カテゴリー「掌蹠膿疱症|漢方薬」の記事

2016.02.01

子宮腺筋症で手術後漢方服用で妊娠5ヶ月でした!

おはようございます。

薬剤師、不妊カウンセラーの土屋幸太郎です。


先週の土曜日は、午前中に男の子の赤ちゃんを無事に出産されて半年経ったお客様が赤ちゃんと主人を連れて来店されました。


出産されたときには、大きな胎盤で助産師さんにも「立派な胎盤ですね!」と誉められたそうです。


平成26年6月28日に化学流産後からの漢方相談で、平成27年1月13日は妊娠、陽性が分かり、めでたく昨年の9月にご出産されて今まで北関東のご実家に半年間ゆっくりされていました。


婦宝当帰膠、オリヂンP、杞菊顆粒、二至丹、逍遥丸、参馬補腎丸、冠元顆粒、弓帰調血飲第一加減などその時々の月経周期に合わせた周期調整法、いわゆる月経周期療法をお勧めしていました。


胎盤エキスも妊娠前、妊娠中とずっと服用されていたから、いい胎盤ができて安胎になったのかな?とも思います。

ご自宅が隣の市ですから通いやすかったので、いつも気軽にお話できて良かったです。


「漢方薬、先生のお陰です」と感謝されて、こちらのほうはあまり何もしていないので恐縮しきりです。


ご主人も仕事の合間に漢方を購入に来店されたり、とても立派な方でした。


お土産 日光の月

<2016年1月30日> お土産 日光の月を頂戴しました。スタッフ一同で有難く賞味させて頂きました。

お土産 日光の月


赤ちゃんの写真です。

飾っている写真にも我が子をみつけられて、とても喜んで頂きました。



その他、土曜日は赤倉温泉よりも先の最上のほうから車で当店に娘さん2人を連れてきたお客さま(子供を諦めたらできた)、子宮腺筋症で北関東で手術を受けた後に、当店でも漢方を3年ぐらい服用して妊娠して5ヶ月になったお客さま、8歳のお子様の先天性掌蹠角化症で漢方を1ヶ月服用したらだいぶ良くなってお母さんも大喜びなど、いろいろな感動的な話が沢山ありました。


スタッフによると子供の場合には怪我なども治りが早いので、漢方でも突発性難聴や掌蹠角化症(2歳のときから始まったそうです)なども、大人と違って漢方の効き目がダイレクトに早いのかもしれませんね。


ペットも漢方の効き目が良い場合がある場合あるそうですから、そうすると慢性の大人の病気の場合には「こころ」「ストレス」が奥深く関係しているかもしれないですね。


最近は、お子さまの漢方相談も少しずつ増えてきました。(でも県外の方はごめんなさい、直接に来店して頂けないととくにお子様の漢方相談は無理なことご承知ください)


漢方薬は私にとってとても心強いおまじないでした。</a>」の額縁を入り口に飾りました。

漢方薬は私にとってとても心強いおまじないでした。」の額縁を入り口に飾りました。


漢方薬は私にとってとても心強いおまじないでした。</a>」の額縁を入り口に飾りました。


来週は千葉からお客様が来店されますので土屋薬局の近況の写真を紹介しますね。


土屋薬局 駐車場

<2015年2月1日 土屋薬局 駐車場>

土屋薬局 駐車場

今年は暖冬なので雪が少ないです。


薬局店頭の入り口にはサトちゃんとサトコちゃん

薬局店頭の入り口にはサトちゃんとサトコちゃんが待っています。


にほんブログ村 健康ブログ 漢方へ
にほんブログ村漢方ブログランキングに参加しています。 


妊娠・出産 ブログランキングへ
 ↑ クリックして頂けましたら望外の喜びです。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012.08.29

掌蹠膿疱症の漢方相談(4)

季節は晩夏で9月を前にしても暑い毎日です。

さて、掌蹠膿疱症の漢方相談の続きをログしていきます。


前回のお話は「掌蹠膿疱症の漢方相談(3)」にまとめています。


○7月17日

左の足首が痛いです。

田んぼに行くのも大変です。

手足の裏、かかとの側面の痒み、皮がガサガサとむけてきます。

痛みにはロキソニンを服用しています。

☆起床時には足首が痛いので、ロキソニンを服用して夜に寝ています。


通じは毎日あって便秘はしていません。


今回は、私が練りに練って考えて、「痛みに強い生薬」を一緒に配合しました。

ガサガサ、ゴリゴリの硬い皮膚病にも効果を発揮すると言われています。


漢方薬は3つをお勧めです。



○8月2日

足がむくんでいましたが、今週はスッキリしました。

足首を曲げる時の感覚がイマイチ。

足の裏の湿疹は少し広がっている感じ。

先週は爪がベロベロにむけて大変でした。


☆痛みは薄らいできました。

(でも畑に行くときに靴を履くのが痛いです)

☆手のひらはきれいになりました。

下痢、便秘はしていません。


同じ漢方薬をそのまま継続です。



○8月28日

☆足の裏の湿疹、掌蹠膿疱症がだいぶ良くなってきました。

☆足がいつもつっていて大変だったのが、足のつりがなくなって嬉しいです。

☆手のひらはきれいなままです。

☆足に痛みもほとんど気になりません。

ということで経過が良くなってきてかなり嬉しく思っている次第です。(^^)


Imgp51520819

<2012年8月19日 村山市 マツヨイグサ>

星薬科大学時代には、採葉でマツヨイグサを関山まで採集に行ったことなど、懐かしい思い出です。

大学一年の夏でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012.06.27

掌蹠膿疱症の漢方相談(3)

掌蹠膿疱症の漢方相談(3)です。


前回、Tn先生に値千金のアドバイスを頂きました。

掌蹠膿疱症の漢方相談

掌蹠膿疱症の漢方相談(2)

こちらでも詳しい経緯を書いています。


<掌蹠膿疱症の漢方相談(3)>


足の裏の赤みが引いてきました。

◎手のひらは症状が出てこなくなりました。

症状がひっこんでいます。

3日前から赤みが薄らいできています。


○痒みは変わらないです。ガサガサしています。

爪でガリガリ掻いてしまいます。



そこで恩師の何先生に再度お聞きしてみました。

アドバイス


「痒みがあることは水泡が中にあります。

もう少し今の処方をお続けしてください。

今の梅雨時の暑くなってくる季節は掌蹠膿疱症が発症しやすいです。


黄連温胆湯を半分くらい少し入れる。(1回に半包)

50代の女性、更年期にでやすい。

暑くなったけど、この時期は体の陽気が肌にでる。

体の中は冷えている。

陽気不足。

冷えもあるし、熱もある。


黄連温胆湯は温めるのもあるし、清熱解毒もある。

酸棗仁は自律神経の調整に。

免疫にも効き目があるので一石三鳥。」


その後のお客様のお話です。

「歩いていても痒くなるので、足の裏のすり合わせて掻いてしまいます」


腰から背中のあたりまで痛くなってしまいます。

にぶい痛みがあります。


痛みの症状には、以前に何先生に教えて頂いた食用アリ製剤を。

また今回は、前回の漢方処方に痒み対策をより強化していく方針で頑張っていくことになりました。


Imgp44720617

<2012年6月17日 山形市 蔵王眺め>

Imgp44760617_2

そして雨が降ってきました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012.06.04

掌蹠膿疱症の漢方相談(2)

掌蹠膿疱症の漢方相談」の続きです。

今年の2月21日から引き続き、根気よく漢方をお続けなさってはや季節は六月になりました。


先月からの漢方相談の模様と恩師のTn先生に今日、アドバイスを頂いたことを記録していきたいです。



<掌蹠膿疱症の漢方相談>


○5月14日

5月3日のときに右手の力が入らなくて握れなかった。

握れるけど、ギュッと握れません。

5月になってから痛み、4月の終わりから小水疱、皮が破れる。

足にも痛みがあります。

足の裏も痒いです、夜に足がつります。


舌ベロはやや暗で苔は白膩苔。


私自身で考えて漢方処方を見直しました。

1:三物黄芩湯
2:五行草
3:瀉火利湿顆粒
4:ヨクイニン末



そして今日の6月3日です。


足の症状がひどくて、踵がガサガサで赤み、痒み。

土踏まずのところの赤み、痒み、ガサガサ。

足の甲、足の脛にも湿疹ができています。

手のひらのほうは症状が良くなっています。


舌ベロは、尖紅(イチゴ状に舌ベロの尖が赤い)、苔は白膩苔です。


Tn先生のアドバイス


→三物黄芩湯から、温清飲に変更してみて、五行草はそのまま続けたほうがいい。

温清飲は養血と清熱作用がある。

瀉火利湿顆粒は利湿効果が強く、ジュクジュクしているときに使う。


真皮層を養うことも大切。


二至丹や百潤露など。

(私は二至丹を選びました)


と値千金のアドバイスを頂きまして、掌蹠膿疱症の今後の様子を見守っていきたいです。

良くなって頂きますと嬉しいです。

Imgp43720531

<2012年5月31日 若木山 草木塔>

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012.02.21

掌蹠膿疱症の漢方相談

おはようございます。

薬剤師、不妊カウンセラーの土屋幸太郎です。


先週に掌蹠膿疱症の漢方相談をお受けしました。

ちょうど来店のご予約を頂いてあらかじめ漢方相談することが分かっていたので、恩師の何先生から先生の今までの体験を通して掌蹠膿疱症の漢方相談のポイントを教えて頂きました。

忘れぬうちにログしておきます。


59歳 女性のかた 


<掌蹠膿疱症>


昨年の春は手足の裏から始まりました。

最近は足首も痒くなってきます。

爪でひっかいてしまいます。

皮膚科から軟膏を処方されて塗っています。

<中医師の何先生からのアドバイス>


三物黄芩湯と「胃腸とメンタルを強化する漢方」を一緒に併用する。

「胃腸とメンタルを強化する漢方」は入れるほうが良い。


三物黄芩湯は全量、「胃腸とメンタルを強化する漢方」は半量で。

良くなったら、半量と全量をそれぞれ入れ替えていく。


骨の痛みがあるときには、アリ食品を。

胸の骨や足の骨が痛いなど、何か骨の痛みが来ることが多い疾患です。


ポイントは「骨の痛み」があるかどうか。

骨の痛みがなければ、美肌油。

夜に1回、2カプセル。


免疫と熱が関係していることが多い

免疫と熱が関係していることが多い。


掌蹠膿疱症の店頭での漢方相談

<掌蹠膿疱症の店頭での漢方相談>

そして当日に実際にお客様がいらっしゃって掌蹠膿疱症の漢方相談をしました。


足の裏の土踏まずがアザみたいになっています。

治ったり、再発を繰り返しています。


胸鎖関節症から掌蹠膿疱症が始まりました。

首が痛い→頸椎7番目→骨が曲がって固まってきている。


最初は痛くて眠れなかったが、最近はようやく眠れるようになってきた。

ここ1週間は左の膝の後ろが痛い。

春から夏にかけて背中の痛みが辛かった。

皮膚からデルモベート、亜鉛化単軟膏、ワセリン、タリオンOD錠


<私の感想>


師匠からのアドバイスがあまりにも的確だったので漢方相談中、驚きました。

今後は、掌蹠膿疱症の症状が改善していって頂きたいです。


○2012年3月13日追記です。


漢方を服用してから約3週間ぐらい経過しました。

掌蹠膿疱症の色が薄くなってきたそうです。

痛みは手首や足首などにあるとのことで、根気よくもう1か月間、同じ掌蹠膿疱症の漢方処方を継続していきます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

その他のカテゴリー

LUF・黄体化未破裂卵胞|不妊と漢方薬 | PCOS・多嚢胞性卵巣症候群|不妊と漢方薬 | PMS・月経前緊張症|漢方薬 | 「ナチュラルな妊娠」「45歳、もう生んでいいかしら?」 | 「血流たっぷり」をめざしなさい | いびき|漢方薬 | おねしょ、小児夜尿症|漢方薬 | おりもの、のびおり|不妊治療と漢方薬 | お客さまとのエピソード | お腹の張り、腹部膨満感、食欲不振|漢方薬 | お香 | しびれ|漢方薬 | つわり|漢方薬 | にきび|漢方薬 | のどのつかえ、喉の痛み、難治性咽頭潰瘍|漢方薬 | ほてり|漢方薬 | むずむず脚症候|漢方薬 | めまい、立ちくらみ|漢方薬 | アトピー性皮膚炎|漢方薬 | アレルギー性鼻炎と体外受精|漢方薬 | アレルギー性鼻炎|漢方薬 | イスクラ冠元顆粒 | イスクラ冠元顆粒発売20周年記念成都シンポジウムに参加して | イスクラ婦宝当帰膠 | イスクラ独歩顆粒 | イライラ落ち込み漢方、不安落ち込み|漢方薬 | イラスト | インターネットの掲示板などで漢方紹介 | カウフマン療法|不妊と漢方薬 | カンジダ膣炎|不妊と漢方薬 | ガン(がん)|漢方薬 | クラミジア感染症|不妊と漢方薬 | クローン病、潰瘍性大腸炎|漢方薬 | ゲップ・ガス|漢方薬 | ココログ版漢方(無名)コラム・2004 | ココログ版漢方(無名)コラム・2005 | ココログ版漢方(無名)コラム・2006 | ココログ版漢方(無名)コラム・2007 | ココログ版漢方(無名)コラム・2008 | ココログ版漢方(無名)コラム・2009 | ココログ版漢方(無名)コラム・2010~ | コンクレバン | シェーグレン症候群|漢方薬 | シミ・肝斑|漢方薬 | ストレス|漢方薬 | セックスレス、性機能減退|不妊と漢方薬 | タイミング療法|不妊と漢方薬 | ダイエット|漢方薬 | チャイナビュー | チョコレート嚢胞|不妊治療と漢方薬 | ツイッター | ツボの話題 | ディスプレー症候群|漢方薬 | ドライアイ|漢方薬 | ドライマウス、口腔乾燥症|漢方薬 | ニュースレターより | ハテナ | ビタエックス(プラセンタ) | フレイルの漢方対策 | ヘパーデン結節|漢方薬 | ベビ待ち保育士さん、幼稚園教諭さん|漢方薬 | ベビ待ち小学校教員さん|不妊と漢方薬 | ベビ待ち歯科衛生士さん|不妊と漢方薬 | ベビ待ち看護師さん|不妊と漢方薬 | ベビ待ち美容師さん|不妊と漢方薬 | メニエール病|漢方薬 | メールマガジン | モンテディオ山形 | ヤフー知恵袋の漢方の回答より | リウマチ性多発筋痛症|漢方薬 | リウマチ|漢方薬 | ロコモティブシンドローム|漢方薬 | 下痢、軟便|漢方薬 | 下肢静脈瘤|漢方薬 | 不妊カウンセラーに向けて | 不妊カウンセラー・体外受精コーディネーター養成講座 | 不妊治療の基礎知識…現状と問題点 | 不妊漢方治療の応用 | 不妊症の基本検査について | 不妊症の年代別漢方相談 | 不妊症テレビお茶の間講座 「子宮内膜症」 | 不妊症専門講座・PCOS 「多嚢胞性卵巣症候群」 | 不定愁訴|漢方薬 | 不正出血|不妊と漢方薬 | 不眠|漢方薬 | 不育、流産後|不妊治療と漢方薬 | 中医五官病 | 中医痺証専門講座「南通研修」への道 | 乳がんの疫学と薬物療法 | 乳腺炎、断乳、母乳|漢方薬 | 人工授精で妊娠出産|不妊と漢方薬 | 今週の漢方相談会 2008年 | 今週の漢方相談会 2009年 | 今週の漢方相談会 2010~ | 今週の漢方相談会 2013~ | 今週の漢方相談会2017 | 体外受精で妊娠出産|不妊と漢方薬 | 何先生や中医師の先生から漢方のこと聞いたこと | 便秘|漢方薬 | 免疫性不妊|漢方薬 | 全身性エリテマトーデス(SLE)|漢方薬 | 円錐角膜|漢方薬 | 冷え性|漢方薬 | 加齢性黄斑変性症|漢方薬 | 勉強会(2004~2008) | 勉強会(2009) | 勉強会(2010) | 勉強会(2011) | 勉強会(2012~) | 動悸|漢方薬 | 卵巣予備能~全周期活血化淤 | 卵巣嚢腫|不妊と漢方薬 | 卵巣機能不全、卵巣機能低下|不妊と漢方薬 | 卵管性不妊|不妊と漢方薬 | 卵管水腫|不妊と漢方薬 | 卵管閉塞|不妊と漢方薬 | 卵胞発育不全|不妊と漢方薬 | 受精障害|不妊と漢方薬 | 口内炎|漢方薬 | 呑気症(空気嚥下症)|漢方薬 | 味覚障害|漢方薬 | 咳、ぜんそく、慢性気管支炎|漢方薬 | 咽喉頭異常感症、難治性咽頭潰瘍|漢方薬 | 嗅覚障害|漢方薬 | 土屋幸太郎・漢方講演会 | 土屋幸太郎結婚式 | 土屋薬局からのお知らせ | 土屋薬局のの口コミ、評判 | 坐骨神経痛|漢方薬 | 坑精子坑体|不妊と漢方薬 | 基礎体温が低め|不妊と漢方薬 | 基礎体温が高め|不妊と漢方薬 | 基礎体温ガタガタ|不妊と漢方薬 | 基礎体温表|不妊と漢方薬 | 夏の疲れに漢方 | 多汗症|漢方 | 夜中目が覚める|漢方薬 | 夢と不眠|漢方 | 女性のための漢方レッスン | 女性不妊症的中医治療 | 妊娠中と産後の体調不良|漢方薬 | 妊活・妊娠力アップ|漢方薬 | 子宮内膜が薄い|不妊と漢方薬 | 子宮内膜ポリープ、子宮内膜増殖症|漢方薬 | 子宮内膜症|不妊治療と漢方薬 | 子宮外妊娠後|不妊と漢方薬 | 子宮筋腫|不妊治療と漢方薬 | 子宮腺筋症|不妊治療と漢方薬 | 子宮頸がん|漢方薬 | 子宮頸管無力症|不妊と漢方薬 | 季節の漢方養生 | 季節の養生法 | 学校保健委員会 | 小児チック|漢方薬 | 小児漢方 | 小太郎製薬 | 帯状疱疹後神経痛、後遺症|漢方薬 | 後鼻漏・蓄膿症|漢方薬 | 心と体 | 感音性難聴・耳鳴り、難聴|漢方薬 | 慢性副鼻腔炎(蓄膿症)|漢方薬 | 慢性咽頭炎|漢方薬 | 我が家の庭 | 我が家の庭 2008 | 我が家の庭 2009 | 我が家の庭 2010~ | 手根管症候群、腱鞘炎、ばね指|漢方薬 | 抗リン脂質抗体|不妊と漢方薬 | 抗核抗体|不妊治療と漢方薬 | 掌蹠膿疱症|漢方薬 | 排卵痛、排卵期|不妊と漢方薬 | 排卵障害|不妊と漢方薬 | 日中線記念館 | 更年期障害|漢方薬 | 月経の経血量が減少|不妊治療と漢方薬 | 月経不妊周期療法|不妊と漢方薬 | 月経不順・生理不順|不妊と漢方薬 | 月経周期が短い|不妊と漢方薬 | 月経周期が遅れる、長い|不妊と漢方薬 | 未成熟卵|不妊症と漢方 | 椎間板ヘルニア|漢方薬 | 武漢へ | 死産後|漢方薬 | 母乳|漢方薬 | 泣きたくなる | 活血化淤の応用 | 浮腫み|漢方 | 温活GO | 漢方周期療法…南京・夏桂成先生の講義より | 漢方薬の安全性について | 漢方薬局で相談を受ける婦人病について | 無排卵・無月経/不妊と漢方薬 | 無月経・無排卵・中医不妊症テレビお茶の間講座 | 生殖医療に関わる疑問に答える | 生殖補助医療の有用性と限界 | 生理痛、月経困難症|漢方薬 | 甲状腺機能亢進症|不妊と漢方薬 | 甲状腺|不妊治療と漢方薬 | 男女の更年期と神経症|漢方薬 | 男性不妊|不妊治療と漢方薬 | 疲労|漢方薬 | 痔|漢方薬 | 痛み、しびれ|漢方薬 | 痰湿(暑湿)について | 痰湿|漢方 | 眼精疲労|漢方薬 | 着床障害、着床失敗|不妊症と漢方薬 | 着床障害|不妊治療と漢方薬 | 神経障害性疼痛|漢方薬 | 秋バテの漢方 | 空胞|不妊治療と漢方薬 | 糖尿病|漢方薬 | 経血量少ない|不妊と漢方薬 | 綿花観察日記 | 緑内障|漢方薬 | 繊維筋痛症|漢方薬 | 老人性膣炎・萎縮性膣炎|漢方薬 | 耳管開放症|漢方薬 | 耳鳴り、突発性難聴|漢方薬 | 聴覚過敏|漢方薬 | 肘痛|漢方薬 | 股関節痛|漢方薬 | 肩こり|漢方薬 | 肩甲骨の痛み|漢方薬 | 肩痛、五十肩|漢方薬 | 胃酸過多、機能性胃腸症(NUD)|漢方薬 | 背中のほてり|漢方薬 | 背中の痛み|漢方薬 | 胚盤胞|不妊治療と漢方薬 | 脂漏性皮膚炎|漢方薬 | 脈拍|漢方 | 脊柱管狭窄症|漢方薬 | 脱毛、抜け毛、薄毛の漢方薬 | 脳卒中|漢方薬 | 脳疲労症候群、脳過敏症候群|漢方 | 腰椎すべり症|漢方薬 | 腰痛|漢方薬 | 膀胱炎|漢方薬 | 膝痛|漢方薬 | 膿精液症|男性不妊の漢方薬 | 花粉症|漢方薬 | 若木山、石崎山や東根の景色 | 若木山、石崎山や東根の風景2008 | 若木山、石崎山や東根の風景2009 | 若木山、石崎山や東根の風景2010~ | 蕁麻疹、湿疹/漢方薬 | 薄い子宮内膜に漢方薬が有効である可能性がある | 薬膳 | 血の道症|漢方薬 | 血管力をつければ病気は治る | 補腎の話 | 西洋医学的にみた不妊症漢方概論 | 足底筋膜炎|漢方薬 | 逆流性食道炎|漢方薬 | 過去のバックナンバーより | 過敏性腸症候群|漢方薬 | 過活動膀胱、頻尿|漢方薬 | 遺残卵胞|不妊治療と漢方薬 | 酒さ|漢方薬 | 頭痛|漢方薬 | 頸椎症、首のこり|漢方薬 | 頻尿|漢方薬 | 顔面神経麻痺、手のふるえ|漢方薬 | 顕微授精(ICIS)|不妊と漢方薬 | 風邪|漢方薬 | 食欲不振、胃痛|漢方薬 | 食養生 | 高プロラクチン血症|不妊と漢方薬 | 高血圧|漢方薬 | 高齢不妊症、卵巣機能低下における中国漢方の考え方 | 高齢不妊|不妊治療と漢方薬 | 鷺草、朱鷺草観察日記 | 黄体機能不全|不妊と漢方薬 | 黄疸|漢方薬 | 100歳まで元気に生きる! | 2人目不妊、第二子不妊|漢方薬 | 2004年妊娠出産おめでとうございます! | 2005年妊娠出産おめでとうございます! | 2006年妊娠出産おめでとうございます! | 2007(1月~6月)妊娠出産おめでとうございます! | 2007(7月~12月)妊娠出産おめでとうございます! | 2008年妊娠出産おめでとうございます! | 2009年妊娠出産おめでとうございます! | 2009(7月~12月)妊娠出産おめでとうございます! | 2010(1月~6月)妊娠出産おめでとうございます! | 2010(7月~12月)妊娠出産おめでとうございます! | 2011年妊娠出産おめでとうございます! | 2012年妊娠出産おめでとうございます! | 2013年妊娠出産おめでとうございます! | 2014年妊娠出産おめでとうございます! | 2015年妊娠出産おめでとうございます! | 2016年妊娠出産おめでとうございます! | 2017年妊娠出産おめでとうございます! | AMH|不妊治療と漢方薬 | COPD 慢性閉塞肺疾患|漢方薬 | FSHが低い方|不妊治療と漢方薬 | FSHが高い|不妊治療と漢方薬 | POF・早発閉経|不妊治療と漢方薬