カテゴリー「味覚障害|漢方薬」の記事

2015.10.28

健脾・化痰~健脾漢方処方の復習。中医学の仙台研修で

先日、日曜日の仙台での南東北中医薬研究会での陶先生の「健脾・化痰~健脾処方の復習」がかなり勉強になりまして、早速、私自身妻と一緒に朝晩にイスクラ温胆湯も服用するようにしました。

調子がいい感じがします。


今日も午前中にお客様が慢性の下痢でポリフルとミヤBMの対処療法しているけど効き目がないとおっしゃっていましたので、漢方相談の結果、イスクラ健脾散のほうをお勧めしました。

胃腸の漢方相談はテーマが深いと思います。


では、もう一度まとめをログしていきます。


cherry


痰は、肺の虚火、五志化火、脾胃虚弱、飲食不摂生、腎虚水氾、外感六淫からおこる。


痰  痰(濃い)  陰(薄い)


おもに肺脾腎


1)肺→咳(痰)、胸が悶悶とする、痰鳴

2)胃→つかえ、食欲不振、悪心

3)脳→めまい

4)心→意識不明、癲、狂

5)経絡→四肢麻木、半身不随

6)皮下、筋肉→皮下結節

7)喉→梅核気

8)頚→甲状腺腫、リンパ節の腫れ

9)乳→乳腺症など


cherry


痰は ☆有形の痰(見える、触れる、聞こえる)  ☆無形の痰(眩暈、癲狂など)


「怪病多痰」


高血圧症、高脂血症、糖尿病、肥満、不妊症、胃病、脂肪肝、脳卒中、狭心症、心筋梗塞、脳血管疾患、清心系、神経系疾患など


cherry


脾の働き その1


運化によるもの


1)

運化 消化機能減退→お腹が張る、痛い、食欲不振、軟便


2)水分代謝障害→痰飲、水腫、下痢


昇清によるもの


1)疲れ、無力、めまい、口数が少ない

2)内臓下垂、子宮や肛門が脱出する


cherry


脾の働き その2

統血によるもの→便血、尿血、月経過多、崩漏


筋肉、四肢→痩せる、むくみ、四肢の運動障害


口→口がネバネバ、味が感じない


唇→血色がない、艶がない、荒れる


cherry


胃の働き

受納、腐熟


1)下降不能→食べるのが少ない、胃部膨満感

2)上逆→嘔吐、しゃっくり、ゲップ

3)消化不良→食事が嫌、呑酸

4)胃熱→食べても飢えて痩せてくる


cherry


1)健胃和胃


晶三仙や健胃顆粒など


2)健脾益気


補中丸


3)健脾利湿化痰


健胃顆粒、イスクラ温胆湯


4)健脾疏肝

逍遥丸

cherry


などなど、今回は脾胃の勉強でかなり参考になり、お陰様で力がつきました。


胃の症状は上に上がる症状で、脾の症状は下に下がる症状


つまりイスクラ健胃顆粒は吐き気などの症状に

健脾散は下痢や軟便などに


と使い方、使い分けを学習できてよかったなあと思いますし、あらためて健脾散や温胆湯のことに興味を持つようになりました。


今度は健脾散も服用してみよう!


0061027

<2015年10月27日>

薬局のお昼休みに、東根市が誇るよってけポポラに行きました。

枝豆を購入するというミッションでした。


0071027

この時期は秘伝豆はもう時期が終わりのようで、黒豆という種類の枝豆が販売されていました。


0081027

向かい側に見えるのは大森山です。

秋が深まっていく毎日です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012.07.23

頭頸部ガンの術後の漢方相談、仙台での不妊症漢方勉強会の話題

おはようございます。

薬剤師、不妊カウンセラーの土屋幸太郎です。

今朝の朝一番の漢方相談のお客様、頭頸部ガンの術後に声がしわがれ声。


頭頸部ガンは切除して、30数回の放射線療法をして無事に退院されたのですが、放射線と化学療法の影響で味覚がなくなって口が渇くということで今朝の山形新聞の朝刊の記事の漢方欄を見てご来店になったそうです。

70代男性の方ですので、夜もお小水が1時間おきに近いとのことで、補腎陰、益気養陰になるような体の潤いを増しながら、味覚障害も改善できるような漢方をお勧めさせて頂きました。

味覚障害、ドライマウスとも体の中の津液もまして軽減していって頂きたいです。



さて昨日の日曜日には、仙台で南東北中医薬研究会の定例会 「婦人科シリーズ第四回 ホルモンの異常と不妊」 周軍先生 に薬剤師の妻と一緒に受講してきました。


私が今まで教わった先生方とはまた違う「北京の中医学」とでも呼ぶべきでしょうか、とても風格のある中医理論の教えで先月も感銘を受けたのですが、昨日も目からウロコでした。


○心と腎のバランスが大事

○肝も流れを良くしている


そして、


1:高プロラクチン血症

2:黄体機能不全


西洋医学の考え方とBBT、中医学の考え方と対応法


とのことで、以下省略しますが、私も「梁が高いしっかりした漢方」をしていきたいものだと思いました。

北京の香りがするような中医処方で素晴らしかったです。


紅い百合

<2012年7月18日 紅い百合>



今週の漢方相談会…薬剤師、国際中医専門A級、不妊カウンセラー(NPO法人不妊カウンセリング学会認定)の親切な相談 2012年度 第二、第四日曜日は定休日です。12/07/23


○7月23日~28日(月~土) 薬剤師、不妊カウンセラーの土屋幸太郎が相談を担当します。

○7月29日(日)  薬剤師 土屋信一が相談を担当します。



お電話やメールでご予約お願いします。
平日の漢方相談大歓迎です。一人一人に時間をじっくり割いて相談しています。
遠方のかたは、電話やメールでご相談をお寄せください。こちらから。

中医学に詳しい薬剤師(国際中医専門員)、不妊カウンセラー(NPO法人不妊カウンセリング学会認定)による親切な相談。じっくり話を聞いて一人一人の体質や年齢、症状に応じて相談しています。どうぞお気軽にお声をかけて下さい。

マカオで

<2012年5月5日 マカオ・媽閣廟> 筆者・土屋幸太郎近影


土屋薬局 中国漢方通信/漢方専門の薬剤師、不妊カウンセラーが相談します。

土屋幸太郎・薬剤師、不妊カウンセラー(@tutiyak) - Twilog

土屋幸太郎・tutiyakツイッター

土屋薬局 中国漢方通信メールマガジン


婦人科の漢方相談、周期療法も常に研鑽を積んでいます。

日本中医薬研究会での不妊症周期療法の勉強を10年以上前から続けていて、暇があれば復習、勉強しています。

より多くのお客様たちにご懐妊、ご出産して頂きたいです。


先週の漢方相談会では、2人目のお子様を出産されたお客様がお母様と一緒に来店されまして、お客様たちが帰られた後にスタッフの一人から「お子様が生まれて家族が幸せになって、ほんとに素晴らしい仕事を私たちはしているのですね」と言われて、私も光栄に思いました。

先週は2名のご懐妊、2名のご出産のご報告がありました。


薬剤師、国際中医師、不妊カウンセラー 土屋幸太郎

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012.02.24

味覚障害の漢方相談(2)と天王補心丹の話

おはようございます。

薬剤師、不妊カウンセラーの土屋幸太郎です。

山形も春らしくなって、一時の豪雪から抜け出しました。

陽射しも柔らかく、だいぶ日も長くなってきました。

今朝のラジオでは栃木県では福寿草が咲きました!などと放送されていましたので、早春なんだなあと実感しました。


さて、昨日の2月23日に東京から中医師の何先生に訪店して頂き、途中から妻も合流して一緒に中医学を教えてもらっていました。

昨年の12月にも教わっていて、まだ全然まとめが追い付いていないのですが、今日は最近、当店でも漢方相談を手掛ける「味覚障害の漢方相談その2」をログしていきたいです。

前回の話は「味覚障害の漢方相談」です。



土屋 「最近、年配のかたの味覚障害の漢方相談が増えてきました。健脾以外の方法でなにか効き目のある漢方はございますか?」


 「年配のかた、高齢のかたの味覚障害は補腎陽(ほじんよう)で陽気を補っていきます。

胃腸と補腎作用のある漢方を満量で服用。

それにプラスして安神薬の天王補心丹を併用します。

6、6丸くらいでいいです。

杞菊地黄丸や八仙丸なども良いです。

それに冠元顆粒半包×2回


腎陽が足りなくなっているので、味覚障害が起こってきます。


補腎陰と補腎陽を同時に使うことが効果的です。

脾腎両虚は、補脾と補腎が大切。


水→相生→木→相克→土 の理論です。


若い人の場合、30~40代の味覚障害は、たとえばレストランのコックさんが仕事のしすぎでストレスがある場合があります。

この場合には、安神薬で胃腸に帰るようなものを使っていきます。


年寄りの人は腎。

腎の問題があるかどうか、補腎が必要。

たとえば、以前に何先生が訪店していたお店のお客様、胃腸の漢方薬をありとあらゆるものを使ったが効き目がなかった。

最終的に、胃腸と補腎作用のある漢方をお勧めしたらだいぶ良くなった。


CF


天王補心丹について


君主之官


心という文字だけ、唯一五臓六腑のなかで「月(にくへん)」がついていない。


君が乱れると、すべての五臓が乱れてしまう。


心の陰には、麦門冬、天門冬、地黄、玄参。

心の気には、人参

心の血には、当帰

そして五味子。

心を総合的に補う漢方薬である。

心の陰気血を補う。

ホルモンの受容体は体の400場所で働く。

だから意識の問題は大切。


自律神経が働きすぎる。→心と腎の陰を消耗する→悪循環で火が燃える→さらに消耗する。

日本人は職場で頑張る→心が揺れる→五臓みんなが揺れる→勉強する人、更年期の人にも良い。


Imgp36220211

<2012年2月11日 江の島 実に20年ぶりの再訪となりました。当時の記憶はスマートボールと射的場と鄙びた江の島植物園だったのですが、すっかりあか抜けていてビックリしたことと、片瀬江ノ島駅からずいぶん長く歩くんだなあと思いました。茅ヶ崎からチャリンコで行ったときのほうが、なんか充実感がありました。20代男子の男の子の青春といった感じでしょうか?>


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011.06.27

味覚障害の漢方相談

こんにちは、土屋です。

本日2回目の更新です。

山形はずっと雨が降っております。


先々週に耳鼻科に強い中医師の先生にお聞きしたことをまとめます。ブログです。



<味覚障害の漢方相談>


嗅覚と味覚の2つが悪くなったかた、嗅覚は4~5年前に悪くなり、味覚は1年前からにぶくなっている。

42歳の女性のかたの漢方相談。


とくに理由はわからない。

繊細な味が感じられずに、想像で補っている。


トン先生の回答


味覚は心(しん)と脾(ひ)の関係です。

心脾顆粒や加味逍遥散、シベリア人参などお勧めです。


十二指腸潰瘍やストレス、自律神経なども関連します。

もし嗅覚障害と味覚障害の2つがある場合には、嗅覚障害から治していきます。


あせらずにゆっくりと漢方を服用していきます。

味覚→腸の弱さ→加味逍遥散+心脾顆粒(加味帰脾湯も使えることがある)


食生活、タバコ、お酒、コーヒーも良くない。

カフェインは女性に合わない。


もしコーヒー、チョコレート、ココアなど。また辛い物、熱いものなどの取り過ぎ→胃腸に熱がこもる→黄連解毒湯

亜鉛を取りながら熱をとる、イーパオも良い。

なでしこと蝶 我が家の庭

<2011年6月15日 なでしこと蝶 我が家の庭>



2012年2月24日追記です。

味覚障害の漢方相談(2)」もアップしました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

その他のカテゴリー

LUF・黄体化未破裂卵胞|不妊と漢方薬 | PCOS・多嚢胞性卵巣症候群|不妊と漢方薬 | PMS・月経前緊張症|漢方薬 | 「ナチュラルな妊娠」「45歳、もう生んでいいかしら?」 | 「血流たっぷり」をめざしなさい | いびき|漢方薬 | おねしょ、小児夜尿症|漢方薬 | おりもの、のびおり|不妊治療と漢方薬 | お客さまとのエピソード | お腹の張り、腹部膨満感、食欲不振|漢方薬 | お香 | しびれ|漢方薬 | つわり|漢方薬 | にきび|漢方薬 | のどのつかえ、喉の痛み、難治性咽頭潰瘍|漢方薬 | ほてり|漢方薬 | むずむず脚症候|漢方薬 | めまい、立ちくらみ|漢方薬 | アトピー性皮膚炎|漢方薬 | アレルギー性鼻炎と体外受精|漢方薬 | アレルギー性鼻炎|漢方薬 | イスクラ冠元顆粒 | イスクラ冠元顆粒発売20周年記念成都シンポジウムに参加して | イスクラ婦宝当帰膠 | イスクラ独歩顆粒 | イライラ落ち込み漢方、不安落ち込み|漢方薬 | イラスト | インターネットの掲示板などで漢方紹介 | カウフマン療法|不妊と漢方薬 | カンジダ膣炎|不妊と漢方薬 | ガン(がん)|漢方薬 | クラミジア感染症|不妊と漢方薬 | クローン病、潰瘍性大腸炎|漢方薬 | ゲップ・ガス|漢方薬 | ココログ版漢方(無名)コラム・2004 | ココログ版漢方(無名)コラム・2005 | ココログ版漢方(無名)コラム・2006 | ココログ版漢方(無名)コラム・2007 | ココログ版漢方(無名)コラム・2008 | ココログ版漢方(無名)コラム・2009 | ココログ版漢方(無名)コラム・2010~ | コンクレバン | シェーグレン症候群|漢方薬 | シミ・肝斑|漢方薬 | ストレス|漢方薬 | セックスレス、性機能減退|不妊と漢方薬 | タイミング療法|不妊と漢方薬 | ダイエット|漢方薬 | チャイナビュー | チョコレート嚢胞|不妊治療と漢方薬 | ツイッター | ツボの話題 | ディスプレー症候群|漢方薬 | ドライアイ|漢方薬 | ドライマウス、口腔乾燥症|漢方薬 | ニュースレターより | ハテナ | ビタエックス(プラセンタ) | フレイルの漢方対策 | ヘパーデン結節|漢方薬 | ベビ待ち保育士さん、幼稚園教諭さん|漢方薬 | ベビ待ち小学校教員さん|不妊と漢方薬 | ベビ待ち歯科衛生士さん|不妊と漢方薬 | ベビ待ち看護師さん|不妊と漢方薬 | ベビ待ち美容師さん|不妊と漢方薬 | メニエール病|漢方薬 | メールマガジン | モンテディオ山形 | ヤフー知恵袋の漢方の回答より | リウマチ性多発筋痛症|漢方薬 | リウマチ|漢方薬 | ロコモティブシンドローム|漢方薬 | 下痢、軟便|漢方薬 | 下肢静脈瘤|漢方薬 | 不妊カウンセラーに向けて | 不妊カウンセラー・体外受精コーディネーター養成講座 | 不妊治療の基礎知識…現状と問題点 | 不妊漢方治療の応用 | 不妊症の基本検査について | 不妊症の年代別漢方相談 | 不妊症テレビお茶の間講座 「子宮内膜症」 | 不妊症専門講座・PCOS 「多嚢胞性卵巣症候群」 | 不定愁訴|漢方薬 | 不正出血|不妊と漢方薬 | 不眠|漢方薬 | 不育、流産後|不妊治療と漢方薬 | 中医五官病 | 中医痺証専門講座「南通研修」への道 | 乳がんの疫学と薬物療法 | 乳腺炎、断乳、母乳|漢方薬 | 人工授精で妊娠出産|不妊と漢方薬 | 今週の漢方相談会 2008年 | 今週の漢方相談会 2009年 | 今週の漢方相談会 2010~ | 今週の漢方相談会 2013~ | 今週の漢方相談会2017 | 体外受精で妊娠出産|不妊と漢方薬 | 何先生や中医師の先生から漢方のこと聞いたこと | 便秘|漢方薬 | 免疫性不妊|漢方薬 | 全身性エリテマトーデス(SLE)|漢方薬 | 円錐角膜|漢方薬 | 冷え性|漢方薬 | 加齢性黄斑変性症|漢方薬 | 勉強会(2004~2008) | 勉強会(2009) | 勉強会(2010) | 勉強会(2011) | 勉強会(2012~) | 動悸|漢方薬 | 卵巣予備能~全周期活血化淤 | 卵巣嚢腫|不妊と漢方薬 | 卵巣機能不全、卵巣機能低下|不妊と漢方薬 | 卵管性不妊|不妊と漢方薬 | 卵管水腫|不妊と漢方薬 | 卵管閉塞|不妊と漢方薬 | 卵胞発育不全|不妊と漢方薬 | 受精障害|不妊と漢方薬 | 口内炎|漢方薬 | 呑気症(空気嚥下症)|漢方薬 | 味覚障害|漢方薬 | 咳、ぜんそく、慢性気管支炎|漢方薬 | 咽喉頭異常感症、難治性咽頭潰瘍|漢方薬 | 嗅覚障害|漢方薬 | 土屋幸太郎・漢方講演会 | 土屋幸太郎結婚式 | 土屋薬局からのお知らせ | 土屋薬局のの口コミ、評判 | 坐骨神経痛|漢方薬 | 坑精子坑体|不妊と漢方薬 | 基礎体温が低め|不妊と漢方薬 | 基礎体温が高め|不妊と漢方薬 | 基礎体温ガタガタ|不妊と漢方薬 | 基礎体温表|不妊と漢方薬 | 夏の疲れに漢方 | 多汗症|漢方 | 夜中目が覚める|漢方薬 | 夢と不眠|漢方 | 女性のための漢方レッスン | 女性不妊症的中医治療 | 妊娠中と産後の体調不良|漢方薬 | 妊活・妊娠力アップ|漢方薬 | 子宮内膜が薄い|不妊と漢方薬 | 子宮内膜ポリープ、子宮内膜増殖症|漢方薬 | 子宮内膜症|不妊治療と漢方薬 | 子宮外妊娠後|不妊と漢方薬 | 子宮筋腫|不妊治療と漢方薬 | 子宮腺筋症|不妊治療と漢方薬 | 子宮頸がん|漢方薬 | 子宮頸管無力症|不妊と漢方薬 | 季節の漢方養生 | 季節の養生法 | 学校保健委員会 | 小児チック|漢方薬 | 小児漢方 | 小太郎製薬 | 帯状疱疹後神経痛、後遺症|漢方薬 | 後鼻漏・蓄膿症|漢方薬 | 心と体 | 感音性難聴・耳鳴り、難聴|漢方薬 | 慢性副鼻腔炎(蓄膿症)|漢方薬 | 慢性咽頭炎|漢方薬 | 我が家の庭 | 我が家の庭 2008 | 我が家の庭 2009 | 我が家の庭 2010~ | 手根管症候群、腱鞘炎、ばね指|漢方薬 | 抗リン脂質抗体|不妊と漢方薬 | 抗核抗体|不妊治療と漢方薬 | 掌蹠膿疱症|漢方薬 | 排卵痛、排卵期|不妊と漢方薬 | 排卵障害|不妊と漢方薬 | 日中線記念館 | 更年期障害|漢方薬 | 月経の経血量が減少|不妊治療と漢方薬 | 月経不妊周期療法|不妊と漢方薬 | 月経不順・生理不順|不妊と漢方薬 | 月経周期が短い|不妊と漢方薬 | 月経周期が遅れる、長い|不妊と漢方薬 | 未成熟卵|不妊症と漢方 | 椎間板ヘルニア|漢方薬 | 武漢へ | 死産後|漢方薬 | 母乳|漢方薬 | 泣きたくなる | 活血化淤の応用 | 浮腫み|漢方 | 温活GO | 漢方周期療法…南京・夏桂成先生の講義より | 漢方薬の安全性について | 漢方薬局で相談を受ける婦人病について | 無排卵・無月経/不妊と漢方薬 | 無月経・無排卵・中医不妊症テレビお茶の間講座 | 生殖医療に関わる疑問に答える | 生殖補助医療の有用性と限界 | 生理痛、月経困難症|漢方薬 | 甲状腺機能亢進症|不妊と漢方薬 | 甲状腺|不妊治療と漢方薬 | 男女の更年期と神経症|漢方薬 | 男性不妊|不妊治療と漢方薬 | 疲労|漢方薬 | 痔|漢方薬 | 痛み、しびれ|漢方薬 | 痰湿(暑湿)について | 痰湿|漢方 | 眼精疲労|漢方薬 | 着床障害、着床失敗|不妊症と漢方薬 | 着床障害|不妊治療と漢方薬 | 神経障害性疼痛|漢方薬 | 秋バテの漢方 | 空胞|不妊治療と漢方薬 | 糖尿病|漢方薬 | 経血量少ない|不妊と漢方薬 | 綿花観察日記 | 緑内障|漢方薬 | 繊維筋痛症|漢方薬 | 老人性膣炎・萎縮性膣炎|漢方薬 | 耳管開放症|漢方薬 | 耳鳴り、突発性難聴|漢方薬 | 聴覚過敏|漢方薬 | 肘痛|漢方薬 | 股関節痛|漢方薬 | 肩こり|漢方薬 | 肩甲骨の痛み|漢方薬 | 肩痛、五十肩|漢方薬 | 胃酸過多、機能性胃腸症(NUD)|漢方薬 | 背中のほてり|漢方薬 | 背中の痛み|漢方薬 | 胚盤胞|不妊治療と漢方薬 | 脂漏性皮膚炎|漢方薬 | 脈拍|漢方 | 脊柱管狭窄症|漢方薬 | 脱毛、抜け毛、薄毛の漢方薬 | 脳卒中|漢方薬 | 脳疲労症候群、脳過敏症候群|漢方 | 腰椎すべり症|漢方薬 | 腰痛|漢方薬 | 膀胱炎|漢方薬 | 膝痛|漢方薬 | 膿精液症|男性不妊の漢方薬 | 花粉症|漢方薬 | 若木山、石崎山や東根の景色 | 若木山、石崎山や東根の風景2008 | 若木山、石崎山や東根の風景2009 | 若木山、石崎山や東根の風景2010~ | 蕁麻疹、湿疹/漢方薬 | 薄い子宮内膜に漢方薬が有効である可能性がある | 薬膳 | 血の道症|漢方薬 | 血管力をつければ病気は治る | 補腎の話 | 西洋医学的にみた不妊症漢方概論 | 足底筋膜炎|漢方薬 | 逆流性食道炎|漢方薬 | 過去のバックナンバーより | 過敏性腸症候群|漢方薬 | 過活動膀胱、頻尿|漢方薬 | 遺残卵胞|不妊治療と漢方薬 | 酒さ|漢方薬 | 頭痛|漢方薬 | 頸椎症、首のこり|漢方薬 | 頻尿|漢方薬 | 顔面神経麻痺、手のふるえ|漢方薬 | 顕微授精(ICIS)|不妊と漢方薬 | 風邪|漢方薬 | 食欲不振、胃痛|漢方薬 | 食養生 | 高プロラクチン血症|不妊と漢方薬 | 高血圧|漢方薬 | 高齢不妊症、卵巣機能低下における中国漢方の考え方 | 高齢不妊|不妊治療と漢方薬 | 鷺草、朱鷺草観察日記 | 黄体機能不全|不妊と漢方薬 | 黄疸|漢方薬 | 100歳まで元気に生きる! | 2人目不妊、第二子不妊|漢方薬 | 2004年妊娠出産おめでとうございます! | 2005年妊娠出産おめでとうございます! | 2006年妊娠出産おめでとうございます! | 2007(1月~6月)妊娠出産おめでとうございます! | 2007(7月~12月)妊娠出産おめでとうございます! | 2008年妊娠出産おめでとうございます! | 2009年妊娠出産おめでとうございます! | 2009(7月~12月)妊娠出産おめでとうございます! | 2010(1月~6月)妊娠出産おめでとうございます! | 2010(7月~12月)妊娠出産おめでとうございます! | 2011年妊娠出産おめでとうございます! | 2012年妊娠出産おめでとうございます! | 2013年妊娠出産おめでとうございます! | 2014年妊娠出産おめでとうございます! | 2015年妊娠出産おめでとうございます! | 2016年妊娠出産おめでとうございます! | 2017年妊娠出産おめでとうございます! | AMH|不妊治療と漢方薬 | COPD 慢性閉塞肺疾患|漢方薬 | FSHが低い方|不妊治療と漢方薬 | FSHが高い|不妊治療と漢方薬 | POF・早発閉経|不妊治療と漢方薬