カテゴリー「イスクラ冠元顆粒」の記事

2016.03.30

婦宝当帰膠と冠元顆粒を一緒に白湯に溶かします。漢方で不妊に。妊娠出産

こんにちは、薬剤師、不妊カウンセラーの土屋幸太郎です。

ホームページ 土屋薬局 中国漢方通信用に画像を掲載させてください。


電気が流れるような手のしびれ、足の踵の痛みで使いたいと思います。


婦宝当帰膠(ふほうとうきこう)と冠元顆粒(かんげんかりゅう)です。

<2016年3月23日撮影>


日本中医薬研究会が誇るイスクラ産業さんの婦宝当帰膠(ふほうとうきこう)と冠元顆粒(かんげんかりゅう)です。


婦宝当帰膠は女性に人気のある漢方薬です。

血の道症です。


冠元顆粒は血液を浄化する活血化淤(かっけつかお)と呼ばれる淤血(おけつ)という血の滞りの対策になります。


私の師匠の東西薬局の猪越恭也先生が日本に輸入を勧めたというレジェンド的な漢方薬です。

冠心Ⅱ号方の論文で中医臨床第一号を圧巻のデビューでした。


いまだに中医臨床第一号は輝しいです。

日本の中医学の普及の道を後押しするような、そんな素晴らしい本で行間が夢と希望に光っています。


婦宝当帰膠はシロップの漢方薬です。<br />

婦宝当帰膠はシロップの漢方薬です。

添加物として白糖および黒砂糖を含有します。


この黒砂糖が新しいイスクラ婦宝当帰膠Bのポイントです。


黒砂糖の体を温める効果もひそかに狙っています。


婦宝当帰膠Bの「B」は、ビューティーのBでもいいですし、ブリリアントのBでもいいですし、ベストのBでもご自由に解釈してください。


婦宝当帰膠を湯飲み茶わんによいしょ!と入れます。

婦宝当帰膠を湯飲み茶わんによいしょ!と入れます。


次に冠元顆粒(かんげんかりゅう)を1包を一緒に入れます。

次に冠元顆粒(かんげんかりゅう)を1包を一緒に入れます。

これからミックスしてお湯に溶かして出来上がりです。


ポットのお湯を一緒に溶かして完了です。


ポットのお湯を一緒に溶かして完了です。

ポットのお湯を一緒に溶かして完了です。


さあ、召し上がれ。です。


ちなみに痛み、しびれの時にも漢方薬の婦宝当帰膠と冠元顆粒は大活躍しますが、子宝の不妊漢方相談でも大活躍です。


ちょうどこの日にご来店された赤ちゃんを抱いた「土屋先生にお礼参り」という神町のお客さま。

ちょうどこの日にご来店された赤ちゃんを抱いた「土屋先生にお礼参り」という神町のお客さま。


婦宝当帰膠と冠元顆粒に最初は便秘があったので気を開く漢方薬で胃腸の気の流れをスムーズにしました。


そして補腎精のプラセンタの漢方薬も使って3~4ヶ月で妊娠、出産されました。


不妊の体質改善に婦宝当帰膠と冠元顆粒、胃腸の気の流れをスムーズにする漢方薬とプランセンタ製剤の補腎など各種の漢方たちが役立ちました。


死産後の苦痛の2年間を優しいご主人とともに乗り越えて幸せが手元にやって来ました。


効き目や手ごたえを実感することが多い婦人病の婦宝当帰膠と成人病にも対応する冠元顆粒の組み合わせのご紹介でした。


冷え性、肩こり、腰痛、頭痛、痛み、しびれなどにもかなり良いです。(薬事法上の用法として効果が認可されています)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016.03.23

赤ちゃんの出産のお礼にとご来店頂きました。

0160323

<2016年3月23日 土屋薬局店内>

今日は午前中に嬉しいお客さまのご来店がありました。

娘の出産のお礼にとのことでした。

自宅から神町郵便局に用を足すついでの土屋薬局へのご来店です。


とても可愛らしい赤ちゃんです。


お客さま 「〇〇ちゃん、漢方の先生のお陰なんだよ。ありがとね、やっと先生にお会いできたね」


ご主人に似て目がくりくりしているそうです。


主人も娘にめろめろだそうです。


関東のご実家でも大喜びだそうです。


このお客さまと漢方相談していたときには、「便秘があれば開気丸」と決めていました。


当時、中医学、中国漢方の婦人科で柴松岩先生の考え方に凝っていました。


「二陽の病」で婦人科を考えていきます。


二陽(によう)とは大腸経と陽明胃経の2つです。


つまり、食欲とお通じのことで慢性的な便秘があれば、乾燥して熱がこもり、それが生じて不妊の原因になる。


という深淵な理論です。(私が説明すると簡単そうになりますが。。)


そこで開気丸でお通じが良くなってスッキリして、同時に婦宝当帰膠や冠元顆粒などもお勧めしていました。


基礎体温が綺麗に2層になって、その後に補腎精の漢方も追加させて頂きました


その後、トータル3~4ヶ月ぐらいで漢方で妊娠、出産という素晴らしい漢方体験でございました。


最近はあまり開気丸に手がなかなか届きにくいのですが、これを機に必要なお客さまには再度お勧めしていこうかなとも思います。


昨日の午前中にも赤ちゃん連れで喜んで来店されたお客様がいらっしゃいましたし、商売抜きで嬉しい話です。

うちのような小さな薬局はなにかと暇なときが多いですから、なにかの途中に思い出して来店してもらえれば幸せです。


(お客さまには了解をもらったうえでコラムを書いています。赤ちゃんもニコニコ、お母さんとなったお客さまもニコニコでした。こちらもニコニコでした)


0010323

<2016年3月23日>

朝の大日様からの眺め

月山のような雲です。

月山は雲隠れ


0020323

朝日連峰ははっきりと


0030323

3月は空気が透き通りますね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016.03.20

冠元顆粒と独歩顆粒の飲み方

こんにちは。土屋です。

ちょっとホームページに載せる画像をこのココログに掲載させてください。


1170322

<2016年3月22日撮影>

イスクラ冠元顆粒です。


1180322

冠元顆粒と独歩顆粒を並べました。


1200322

最初に冠元顆粒1包を湯飲み茶わんに入れました。


1210322

次に独歩顆粒を同じ湯飲み茶わんに入れます。


1230322

そしてお湯で割ります。


1240322

スプーンでぐるぐるかき混ぜて出来上がりです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011.08.01

「冠元顆粒交流会」と妊活漢方相談、妊娠ラッシュ!です 11/08/01

こんにちは!

薬剤師、不妊カウンセラーの土屋幸太郎です。


昨日の7月31日は、東京日本橋イスクラ産業において「冠元顆粒交流会」に参加してきました。


みんなの願い 血液サラサラ健康法 「人は血管とともに老いる」血管を大切に!

あなたの血液は、サラサラ流れていますか? 「淤血度チェック」

こちらのコラムも参考になりましたら、幸いです。


今年の震災前の3月に中国四川省成都において、血液サラサラ冠元顆粒の発売20周年記念式典にお呼ばれして、冠元顆粒の素晴らしさの再確認とそして日中友好の桜の植樹などをして、次の20年後もぜひみんなで集合してお祝いしようと盛大な会でした。

帰国後2週間後には3月11日を迎えて、その後の日本はすっかり様変わりしてしまったので感慨深い思いもありました。

恩師の猪越先生を始め、先生方はみな元気で私も大いに勇気付けられました。

今後ともこの感激を胸に冠元顆粒を日本で推進していきたいです。



さて、土屋薬局での不妊症の妊活、子宝の漢方相談では先週は妊娠ラッシュでした。


みなさま、自然妊娠、体外受精などそれぞれに頑張っている段階でのご懐妊の話でしたので、とても嬉しく思いました。

赤ちゃんたちも2組訪れて、薬局の中はハッピーな感じに包まれています。


私も毎日、相談して、分からないこと、疑問なことは高名な中医師の先生方にアドバイスを受けながら、着実に漢方相談を進めています。


今週も頑張ります、今日から八月です!

今週木曜日の4日には東京から何先生もお招きして、漢方相談会もございます。

今後とも土屋薬局をどうぞよろしくお願い致します。


薬剤師、国際中医師、不妊カウンセラー 土屋幸太郎


発起人の猪越康也先生 イスクラ産業本社において

<2011年7月31日 発起人の猪越康也先生 イスクラ産業本社において>

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011.04.27

イスクラ冠元顆粒の製造工場訪問

冠元顆粒という漢方薬があります。

血液サラサラ、淤血(おけつ)を解消するもので応用範囲が広いものです。

私も毎日、婦宝当帰膠と冠元顆粒を併用して愛用しています。

さて今年の2月末から3月にかけて四川川大華西薬業股分(人偏に分の字)有限公司という冠元顆粒の製造工場に行ったときのもようをご紹介します。

Imgp1418110228_2

<2011年2月28日 中国四川省成都 冠元顆粒の製造工場で>

冠元顆粒を日本に中医臨床で紹介された「生みの親」 猪腰康也先生と中国のスタッフが固い握手をします。

熱烈大歓迎です。

中国の工場のスタッフは、社長もみなさま若くて「なんでこんなにみんな若いのだろう、年配の社員はどこにいるのだろう?」と思うくらいフレッシュなメンバーでした。

ちなみに成都は美人が多いです。

これは「蜀犬日に吠ゆ」という故事からもお分かりだと思います。

つまり成都、昔の地名で「蜀(しょく)」の国の犬は、いつも「蜀」の国である成都は曇りの日が多くて、晴れの日が珍しいので「蜀の国の犬」はお日様にビックリして驚いて吠えてしまう。

ということわざからも知れるように、日照時間が少ないのでお肌がきめ細かく、色白美人が多いことが挙げられます。

中国三大美人の楊貴妃も蜀の国(成都)の出身なんですよ。

Imgp1422110228

冠元顆粒20周年記念訪中団 冠元顆粒のふるさとへどうぞ!

思い切って中国四川省成都に来て良かったです。

たぶん、この機会を逃すと二度と成都に行ける予感がしなかったので参加しました。

Imgp1428110228

歓迎スピーチが始まります。

この熱気、写真からも伝わってきますね。

Imgp1437110228

白衣に着替えて、帽子をかぶり、足元の靴もビニールの袋をつけて外部のゴミや汚れを工場内に持ち込まないようにします。

Imgp1439110228

冠元顆粒の主薬の材料の丹参(たんじん)です。

Imgp1446110228

最後の工程では、このように人の目で手作業で梱包されていきます。

感謝です。

Imgp1447110228

工場内の展示室では冠元顆粒の箱が山積みになってピラミッド状態になっていました。

また機会があるときに続きを書いていきます。

成都が懐かしいですし、震災前の平和な日常を思い出します。

まさか1か月経たないうちに大震災と停電と津波と原発と、今のような世の中になるとは思ってもみませんでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011.03.25

「冠元顆粒」発売20周年記念成都シンポジウムに参加して(5)

こんにちは!

薬剤師、不妊カウンセラーの土屋幸太郎です。

まだまだ雪が降る山形で、朝起きたらうっすらと銀世界でした。

最近はやっとスーパーやコンビニでパンが販売されれきて、白い棚に商品が並んで嬉しいなと思っている今日k歩のごろです。あとはガソリン不足の解消と放射能騒ぎが収束してほしいのですが、最近の世の中はちょっとシュールで異常ですね。

さて、中国四川省成都での「冠元顆粒」発売20周年記念シンポジウムの巻です。



4・糖尿病


糖尿病のおもな害はその合併症である。

糖尿病発症後10年、30~40%の患者に少なくとも1種類の合併症が発症する。

その合併症の発症率は高い


Imgp1691110301

<2011年3月1日 四川省成都市 世紀城新コンベンションセンター 錦江庁>

糖尿病の合併症→腎臓病、足症、眼病、脳の病変、心臓病、皮膚病


Imgp1692110301

よく見られる糖尿病合併症の種類

慢性合併症

微小血管合併症(眼合併症、腎症、神経病変など)

大血管合併症(心臓血管疾患、周囲血管疾患、脳血管疾患など)

糖尿病足症

糖尿病の皮膚病変

Imgp1693110301

糖尿病の中医治則


血管病変:活血化淤(かっけつかお)

糖と脂質代謝障害:養陰活血(よういんかっけつ)

長い経過:益気養陰(えっきよういん)・肝腎を補う

以上、養陰活血化淤を基本治療原則である。

その合併症の治療は以下である。


ちょっと一休み

Imgp1361110227

<2011年2月27日 成都空港>

蜀の国・成都の空の顔、成都空港です。

三国志でとても有名なところだそうです。

私は中学生のときに三国志の人形劇を見たり、ちょっと三国志をかじりましたが長編のためにギブアップしてしまった思い出があります。

三国志を読み込んでいたら、もっと成都に思い入れを持って訪中できたのに、と悔やまれますが、素晴らしいところでした。

成都最高です!


Imgp1363110227

成都空港の玄関口には、くるくると廻る愉快そうなパンダちゃんがいて、とっても気分が和むんです。

Imgp1367110227

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011.03.18

「冠元顆粒」発売20周年記念成都シンポジウムに参加して(4)

昨日、妻が職場から二時間かけて雪降る中歩いて帰ってきました。

山形、物資の不足でガソリンが足りなくなっているので、ガソリンがもう補給できなくなったからです。

行きは職場の同僚と乗合で行って、帰りは迎えに行くと伝えたのですが、どうしても歩いて帰りたかったようです。

「歩いているとき何考えたの?」

「幸太郎さんに牛乳買ってあげたいとずっと思てった」

はい、妻が買ってき3日ぶりに飲む牛乳と同じく貴重品のあんパンは美味でした。


では、四川省成都で行われた「冠元顆粒」発売20周年記念シンポジウムの内容です。


Imgp1660110301

Imgp1662110301

<2011年3月1日 四川省成都市 世紀城新コンベンションセンター 錦江庁>

写真は講演された李廷謙先生です。



「冠元顆粒」発売20周年記念成都シンポジウムに参加して(4)


3・軽度認知機能障害(MCI)

※ MCIとは正常老化と軽度認知症の間の一種の臨床状態

※ 近年の研究で表明

MC I毎年老年性認知症になるのは10~15%、3~4年約50%、6年で80%に達している。

おもに以下の障害がある。

1)感知障害

2)記憶障害

3)見当識障害


<軽度認知機能障害(MCI)の治療>


認知症予防の重要な一環である。


治則:益気活血+補腎

方剤:冠元顆粒(冠心Ⅱ号方製剤)、複方丹参製剤、六味地黄湯、麦味参顆粒

生薬:活血化淤薬

黄耆、人参、菟糸子、生地黄、淫羊霍、杜仲、五味子

Imgp1665110301

Imgp1687110301

Imgp16891110301

おまけ

四川省成都で宿泊したインターコンチネンタルホテルの部屋からの眺め

Imgp1384110227

<2011年2月27日>

すごく良い部屋でビックリしたのですが、まさに眺めは大陸!大開発!という感じでした。

これだけの膨大な土地があちこちに余っているのですから、成都はこれからも発展していくと思います。

中国はすごいです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011.03.10

「冠元顆粒」発売20周年記念成都シンポジウムに参加して(3)

丹参製剤の臨床応用


心臓と脳血管疾患のリスクファクター


高脂血症

糖尿病

飲酒

環境素因

高血圧

喫煙

肥満

性格タイプ



動脈硬化、高血圧、狭心症、突然死、心筋梗塞、脳血管疾患、脳卒中、痴呆、腎機能不全、尿毒症


治療原則


○血小板凝集の抑制、抗凝結、血栓形成抑制→ヘモレオロジー(血液流動学)を改善

○微小循環を改善

○抗酸化、脳と心筋細胞を保護

○血管壁損傷を軽減

○血管を拡張→脳と冠動脈の血流量を改善


<臨床応用>

1・狭心症

狭心痛型:行気活血+益気

安定型:益気活血

心筋梗塞:益気活血

不整脈:行気活血+益気

血管閉塞:行気活血+益気


<中国での応用>


難治性心房細動、慢性動脈閉塞症、深部静脈血栓形成などに丹参製剤、冠心Ⅱ号方などを応用しました。


難治性心房細動の60歳の患者さん、長期間にわたり冠心Ⅱ号方、丹参製剤加減を服用して心房細動の発作回収が減少した。

慢性動脈閉塞症の患者さんは、左腕の力が低減して、左腕の皮膚温度も低かった。シスロタゾールと丹参製剤、冠心Ⅱ号方加減を服用して、左腕の動脈拍動が触知でき、自分で生活の始末ができるようになりました。10年症状が安定して、左腕の運動力が増強された。

深部静脈血栓形成の患者さん、転倒して足の骨を折った。手術後左足が腫れてきて日増しに憎悪する。静脈造影をしたところ左足に静脈血栓ができていた。行気活血化淤で丹参製剤加減を処方して、半年後に足の腫脹が著しく軽減された。1年後には足のむくみが完全に消失し、正常活動に回復した。


2・脳卒中(Stroke)


分類:虚血性脳卒中と出血性脳卒中

特徴:発症率が高い・死亡率と後遺症率が高い


リスクファクター


高血圧病

糖尿病

心臓疾患

喫煙と飲酒

脂質代謝障害

肥満

一過性脳虚血発作(TIA)


中国での応用は

虚血性脳卒中:益気活血+黄耆。

出血性脳卒中:発症7~10日後から活血化淤治療

治則:行気活血


脳卒中後遺症:


半身不随:行気活血+益気養血、たとえば黄耆、当帰

認知障害:行気活血+益気養血、補腎


臨床応用は、脳卒中後遺症の治療では生脈散+冠心Ⅱ号方、丹参製剤など。65歳の患者さん、起床時に意識障害失語、左の腕と足が運動障害と家族により見つけられ救急入院した。急性脳梗塞。ガイドラインに沿って治療後退院。退院時に言語障害、左の腕と足が運動障害。

中医学の治療は、おもに行気活血で長期的に丹参製剤を5年服用、同時にリハビリを行った。今ベッドを離れて活動可能、自分で生活の始末ができる。

処方は生脈散と冠心Ⅱ号方、丹参製剤。中薬の益気活血剤を持続的に服用することによって現在80歳になり、言語と行動には不自由なし、自分で生活の始末ができて連続で各地を旅行している。

Imgp1841110302


Imgp1842110302

<2011年3月2日 成都 パンダ基地>

生後6か月の赤ちゃんパンダです。

かわいい~です!

私ももし生まれ変わることができたら、パンダの飼育員になりたいと真面目に思っています。

Imgp1843110302

Imgp1845110302

Imgp1846110302

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011.03.05

 「冠元顆粒」発売20周年記念成都シンポジウムに参加して

こんにちは!

薬剤師、不妊カウンセラーの土屋幸太郎です。

中国四川省成都から帰国して二日目です。

今日は土曜日の漢方相談会なのですが、午後は3組のカップルのお客様たちが連続して来店されています。

さて、本日はメールマガジンの発行する5日ですので、午前中に頑張って作成しました。



 // ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
●●  1.巻頭コラム 「冠元顆粒」発売20周年記念成都シンポジウムに参加して
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


2011年2月27日(日)から中国四川省成都に出発して、
3月3日(木)に無事に日本に帰ってきました。

帰国するときには成都を出発する飛行機が、中国空軍の軍事演習があって
1時間発進が遅れるというトラブルもありまして冷や汗をかきましたが、
何事もトラブルがなくてほっとしているところです。

今回の訪中の目的は、冠元顆粒という血液をサラサラにして
血行を改善する漢方の発売20周年を日中でお祝いして、
さらなる勉強を深めて今後により一層役立てていくことです。

日本側からは総勢60名以上の薬局の先生方も集まり、
賑やかな研修で楽しかったですし、とても活気に満ち溢れたものでした。

「冠元顆粒」のシンポジウムを始め、製造工場の見学など、
盛りだくさんの日程でした。

「冠元顆粒」発売20周年記念成都シンポジウム 2011年3月1日(火)

午前の部 会場 四川省成都市 世紀城新コンベンションセンター 錦江庁


開会の辞から始まり、イスクラ産業伊藤社長からの挨拶がありました。

そして

「冠元顆粒の製造と品質管理について」

「冠元顆粒の臨床応用について」


昼食をはさんで午後の部です。


「冠元顆粒誕生秘話」

「冠元顆粒20年の軌跡/輝く未来に向けて」

「冠元顆粒の未来に向けたメッセージ」


そして表彰式で、私こと土屋幸太郎も土屋薬局を代表して、
冠元顆粒の普及の功績を認められて壇上に上がることができました。

まことに身に余る光栄でした。


臨床応用については、中国側から四川大学華西医院の李廷謙先生より、
「冠元顆粒などの丹参製剤の臨床応用」の発表がありました。


以下、メモをまとめます。


内容提要

○世界三大疾患

○血淤症および治療

○冠元顆粒などの丹参製剤の臨床応用


日本厚生労働省の発表


癌疾患、心臓病、脳血管病による日本人死亡率増加 ”三大殺し屋”


老年性認知症死亡率全世界第四位


○毎年の9月21日 「世界老年性認知症日」

○英国「日曜日郵報」 「鉄の女」サッチャー元首相は老年性認知症を患っている

○米国元大統領レーガンも老年性認知症と10年戦った末、2004年にお亡くなりになった。


21世紀三大疾病


癌症、心脳血管疾病、糖尿病


以下、血淤症についての詳細な説明がはじまりますが、
今回はページの関係でよろしければ次回に続きを掲載させて頂きます。

なお余談ですが四川省の新聞に今回の訪中団のことが掲載され、
私も写真に大きく写りまして喜びました。

ちょうど冠元顆粒の製造工場の見学の模様で、
日中友好にもささやかながら役立ったのではないかと思っています。


薬剤師、国際中医専門員A級、認定不妊カウンセラー 土屋幸太郎


Imgp1757110301

<2011年3月1日 四川省成都市 世紀城新コンベンションセンター 錦江庁>

中央に立っていてスーツ姿で身長が高いのが私です。

Imgp1765110301

表彰の栄誉に授かりました。

今後とも冠元顆粒の普及に力を入れていきたいです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011.02.18

 「冠元顆粒」発売20周年記念成都研修団に参加します。

 // ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
●●  1.巻頭コラム 「冠元顆粒」発売20周年記念成都研修団に参加します。
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


「冠元顆粒」発売20周年記念成都研修団に参加します。


冠元顆粒(かんげんかりゅう)という中成薬があります。

中成薬とは中国で作られた製剤化された漢方薬のことを示す名称です。

和漢に対して、中成薬とも言います。


ちょうど今から20年位前に私は東京高円寺のイスクラ中医学研修塾という全寮制のマンションで1年間中医学を学んでいました。

イスクラ産業という名前は、ロシア語の「イスクラ」つまり、「燎原の火」を意味し、最初は小さな火花であったとしても、全国に普及となる気概をもって頑張ろうよ、という願いが込められています。


さて当時は冠元顆粒が発売された翌年にあたり、日本中医薬研究会でもイスクラ産業でも冠元顆粒に対しての熱気が渦巻いており、みんなで冠元顆粒を勉強し、そして日本国民のために役立てようよ、というムーブメントがありました。


冠元顆粒はもともと文化大革命の時代に吹き荒れた粛清のストレス時代に、当時中国では狭心症が増えており、それに対抗する漢方として、開発された漢方の中では比較的に若い歴史を持つものです。

中国での冠元顆粒の正式名称は「冠心2号方(かんしんにごうほう)」です。

この処方は従来の漢方の常識を打ち破っていて、主薬である君薬の丹参の配合割合が1とすると、残りの家来たち、紅花、赤芍、川弓、降香が0・5という「科学的」な処方になっています。

(日本での冠元顆粒は降香の代わりに木香と香附子が配合されています)


つまり薬理実験を繰り返して、血液凝固に打ち勝つ生薬、血栓予防になる生薬を選び出し、処方を組み立てたのが冠心2号方、冠元顆粒ということになります。

認可を受けて、冠元顆粒として発売されてはや20年になりました。

私がこの土屋薬局に帰ってきた当初も漢方相談をすると、すべての疾患にお勧めしていたのが「冠元顆粒」です。


血液サラサラ冠元顆粒、人は血管とともに老いる、血管のすべてをトータルすると約10万キロで実に地球を2周半する距離にもなります。


冠元顆粒という血液サラサラで血流を改善する漢方薬の発売20周年を中国と日本の両国でお祝いする祝典で、これを機会にさらに活血化淤(かっけつかお)を勉強していこうという機運が生まれています。

頭痛や肩こりなどから、坐骨神経痛などの整形外科的な痛みへの応用、また血圧が高めだったりなどの生活習慣病の改善に、女性の生理痛や基礎体温全般の改善など、さまざまに応用が利く処方です。

久しぶりの中国で一生懸命研修してきたいです。


今月2月の2月27日(日)~3月4日(金)まで中国に行っています。

このチャンスを逃すと、たぶん一生四川省成都には行けそうにもありませんから、本場の四川料理の辛さも含めて中国を堪能してこようと思っています。


私が中学生だったころはテレビのコマーシャルで「食は中国にあり」「中国四千年の歴史」などと中華料理を作るのをよく見ていた記憶もいまだにハッキリあります。

中国は「井戸を堀った人」を大切にするお国柄なので、日中の漢方友好というささやかではありますが、草の根の親善として日本と中国の懸け橋になれるように成都では楽しんでこようと思うし、またこの機会に再度、冠元顆粒への勉強を深めてきたいです。


薬剤師、国際中医専門員A級、認定不妊カウンセラー 土屋幸太郎

| | コメント (0) | トラックバック (0)

その他のカテゴリー

LUF・黄体化未破裂卵胞/不妊と漢方薬 | PCOS・多嚢胞性卵巣症候群/不妊と漢方薬 | PMS・月経前緊張症/漢方薬 | 「ナチュラルな妊娠」「45歳、もう生んでいいかしら?」 | 「血流たっぷり」をめざしなさい | いびき/漢方薬 | おねしょ、小児夜尿症(おねしょ)/漢方薬 | おりもの、のびおり/漢方薬 | お腹の張り、腹部膨満感、食欲不振/漢方薬 | しびれ/漢方薬 | つわり/漢方薬 | にきび/漢方薬 | のどのつかえ、喉の痛み、難治性咽頭潰瘍/漢方薬 | ほてり/漢方薬 | むずむず脚症候/漢方薬 | めまい、立ちくらみ/漢方薬 | アトピー性皮膚/漢方薬 | アレルギー性鼻炎と体外受精/漢方薬 | アレルギー性鼻炎の漢方相談について | イスクラ冠元顆粒 | イスクラ冠元顆粒発売20周年記念成都シンポジウムに参加して | イスクラ婦宝当帰膠/不妊と漢方薬 | イスクラ独歩顆粒 | イライラ落ち込み漢方、不安落ち込み/漢方薬 | インターネットの掲示板などで漢方紹介 | カウフマン療法/不妊と漢方薬 | カンジダ膣炎/不妊と漢方薬 | ガン(がん)/漢方薬 | クラミジア感染症/不妊と漢方薬 | クローン病、潰瘍性大腸炎/漢方薬 | ゲップ・ガス/漢方薬 | ココログ版漢方(無名)コラム・2004 | ココログ版漢方(無名)コラム・2005 | ココログ版漢方(無名)コラム・2006 | ココログ版漢方(無名)コラム・2007 | ココログ版漢方(無名)コラム・2008 | ココログ版漢方(無名)コラム・2009 | ココログ版漢方(無名)コラム・2010~ | コンクレバン | シェーグレン症候群/漢方薬 | シミ・肝斑/漢方薬 | ストレス/漢方薬 | セックスレス/不妊と漢方薬 | タイミング療法/不妊と漢方薬 | ダイエット/漢方薬 | チャイナビュー | チョコレート嚢胞/不妊と漢方薬 | ツイッター | ディスプレー症候群/漢方薬 | ドライアイ/漢方薬 | ドライマウス、口腔乾燥症/漢方薬 | ニュースレターより | ハテナ | ビタエックス(プラセンタ) | フレイルの漢方対策 | ヘパーデン結節/漢方薬 | ベビ待ち保育士さん、幼稚園教諭さん/漢方薬 | ベビ待ち小学校教員さん/不妊と漢方薬 | ベビ待ち歯科衛生士さん/不妊と漢方薬 | ベビ待ち看護師さん/不妊と漢方薬 | ベビ待ち美容師さん/不妊と漢方薬 | メニエール病/漢方薬 | メールマガジン | モンテディオ山形 | ヤフー知恵袋の漢方の回答より | リウマチ性多発筋痛症/漢方薬 | リウマチ/漢方薬 | ロコモティブシンドローム/漢方薬 | 下痢、軟便/漢方薬 | 下肢静脈瘤/漢方薬 | 不妊カウンセラーに向けて | 不妊カウンセラー・体外受精コーディネーター養成講座 | 不妊治療の基礎知識…現状と問題点 | 不妊漢方治療の応用 | 不妊症の基本検査について | 不妊症の年代別漢方相談 | 不妊症テレビお茶の間講座 「子宮内膜症」 | 不妊症専門講座・PCOS 「多嚢胞性卵巣症候群」 | 不定愁訴/漢方薬 | 不正出血/不妊と漢方薬 | 不眠/漢方薬 | 中医五官病 | 中医痺証専門講座「南通研修」への道 | 乳がんの疫学と薬物療法 | 乳腺炎、断乳、母乳/漢方薬 | 人工授精/不妊と漢方薬 | 今週の漢方相談会 2008年 | 今週の漢方相談会 2009年 | 今週の漢方相談会 2010~ | 今週の漢方相談会 2013~ | 今週の漢方相談会2017 | 体外受精/不妊と漢方薬 | 何先生や中医師の先生から漢方のこと聞いたこと | 便秘/漢方薬 | 免疫性不妊/漢方薬 | 全身性エリテマトーデス(SLE)/漢方薬 | 円錐角膜/漢方薬 | 冷え性/漢方薬 | 加齢性黄斑変性症/漢方薬 | 勉強会(2004~2008) | 勉強会(2009) | 勉強会(2010) | 勉強会(2011) | 勉強会(2012~) | 動悸/漢方薬 | 卵巣予備能~全周期活血化淤 | 卵巣嚢腫/不妊と漢方薬 | 卵巣機能不全、卵巣機能低下/不妊と漢方薬 | 卵管性不妊/不妊と漢方薬 | 卵管水腫/不妊と漢方薬 | 卵管閉塞/不妊と漢方薬 | 卵胞発育不全/不妊と漢方薬 | 受精障害/不妊と漢方薬 | 口内炎/漢方薬 | 呑気症(空気嚥下症)/漢方薬 | 味覚障害/漢方薬 | 咳、ぜんそく、慢性気管支炎/漢方薬 | 咽喉頭異常感症、難治性咽頭潰瘍/漢方薬 | 嗅覚障害/漢方薬 | 土屋幸太郎・漢方講演会 | 土屋幸太郎結婚式 | 土屋薬局からのお知らせ | 土屋薬局のの口コミ、評判 | 坐骨神経痛/漢方薬 | 坑精子坑体/不妊と漢方薬 | 基礎体温が低め/不妊と漢方薬 | 基礎体温が高め/不妊と漢方薬 | 基礎体温ガタガタ/不妊と漢方薬 | 基礎体温表/不妊と漢方薬 | 多汗症/漢方 | 夜中目が覚める/漢方薬 | 夢と不眠/漢方 | 女性のための漢方レッスン | 女性不妊症的中医治療 | 妊娠中と産後の体調不良/漢方薬 | 妊活・妊娠力アップ/漢方薬 | 子宮内膜が薄い/不妊と漢方薬 | 子宮内膜ポリープ、子宮内膜増殖症/漢方薬 | 子宮内膜症/不妊と漢方薬 | 子宮外妊娠後/不妊と漢方薬 | 子宮筋腫/漢方薬 | 子宮腺筋症/漢方薬 | 子宮頸がん/漢方薬 | 子宮頸管無力症/不妊と漢方薬 | 季節の養生法 | 学校保健委員会 | 小児チック/漢方薬 | 小児漢方 | 小太郎製薬 | 帯状疱疹後神経痛、後遺症/漢方薬 | 後鼻漏・蓄膿症/漢方薬 | 心と体 | 感音性難聴・耳鳴り、難聴/漢方薬 | 慢性副鼻腔炎(蓄膿症)、アレルギー性鼻炎/漢方薬 | 慢性咽頭炎/漢方薬 | 我が家の庭 | 我が家の庭 2008 | 我が家の庭 2009 | 我が家の庭 2010~ | 手根管症候群、腱鞘炎、ばね指/漢方薬 | 抗核抗体/不妊と漢方薬 | 掌蹠膿疱症/漢方薬 | 排卵痛、排卵期/不妊と漢方薬 | 排卵障害/不妊と漢方薬 | 日中線記念館 | 更年期障害/漢方薬 | 月経の経血量が減少/漢方薬 | 月経不妊周期療法/不妊と漢方薬 | 月経不順・生理不順/不妊と漢方薬 | 月経周期が短い/不妊と漢方薬 | 月経周期が遅れる、長い/不妊と漢方薬 | 椎間板ヘルニア/漢方薬 | 武漢へ | 死産後/漢方薬 | 母乳/漢方薬 | 泣きたくなる | 活血化淤の応用 | 流産後の不育/漢方薬 | 浮腫み/漢方 | 温活GO | 漢方周期療法…南京・夏桂成先生の講義より | 漢方薬の安全性について | 漢方薬局で相談を受ける婦人病について | 無排卵・無月経/不妊と漢方薬 | 無月経・無排卵・中医不妊症テレビお茶の間講座 | 生殖医療に関わる疑問に答える | 生殖補助医療の有用性と限界 | 生理痛/漢方薬 | 甲状腺機能亢進症/不妊と漢方薬 | 甲状腺/不妊と漢方薬 | 男女の更年期と神経症/漢方薬 | 男性不妊/漢方薬 | 痔/漢方薬 | 痛み、しびれ/漢方薬 | 痰湿/漢方 | 眼精疲労/漢方薬 | 着床障害/不妊と漢方薬 | 神経障害性疼痛/漢方薬 | 糖尿病/漢方薬 | 経血量少ない/不妊と漢方薬 | 綿花観察日記 | 緑内障/漢方薬 | 繊維筋痛症/漢方薬 | 老人性膣炎・萎縮性膣炎/漢方薬 | 耳管開放症/漢方薬 | 耳鳴り、突発性難聴/漢方薬 | 聴覚過敏/漢方薬 | 肘痛/漢方薬 | 股関節痛/漢方薬 | 肩こり/漢方薬 | 肩甲骨の痛み/漢方薬 | 肩痛、五十肩/漢方薬 | 胃酸過多、機能性胃腸症(NUD)/漢方薬 | 背中のほてり/漢方薬 | 背中の痛み/漢方薬 | 胚盤胞/漢方薬 | 脂漏性皮膚炎/漢方薬 | 脈拍/漢方 | 脊柱管狭窄症/漢方薬 | 脱毛、抜け毛、薄毛の漢方薬 | 脳卒中/漢方薬 | 脳疲労症候群、脳過敏症候群/漢方 | 腰椎すべり症/漢方薬 | 腰痛/漢方薬 | 膀胱炎/漢方薬 | 膝痛/漢方薬 | 膿精液症/男性不妊の漢方薬 | 花粉症/漢方薬 | 若木山、石崎山や東根の景色 | 若木山、石崎山や東根の風景2008 | 若木山、石崎山や東根の風景2009 | 若木山、石崎山や東根の風景2010~ | 蕁麻疹、湿疹/漢方薬 | 薄い子宮内膜に漢方薬が有効である可能性がある | 薬膳 | 血の道症/漢方薬 | 血管力をつければ病気は治る | 補腎の話 | 西洋医学的にみた不妊症漢方概論 | 足底筋膜炎/漢方薬 | 逆流性食道炎/漢方薬 | 過去のバックナンバーより | 過敏性腸症候群/漢方薬 | 過活動膀胱、頻尿/漢方薬 | 遺残卵胞/不妊と漢方薬 | 酒さ/漢方薬 | 頭痛/漢方薬 | 頸椎症、首のこり/漢方薬 | 頻尿/漢方薬 | 顔面神経麻痺、手のふるえ/漢方薬 | 顕微授精(ICIS)/不妊と漢方薬 | 風邪/漢方薬 | 食欲不振、胃痛/漢方薬 | 高プロラクチン血症/不妊と漢方薬 | 高血圧/漢方薬 | 高齢不妊症、卵巣機能低下における中国漢方の考え方 | 高齢不妊/漢方薬 | 鷺草、朱鷺草観察日記 | 黄体機能不全/不妊と漢方薬 | 黄疸/漢方薬 | 100歳まで元気に生きる! | 2人目不妊、第二子不妊/漢方薬 | 2004年妊娠出産おめでとうございます! | 2005年妊娠出産おめでとうございます! | 2006年妊娠出産おめでとうございます! | 2007(1月~6月)妊娠出産おめでとうございます! | 2007(7月~12月)妊娠出産おめでとうございます! | 2008年妊娠出産おめでとうございます! | 2009年妊娠出産おめでとうございます! | 2009(7月~12月)妊娠出産おめでとうございます! | 2010(1月~6月)妊娠出産おめでとうございます! | 2010(7月~12月)妊娠出産おめでとうございます! | 2011年妊娠出産おめでとうございます! | 2012年妊娠出産おめでとうございます! | 2013年妊娠出産おめでとうございます! | 2014年妊娠出産おめでとうございます! | 2015年妊娠出産おめでとうございます! | 2016年妊娠出産おめでとうございます! | 2017年妊娠出産おめでとうございます! | AMH/不妊と漢方薬 | COPD 慢性閉塞肺疾患/漢方薬 | FSHが低い方/不妊と漢方薬 | FSHが高い/不妊と漢方薬 | POF・早発閉経/不妊と漢方薬