カテゴリー「慢性副鼻腔炎(蓄膿症)|漢方薬」の記事

2017.11.30

副鼻腔の痛みは緩和したが,鼻がつーんとする症状について漢方相談

こんにちは。

山形県東根市の土屋薬局です。

薬剤師、不妊カウンセラーの土屋幸太郎です。


昨日は4人の出産されたお客さまからその後のご相談などあり、嬉しく思った一日でした。


昨日、今日と雪もやみ、比較的に天候が落ちついています。


ココログの読者のみなさまは、明日からは早くも12月ですから、風邪などに気をつけて体調良くお過ごしくださいね。


雪が降った様子

こちらは11月25日に雪が降った様子です。

我が家の庭です。

今年の雪はだいぶ早かったです。


雪が降った様子

雪が降った様子


さてその中の1人のお客さまからご質問がありました。


「以前に子宝相談で大変お世話になりました。

大変ご無沙汰しております。

おかげさまで,土屋先生の支えで授かりました息子も2歳5ヶ月になり,健やかに成長しております。」


「◎昨年の11月に,急性蓄膿症を発症(生まれて初めて)風邪から。

耳鼻科にて抗生物質などを約1ヶ月服用し,症状緩和。

◎今年9月下旬にのどの痛みがあり,その後鼻水がひどくなる(発熱などなし)

その他の症状はなかったため,様子をみていたが,鼻水の状態はひどくなり,量が多く,緑がかった黄色の鼻水。鼻づまりもひどく,のどからでることも多かった。)


10月中旬には副鼻腔付近の痛みがでたため,耳鼻科を受診。


副鼻腔炎と診断され,昨年と同様の薬を処方され,約3週間位飲んだ。


◎現在は,副鼻腔の痛みは緩和したが,鼻がつーんとする症状はまだ残っているので, 炎症は続いているのだと思います。また,鼻をかんでもほとんど鼻水はでないし,鼻づまりの感じもない。


が,鼻声なので,まだ副鼻腔に膿が残っている状態なんだと思います。


◎塩番茶で鼻うがいを時々しています。」

そこで東京にお電話したら、楊先生に回答して頂きました。

むかしは仙台にお住まいになっていて、いろいろと私達、南東北中医薬研究会の先生方にご指導をして頂いたものです。

私のほうへのアドバイスは「疲れを溜めないようにしてくださいね」と優しいアドバイスでした。


話し方が優しいのでとてもいい先生です。


楊先生からのアドバイス


「いまは回復期です。炎症から粘膜の修復へ。


ふだんはマスクをして冷たい空気を吸わないようにしてください。


これ以上悪化しないように予防していく。


漢方では「粘膜を強化する漢方顆粒」と「鼻水をすっきりさせる鼻炎の漢方薬」の2つがお勧めです。


粘膜の修復には→「粘膜を強化する漢方顆粒」

鼻の炎症、症状改善には→「鼻水をすっきりさせる鼻炎の漢方薬」


温めること、マスクで予防することが寒い季節は大切です。」


鼻水、鼻づまり

寒くなってきたので鼻水、鼻づまりなどのトラブルの漢方相談が増えてきました。


冬の間から花粉症、鼻のアレルギー対策をしていきます。


冷たいものを控えて身体を冷やさないようにすること。


【鼻の食養生】

食養生は辛味のあるもので余計な水分を発散させます。


ミント、ゴボウ、ねぎ、生姜、三つ葉、大根、春菊、玉ねぎ、どくだみ、ハトムギなど。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016.11.04

中医五官病オープン講座に参加してきました。「虚静」と東京駅夜景、虹

昨日の木曜日 2016年11月3日文化の日に東京八重洲ホールで中医五官病オープン講座 「熊氏鼻病五度弁証の基礎理論と臨床応用指南」に参加してきました。


久々の東京での中医学の漢方勉強会に参加です。


講師は中国全土でも有名な「鼻の漢方」の専門家、中医耳鼻科の大家、熊大経(ゆうだいけい)先生です。

成都中医薬大学の耳鼻科教授です。

私も実はこのオープン講座に来日する前から著作を愛読していました。


熊氏鼻病五度弁証の基礎理論と臨床応用指南のスライド


トン先生と熊先生

<通訳のトン先生と熊先生>


熊先生は話に力が入ると壇上から立ち上がるかのように熱弁になったり、明るくてフレンドリーな先生でした。


鼻水、鼻炎、慢性鼻炎、くしゃみ、副鼻腔炎(蓄膿症、後鼻漏)などに悩まれている方も多いと思います。


中医学の漢方理論では「鼻」という局部の症状であっても人間は「小宇宙」です。


五臓の全ての臓器、経絡は有機的に繋がっています。


「鼻」の疾患を通じて身体全身も弁証して「身体の中から健康になろうよ!」ということでした。


「鼻疾患は局部の病気ではなくて全身疾患」


鼻疾患のある小児のお子様は「鼻の症状が治ったら夜尿症も改善された!」「鼻の疾患が改善したら皮膚が綺麗になってきた。」などです。

ストレスやイライラも、精神の不調も「鼻」の症状に関係ある場合もあるそうです。


鼻の疾患をそれぞれ、肺、肝、心、脾、腎と「五臓との関連性」からアレルギー性鼻炎や後鼻漏(蓄膿症、副鼻腔炎)、花粉症などを漢方的に改善していきます。


熊先生は、一切抗生物質を使わないで慢性の耳鼻科疾患に対応しているそうです。


土屋薬局でも、今週は 1)30代の女性のお客様 2年間の耳鳴りが3週間の漢方の服用でみるみる耳鳴りが小さくなってきて「本当に私、耳鳴りが治っていいのかしら?」 というお客様や、 2)40代の後鼻漏(副鼻腔炎)のお客様が漢方服用3回ですっかり完治のような状態になっていて、いまは本治の体質改善の漢方だけの服用だけになったり、中医五官病の「目、口、鼻、のど、耳」の症状の漢方相談、成績がいいです。


薬局では耳鼻科のように抗生剤、抗生物質を処方できませんので、より自然に近いナチュラルな相談が可能だと思います。利点ですね。


通訳のトン先生とともに

<通訳のトン先生とともに>


熊氏鼻病五度弁証(応用編)


気度: 肺 

枢度: 肝

血度: 心

肉度: 脾

髄度: 腎


たとえば、朝の5~7時のくしゃみは子午流注からは「肺と胃」に関係するので、イスクラ産業の中成薬(中国から輸入された漢方薬)でいえばイスクラ健脾散、補中丸などと プラス 補腎など。


12月からは春先のアレルギー性鼻炎対策をしていくこと。

たとえば、こちらもイスクラ健脾散や衛益顆粒などを早めに服用していくことなど、体質改善的におすすめだそうです。



<鼻きゅうについて>


アレルギー性鼻炎のこと。


肺脾両虚や腎陽虚が多い


<鼻淵の五度弁証指南>


<失嗅の五度弁証指南>

嗅覚障害の漢方相談について


など著効の良くなった改善例を多数提示されて、私達の薬局店頭でも「鼻疾患」に関連して漢方相談ができるので大いに自信がわきました。


「虚静という書道」


熊先生は「書道の達人」でもあります。


いま私は易経を勉強していますので、たとえば熊先生が述べた「王の文字は天と地の間の人という意味です。」に胸がジーンと来ましたし、最後に熊先生が書かれた「虚静(きょせい)という言葉にも感動しました。

まだ「虚静(きょせい)」の真の意味を理解しているとは言い難いのですが、最後に秋本先生という中医師の先生にもお聞きしました。


「恬淡虚無(てんたんきょむ)」と似ているような意味の言葉らしいです。

さすがに老中医になると違います。


「虚静」とは、「欲望などを捨てて静かにおちついていること」 


「虚静恬淡」とは「心静かでわだかまりがなく、さっぱりしているさま。もと道家の修養法の語。▽「虚静」は心に先入観やわだかまりがなく、静かで落ち着いていること。「恬淡」は欲がなく心にわだかまりがないこと。」


だそうです。どちらもgoo国語辞典を参考にしました。


「虚静」の状態になってくると、先生の集中力も上がるので「お店の売り上げ」「人気」も上がるそうです。

そうだとしたら、やはり私はもっと高い精神レベルの世界を目指したいです。

久しぶりにお会いする中医師の先生たちからは、私の健康状態にもアドバイスを頂戴しました。


「疲れないようにすること」


「黄耆製剤などで補気することも大切です」


など数人の中医師の先生たちからは、親身なアドバイスを頂戴しましたので、私自身も今後とも「虚静」を心がけて薬剤師として漢方相談や店頭でのOTC販売、また調剤業務、投薬などをしていきたいです。

南通市では朱良春先生と先生のご家族の先生方より「恬淡虚無(てんたんきょむ)」の世界を教わり、今回は「虚静」を熊大経先生より教わったので「宝物」のような講演会でした。

企画して頂いたトン先生、どうもありがとうございました。

東京駅の夜景

東京駅の夜景

久しぶりに東京駅の夜景に感動


新幹線の車窓から虹


朝は山形新幹線の車窓から虹に感動


山形でもみえた虹が郡山でも綺麗でした。



「スマホ老眼、眼精疲労、緑内障、視力減退、黄斑変性症、耳鳴り、難聴、アレルギー性鼻炎、副鼻腔炎、後鼻漏、口内炎、のどの病気など」 中医五官病のちょっと漢方のこと、身体のことが気になる方はお気軽に土屋薬局までご来店いかがでしょうか?

お店は明るい雰囲気で暗くなく、居心地がいいです。

怖い人いません。


山形県県内、朝日町 飯豊町 大石田町 大江町 大蔵村 小国町 尾花沢市、金山町 上山市 河北町、川西町、寒河江市 酒田市 鮭川村 庄内町 白鷹町 新庄市、高畠町 鶴岡市 天童市 戸沢村 長井市 中山町 南陽市 西川町 東根市 舟形町 真室川町 三川町 村山市 最上町 山形市 山辺町 遊佐町 米沢市。

お隣の新潟県、福島県、秋田県、宮城県、仙台市などにお住いでご来店できる方はぜひ山形県東根市の土屋薬局まで漢方相談をお寄せください。

一緒に頑張りましょう!


追記です。はてなブログでも「中医の漢方「鼻の疾患」オープン講座と「虚静(きょせい)」」として帰りの新幹線でコラムを昨日の11月3日に書いています。よろしかったらこちらもご拝見ください。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016.02.29

慢性鼻炎、後鼻漏(蓄膿症)の漢方対策

こんにちは。

薬剤師、不妊カウンセラーの土屋幸太郎です。

みなさまお変わりございませんか?


今年の山形は結局、暖冬で例年の積雪は三分の一、いえ五分の一ぐらいの感覚で、ほとんど雪かきをしないままに冬が終わりそうな稀な年でした。

さくらんぼ農家の友人は、さくらんぼの花が咲く季節に天候が変わると収穫への ダメージが大きいので、今後のことを心配していました。


さて、まずお知らせです。


1)ホームページのアドレスが変更になりました。

1999年にインターネットの大海原に乗り出した、ホームページビルダーで作成した「土屋薬局 中国漢方通信」のアドレスが、

http://tutiya.la.coocan.jp/

となりました。内容は今までと同じですがアドレスが変更となりましたので、もしブックマークなどされていた場合にはお引越しのほうよろしくお願い致します。


仙台市のビルの眺めです

<2016年2月28日 仙台市>

「鼻のトラブルに対する中国漢方の店頭応用」


2)2月28日(日)に仙台で「鼻のトラブルに対する中国漢方の店頭応用」について勉強してきました。


講師は中国で耳鼻科の中医師をしていて日本に来日しているトン先生です。

昔、耳鳴りの漢方相談のときには毎回東京の先生に電話をして、耳鳴り、難聴の漢方対策をお聞きしたものでした。

今回は花粉症のシーズンを前にして漢方薬での対策法、慢性鼻炎、後鼻漏(蓄膿症)、花粉症への対策、頂調顆粒についてと盛りだくさんの内容で勉強してきました。


慢性鼻炎、後鼻漏(蓄膿症)、花粉症への対策の漢方資料

仙台ANAホテルで



〇鼻水、鼻づまりには体が冷えていることが関係している→体を温めることが大切

花粉症にも生活習慣が関係していることが多いです。

冷たい飲食物、たとえば氷水など冷えた飲み物を避け、暖かい洋服を着ること



〇慢性鼻炎…後鼻漏が約8割ある。

鼻が詰まり、鼻汁が粘り、黄緑色。のどに回り込んで気道をふさいで朝に痰がた まる。


3点セットでは、鼻淵丸+頂調顆粒+衛益顆粒が推奨です。

ほかに個人差の体質別により、鼻淵丸+頂調顆粒+αとして、五涼華や板藍根、五行草、瀉火利湿顆粒、白花蛇舌草なども併用可能です。



〇後鼻漏の漢方薬について…慢性鼻炎で粘性があり鼻汁を強くかんでも排出できずに、のどに落ちて気管をふさぐ状態を指します。


黄色鼻水には、鼻淵丸+五涼華

白い鼻水には、鼻淵丸+独歩顆粒

灰色の鼻水には、鼻淵丸+温胆湯

それぞれに頂調顆粒や衛益顆粒も併用可能です。



〇鼻たけに

鼻淵丸+荊芥連翹湯+虫類の活血剤


この3つで手術しないで鼻茸が落ちて治った会員店の先生がいる!


鼻淵丸は蒼耳子、辛夷、金銀花、菊花、茜草と配合されて、寒温生薬併用であり、宣通鼻塞、清熱解毒の漢方方剤です。

頂調顆粒は、粘膜の活血化淤に役立ちます。


中国での頂調顆粒(原典名は川芎茶調散)の臨床応用論文には


パーキンソン病による運動障害、三叉神経痛、副鼻腔炎による頭痛、頸髄性めまい、慢性副鼻腔炎、血管神経性頭痛、頑固性頭痛、過敏性鼻炎、帯状疱疹、急性湿疹、顔面神経麻痺、耳鳴りなどがあります。


花粉症や鼻や耳鳴り、めまいなどでお悩みに方は、中医五官病の漢方相談を専門的に勉強している当店へぜひご相談をお寄せください。


先手必勝!花粉症!アレルギー性鼻炎の漢方、漢方薬の紹介

蓄膿症・鼻炎・鼻水・鼻詰まりを漢方で楽にしよう!


不快な耳鳴りを漢方で何とかしたい!

突発性難聴や耳鳴りの漢方相談

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015.02.09

漢方相談会、一日を振り返ってみましたら子宮腺筋症のお客様が4人でした。

おはようございます。

薬剤師、不妊カウンセラーの土屋幸太郎です。


先週の土曜日の漢方相談会、一日を振り返ってみましたら子宮腺筋症のお客様が4人でした。


以前に劉先生が、「イスクラ薬局の直営店の漢方相談会に出かけたら、不妊症の患者さん全員がチョコレート嚢腫や子宮腺筋症のかたでビックリした。結局、難しい患者さんは病院でもお手上げで漢方に頼ってきます」と言われたことを思い出しました。


子宮腺筋症の方の場合には、子宮を全摘して完治させるか、またはディナゲストなどのお薬で排卵を止めていくかどの治療で子宮腺筋症を根本的に対処することが難しいと思います。


その中で不妊治療をされる方の場合には、流早産もケアしながら出産を目指していきます。


当店の場合には、秋田県のお客さまで今現在、子宮腺筋症でめでたく妊娠されたかたが1名、同じく秋田県のかたで腺筋症でご出産されたかたが1名。

看護師さんで子宮腺筋症で今現在、妊娠されている方が山形県で2名いらっしゃいます。


ほかにも自然妊娠されたかたもいらっしゃいますので、お役立ちになれるように今後とも精一杯勉強して天下泰平の喜びにつながるように結果を残していきたいです。


子宮腺筋症は中医学、中国の漢方では 「痛経」「癥瘕」「月経不調」「不妊」などの範囲に属します。


土曜日の7日の土屋薬局での漢方相談では、そのうち新しい漢方相談になると思うディナゲストによる副作用の不正出血 「崩漏」の漢方相談もありました。


陰虚によるものが多いと思われますので、不正出血が止まってお元気になって頂きたいです。



昨日の2月8日は東京八重洲に、中医五官病の漢方専門講座 「①花粉症の弁証・咽頭トラブルの中医学による店頭応用ポイント ②花粉症・咽頭関連商品の説明、老中医経験談」を勉強してきました。

その模様をお写真で紹介しましょう!


山形空港から眺める若木山

<2015年2月8日>

飛行機は無事に飛びました。

山形空港、滑走路の向こうの山は若木山、私の住む街の神町があります。


山形空港の飛行機


東京、日本橋の桜の木"

日本橋もまだ寒さが厳しくて、桜の木も凛として立っています。


①花粉症の弁証・咽頭トラブルの中医学による店頭応用ポイント"

トン先生による花粉症の漢方のビデオ収録

こちらはトン先生の収録風景です。

あくまでウエブ上でも後から勉強できる漢方研修の撮影会なので、私たちへの公開講座となります。


勉強した内容は、アレルギーの定義、花粉症について、花粉症への中医学的な対応法、血管運動性鼻炎への漢方対応法、嗅覚障害の漢方対応法などです。

今回で3回目の中医五官病の勉強でした。


耳鼻科領域の漢方相談も師匠のトン先生に今後とも勉強を教えてもらって悩んでいる方は多いと思いますので、耳や鼻の病気の漢方も得意分野にしていきたいです。


高島屋の和菓子のお店 猫柳

高島屋で妻へのお土産を購入しました。

和菓子のバレンタインデーのものです。

お店には猫柳が飾ってあって早春を祝う気持ちになりました。


飯豊山と大峠の猫柳(飯豊山は飯が豊かになる山)


碇ヶ関の猫柳


こちらなどのコラムも参考になりましたら、幸いです。

なりや温泉が懐かしいです。

独身生活を終えて結婚してから妻と一緒になりやさんに立ち寄ったときに、女将さんには「結婚おめでとう!」と言われてリンゴを頂戴したことなど一生忘れないです。

なりやフォエバー

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014.09.02

「お母様と来店されるお嬢様は妊娠できる」の法則で真摯に真剣に漢方相談しています。

こんばんは!

薬剤師、不妊カウンセラーの土屋幸太郎です。

ただ今、時刻は18時31分で間もなく閉店のお時間です。

今日一日の備忘録を。


今日はお母様と娘様の来店が2組ありました。

お母様と娘様の来店は大歓迎で私もだんだんお母様の年齢に近づいてきていますので、オールランダーな漢方相談を目指していきたいです。


「お母様と来店されるお嬢様は妊娠できる」の法則で真摯に真剣に漢方相談しています。


今日の2014年9月2日の店頭における漢方相談の内容は、


1)リウマチの痛み、しびれ

2)腰痛

3)体外受精の移植を準備する段階の漢方相談

4)人工授精後の高温期の漢方相談(着床しやすくする)

5)体外受精陰性後の次回に向けて体作りの漢方相談

6)肌荒れの漢方相談

7)後鼻漏、咳の漢方相談

8)黄体機能不全の漢方相談


などでした。


皮膚科の漢方相談は、妻と一緒にお肌によい漢方を私自身も毎日服用していてコツが分かったことと、月経周期療法でお肌や髪の毛が劇的に良くなったかたが多数いましたので経験を積んで自然に上手になりました。(上手になったと思います)


ですからたとえば、ルトラールなどの黄体ホルモン製剤を服用されて、ニキビや吹き出物もあって、のぼせるようなときの対処法、陽熱、陽毒対策も応用できますし、ここのところは抜かりなく漢方相談しています。


最近はお客様が高畠市や上山市などの山形県の南の方から東根市まで来店される若いお嬢様たちも多くなっていますのでかなり責任を感じていて、夜はせっせと時間を見つけては中医の本(中国語の漢方本)を読んで知識を補充して一日を反省しています。


ではでは、もうすぐ時間は18時48分です。

備忘録終わります。

みなさま、「静即陰」ですから夜は静かにして陰を生み出して潤いをつけて若さを保ちましょう!


Img_18960831

<2014年8月31日 山形市>

紅い芙蓉の花と稲が実った田んぼ、そして蔵王

Img_18970831

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013.11.22

風邪をひいたあとの黄色い鼻汁、頭皮ににきびのようなものができます。

こんにちは。

今日は晴れて晴天の山形です。

初雪が降ってからは、天候が落ち着いている感じです。


先週に、黄色い鼻汁のことや頭皮の漢方について、ようきょうは先生にアドバイスを頂戴しました。

よう先生、妻が本屋で楽しみに日経ヘルスを購入したら今月の中医学特集にイスクラ産業の漢方薬局を代表して登場していましたので二人で感動したところです。

分かりやすい記事でしたし、先生のお肌がとても美しくてさすが「中医美容のスペシャリスト」だけあるなあと思いました。

先生に「日経ヘルスの記事、とても感銘を受けました!」とお伝えしたとこと、大変に喜んでいらっしゃいました。

さて、教わったことを記録させて頂きます。


30代 男性のお客様

「風邪をひいた後に、しばらくの間に黄色い鼻汁がでます。鼻声にもなるので治したいです。蓄膿症ではありませんでした。また頭皮ににきびのようなものがでて、アクチアムローションが処方されますが、根本的に体質改善をしていきたいのですが」


<よう先生からのアドバイス>


腎精(じんせい)不足、気血精(きけつせい)不足です。

陰が足りない。→虚熱(きょねつ)


クリエティブな頭を使う集中する仕事なので、脳に血がいく ↑


ネズミモチの実と徳川三代将軍家光が好んだものは、陰精(いんせい)を補います。

+5つのお花の生薬


黄色い鼻水は炎症です。

上の虚熱(きょねつ)を押さえます。

補いながら熱をとる。


頭皮は夜の生活のあとに悪化しやすい→陰虚熱(いんきょねつ)

腎精血(じんせいけつ)を補いながら、+5つの花の生薬


そして外用薬、雲南省中医学院秘伝のもの出番です。

毛穴ケア

毛穴の詰まりを予防する、感染症を予防する

異常なことを抑え、酸化を予防します。

ニキビも少なくなる。

ゆっくり改善していく


スプレーもいい、気になるところにスプレーする。

保湿しながら炎症を抑える。皮膚には必ず外用が必要

福島市 八夢

<2013年11月3日 福島市 八夢>

4日に郡山市で「みんなの漢方道場公開講座」のお手伝いのために、前日から妻と一緒に福島入りしていました。

ネットで調べたのですが、八夢さん。大変に素敵で眺めもよく美味しいお店でした。

まるでエルビス・コステロ気取りの私(笑)

まるでエルビス・コステロ気取りの私(笑)

福島の食べ物、美味しいものばかりで感動しました。

福島の食べ物、美味しいものばかりで感動しました。

福島の食べ物、美味しいものばかりで感動しました。

また時間があれば遊びに行きたいです。


女性の「薄毛」「抜け毛」に「育毛」の漢方薬‥「脱毛」と「白髪」対策に」こちらのコラムも参考になりましたら、幸いです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012.05.01

小児の蓄膿症(慢性副鼻腔炎)の漢方相談について

おはようございます。

漢方薬剤師の土屋幸太郎です。


最近、お子様の蓄膿症、慢性副鼻腔炎の漢方相談が増えています。


長井市からのお客様のお子様、長年の蓄膿症、慢性副鼻腔炎が漢方薬ですっかり治ったそうです。

約3か月ぐらい服用していましたが、あまりの土屋薬局の漢方薬の効き目の良さに驚きました。


通常は「長年耳鼻科に通っているけど、そろそろ通院を止めたい」「もう抗生物質は飲みたくない」「天然の生薬の体に優しい漢方薬でなんとか治らないか」という声が多いです。


「頭を爽やかにする漢方」と「鼻炎膏」の併用でした。

かなり効き目がシャープのようです。


ほかに、別のお客様のご家庭からもお子様の蓄膿の漢方相談で先々週あたりから漢方を始めているご家庭があります。

先日、師匠の何先生にもいろいろとお聞きしておいて示唆に富んでいるのでココログにアップしておきます。



体質を改善していくには、私の師匠の何先生に午前中に伺ったところによりますと


「高校生ぐらいになったら多分、良くなると思う。

今が大変なとき。

便通は鼻とつながりがあるので、便がスッキリすると鼻が楽になる。

帰脾湯は自律神経の調整にもいいし、胃腸も丈夫にするのでお勧め。

1~2か月使ってみて、あまり症状が変わりなければ紅沙棘が効果的です。」


(そのお子様は9歳。小学校での緊張しやすい性格、通じが悪く便秘がちなどのメンタル系とお通じのこともポイントでした。通年のアレルギー性鼻炎、特に鼻つまり夜もつまって寝苦しい感じです。2歳ごろからずっと鼻が悪いです。小児科では抗アレルギー剤の処方。鼻が詰まるので眠りも浅いようです。抗アレルギー剤や、レーザー治療も効き目がないようだ。鼻づまりがひどいです。)


とのことで5月1日のコラムのスタートは小児の蓄膿、慢性副鼻腔炎の漢方相談の内容でした。


ヒマラヤユキノシタ

<2012年4月24日 ヒマラヤユキノシタ>

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011.10.18

耳鼻科の漢方ポイント、ニキビの漢方的考察…妊娠してから耳が圧迫された感じがする

おはようございます。


最近、耳鼻科の漢方やニキビの漢方に力を入れているので、昨日も恩師のトン先生からいろいとご指導仰ぎましたので、ログしていきたいです。



1)耳鼻科の漢方ポイント、中医五官病について


<頭を爽やかに整える漢方の使い方>


急性期も慢性期も耳鳴りに使える。

急性期には、たとえば頭を爽やかに整える漢方+5つのお花の成分の漢方薬

慢性期には、+丹参製剤


これから秋冬の慢性副鼻腔炎→鼻水、のどの奥に鼻汁が逆流する。(後鼻漏)→鼻淵丸+頭を爽やかに整える漢方+板藍茶

急性期は鼻水が黄色い。


頭を爽やかに整える漢方は、中耳や内耳、副鼻腔などの症状に。


<ニキビの漢方薬について>


基本的に肺熱(はいねつ)、湿熱(しつねつ)、痰湿(たんしつ)


痰湿と考えて、たとえば温胆湯+五涼華または清営顆粒


◎健脾化痰も必要


会員店の先生の中には、五行草と温胆湯でニキビを上手に治療する先生がいる。

→胃と皮膚の湿熱をとる。消化器系と呼吸器系を改善する。


<牛膝と車前子が配合されている補腎薬について>

慢性期1~2年の耳鳴り、メニエル、めまいなど。

牛膝と車前子がリンパ液の改善に。


+丹参製剤で1日2回でいい。


<妊娠してから耳が圧迫された感じがする>


妊娠とは直接に関係ない。

他の原因では?

睡眠不足または精神的影響。または軽い風邪の影響?


今日の蔵王は雲隠れ

<2011年10月16日 今日の蔵王は雲隠れ>

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011.06.27

味覚障害の漢方相談

こんにちは、土屋です。

本日2回目の更新です。

山形はずっと雨が降っております。


先々週に耳鼻科に強い中医師の先生にお聞きしたことをまとめます。ブログです。



<味覚障害の漢方相談>


嗅覚と味覚の2つが悪くなったかた、嗅覚は4~5年前に悪くなり、味覚は1年前からにぶくなっている。

42歳の女性のかたの漢方相談。


とくに理由はわからない。

繊細な味が感じられずに、想像で補っている。


トン先生の回答


味覚は心(しん)と脾(ひ)の関係です。

心脾顆粒や加味逍遥散、シベリア人参などお勧めです。


十二指腸潰瘍やストレス、自律神経なども関連します。

もし嗅覚障害と味覚障害の2つがある場合には、嗅覚障害から治していきます。


あせらずにゆっくりと漢方を服用していきます。

味覚→腸の弱さ→加味逍遥散+心脾顆粒(加味帰脾湯も使えることがある)


食生活、タバコ、お酒、コーヒーも良くない。

カフェインは女性に合わない。


もしコーヒー、チョコレート、ココアなど。また辛い物、熱いものなどの取り過ぎ→胃腸に熱がこもる→黄連解毒湯

亜鉛を取りながら熱をとる、イーパオも良い。

なでしこと蝶 我が家の庭

<2011年6月15日 なでしこと蝶 我が家の庭>



2012年2月24日追記です。

味覚障害の漢方相談(2)」もアップしました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011.06.17

嗅覚障害の漢方相談

嗅覚障害の漢方相談をお受けしました。

中医師の先生で耳鼻科分野に強いトン先生からレッスンを受けました。

以下、メモをまとめます。



○5年前から嗅覚が減少した


時間が少しかかります。

処方としては、鼻炎膏+頂調顆粒+水蛭製剤がよい。

急性期のときに鼻炎膏、慢性的には鼻淵丸。


嗅覚の減少の前に、慢性副鼻腔炎やハナタケ、アレルギー性鼻炎、花粉症などがあったかどうかを尋ねてみる。

もし慢性副鼻腔炎があるのなら、荊芥連翹湯と頂調顆粒、水蛭製剤。


活血は使ったほうが良い。

水蛭製剤を使う理由 1)5年という長期なので淤血体質の存在を疑うこと 2)鼻の粘膜の腫れに血流を良くすることが狙い


鼻のポリープに、頂調顆粒+鼻炎膏+水蛭製剤または血府逐淤丸

淤血の解消を狙う


水蛭製剤を使うときには、6~8粒×2回

8粒×2回のほうが効き目がよい。


鼻炎の相談で頂調顆粒が頻繁処方の理由

配合されている「白し(びゃくし)」が鼻炎によい

羌活と川弓も鼻炎膏の蒼耳子(そうじし)と相性が良い。


慢性副鼻腔炎には、薄荷と荊芥が乾かす作用


以上の理由から頂調顆粒はよく耳鼻科領域で応用される。

鼻づまりにも。

鼻水が黄色いときも、白っぽいときにも良い。

もっと黄色いときには、+天津感冒片

白っぽいとき+小青竜湯


頂調顆粒+鼻炎膏+天津感冒片または小青竜湯

(熱や便秘気味のときにも天津はいい)


頂調顆粒と鼻炎膏は姉妹。

若木山の緑のシャワー

<2011年5月26日 若木山>

若葉


中医学に詳しい薬剤師(国際中医師)、不妊カウンセラー(NPO法人不妊カウンセリング学会認定)による親切な相談。じっくり話を聞いて一人一人の体質や年齢、症状に応じて相談しています。どうぞお気軽にお声をかけて下さい。

京都平安神宮 妻とパチリ

土屋幸太郎 <2011年4月16日 京都平安神宮で 妻と>

土屋薬局 中国漢方通信/漢方専門の薬剤師、不妊カウンセラーが相談します。

土屋幸太郎・薬剤師、不妊カウンセラー(@tutiyak) - Twilog

土屋幸太郎・tutiyakツイッター

土屋薬局 中国漢方通信メールマガジン



所在地 山形県東根市神町中央1-10-7
Google mapによる所在地

営業時間 第二、第四日曜日お休みです。

平日 午前8時~午後7時  土日祭日 午前8時~午後6時

メールアドレス JDY00247@nifty.com

なにか悩んでいたら、気軽にまずメール1本ください。または気軽に(といっても勇気がいると思いますが、思い切って電話してください)

電話 0237-47-0033 漢方電話相談室 0237-48-2550 Fax 0237-49-1651

| | コメント (0) | トラックバック (0)

その他のカテゴリー

LUF・黄体化未破裂卵胞|不妊と漢方薬 | PCOS・多嚢胞性卵巣症候群|不妊と漢方薬 | PMS・月経前緊張症|漢方薬 | 「ナチュラルな妊娠」「45歳、もう生んでいいかしら?」 | 「血流たっぷり」をめざしなさい | いびき|漢方薬 | おねしょ、小児夜尿症|漢方薬 | おりもの、のびおり|不妊治療と漢方薬 | お客さまとのエピソード | お腹の張り、腹部膨満感、食欲不振|漢方薬 | お香 | しびれ|漢方薬 | つわり|漢方薬 | にきび|漢方薬 | のどのつかえ、喉の痛み、難治性咽頭潰瘍|漢方薬 | ほてり|漢方薬 | むずむず脚症候|漢方薬 | めまい、立ちくらみ|漢方薬 | アトピー性皮膚炎|漢方薬 | アレルギー性鼻炎と体外受精|漢方薬 | アレルギー性鼻炎|漢方薬 | イスクラ冠元顆粒 | イスクラ冠元顆粒発売20周年記念成都シンポジウムに参加して | イスクラ婦宝当帰膠 | イスクラ独歩顆粒 | イライラ落ち込み漢方、不安落ち込み|漢方薬 | イラスト | インターネットの掲示板などで漢方紹介 | カウフマン療法|不妊と漢方薬 | カンジダ膣炎|不妊と漢方薬 | ガン(がん)|漢方薬 | クラミジア感染症|不妊と漢方薬 | クローン病、潰瘍性大腸炎|漢方薬 | ゲップ・ガス|漢方薬 | ココログ版漢方(無名)コラム・2004 | ココログ版漢方(無名)コラム・2005 | ココログ版漢方(無名)コラム・2006 | ココログ版漢方(無名)コラム・2007 | ココログ版漢方(無名)コラム・2008 | ココログ版漢方(無名)コラム・2009 | ココログ版漢方(無名)コラム・2010~ | コンクレバン | シェーグレン症候群|漢方薬 | シミ・肝斑|漢方薬 | ストレス|漢方薬 | セックスレス、性機能減退|不妊と漢方薬 | タイミング療法|不妊と漢方薬 | ダイエット|漢方薬 | チャイナビュー | チョコレート嚢胞|不妊治療と漢方薬 | ツイッター | ツボの話題 | ディスプレー症候群|漢方薬 | ドライアイ|漢方薬 | ドライシンドロームの漢方対策に | ドライマウス、口腔乾燥症|漢方薬 | ニュースレターより | ハテナ | ビタエックス(プラセンタ) | フレイルの漢方対策 | ヘパーデン結節|漢方薬 | ベビ待ち保育士さん、幼稚園教諭さん|漢方薬 | ベビ待ち小学校教員さん|不妊と漢方薬 | ベビ待ち歯科衛生士さん|不妊と漢方薬 | ベビ待ち看護師さん|不妊と漢方薬 | ベビ待ち美容師さん|不妊と漢方薬 | メニエール病|漢方薬 | メールマガジン | モンテディオ山形 | ヤフー知恵袋の漢方の回答より | リウマチ性多発筋痛症|漢方薬 | リウマチ|漢方薬 | ロコモティブシンドローム|漢方薬 | 下痢、軟便|漢方薬 | 下肢静脈瘤|漢方薬 | 不妊カウンセラーに向けて | 不妊カウンセラー・体外受精コーディネーター養成講座 | 不妊治療の基礎知識…現状と問題点 | 不妊漢方治療の応用 | 不妊症の基本検査について | 不妊症の年代別漢方相談 | 不妊症テレビお茶の間講座 「子宮内膜症」 | 不妊症専門講座・PCOS 「多嚢胞性卵巣症候群」 | 不定愁訴|漢方薬 | 不正出血|不妊と漢方薬 | 不眠|漢方薬 | 不育、流産後|不妊治療と漢方薬 | 中医五官病 | 中医痺証専門講座「南通研修」への道 | 乳がんの疫学と薬物療法 | 乳腺炎、断乳、母乳|漢方薬 | 人工授精で妊娠出産|不妊と漢方薬 | 今週の漢方相談会 2008年 | 今週の漢方相談会 2009年 | 今週の漢方相談会 2010~ | 今週の漢方相談会 2013~ | 今週の漢方相談会2017 | 体外受精で妊娠出産|不妊と漢方薬 | 何先生や中医師の先生から漢方のこと聞いたこと | 便秘|漢方薬 | 免疫性不妊|漢方薬 | 全身性エリテマトーデス(SLE)|漢方薬 | 円錐角膜|漢方薬 | 冷え性|漢方薬 | 加齢性黄斑変性症|漢方薬 | 勉強会(2004~2008) | 勉強会(2009) | 勉強会(2010) | 勉強会(2011) | 勉強会(2012~) | 動悸|漢方薬 | 卵巣予備能~全周期活血化淤 | 卵巣嚢腫|不妊と漢方薬 | 卵巣機能不全、卵巣機能低下|不妊と漢方薬 | 卵管性不妊|不妊と漢方薬 | 卵管水腫|不妊と漢方薬 | 卵管閉塞|不妊と漢方薬 | 卵胞発育不全|不妊と漢方薬 | 受精障害|不妊と漢方薬 | 口内炎|漢方薬 | 呑気症(空気嚥下症)|漢方薬 | 味覚障害|漢方薬 | 咳、ぜんそく、慢性気管支炎|漢方薬 | 咽喉頭異常感症、難治性咽頭潰瘍|漢方薬 | 嗅覚障害|漢方薬 | 土屋幸太郎・漢方講演会 | 土屋幸太郎結婚式 | 土屋薬局からのお知らせ | 土屋薬局のの口コミ、評判 | 坐骨神経痛|漢方薬 | 坑精子坑体|不妊と漢方薬 | 基礎体温が低め|不妊と漢方薬 | 基礎体温が高め|不妊と漢方薬 | 基礎体温ガタガタ|不妊と漢方薬 | 基礎体温表|不妊と漢方薬 | 夏の疲れに漢方 | 多汗症|漢方 | 夜中目が覚める|漢方薬 | 夢と不眠|漢方 | 女性のための漢方レッスン | 女性不妊症的中医治療 | 妊娠中と産後の体調不良|漢方薬 | 妊活・妊娠力アップ|漢方薬 | 子宮内膜が薄い|不妊と漢方薬 | 子宮内膜ポリープ、子宮内膜増殖症|漢方薬 | 子宮内膜症|不妊治療と漢方薬 | 子宮外妊娠後|不妊と漢方薬 | 子宮筋腫|不妊治療と漢方薬 | 子宮腺筋症|不妊治療と漢方薬 | 子宮頸がん|漢方薬 | 子宮頸管無力症|不妊と漢方薬 | 季節の漢方養生 | 季節の養生法 | 学校保健委員会 | 小児チック|漢方薬 | 小児漢方 | 小太郎製薬 | 帯状疱疹後神経痛、後遺症|漢方薬 | 後鼻漏・蓄膿症|漢方薬 | 心と体 | 感音性難聴・耳鳴り、難聴|漢方薬 | 慢性副鼻腔炎(蓄膿症)|漢方薬 | 慢性咽頭炎|漢方薬 | 我が家の庭 | 我が家の庭 2008 | 我が家の庭 2009 | 我が家の庭 2010~ | 手根管症候群、腱鞘炎、ばね指|漢方薬 | 抗リン脂質抗体|不妊と漢方薬 | 抗核抗体|不妊治療と漢方薬 | 掌蹠膿疱症|漢方薬 | 排卵痛、排卵期|不妊と漢方薬 | 排卵障害|不妊と漢方薬 | 日中線記念館 | 更年期障害|漢方薬 | 月経の経血量が減少|不妊治療と漢方薬 | 月経不妊周期療法|不妊と漢方薬 | 月経不順・生理不順|不妊と漢方薬 | 月経周期が短い|不妊と漢方薬 | 月経周期が遅れる、長い|不妊と漢方薬 | 未成熟卵|不妊症と漢方 | 椎間板ヘルニア|漢方薬 | 武漢へ | 死産後|漢方薬 | 母乳|漢方薬 | 泣きたくなる | 活血化淤の応用 | 浮腫み|漢方 | 温活GO | 漢方体験ドットコム | 漢方周期療法…南京・夏桂成先生の講義より | 漢方薬の安全性について | 漢方薬局で相談を受ける婦人病について | 無排卵・無月経/不妊と漢方薬 | 無月経・無排卵・中医不妊症テレビお茶の間講座 | 生殖医療に関わる疑問に答える | 生殖補助医療の有用性と限界 | 生理痛、月経困難症|漢方薬 | 甲状腺機能亢進症|不妊と漢方薬 | 甲状腺|不妊治療と漢方薬 | 男女の更年期と神経症|漢方薬 | 男性不妊|不妊治療と漢方薬 | 疲労|漢方薬 | 痔|漢方薬 | 痛み、しびれ|漢方薬 | 痰湿(暑湿)について | 痰湿|漢方 | 眼精疲労|漢方薬 | 着床障害、着床失敗|不妊症と漢方薬 | 着床障害|不妊治療と漢方薬 | 睡眠と妊活 | 神経障害性疼痛|漢方薬 | 秋バテの漢方 | 空胞|不妊治療と漢方薬 | 糖尿病|漢方薬 | 経血量少ない|不妊と漢方薬 | 綿花観察日記 | 緑内障|漢方薬 | 繊維筋痛症|漢方薬 | 老人性膣炎・萎縮性膣炎|漢方薬 | 耳管開放症|漢方薬 | 耳鳴り、突発性難聴|漢方薬 | 聴覚過敏|漢方薬 | 肘痛|漢方薬 | 股関節痛|漢方薬 | 肩こり|漢方薬 | 肩甲骨の痛み|漢方薬 | 肩痛、五十肩|漢方薬 | 胃酸過多、機能性胃腸症(NUD)|漢方薬 | 背中のほてり|漢方薬 | 背中の痛み|漢方薬 | 胚盤胞|不妊治療と漢方薬 | 脂漏性皮膚炎|漢方薬 | 脈拍|漢方 | 脊柱管狭窄症|漢方薬 | 脱毛、抜け毛、薄毛の漢方薬 | 脳卒中|漢方薬 | 脳疲労症候群、脳過敏症候群|漢方 | 腰椎すべり症|漢方薬 | 腰痛|漢方薬 | 膀胱炎|漢方薬 | 膝痛|漢方薬 | 膿精液症|男性不妊の漢方薬 | 花粉症|漢方薬 | 若木山、石崎山や東根の景色 | 若木山、石崎山や東根の風景2008 | 若木山、石崎山や東根の風景2009 | 若木山、石崎山や東根の風景2010~ | 蕁麻疹、湿疹/漢方薬 | 薄い子宮内膜に漢方薬が有効である可能性がある | 薬膳 | 血の道症|漢方薬 | 血管力をつければ病気は治る | 補腎の話 | 西洋医学的にみた不妊症漢方概論 | 足底筋膜炎|漢方薬 | 逆流性食道炎|漢方薬 | 過去のバックナンバーより | 過敏性腸症候群|漢方薬 | 過活動膀胱、頻尿|漢方薬 | 遺残卵胞|不妊治療と漢方薬 | 酒さ|漢方薬 | 頭痛|漢方薬 | 頸椎症、首のこり|漢方薬 | 頻尿|漢方薬 | 顔面神経麻痺、手のふるえ|漢方薬 | 顕微授精(ICIS)|不妊と漢方薬 | 風邪|漢方薬 | 食欲不振、胃痛|漢方薬 | 食養生 | 高プロラクチン血症|不妊と漢方薬 | 高血圧|漢方薬 | 高齢不妊症、卵巣機能低下における中国漢方の考え方 | 高齢不妊|不妊治療と漢方薬 | 鷺草、朱鷺草観察日記 | 黄体機能不全|不妊と漢方薬 | 黄疸|漢方薬 | 100歳まで元気に生きる! | 2人目不妊、第二子不妊|漢方薬 | 2004年妊娠出産おめでとうございます! | 2005年妊娠出産おめでとうございます! | 2006年妊娠出産おめでとうございます! | 2007(1月~6月)妊娠出産おめでとうございます! | 2007(7月~12月)妊娠出産おめでとうございます! | 2008年妊娠出産おめでとうございます! | 2009年妊娠出産おめでとうございます! | 2009(7月~12月)妊娠出産おめでとうございます! | 2010(1月~6月)妊娠出産おめでとうございます! | 2010(7月~12月)妊娠出産おめでとうございます! | 2011年妊娠出産おめでとうございます! | 2012年妊娠出産おめでとうございます! | 2013年妊娠出産おめでとうございます! | 2014年妊娠出産おめでとうございます! | 2015年妊娠出産おめでとうございます! | 2016年妊娠出産おめでとうございます! | 2017年妊娠出産おめでとうございます! | AMH|不妊治療と漢方薬 | COPD 慢性閉塞肺疾患|漢方薬 | FSHが低い方|不妊治療と漢方薬 | FSHが高い|不妊治療と漢方薬 | POF・早発卵巣不全|不妊治療と漢方薬