カテゴリー「つわり|漢方薬」の記事

2017.08.24

座骨神経痛、2人目不妊で漢方。妊娠出産!おめでとうございます。

おはようございます。

薬剤師、認定不妊カウンセラーの土屋幸太郎です。


みなさま、お元気でお過ごしでしょうか?


今日の山形は朝からうだるような暑さです。

少し動いても汗が吹き出てくるかのようです。


さて土屋薬局のお客さまの嬉しいお話です。


平成24年11月27日が初めての漢方相談でした。


Kさま 36歳


最初は座骨神経痛の漢方相談でした。

結婚5年 第一子は3歳


ロキソニン、メコバラミンなど整形外科から処方されています。

山形の11月の寒さで、寒くなってきたら調子が悪くなってきました。


疲れてくると頭痛、肩こり。

食欲はムラがあります。

食欲があるときとないときがあります。


下半身が冷えます。

皮膚は乾燥します。


目は覚めやすいです。

座って仕事をする時間がないので、ふくらはぎが浮腫みます。

漢方薬は冷え性と座骨神経痛の対策に、婦宝当帰膠と炒麦芽、弓帰調血飲第一加減の3つでスタートしていくことになりました。


子宝も希望されていましたので、座骨神経痛の足の痛み、しびれにも、そして生理周期を整えていくことにも有効な漢方にしていきました。


平成24年12月5日


26日の生理でした。

生理3日目でのご来店です。


食欲あります。通じもいいです。

生理痛はほとんどありませんでした。


ちょうど低温期でのご来店でしたので、陰をといって低温期を安定させる杞菊地黄丸もお勧めしました。


杞菊地黄丸は、ロウ丸といって食べるタイプのものと、エキス剤、そして丸薬と3つの剤形がありますが、このときは杞菊地黄丸の丸薬をお勧めしました。


◯平成24年12月18日


座骨神経痛が仕事で長時間座っていると痛くなってきます。


炒麦芽はお休みして、独歩顆粒という足腰の痛み、しびれに強い漢方薬をご紹介、お勧めしました。


◯平成24年12月28日


疲れているせいか、眠れなかったり、食欲がなかったり、気分も抑うつ状態になりやすいです。

通じも下りやすくなります。


帰脾湯も追加でオススメ。


帰脾湯は食欲や不眠などにも子宝にも役立つ八面六臂的な漢方薬です。


翌年の平成25年1月23日


お腹の調子があまりよくありません。

食欲不振、眠れない。

朝にボーっとして血が巡りにくいです。


午後10~11時には寝ています。

3~4時に目が覚めます。

ゆるい便が続いています。

疲れもとれません。

憂鬱。


筋肉のけいれんも気になります。

座骨神経痛はまだとれません。

足の冷えもあります。


帰脾湯に逍遥丸の併用をオススメ。


◯平成25年5月30日

動悸、不眠など体調が悪かった。

検査は正常で自律神経失調症と診断されました。

心療内科から加味逍遥散とマイスリー、メイラックスと処方してもらっています。


足腰の痛みに独歩顆粒を。


◯平成25年9月12日


夏、お盆あけたらほてり、発汗、動悸


気が立って寝づらいつ日がけっこうありました。

食欲あるけど、過敏になて下痢、軟便。

月経周期は25~26日で短めです。


天王補心丹と二至丹と、身体の陰を補って夏の暑邪からくる潤い不足の対策、発汗動悸対策をしていくことになりました。


根本的な体質改善としては、イスクラ婦宝当帰膠とプラセンタ製剤もお勧めです。

◯平成25年10月21日


基礎体温表で低温期が高めだったのが、36・2~36・3℃くらいに。

高温期も36・7℃くらいに落ち着きました。


今日は月経周期22日目です。


婦宝当帰膠とプラセンタ製剤をご購入。

◯平成25年10月28日


月経周期25日で生理がきました。

今日は月経周期4日目。

プラセンタ製剤でお肌がスベスベになってきました。

生理がくる3~7日前から生理の初日までは火照って神経が高ぶってイライラ、眠れなくなります。


低温期に、婦宝当帰膠とプラセンタ製剤に杞菊顆粒と二至丹をオススメ。

◯平成25年11月29日 


月経周期28日周期になりました。

生理の前日だけお腹が痛くて、わりと生理痛は楽になってきました。

今日は月経周期8日目です。


生理前になるとなかなか眠れません。

生理前後に寝付きが悪くなります。

夢もみます。


漢方の周期療法は同じ方針で。

◯平成25年12月27日


28日周期で生理がきています。

今日は月経周期8日目です。

ほてり、熱感が落ち着きました。


生理痛は初日ちょっと。

生理前はお腹が痛くなります。

生理痛のような痛み、お腹が下る感じの痛みです。


漢方の周期療法は、同じ方針です。


◯平成26年5月15日


月経周期は25日周期です。


今日は月経周期が20日目です。

いまは高温期。

PMSの月経前症候群は辛くないです。


食欲有るが胃が重たいです。

水っぽいときがあります。


舌ベロはやや紅、苔は真ん中が白苔です。

胃が疲れた感じの舌ベロです。


生理前の来店もあるので、今回からは周期療法から調経法へ。

生理のリズムを周期をわけないで、胃腸など身体の弱いところを立て直していく方法です。

イスクラ婦宝当帰膠+逍遥丸+健胃顆粒

(これにプラセンタ製剤は続けていってください)

◯平成26年7月2日


イスクラ健胃顆粒は胃に良かった。

(香砂六君子湯製剤)


胃の不快な症状が減りました。


月経周期は25→26→27日になっています。


今日は月経周期15日めです。


生理の血塊(-)、下痢(-)、生理痛は初日にちょっと痛かった。


夜な眠れるようになってきました。


舌ベロは色はやや暗、苔は薄白。→ずいぶんと舌ベロの苔が綺麗になってきました。



◯平成26年10月14日

24日周期から25日周期へ

胃腸の状態もいいです。

生理痛も辛くないです。

通じもいいです。


◯平成26年11月25日

お腹の調子はだいぶいいです。

今日は生理4日めです。

生理痛ありません。

ちょっと血塊、経血量変化なし。

2~3日目に生理がしっかりと出ます。

生理前は辛くありませんでした。


通じはいいです。食欲もあります。夜は眠れています。


ちょうど月経周期4日目のご来店ですから
杞菊顆粒で再度、いい卵づくり、低温期をしっかりとさせていく漢方をご紹介しました。


このときで39歳になっていました。



平成27年5月15日


婦宝当帰膠と杞菊顆粒


平成27年6月17日

妊娠しました!

おめでとうございます!

つわり対策に漢方、晶三仙をオススメ。


平成27年11月10日

出産の予定は1月末です。

妊娠8ヶ月で順調です。

つわりも落ちついてきましたし、寒くなってきたので再度、婦宝当帰膠を服用していきたいです。


イスクラ婦宝当帰膠ご購入


平成28年1月21日


1月上旬に無事に出産しました!

男の子でした。


産後の悪露対策に、また母乳の出にも良いものとして婦宝当帰膠と麦味参顆粒をお勧めしました。


出産お祝いのフォトフレームも土屋薬局から提供させて頂きました。


平成24年の初めての漢方相談から長丁場5年間の漢方相談でした。


今後ともKさまご一家が末永くお元気でお過ごしになって頂きたいです。


<まとめ>

月経周期が28日より短めでしたので、その対応策をとったこと。

おもに低温期を重要視します。

低温期からしっかりと対策をとると高温期も整いやすいです。


また座骨神経痛などの痛みの対策も健康な体づくりに有効だっとと思います。


「腰は腎の府」といわれ、また「腎」は成長、発育、老化など生殖器系に関係あるところですから、補腎をしっかりしていったことも良かったと思います。


座骨神経痛や子宝の不妊症などでお悩みの方は、山形県東根市の土屋薬局までご相談お寄せくださいね。

乱川

<2017年8月22日> 乱川に久しぶりに行きました。

旧国道から国道13号線に上がると途中の橋で合歓の木の花をみつけて感動しました。

とても綺麗で癒やされました。


ネムノキの花


ネムノキの花


合歓の木の花

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013.06.26

子宝漢方で不妊解消!妊娠!友達の妊娠菌がうつったみたい!

こんにちは。

薬剤師、不妊カウンセラーの土屋幸太郎です。

今日は曇りの天候ですが、雨も降らずに空梅雨のような天候が続いている山形です。

みなさまはいかがお過ごしでしょうか?


さて


以前からの土屋薬局の漢方のお客様で「ご出産間近でお腹も大きくなってきた友人」から、当店をご紹介されて3か月前から漢方を始めたDさま。


「流産防止も兼ねていきたい」という不妊症の子宝漢方相談のご希望でした。

職場のストレスもけっこうきついです。


婦宝当帰膠を中心に活血したり、ストレスを解消したりと漢方で調整していましたら、先日に「ご懐妊」「妊娠」!が分かりました。

つわり予防もしていきたいとのことで、時期的に梅雨時の蒸し暑さ対策も兼ねて「湿気に勝つ漢方」をお勧めさせて頂きました。

Dさま曰く「友達の妊娠菌がうつったみたい」と嬉しいコメントでした。(^^)


最上川 ビューポイント 大淀の流れ

<2013年6月16日 最上川 ビューポイント 大淀の流れ>

緑が目に鮮やかな季節です。


葉山は雲隠れ

葉山は雲隠れ

最上川の大淀の流れ

最上川の大淀の流れはいつ眺めても気持ちが晴れ晴れします。

不妊症・婦人科疾患には経験豊富な漢方薬剤師、国際中医師、不妊カウンセラーが漢方支援。
毎年100名以上の方が妊娠、出産されています!
ホームページはこちら! →土屋薬局 中国漢方通信  
サテライトブログはこちら→土屋薬局のはてなブログ
山形県東根市神町の土屋薬局

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012.09.14

おめでとうございます!…漢方のお陰でつわりは落ち着きましたが、 赤ちゃんは大丈夫かなと不安な毎日も乗り越えました。

こんにちは。

薬剤師、不妊カウンセラーの土屋幸太郎です。

明日の三連休の土曜日を前に、もう予約でいっぱいになりまして頑張らなきゃと気合を入れている金曜日の午前中です。

東京からも新幹線でのご来店のご予約がありました。

さて、嬉しいお話のご紹介です。


Fさまからはコラムをお読みいただきまして、以下のような感想を頂いています。


「妊娠中は本当にお世話になりました。

毎日暑いですが家族皆、元気に過ごしています。

あれからおっぱいも順調に出るようになり、何事もなく順調に大きく育って行ってくれています。

毎日育児は大変ですが、こうして娘の成長を見ていられるのも、土屋薬局さんのお陰です。

本当にありがとうございました。

こんな私にでも、赤ちゃんが産めるんだなぁと自信がついたので、また育児に余裕が出てきたら三人目も …その時はまたよろしくお願いします。

本当にありがとうございました。」


 // ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
●●  1.巻頭コラム 「おめでとうございます!…つわりは落ち着きましたが、
赤ちゃんは大丈夫かなと不安な毎日も乗り越えました。」
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


お客様Fさまから掲載許可を頂きましたので、コラムを作成させて頂きます。


ちょうどFさまが10週目になったときから、漢方相談をさせて頂きました。


○2011年10月8日が初めての漢方相談でした。


Fさま 25歳 お子様1人

結婚5年目で流産を3回繰り返しています。


1回目は2009年8月のときで6週目のときでした。

胎嚢が見えましたが、完全流産で茶色いオリモノが続きました。

2回目は2010年11月で8週目のときでした。

心拍確認後に稽留流産で手術をしました。

3回目は2011年の3月で9週目で稽留流産で手術しました。

大出血して入院治療を受けられました。


不育症の検査をして問題がなかったですが、潜在性高プロラクチンでテルロンを服用していました。


いまは10週目でバイアスピリンを服用してテルロンを止めています。

黄体ホルモンの注射を週に1回打っています。


3回の流産とも足腰の痛みはなかった。

つわりの症状→2、3回目のときに急につわりがなくなった→流産でした。


今回の妊娠では胎嚢の大きさでは流産する可能性があると言われています。


夜は眠れています。

夢は多いです。

食欲ありますが、お腹が減ると気持ちが悪くなって食べてもムカムカします。

通じは2日に1回、ゆるい感じではありません。

オリモノが妊娠中なのか、多いです。


200h1

○当店からお勧めした漢方薬


1)養血調経の漢方
2)胃腸も丈夫にできる補腎薬
3)山査子のお茶


とくに2番目の処方は、脾胃と補腎をする働きがあるので、妊娠中の流産を防止する効果、足腰に痛みをとったり、胃腸もサポートできる優れものです。

通常よりも半分の量で加減して服用して頂きました。


○2011年11月2日


「お陰様で今日検診に行った所、13週になり赤ちゃんも元気に動いていました。

前回頂いた漢方がなくなる頃なので、また処方していただきたいと思います。」

○2011年11月25日

「お陰様で何のトラブルもなく安定期に入りました。

つわりは落ち着きましたが、赤ちゃんは大丈夫かなと不安な毎日を過ごしていて、全てが面倒に思ってしまっている状態です。

前回の漢方がなくなりそうなので処方して頂きたいです。」

200h1

私、土屋が考えたこと

「つわりが落ち着いて安定期に入ったとのことで本当に良かったですね。

赤ちゃんが大丈夫かなと不安になるお気持ちお察します。

すべてが面倒になるなど、メンタル面も整ていきたいですね。

妊娠中期は妊娠4 ヶ月から7 ヶ月までで、胎児の成長・発育の時期となります。

この時期は、母体の栄養が胎盤経由で絶えず赤ちゃんに送られます。

胎児の成長に伴って、母体の負担が増えていきます。

つわりからは徐々に回復しますが、消化機能はまだ弱く、食べ過ぎると消化不良になりやすいのです。

また、胎児に栄養がたくさん必要なので、栄養不足や貧血、めまい、動悸、イライラなどの症状がでやすくなります。」


いつもの漢方薬に疏肝理気の漢方を軽く併用して頂きました。


その後、漢方をきちんと毎月継続して頂きました。



○2012年3月19日


「こんにちは。いつも漢方を処方していただいています。

いつもお世話になっています。何事もなく9ヶ月に入りました。

今日の検診で少し小さめですが順調との事で安心しています。」


同じ漢方薬を継続


200h1


○2012年4月7日


「突然ですが、3月31日に無事元気な女の子出産しました。

破水から始まって34週4日での早い出産だったので赤ちゃんは小さめですが、保育器の中で元気にいます。

無事にここまでこれたのも漢方のお陰だと思っています。

本当にありがとうございました。」


Fさま、どうもおめでとうございました。

今後ともご家族末永く、お幸せに暮らして頂きたいです。

当店からは出産のお祝いのアルバムをお贈りさせて頂きました。


今回の漢方は、養血調経に胃腸を丈夫にする補腎薬や疏肝理気で不安感を和らげることなど、胃腸のことや
補腎といって生命の元気を良くすることなど重点を置かせて頂きました。

おめでたいことで、何より嬉しいです。



Fさまにお贈りするお写真です。

<最上川三難所 三ヶ瀬の流れと釣り人たち>

Imgp51220819

<2012年8月19日 最上川 三ヶ瀬の流れ 芭蕉・奥の細道でも難所があると畏怖された有名なところです>

その難所に、三ヶ瀬橋からよく眺めてみますと釣り人がいます!

この写真には2人いるのがお分かりになりますか?


Imgp51250819

川の真ん中にも孤高のまるで「点景」になったかのような釣り人がいます。

よく歩いて真ん中まで行きましたよね。

凄いと思います。

最上川の流れの中で最高の孤独を味わい、釣りに没頭しています。

Imgp51260819

この写真にも釣り人が写っています。

自然とは偉大なものです。

また古来からの難所、急流がいまだに存在していることにも大いに感動です。

Imgp51310819

Fさま、どうもおめでとうございました。

雄大に流れる夏の最上川のようにたくましいお子様にお育ちになって頂きたいです。

また近くを通ることがありましたら、いつでも遊びに来てください。(^^)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011.10.20

血尿、遊走腎、つわりの漢方相談、急性骨髄性白血病によるFSH上昇

おはようございます。

薬剤師、不妊カウンセラーの土屋幸太郎です。

今日の山形は秋晴れです。

日常の漢方相談をしていて、恩師のT先生からアドバイスを頂きましたので、ログしておきいたいです。



1)産後の血尿の漢方相談。小さい石が2~3個。遊走腎もあります。


病院では特定の原因が分からなかった。また再発するのではと不安になります。


→私の処方は、利尿効果のある補腎薬と五涼華。


「腎の石だと生理的に血尿になります。

女性にはある症状です。

痛みもないのでまず心配することはありません。

利尿効果のある補腎薬と五涼華の組み合わせは効果的だと思います。

ほかには田七人参もちょっと加えられます。

疲れの問題、産後の疲れには参茸補血丸も。

出産後の気血不足は補血(ほけつ)のものを使う。

補腎と補血も大切」



2)つわりの漢方相談:


生理周期からいくと、今は5、6週目くらい。

つわりも昨日あたりから急にはじまりました。

とにかく胃腸が痛くて仕方ないのです。

夜中寝ている時も激痛で目が覚めます。

もともと胃腸は弱く、逆流性食道炎になったり、潰瘍になったりしやすほうです。

つわり、というよりは元々弱い胃腸がもっと傷んでいるようで心配です。


「香砂六君子湯がベースの基本方剤になること。

もしストレスなどもあるようでしたら、逍遥丸も対応可能。

養生というか心の構えとしては、これからは母親になるので強い意志を持つこと。

もどしても食べる。

吐き気があっても食べる。

少しずつ食べる、1日5~6回くらい。

体力をつけることが大切です。

お母さんになるための辛抱です。


もし粉薬だとしたら、健脾散を三分の一ずつ少しずつ飲む。

トータル1日2包ぐらいにする。

心拍確認以降は、半夏瀉心湯(3~4ヶ月くらい)のときに使える。

黄連、オウゴンも少し入れる方法もある。だけど苦いです。」



3)急性骨髄性白血病について


まず漢方では体力をつけることをメインにします。


心脾顆粒と生脈散の2つで、気血(きけつ)つまり、気と血(けつ)の両方を補うようにしていきます。

不可欠で必要。

1日各2包ずつの服用です。


中国の論文では白血病は心と脾を抑えることの重要性が示唆され、服用しているとだんだんと検査値も良くなってきます。

気血(きけつ)のもとを良くすることが大切です。

長期間、服用していきます。


FSHが高いことは、白血病の治療の抗がん剤によるものです。

その後、卵巣機能が戻る可能性もあります。

白血病の治療が落ち着くのならホルモンバランスも戻る可能性がある。


まずあわてないこと。

いまの治療中の期間の採卵は抗がん剤もあるので難しいかもしれない。


漢方で体力のフォロー。

血液検査値のフォロー。


そうすると卵巣も回復しやすい。


チャガを1日4錠、1回2錠×2回で漢方薬に併用していくと、すごく効果的で卵巣機能の回復、FSH対策に。

また白血病対策にもなります。


Imgp32021010

<2011年10月10日 栗駒山の紅葉。すごく混んでいました>

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011.08.25

無事に子供を授かり、うそのように体調が良くなり漢方のお薬は、本当に女性を心身ともに助けてくれるものなんだと実感しました。

Yさまから掲載許可を頂きまして、コラムを作成させて頂きます。

Yさまからは暖かいメールを頂いています。


「土屋先生

もちろんご紹介ください(^^)

私は、いろいろと悩んでいた時に、先生にきめこまやかに相談に乗っていただけたことで、本当に救われ希望を持てました。


無事に子供を授かり、うそのように体調が良くなり漢方のお薬は、本当に女性を心身ともに助けてくれるものなんだと実感しました。


素晴らしいお薬とそして共に心をサポートしてくださった土屋先生のあたたかい気持ちに心から感謝しています。


このメールも以前のメールもどうぞご紹介くださって結構です。

では、これからも先生、どうぞご指導くださいませ。

ありがとうございました。 」


Yさまと一番初めてご相談させて頂いたのが平成16年10月7日のときです。

そのときYさま 31歳。

生理不順、低温期、基礎体温が不安定。

便秘、ストレス、肩こり、頭痛。

結婚して半年、生活の急激な変化のため。

昼、仕事場で座りっぱなしのとき、かなりの割合で頭痛が起こる。


月経前緊張症、ストレス

月経周期25~35日

時々、1か月程度生理が飛ぶことがある。

ここ3か月は基礎体温も高温期が続かなかったり、排卵日が分からなくなったり不安定です。

血液検査は異常ありませんでした。

寒がり、冷え性です。

夢が多く、朝に気分よく起きられません。


当店からは、婦宝当帰膠と星火逍遥丸、参茸補血丸の3つの漢方をお勧めさせて頂きました。


ご主人様は、仕事のストレスと疲労でここ数か月かなり過労気味。

あまり元気がなくて体調もよくないとのことですから、イーパオを服用して頂きました。



○平成16年10月26日

婦宝当帰膠と逍遥丸、参茸補血丸でとても調子がよい。

生理に血塊が混じるとのことで冠元顆粒もお勧めです。

生理期から排卵期までの期間に服用です。


漢方を服用してから基礎体温が心なしか綺麗になりました。

今月は残念ながら生理が来てしまったが、ちゃんと高温期もあり、31日にちゃんと来ていた。

肩こりも頭痛もなくて、とてもいい感じ。


○平成16年11月16日 

検査したときに高プロラクチン血症と言われ、基礎体温は高温期が短くて体温もダラダラと上がっていく。

新しいお薬を服用するたびに、体調も良くなって妊娠しやすくなっているようだ。


ここで周期療法


○月経期

婦宝当帰膠+冠元顆粒+星火逍遥丸


○卵胞期~排卵期

婦宝当帰膠+冠元顆粒+炒麦芽+参茸補血丸


○黄体期

婦宝当帰膠+炒麦芽+参茸補血丸



○平成16年12月6日


陽性反応がでました!


○平成16年12月14日

4~5週目で胎嚢が9ミリくらいでした。



翌年 ○平成17年1月6日

安胎法 星火健胃錠と勝湿顆粒でつわり対策。

次回の検診では母子手帳も頂ける。



○平成17年3月16日

妊娠5か月です。



○平成17年7月6日


「お世話になっています。

現在、臨月中です。

お陰様で妊娠中も順調に過ごすことができています。


今日は産後の漢方薬のことについて教えて頂きたくメールしました。

助産婦さんの話をいろいろと聞いていると産後に養生しておかないと更年期障害になったり、2人目不妊になったりするとのこと。

産後すぐからでも飲める漢方薬を教えて下さい。

婦宝当帰膠も妊娠中は、時々飲んでいました。

それ以外にも、産後の回復を促すようなお薬はありますか?」



○平成17年12月3日


4か月前に無事に出産することができました。

また、乳腺炎で相談にのって頂きたいです。

現在4ヶ月の子育て中です。


最近、乳腺炎が何度も繰り返しています。

助産婦さんのところに行ってマッサージをしてもらい詰まりをとってもらうのですが、また同じところが詰まって炎症を起こしてしまいます。

本を読むと「気が不足している」とのことが書かれていて、よい漢方薬があると書かれていました。

悪寒や熱を伴う乳腺炎を繰り返しているので、効果のある漢方薬あればぜひ教えて下さい。


当店からは婦宝当帰膠と冠元顆粒をお勧めしました。

冠元顆粒は乳腺炎などにも応用がきくことがあります。



時は流れて ○平成19年7月25日

第二子を妊娠しました!嬉しいです。

つわりに勝湿顆粒を服用していきたいです。


「こんにちは! 

第一子誕生までは先生には大変お世話になりました。

心から感謝しております。

子供も2歳になりおかげさまで病気知らずのまるまる元気な男の子です。

今回また第2子を妊娠しました。嬉しい!

前回のつわりで吐き気がひどいときに勝湿顆粒を飲んでいました。

また飲んでいいでしょうか?」



時は流れて、○平成23年8月16日


数年前に先生からの漢方薬で2人の子供にも恵まれ、順調に大きくなっています。

その節はありがとうございました。

夏バテのせいか、育児の疲れのせいか、慢性的に冷えているのが分かり、夏でも足が冷たく非常に疲れやすくなります。

また婦宝当帰膠と冠元顆粒を再開していきたいです。」



Yさまどうもおめでとうございました!

ご一家の末永いお幸せを心から願っております。


Yさまご一家にお贈りする写真です。


Imgp22210814

<2011年8月14日 山形県朝日町 玉ノ井/川通口> 

ここは県公募の最上川の良好な眺め得られる11地点の一つです。

旧明鏡橋を遠くに眺める雄大な眺めです。

Imgp22330814

夏の暑い日でした。

向こう側には国道278号線が走っていますが、こちらの県道の通りには車も通ることなくひっそりとして自分だけの夏を味わうことができます。

Imgp22460814

Imgp22480814

道路の向こう側では朝日町特産のリンゴが生り始めていました。

青いリンゴ、だんだんと赤くなってきます。

Yさまご一家のご健康とご多幸を祈念申し上げます。

ご一家の末永いお幸せを願っています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

その他のカテゴリー

LUF・黄体化未破裂卵胞|不妊と漢方薬 | PCOS・多嚢胞性卵巣症候群|不妊と漢方薬 | PMS・月経前緊張症|漢方薬 | 「ナチュラルな妊娠」「45歳、もう生んでいいかしら?」 | 「血流たっぷり」をめざしなさい | いびき|漢方薬 | おねしょ、小児夜尿症|漢方薬 | おりもの、のびおり|不妊治療と漢方薬 | お客さまとのエピソード | お腹の張り、腹部膨満感、食欲不振|漢方薬 | お香 | しびれ|漢方薬 | つわり|漢方薬 | にきび|漢方薬 | のどのつかえ、喉の痛み、難治性咽頭潰瘍|漢方薬 | ほてり|漢方薬 | むずむず脚症候|漢方薬 | めまい、立ちくらみ|漢方薬 | アトピー性皮膚炎|漢方薬 | アレルギー性鼻炎と体外受精|漢方薬 | アレルギー性鼻炎|漢方薬 | イスクラ冠元顆粒 | イスクラ冠元顆粒発売20周年記念成都シンポジウムに参加して | イスクラ婦宝当帰膠 | イスクラ独歩顆粒 | イライラ落ち込み漢方、不安落ち込み|漢方薬 | イラスト | インターネットの掲示板などで漢方紹介 | カウフマン療法|不妊と漢方薬 | カンジダ膣炎|不妊と漢方薬 | ガン(がん)|漢方薬 | クラミジア感染症|不妊と漢方薬 | クローン病、潰瘍性大腸炎|漢方薬 | ゲップ・ガス|漢方薬 | ココログ版漢方(無名)コラム・2004 | ココログ版漢方(無名)コラム・2005 | ココログ版漢方(無名)コラム・2006 | ココログ版漢方(無名)コラム・2007 | ココログ版漢方(無名)コラム・2008 | ココログ版漢方(無名)コラム・2009 | ココログ版漢方(無名)コラム・2010~ | コンクレバン | シェーグレン症候群|漢方薬 | シミ・肝斑|漢方薬 | ストレス|漢方薬 | セックスレス、性機能減退|不妊と漢方薬 | タイミング療法|不妊と漢方薬 | ダイエット|漢方薬 | チャイナビュー | チョコレート嚢胞|不妊治療と漢方薬 | ツイッター | ツボの話題 | ディスプレー症候群|漢方薬 | ドライアイ|漢方薬 | ドライマウス、口腔乾燥症|漢方薬 | ニュースレターより | ハテナ | ビタエックス(プラセンタ) | フレイルの漢方対策 | ヘパーデン結節|漢方薬 | ベビ待ち保育士さん、幼稚園教諭さん|漢方薬 | ベビ待ち小学校教員さん|不妊と漢方薬 | ベビ待ち歯科衛生士さん|不妊と漢方薬 | ベビ待ち看護師さん|不妊と漢方薬 | ベビ待ち美容師さん|不妊と漢方薬 | メニエール病|漢方薬 | メールマガジン | モンテディオ山形 | ヤフー知恵袋の漢方の回答より | リウマチ性多発筋痛症|漢方薬 | リウマチ|漢方薬 | ロコモティブシンドローム|漢方薬 | 下痢、軟便|漢方薬 | 下肢静脈瘤|漢方薬 | 不妊カウンセラーに向けて | 不妊カウンセラー・体外受精コーディネーター養成講座 | 不妊治療の基礎知識…現状と問題点 | 不妊漢方治療の応用 | 不妊症の基本検査について | 不妊症の年代別漢方相談 | 不妊症テレビお茶の間講座 「子宮内膜症」 | 不妊症専門講座・PCOS 「多嚢胞性卵巣症候群」 | 不定愁訴|漢方薬 | 不正出血|不妊と漢方薬 | 不眠|漢方薬 | 不育、流産後|不妊治療と漢方薬 | 中医五官病 | 中医痺証専門講座「南通研修」への道 | 乳がんの疫学と薬物療法 | 乳腺炎、断乳、母乳|漢方薬 | 人工授精で妊娠出産|不妊と漢方薬 | 今週の漢方相談会 2008年 | 今週の漢方相談会 2009年 | 今週の漢方相談会 2010~ | 今週の漢方相談会 2013~ | 今週の漢方相談会2017 | 体外受精で妊娠出産|不妊と漢方薬 | 何先生や中医師の先生から漢方のこと聞いたこと | 便秘|漢方薬 | 免疫性不妊|漢方薬 | 全身性エリテマトーデス(SLE)|漢方薬 | 円錐角膜|漢方薬 | 冷え性|漢方薬 | 加齢性黄斑変性症|漢方薬 | 勉強会(2004~2008) | 勉強会(2009) | 勉強会(2010) | 勉強会(2011) | 勉強会(2012~) | 動悸|漢方薬 | 卵巣予備能~全周期活血化淤 | 卵巣嚢腫|不妊と漢方薬 | 卵巣機能不全、卵巣機能低下|不妊と漢方薬 | 卵管性不妊|不妊と漢方薬 | 卵管水腫|不妊と漢方薬 | 卵管閉塞|不妊と漢方薬 | 卵胞発育不全|不妊と漢方薬 | 受精障害|不妊と漢方薬 | 口内炎|漢方薬 | 呑気症(空気嚥下症)|漢方薬 | 味覚障害|漢方薬 | 咳、ぜんそく、慢性気管支炎|漢方薬 | 咽喉頭異常感症、難治性咽頭潰瘍|漢方薬 | 嗅覚障害|漢方薬 | 土屋幸太郎・漢方講演会 | 土屋幸太郎結婚式 | 土屋薬局からのお知らせ | 土屋薬局のの口コミ、評判 | 坐骨神経痛|漢方薬 | 坑精子坑体|不妊と漢方薬 | 基礎体温が低め|不妊と漢方薬 | 基礎体温が高め|不妊と漢方薬 | 基礎体温ガタガタ|不妊と漢方薬 | 基礎体温表|不妊と漢方薬 | 夏の疲れに漢方 | 多汗症|漢方 | 夜中目が覚める|漢方薬 | 夢と不眠|漢方 | 女性のための漢方レッスン | 女性不妊症的中医治療 | 妊娠中と産後の体調不良|漢方薬 | 妊活・妊娠力アップ|漢方薬 | 子宮内膜が薄い|不妊と漢方薬 | 子宮内膜ポリープ、子宮内膜増殖症|漢方薬 | 子宮内膜症|不妊治療と漢方薬 | 子宮外妊娠後|不妊と漢方薬 | 子宮筋腫|不妊治療と漢方薬 | 子宮腺筋症|不妊治療と漢方薬 | 子宮頸がん|漢方薬 | 子宮頸管無力症|不妊と漢方薬 | 季節の漢方養生 | 季節の養生法 | 学校保健委員会 | 小児チック|漢方薬 | 小児漢方 | 小太郎製薬 | 帯状疱疹後神経痛、後遺症|漢方薬 | 後鼻漏・蓄膿症|漢方薬 | 心と体 | 感音性難聴・耳鳴り、難聴|漢方薬 | 慢性副鼻腔炎(蓄膿症)|漢方薬 | 慢性咽頭炎|漢方薬 | 我が家の庭 | 我が家の庭 2008 | 我が家の庭 2009 | 我が家の庭 2010~ | 手根管症候群、腱鞘炎、ばね指|漢方薬 | 抗リン脂質抗体|不妊と漢方薬 | 抗核抗体|不妊治療と漢方薬 | 掌蹠膿疱症|漢方薬 | 排卵痛、排卵期|不妊と漢方薬 | 排卵障害|不妊と漢方薬 | 日中線記念館 | 更年期障害|漢方薬 | 月経の経血量が減少|不妊治療と漢方薬 | 月経不妊周期療法|不妊と漢方薬 | 月経不順・生理不順|不妊と漢方薬 | 月経周期が短い|不妊と漢方薬 | 月経周期が遅れる、長い|不妊と漢方薬 | 未成熟卵|不妊症と漢方 | 椎間板ヘルニア|漢方薬 | 武漢へ | 死産後|漢方薬 | 母乳|漢方薬 | 泣きたくなる | 活血化淤の応用 | 浮腫み|漢方 | 温活GO | 漢方周期療法…南京・夏桂成先生の講義より | 漢方薬の安全性について | 漢方薬局で相談を受ける婦人病について | 無排卵・無月経/不妊と漢方薬 | 無月経・無排卵・中医不妊症テレビお茶の間講座 | 生殖医療に関わる疑問に答える | 生殖補助医療の有用性と限界 | 生理痛、月経困難症|漢方薬 | 甲状腺機能亢進症|不妊と漢方薬 | 甲状腺|不妊治療と漢方薬 | 男女の更年期と神経症|漢方薬 | 男性不妊|不妊治療と漢方薬 | 疲労|漢方薬 | 痔|漢方薬 | 痛み、しびれ|漢方薬 | 痰湿(暑湿)について | 痰湿|漢方 | 眼精疲労|漢方薬 | 着床障害、着床失敗|不妊症と漢方薬 | 着床障害|不妊治療と漢方薬 | 神経障害性疼痛|漢方薬 | 秋バテの漢方 | 空胞|不妊治療と漢方薬 | 糖尿病|漢方薬 | 経血量少ない|不妊と漢方薬 | 綿花観察日記 | 緑内障|漢方薬 | 繊維筋痛症|漢方薬 | 老人性膣炎・萎縮性膣炎|漢方薬 | 耳管開放症|漢方薬 | 耳鳴り、突発性難聴|漢方薬 | 聴覚過敏|漢方薬 | 肘痛|漢方薬 | 股関節痛|漢方薬 | 肩こり|漢方薬 | 肩甲骨の痛み|漢方薬 | 肩痛、五十肩|漢方薬 | 胃酸過多、機能性胃腸症(NUD)|漢方薬 | 背中のほてり|漢方薬 | 背中の痛み|漢方薬 | 胚盤胞|不妊治療と漢方薬 | 脂漏性皮膚炎|漢方薬 | 脈拍|漢方 | 脊柱管狭窄症|漢方薬 | 脱毛、抜け毛、薄毛の漢方薬 | 脳卒中|漢方薬 | 脳疲労症候群、脳過敏症候群|漢方 | 腰椎すべり症|漢方薬 | 腰痛|漢方薬 | 膀胱炎|漢方薬 | 膝痛|漢方薬 | 膿精液症|男性不妊の漢方薬 | 花粉症|漢方薬 | 若木山、石崎山や東根の景色 | 若木山、石崎山や東根の風景2008 | 若木山、石崎山や東根の風景2009 | 若木山、石崎山や東根の風景2010~ | 蕁麻疹、湿疹/漢方薬 | 薄い子宮内膜に漢方薬が有効である可能性がある | 薬膳 | 血の道症|漢方薬 | 血管力をつければ病気は治る | 補腎の話 | 西洋医学的にみた不妊症漢方概論 | 足底筋膜炎|漢方薬 | 逆流性食道炎|漢方薬 | 過去のバックナンバーより | 過敏性腸症候群|漢方薬 | 過活動膀胱、頻尿|漢方薬 | 遺残卵胞|不妊治療と漢方薬 | 酒さ|漢方薬 | 頭痛|漢方薬 | 頸椎症、首のこり|漢方薬 | 頻尿|漢方薬 | 顔面神経麻痺、手のふるえ|漢方薬 | 顕微授精(ICIS)|不妊と漢方薬 | 風邪|漢方薬 | 食欲不振、胃痛|漢方薬 | 食養生 | 高プロラクチン血症|不妊と漢方薬 | 高血圧|漢方薬 | 高齢不妊症、卵巣機能低下における中国漢方の考え方 | 高齢不妊|不妊治療と漢方薬 | 鷺草、朱鷺草観察日記 | 黄体機能不全|不妊と漢方薬 | 黄疸|漢方薬 | 100歳まで元気に生きる! | 2人目不妊、第二子不妊|漢方薬 | 2004年妊娠出産おめでとうございます! | 2005年妊娠出産おめでとうございます! | 2006年妊娠出産おめでとうございます! | 2007(1月~6月)妊娠出産おめでとうございます! | 2007(7月~12月)妊娠出産おめでとうございます! | 2008年妊娠出産おめでとうございます! | 2009年妊娠出産おめでとうございます! | 2009(7月~12月)妊娠出産おめでとうございます! | 2010(1月~6月)妊娠出産おめでとうございます! | 2010(7月~12月)妊娠出産おめでとうございます! | 2011年妊娠出産おめでとうございます! | 2012年妊娠出産おめでとうございます! | 2013年妊娠出産おめでとうございます! | 2014年妊娠出産おめでとうございます! | 2015年妊娠出産おめでとうございます! | 2016年妊娠出産おめでとうございます! | 2017年妊娠出産おめでとうございます! | AMH|不妊治療と漢方薬 | COPD 慢性閉塞肺疾患|漢方薬 | FSHが低い方|不妊治療と漢方薬 | FSHが高い|不妊治療と漢方薬 | POF・早発閉経|不妊治療と漢方薬