カテゴリー「繊維筋痛症/漢方薬」の記事

2014.09.21

中国、「2014年 中医痺証専門講座南通研修」から無事に帰ってきました。

こんにちは。

薬剤師、不妊カウンセラーの土屋幸太郎です。

昨日に上海浦東空港から無事に成田に降り立ちました。

13時6分到着でわずか6分遅れで、それでもJALは「定刻よりも遅れましたことをお客様たちにお詫び申し上げます」と機内アナウンスがありましたので、さすが日本の飛行機!と思いました。


今回は月曜日から水曜日まで3日間の研修、木曜日の杭州市内、中国で有名な漢方薬局、胡慶餘堂など散策など充実していた中国研修でした。

霊隠寺では長年愛用していたカメラが霊気にあたってしまい、突然壊れてしましましたので詳しい写真のほうは後日、アップしていきたいのですが、無事に帰ってきたご報告です。


日本研修団に北海道のS先生ご夫妻がいらっしゃいまして、S先生ご夫妻は中医学の国の宝 国家大師 朱良春先生と24年間の友情があり、しかも世界で唯一日本語で朱先生の本を翻訳されていましたから、朱先生のご家族全員7人のお子様、そのうち5人は中医師という医師一家の「家族」としてのおもてなしを受けてきました。

中国漢方、中医学、中国が誇る国の宝、人間国宝の朱良春先生のご自宅にもお誘い頂いたという大変に感激したツアーでした。


よく日本語では「目からうろこが落ちる」といいますが、「目からうろこが何万枚も落ちる」ような、人生が変わるような体験をしてきました。

こうやって文章を書いていて、下手なこともありますので、この南通痺証研修で感じたこと、感動したことは、きっと全部は文章にできないと思いますが、人生のターニングポイントになったことは間違いありません。


折をみてはまた中国南通痺証研修で感じたことを書いてみたいです。


今日の漢方相談、土曜日でいつもどおり女性のかたの漢方相談が続いています。

いまは時間は9月20日土曜日の15時20分ですが、流産後の漢方相談2件、40代の二人目希望の漢方相談、子宮腺筋症の漢方相談、メンタル漢方相談、夏の疲れの漢方相談と続いていて、痛みしびれの漢方相談はまだありませんが、今後とも痛みやしびれの漢方相談に特化して「朱良春先生の新しい友人」としてこの山形、日本で南通での貴重な体験を活かしてきたいです。


なお、痛みでいえば婦人科では生理痛、子宮内膜症、子宮腺筋症です。


子宮腺筋症のお客さまにも誓いましたが、顔色が良くなったり、生理痛や腹痛、ダラダラ生理、過多月経、貧血、お腹が張る感じ、食欲が少なくなってあまり食べられない、張るような腹痛などこれらの症状を朱良春先生ならびにご家族の先生方や『8番目の家族』呉堅先生にならったこと、患者さんを思いやる気持ち、精神で、店頭での婦人病の痛みの漢方相談に役立てていきたいです。


2014年9月20日 土曜日 


今日は日曜日の9月21日です。

昨日の土曜日、9月20日は朝の9時から時間延長して夕方は18時半までお客さまが続きまして、ココログの更新できませんでした。

子宮腺筋症のお客さま2名、早発閉経の新規のお客さま、線維筋痛症気味のお客さま、流産後の漢方相談のかた2名などすべて女性のかたで20~40代の若い方々でした。


中国ではリウマチや腰痛、坐骨神経痛などの骨や関節の痛みを勉強してきましたので張り切っていましたが、やはり当店では子宝相談などの女性の漢方相談がメインのようです。

ただし、生理痛、排卵痛、子宮腺筋症の痛み、しいては「心の痛み」なども「痛み」の漢方相談ですから、婦人科においては子宮やお腹の痛みの漢方相談にも今後は特化していきたいです。


お肌がピリピリする。足の裏まで痺れる。

という繊維筋痛症のような症状のお客さま、7月からの漢方相談で疏肝解鬱、補腎陰、重鎮安神などの方法で見事に痛みやしびれの症状が昨日は無くなっていました。


良かった、良かったです。

痺証を専門に研究している南通帰りの私には朗報です。


漢方薬局に来るお客様は病院でうまくいかない方がいらっしゃいますので、今後とも中医学、「周良春先生を始めご一家から受けた恩」と患者さんに対する思いやり、真摯な態度でここ山形の地でも大きな喜びを作っていきたいです。


せめて朱先生ご一家の新しい日本の友人、遠い親戚になれるぐらに頑張りたいです。


2014年9月21日 日曜日


(1週間分のメールが溜っていること、漢方相談のメールや継続されている方へのフォローのメールなどやることが沢山ありますので出勤して頑張っています。今日は一日、メールの返信に全力を尽くします)


Img_20090914

<2014年9月21日>

成田空港でパチリ

中国へ出発するまえに

Img_20240915

中国、南通市の滞在したホテルの部屋からの眺め

東洋のベニスのような水の都で大変に素晴らしく、人々は親切で優しく、綺麗な街でした。

料理も果物もすべて美味しかったです。

ぜひ皆様も南通に旅行に行かれてください。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014.08.16

繊維筋痛症のような漢方相談の体験と小児の痺証漢方のスー先生に教えてもらったこと

こんにちは。

薬剤師、不妊カウンセラーの土屋幸太郎です。

お盆を過ぎましたらだいぶ過ごしやすくなった山形です。


我が家の庭では夏水仙が地上へ顔を出して、あっという間に伸びてきたので驚いているところです。


さて、最近、痛みの漢方相談、若いお嬢さんの繊維筋痛症のような漢方相談などもお受けています。


通常の痺証でしたら体を温めたら楽になります。

たとえば坐骨神経痛やリウマチでしたら温泉に入ったりすれば症状は和らぐものです。


ところが温まるとかえって症状がひどくなるケースがあります。

入浴後だったり、ヨガだったり、運動後は痛みが悪化します。

かといって関節の局部に炎症や熱っぽい反応があるわけでもありません。


お嬢様のお客様に体のことをいろいろとお聞きしていましたら、「ストレスがあると食が細くなって食べられなくなる」というヒントになることもおっしゃっていました。

ポイントは、1)温まると痛くなる 2)ストレスがあると食が細くなる


この2つを軸に考えると、繊維筋痛症のような下半身の痛み、しびれの感覚は漢方の方針では


1)必要以上に体を温めないようにするので、漢方薬は平性または涼性にちかいものをえらぶ、またはやや微温

2)気の流れをスムーズにすることも方針に加える


実際にこの方針で漢方薬をお勧めして、だいぶ良くて気にならなくなって、最近では上記の漢方薬2種類に+重鎮安神と鉱物系の漢方をご紹介しましたらより症状が緩和しました。

やっと繊維筋痛症の漢方相談の極意をつかんできたような感じです。


さて今日の本題です。


小児、お子様の痺証、痛みとしびれの漢方相談がありました。

まる2日間、頭の中でシュミレーションしましたがどうも自信が持てずに東京に電話をかけたところ、スー先生という中医内科学を書いた大先生にホットラインがつながりました!


<スー先生に教えてもらったこと>


土屋 「10代のお子様の痛みやしびれの漢方相談について極意、弁証論治のポイントを教えてください」


スー先生

「痛みには必ず邪気があります。

風寒湿→痰と淤血

10代のお子さま

普通は風寒湿による痛み→独活製剤とか5つの生薬とか


もし関節が赤い、熱があれば風湿熱→瀉火利湿顆粒など


冷えがひどいとき、寒けが強いとき→麻黄附子細辛湯」


土屋 「瀉火補腎丸など陰陽のバランスを整えることも検討してみたのですが。。」


スー先生 「こどもの陰虚は少ない。子供は純陽(じゅんよう)、のびのび

瀉火補腎丸は使わなくてもいい。

子どもは発熱しやすい、陰が足りないとはいえない。

純粋に陽本体の亢進」


土屋 「よく痛みにも疏肝解鬱の方法をとることもあるようですが?」


スー先生 「子供のストレスは少ないです」


「ポイントは、お子様の痛みやしびれは急性か慢性か? 熱があるかないかです」


土屋 「淤血を解消する活血化淤法はお子様には必要ですか?」


スー先生 「子供の淤血は、関節などの局部の色素沈着、関節の変形などが目安です」


土屋 「食用アリ製品、虫類使えますか?」


スー先生 「アリは捜風通絡作用を期待して使ってもいいです。」


土屋 「散痛楽楽丸、疏経活血湯製剤はいかがでしょうか?」


スー先生 「その漢方薬は四物湯+去風通絡ですから血虚の人に使います。子供の血虚はあまりいません」


と値千金のアドバイスを頂戴して予習したのでした。


Img_17070816

<2014年8月16日 我が家の庭 夏水仙>

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012.07.31

繊維筋痛症の中医学的考察

おはようございます。

薬剤師、不妊カウンセラーの土屋幸太郎です。


昨日の漢方相談、仙台からのクリニックからの帰りに東根の当店に自宅に帰る途中に立ち寄って頂いたお客様、また嬉しい電話があって陽性反応がでたという報告がありました。


「漢方を服用してちょうど100日で陽性でした」ということで、「漢方服用してちょうど100日」とは語呂がいいなあとか思っていました。

漢方相談、やはり素晴らしいです。


さてその後夕方に繊維筋痛症のお客様が来店されました。

(ご紹介してくださったMさまどうもありがとうございました。)

3~4週間前に日本中医薬研究会が誇る中医学講師の陶先生という「痛み」に強い先生と対談してお知り合いになれましたので、今日は朝のうちに今後のためにもアドバイスをお聞きしておきました。



繊維筋痛症の中医学的な観点


1)やはり胃腸が弱いかたが多いです。

脾を強めることが必要。

下痢や軟便などの問題があれば健胃顆粒よりも、健脾散。

胃の問題があれば健胃顆粒。

大便の状態によって決める。

いずれも長く服用したほうがいい。


2)繊維筋痛症は、精神的なこと、ストレスによる影響が指摘されています。

逍遥丸も考えられる。


3)繊維筋痛症は精血不足タイプが多い。

耳鳴りも精血不足に相当する。

参茸補血丸。


耳鳴りがある場合には、虚証と実証に分けて、虚証は肝腎不足、気血不足。

実証は肝火上炎など、肝火上炎であれば便秘になるから、便がゆるい場合には気血不足。

4)精血不足、脾臓が弱い、精神的なこと

この3つの観点からの弁証論治を忘れないこと


5)痛みどめのような漢方も上手に使うこと

6)結論:時間がかかるが少しずつ症状が変わってくれば良い。

→このあと独歩顆粒の可能性も、気血不足、肝腎不足に良い。


Imgp48910730

<2012年7月30日 我が家の庭 薄荷の花>

| | コメント (0) | トラックバック (0)

その他のカテゴリー

LUF・黄体化未破裂卵胞/不妊と漢方 | PCOS・多嚢胞性卵巣症候群/不妊と漢方 | PMS・月経前緊張症/不妊と漢方 | 「ナチュラルな妊娠」「45歳、もう生んでいいかしら?」 | 「血流たっぷり」をめざしなさい | いびき/漢方薬 | おねしょ、小児夜尿症(おねしょ)/漢方薬 | おりもの、のびおり/漢方薬 | お腹の張り、腹部膨満感、食欲不振/漢方薬 | しびれ/漢方薬 | つわり/漢方薬 | にきび/漢方薬 | のどのつかえ、喉の痛み、難治性咽頭潰瘍/漢方薬 | ほてり/漢方薬 | むずむず脚症候/漢方薬 | めまい、立ちくらみ/漢方薬 | アトピー性皮膚/漢方薬 | アレルギー性鼻炎と体外受精/不妊と漢方 | アレルギー性鼻炎の漢方相談について | イスクラ冠元顆粒 | イスクラ冠元顆粒発売20周年記念成都シンポジウムに参加して | イスクラ婦宝当帰膠/漢方薬 | イスクラ独歩顆粒 | イライラ落ち込み漢方、不安落ち込み/漢方薬 | インターネットの掲示板などで漢方紹介 | カウフマン療法/不妊と漢方 | カンジダ膣炎/漢方薬 | ガン(がん)/漢方薬 | クラミジア感染症/漢方薬 | クローン病、潰瘍性大腸炎/漢方薬 | ゲップ・ガスの漢方相談 | ココログ版漢方(無名)コラム・2004 | ココログ版漢方(無名)コラム・2005 | ココログ版漢方(無名)コラム・2006 | ココログ版漢方(無名)コラム・2007 | ココログ版漢方(無名)コラム・2008 | ココログ版漢方(無名)コラム・2009 | ココログ版漢方(無名)コラム・2010~ | コンクレバン | シェーグレン症候群/漢方薬 | シミ・肝斑/漢方 | ストレス/不妊と漢方 | セックスレス/不妊と漢方 | タイミング療法/不妊と漢方 | ダイエット/漢方薬 | チック/小児チック/漢方薬 | チャイナビュー | チョコレート嚢胞/漢方薬 | ツイッター | ディスプレー症候群/漢方薬 | ドライアイ/漢方薬 | ドライマウス、口腔乾燥症/漢方薬 | ニュースレターより | ハテナ | ビタエックス(プラセンタ) | ヘパーデン結節/漢方薬 | ベビ待ち保育士さん、幼稚園教諭さん/不妊と漢方 | ベビ待ち小学校教員さん/漢方薬 | ベビ待ち歯科衛生士さん/漢方薬 | ベビ待ち看護師さん/漢方薬 | ベビ待ち美容師さん/漢方薬 | メニエール病/漢方薬 | メールマガジン | モンテディオ山形 | ヤフー知恵袋の漢方の回答より | リウマチ性多発筋痛症/漢方薬 | リウマチ/漢方薬 | ロコモティブシンドローム/漢方薬 | 下痢、軟便/漢方薬 | 下肢静脈瘤/漢方薬 | 不妊カウンセラーに向けて | 不妊カウンセラー・体外受精コーディネーター養成講座 | 不妊治療の基礎知識…現状と問題点 | 不妊漢方治療の応用 | 不妊症の基本検査について | 不妊症の年代別漢方相談 | 不妊症テレビお茶の間講座 「子宮内膜症」 | 不妊症専門講座・PCOS 「多嚢胞性卵巣症候群」 | 不定愁訴/漢方薬 | 不正出血/漢方薬 | 不眠/漢方薬 | 中医五官病 | 中医痺証専門講座「南通研修」への道 | 乳がんの疫学と薬物療法 | 乳腺炎、断乳、母乳/漢方薬 | 人工授精/漢方薬 | 今週の漢方相談会 2008年 | 今週の漢方相談会 2009年 | 今週の漢方相談会 2010~ | 今週の漢方相談会 2013~ | 今週の漢方相談会2017 | 体外受精/漢方薬 | 何先生や中医師の先生から漢方のこと聞いたこと | 便秘/漢方薬 | 全身性エリテマトーデス(SLE)/漢方薬 | 円錐角膜/漢方薬 | 冷え性/漢方薬 | 加齢性黄斑変性症/漢方薬 | 勉強会(2004~2008) | 勉強会(2009) | 勉強会(2010) | 勉強会(2011) | 勉強会(2012~) | 動悸/漢方薬 | 卵巣予備能~全周期活血化淤 | 卵巣嚢腫/漢方薬 | 卵巣機能不全、卵巣機能低下/漢方薬 | 卵管性不妊/漢方薬 | 卵管留水腫/漢方薬 | 卵管閉塞/漢方薬 | 卵胞発育不全/漢方薬 | 受精障害/漢方薬 | 口内炎/漢方薬 | 呑気症(空気嚥下症)/漢方薬 | 周期療法 | 味覚障害/漢方薬 | 咳、ぜんそく、慢性気管支炎/漢方薬 | 咽喉頭異常感症、難治性咽頭潰瘍/漢方薬 | 嗅覚障害/漢方薬 | 土屋幸太郎・漢方講演会 | 土屋幸太郎結婚式 | 土屋薬局からのお知らせ | 土屋薬局のの口コミ、評判 | 坐骨神経痛/漢方薬 | 坑精子坑体/漢方薬 | 基礎体温が低め/漢方薬 | 基礎体温が高め/漢方薬 | 基礎体温ガタガタ/漢方薬 | 基礎体温表/漢方薬 | 多汗症/漢方 | 夜中目が覚める/漢方薬 | 夢と不眠/漢方 | 女性のための漢方レッスン | 女性不妊症的中医治療 | 妊娠中と産後の体調不良/漢方薬 | 妊活・妊娠力アップ/漢方薬 | 子宮内膜が薄い/漢方薬 | 子宮内膜ポリープ、子宮内膜増殖症/漢方薬 | 子宮内膜症/漢方薬 | 子宮外妊娠後/漢方薬 | 子宮筋腫/漢方薬 | 子宮腺筋症/漢方薬 | 子宮頸がん/漢方薬 | 子宮頸管無力症/漢方薬 | 季節の養生法 | 学校保健委員会 | 小児漢方 | 小太郎製薬 | 帯状疱疹後神経痛、後遺症/漢方薬 | 後鼻漏・蓄膿症/漢方薬 | 心と体 | 感音性難聴・耳鳴り、難聴/漢方薬 | 慢性副鼻腔炎(蓄膿症)、アレルギー性鼻炎/漢方薬 | 慢性咽頭炎/漢方薬 | 我が家の庭 | 我が家の庭 2008 | 我が家の庭 2009 | 我が家の庭 2010~ | 手根管症候群、腱鞘炎、ばね指/漢方薬 | 抗核抗体/漢方薬 | 掌蹠膿疱症/漢方薬 | 排卵痛、排卵期/漢方薬 | 排卵障害/漢方薬 | 日中線記念館 | 更年期障害/漢方薬 | 月経の経血量が減少/漢方薬 | 月経不順・生理不順/漢方薬 | 月経周期が短い/漢方薬 | 月経周期が遅れる、長い/漢方薬 | 椎間板ヘルニア/漢方薬 | 武漢へ | 死産後/漢方薬 | 母乳/漢方薬 | 泣きたくなる | 活血化淤の応用 | 流産後の不育/不妊と漢方薬 | 浮腫み/漢方 | 温活GO | 漢方周期療法…南京・夏桂成先生の講義より | 漢方薬の安全性について | 漢方薬局で相談を受ける婦人病について | 無排卵・無月経/漢方薬 | 無月経・無排卵・中医不妊症テレビお茶の間講座 | 生殖医療に関わる疑問に答える | 生殖補助医療の有用性と限界 | 生理痛/漢方薬 | 甲状腺機能亢進症/不妊と漢方 | 甲状腺/不妊と漢方 | 男女の更年期と神経症 | 男性不妊/漢方薬 | 痔/漢方薬 | 痛み、しびれ/漢方薬 | 痰湿/漢方 | 眼精疲労/漢方薬 | 着床障害/不妊と漢方 | 神経障害性疼痛/漢方薬 | 糖尿病/漢方薬 | 経血量少ない/漢方薬 | 綿花観察日記 | 緑内障/漢方薬 | 繊維筋痛症/漢方薬 | 老人性膣炎・萎縮性膣炎/漢方薬 | 耳管開放症/漢方薬 | 耳鳴り、突発性難聴/漢方薬 | 聴覚過敏/漢方薬 | 肘痛/漢方薬 | 股関節痛/漢方薬 | 肩こり/漢方薬 | 肩甲骨の痛み/漢方薬 | 肩痛、五十肩/漢方薬 | 胃酸過多、機能性胃腸症(NUD)/漢方薬 | 背中のほてり/漢方薬 | 背中の痛み/漢方薬 | 胚盤胞/漢方薬 | 脂漏性皮膚炎/漢方薬 | 脈拍/漢方 | 脊柱管狭窄症/漢方薬 | 脱毛、抜け毛、薄毛の漢方薬 | 脳卒中/漢方薬 | 脳疲労症候群、脳過敏症候群/漢方 | 腰椎すべり症/漢方薬 | 腰痛/漢方薬 | 膀胱炎/漢方薬 | 膝痛/漢方薬 | 花粉症/漢方薬 | 若木山、石崎山や東根の景色 | 若木山、石崎山や東根の風景2008 | 若木山、石崎山や東根の風景2009 | 若木山、石崎山や東根の風景2010~ | 蕁麻疹、湿疹/漢方薬 | 薄い子宮内膜に漢方薬が有効である可能性がある | 薬膳 | 血の道症/漢方薬 | 血管力をつければ病気は治る | 補腎の話 | 西洋医学的にみた不妊症漢方概論 | 足底筋膜炎/漢方薬 | 逆流性食道炎/漢方薬 | 過去のバックナンバーより | 過敏性腸症候群/漢方薬 | 過活動膀胱、頻尿/漢方薬 | 遺残卵胞/漢方薬 | 酒さ/漢方薬 | 頭痛/漢方薬 | 頸椎症、首のこり/漢方薬 | 頻尿/漢方薬 | 顔面神経麻痺、手のふるえ/漢方薬 | 顕微授精(ICIS)/漢方薬 | 風邪/漢方薬 | 食欲不振、胃痛/漢方薬 | 高プロラクチン血症/不妊と漢方薬 | 高血圧/漢方薬 | 鷺草、朱鷺草観察日記 | 黄体機能不全/漢方薬 | 黄疸/漢方薬 | 100歳まで元気に生きる! | 2人目不妊、第二子不妊の漢方薬 | 2004年妊娠出産おめでとうございます! | 2005年妊娠出産おめでとうございます! | 2006年妊娠出産おめでとうございます! | 2007(1月~6月)妊娠出産おめでとうございます! | 2007(7月~12月)妊娠出産おめでとうございます! | 2008年妊娠出産おめでとうございます! | 2009年妊娠出産おめでとうございます! | 2009(7月~12月)妊娠出産おめでとうございます! | 2010(1月~6月)妊娠出産おめでとうございます! | 2010(7月~12月)妊娠出産おめでとうございます! | 2011年妊娠出産おめでとうございます! | 2012年妊娠出産おめでとうございます! | 2013年妊娠出産おめでとうございます! | 2014年妊娠出産おめでとうございます! | 2015年妊娠出産おめでとうございます! | 2016年妊娠出産おめでとうございます! | 2017年妊娠出産おめでとうございます! | 40歳代、高齢不妊/漢方薬 | AMH/漢方薬 | COPD 慢性閉塞肺疾患/漢方薬 | FSHが低い方/漢方薬 | FSHが高い/漢方薬 | POF・早発閉経/漢方薬