


今後、IVA(原始卵胞体外活性化法)ができる不妊クリニックへ転院しようかどうか迷っています。


IVAとは体外活性化( In vitro activation)のこと。

体外に取り出した卵巣組織にある操作を加え、卵巣内にある卵子(発育開始前の原始卵胞)を体外で成長開始させ自身の体内に戻す新技術、1978年の体外受精、1990年台代の顕微授精に次ぐ不妊治療の革命と期待される治療法です。



この場をまとめるテューターの康先生から、(私の師匠の中医師の先生の1人。年齢を重ねる度に若返ってくるというリアル中医学なレジェンドです)。


検査値について→E2は60くらい、FSHは1桁代、LHはFSHより低いことが望ましい。


排卵誘発の失敗したときにはアンタゴニストで抑える。


E2が200以上になると卵胞1個はふつうはあるが、卵胞がみえないときには失敗。

甲状腺の数値に関して TSH 不妊症でなければよいが、不妊のときには2・5以下が望ましい。

甲状腺機能低下症

一緒に討論会に参加した漢方薬局の先生方は北から南へ多数いらっしゃいましたが、いろいろと漢方アドバイスがありました。

1人の先生は「もっと胃腸のちからを考慮してみたらいかがですか?」という意見もあって、私もなるほど。と思いました。


引き続き担当の薬剤師の先生のところで漢方相談していきます。



症例検討その2) 30代 第二子希望


BMIが18・6

標準体重の86%


BMIは 90%以上はあったほうが望ましい。

体づくりも大切。


多発性子宮内膜ポリープ

→エイジングにより子宮の環境が悪くなりやすい。

子宮の老化、血行不良、子宮筋腫も増える。


月経周期 28~35日 →排卵に関係がある。


黄体機能不全→卵の力がない、排卵にも影響する。

基礎体温の低温期が高い→卵巣機能低下→高温期低い


生理周期が遅れる場合には、気血不足、腎陽不足


※夫婦関係を良くしてタイミングを増やすこと


土屋の意見→病院でクロミフェン、デュファストン、ゴナールエフ(HMG注射)など不妊治療をされていますので、もっと気楽に病院の治療に伴奏を奏でる程度の漢方の併用でもいいかもしれません。



| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016.08.31

PCOS,多嚢胞性卵巣症候群で「無排卵」「無月経」。漢方で「妊活」「排卵」できるように!

「PCOS、多嚢胞性卵巣症候群」で最高は「2年間」生理が来なかったというお客様の漢方相談をさせて頂いています。

毎回、ご主人様と一緒に来るお客様で2人とも20代の若さと元気さで溢れています。


土屋薬局の20代の子宝漢方相談では「PCOS,多嚢胞性卵巣症候群」の方が群を抜いて多いです。


看護師さんの友人同士が3人漢方相談に来たら3人とも「PCOS,多嚢胞性卵巣症候群」で「驚いた」思い出もあるくらいです。

さて話は戻ります。


「PCOS、多嚢胞性卵巣症候群」の漢方相談です。


20歳のときにはクロミッドという排卵誘発剤で反応して「排卵」していましたが、いまはまったく効き目がなくクロミッドにも反応せずに「無排卵」。

注射、HMGの注射を打っています。

それでも「卵胞」が育たずに困っています。


その「PCOS,多嚢胞性卵巣症候群」の治療はもう2年ぐらい通院しています。


卵巣が腫れやすいので少なめにHMGの注射を打っています。

舌ベロには歯型があって気虚のような感じ。

寒がり、冷え性。

LH-FSHのバランスが悪いと言われています。

ニキビ(-) ため息がでます。

今年の5月10日のことでした。


漢方薬4種類で始めました。

その後、6月15日

その日は実家のお母様と一緒のご来店でした。


土屋薬局は「お母様と一緒のご来店は妊娠する」というジンクスがあります。


「お母さんと来る」か「主人と来る」か、迷いました。

というお客様もいらっしゃるくらいです。


義理のお母さん、主人のお母さんと一緒に来るお客様もいるぐらいです。

さて、「PCOS、多嚢胞性卵巣症候群」の漢方相談です。


5月30~31日に不正出血。

ちょっと排卵誘発剤の注射も効き目が無くなってきているそうです。


6月1日に通院。

また生理を起こす注射を打ちました。

いまは生理待ち。

次は6月23日に通院の予定。


ここで漢方薬を変更しました。


「卵巣」が硬くてキロキロしているので、うまく「排卵」出来るように活血化淤(かっけつかお)、破血化淤(はけつかお)の漢方と化痰(かたん)。


先月の7月に再来店。

昨日は、「PCOS。多嚢胞性卵巣症候群」の不正出血でした。

おりものは多い感じ。

卵胞チェックしたらまだ卵胞が小さい。

子宮内膜も薄いです。


7月2日。


今回も不正出血がありました。

排卵誘発剤の次の周期は不正出血になりやすいです。


そして昨日の8月16日です。


クロミッド2錠で今回は卵胞、卵が育ちました。

ほんと「久しぶり」だそうです。

「漢方薬が効いてきた」と思う。


とご主人とニコニコした顔でお話されていました。

HCG注射を打ってタイミングもうまくとれたそうです。


今後とも早めに「妊娠」「ご懐妊」の良い結果につながっていってほしいと思いました。


<土屋薬局から一言>


PCOS,多嚢胞性卵巣症候群のときには東京駅にある待ち合わせ場所の「銀の鈴」のようです。

せっかくのいい「卵」はたくさんあるのですが、なかなか「排卵」できない。

ガラスの箱から抜けることができません。


いかにしてその「ガラスの箱」つまりキロキロとした硬い「卵巣」を「卵子」が飛び出るようにするかが漢方対策として重要になってくると思います。


山形県、酒田市、鶴岡市、庄内町、最上郡、金山町、村山市、東根市、寒河江市、河北町谷地、天童市、山形市、南陽市、米沢市、長井市、川西町。お隣の新潟県、福島県、秋田県、宮城県、仙台市などにお住いでご来店できる方はぜひ漢方相談をお寄せくださいね。

一緒に漢方で「妊活」「不妊体質改善」でPCOS、多嚢胞性卵巣症候群を克服して「不妊」から「妊娠」を目指していきましょう!


月山の眺め

<2016年8月31日>

台風10号が去った後の月山です。

晴天です。

月山

大森山

こちらは反対側の大森山方面の眺めです。

もくもくと夏の雲が。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016.05.26

日経ヘルスと赤ちゃんが欲しいに土屋薬局の広告

こんにちは。

今日は蒸し暑いような曇りの山形です。

今朝の山形新聞朝刊によりますと、今年のサクランボはやはり例年よりも5日ほど早く、しかも豊作のようです。

東京方面や仙台方面などから、より多くの観光客が東根や寒河江市などにお立ち寄り頂ければ嬉しいです。


さて、今月の5月に土屋薬局がマスコミに広告を掲載した、まとめです。






健康づくりはじっくりと漢方相談できるお近くの「日本中医薬研究会」の薬局・薬店へ


続いての本はこちらです!








今日の内容でいえば、最近はアメリカの方ではビタミンや何かの栄養成分というよりも「食品」の素材から健康を作るようなこと、つまり「スーパーフード」の考え方が流行っているようです。

先日、何かの全国紙の新聞でもスーパーフードのブームに「それでいいのでしょか?」というような論調のコラムもありました。

一般的には日本人は疲労回復系の健康食品が好きですから、緑系よりも元気が出る系統のほうが市場に残りやすいだろうと考えています。


枸杞子は枸杞の実で「種」です。

もともと漢方では有名な素材で漢方薬では杞菊地黄丸(こぎくじおうがん)に含まれているものです。


マカのほうも当店では質の良いマカを用意していますので、必要とされるお客様には紹介させて頂いています。






本日のお客様は、妊娠して出産されて子育て中のママのお客様3人からの漢方のご相談や(不妊症の漢方相談で辛いときに漢方薬が効き目があって子宝に恵まれたお客様の場合には、引き続き当店をご愛顧して頂けるケースがあります)、無排卵で生理不順、基礎体温が一層性だったお客様が漢方薬を昨年の5月から続けていて、とうとうここ数か月は排卵が自然におこり基礎体温が二層になって自然妊娠が可能な状態になってきていて、それも心から嬉しいことです。




にほんブログ村 健康ブログ 漢方へ
にほんブログ村漢方ブログランキングに参加しています。 


妊娠・出産 ブログランキングへ
 ↑ クリックして頂けましたら望外の喜びです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016.04.22

子宝漢方で40代のお客さま。妊娠4ヶ月と嬉しいお言葉でした。

こんにちは。

薬剤師、不妊カウンセラーの土屋幸太郎です。


今日の金曜日は、午後に初めてのお客さまとお母様とご一緒の漢方相談の常連のお客様の2組がありました。

いまは午後4時前ですがこれから午後6時にも2回目のリピートの不妊症の子宝漢方相談のお客様がいらっしゃいます。


さて昨日の4月21日のことです。

夕方の6時を過ぎて当店は閉店が午後7時ですから、そろそろ閉店の準備をしようというときに来店された43歳の方(昭和48年生まれ)がいつものように「漢方薬をください」とお買い物に来ました。


スタッフがにこやかに話していて、私も「お変わりございませんか?」とお声を掛けましたら「妊娠4ヶ月です!」と嬉しいお言葉でした。

10月が出産予定日だそうです。


生理不順があってなかなか生理が来なかったときもありましたし、流産の悲しい経験もありました。

よく頑張ってきました。

今後とも順調にお過ごしになって頂きたいです。


東根市若木山公園 桜盛り

<2016年4月17日>

東根市若木山公園 桜盛り


山茱萸と桜の花です

山茱萸と桜の花です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016.03.12

血流たっぷりの温活漢方は生理痛、生理不順に絶対おすすめ!

おはようございます。

薬剤師、不妊カウンセラーの土屋幸太郎です。


3月12日は、朝は雪がチラチラしていて朝一番のお客さま、村山市の白鳥からいらっしゃいましたが、やはり葉山の麓も雪が降っていたようです。

この震災の時期はまだまだ寒いです。

5年前は雪が降った上に電気がなくて寒かったです。


さて「土屋薬局 中国漢方通信」を見なおしています。


漢方は生理痛、生理不順に絶対おすすめ!/生理痛や生理不順の漢方薬!


こちらのページを手直し中です。


再度、写真も撮り直しましたのでココログにも掲載させて頂きます。


コスモポリタンの掲載記事


コスモポリタンの掲載記事


コスモポリタンの掲載記事


コスモポリタンの掲載記事


コスモポリタンの掲載記事


生理痛の漢方薬のスレッドも参考になりましたら、幸いです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016.02.25

生理不順、PCOSの多嚢胞でピルを3年服用していましたが、漢方で体質改善、出産されました!

こんにちは。

NPO法人 不妊カウンセリング学会会員、薬剤師、国際中医専門員、不妊カウンセラーの土屋幸太郎です。


昨日、今日と山形は冷え込んだ天候で今朝はカーテンをそーっと開けましたらうすっらと雪が積もっていました。

2月は底冷えのする季節です。


でも地面からはそろそろいろいろな植物が芽を出してきていますし、池の金魚たちは相変わらず悠々と泳いでいます。


さて今日は嬉しいお話、漢方薬で不妊症克服、子宝に恵まれたお話です。



平成26年3月29日のときが初めてのご相談でした。


Sさま 28歳


PCOS、多嚢胞性卵巣症候群です。


初潮は11歳です。


PCOSの方の特徴としましては初潮から生理不順になることが多いのですが、お話をお伺いしますと「高校時代はあまり生理が来なかった」そうです。


「半年間生理が来ないこともありました」


3月3日からは生理が10日間ぐらいダラダラと続きました。


冷え性、肩こり

食欲あります。

毎日、夢をよくみます。


便秘気味です。

足が浮腫みやすいです。


ピルは3年間服用していました。


23~26歳まで、ちょうど1年前の3月にピルの服用を止めました。


排卵誘発剤も一時期試していました。


ピルを止めてから生理が来ていましたが、昨年の11月からは生理不順。


排卵誘発剤のクロミッド(クロミフェン)は3ヶ月ぐらいから効き目が弱くなりました。


ニキビはありません。


(PCOSの漢方相談で、ニキビの有無をお聞きすることは「熱」があるかどうかをチェックするためです)


ため息が多い。


LHが11・9と高めです。


E2(エストロゲン)は80ぐらい、FSHは4ぐらい、プロラクチンは 9ぐらいでした。


(LHが高いということは、FSHとのバランスがとれていなくて、これがPCOSの多嚢胞の一つの特徴です。LHが高いとブレーキがかかる感じで排卵しにくく、破綻出血もしやすく不正出血にも悩まされやすかったりします)


漢方薬は、三爽茶と弓帰調血飲第一加減の2つをご紹介しました。


お値段も手ごろで続けやすいこと。

(20代でお年頃ですから)


ダイエットにも有効で、お痩せになることもPCOSの体質改善に有効だからという理由もありました。


三爽茶は「羊も痩せた!人も痩せた!牛も痩せた!」三爽茶という意味もあり羊が食べる痩せてしまうというチベットの特別な生薬が入っています。


スギナという利尿効果が期待できる薬草やハスの葉っぱで新陳代謝を上げる生薬も入っています。


それに弓帰調血飲第一加減は気血水を発散する第二類医薬品の漢方薬ですから期待できそうですね。


三爽茶は健康茶扱いで医薬品ではありません、健康食品の分野、食品に相当しますので薬事法上、効能効果はうたえません。


さて、6月になりました。


順調に減量してきています。


排卵誘発剤も再度、服用を再開しました。


8月2日

クロミッド1錠を服用して2周期目です。


4周期やってみましょう! と担当の婦人科の医師の先生から言われています。


HCGは使用していません。


今は排卵して高温期です。

便秘で4日に一度です。


体重は2~3キロ落ちました。


三爽茶と弓帰調血飲第一加減の継続の服用です。


8月12日


◎陽性反応でした!


周期43日目、排卵してから17日目で陽性でした。


「タイミングが良かった」


犬のマスコット、進呈です。


「2014.08.12 高校時代からの生理不順で生理があまり来なくて一時はピルも服用していましたが、漢方と不妊治療の併用で妊娠できました」こちらのコラムも参考になりましたら、幸いです。


平成27年4月に元気な男の子をご出産されました。


めでたし、めでたしでした。


土屋薬局からはフォトフレームを進呈しました。


お子さまの健やかな成長をスタッフ一同、こころから願っております。


0450221

<2016年2月21日 東根市神町南>

リンゴ畑から奥羽山脈眺め


0460221

この日は乱川の鉄橋を鉄道の保守の方が歩いていました。

0470221

乱川からは残雪の葉山がうすぼんやりと眺められました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016.02.10

PCOS(多嚢胞性卵巣症候群)の漢方で妊娠、出産!

こんにちは。

山形県東根市の土屋薬局、薬剤師、不妊カウンセラーの土屋幸太郎です。


昨日の午前中には千葉県より母と娘さまでのご来店がありまして、平日火曜日の午前中とのこともあって、ゆっくりと約2時間くらいかけてお話しできました。

お母さまにも来店されて喜んで頂けましたようで嬉しかったです。


お母様と一緒に子宝の漢方相談に来店されるお客様は妊娠される」というジンクスが続いてほしい土屋薬局です。


さて、お客さまYさまからココログへの掲載許可を頂きました。


Yさまは不妊症でのPCOS(多嚢胞性卵巣症候)のお悩み。

PCOS(多嚢胞性卵巣症候)の漢方相談の最初は平成26年2月8日のときでした。


Yさま 27歳


不妊症でお悩みです。

多嚢胞性卵巣症候群でなかなか排卵しない。

排卵しても妊娠に至らない。


生理不順が19歳ごろから。

就職してから生理がまばらになりました。


産婦人科系のクリニックで不妊治療中です。


投薬→クロミッド、デュファストン(たまにプレマリン)


注射→フォルリスチム、HCG注射


とても寒がり


食欲あります。ガスあります。


夜は6~8時間眠れています。

夢が多いです。

最近は悪い夢でうなされることが多いです。


初潮は12歳ごろです。

その後、生理不順で間隔があいていた記憶があります。


社会人(18歳~)から安定していた生理が2~3ヶ月とぶようになり、その後半年と生理が来なくなったので20歳の頃に産婦人科でピルで様子を見る治療を5年続けたが自力ではまったく生理がこなくなりました。


26歳で結婚して病院を変えたところ、多嚢胞性卵巣症候(PCOS)と分かりました。


不妊治療をしながら、一番初めは温経湯(4ヶ月飲んだが基礎体温はバラバラ)。

2番目は柴苓湯を飲んでいました(3ヶ月)


今は加味帰脾湯(7ヶ月~)を飲んでいます。


自分にあった漢方なのか気になって漢方相談させて頂きました。

どうぞよろしくお願い致します。


当店からは漢方薬3種類をお勧め、ご紹介しました。


☆養血調経+気血水を発散する漢方薬+補腎精の漢方薬


この3つです。

バランスがとれた漢方処方でPCOSの多嚢胞性卵巣症候群の方にも向いています。


途中、その年の7月からシベリア霊芝(チャガ)もお勧めしました。


そして平成27年1月14日には嬉しいご連絡が!


「こんにちは!

ご無沙汰しております。

随分とご連絡できずだったのですが、おかげさまで妊娠6か月目を迎えることができました。

胎動も感じるようになり嬉しさや楽しみな気持ちでいっぱいです。


初期から激しいつわりで漢方が飲めずにいたのですが、やっとこさご飯がおいしく食べれるようになり、PCOS(多嚢胞性卵巣症候)の漢方もほぼなくなってしまいました。

どうぞよろしくお願いいたします。」



〇平成28年1月23日 漢方相談日


「土屋先生

こんにちは、ご無沙汰しております。

昨年5月に無事2836gの女の子の赤ちゃんを出産いたしました!

大変お世話になりましたのにご連絡が遅くなってしまいすみません。。。

娘と過ごせる毎日ドタバタですが、楽しく、とてもとても幸せです。

旦那もお互いの両親、兄弟もとても温かく娘を見守ってくれてそんな姿を見ては私も更にとても温かく穏やかな気持ちになります。

娘が幸せを運んでくれたんだと喜びをかみしめています。

土屋薬局さんの子宝専門のPCOS(多嚢胞性卵巣症候)の漢方を飲んでいてよかったです。

本当にありがとうございます。

もうすぐ生後9か月(母乳+離乳食) で私の生理はまだきていませんが・・・

2人目3人目と可能性があれば授かりたいという気持ちがあって引き続き漢方お願いさせてください。
どうぞよろしくお願いいたします。」



〇平成28年1月30日 漢方相談日


「こんにちは!

お返事ありがとうございました。

PCOS(多嚢胞性卵巣症候)の漢方もありがとうございました。

そのほかにもお祝のお品も!ありがとうございます。

ぼちぼちとですが、更に前を向いて進んでいきたいと思います◎

これからもよろしくお願いいたします。

ブログ紹介の件、私も皆さんのお話し励みに拝見していましたので、お役に立てるのであれば紹介いただけたらうれしいです*

ではでは、まだまだ寒い日が続きますが、ご自愛くださいませ。」



<PCOS(多嚢胞性卵巣症候)の漢方で妊娠、出産!の考察です>


よく病院で、今日も「当帰芍薬散と加味逍遥散を東京の漢方クリニックから2ヶ月に1度通院して処方してもらっていました。でも長く続けても妊娠しません」というお客様がご来店されましたが、不妊症で妊娠できる体、出産できる体にするには、それだけでは到底追いつかないケースを多々体験しています。

せっかくの貴重な時間を無駄にしないためにも、信頼のおけるところで漢方相談していったほうがいいと思います。

とくにこの不妊症の分野の場合には、ある程度の補腎薬といって卵巣機能や子宮を元気にするものが必要なので、そのときには日本中医薬研究会の会員店の先生方の薬局、薬店など力になります。


補腎薬も動物生薬類が配合されているものは健康保険の病院やクリニックから処方されるものはありませんから、自費の漢方になっても効き目を優先したほうが結果的に喜ばれるケースが多いです。


今日の午前中に来店された方、長井市からでしたが、「ママ友のお友達が2年間不妊で悩んでいたのに土屋薬局さんで漢方を処方してもらったら10日間で妊娠しました!タイミングもバッチリでした」ということで、同じ漢方薬を紹介してほしいと来店があったくらいです。


今後とも喜ばれるPCOS(多嚢胞性卵巣症候)の漢方相談を心掛けていきたいです。


薬剤師、国際中医師、不妊カウンセラー 土屋幸太郎



Yさまへお贈りするお写真です。

晴天でしたので月山などいい写真が撮れました!


大日様の階段から眺めた月山

<2017年2月8日>

東根市神町の大日様の階段から眺めた月山です。

透き通った一日でした。


大日様です

大日尊です。

我が家から歩いて5分ぐらいのところにあるので、近くて行きやすいです。


どーんと月山が眺められます

目の前にはドーンと月山が鎮座しています。

素晴らしい眺めです。


朝日連峰もくっきりと

遠く朝日連峰もくっきりと

あの山の向こう側は新潟県になります。


大森山と奥羽山脈

反対側の東北方面を見渡しますと大森山と奥羽山脈です。

あの山の向こうは、おそらく宮城県栗原市方面だと思います。


Yさま、どうもおめでとうございました!

ご家族末永くどうぞお幸せにお暮しください。


そして今後ともどうぞよろしくお願い致します。

2人目のご懐妊、ご出産も心から願っております。


2016年9月9日追記です。


多嚢胞性卵巣症候群(PCOS)」の漢方相談でお子様1歳!漢方相談成功例!!

漢方体験ドットコムさんへも新しいコラムとなりました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧

その他のカテゴリー

LUF・黄体化未破裂卵胞|不妊と漢方薬 | PCOS・多嚢胞性卵巣症候群|不妊と漢方薬 | PMS・月経前緊張症|漢方薬 | 「ナチュラルな妊娠」「45歳、もう生んでいいかしら?」 | 「血流たっぷり」をめざしなさい | いびき|漢方薬 | おねしょ、小児夜尿症|漢方薬 | おりもの、のびおり|不妊治療と漢方薬 | お客さまとのエピソード | お腹の張り、腹部膨満感、食欲不振|漢方薬 | お香 | しびれ|漢方薬 | つわり|漢方薬 | にきび|漢方薬 | のどのつかえ、喉の痛み、難治性咽頭潰瘍|漢方薬 | ほてり|漢方薬 | むずむず脚症候|漢方薬 | めまい、立ちくらみ|漢方薬 | アトピー性皮膚炎|漢方薬 | アレルギー性鼻炎と体外受精|漢方薬 | アレルギー性鼻炎|漢方薬 | イスクラ冠元顆粒 | イスクラ冠元顆粒発売20周年記念成都シンポジウムに参加して | イスクラ婦宝当帰膠 | イスクラ独歩顆粒 | イライラ落ち込み漢方、不安落ち込み|漢方薬 | イラスト | インターネットの掲示板などで漢方紹介 | カウフマン療法|不妊と漢方薬 | カンジダ膣炎|不妊と漢方薬 | ガン(がん)|漢方薬 | クラミジア感染症|不妊と漢方薬 | クローン病、潰瘍性大腸炎|漢方薬 | ゲップ・ガス|漢方薬 | ココログ版漢方(無名)コラム・2004 | ココログ版漢方(無名)コラム・2005 | ココログ版漢方(無名)コラム・2006 | ココログ版漢方(無名)コラム・2007 | ココログ版漢方(無名)コラム・2008 | ココログ版漢方(無名)コラム・2009 | ココログ版漢方(無名)コラム・2010~ | コンクレバン | シェーグレン症候群|漢方薬 | シミ・肝斑|漢方薬 | ストレス|漢方薬 | セックスレス、性機能減退|不妊と漢方薬 | タイミング療法|不妊と漢方薬 | ダイエット|漢方薬 | チャイナビュー | チョコレート嚢胞|不妊治療と漢方薬 | ツイッター | ツボの話題 | ディスプレー症候群|漢方薬 | ドライアイ|漢方薬 | ドライマウス、口腔乾燥症|漢方薬 | ニュースレターより | ハテナ | ビタエックス(プラセンタ) | フレイルの漢方対策 | ヘパーデン結節|漢方薬 | ベビ待ち保育士さん、幼稚園教諭さん|漢方薬 | ベビ待ち小学校教員さん|不妊と漢方薬 | ベビ待ち歯科衛生士さん|不妊と漢方薬 | ベビ待ち看護師さん|不妊と漢方薬 | ベビ待ち美容師さん|不妊と漢方薬 | メニエール病|漢方薬 | メールマガジン | モンテディオ山形 | ヤフー知恵袋の漢方の回答より | リウマチ性多発筋痛症|漢方薬 | リウマチ|漢方薬 | ロコモティブシンドローム|漢方薬 | 下痢、軟便|漢方薬 | 下肢静脈瘤|漢方薬 | 不妊カウンセラーに向けて | 不妊カウンセラー・体外受精コーディネーター養成講座 | 不妊治療の基礎知識…現状と問題点 | 不妊漢方治療の応用 | 不妊症の基本検査について | 不妊症の年代別漢方相談 | 不妊症テレビお茶の間講座 「子宮内膜症」 | 不妊症専門講座・PCOS 「多嚢胞性卵巣症候群」 | 不定愁訴|漢方薬 | 不正出血|不妊と漢方薬 | 不眠|漢方薬 | 不育、流産後|不妊治療と漢方薬 | 中医五官病 | 中医痺証専門講座「南通研修」への道 | 乳がんの疫学と薬物療法 | 乳腺炎、断乳、母乳|漢方薬 | 人工授精で妊娠出産|不妊と漢方薬 | 今週の漢方相談会 2008年 | 今週の漢方相談会 2009年 | 今週の漢方相談会 2010~ | 今週の漢方相談会 2013~ | 今週の漢方相談会2017 | 体外受精で妊娠出産|不妊と漢方薬 | 何先生や中医師の先生から漢方のこと聞いたこと | 便秘|漢方薬 | 免疫性不妊|漢方薬 | 全身性エリテマトーデス(SLE)|漢方薬 | 円錐角膜|漢方薬 | 冷え性|漢方薬 | 加齢性黄斑変性症|漢方薬 | 勉強会(2004~2008) | 勉強会(2009) | 勉強会(2010) | 勉強会(2011) | 勉強会(2012~) | 動悸|漢方薬 | 卵巣予備能~全周期活血化淤 | 卵巣嚢腫|不妊と漢方薬 | 卵巣機能不全、卵巣機能低下|不妊と漢方薬 | 卵管性不妊|不妊と漢方薬 | 卵管水腫|不妊と漢方薬 | 卵管閉塞|不妊と漢方薬 | 卵胞発育不全|不妊と漢方薬 | 受精障害|不妊と漢方薬 | 口内炎|漢方薬 | 呑気症(空気嚥下症)|漢方薬 | 味覚障害|漢方薬 | 咳、ぜんそく、慢性気管支炎|漢方薬 | 咽喉頭異常感症、難治性咽頭潰瘍|漢方薬 | 嗅覚障害|漢方薬 | 土屋幸太郎・漢方講演会 | 土屋幸太郎結婚式 | 土屋薬局からのお知らせ | 土屋薬局のの口コミ、評判 | 坐骨神経痛|漢方薬 | 坑精子坑体|不妊と漢方薬 | 基礎体温が低め|不妊と漢方薬 | 基礎体温が高め|不妊と漢方薬 | 基礎体温ガタガタ|不妊と漢方薬 | 基礎体温表|不妊と漢方薬 | 夏の疲れに漢方 | 多汗症|漢方 | 夜中目が覚める|漢方薬 | 夢と不眠|漢方 | 女性のための漢方レッスン | 女性不妊症的中医治療 | 妊娠中と産後の体調不良|漢方薬 | 妊活・妊娠力アップ|漢方薬 | 子宮内膜が薄い|不妊と漢方薬 | 子宮内膜ポリープ、子宮内膜増殖症|漢方薬 | 子宮内膜症|不妊治療と漢方薬 | 子宮外妊娠後|不妊と漢方薬 | 子宮筋腫|不妊治療と漢方薬 | 子宮腺筋症|不妊治療と漢方薬 | 子宮頸がん|漢方薬 | 子宮頸管無力症|不妊と漢方薬 | 季節の漢方養生 | 季節の養生法 | 学校保健委員会 | 小児チック|漢方薬 | 小児漢方 | 小太郎製薬 | 帯状疱疹後神経痛、後遺症|漢方薬 | 後鼻漏・蓄膿症|漢方薬 | 心と体 | 感音性難聴・耳鳴り、難聴|漢方薬 | 慢性副鼻腔炎(蓄膿症)|漢方薬 | 慢性咽頭炎|漢方薬 | 我が家の庭 | 我が家の庭 2008 | 我が家の庭 2009 | 我が家の庭 2010~ | 手根管症候群、腱鞘炎、ばね指|漢方薬 | 抗リン脂質抗体|不妊と漢方薬 | 抗核抗体|不妊治療と漢方薬 | 掌蹠膿疱症|漢方薬 | 排卵痛、排卵期|不妊と漢方薬 | 排卵障害|不妊と漢方薬 | 日中線記念館 | 更年期障害|漢方薬 | 月経の経血量が減少|不妊治療と漢方薬 | 月経不妊周期療法|不妊と漢方薬 | 月経不順・生理不順|不妊と漢方薬 | 月経周期が短い|不妊と漢方薬 | 月経周期が遅れる、長い|不妊と漢方薬 | 未成熟卵|不妊症と漢方 | 椎間板ヘルニア|漢方薬 | 武漢へ | 死産後|漢方薬 | 母乳|漢方薬 | 泣きたくなる | 活血化淤の応用 | 浮腫み|漢方 | 温活GO | 漢方周期療法…南京・夏桂成先生の講義より | 漢方薬の安全性について | 漢方薬局で相談を受ける婦人病について | 無排卵・無月経/不妊と漢方薬 | 無月経・無排卵・中医不妊症テレビお茶の間講座 | 生殖医療に関わる疑問に答える | 生殖補助医療の有用性と限界 | 生理痛、月経困難症|漢方薬 | 甲状腺機能亢進症|不妊と漢方薬 | 甲状腺|不妊治療と漢方薬 | 男女の更年期と神経症|漢方薬 | 男性不妊|不妊治療と漢方薬 | 疲労|漢方薬 | 痔|漢方薬 | 痛み、しびれ|漢方薬 | 痰湿(暑湿)について | 痰湿|漢方 | 眼精疲労|漢方薬 | 着床障害、着床失敗|不妊症と漢方薬 | 着床障害|不妊治療と漢方薬 | 神経障害性疼痛|漢方薬 | 秋バテの漢方 | 空胞|不妊治療と漢方薬 | 糖尿病|漢方薬 | 経血量少ない|不妊と漢方薬 | 綿花観察日記 | 緑内障|漢方薬 | 繊維筋痛症|漢方薬 | 老人性膣炎・萎縮性膣炎|漢方薬 | 耳管開放症|漢方薬 | 耳鳴り、突発性難聴|漢方薬 | 聴覚過敏|漢方薬 | 肘痛|漢方薬 | 股関節痛|漢方薬 | 肩こり|漢方薬 | 肩甲骨の痛み|漢方薬 | 肩痛、五十肩|漢方薬 | 胃酸過多、機能性胃腸症(NUD)|漢方薬 | 背中のほてり|漢方薬 | 背中の痛み|漢方薬 | 胚盤胞|不妊治療と漢方薬 | 脂漏性皮膚炎|漢方薬 | 脈拍|漢方 | 脊柱管狭窄症|漢方薬 | 脱毛、抜け毛、薄毛の漢方薬 | 脳卒中|漢方薬 | 脳疲労症候群、脳過敏症候群|漢方 | 腰椎すべり症|漢方薬 | 腰痛|漢方薬 | 膀胱炎|漢方薬 | 膝痛|漢方薬 | 膿精液症|男性不妊の漢方薬 | 花粉症|漢方薬 | 若木山、石崎山や東根の景色 | 若木山、石崎山や東根の風景2008 | 若木山、石崎山や東根の風景2009 | 若木山、石崎山や東根の風景2010~ | 蕁麻疹、湿疹/漢方薬 | 薄い子宮内膜に漢方薬が有効である可能性がある | 薬膳 | 血の道症|漢方薬 | 血管力をつければ病気は治る | 補腎の話 | 西洋医学的にみた不妊症漢方概論 | 足底筋膜炎|漢方薬 | 逆流性食道炎|漢方薬 | 過去のバックナンバーより | 過敏性腸症候群|漢方薬 | 過活動膀胱、頻尿|漢方薬 | 遺残卵胞|不妊治療と漢方薬 | 酒さ|漢方薬 | 頭痛|漢方薬 | 頸椎症、首のこり|漢方薬 | 頻尿|漢方薬 | 顔面神経麻痺、手のふるえ|漢方薬 | 顕微授精(ICIS)|不妊と漢方薬 | 風邪|漢方薬 | 食欲不振、胃痛|漢方薬 | 食養生 | 高プロラクチン血症|不妊と漢方薬 | 高血圧|漢方薬 | 高齢不妊症、卵巣機能低下における中国漢方の考え方 | 高齢不妊|不妊治療と漢方薬 | 鷺草、朱鷺草観察日記 | 黄体機能不全|不妊と漢方薬 | 黄疸|漢方薬 | 100歳まで元気に生きる! | 2人目不妊、第二子不妊|漢方薬 | 2004年妊娠出産おめでとうございます! | 2005年妊娠出産おめでとうございます! | 2006年妊娠出産おめでとうございます! | 2007(1月~6月)妊娠出産おめでとうございます! | 2007(7月~12月)妊娠出産おめでとうございます! | 2008年妊娠出産おめでとうございます! | 2009年妊娠出産おめでとうございます! | 2009(7月~12月)妊娠出産おめでとうございます! | 2010(1月~6月)妊娠出産おめでとうございます! | 2010(7月~12月)妊娠出産おめでとうございます! | 2011年妊娠出産おめでとうございます! | 2012年妊娠出産おめでとうございます! | 2013年妊娠出産おめでとうございます! | 2014年妊娠出産おめでとうございます! | 2015年妊娠出産おめでとうございます! | 2016年妊娠出産おめでとうございます! | 2017年妊娠出産おめでとうございます! | AMH|不妊治療と漢方薬 | COPD 慢性閉塞肺疾患|漢方薬 | FSHが低い方|不妊治療と漢方薬 | FSHが高い|不妊治療と漢方薬 | POF・早発閉経|不妊治療と漢方薬