カテゴリー「股関節痛|漢方薬」の記事

2016.04.13

脊柱管狭窄症手術後も漢方併用で経過良好。骨も固まり、一人で買い物にも行けます。

こんにちは。

薬剤師、不妊カウンセラーの土屋幸太郎です。

山形、今日は33℃くらいあるようで暑さが厳しく、とうとう午後に冷房を入れている土屋薬局です。


さて「痛み、しびれ」の漢方相談に強い土屋薬局ですからさまざまな漢方相談が寄せられていますが、脊柱管狭窄症の手術後に漢方が良かったお話をご紹介させて頂きます。



○平成23年10月 初めての漢方相談日


70代の女性のかた


平成23年夏に脊柱管狭窄症の手術をうけました。

チタンケージも入れたのですが、手術後も左股関節と臀部の激痛が取れずに、家の中を歩くことでやっとです。

外出するときには、車か車イスです。

痛み止めもあまり効き目がありません。

起きる時や立ち上がるとき、座るときなどにとくに痛みがあります。



○平成23年11月 漢方相談日


股関節痛の漢方薬を服用してから痛みが少しずつ軽くなってきて楽になってきました。

気持ちも明るくなってきて、またひどい便秘だったのがお通じも良くなってスッキリするようになりました。

股関節の手術後、術後の経過も良好のようで骨もだいぶ固まってきました。


以下、根気よく股関節に良い漢方薬をお続けになられました。


○平成24年7月 漢方相談日


痛みもだいぶ少なくなり、元気でお過ごしです。

カートを押して近所に一人で買い物にも行けるようになりました。


とのことで嬉しく思っている次第です。

股関節の手術後の治りも早める意味でも、痛み、しびれに強い漢方も上手に利用すると効果的だと思います。


我が家の庭 石灯篭と新緑のハウチワカエデ

<2012年6月26日 我が家の庭 石灯篭と新緑のハウチワカエデ>



土屋薬局 中国漢方通信」の本家でコラムを作成しています。土屋薬局は山形県の農村地帯にお店がありますので、さくらんぼ農家の方など足腰の痛み、しびれ。坐骨神経痛、腰痛、膝痛、リウマチなどの漢方相談が多い薬局です。痛み、しびれでお困りのかた、またご家族のご相談などお気軽に漢方相談お寄せください。「痛み、しびれに中国漢方」「痛み、しびれを楽にしよう!第一話」「痛み、しびれを楽にしよう!第二話」「膝の痛み解消辞典」「漢方/股関節痛、変形性股関節症と漢方薬」なども参考になりましたら嬉しいです。


cherry

お電話やメールでご予約お願いします。
平日の漢方相談大歓迎です。一人一人に時間をじっくり割いて相談しています。
遠方のかたは、電話やメールでご相談をお寄せください。こちらから。


中医学、とくに中医学漢方の痺証と中医漢方婦人科に詳しい薬剤師 土屋幸太郎 (国際中医専門員)、不妊カウンセラー(NPO法人不妊カウンセリング学会認定)による親切な相談。じっくり話を聞いて一人一人の体質や年齢、症状に応じて相談しています。どうぞお気軽にお声をかけて下さい。

土屋幸太郎のプロフィールはこちらです。

股関節の痛みが治った龍と子宝 土屋薬局 漢方相談のロゴ


土屋薬局店内 漢方勉強会

<2015年7月30日 土屋薬局店内 漢方勉強会>

壁面にはお客さまから寄贈された赤ちゃんの写真やお手紙で明るい活気に満ちた店頭です。

壁面にはお客さまから寄贈された赤ちゃんの写真やお手紙で明るい活気に満ちた店頭です。

ご主人さま、ご実家のお母様と赤ちゃんと家族4人でのご来店でした。

こちらのコラムもぜひご覧になってください。


0030730

こちらも2015年7月30日現在の土屋薬局の外観です。

連日の猛暑、旧国道13号線沿いに当店がございます。

地理的には村山市、河北町、天童市、寒河江市、山形市、仙台市から来店しやすいです。


…こちらは2年前の写真ですが。。

薬剤師 土屋幸太郎の漢方相談の風景"

<2013年11月4日 郡山市ビッグパレット 薬剤師 土屋幸太郎の漢方相談の風景>

郡山市ビッグパレット 薬剤師 土屋幸太郎の漢方相談の風景"

土屋薬局 中国漢方通信/漢方専門の薬剤師、不妊カウンセラーが相談します。

漢方体験ドットコム…土屋薬局のお客様体験談です。ぜひご覧になってください。


所在地 山形県東根市神町中央1-10-7
Google mapによる所在地

営業時間 第二、第四日曜日お休みです。

平日 午前9時~午後7時  土祭日 午前9時~午後6時

メールアドレス JDY00247@nifty.com

電話 0237-47-0033 漢方電話相談室 0237-48-2550 Fax 0237-49-1651


携帯からは、こちらをクリックしてください。→土屋薬局のグールグルマップ

<新しいグーグルマップ、土屋薬局もペグマンがストリートビューで案内します>


脊柱管狭窄症の「痛み、しびれ」の漢方相談、今後とも一層、力を入れていきたいです。

<脊柱管狭窄症の痛み、しびれの漢方相談に強い土屋薬局!>

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015.01.16

2014年 中医痺証専門講座南通研修の研修を終えて

土屋薬局 中国漢方通信 メールマガジン vol.242 2014・10・05号の編集後記からココログ版に転載します。

昨年2014年9月に中国南通市での痺証研修の感想です。


帰国後、はや5ヶ月間を過ぎようとしています。


実際に意気込んだ痺証の痛み、しびれの中高年のお客さまよりも、子宝相談の若い女性のかたのほうが主流でなかなか痛み、しびれの漢方相談を連日がっちりするところまでは行っていませんが、本場の痺証科で学んだことを今後にも活かしていきたいです。


虫類の世界につきましては婦宝当帰膠にも阿膠が配合されていて、かなり補腎の力があるのでは?と考えてみたり、活血剤や補腎薬においても病院の保険漢方にはない、中医学独特の効き目の良さ─この場合には妊娠するスピードや体調を回復する早さ─を今後とも追及していきたいと思います。


では!


confident

// ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
●●  5.編集後記 「2014年 中医痺証専門講座南通研修の研修を終えて」
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


こんにちは。

薬剤師、不妊カウンセラーの土屋幸太郎です。


2014年9月14日(日)~9月19日(金)の期間に行われた「2014年 中医痺証専門講座南通研修」から無事に帰ってきました。


研修の舞台は中国の南通市です。


上海浦東国際空港から高速道路で約300キロ、揚子江にかかる巨大な橋を渡り、風光明媚な揚子江デルタ地域、江蘇省を走り抜けます。


今回の研修のメインは痺証(ひしょう)といって漢方の本場中国、中医学の国において中医医院での痺証の漢方診察を研修して肌身で本場のスケールを体感してこようという趣旨でした。


日本を発つ前には「中国ではどうぞご無事で」などとまるで危ない国に行くようなニュアンスの言葉がありましたので苦笑しつつ期待に胸を膨らませて成田空港を飛び立ちました。


中国南通市は「水の都」でした。


川や池や昔の城のほとりなど日本人にとっても馴染みやすい環境でご飯や草魚やお肉、果物など大変に美味しくて毎回の食事がとても楽しみでした。


南通市での研修は、南通中医医院、良春中医病院、良春中医研究所と3か所を巡りました。


痛み、しびれの漢方診療では煎じ薬の湯薬と針や灸、マッサージなどが盛んに行われているのをみて、また患者さんたちが気持ちよさそうに吸い玉や鍼灸でパルス治療を受けているのを見て、また穏やかな空気が治療の現場に流れていることを感じました。


中医師の先生たちの病院でも、暖かな雰囲気でした。


文面が限られていますので最後になりますが、中国の国医、国のお医者さん、国家大師の朱良春先生 御年98歳のレジェンドで高名な先生に実際にお会いできてお話しできたこと。


また7人の息子さん、娘さんたちからは朱先生ご一家の「家族」として迎え入れたことなど大変に感激したことであり、今後の私の漢方相談の人生に対しても大きな一歩となりました。


(7人のお子様のうち5人は中医師のお医者さんという医師一家でした)


その後はなんと朱良春先生のご自宅にお招きされまして、記念の一枚です。


朱先生から頂戴した「土屋幸太郎先生 恵存」のサイン入りの本です。


これからの中医学人生は、朱良春先生スピリットで効き目の良い、切れ味の良い漢方相談を心掛けます。


どうもありがとうございました。


Imgp80290915a

<2014年9月15日>

中国南通市 良春中医病院からの眺め

緑が美しい街です。


Imgp80300915a


Imgp80340915a

私こと土屋幸太郎の記念写真です。パチリ


Imgp80380915a

中国の病院の痺証科では、湯液の漢方薬の内服のほうとマッサージや針灸などの2つから成り立ちます。

漢方薬を飲みながら凝ったところをほぐしていきます。


(写真撮影の許可は病院の先生や患者さんに承諾してもらっています)


一人一人の体質に合わせてスチームの液体、漢方薬の煎じ薬を肌にあてているそうです。驚きです。


Imgp80390915a

こちらは吸い玉の女性の患者さんです。

中国では竹の筒を使うところが日本と違うそうです。


Imgp80400915a

腰の電気のパルス治療です。

針に電気─パルス─が流れていて写真では分かりませんが、定期的に患部がビクッと電気の刺激で動きます。


かなり効き目があるような感じでした。


Imgp80430915a

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014.03.26

漢方薬で股関節の痛みが軽減しました。

こんにちは。

薬剤師、不妊カウンセラーの土屋幸太郎です。

今朝は関山からS造園さんが来て、我が家の庭の雪囲いを外してくれました。

福寿草も咲いていて春めいてきた山形です。


さて今日は痛み、しびれの股関節の漢方体験談をご紹介させてください。

// ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
●●   「股関節の痛みが漢方で軽減しました」
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


Oさまより掲載許可を頂きまして、コラムを作成します。


漢方薬で股関節の痛みが良くなったお話です。

61歳 女性の方です。



○平成24年10月6日


右の股関節の痛みの漢方相談です。

20年前に両方の股関節を手術しています。

生まれつき、股関節の脱臼がありました。


医者にいって治しましたが、20歳ぐらいから痛み出して38歳に手術をしました。

手術は20年はもたないそうです。

人工股関節にはまだもったいないと言われています。

皇潤やぬか玄などのサプリメントを愛用

エビスタ(骨粗鬆症)や鎮痛剤、筋肉を柔らかくする薬を服用中


5つの生薬漢方 8粒×3回



○平成24年10月30日


股関節の痛みの漢方対策として、独活漢方製剤+5つの生薬の漢方


○平成24年11月11日


右の股関節の痛み

会社で20キログラム以上の重たいものを持ったり、8時間以上立ったりしています。

階段も辛いです。

とくに朝の調子が悪いです。


前回と同じ股関節痛対策の漢方の組み合わせ


○平成24年12月1日


股関節痛の漢方薬を服用して体が暖かくなりました。

右の股関節は徐々に楽になっています。

毎日、鎮痛剤を服用しなくても良くなっています。

ただし右足全体には重苦しい感じがあります。

足先がいつも冷たいそうです。



○平成25年1月5日


入浴すると楽になります。

寒いと調子が悪いです。

手の指がこわばります。

全般的には手の使い過ぎだと整形外科の先生から言われています。


右の股関節の痛みは調子が良くなってきています。

だいぶ歩きやすくなってきました。


東根市若木山

<2014年3月19日 東根市若木山>

若木山を登りました。

3月の残雪が、薄汚れてくるのがリアリティーです。


若木山を登る途中から眺める若木山(おさなぎやま)公園です。

若木山を登る途中から眺める若木山(おさなぎやま)公園です。

まるで自分が詩人になったような気持ちがします。

静かな昼下がりです。


葉山が輝くように鎮座しています。

葉山が輝くように鎮座しています。

私たち東根市民、村山市民のシンボルはまさに葉山だと思う今日この頃です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013.08.06

左のお尻から股関節から膝下までの辛い「痛み」が無くなりました!

おはようございます。

梅雨明け宣言したのにも関わらず、その後2日ぐらい晴れて花笠まつりとともに再び梅雨に逆戻りしたかのような山形の天候です。

今年はなかなか晴れた暑い夏を体感できずに、ムシムシとした湿度だけを味わうことが多いようです。

さて、「痛み」「しびれ」の漢方相談で良かったお話です。


○平成25年6月14日が初めての「痛み」「しびれ」の漢方相談でした。


50代の女性のお客様


左のお尻から、股関節から膝下まで痛いです。

坐骨神経痛と整形外科で診断されています。

今年の2月から症状がひどいです。

昨年も痛くて入院しました。

ロキソニンの鎮痛剤を服用しています。

2日に1回は痛み止めの座薬(ボルタレン座薬50㎎)を入れています。


通信販売で盛んに宣伝している漢方薬 痛○○は全然効き目が無かったそうです。


内科では降圧剤を服用しています。


独歩顆粒と痛みを軽減する特急券の「5つの生薬の漢方薬」の2つをお勧めしました。

今まで「痛み」や「しびれ」の漢方など試したことがあって効き目が今一つでしたので、よくこの独歩顆粒と痛みを軽減する特急券の「5つの生薬の漢方薬」の2つについては説明を差し上げました。


舌ベロは色がやや全般的に赤味があって更年期らしい感じがあり、舌の尖も紅い感じでストレスが溜っている感じでした。

苔は白苔ですから、寒湿(かんしつ)の邪気の影響も考えられます。


独歩顆粒(どっぽかりゅう)は足腰を丈夫にして、女性に必要な血(けつ)を養い、血行を改善し、同時に痛みやしびれの原因となる邪魔な物質、発痛物質を除去する働きがあります。

「5つの生薬の漢方薬」は、独歩顆粒の去風散寒除湿、通絡作用を強めることが期待できます。



○平成25年8月2日 「痛み」「しびれ」の漢方相談日 


独歩顆粒と痛みを軽減する特急券の「5つの生薬の漢方薬」の2つを服用して2週間過ぎたあたりから、左のお尻から股関節から膝下までの辛い痛みが無くなりました!

ほとんど痛み無くなりました。

当店の漢方が切れて1週間経ってそのままにしていて、昨日に仕事場で一日中冷房がきつかったので、再び痛み出してきたので、漢方をお買いもとめにいらっしゃいました。

職場では席替えしてもらったそうです。


独歩顆粒(どっぽかりゅう)は衛気(えき)の産生も促しますので冷房による痛み対策にも有効な処方で、夏の冷えた体を芯から温める漢方です。

「5つの生薬の漢方薬」は辛い症状が無くなったので今回で卒業、独歩顆粒でじっくりとやっていくことにしました。


余談ではありますが一緒にご来店された娘様、涙がこぼれてしょうがなかったのですが甘麦大棗湯(かんばくたいそうとう)と帰脾湯をお勧めしましたら、涙がこぼれることが無くなって体調全般も良くなったそうです。

以前は、加味逍遥散(かみしょうようさん)の煎じを服用したことがあるが全然効かなかったそうです。


漢方相談、ホームページは「土屋薬局 中国漢方通信」です。

痛み、しびれを楽にしよう! 第二話 座骨神経痛、椎間板ヘルニアの漢方

漢方薬で坐骨神経痛治りますか?


こちらのコラムなども参考になりましたら、幸いです。


山形市 白山橋から蔵王眺め

<2013年8月4日 山形市 白山橋から蔵王眺め>


白山神社

私が愛してやまない白山神社です。

セミの大合唱、どんぐりもまだ落ちていました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013.05.08

腰から股関節、下半身にかけてのこわばり、排尿痛、排便痛、射精痛の漢方相談について

こんにちは。

薬剤師、不妊カウンセラーの土屋幸太郎です。

今朝、我が家の庭ではライラックが綺麗に咲いていました。


今日は午前中は子宮腺筋症のかた、体外受精の胚移植を前にした漢方相談、パーキンソン氏病のかたなど漢方相談していました。

連休明け、昨日も今日も忙しくさせて頂いています。

昨日、子宮腺筋症のかた来店されたのですが、漢方服用して生理痛はまだあまり変わりなかったけど、塊が無くなっていて嬉しかったです。と喜びの声でした。

私は痛み、しびれの漢方相談が得意ですので、ぜひ婦人科の子宮内膜症、子宮腺筋症関係の生理痛のトラブルにも強くなりたいです。

多くのお客様に喜んで頂きたいです。


「漢方相談、仙台とか遠くに行かなきゃいけないと思っていたけど、山形県内で近くにお店があって本当に良かった」「こんなにきちんと自分のことを聞いてもらったのは初めてで嬉しいです」

とお褒めの言葉嬉しかったです。


今後とも南京、北京、香港などで学んだ漢方、本場の香りがする中医学を学習していい結果を上げていきたいです。



さて漢方相談で分からないことがありましたので、陶先生という痺証の漢方の考え方を常日頃から教わっている懇意にしている先生から指導を受けましたのでログします。


「腰から股関節、下半身にかけてのこわばり、排尿痛、排便痛、射精痛の漢方相談について」


お客様の症状は、現在は以下のようです。


腰から股関節、下半身にかけての痛みと強ばり

:約2年前から特に痛みだしました。

もともと腰は良くなかったのですが、いつも原因は不明と言われてました。

:数分でも、同じ所を立っていられない。

車の運転の姿勢でも辛くなる。

座っていて動き始めなども症状が悪化しやすいです。

膠原病科のリウマトレックス、トラムセット。

暑がりで汗はかきやすいです。

頭痛はあります。

食欲は旺盛です。

:軟便気味ではあります。

冬場は近くなります。


その時で違いますが、ほぼ寝られています。

上記とは別に排尿排便射精の際に激痛が起こります。

病院でレミケードを三回点滴しましたが効果はありませんでした。


土屋からの質問 「漢方的にはどのように考えたらよろしいでしょうか?」


<陶先生からの漢方アドバイス>


1)湿熱(しつねつ)

2)陰虚(いんきょ)

の2つが原因として考えられます。


湿熱で痛みがでてくることがあり、その場合には痛みが強いです。

漢方薬では瀉火利湿顆粒など。


陰虚の場合には、痛みはそれほどひどくない。

ほてり、寝汗、五心煩熱など。

杞菊地黄丸や知柏壮健丸。


排尿痛、排便痛、射精痛は検査を受けたどうか?

中医学的には湿熱の可能性が。


強ばりはリウマチや膠原病の可能性も。

中医学的には風湿(ふうしつ)または湿熱(しつねつ)の可能性。


活楽宝を中心に+α 瀉火利湿顆粒(湿熱がハッキリしたとき)

湿熱がハッキリしていないときには独歩顆粒は控えめに。

たとえば1日1包とか。


動かしたら楽になるのであれば症状はひどくない。

過労、筋肉の問題


動かしても楽にならないときには何かの病気の可能性も。


香港の珈琲

<2013年5月5日 香港>

香港の珈琲は最初からミルクが入っていて実に香ばしいです。

物価が高いのでホテルから歩いて行けるファミレスみたいな地元の人に愛されるお店で朝食をとりました。

香港のコーヒーカップが可愛いです"

コーヒーカップが可愛いです。

どこに行ってもこの絵柄が多いようでした。


香港の定番の朝食、バターたっぷりトースト

香港で定番ともいえる洋食。

パンにバターがたっぷりと載ったもの

実に美味しいです。


翠華餐廳 Tsui Wah Restaurant

翠華餐廳 Tsui Wah Restaurant


「時代は変わっても味は変わらない」

店員さんのエプロンに日本語で書いてあり、私たちが日本人だと知ると指でさしてくれました。

うちの薬局もそのようなお店になりたいです。

「時代は変わってもクスリの効き目は変わらない」みたいな。。(笑)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012.08.28

「椎間板ヘルニア」の「漢方」で「椎間板ヘルニア」の痛み減少!

こんにちは。

毎日、残暑厳しいですね。

山形は今日も35℃の真夏日です。

みなさま体調にはくれぐれもお体ご自愛くださいませ。


今日は、午前中は「掌蹠膿疱症」の漢方相談のお客様、午後は「習慣流産」「にきび」のかたとそれぞれ漢方相談させて頂きました。

暑い中でもみなさま遠方からご来店して頂けますので、今後ともより一層「漢方の腕」を磨いて喜ばれるようにしていきたいです。


さて今日の嬉しいお話です。



今年の平成24年6月からの「椎間板ヘルニア」の漢方薬のご相談。

30代の女性のお客様です。


「椎間板ヘルニア」からの右下半身の腰からくるぶしまでの痛み、神経痛。

現在、病院の整形外科に通院中です。


2週間前から徐々に痛みが強くなり、座ろうとすると右のすねあたりにつるような激痛が走り、その日のうちに病院に行きMRI検査をしたら、「椎間板ヘルニア」と診断されました。


太っていたのでダイエットをしようと器具を使ってから足に痛みが出てきました。


夜が一番痛みやすく、「椎間板ヘルニア」による腰痛とそれに伴う股関節とおしりの痛みです。


整形外科の鎮痛剤を服用していますが完全に効いていないところが辛いところです。


「椎間板ヘルニア」の漢方薬は2種類、「去風散寒除湿、補益肝腎のかんぽうやく」と「5つの生薬の漢方薬」をお勧めしました。

「椎間板ヘルニア」対策として、足腰を丈夫にする補腎(ほじん)効果と痛み止めの効果を期待しました。


最初の1か月間の「椎間板ヘルニア」の漢方の服用で、「椎間板ヘルニア」の痛みは以前に比べたらだいぶ少なくなってきました。

何もせずに黙っていれば「椎間板ヘルニア」の痛みはほとんど出なくなりました。


ただし「椎間板ヘルニア」の骨の変形があるらしくて、その負担がいつも右側にかかってしまいます。

それのせいもあって、右の太ももの付け根にいつも痛みがあります。

相変わらず、右のすねも痛いです。


そして今日8月23日のお話では、「ずっと痛くてなかなか効いてくれなかった右すねが、最近調子が良くなってきました。痛みもだいぶ無くなって体育座りができるようになりました。「椎間板ヘルニア」の漢方薬がよく効いてくれました」との事です。(^^)


<土屋薬局から漢方薬で一言>

「椎間板ヘルニア」や太ももの付け根の痛みや股関節の痛みなどは、体の奥深い頑固な痛みになります。

経絡をスムーズに通すような働きが肝腎です。


また「痛み」や「しびれ」「椎間板ヘルニア」の漢方相談では、体表面に近いところか(皮膚表面)または骨に近いところかなど痛みを引き起こす病(やまい)の深さからも漢方薬の使い分けをしていきます。


ともかく「椎間板ヘルニア」の症状が楽になってきているとのことで嬉しいです。

今後とも「椎間板ヘルニア」の「痛み・しびれ」の漢方相談に邁進したいです。


「椎間板ヘルニア」の痛み、しびれ、坐骨神経痛でお困りのかたはぜひ漢方相談をお寄せください。


芙蓉の花 山形市

<2012年8月15日 芙蓉の花 山形市>



<椎間板ヘルニアの坐骨神経痛。痛み、しびれの漢方相談に強い土屋薬局!>


独歩丸の後継者、独歩顆粒が正式にイスクラ産業さんから発売されましたのでご紹介に力を入れています。


土屋薬局 中国漢方通信」の本家でコラムを作成しています。土屋薬局は山形県の農村地帯にお店がありますので、さくらんぼ農家の方など足腰の痛み、しびれ。坐骨神経痛、腰痛、膝痛、リウマチなどの漢方相談が多い薬局です。痛み、しびれでお困りのかた、またご家族のご相談などお気軽に漢方相談お寄せください。「痛み、しびれに中国漢方」「痛み、しびれを楽にしよう!第一話」「痛み、しびれを楽にしよう!第二話」「膝の痛み解消辞典」なども参考になりましたら嬉しいです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011.12.22

漢方薬で坐骨神経痛、股関節痛、腰痛の痛みが1ヶ月で解消!

おはようございます。

薬剤師、不妊カウンセラーの土屋幸太郎です。

山形、昨日からの大雪で雪がたくさん積もりました。

朝には道路もアスファルトも凍りつき、雪国の始まりを迎えようとしています。


さて、今日は「痛み、しびれ」の漢方の話です。


「坐骨神経痛」と「股関節」の痛みが良くなったお客様の漢方体験談を掲載したいと思います。



○平成23年10月21日 「坐骨神経痛」と「股関節」の漢方相談日


56歳の女性のかたです。


「坐骨神経痛」がここ1か月あって辛いです。

腰痛もちでギックリ腰もあります。

右足、「股関節」からおしりの裏まで痛いです。


骨盤の付け根がずれています。

しびれはないが歩くと響きます。

歩いていると辛くなってきます。


血圧は、140~150/90くらいです。


天気の影響はありません、冷え性でもありません。

入浴して体を温めると多少は楽になります。


食欲ある。


便秘気味だけど毎日通じがあります。

のぼせ、冷え性ありません。

更年期障害で過去に汗がドーっとでることもありました。


ほかに気になることは血管年齢が70代だったことでした。


<私の頭の漢方相談しているときの考えていたこと>


「坐骨神経痛」や、とくに「股関節」の痛みがあるということは、からだの奥深いところの痛みです。

通常の肩こりや腰痛なども違うのでこれは「痺証(ひしょう)」の範囲にはいるはずです。


痺証とは、痛みやしびれが何らかの原因で起こること。


たとえば、寒さや湿気などの天気の影響や居住環境、また老化などによる骨や関節の弱りを原因としています。


そうしますと、主力の漢方薬は独歩顆粒(どっぽかりゅう)をメインにします。


痺証の対策である気血不足や肝腎不足を補います。

足腰や骨や関節を丈夫にしていきます。


次に独歩顆粒だけでは効き目が足りない感じもします。


最近新発売された痺証によく効く「5つの生薬漢方」の漢方の併用。

それに、しびれや痛みの軽減には血行を良くすることも大事です。


血管年齢70代ということもあるので、丹参製剤といって血液をサラサラにしていく漢方で、合計3種類の併用にすることに決めました。


<坐骨神経痛、股関節痛にお勧めした漢方薬>


○独歩顆粒

○「5つの生薬漢方」

○丹参製剤


○平成23年12月15日 「坐骨神経痛」と「股関節」の漢方相談日


近所のお友達からの電話で知ったことなのですが、53歳のお客様、その後1か月間の「坐骨神経痛」と「股関節」の漢方服用でほとんど「坐骨神経痛」や「股関節痛」が無くなったそうです。


お友達の方が近所の井戸端会議で「わたし、股関節の痛みで辛いの?なにか良いものある?」と聞いてまわったら、ちょうど53歳のお客様が当店の漢方で「坐骨神経痛」も「股関節痛」も治られたそうで、当店をご紹介して頂いたという訳です。


今後とも「坐骨神経痛、股関節の痛み、痛み、しびれの漢方相談」に強い漢方薬局でありたいです。


病院でなかなか治らない慢性化している人がたくさんいますし、これからの高齢化の時代には「補腎(ほじん)」といって漢方で足腰や関節を強化することはかなり大切になってくると思います。


「坐骨神経痛」と「股関節」など身体の奥深いところの漢方相談、土屋薬局にお任せください。


山形市 蔵王見上げ"

<2011年12月18日 山形市 蔵王見上げ>


この季節は坐骨神経痛、股関節の痛みなどが増えてきます。

「坐骨神経痛、股関節の痛み」の漢方相談にも力を入れていきたいです。


<「坐骨神経痛」、「股関節」の痛み/痛み、しびれの漢方相談に強い土屋薬局!>


独歩丸の後継者、独歩顆粒が正式にイスクラ産業さんから発売されましたのでご紹介に力を入れています。


土屋薬局 中国漢方通信」の本家でコラムを作成しています。土屋薬局は山形県の農村地帯にお店がありますので、さくらんぼ農家の方など足腰の痛み、しびれ。坐骨神経痛、腰痛、膝痛、リウマチなどの漢方相談が多い薬局です。痛み、しびれでお困りのかた、またご家族のご相談などお気軽に漢方相談お寄せください。「痛み、しびれに中国漢方」「痛み、しびれを楽にしよう!第一話」「痛み、しびれを楽にしよう!第二話」「膝の痛み解消辞典」なども参考になりましたら嬉しいです。


直接に来店が望ましいのですが、代理の方、または遠方の方の場合にはお電話やメールなどでお問い合わせください。

メールアドレス JDY00247@nifty.com

電話 0237-47-0033 漢方電話相談室 0237-48-2550 Fax 0237-49-1651

ラフランス

東根市のよってけポポラ、ラフランス解禁もあって朝から凄い人出でした。

仙台に行く前に立ち寄りました。


ラフランスは果物の王様という手書きのPOP

ラフランスは果物の王様です。


ブドウも販売していました

まだブドウも販売していました。

我が家は瀬戸ジャイアンツを購入しました。


東根市関山のドライブインからの風景です

東根市関山のドライブインです。

大滝のところです。

そろそろ紅葉が本格的に山から降りてくる季節到来ですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

その他のカテゴリー

LUF・黄体化未破裂卵胞|不妊と漢方薬 | PCOS・多嚢胞性卵巣症候群|不妊と漢方薬 | PMS・月経前緊張症|漢方薬 | 「ナチュラルな妊娠」「45歳、もう生んでいいかしら?」 | 「血流たっぷり」をめざしなさい | いびき|漢方薬 | おねしょ、小児夜尿症|漢方薬 | おりもの、のびおり|不妊治療と漢方薬 | お客さまとのエピソード | お腹の張り、腹部膨満感、食欲不振|漢方薬 | お香 | しびれ|漢方薬 | つわり|漢方薬 | にきび|漢方薬 | のどのつかえ、喉の痛み、難治性咽頭潰瘍|漢方薬 | ほてり|漢方薬 | むずむず脚症候|漢方薬 | めまい、立ちくらみ|漢方薬 | アトピー性皮膚炎|漢方薬 | アレルギー性鼻炎と体外受精|漢方薬 | アレルギー性鼻炎|漢方薬 | イスクラ冠元顆粒 | イスクラ冠元顆粒発売20周年記念成都シンポジウムに参加して | イスクラ婦宝当帰膠 | イスクラ独歩顆粒 | イライラ落ち込み漢方、不安落ち込み|漢方薬 | イラスト | インターネットの掲示板などで漢方紹介 | カウフマン療法|不妊と漢方薬 | カンジダ膣炎|不妊と漢方薬 | ガン(がん)|漢方薬 | クラミジア感染症|不妊と漢方薬 | クローン病、潰瘍性大腸炎|漢方薬 | ゲップ・ガス|漢方薬 | ココログ版漢方(無名)コラム・2004 | ココログ版漢方(無名)コラム・2005 | ココログ版漢方(無名)コラム・2006 | ココログ版漢方(無名)コラム・2007 | ココログ版漢方(無名)コラム・2008 | ココログ版漢方(無名)コラム・2009 | ココログ版漢方(無名)コラム・2010~ | コンクレバン | シェーグレン症候群|漢方薬 | シミ・肝斑|漢方薬 | ストレス|漢方薬 | セックスレス、性機能減退|不妊と漢方薬 | タイミング療法|不妊と漢方薬 | ダイエット|漢方薬 | チャイナビュー | チョコレート嚢胞|不妊治療と漢方薬 | ツイッター | ツボの話題 | ディスプレー症候群|漢方薬 | ドライアイ|漢方薬 | ドライマウス、口腔乾燥症|漢方薬 | ニュースレターより | ハテナ | ビタエックス(プラセンタ) | フレイルの漢方対策 | ヘパーデン結節|漢方薬 | ベビ待ち保育士さん、幼稚園教諭さん|漢方薬 | ベビ待ち小学校教員さん|不妊と漢方薬 | ベビ待ち歯科衛生士さん|不妊と漢方薬 | ベビ待ち看護師さん|不妊と漢方薬 | ベビ待ち美容師さん|不妊と漢方薬 | メニエール病|漢方薬 | メールマガジン | モンテディオ山形 | ヤフー知恵袋の漢方の回答より | リウマチ性多発筋痛症|漢方薬 | リウマチ|漢方薬 | ロコモティブシンドローム|漢方薬 | 下痢、軟便|漢方薬 | 下肢静脈瘤|漢方薬 | 不妊カウンセラーに向けて | 不妊カウンセラー・体外受精コーディネーター養成講座 | 不妊治療の基礎知識…現状と問題点 | 不妊漢方治療の応用 | 不妊症の基本検査について | 不妊症の年代別漢方相談 | 不妊症テレビお茶の間講座 「子宮内膜症」 | 不妊症専門講座・PCOS 「多嚢胞性卵巣症候群」 | 不定愁訴|漢方薬 | 不正出血|不妊と漢方薬 | 不眠|漢方薬 | 不育、流産後|不妊治療と漢方薬 | 中医五官病 | 中医痺証専門講座「南通研修」への道 | 乳がんの疫学と薬物療法 | 乳腺炎、断乳、母乳|漢方薬 | 人工授精で妊娠出産|不妊と漢方薬 | 今週の漢方相談会 2008年 | 今週の漢方相談会 2009年 | 今週の漢方相談会 2010~ | 今週の漢方相談会 2013~ | 今週の漢方相談会2017 | 体外受精で妊娠出産|不妊と漢方薬 | 何先生や中医師の先生から漢方のこと聞いたこと | 便秘|漢方薬 | 免疫性不妊|漢方薬 | 全身性エリテマトーデス(SLE)|漢方薬 | 円錐角膜|漢方薬 | 冷え性|漢方薬 | 加齢性黄斑変性症|漢方薬 | 勉強会(2004~2008) | 勉強会(2009) | 勉強会(2010) | 勉強会(2011) | 勉強会(2012~) | 動悸|漢方薬 | 卵巣予備能~全周期活血化淤 | 卵巣嚢腫|不妊と漢方薬 | 卵巣機能不全、卵巣機能低下|不妊と漢方薬 | 卵管性不妊|不妊と漢方薬 | 卵管水腫|不妊と漢方薬 | 卵管閉塞|不妊と漢方薬 | 卵胞発育不全|不妊と漢方薬 | 受精障害|不妊と漢方薬 | 口内炎|漢方薬 | 呑気症(空気嚥下症)|漢方薬 | 味覚障害|漢方薬 | 咳、ぜんそく、慢性気管支炎|漢方薬 | 咽喉頭異常感症、難治性咽頭潰瘍|漢方薬 | 嗅覚障害|漢方薬 | 土屋幸太郎・漢方講演会 | 土屋幸太郎結婚式 | 土屋薬局からのお知らせ | 土屋薬局のの口コミ、評判 | 坐骨神経痛|漢方薬 | 坑精子坑体|不妊と漢方薬 | 基礎体温が低め|不妊と漢方薬 | 基礎体温が高め|不妊と漢方薬 | 基礎体温ガタガタ|不妊と漢方薬 | 基礎体温表|不妊と漢方薬 | 夏の疲れに漢方 | 多汗症|漢方 | 夜中目が覚める|漢方薬 | 夢と不眠|漢方 | 女性のための漢方レッスン | 女性不妊症的中医治療 | 妊娠中と産後の体調不良|漢方薬 | 妊活・妊娠力アップ|漢方薬 | 子宮内膜が薄い|不妊と漢方薬 | 子宮内膜ポリープ、子宮内膜増殖症|漢方薬 | 子宮内膜症|不妊治療と漢方薬 | 子宮外妊娠後|不妊と漢方薬 | 子宮筋腫|不妊治療と漢方薬 | 子宮腺筋症|不妊治療と漢方薬 | 子宮頸がん|漢方薬 | 子宮頸管無力症|不妊と漢方薬 | 季節の漢方養生 | 季節の養生法 | 学校保健委員会 | 小児チック|漢方薬 | 小児漢方 | 小太郎製薬 | 帯状疱疹後神経痛、後遺症|漢方薬 | 後鼻漏・蓄膿症|漢方薬 | 心と体 | 感音性難聴・耳鳴り、難聴|漢方薬 | 慢性副鼻腔炎(蓄膿症)|漢方薬 | 慢性咽頭炎|漢方薬 | 我が家の庭 | 我が家の庭 2008 | 我が家の庭 2009 | 我が家の庭 2010~ | 手根管症候群、腱鞘炎、ばね指|漢方薬 | 抗リン脂質抗体|不妊と漢方薬 | 抗核抗体|不妊治療と漢方薬 | 掌蹠膿疱症|漢方薬 | 排卵痛、排卵期|不妊と漢方薬 | 排卵障害|不妊と漢方薬 | 日中線記念館 | 更年期障害|漢方薬 | 月経の経血量が減少|不妊治療と漢方薬 | 月経不妊周期療法|不妊と漢方薬 | 月経不順・生理不順|不妊と漢方薬 | 月経周期が短い|不妊と漢方薬 | 月経周期が遅れる、長い|不妊と漢方薬 | 未成熟卵|不妊症と漢方 | 椎間板ヘルニア|漢方薬 | 武漢へ | 死産後|漢方薬 | 母乳|漢方薬 | 泣きたくなる | 活血化淤の応用 | 浮腫み|漢方 | 温活GO | 漢方周期療法…南京・夏桂成先生の講義より | 漢方薬の安全性について | 漢方薬局で相談を受ける婦人病について | 無排卵・無月経/不妊と漢方薬 | 無月経・無排卵・中医不妊症テレビお茶の間講座 | 生殖医療に関わる疑問に答える | 生殖補助医療の有用性と限界 | 生理痛、月経困難症|漢方薬 | 甲状腺機能亢進症|不妊と漢方薬 | 甲状腺|不妊治療と漢方薬 | 男女の更年期と神経症|漢方薬 | 男性不妊|不妊治療と漢方薬 | 疲労|漢方薬 | 痔|漢方薬 | 痛み、しびれ|漢方薬 | 痰湿(暑湿)について | 痰湿|漢方 | 眼精疲労|漢方薬 | 着床障害、着床失敗|不妊症と漢方薬 | 着床障害|不妊治療と漢方薬 | 神経障害性疼痛|漢方薬 | 秋バテの漢方 | 空胞|不妊治療と漢方薬 | 糖尿病|漢方薬 | 経血量少ない|不妊と漢方薬 | 綿花観察日記 | 緑内障|漢方薬 | 繊維筋痛症|漢方薬 | 老人性膣炎・萎縮性膣炎|漢方薬 | 耳管開放症|漢方薬 | 耳鳴り、突発性難聴|漢方薬 | 聴覚過敏|漢方薬 | 肘痛|漢方薬 | 股関節痛|漢方薬 | 肩こり|漢方薬 | 肩甲骨の痛み|漢方薬 | 肩痛、五十肩|漢方薬 | 胃酸過多、機能性胃腸症(NUD)|漢方薬 | 背中のほてり|漢方薬 | 背中の痛み|漢方薬 | 胚盤胞|不妊治療と漢方薬 | 脂漏性皮膚炎|漢方薬 | 脈拍|漢方 | 脊柱管狭窄症|漢方薬 | 脱毛、抜け毛、薄毛の漢方薬 | 脳卒中|漢方薬 | 脳疲労症候群、脳過敏症候群|漢方 | 腰椎すべり症|漢方薬 | 腰痛|漢方薬 | 膀胱炎|漢方薬 | 膝痛|漢方薬 | 膿精液症|男性不妊の漢方薬 | 花粉症|漢方薬 | 若木山、石崎山や東根の景色 | 若木山、石崎山や東根の風景2008 | 若木山、石崎山や東根の風景2009 | 若木山、石崎山や東根の風景2010~ | 蕁麻疹、湿疹/漢方薬 | 薄い子宮内膜に漢方薬が有効である可能性がある | 薬膳 | 血の道症|漢方薬 | 血管力をつければ病気は治る | 補腎の話 | 西洋医学的にみた不妊症漢方概論 | 足底筋膜炎|漢方薬 | 逆流性食道炎|漢方薬 | 過去のバックナンバーより | 過敏性腸症候群|漢方薬 | 過活動膀胱、頻尿|漢方薬 | 遺残卵胞|不妊治療と漢方薬 | 酒さ|漢方薬 | 頭痛|漢方薬 | 頸椎症、首のこり|漢方薬 | 頻尿|漢方薬 | 顔面神経麻痺、手のふるえ|漢方薬 | 顕微授精(ICIS)|不妊と漢方薬 | 風邪|漢方薬 | 食欲不振、胃痛|漢方薬 | 食養生 | 高プロラクチン血症|不妊と漢方薬 | 高血圧|漢方薬 | 高齢不妊症、卵巣機能低下における中国漢方の考え方 | 高齢不妊|不妊治療と漢方薬 | 鷺草、朱鷺草観察日記 | 黄体機能不全|不妊と漢方薬 | 黄疸|漢方薬 | 100歳まで元気に生きる! | 2人目不妊、第二子不妊|漢方薬 | 2004年妊娠出産おめでとうございます! | 2005年妊娠出産おめでとうございます! | 2006年妊娠出産おめでとうございます! | 2007(1月~6月)妊娠出産おめでとうございます! | 2007(7月~12月)妊娠出産おめでとうございます! | 2008年妊娠出産おめでとうございます! | 2009年妊娠出産おめでとうございます! | 2009(7月~12月)妊娠出産おめでとうございます! | 2010(1月~6月)妊娠出産おめでとうございます! | 2010(7月~12月)妊娠出産おめでとうございます! | 2011年妊娠出産おめでとうございます! | 2012年妊娠出産おめでとうございます! | 2013年妊娠出産おめでとうございます! | 2014年妊娠出産おめでとうございます! | 2015年妊娠出産おめでとうございます! | 2016年妊娠出産おめでとうございます! | 2017年妊娠出産おめでとうございます! | AMH|不妊治療と漢方薬 | COPD 慢性閉塞肺疾患|漢方薬 | FSHが低い方|不妊治療と漢方薬 | FSHが高い|不妊治療と漢方薬 | POF・早発閉経|不妊治療と漢方薬