カテゴリー「更年期障害|漢方薬」の記事

2017.02.14

とにかくイライラ…不安感…いや〜な頭痛… それって「血の道症」が原因かも⁉️

おはようございます。

雪も溶け始めて、朝の陽射しもだいぶ明るくなってきて底冷えの寒さも抜けてきた山形です。

今日はバレンタインデー、どんな一日をお過ごしですか?


最近は我が家に来るスズメやヒヨドリ、ツグミなどに見惚れることが多く、鳥をみる生活も素敵だなあと思っています。


さて先週の漢方相談会、土曜日の2月11日の建国記念の日、午後にいつも来店されているお客さまが私の漢方相談がちょうど終わったばかりでしたので、こことぞばかりに車に乗って待っていたご主人様も連れてきました。


首の頚椎ヘルニアをやったことがあり、頭痛など体調の不良があるそうです。

50代の男性の方です。

めまい、高血圧

花粉症あり。

腰は椎間板ヘルニア、狭窄症の手術もしました。

左足の親指のしびれはとれない。


天童市に嫁いた娘様が妊娠出産された「縁」で当店でお母様もその後、相談されています。


こちらのチラシで漢方薬の説明を差し上げました。




とにかくイライラ…不安感…いや〜な頭痛…

それって「血の道症」が原因かも⁉️


更年期、妊娠、出産後、生理。


「血の道症」とは月経、妊娠、出産、更年期など女性ホルモンバランスの変動に伴って現れる精神不安や苛立ちなど精神神経症状、身体症状です。




女性は男性と違って月経周期によって体調が変化します。

月経は主に2つのホルモン(エストロゲン、プロゲステロン)によりコントロールされており、月経前はプロゲステロンが多く、月経中はどちらも少なくなります。


生理痛、発熱、頭痛、下痢、鼻血・浮腫・胸が張るなどの症状もでることがあります。

また、ほとんどの女性は更年期に入ると、卵巣の機能が衰えてきます。


そのため卵巣から分泌される女性ホルモンの1つであるエストロゲンの量も減ってきます。

しかし、脳はエストロゲンの量を増やそうと卵胞刺激ホルモンの分泌量を増やします。


ここでホルモンのバランスに乱れが生じてしまいます。

これにより様々な不快な症状が出てきます。


このように女性ホルモンバランスの乱れにより起こる症状を「血の道症」といいます。




女性は月経周期があるのでケアが大切です。

生理前の不調や頭痛…中医学で改善しましょう!


<こんな頭痛で悩んでいませんか?>


女性特有の生理中、ストレス、緊張性の頭痛だけでなく、頭部全体の頭痛を和らげる生薬が入っています。


ストレスthunder

生理中thunder

緊張thunder


厥陰頭痛…頭頂部の頭痛

少陽頭痛…側頭部の頭痛

陽明頭痛…額を含む前頭部の頭痛

太陽頭痛…頸部から後頭部にかけての頭痛


「血の道症」の症状改善に漢方相談!>

こんな症状がある方はぜひ、土屋薬局まで漢方相談、お寄せください。


□イライラすることが多い

□時々、不安になる

□何もやる気がおこらない

□気持ちが沈むことが多い

□頭痛・肩こりがある

□疲れやすい

□めまい、耳鳴りがする

□なかなか眠れない



お客さまのご主人様には男性のかたも「めまい」や「首」「頭」の不調は首から上の中医五官病の疾患であり、漢方薬で改善する可能性が高いことをお伝えして希望をもって頂きました。


ちょうど午前中に尾花沢市からのお客さまがどこにあっても治らなかったひどい頭痛がもう半年経過して症状が軽くなって、だいぶ明るい顔色になられていましたので、その旨などもお伝えしました。


「血の道症」の漢方相談は土屋薬局までお寄せください。



頭痛、肩こり。痛み、しびれの中医痺証


「目、耳、鼻、口、のど」 目の痛み、眼精疲労、ドライアイ、耳鳴り、突発性難聴、後鼻漏や花粉症、のどなどの中医五官病の漢方相談。

不妊症の子宝相談。(本場仕込みの本格的な漢方相談)


ほかどのようなジャンルの漢方相談もお受けしています。

漢方相談会、独身の方が結婚前に生理不順の真剣な婦人病の漢方相談をお寄せ下さったり、不妊で悩む人生の岐路に立っているような真剣なカップルでのご来店が土屋薬局には増えてきています。


元気のでる漢方相談を真摯に心掛けています。


龍に赤ちゃんが載っている画像、子宝に恵まれた


お電話やメールで漢方相談のご予約お願いします。
平日の漢方相談大歓迎です。一人一人に時間をじっくり割いて相談しています。
遠方のかたは、電話やメールでご相談をお寄せください。こちらから。


頭痛、肩こり。痛み、しびれの中医痺証


「目、耳、鼻、口、のど」 目の痛み、眼精疲労、ドライアイ、耳鳴り、突発性難聴、後鼻漏や花粉症、のどなどの中医五官病の漢方相談。

不妊症の子宝相談。(本場仕込みの本格的な漢方相談)


ほかどのようなジャンルの漢方相談もお受けしています。

漢方相談会、独身の方が結婚前に生理不順の真剣な婦人病の漢方相談をお寄せ下さったり、不妊で悩む人生の岐路に立っているような真剣なカップルでのご来店が土屋薬局には増えてきています。


元気のでる漢方相談を真摯に心掛けています。


龍に赤ちゃんが載っている画像、子宝に恵まれた


お電話やメールで漢方相談のご予約お願いします。
平日の漢方相談大歓迎です。一人一人に時間をじっくり割いて相談しています。
遠方のかたは、電話やメールでご相談をお寄せください。こちらから。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013.11.28

上海の漢方事情(2) 20代女性の生理不順(PCOS)排卵障害と子宮内膜ポリープ、着床障害など

こんにちは。

薬剤師、不妊カウンセラーの土屋幸太郎です。


本日、先ほどお帰りになられましたが師匠の何先生に中医学を教えて頂きました。

後半からは妻が黄帝内経素問を教わっていて、私も大変に勉強になりました。

天地と自然界と人体のことを考えた黄帝内経素問は深い、深い世界です。



土屋からの質問

<最近、若い人で生理不順。とくにPCOSの多嚢胞性の方でとくに特徴がないけれどもLHが高い、月経周期が長くて無排卵気味の方も増えてきました。どう考えたらよろしいでしょうか?>


生理不順…若い人


逍遥丸+参茸補血丸


逍遥丸は、8、8、8丸とか10、10、10丸など

1日3回 たっぷりで


参茸補血丸は黄体ホルモンを補うような感じで。

舌ベロが紅めの人は少な目に、6、6とか

気血不足の人はたっぷりと


肝血不足、肝血虚だから生理が作れなくなる。

長い月経周期がだんだん短くなって整ってくる。


太っている人→参茸補血丸+温胆湯 1包×3回


夜勤のある人→逍遥丸と付き合うといい(婦宝当帰膠なども)

看護婦さんとか婦警さんとか、介護士さん。

工場勤務で夜勤のある働く女性の方へ



<着床障害のタイプ別の方法>


着床しにくいタイプ

1)舌ベロが紅いタイプ 脾の気陰両虚タイプ、アトピーのような感じ

免疫が敏感に反応し過ぎる


着床しにくい

高温期に、チャガ+健脾散

便秘がある人は健脾散が合わない


(タンポ○もこのタイプならあう)

2)受精卵の壁の上の抗体が弱い

気血不足タイプ


双料参茸丸+チャガ

BBT M型が多い、真ん中が凹む


周期10日目から双料参茸丸 四分の一丸×4回(1日1丸)

チャガは1日3回


(このタイプはタン○ポ合わない)



更年期のタイプ


1)冷え、のぼせ たとえば参馬補腎丸+天王補心丹

2)疲れ、のぼせ たとえば補中丸+天王補心丹、オリヂンP顆粒+天王補心丹など



<子宮内膜ポリープについて>


上海の老中医 白花蛇○草+板○根

子宮に何かあるときに、上海の老中医は必ず白花蛇○草を使っていた。必ず入れる


白花蛇○草は大腸ポリープ、リンパにもいい


子宮内膜ポリープの術後は板○根は1~3ヶ月の間服用するといい


子宮内膜ポリープは細胞の増殖が早すぎる。

またウイルスに関係があるかも、増力しすぎないようにする


気虚、陽虚は外邪に対する抵抗力が弱い


あるタイプは風邪をひく、のどが弱い、ポリープができる


ポリープは細胞の異変、増殖が早すぎる


大腸のポリープだけは悪性になりやすい


気虚タイプ…ウイルスと闘う

陽虚タイプ…ウイルスと闘わない→細胞異変をおこす


陽虚の体質改善には十全大補湯なども


(昔の2007年のコラム 「上海の漢方事情」も参考になりましたら、幸いです)



冷たいものを飲みすぎる→ニキビ

小さいときに裸足で足が冷えて卵巣が悪くなる。


下半身が冷える、上半身がのぼせる


夏の天と地の陰陽が交わるようにならず、
下に邪気があるから上の熱が降りてこなくて
天と地が交流できない。


下半身は冬、上半身は夏


(とても深い話で私は中医学を勉強して20年ですがとても感動しました。妻は黄帝内経素問を勉強しているので、恐るべしです)



大日さまに登ってみました。

<2013年11月27日>

久しぶりに薬局のお昼休みにお散歩で大日さまに登ってみました。


月山は雲隠れ

この日はちょうど月山は雲隠れ

月山は雲隠れ

月山は雲隠れ

朝日連峰はすでに一足早い雪景色で来るべき冬を感じているところです。

大朝日岳

大朝日岳

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013.02.22

慢性のじんましんを「血熱(けつねつ)」で検索してみたら漢方用語!早速試して良かった。

先週のことです。

50代の女性のお客様が来店されました。

昨年の暮れの12月に1回は治ったけど、正月明けにまた再発したとのことでした。


じんましん、湿疹。


でお悩みの漢方相談を求めに土屋薬局に来店されたのでした。

慢性化していて10年前からじんましんの体質。

昨年の秋からは湿疹も加わりました。


更年期なのでしょうか?

胸も暑い感じがします。


胸、腕、背中に赤いじんましん。

痒みが強いです。


昨日は痒みで夜中に何度も目が覚めました。

そんなときには冷たいシャワーを浴びるようにしています。


食欲は普通で便通も問題ないです。

舌はやや赤みがあって陰虚ぽい感じです。


インターネットなんの気なし漢方用語の「血熱(けつねつ)」で検索したら当店がヒットしたそうで、近いからこれなら!と思ったのがご来店のきかっけです。


皮膚や体が熱い感じ。

外は冬ですけどお部屋でランニング姿になっても平気です。


冷やしたくなるので、飲まない缶ビールを肌にあてたりもします。

上半身、胸のところが熱いです。


皮膚からは、慢性じんましんとして抗アレルギー剤やステロイド軟こうなど処方してもらっています。


生理は一時、4ヶ月ほど不順でしたがまた再開している順調だそうです。

200h1

<漢方体験後です>

当店からは漢方2種類。

「血熱(けつねつ)」を冷ますような漢方などおすすめし、お肌に潤いを与えほてりやのぼせを「補陰」によって解消するような体質改善も一緒に併用して頂きました。(冬至や夏至に採れる漢方など)

漢方服用して10日目なのですが、前回お店で「血熱」を冷ますような漢方などを服用し、また帰宅して晩にも服用したらお肌の赤みや痒み、慢性じんましんの状態がだいぶ良くなって、湿疹も軽減したそうです。

とても嬉しいです。

お客様、とてもニコニコと大喜びで、初回の漢方相談とはまったく違う印象で快活にお店を後にされました。


200h1


<漢方の先生から一言>


血熱(けつねつ)とは体の奥に熱が籠っていることです。

ご自身では、じんましんや湿疹はきっと体の体質に関連しているに違いない。

この肌の赤みや痒みは「熱」だし、なかなか治らないから試しに「血(ち)」の「熱」として検索してみたら、「血熱(けつねつ)」で漢方の対処法が書いていて非常に感動されたそうです。


慢性蕁麻疹、じんましんや湿疹などでお悩みのかた、ぜひ土屋薬局の店頭で一緒に体質改善の方法を考えていきましょう。

私もこんなに早く効き目があって嬉しい限りです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010.06.16

50代。カンジダ膣炎。外陰部の痒みの漢方相談

こんにちは。

雨が上がった山形です。

今朝は散歩をしていたら急に大雨になって朝からずぶぬれになってしまいました。

さくらんぼハウスの中では、急ピッチで収穫作業が勧められていました。

おはようございます。山形、...
おはようございます。山形、... posted by (C)tutiyak

「おはようございます。山形、東根市は雨降りの朝です。テントは雨よけになり,さくらんぼの実が割れるのを防いでくれます。ちょうど私が子供のころ、昭和五十年時代に普及、それから一気にさくらんぼの出荷量も増えたそうです。」


さて最近、外陰部の痒みの漢方相談で良かった話があります。


外陰部の痒みが悩みです。

おりものが白っぽかったり、黄色っぽい感じです。

10代後半の頃から、カンジダ膣炎のような症状でずっと悩んできました。

(50代のお客様です)

更年期障害で婦人科にも通っています。


当店からは、湿熱(しつねつ)を除去して痒みをサッパリさせる「外陰部の痒み対策漢方」と清熱解毒作用が期待できて痒みの原因となる湿熱を除去する「スイカズラやタンポポの花など配合されている漢方」の2つをお勧めしました。

今年の外陰部の痒み4月からのご相談で、ちょうど1ヶ月服用した先月のお話では、体質化が改善されてきて外陰部の痒みが減ってきているとのことで嬉しく思った次第です。

外陰部の痒みやカンジダ膣炎などの原因は「湿熱(しつねつ)」と考えることが多く、これは「湿邪(しつじゃ)」と「熱邪(ねつじゃ)」のジメジメした患部と炎症の複合が特徴になるのですが、病は長期化しやすく、治りづらいです。

漢方的アプローチは、窓を開けて風通しを良くして湿気を追い払うことや尿から湿気を追い出したりして、同時に熱を冷まし毒を消していきます。

ふだんの食事や生活習慣では、味が肥厚甘味のものなど避けていきます。

我が家のなでしこ

<2010年6月14日 我が家のなでしこ>

中医学に詳しい薬剤師(国際中医専門員)、不妊カウンセラー(NPO法人不妊カウンセリング学会認定)による親切な相談。じっくり話を聞いて一人一人の体質や年齢、症状に応じて相談しています。どうぞお気軽にお声をかけて下さい。

平安神宮で妻と

土屋幸太郎 <2011年4月16日 京都平安神宮で 妻と>

土屋薬局 中国漢方通信/漢方専門の薬剤師、不妊カウンセラーが相談します。

土屋幸太郎・薬剤師、不妊カウンセラー(@tutiyak) - Twilog

土屋幸太郎・tutiyakツイッター

土屋薬局 中国漢方通信メールマガジン


所在地 山形県東根市神町中央1-10-7
Google mapによる所在地

営業時間 第二、第四日曜日お休みです。

平日 午前8時~午後7時  土日祭日 午前8時~午後6時

メールアドレス JDY00247@nifty.com

電話 0237-47-0033 漢方電話相談室 0237-48-2550 Fax 0237-49-1651

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008.04.03

更年期障害の漢方相談で、不眠、五十肩、肩甲骨も

約35分間くらい、お話を聞かせて頂いていました。

もうすぐ60歳になろうとする主婦の方からですが、体調が悪いために、今まで外出が難しかった。

自分の悩みを聞いてくれる人が居なかったので、今日は電話をして本当に良かったと喜んで頂きました。


婦人科では、漢方薬・半夏厚朴湯(はんげこうぼくとう)と加味逍遥散(かみしょうようさん)を服用していて、地元の薬局からも漢方薬を2種類購入しているが、それでもなお調子が悪くて、もっと体調を良くしていきたいとのことでした。

(最近は、このパターンの相談もけっこう多いです)


神経内科からは、ソラナックス。

眠れないときに服用しています。


更年期障害、風邪を引きやすい、婦人科の先生から淤血(おけつ)体質と言われた。

一時は一人で外出も出来なくてヘルパーさんに来てもらっていた。

動悸、突発性難聴から耳鳴りが残った。

不眠、五十肩もひどかった。

背中の肩甲骨から調子が悪くなる。

手足が冷える、とくに膝下が冷える、最初は皮膚にビリビリした感じだったが、やがて肌に痛みとして残った。

介護保険制度が出来る前に姑の世話をしていたことが大変だったなど、お話を聞かせて頂いていました。


長年悩んでいるときに、お友達に当店の電話番号を教えてもらったそうです。

話も最後のほうになると、お客様の主張も定まってきまして、


☆2人の娘のために元気でいたい。

(主人は年上で、私のほうが長生きするから、将来とも娘の力になりたい)

☆体調を良くしたい。

☆これからは、遊んで気晴らししていきたい。

☆友達を沢山作りたい。


一番の気がかりは、2人の娘とも卵巣嚢腫があって、親として自分の淤血(おけつ)体質が遺伝してしまったかと思うと、責任を感じてしまうとのことでした。

娘様にも、それぞれ卵巣嚢腫に効き目のある漢方薬はあって、当店では実際に実績もあることなどを伝え、そのお客様本人にも、病院の加味逍遥散と半夏厚朴湯と一緒に併用できて、「相乗トリプル効果」になる漢方を1つお勧めさせて頂きました。

年金が出るまでは、家計も厳しいので、自費で薬局で購入する漢方も一つだけにしてもらうと助かるそうです。


漢方相談に応じる薬剤師としては、やはりお話をお聞きすることも、病気が治るためには大切なんだなあと再認識しました。

「漢方相談できて、話を聞いてもらって本当に良かった」と喜ぶお客様の弾んだ声を聞きながら、今後ともこの気持ちを忘れないようにしよう…と思いました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

その他のカテゴリー

LUF・黄体化未破裂卵胞|不妊と漢方薬 | PCOS・多嚢胞性卵巣症候群|不妊と漢方薬 | PMS・月経前緊張症|漢方薬 | 「ナチュラルな妊娠」「45歳、もう生んでいいかしら?」 | 「血流たっぷり」をめざしなさい | いびき|漢方薬 | おねしょ、小児夜尿症|漢方薬 | おりもの、のびおり|不妊治療と漢方薬 | お客さまとのエピソード | お腹の張り、腹部膨満感、食欲不振|漢方薬 | お香 | しびれ|漢方薬 | つわり|漢方薬 | にきび|漢方薬 | のどのつかえ、喉の痛み、難治性咽頭潰瘍|漢方薬 | ほてり|漢方薬 | むずむず脚症候|漢方薬 | めまい、立ちくらみ|漢方薬 | アトピー性皮膚炎|漢方薬 | アレルギー性鼻炎と体外受精|漢方薬 | アレルギー性鼻炎|漢方薬 | イスクラ冠元顆粒 | イスクラ冠元顆粒発売20周年記念成都シンポジウムに参加して | イスクラ婦宝当帰膠 | イスクラ独歩顆粒 | イライラ落ち込み漢方、不安落ち込み|漢方薬 | イラスト | インターネットの掲示板などで漢方紹介 | カウフマン療法|不妊と漢方薬 | カンジダ膣炎|不妊と漢方薬 | ガン(がん)|漢方薬 | クラミジア感染症|不妊と漢方薬 | クローン病、潰瘍性大腸炎|漢方薬 | ゲップ・ガス|漢方薬 | ココログ版漢方(無名)コラム・2004 | ココログ版漢方(無名)コラム・2005 | ココログ版漢方(無名)コラム・2006 | ココログ版漢方(無名)コラム・2007 | ココログ版漢方(無名)コラム・2008 | ココログ版漢方(無名)コラム・2009 | ココログ版漢方(無名)コラム・2010~ | コンクレバン | シェーグレン症候群|漢方薬 | シミ・肝斑|漢方薬 | ストレス|漢方薬 | セックスレス、性機能減退|不妊と漢方薬 | タイミング療法|不妊と漢方薬 | ダイエット|漢方薬 | チャイナビュー | チョコレート嚢胞|不妊治療と漢方薬 | ツイッター | ツボの話題 | ディスプレー症候群|漢方薬 | ドライアイ|漢方薬 | ドライマウス、口腔乾燥症|漢方薬 | ニュースレターより | ハテナ | ビタエックス(プラセンタ) | フレイルの漢方対策 | ヘパーデン結節|漢方薬 | ベビ待ち保育士さん、幼稚園教諭さん|漢方薬 | ベビ待ち小学校教員さん|不妊と漢方薬 | ベビ待ち歯科衛生士さん|不妊と漢方薬 | ベビ待ち看護師さん|不妊と漢方薬 | ベビ待ち美容師さん|不妊と漢方薬 | メニエール病|漢方薬 | メールマガジン | モンテディオ山形 | ヤフー知恵袋の漢方の回答より | リウマチ性多発筋痛症|漢方薬 | リウマチ|漢方薬 | ロコモティブシンドローム|漢方薬 | 下痢、軟便|漢方薬 | 下肢静脈瘤|漢方薬 | 不妊カウンセラーに向けて | 不妊カウンセラー・体外受精コーディネーター養成講座 | 不妊治療の基礎知識…現状と問題点 | 不妊漢方治療の応用 | 不妊症の基本検査について | 不妊症の年代別漢方相談 | 不妊症テレビお茶の間講座 「子宮内膜症」 | 不妊症専門講座・PCOS 「多嚢胞性卵巣症候群」 | 不定愁訴|漢方薬 | 不正出血|不妊と漢方薬 | 不眠|漢方薬 | 不育、流産後|不妊治療と漢方薬 | 中医五官病 | 中医痺証専門講座「南通研修」への道 | 乳がんの疫学と薬物療法 | 乳腺炎、断乳、母乳|漢方薬 | 人工授精で妊娠出産|不妊と漢方薬 | 今週の漢方相談会 2008年 | 今週の漢方相談会 2009年 | 今週の漢方相談会 2010~ | 今週の漢方相談会 2013~ | 今週の漢方相談会2017 | 体外受精で妊娠出産|不妊と漢方薬 | 何先生や中医師の先生から漢方のこと聞いたこと | 便秘|漢方薬 | 免疫性不妊|漢方薬 | 全身性エリテマトーデス(SLE)|漢方薬 | 円錐角膜|漢方薬 | 冷え性|漢方薬 | 加齢性黄斑変性症|漢方薬 | 勉強会(2004~2008) | 勉強会(2009) | 勉強会(2010) | 勉強会(2011) | 勉強会(2012~) | 動悸|漢方薬 | 卵巣予備能~全周期活血化淤 | 卵巣嚢腫|不妊と漢方薬 | 卵巣機能不全、卵巣機能低下|不妊と漢方薬 | 卵管性不妊|不妊と漢方薬 | 卵管水腫|不妊と漢方薬 | 卵管閉塞|不妊と漢方薬 | 卵胞発育不全|不妊と漢方薬 | 受精障害|不妊と漢方薬 | 口内炎|漢方薬 | 呑気症(空気嚥下症)|漢方薬 | 味覚障害|漢方薬 | 咳、ぜんそく、慢性気管支炎|漢方薬 | 咽喉頭異常感症、難治性咽頭潰瘍|漢方薬 | 嗅覚障害|漢方薬 | 土屋幸太郎・漢方講演会 | 土屋幸太郎結婚式 | 土屋薬局からのお知らせ | 土屋薬局のの口コミ、評判 | 坐骨神経痛|漢方薬 | 坑精子坑体|不妊と漢方薬 | 基礎体温が低め|不妊と漢方薬 | 基礎体温が高め|不妊と漢方薬 | 基礎体温ガタガタ|不妊と漢方薬 | 基礎体温表|不妊と漢方薬 | 夏の疲れに漢方 | 多汗症|漢方 | 夜中目が覚める|漢方薬 | 夢と不眠|漢方 | 女性のための漢方レッスン | 女性不妊症的中医治療 | 妊娠中と産後の体調不良|漢方薬 | 妊活・妊娠力アップ|漢方薬 | 子宮内膜が薄い|不妊と漢方薬 | 子宮内膜ポリープ、子宮内膜増殖症|漢方薬 | 子宮内膜症|不妊治療と漢方薬 | 子宮外妊娠後|不妊と漢方薬 | 子宮筋腫|不妊治療と漢方薬 | 子宮腺筋症|不妊治療と漢方薬 | 子宮頸がん|漢方薬 | 子宮頸管無力症|不妊と漢方薬 | 季節の漢方養生 | 季節の養生法 | 学校保健委員会 | 小児チック|漢方薬 | 小児漢方 | 小太郎製薬 | 帯状疱疹後神経痛、後遺症|漢方薬 | 後鼻漏・蓄膿症|漢方薬 | 心と体 | 感音性難聴・耳鳴り、難聴|漢方薬 | 慢性副鼻腔炎(蓄膿症)|漢方薬 | 慢性咽頭炎|漢方薬 | 我が家の庭 | 我が家の庭 2008 | 我が家の庭 2009 | 我が家の庭 2010~ | 手根管症候群、腱鞘炎、ばね指|漢方薬 | 抗リン脂質抗体|不妊と漢方薬 | 抗核抗体|不妊治療と漢方薬 | 掌蹠膿疱症|漢方薬 | 排卵痛、排卵期|不妊と漢方薬 | 排卵障害|不妊と漢方薬 | 日中線記念館 | 更年期障害|漢方薬 | 月経の経血量が減少|不妊治療と漢方薬 | 月経不妊周期療法|不妊と漢方薬 | 月経不順・生理不順|不妊と漢方薬 | 月経周期が短い|不妊と漢方薬 | 月経周期が遅れる、長い|不妊と漢方薬 | 未成熟卵|不妊症と漢方 | 椎間板ヘルニア|漢方薬 | 武漢へ | 死産後|漢方薬 | 母乳|漢方薬 | 泣きたくなる | 活血化淤の応用 | 浮腫み|漢方 | 温活GO | 漢方周期療法…南京・夏桂成先生の講義より | 漢方薬の安全性について | 漢方薬局で相談を受ける婦人病について | 無排卵・無月経/不妊と漢方薬 | 無月経・無排卵・中医不妊症テレビお茶の間講座 | 生殖医療に関わる疑問に答える | 生殖補助医療の有用性と限界 | 生理痛、月経困難症|漢方薬 | 甲状腺機能亢進症|不妊と漢方薬 | 甲状腺|不妊治療と漢方薬 | 男女の更年期と神経症|漢方薬 | 男性不妊|不妊治療と漢方薬 | 疲労|漢方薬 | 痔|漢方薬 | 痛み、しびれ|漢方薬 | 痰湿(暑湿)について | 痰湿|漢方 | 眼精疲労|漢方薬 | 着床障害、着床失敗|不妊症と漢方薬 | 着床障害|不妊治療と漢方薬 | 神経障害性疼痛|漢方薬 | 秋バテの漢方 | 空胞|不妊治療と漢方薬 | 糖尿病|漢方薬 | 経血量少ない|不妊と漢方薬 | 綿花観察日記 | 緑内障|漢方薬 | 繊維筋痛症|漢方薬 | 老人性膣炎・萎縮性膣炎|漢方薬 | 耳管開放症|漢方薬 | 耳鳴り、突発性難聴|漢方薬 | 聴覚過敏|漢方薬 | 肘痛|漢方薬 | 股関節痛|漢方薬 | 肩こり|漢方薬 | 肩甲骨の痛み|漢方薬 | 肩痛、五十肩|漢方薬 | 胃酸過多、機能性胃腸症(NUD)|漢方薬 | 背中のほてり|漢方薬 | 背中の痛み|漢方薬 | 胚盤胞|不妊治療と漢方薬 | 脂漏性皮膚炎|漢方薬 | 脈拍|漢方 | 脊柱管狭窄症|漢方薬 | 脱毛、抜け毛、薄毛の漢方薬 | 脳卒中|漢方薬 | 脳疲労症候群、脳過敏症候群|漢方 | 腰椎すべり症|漢方薬 | 腰痛|漢方薬 | 膀胱炎|漢方薬 | 膝痛|漢方薬 | 膿精液症|男性不妊の漢方薬 | 花粉症|漢方薬 | 若木山、石崎山や東根の景色 | 若木山、石崎山や東根の風景2008 | 若木山、石崎山や東根の風景2009 | 若木山、石崎山や東根の風景2010~ | 蕁麻疹、湿疹/漢方薬 | 薄い子宮内膜に漢方薬が有効である可能性がある | 薬膳 | 血の道症|漢方薬 | 血管力をつければ病気は治る | 補腎の話 | 西洋医学的にみた不妊症漢方概論 | 足底筋膜炎|漢方薬 | 逆流性食道炎|漢方薬 | 過去のバックナンバーより | 過敏性腸症候群|漢方薬 | 過活動膀胱、頻尿|漢方薬 | 遺残卵胞|不妊治療と漢方薬 | 酒さ|漢方薬 | 頭痛|漢方薬 | 頸椎症、首のこり|漢方薬 | 頻尿|漢方薬 | 顔面神経麻痺、手のふるえ|漢方薬 | 顕微授精(ICIS)|不妊と漢方薬 | 風邪|漢方薬 | 食欲不振、胃痛|漢方薬 | 食養生 | 高プロラクチン血症|不妊と漢方薬 | 高血圧|漢方薬 | 高齢不妊症、卵巣機能低下における中国漢方の考え方 | 高齢不妊|不妊治療と漢方薬 | 鷺草、朱鷺草観察日記 | 黄体機能不全|不妊と漢方薬 | 黄疸|漢方薬 | 100歳まで元気に生きる! | 2人目不妊、第二子不妊|漢方薬 | 2004年妊娠出産おめでとうございます! | 2005年妊娠出産おめでとうございます! | 2006年妊娠出産おめでとうございます! | 2007(1月~6月)妊娠出産おめでとうございます! | 2007(7月~12月)妊娠出産おめでとうございます! | 2008年妊娠出産おめでとうございます! | 2009年妊娠出産おめでとうございます! | 2009(7月~12月)妊娠出産おめでとうございます! | 2010(1月~6月)妊娠出産おめでとうございます! | 2010(7月~12月)妊娠出産おめでとうございます! | 2011年妊娠出産おめでとうございます! | 2012年妊娠出産おめでとうございます! | 2013年妊娠出産おめでとうございます! | 2014年妊娠出産おめでとうございます! | 2015年妊娠出産おめでとうございます! | 2016年妊娠出産おめでとうございます! | 2017年妊娠出産おめでとうございます! | AMH|不妊治療と漢方薬 | COPD 慢性閉塞肺疾患|漢方薬 | FSHが低い方|不妊治療と漢方薬 | FSHが高い|不妊治療と漢方薬 | POF・早発閉経|不妊治療と漢方薬