カテゴリー「クラミジア感染症|不妊と漢方薬」の記事

2013.04.19

卵管水腫、卵管閉塞不妊症、子宝漢方相談。漢方併用で妊娠、出産

こんにちは。

山形、まだ肌寒い天候で桜の蕾もまだ固くキュッと閉じたままです。

毎朝、若木山(おさなぎやま)を散策しながら、だんだんピンク色がかってきているなあ、など思いながら開花を心待ちにしている今日この頃です。


さて、今日は漢方体験の嬉しいお話、「卵管留水腫の漢方相談。卵管の詰まりがあり、多嚢胞性卵巣もあり、体外受精3回してうまくいかなったけど、漢方併用で順調に妊娠、出産という嬉しい話でした」をご紹介させて頂きます。


それ以外にもちょうど小学校の教員の先生から「無事に出産しました!漢方での支え、どうもありがとうございました」と嬉しいメールなど頂いていて、今後ともお客様に役立つ不妊症の子宝の漢方相談頑張ろうと励みになっているところです。



「卵管留水腫の漢方相談。卵管の詰まり(卵管閉塞)があり、多嚢胞性卵巣もあり、体外受精3回してうまくいかなったけど、漢方併用で順調に妊娠、出産という嬉しい話でした」


先日、仙台から嬉しいお電話がやってきました。

めでたく昨年の12月に女の子をご出産されたそうです。

当店からは出産お祝いのアルバムをお贈りさせて頂きました。

掲載許可を頂きましてコラムを作成させて頂きます。


 
○平成24年2月20日 漢方相談日


Kさま 37歳です。

結婚9年目を迎えています。

不妊症の子宝、不妊症の漢方相談です。


両卵管のつまりで悩んでいます。

クラミジアの陽性が過去にありました。

初潮は13歳 生理は31日周期、生理は5日間です。

生理痛は初日、二日目にありますので、その二日間は鎮痛剤イブを1日2回のみます。


血塊が毎回混ざります。

生理の前日にイライラします。

排卵痛はありません。


体外受精は3回行いました。

凍結卵を戻していました。

採卵は採れすぎるくらいで前回は卵巣過剰刺激症候群(OHSS)になりました。

一番最初の採卵は32個採れました。

多少、多嚢胞性卵巣気味(PCOS気味)です。


夢はみます。

ストレスはそんなに強くありません。

生理3日前に肩こりからくる頭痛

口内炎がしょっちゅうできます。

3日~5日に1回の排便で便秘です。

以前に疲れるとカンジダになることがありました。

当店からは養血調経、安神、活血化淤(丹参製剤、水蛭製剤など)の合計4つの漢方をお勧めさせて頂きました。


丹参製剤は半包×2回で、それに水蛭製剤ですから活血化淤(かっけつかお)で卵管の流れ、気血の巡りを活発にすることをお勧めさせて頂きました。


○平成24年3月23日 漢方相談日


左の卵管に卵管留水腫があることが分かりました。

右は通っていないみたいです。

次回は4月で体外受精で採卵する予定です。

今度は低刺激でやっていきます。

今はピルを服用中、生理後から開始です。

採卵後にお腹の状態を5月末までにみてから戻していきます。


舌ベロはちょっと歯形があって色は痰紅、苔は薄白でした。

口内炎はできなくなりました、夜も眠れています。


今回から水蛭製剤に替わり、美肌油に切り替えてもらいました。

炎症を抑えて「お肌も卵もぷるぷる」を目指していきます。


○平成24年4月23日 漢方相談日


体外受精で採卵して卵を戻しました。

4個受精(10個採卵)

卵巣過剰刺激症候群(OHSS)にならなくてすみました。

1個を戻しました。

4月11日に戻しました。

来週5月1日に受診します。


うまくご懐妊につながるように、過剰な免疫を抑えるような漢方をお勧めしました。

美肌油にチャガ、5つの花の生薬、養血調経です。


○平成24年5月1日 漢方相談日


陽性反応!でした。

胎嚢がみえました。

原則、前回と同じ処方を継続して頂きました。



○平成24年6月4日 漢方相談日


順調にいっています。

ふつうの産婦人科に転院となりました。


そして今月2月に無事のご出産のお電話を仙台から頂きましてとても嬉しかったです。

どうもおめでとうございます!

卵管留水腫の方の漢方相談、しっかりと対応できて、良かったと思います。



Kさまにお贈りする写真です。

「月山と葉山の眺め」


若木山から眺めた月山と葉山

<2013年4月9日 若木山から眺めた月山と葉山」

まるでお月様のように輝いているのが月山です。

実に美しい眺めです。

葉山

月山

そろそろ桜も一斉に開花して色彩が豊かになりそうです。

Kさま、どうもおめでとうございました。

ご家族の末永いお幸せを心より願っています。


漢方のご相談方法は、漢方相談表、またはファックス電話で受け付けています。
お問い合わせは、送信フォームもございます。
詳しい漢方相談の方法はこちらからで説明しています。


所在地 山形県東根市神町中央1-10-7
Google mapによる所在地

営業時間 第二、第四日曜日お休みです。

平日 午前8時~午後7時  土日祭日 午前8時~午後6時

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013.04.09

「最新の生殖医療における中医学漢方の併用、取り組み方」②…カンジダ、クラミジア、子宮内膜が薄い、月経周期が短い、子宮筋腫

おはようございます。

薬剤師、不妊カウンセラーの土屋幸太郎です。

今朝の山形は晴天で遠くの月山、葉山連峰から朝日連峰までとてもいい眺めでした。

若木山公園では山茱萸の黄色い花も見ごろを迎えていました。


さて、3月22日の仙台での漢方定例会のまとめです。

前回の内容は 2013.03.25 「最新の生殖医療における中医学漢方の併用、取り組み方」①~「春捂冬凍」 2013.03.26 花粉症の中医学漢方…目の痒み、目が赤い、耳の中の痒み、のどの痛み、咳、鼻水に にまとめています。

「最新の生殖医療における中医学漢方の併用、取り組み方」②

講師 楊暁波先生

○子宮頸部の炎症→頸部ガンになる可能性がある。

白血球、サイトカインが集まる。精子がいくと逃げてしまう。

炎症のあるかたには清熱解毒をプラスする、漢方が素晴らしい。


日本は真菌が多い、カンジダ。

ばい菌、最近は身近にいっぱいある。

抵抗力が落ちるとカンジダ発症。


ウイルス→子宮頸部ガン。クラミジアも感染症。


おりものの量、色、においのチェックが重要。


薬草の瑞花露入浴液。殺菌効果、真菌に効く。

体力↓ 夏の季節的要因。

お風呂に入れたり、600ccを洗面器にキャップ二分の一から三分の一を入れて局部を洗う。

精子の通り道がきれいになる。



○子宮内膜が薄い

誘発剤などの薬による副作用とホルモンの状態


中医漢方では血(けつ)が少ないこと。

着床のときに血管も増える。

陰血(いんけつ)の問題


低温期に陰血が増える、高温期に陽が増える。→子宮内膜を厚くさせる。

陰血は女性の卵胞ホルモンに似ている。



○子宮筋腫 内膜下、筋層 、漿膜下

子宮の長さ 7~8センチ 幅 4~5センチ 厚さ 2~3センチ


子宮が厚くなると子宮の活動が邪魔される。

内膜下に筋腫があると着床が阻害される。出血が増える。

子宮が大きくなる→出血量が増える→貧血になる (Hb12ぐらいが良い)


婦宝当帰膠がよい。

(当帰芍薬散はかわいそー。)


当帰は補血活血、血が足りてない人には当帰が一番よいもの

婦宝当帰膠と当帰芍薬散は同じものではない。



○結婚が遅い、卵子の老化

20代前半が妊娠には一番良い

昨日、薬局に来店された人40歳



○不妊症には中医学漢方と併用すると効果的

35歳が望ましい、卵子の質


○卵のことがあるから早く治療する、35歳で結婚半年でできなかったら早く治療する。

35歳未満は1年まつ…女性は7の倍数で変化する


○頸管粘液のこと、おりもの

排卵するときにはおりものが水様透明になる→精子が通りやすくなる


○月経周期が短い、卵胞期が短い


1)誘発剤など薬を使っている 2)加齢


卵胞期を伸ばしたい→陰と血を補う


陰、液→津液、血


×地黄剤をいっぱい入れすぎる ○肝血を充実させる


◎補腎剤、とくに枸杞の実と菊の花が配合のものは肝腎陰を補う+肝血を補う とてもよい(たとえば杞菊地黄丸+婦宝当帰膠)

単純に腎陰を補うよりもよい


○陰陽消長と月経周期(周期療法の基本的な考え方)

月経期 排泄 「泄」

卵胞期 滋陰養血 「蔵」

排卵期 「泄」

黄体期 補腎陽 「蔵」


○「蔵」→滋補

卵胞期(低温期)→血海充実・陰精旺盛

黄体期(高温期)→腎陽充実


○「泄」 排卵と月経を示す→理気・活血


Imgp63360404

<2013年4月4日 若木山 山茱萸が咲きました! 杞菊地黄丸や杞菊顆粒などの補腎薬にも山茱萸の赤い実が含まれています>

Imgp63370404

Imgp63440404

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012.06.04

卵管留水腫の方の漢方相談

こんにちは。

本日3回目の更新です。

卵管留水腫の方お二人とも報告がありまして結果が良いのでご報告させて頂きます。


一人のかたは原因不明の骨盤腹膜炎で2週間入院して卵管留水腫があると言われていたかた、今年の2月からの漢方相談だったのですが今現在は経過がとても良いそうで、病院にもあまり通院しなくても良い。と言われたそうです。

またもう一人の方は両卵管の詰まりで過去にクラミジアが陽性だったのですが、そして卵管留水腫もあり、今年の2月にご相談にきた時点で体外受精を3回しているけど結果がでないというご相談でした。

クラミジア、卵管留水腫の対策をしながら採卵のときも漢方でバックアップ、そして今はめでたく順調にご懐妊されていてすでに一般の婦人科に転院されているそうです。

いまは過剰な免疫を抑えながら安胎法をお続けになられて喜ばれています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012.05.17

クラミジアの漢方対策について 「おりものが多い、におい、痒みがある」

こんにちは。

雨が降って晴れ上がった山形です。


今日は「体外受精での妊娠、ご懐妊のご報告」と、妊娠後「引き続き順調」の漢方相談など、嬉しいお話が多い感じです。

PCOS(多嚢胞性卵巣)の方などもしっかりと漢方でサポートするとかなり体調も良くなって、胚盤胞までいってに心身、ご懐妊でしたから、「最近、すごく体調が良かったです」というお客様の感想など、以前も新庄市の方が「妊娠する数か月前からすごく体調が良かった」とおっしゃっていたことを思い出しました。


さて「クラミジア感染症」への中医学、漢方的対策を今まで勉強していたのですが、ものすごく真剣な「クラミジア感染症」の漢方相談が入りましたので、ようびん先生にもお聞きしておきました。

「クラミジア感染症」が陰性にならないと腹腔鏡もでいないし、体外受精もうまくいかないとのことで、中医学、漢方の知恵を拝借したい。とのことです。)

いろいろな先生方の考え方を知っておくと私の相談の幅も広がります。



「クラミジア感染症」の漢方対策について


「おりものが多い、におい、痒みがある」

このことをチェックすること。


「クラミジア」
が陽性の場合には、上記の自覚症状が多くなります。

「膀胱炎になりやすかどうか」もお聞きします。


通常は何らかの不快感があるはず。


おりもの、痒み、小水のときに痛い。


○もし、おりものが多い、痒みがあれば肝胆湿熱→湿をとって火を消す漢方薬、五行草


○40代前後になればおりものがあまりないのであれば、陰虚火旺のタイプ。


湿熱を解消する補腎薬+五行草


おりものが多い、痒みが強ければ一番最初の相談どおり。

おりものが少ない、不快感→湿熱を解消する補腎薬+五行草


中国では苦参、蛇床子などで外用として洗うこともいい治療法としてあります。


新潟県弥彦山頂からの眺め 遠くに佐渡島

<2012年4月29日 新潟県弥彦山頂からの眺め 遠くに佐渡島>

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012.05.01

20~30代女性のリウマチ漢方相談(MPP3の改善)と陽性反応の嬉しいご報告

こんにちは!

薬剤師、不妊カウンセラーの土屋幸太郎です。

今日一日、朝から今の19時までずっと漢方相談が途切れることなく、リウマチや子宝相談など県内、県外など多数のお客様からご利用がありました。

リウマチの漢方相談は2件でした。

そのうちの1人のかたは今年の3月から始められて、MMP3という炎症の改善の目安の数値がやはり下がったそうです。かなり良い漢方相談をしています。

新規のお客様にも、効き目があるようにお勧めしておきました。


去風散寒除湿、益気養血、補益肝腎、活血化淤、、こんな感じの精神の漢方相談です。

実に美しいです。(しかも効き目も良いです)


また、閉店前の最後にお電話がありました。

両卵管の詰まりで過去にクラミジア陽性があったお客様で、卵管留水腫もあったのですが、今年の2月からの漢方相談で今日、陽性反応!が分かったそうです。

こちらまですごく嬉しくなってしまいました。

今後は流産防止をしっかりとやっていきます。

(過去に複数回体外受精をやったけど結果がでなかったので、高度生殖医療と漢方の併用をご希望でのご相談でした)


先日の子宮腺筋症の方にしろ、クラミジア感染症の方にしろ中医学的に病態をつかまえて漢方相談していくとかなり結果がいいです。

私も嬉しいです。(^^)


(お母様と娘様で来店されたお客様たちも2組ありまして、真剣な漢方相談をしております)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012.04.16

クラミジア感染症で両卵管閉塞。卵管障害不妊の漢方相談で妊娠!

こんにちは!

薬剤師、不妊カウンセラーの土屋幸太郎です。

先週も不妊症を中心とした漢方相談が忙しかったです。


妊活の子宝漢方の結果、先週1週間の土屋薬局での出産のご報告は2名、妊娠のご報告は3名でした。


ご懐妊された一人の方はPCOSではないものの生理周期50日で高温期も10日しかないと、当初の昨年の2月のときのご相談から始めました。


「自然妊娠できると思っていなかったので、本当に嬉しいです!漢方も続けてきてよかったです。」という感想を頂いています。


またもう一人のお客様は「両卵管閉塞」でクラミジア感染症が発覚したという専門的なご相談でして、卵管障害の不妊のためにここ数ヶ月間頑張ってみて駄目だったら体外受精をされるとのことでした。


先月からの漢方相談でして、めでたくご懐妊!妊娠!となっております。


こちらのお客様の感想は「つくづく思いますが、土屋薬局さんと出会えて本当によかったです。」と嬉しいコメントを頂いております。


http://tutiya.cocolog-nifty.com/kanpotusin/cat22986396/index.html
「クラミジア感染症と不妊漢方」

http://tutiya.cocolog-nifty.com/kanpotusin/cat20281709/index.html
「卵管のつまりの漢方」

こちらのコラムも参考になれば望外の喜びです。


<最近、感動した風景の紹介です>


山茱萸の黄色い花

<2012年4月13日 若木山公園を散歩していたら、山茱萸の黄色い花が咲いていて感動しました>

山茱萸の黄色い花

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012.02.08

中医不妊症お茶の間講座 「卵管閉塞」 クラミジア感染症による(4)

正常卵管

子宮外妊娠→卵管の繊毛細胞の動きが悪い

精子は卵管に3日間生きている。


☆卵管閉塞の原因

腸内の炎症が卵管へ移行

腹腔内の虫垂炎などの炎症が卵管へ移行

細菌感染

STD(クラミジア、トリコモナス、淋病など)

子宮内膜症など

おなかの手術後の癒着


卵管性不妊は先進諸国で36%程度であるのに対して、アフリカ諸国では85%にのぼるというデータがあります。

卵管性不妊のリスク要因は、STD(クラミジア、トリコモナス、淋病)、複数の性的パートナー、低年齢での初回性行為、人種差、社会経済、避妊手段の有無などが関係しています。


○卵管閉塞の症状


腹痛、腹張、排卵期前後の腹痛、下り物(粘りがあって臭う、黄色い、緑色)


卵管の子宮の入り口が詰まっていると精子が入らない、卵管采の閉塞は卵子が通らない。

<卵管性不妊>


現代医学の卵管性不妊の治療法


腹腔鏡下卵管形成術、カテテリゲーション、GIFT、体外受精


卵管疾患中医弁証


不妊→胞脈不通→湿熱阻滞、淤血阻滞

湿熱と淤血がおもな卵管不通の原因。


○腹痛

腹痛は張って痛い、排卵前後の張りが辛い、鈍痛、抑えると喜んだり、嫌いだったり。激痛


○帯下

おりものが白っぽい(薄い)か臭うか(黄色、ネバネバ、粘調)。あるいは汚い血が混ざっている


○月経失調

不正出血、経血の塊が多い、腰痛



中成薬の対応


清熱利湿法:湿熱を解消する、五行草(おりものに対応)

活血化淤:破血化淤(水蛭製剤)(癒着に)

健脾化痰法:補中丸、健脾散(湿をとるために)

大柴胡湯:腹痛(排卵痛、排卵にお腹が張って痛い)、便秘

破血化淤(ピクノジェノール製剤):疼痛(BBT低め、高温期から生理中に痛みの緩和)

チャガ:卵管留水腫、水腫(炎症からきたむくみ、免疫の調整)

丹参製剤:血塊(お腹が張って痛い)、生理痛



周期に対応方法


○低温期、卵胞期に重視

清熱除湿活血:5つの花の生薬(せいねつ)、おりものが多かったら五行草、活血に破血化淤(水蛭製剤)


○排卵期を主導

排卵をさせることが大切

癒着を剥がす時期:活血剤+気を上昇させる漢方薬(卵管のぜん動運動を良くする)


○高温期前半までサポート

受精卵の移動、着床のために



卵管閉塞によく勧める中成薬

破血化淤(淤血、癒着の除去) 低温期、排卵期

チャガ(炎症を抑え、水腫に) 低温期、高温期の7日まで

大柴胡湯(癒着を剥がす) 排卵期~高温期のの5日目

気を上昇させる漢方(卵管蠕動をよくする、子宮収縮もよくする) 排卵期~高温期の5日目

美肌油(炎症を抑える) 生理以外



子宮内膜症、クラミジア感染の対応

急性炎症…抗生物質+五つの花の漢方、チャガ(分泌液を抑える、分泌液が多いほど癒着する)

慢性炎症…5つの花の漢方、破血化淤(水蛭製剤)、三年から七年の漢方

美肌油…急性期、慢性期につかえる



女性を美しくする漢方…量が多いほど炎症を抑える力が強いという中国のデータがある。

子宮内膜症には、常用量が良い。十分効き目がでる。

クラミジア感染症には多く使っても良い。

卵管閉塞、そんなに難しくない。

中成薬で積極的に対応で妊娠につながる。

Imgp18910302

<2011年3月2日 中国四川省 「成都パンダ基地」 パンダ可愛いです!>

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011.12.31

中医不妊症お茶の間講座 「卵管閉塞」 クラミジア感染症による(3)

沙棘オイル。

炎症を抑える力がある。

殺菌作用がある。

沙棘オイルの座薬が中国の薬局にあった。

効能効果が殺菌解毒。性感染症に使っていた。クラミジア感染などに。

沙棘の座薬は性感染症に中国で使われていた。

紅沙棘オイル、消炎作用、殺菌作用が十分にあって中国では座薬で使っている。

クラミジア感染症、子宮内膜症に良い効果がある。

とても良い。


着床にも良いし、内膜が良い状態となるために、妊娠してからの活血剤としても使える。

同時に炎症を抑える力がある。


五つの花の漢方、沙棘オイル、チャガ、水蛭製剤は子宮内膜症によい。


土屋からの問い。→子宮腺筋症に5つの花の漢方。野菊花が良いですか? 

先生、はいそうです。



ほかの先生からの問い:

子宮内膜症に沙棘オイルは子宮内膜症以外にも応用されますか?

はい使えます。

たとえば子宮内膜が薄い、高齢の不妊、着床障害などにけっこう使える。

紅沙棘は、天然ビタミンE、不飽和脂肪酸、抗酸化作用。


子宮内膜が薄い、掻爬などでも薄くても妊娠できる。

過去に3・4ミリで妊娠した人がいる。

過酸化状態を取り除いて、SODの酵素を取り除くには、丹参製剤や沙棘オイルもいい。


やけどのときに痛い、皮膚の表面には水泡。

3~5分間くらいオイルを塗ると、跡が残らない、痛みも完全に消える。

水泡がでなくなり、これくらいの消炎効果がかなりある。


ある薬局の内膜症の方。

低温期の体温が高くて、なかなか卵が大きくならない。

大きくなっても排卵しない。いわゆるLUF

病因のHCGを打っても排卵しない。LUF


子宮内膜、卵巣が硬い。

沙棘オイル、破血化淤(水)あるいは排卵のときには爽やかな月の漢方などでうまく排卵して自然妊娠した。

病因では体外受精しかないと言われていた。


卵管閉塞、クラミジア感染、子宮内膜症。

炎症を抑えないといけない。

複雑なことではない。


たとえば体外受精をしても何回も失敗した人でも、しっかり漢方を服用して、病院の治療もいったん休んで再挑戦したら体外受精でうまく妊娠できた。

11個の採卵で、5個が正常受精卵だった。

Aランクの卵が一個もなかった。

これは子宮内膜症、クラミジア感染がなかなかいい卵がとれない。

炎症反応により。

もしこれくらい漢方薬を使わずに体外受精だけやっても良い成績、妊娠にはつながらなかったのだろう。

たぶん、悪いままだった。

体外受精するにも、しばらく漢方を消炎などしっかりして、体を立て直してから服用してから採卵したほうが成功しやすい。

雪のブランコ

<2011年12月24日 若木山公園 雪のブランコ>

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011.12.14

数年ぶりのお客様のご来店…震災を乗り越えてきました。

こんにちは。

薬剤師、不妊カウンセラーの土屋幸太郎です。

先ほど、数年ぶりに来店されたお客様がいらっしゃいまして、そろそろ2人目をご希望のとのことでした。

一番最初のときの漢方相談は、平成15年のときでお子様は現在6歳になったそうです。

感慨深いものがあります。

当時は結婚されたばかりで卵管の通りが少し悪かったこと、クラミジア感染があったそうでクラビッドを服用してその後の経過は良好とのことでした。

漢方薬のほうは、婦宝当帰膠、炒麦芽、弓帰調血飲第一加減を奥様に、海馬補腎丸をご主人様にお勧めしていました。


生理の周期は以前と変わりなく31日とのことでしたので、前回の良い結果を踏まえて漢方をお勧めさせて頂きました。

今後とも良い結果につながればなあと期待しています。

10年ぐらい経過してからまた漢方相談に来て頂けることは嬉しいことですし、お互いに震災を乗り越えてきて無事なので良かったなあと思います。

漢方的には、「女子は血をもって本となす」と言われていますので、養血調経(ようけつちょうけい)を軸に活血化淤(かっけつかお)を加えてくことを目標にします。


女性は生涯の間に「生理、妊娠、出産、授乳」と血(けつ)を消耗しますので、補血して活血して血(けつ)を整てくことが良い排卵、良い子宮内膜につながっていきます。

Imgp30911123

<2011年11月23日 村山市 葉山展望>

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011.11.24

中医不妊症お茶の間講座 「卵管閉塞」 クラミジア感染症による(2)

前号「2011.11.11 中医不妊症お茶の間講座 「卵管閉塞」 クラミジア感染症による」の続きです。



※清熱解毒の薬を使って、冷え性がひどくなる場合には、もう一度弁証論治する。

5つの花の漢方を服用して調子がよくなった、逆に冷えが解消したなどあれば、清熱解毒の漢方を使って良かったことになる。


クラミジア感染症、子宮内膜症の患者さん、妊娠してからも5つの花の漢方は止めないほうがよい。

免疫反応が高ぶっているので白血球の働きが活発なので、受精卵を攻撃する、異物として排除する→流産する。できれば5ヶ月まであるいは5か月過ぎても清熱解毒を使ってもらいたい。

1日1包くらいでも良い。


ロシアのものは5ヶ月まではずっと飲んでほしい。

3か月過ぎてから止めてもよい。

妊娠後半は1日1粒(3ヶ月過ぎたら)


重度の子宮内膜症の方、癒着が激しかった。

→流産の可能性が高い、絶対流産したくない。

5つの花の漢方、ロシアのものをずっと使った。

7ヶ月まで使われて元気な女の子が生まれた。


問い→私から、舌診には子宮内膜症、クラミジア感染症は関係ないですか?


クラミジア感染症、子宮内膜症には5つの花の漢方、ロシアのものはどちらも使える。

お腹、骨盤の中に炎症があるから。→外から見えない、包まれている。包まれている炎症。お腹には確実に炎症がある。清熱解毒は使うべき。


もし舌ベロを見て、赤みがひどければもっと量を増やしても良い。


目も赤い充血している、舌も赤い人は炎症がある。


クラミジア感染症、子宮内膜症は体の免疫反応の高ぶり状態、攻撃する、抗体産生しやすい。

分割が悪い、着床しにくい。

同時に炎症反応が体に残っている。

クラミジア感染症は黄色いおりもの、菌が存在する。

内膜症は菌がいないけど出血により、刺激により炎症が存在する。

炎症を抑えるために、抗生物質を使っても良くならない。

クラミジア感染症のかたが連続して抗生物質を使ってもよくならない。


5つの花の漢方、ロシアのもの、水蛭製剤。

水蛭製剤は癒着を剥がす力が良い。

子宮の中の癒着を解消しないと着床しない。

水蛭製剤を使う目的


もう一つお勧めはグミ科の植物のオイル。

Imgp29631118

<2011年11月18日 大日さまより大森山眺め 奥羽山脈が白い帽子をかぶってきました>

| | コメント (0) | トラックバック (0)

その他のカテゴリー

LUF・黄体化未破裂卵胞|不妊と漢方薬 | PCOS・多嚢胞性卵巣症候群|不妊と漢方薬 | PMS・月経前緊張症|漢方薬 | 「ナチュラルな妊娠」「45歳、もう生んでいいかしら?」 | 「血流たっぷり」をめざしなさい | いびき|漢方薬 | おねしょ、小児夜尿症|漢方薬 | おりもの、のびおり|不妊治療と漢方薬 | お客さまとのエピソード | お腹の張り、腹部膨満感、食欲不振|漢方薬 | しびれ|漢方薬 | つわり|漢方薬 | にきび|漢方薬 | のどのつかえ、喉の痛み、難治性咽頭潰瘍|漢方薬 | ほてり|漢方薬 | むずむず脚症候|漢方薬 | めまい、立ちくらみ|漢方薬 | アトピー性皮膚炎|漢方薬 | アレルギー性鼻炎と体外受精|漢方薬 | アレルギー性鼻炎|漢方薬 | イスクラ冠元顆粒 | イスクラ冠元顆粒発売20周年記念成都シンポジウムに参加して | イスクラ婦宝当帰膠 | イスクラ独歩顆粒 | イライラ落ち込み漢方、不安落ち込み|漢方薬 | インターネットの掲示板などで漢方紹介 | カウフマン療法|不妊と漢方薬 | カンジダ膣炎|不妊と漢方薬 | ガン(がん)|漢方薬 | クラミジア感染症|不妊と漢方薬 | クローン病、潰瘍性大腸炎|漢方薬 | ゲップ・ガス|漢方薬 | ココログ版漢方(無名)コラム・2004 | ココログ版漢方(無名)コラム・2005 | ココログ版漢方(無名)コラム・2006 | ココログ版漢方(無名)コラム・2007 | ココログ版漢方(無名)コラム・2008 | ココログ版漢方(無名)コラム・2009 | ココログ版漢方(無名)コラム・2010~ | コンクレバン | シェーグレン症候群|漢方薬 | シミ・肝斑|漢方薬 | ストレス|漢方薬 | セックスレス、性機能減退|不妊と漢方薬 | タイミング療法|不妊と漢方薬 | ダイエット|漢方薬 | チャイナビュー | チョコレート嚢胞|不妊治療と漢方薬 | ツイッター | ディスプレー症候群|漢方薬 | ドライアイ|漢方薬 | ドライマウス、口腔乾燥症|漢方薬 | ニュースレターより | ハテナ | ビタエックス(プラセンタ) | フレイルの漢方対策 | ヘパーデン結節|漢方薬 | ベビ待ち保育士さん、幼稚園教諭さん|漢方薬 | ベビ待ち小学校教員さん|不妊と漢方薬 | ベビ待ち歯科衛生士さん|不妊と漢方薬 | ベビ待ち看護師さん|不妊と漢方薬 | ベビ待ち美容師さん|不妊と漢方薬 | メニエール病|漢方薬 | メールマガジン | モンテディオ山形 | ヤフー知恵袋の漢方の回答より | リウマチ性多発筋痛症|漢方薬 | リウマチ|漢方薬 | ロコモティブシンドローム|漢方薬 | 下痢、軟便|漢方薬 | 下肢静脈瘤|漢方薬 | 不妊カウンセラーに向けて | 不妊カウンセラー・体外受精コーディネーター養成講座 | 不妊治療の基礎知識…現状と問題点 | 不妊漢方治療の応用 | 不妊症の基本検査について | 不妊症の年代別漢方相談 | 不妊症テレビお茶の間講座 「子宮内膜症」 | 不妊症専門講座・PCOS 「多嚢胞性卵巣症候群」 | 不定愁訴|漢方薬 | 不正出血|不妊と漢方薬 | 不眠|漢方薬 | 不育、流産後|不妊治療と漢方薬 | 中医五官病 | 中医痺証専門講座「南通研修」への道 | 乳がんの疫学と薬物療法 | 乳腺炎、断乳、母乳|漢方薬 | 人工授精で妊娠出産|不妊と漢方薬 | 今週の漢方相談会 2008年 | 今週の漢方相談会 2009年 | 今週の漢方相談会 2010~ | 今週の漢方相談会 2013~ | 今週の漢方相談会2017 | 体外受精で妊娠出産|不妊と漢方薬 | 何先生や中医師の先生から漢方のこと聞いたこと | 便秘|漢方薬 | 免疫性不妊|漢方薬 | 全身性エリテマトーデス(SLE)|漢方薬 | 円錐角膜|漢方薬 | 冷え性|漢方薬 | 加齢性黄斑変性症|漢方薬 | 勉強会(2004~2008) | 勉強会(2009) | 勉強会(2010) | 勉強会(2011) | 勉強会(2012~) | 動悸|漢方薬 | 卵巣予備能~全周期活血化淤 | 卵巣嚢腫|不妊と漢方薬 | 卵巣機能不全、卵巣機能低下|不妊と漢方薬 | 卵管性不妊|不妊と漢方薬 | 卵管水腫|不妊と漢方薬 | 卵管閉塞|不妊と漢方薬 | 卵胞発育不全|不妊と漢方薬 | 受精障害|不妊と漢方薬 | 口内炎|漢方薬 | 呑気症(空気嚥下症)|漢方薬 | 味覚障害|漢方薬 | 咳、ぜんそく、慢性気管支炎|漢方薬 | 咽喉頭異常感症、難治性咽頭潰瘍|漢方薬 | 嗅覚障害|漢方薬 | 土屋幸太郎・漢方講演会 | 土屋幸太郎結婚式 | 土屋薬局からのお知らせ | 土屋薬局のの口コミ、評判 | 坐骨神経痛|漢方薬 | 坑精子坑体|不妊と漢方薬 | 基礎体温が低め|不妊と漢方薬 | 基礎体温が高め|不妊と漢方薬 | 基礎体温ガタガタ|不妊と漢方薬 | 基礎体温表|不妊と漢方薬 | 多汗症|漢方 | 夜中目が覚める|漢方薬 | 夢と不眠|漢方 | 女性のための漢方レッスン | 女性不妊症的中医治療 | 妊娠中と産後の体調不良|漢方薬 | 妊活・妊娠力アップ|漢方薬 | 子宮内膜が薄い|不妊と漢方薬 | 子宮内膜ポリープ、子宮内膜増殖症|漢方薬 | 子宮内膜症|不妊治療と漢方薬 | 子宮外妊娠後|不妊と漢方薬 | 子宮筋腫|不妊治療と漢方薬 | 子宮腺筋症|不妊治療と漢方薬 | 子宮頸がん|漢方薬 | 子宮頸管無力症|不妊と漢方薬 | 季節の養生法 | 学校保健委員会 | 小児チック|漢方薬 | 小児漢方 | 小太郎製薬 | 帯状疱疹後神経痛、後遺症|漢方薬 | 後鼻漏・蓄膿症|漢方薬 | 心と体 | 感音性難聴・耳鳴り、難聴|漢方薬 | 慢性副鼻腔炎(蓄膿症)|漢方薬 | 慢性咽頭炎|漢方薬 | 我が家の庭 | 我が家の庭 2008 | 我が家の庭 2009 | 我が家の庭 2010~ | 手根管症候群、腱鞘炎、ばね指|漢方薬 | 抗リン脂質抗体|不妊と漢方薬 | 抗核抗体|不妊治療と漢方薬 | 掌蹠膿疱症|漢方薬 | 排卵痛、排卵期|不妊と漢方薬 | 排卵障害|不妊と漢方薬 | 日中線記念館 | 更年期障害|漢方薬 | 月経の経血量が減少|不妊治療と漢方薬 | 月経不妊周期療法|不妊と漢方薬 | 月経不順・生理不順|不妊と漢方薬 | 月経周期が短い|不妊と漢方薬 | 月経周期が遅れる、長い|不妊と漢方薬 | 未成熟卵|不妊症と漢方 | 椎間板ヘルニア|漢方薬 | 武漢へ | 死産後|漢方薬 | 母乳|漢方薬 | 泣きたくなる | 活血化淤の応用 | 浮腫み|漢方 | 温活GO | 漢方周期療法…南京・夏桂成先生の講義より | 漢方薬の安全性について | 漢方薬局で相談を受ける婦人病について | 無排卵・無月経/不妊と漢方薬 | 無月経・無排卵・中医不妊症テレビお茶の間講座 | 生殖医療に関わる疑問に答える | 生殖補助医療の有用性と限界 | 生理痛、月経困難症|漢方薬 | 甲状腺機能亢進症|不妊と漢方薬 | 甲状腺|不妊治療と漢方薬 | 男女の更年期と神経症|漢方薬 | 男性不妊|不妊治療と漢方薬 | 痔|漢方薬 | 痛み、しびれ|漢方薬 | 痰湿|漢方 | 眼精疲労|漢方薬 | 着床障害|不妊治療と漢方薬 | 神経障害性疼痛|漢方薬 | 空胞|不妊治療と漢方薬 | 糖尿病|漢方薬 | 経血量少ない|不妊と漢方薬 | 綿花観察日記 | 緑内障|漢方薬 | 繊維筋痛症|漢方薬 | 老人性膣炎・萎縮性膣炎|漢方薬 | 耳管開放症|漢方薬 | 耳鳴り、突発性難聴|漢方薬 | 聴覚過敏|漢方薬 | 肘痛|漢方薬 | 股関節痛|漢方薬 | 肩こり|漢方薬 | 肩甲骨の痛み|漢方薬 | 肩痛、五十肩|漢方薬 | 胃酸過多、機能性胃腸症(NUD)|漢方薬 | 背中のほてり|漢方薬 | 背中の痛み|漢方薬 | 胚盤胞|不妊治療と漢方薬 | 脂漏性皮膚炎|漢方薬 | 脈拍|漢方 | 脊柱管狭窄症|漢方薬 | 脱毛、抜け毛、薄毛の漢方薬 | 脳卒中|漢方薬 | 脳疲労症候群、脳過敏症候群|漢方 | 腰椎すべり症|漢方薬 | 腰痛|漢方薬 | 膀胱炎|漢方薬 | 膝痛|漢方薬 | 膿精液症|男性不妊の漢方薬 | 花粉症|漢方薬 | 若木山、石崎山や東根の景色 | 若木山、石崎山や東根の風景2008 | 若木山、石崎山や東根の風景2009 | 若木山、石崎山や東根の風景2010~ | 蕁麻疹、湿疹/漢方薬 | 薄い子宮内膜に漢方薬が有効である可能性がある | 薬膳 | 血の道症|漢方薬 | 血管力をつければ病気は治る | 補腎の話 | 西洋医学的にみた不妊症漢方概論 | 足底筋膜炎|漢方薬 | 逆流性食道炎|漢方薬 | 過去のバックナンバーより | 過敏性腸症候群|漢方薬 | 過活動膀胱、頻尿|漢方薬 | 遺残卵胞|不妊治療と漢方薬 | 酒さ|漢方薬 | 頭痛|漢方薬 | 頸椎症、首のこり|漢方薬 | 頻尿|漢方薬 | 顔面神経麻痺、手のふるえ|漢方薬 | 顕微授精(ICIS)|不妊と漢方薬 | 風邪|漢方薬 | 食欲不振、胃痛|漢方薬 | 高プロラクチン血症|不妊と漢方薬 | 高血圧|漢方薬 | 高齢不妊症、卵巣機能低下における中国漢方の考え方 | 高齢不妊|不妊治療と漢方薬 | 鷺草、朱鷺草観察日記 | 黄体機能不全|不妊と漢方薬 | 黄疸|漢方薬 | 100歳まで元気に生きる! | 2人目不妊、第二子不妊|漢方薬 | 2004年妊娠出産おめでとうございます! | 2005年妊娠出産おめでとうございます! | 2006年妊娠出産おめでとうございます! | 2007(1月~6月)妊娠出産おめでとうございます! | 2007(7月~12月)妊娠出産おめでとうございます! | 2008年妊娠出産おめでとうございます! | 2009年妊娠出産おめでとうございます! | 2009(7月~12月)妊娠出産おめでとうございます! | 2010(1月~6月)妊娠出産おめでとうございます! | 2010(7月~12月)妊娠出産おめでとうございます! | 2011年妊娠出産おめでとうございます! | 2012年妊娠出産おめでとうございます! | 2013年妊娠出産おめでとうございます! | 2014年妊娠出産おめでとうございます! | 2015年妊娠出産おめでとうございます! | 2016年妊娠出産おめでとうございます! | 2017年妊娠出産おめでとうございます! | AMH|不妊治療と漢方薬 | COPD 慢性閉塞肺疾患|漢方薬 | FSHが低い方|不妊治療と漢方薬 | FSHが高い|不妊治療と漢方薬 | POF・早発閉経|不妊治療と漢方薬