カテゴリー「排卵痛、排卵期/不妊と漢方薬」の記事

2016.08.14

「便秘」と「食欲」が改善したら「排卵痛」が驚きのことに!

こんにちは!
今日は8月14日、日曜日です。

山形市は快晴、気持ちの良いお天気です。

さて、お盆期間中の漢方相談は土曜日の午前中は午前10時の予約と午前11時の予約のお客様夫妻、ご主人様同士が「親友」で金曜日の夜にお互い一緒に飲んでいて「明日、東根の土屋薬局に行くんだ」「俺も俺も❗️」というビックリな会話だったそうです。

「偶然」とはいえ凄いことですね。

午前10時のお客様の奥様は漢方服用して2ヶ月経過しますが「顔色」「肌の色つや」などとても良くなりました。基礎体温も良い感じになってきました。

午前11時のお客様は以前は1人目の子宝の漢方相談のときに当店をご利用して頂いて良い結果となりまひた。いまは元気なお兄ちゃんとご主人の家族3人でのご来店になります。


2人目を希望して地元の薬局で漢方薬を購入したのですが「土屋薬局だったら漢方服用して3日で効き目が分かるのに効き目が分からないどころか便秘になってしまった」ということで、再度の土屋薬局へのご来店でした。先月のことです。思い出してもらってありがとうございます。

先月の漢方相談のときには婦宝当帰膠(ふほうとうきこう)は購入して持っているそうでしたから、「食欲不振」と「便秘」対策に「心脾(しんぴ)の病は二陽に発する」ですから、真っ先に「食欲不振」と「便秘」の漢方対策をしました。

たとえ子宝の婦人科系の漢方相談でも、「胃腸」「消化器系」の漢方チェックはとてもとても大切なです。


「気を開く漢方薬」と「消導薬の漢方薬」の2つを婦宝当帰膠との併用をオススメ。


その結果は、「食欲」もでて「便秘」も解消したそうです。

意外なことに今まで初潮からかならず「排卵痛」があったのにまったく「排卵痛」を感じなくなりまひた。「驚きました!」とおっしゃっていました。

それで今回は2回目の漢方相談で健康相談でしたら「消化不振」「便秘」が治った時点でもう「100点満点」ですが、本題は「子宮内膜」を厚くして「着床」を促すことです。

そのことを説明させて頂きまして、お手元の婦宝当帰膠に「補腎精」の漢方薬と「脾と腎を補ってたすき掛けして帯脈を守って妊娠しやすくする漢方薬」に切り替えました。

今後とも良い効き目であって頂きたいです。

最近は酒田市や鶴岡市、米沢市など決して近いとは言えない距離のあるところから漢方相談にお見えになるお客様が増えています。お役立ちになるように「頑張ろう!」と思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016.07.15

2016年7月13日の日曜日の漢方相談会の予約受け付け中です。(その2)

おはようございます。

薬剤師、不妊カウンセラーの土屋幸太郎です。


今日はお昼は12時半から14時まで学校保健員会に出席します。

夏休み前でして、プール水検査のことなど学校薬剤師としての職務を果たしていきたいです。


さて土曜日の16日にお休みを頂戴しますので、代わりに日曜日の17日に臨時漢方相談会を実施します。


「2016.07.13 必見!7月17日(日曜日)「30~40代の子宝漢方に特化した」漢方相談会、開催します!


最近、40代の真剣な不妊の漢方相談が増えてきていますので、思い切ってお客様の層を「30代後半」から「40代」までに絞ることにしました。(今まで来店されていた20代、30代前半の方も全然来店されて大丈夫です。あくまで土屋薬局が「40代前後」のいわゆる世間では「妊娠が難しい」とされる層にもしっかりと対応できることをアピールするためです)


2016年7月13日の日曜日の漢方相談会の予約受け付け中です。
まだ若干空きがございます。


午前10時、午前11時、午後13時、午後14時とご予約が入りました。

数年ぶりのお客様もいれば「早発閉経(POF)の漢方相談」、また「40代」の漢方相談の新規の方もいらっしゃいます。

体調を整えて万全な体勢でしっかりとご期待に添えるように頭をフル回転させていきたいです。

話は昨日に変わりますが、昨日の午後に初めて来店されたお客様「40」代の真剣な子宝相談でございました。

お話をお伺いして「こちらも漢方のサポート万全でいきたい」と思いました。


昨日の時点でちょうど「月経周期16日め」のとのことでした。


基礎体温は残念ながら電池切れで携帯では確認できませんでしたが、わりと基礎体温はガタガタしているタイプ。


排卵痛がひどい。若いころは平気だったのに。」


「先日、おなかの痛みで心配になって婦人科に行ったら「あ、排卵痛ですね」ということで特に問題なかったです」


ちょうど昨日にまとめていた「「高プロラクチン血症」と「排卵痛」。漢方で体調を整え自然妊娠!」にも書いていますが、「排卵痛」があるということは「瘀血(おけつ)」と「気滞(きたい)」の2つの要素が必ずあります。


また「便秘気味」もありました。

「排卵痛」と「便秘」を治せて、基礎体温も綺麗にして妊娠しやすくなる方法がございます。


「子宮内膜ポリープ」の手術もされたばかりですから、まさに「活血化淤」と「疏肝理気」の漢方の方法は必須、マストです。


北京中医医院婦人科の国家級の名医 柴松岩(さいしょうがん)先生の経験によれば「二陽の病の理論」があります。

1.3二阳致病 柴松岩老师引《素问•阴阳别论》“二阳之病发心脾,有不得隐曲,女子不月……”的论述,结合历代观点和临床实践,发展提出了阳明热毒随经传入冲脉血海,损伤阴血,扰动血海,导致妇科月经失常的观点。在辨证中特别关注胃肠功能与排便情况,在治疗上重视调畅阳明的治法,临床应用屡获佳效。介绍了“二阳致病”学说在指导高泌乳素血症的辨证治疗中取得的临床进展。

百度百科 柴松岩先生のページから引用しています。


この理論を体現できる漢方薬、思想が土屋薬局にはありますので、


1)通じを良くして便通を改善


2)排卵痛を改善


3)PMS,月経前緊張症を改善


4)子宮内膜ポリープの手術後に良い


これらを体現できる漢方薬3種類とご主人様にも協力してもらえる漢方薬をおすすめしました。


「二陽の病は心脾に発する。もしそれがうまくいかないとき(意訳だと食欲不振や便秘などがあれば)、女子は不月になる。つまり月経不順になったり無排卵になってお月様が来なくなる」


この理論を基本において不妊症の子宝の漢方相談させて頂きました。

今後ともお客様のお話をよく聞かせて頂いて、スッキリとした表情でお帰りになってもらいたいです。

「もうお友達もあまり一緒にお茶して愚痴を聞いてもらう機会がなかったし、このような話はいままで出来なかったから土屋薬局に来店して良かったです!」と明るい表情でお帰りになりました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016.03.09

爽月宝やマカを子宝漢方相談でお勧めして妊娠へ

こんにちは。

土屋薬局の薬剤師、不妊カウンセラーの土屋幸太郎です。


土屋薬局は長年、「こころとからだに優しい不妊対応」、周期療法を中国の老中医・夏桂成教授と交流しながら多様な対処法を勉強している日本中医薬研究会の中の薬局・薬店の有志で勉強しているグループに属しています。

周期調節法とは、月経のリズムに応じて女性の体の状態が変化することに着目した体づくりの方法です。

月経不調をはじめ女性の疾患、特に、不妊でお悩みの方に対して大きな成果をあげています。

妊活応援、子宝パンダ応援薬局です。


梅の花の香りが漂ってきた山形です。

紅梅の香りはなんともいいもので、うっとりしています。

春の足音が一歩一歩聞こえてくるようです。


0120309

<2016年3月9日>

東根市神町官舎の梅の花

今年も花開きました。

うーん、いい香り


0080309

こちらは若木神社です。

だいぶ境内が立派になり、有名どころの神社と比較しましても貫録がでてきたようです。


先々週の漢方相談会でしたが、ちょうどご主人様が単身赴任されいるためにタイミングをみているお客様が妊娠されました。


昨年の8月からの漢方相談でした。


月経周期が遅め、基礎体温が低め


いわゆる腎陽虚のようなお鍋の火が少ないので、お月さまが満月になり排卵するスピードが遅くて、高温期も持続しにくようなタイプでした。


お鍋の火が小さめですから、沸点も低くなりがちで基礎体温は低温期が36・0~36・1℃くらい、高温期で36・6℃前後くらいでした。


生理痛も冷えるせいか酷くなりがちです。


肩こりや生理前後の頭痛、月経痛(生理痛)、月経血には塊も混じりやすいです。


ここ1年間は便秘、下痢を繰り返しています。


養血調経、補腎精、疏肝理気、補腎陰とベーシックな周期療法から始めました。


その後は9月に、参馬補腎丸と炒麦芽


10月にダブル補腎陽で参茸補血丸


などといろいろと創意工夫を基礎体温を参考にさせて頂きながら子宝漢方相談をお勧めしていきました。


11月では生理は35日周期で生理痛が辛かったこと、経血にはレバー状の血塊が混ざることなどから「生理痛を緩和する」ことも妊娠への第一歩になりやすいですから熟考のうえ、爽月宝とマカの2つをお勧めして、炒麦芽と参茸補血丸はお休みにしました。


爽月宝は私の師匠、康先生が愛用されているフェバリット処方です。


ピクノジェノールも配合されていますが、もっと違う視点でシナモン(肉桂)や我朮、三棱などの生薬がいい組み合せです。


冷え性気味で月経周期が遅れがちで生理痛がひどくなりやすいタイプに応用されます。


マカもインターネットの情報でも賛否両論があるようですが、合うタイプには合いますのでお勧めしました。


昔、婦人科の先生が「婦宝当帰膠とマカはいい組み合わせですよ」と言っていたことなども思い出します。


いわゆる健康食品のマカと爽月宝をご紹介した結果、排卵日がいままでは生理が始まってから22~23日だったのが17日目になりました。


マカや爽月宝は合っている感じだそうです。


生理中には弓帰調血飲第一加減も追加させて頂いて、生理をスッキリさせることを目標にします。


0150309

<2016年3月9日>

東根市と天童市の境を分けている乱川は春の雪解け水で勢いがよく


0160309

月山はうっすらと葉山は輝くような春の一日でした。


年は明けまして平成28年、2016年。


2月27日で妊娠5週目でした!


「マカか爽月宝のどちらかが合っていて排卵までの周期が短くなってそれで妊娠できました!」


とお客様が大喜びでした。


一見すると爽月宝もマカも素人が好きそうなものではありますが、なかなか適切な使い方をお客様にご紹介すると奥深いのだなあと私も勉強になりました。


体作りは一生懸命されましたので、今後とも順調にいって頂きたいです。


0010307

<2016年3月7日>

今年もまた土屋薬局では朱鷺草が見頃を迎えています。

0030307

雪が解けたばかりのまだモノトーンな世界ではお花の色の美しさは格別のものがあります。


0040307


0050307

こちらはアマリリスです。

赤い色が鮮やかです。

0060307

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014.08.29

漢方体験:仙台より嬉しいご来店でした! 基礎体温が高めで人工授精6回目で妊娠、出産でこれからは2人目も目指していきます。その後、2人目もすぐに漢方をご利用されて妊娠されました!

// ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
●●   「漢方体験:仙台より嬉しいご来店でした!基礎体温が高めで人工授精6回目で妊娠、出産でこれからは2人目も目指していきます。その後、2人目もすぐに漢方をご利用されて妊娠されました!」
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


Aさまより掲載許可を頂きましてコラムを作成します。


一昨日の5月13日に可愛らしいベビーカーに乗せた男の子と仙台からご一緒のご来店でした。

仙台市といっても車で東根の当店まで約40分ぐらいで来店できます。


さて、お子様は1歳4か月になるそうです。

2人目ご希望とのことで、病院の治療、人工授精を3回したところで土屋薬局の漢方を思い出してご来店されました。


一人目のお子様のときにも漢方を服用して頂いて、ちょうど人工授精6回目のときの妊娠、ご出産でした。

ほんとに素晴らしいことだと思います。


一番最初にご来店されたのは、平成24年3月3日のとき、Aさま37歳のときの漢方相談でした。



○平成24年3月3日


その当時、人工授精4回されていらっしゃいました。

クロミフェン2錠で排卵誘発をしています。

子宮内膜が4回目のときに5・6ミリと薄くなってしまいました。


クロミフェンを服用しない今周期で子宮内膜が6・5ミリです。

クロミフェンを服用しないと高温期が短くなってしまう、黄体機能不全と診断されています。


いままで28日周期だったのが不妊治療を始めてから、32日周期に伸びています。


排卵痛が生理痛なみにひどいです。

夜は眠れています。

2時に寝て朝は6時半に起きています。

夢は時々見ます。

食欲あります、通じは良いです。


BBTは高めです。

低温期が36.5℃、高温期が37℃です。

夜は足だけ無性に熱くなることがあります。

もし今後、人工授精がダメだったら体外受精を検討しています。


漢方薬は、


婦宝当帰膠、冠元顆粒、温清飲、天王補心丹と血流を改善しながら基礎体温が高めに対応する組み合わせをお勧めしました。


養生法は 1)早寝のススメ  2)主人のアルコールを控えめに

以上の2点です。



○平成24年4月7日


生理が鮮やかな色になりました。

良くなっていると思います。

経血量が増えました。

生理は5日間あってスッキリ終わり、生理痛はほぼなくて血塊もありませんでした。

生理前の不快な症状もありませんでした。

生理周期は28日になりました。

以前にクロミッド2錠を服用していたときよりも調子が良いです。


1)早めに妊娠したいです。  2)生理に関しては改善しました。


夜の睡眠もグッスリと良くなっています。

来週期は人工授精をしてみたいです。


漢方は4種類継続です。



○平成24年5月21日

陽性反応がでました! \(^o^)/

という素晴らしい漢方相談の結果でして、そして男の子と一緒のご来店となりました。


今回、今周期からはAさまの年齢も考慮にいれまして補腎を強化した漢方でやっていきます。

2人目も順調に授かって頂きますことを心から願っております。


Aさまにはご出産のお祝いのフォトフレイムも進呈させて頂きましてスタッフ一同で喜んでいるところです。


○平成26年8月29日追記


結局、今年の5月13日に仙台から家族3人でご来店されまして漢方薬は


婦宝当帰膠+補腎薬+高温期に補陽薬、低温期に補陰薬


という周期療法をお勧めしましたら、7月23日には陽性反応5週目とのことで1回の漢方周期療法での2人目の妊娠でした。

順調に過ごされているそうです。

無事のご出産、妊娠ライフを心より願っています。


Img_18760828

<2014年8月29日撮影 我が家の敷地>

急に肌寒くなったりしましたが、今日の昼さがりは夏を思い出す暑さとなりました。

露草(ツユクサ)が咲いています。


Img_18770829

こちらはホオズキです。

季節が少しずつ秋に動いていて、晩夏となっている山形です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013.06.07

漢方服用したら生理が鮮やかな色になって驚きました。生理痛はほぼ無くなって血塊もありませんでしたし、生理前の不快な症状もありませんでした。そして妊娠!

こんにちは。

薬剤師、不妊カウンセラーの土屋幸太郎です。

山形はグッと湿度も上がって蒸し暑くなってきました。

今年も季節は巡り、さくらんぼの季節到来です。


さて漢方体験談の嬉しいお話のご紹介です。


 // ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
●●  1.巻頭コラム 「生理が鮮やかな色になって驚きました」
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


お客様の了承を得ましたのでコラムを作成させて頂きます。


37歳 会社員のかたでした。


○平成24年3月3日


人工授精を4回しています。

クロミフェン2錠を服用しています。

子宮内膜が4日目のときに5・6ミリで薄くなってしまいます。

クロミフェンを服用しないときには高温期が短いです。

黄体機能不全と診断されました。

28日周期だったのが、不妊治療を始めてから32日周期に伸びました。


排卵痛が生理痛なみにひどいです。


夜は眠れています。

2時に寝て朝は6時半に起きています。

夢は時々みます。

食欲あります。

通じは良いです。


基礎体温は高めです。

低温期が36・5℃、高温期は37℃です。

夜だけ無性に熱くなることがあります。

もし今後、人工授精がダメだったら体外受精を検討しています。


婦宝当帰膠4ml(カップの目盛)×2回
冠元顆粒1包×2回
温清飲×2回
天王補心丹8丸×2回


早寝の勧め、主人はアルコールを控えめに


○平成24年4月7日来店


生理が鮮やかな色になって驚きました。

良くなっていると思います。

生理は28日周期になりました。


以前にクロミッド2錠を服用していたときよりも調子が良いです。

夜の睡眠もグッスリで良くなっています。

3月23日に生理が来て5日間ありました。

スッキリ終わりました。


生理痛はほぼ無くなって血塊もありませんでしたし、生理前の不快な症状もありませんでした。

来週期は人工授精をしてみたい。


同じ処方



○平成24年4月23日

同じ処方



○平成24年5月21日

妊娠されました!

とても嬉しいです。


ご懐妊されましたので嬉しく思いました。

今回の漢方相談は、体の鬱熱のような基礎体温が高めの漢方相談に対応できました。

とても嬉しいです。


生理痛や生理がスッキリことだけでも良い結果につながることが分かりました。

今後とも辛い症状の軽減の漢方相談を心掛けていきたいです。


Imgp70190605

<2013年6月6日 土屋薬局 駐車場 芍薬の大輪>


土屋薬局 中国漢方通信/漢方専門の薬剤師、不妊カウンセラーが相談します。

漢方体験ドットコム…土屋薬局のお客様体験談です。ぜひご覧になってください。

土屋薬局 中国漢方通信メールマガジン…毎月5日と15日の月に2回スタッフと力を合わせて発行しています。約380名の読者の方々がいらっしゃいます。ぜひご購読のご検討を!

漢方のご相談方法は、漢方相談表、またはファックス電話で受け付けています。
お問い合わせは、送信フォームもございます。
詳しい漢方相談の方法はこちらからで説明しています。


所在地 山形県東根市神町中央1-10-7
Google mapによる所在地

営業時間 第二、第四日曜日お休みです。

平日 午前8時~午後7時  土祭日 午前8時~午後6時

メールアドレス JDY00247@nifty.com

電話 0237-47-0033 漢方電話相談室 0237-48-2550 Fax 0237-49-1651


仙台方面からのご来店の場合には、お車でのご来店、または仙台駅前の旧仙台ホテル跡の複合商業施設のEDEN前のバス停から「山形新庄行き」48ライナーの山形交通のバスをお勧めしています。さくらんぼ東根駅下車です。1時間に1本あります。約1時間15分です。

さくらんぼ東根駅に到着されましたら、当店のスタッフがお迎えにまいりますので、お気軽に前もってご予約のうえご来店頂けたらと思います。


携帯からは、こちらをクリックしてください。→土屋薬局のグールグルマップ


大きな地図で見る

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008.02.02

高プロラクチン血症。無月経無排卵。妊娠!出産!

おはようございます。

薬剤師、国際中医専門員、不妊カウンセラーの土屋です。

昨年の12月のお客様から連絡があった良い報告のレポートです。



<平成19年12月度>

12月17日…Kさま 妊娠6週目 犬のマスコット進呈

12月19日…Oさま 妊娠6週目 犬のマスコット進呈

12月21日…Mさま 妊娠5週目 犬のマスコット進呈

12月31日…Kさま 妊娠8週目 犬のマスコット進呈

12月31日…Sさま 出産のご報告 「アルバム進呈」


Sさまとの相談が思い出深いです。



<平成18年8月 初めての不妊症の子宝の漢方相談


Sさま 27歳。結婚して2年。

プロラクチン以外の数字は正常。

クロミッドでタイミング療法。


漢方では、高プロラクチン血症、プロラクチン対策に2種類をお勧めです。



○1ヵ月後の9月…お肌がきれいになった。


低温期から高温期への上がり方が良くなった。

中間期の不正出血対策に、もう一つの漢方お勧め。



○10月…通院はお休み


気になる症状は、排卵期の不正出血と下腹部痛

そこで、活血化淤(かっけつかお)の漢方の処方にシフト。

漢方は、キナコと一緒にお湯に溶かすと飲みやすいとのことでした。



○11月…プロラクチンの値は良かった。

19・5→10・3になった。

生理もきちんとなってきて、高校生のときに戻った感じ。



○12月…排卵痛が無かった。

誘発剤にもきちんと反応している。


○翌年平成19年1月…生理痛がなかった。血塊がなくなった。

排卵期の不正出血もなくなった。

スッキリと生理が出た。

さらに、活血化淤(かっけつかお)の漢方を追加。



○その後4月に妊娠。

12月に元気な男の子ご出産。



Kさまの妊娠は、生理不順、無排卵・無月経の相談です。


○平成19年11月に初相談

Kさま 30歳

平成18年度は、基礎体温からすると1年間無排卵。

一緒に漢方相談に来た主人が、薬剤師 土屋が奥様が昨年1年間無排卵だったことを指摘すると「え~!」と絶句。

その後、平成19年度は、何もしないと60日周期で生理。

7月と8月、9月は、誘発剤の注射で30日周期。


漢方薬は、2種類をお勧め。


○12月

基礎体温は、低温期36・5度、高温期37度で高め。

基礎体温が高め」なので、その対策の漢方をお勧め。

暮れの12月31日に、めでたく妊娠の電話が入る。

このときの周期は、自然周期で60日周期から一転して、39日目で排卵していましたので、漢方の効き目があったと分かります。

今日は、「平成18年度12月の嬉しいお話」でした。


冬の若木山公園

<2008年1月30日 山形県東根市 「冬の若木山公園」>

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.09.28

子宮内膜症でチョコレート嚢胞の漢方相談。生理痛も軽減!

昨日に漢方相談にご来店されたA子さまの舌ベロを見ましたら、色が薄い「痰(たん)」という色に、(淡い貧血のような感じの色です)、舌の横側に「淤斑(おはん)」がありました。


「淤斑(おはん)」とは、色が暗い感じで、舌に「シミ」になっている感じです。


生理以外の下腹部痛や、排卵痛、また生理前の下腹部痛などが起こりやすいです。


子宮内膜症や卵巣嚢腫、卵巣チョコレート嚢腫のときもあります。


舌ベロに「淤斑(おはん)」があるときには、からだにもそれ相応の「淤血(おけつ)」があることにつながります。

活血化淤(かっけつかお)といって、血液の汚濁を解消し、流れをスムーズにすることが原則です。


淤血(おけつ)の三大特徴は、


1)痛み

2)しこり

3)黒ずみ


です。


月経血の色が暗い感じで、塊(血塊)もあるのも淤血(おけつ)と考えます。


舌の色が「痰(たん)」なのは、血虚(けっきょ)で、これは「補血(ほけつ)」とか「養血調経(ようけつちょうけい)」で
血液を養って、補っていくことが大切です。


ですから、舌の色が「痰(たん)」で、「淤斑(おはん)」があるかたの場合には、血虚(けっきょ)と淤血(おけつ)の2つの「証」のミックス、複合体になります。

対策は、養血調経(ようけつちょうけい)と活血化淤(かっけつかお)を同時に平行します。


最近の漢方相談の著効例では、子宮内膜症の手術でレーザーで焼いた方で、卵巣チョコレート嚢胞もあったかたです。


B子さんと呼びます。


B子さんは、ふだんから下腹部痛があり、下腹が重い感じです。


ズキズキします。

排卵痛も生理痛と同じように、かなり痛いそうです。


生理は、暗紅色で、血塊が多いです。


最近は、月経の経血量も減ってきています。


冷房で体が冷えます。

とくに冬は体が氷のように冷たくなります。

下半身も冷えやすいです。


当店からの漢方処方は、


1)血流たっぷりの補血(ほけつ)の漢方薬

2)ピクノジェノール含有の方剤

3)水蛭(すいてつ)製剤


の3つで「全周期活血化淤(ぜんしゅうきかっけつかお)」をメインにしました。

昨日のB子さんからの連絡では。


1)経血の色がきれいになった。

量は変化なし。


2)生理のとき以外の普段の下腹部痛がまったく無くなった。


とのことで、驚くべき著効でした。


これは、鎮痛剤だけではこうもいかないので、まさしく「中医学の漢方の効き目」があったと考察されます。


活血化淤(かっけつかお)の漢方方剤をメインにすると、なかなか素晴らしいと思う今日この頃です。


不妊に対しても、もちろん「下腹部痛や排卵痛、生理痛の軽減」は漢方としてはかなり有効で、今後に大いに期待できます。


生理痛(月経困難症)を和らげよう!…子宮内膜症、チョコレート嚢腫、子宮腺筋症の漢方、漢方薬

漢方は女性の生理痛、生理不順に絶対おすすめ!/生理痛や生理不順の漢方薬」もよろしくお願い致します。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.12.09

高プロラクチン血症で排卵の痛み。漢方相談して妊娠出来ました!

お祝いの写真のテーマ

「大淀の流れ」


最上川 大淀の流れ


村山市 大淀の流れ 最上川

こんにちわ、土屋です。


Kさまの快諾を得ましたので、嬉しいご報告をさせて頂きます。


「ありがとうございます。

ご丁寧な連絡に、私ももちろんですが、主人がとっても感激していました。

ほんとにありがとうございます。

先週末に検診で、おなかの赤ちゃんに足と手が生えてきたのを確認しました。そして手をばたばたと動かしているのに感激しました。

予定日は来年の七夕です。


私自身は、軽いつわりの症状がある程度で、それも一段落したところです。

日によって、ちょっとだめな日がありますが、そのほかは元気にしています。

ただ、当帰が配合されている漢方薬を寝る前にどうしても喉を通らないのです。

なので、現在は朝起きたときのみに、お湯に溶かして飲んでいますが、それでよろしいでしょうか?

いろいろといつもありがとうございます。どうぞよいお年をお迎えくださいませ。」


Kさんは、31歳です。

5年前から不妊で悩んでいました。

一度、2年間通院していましたが、海外赴任を転機に治療をお休みしていました。

まずは漢方で体作りをしていきたいとのことでした。

手足はいつも冷たく、冷え性です。

肩こりもひどいです。

ひどいときには、片頭痛にもなります。

肩こりは、後の漢方で楽になったそうです)


食欲あります、胃もたれもありません。

便秘もほとんどありません。


経血量は少ないのが気になります。


生理痛よりも、排卵痛がひどいです。


生理が終わってから排卵までの間に、下腹部がきりきりと痛みます。

月経血には、チョコレート状の塊が毎回1回はあります。


生理前に胸が痛くなり、たまに生理前の10日前から胸が痛くなるときがあります。


以前に不妊治療時には、プロラクチンが高くてテルロンを1年半くらい服用していたそうです。

さて、今年の4月25日が一番と最初のご相談でしたが、当店からは、漢方の目標は以下のようにしました。


1)養血調経(ようけつちょうけい)


つまり生理のリズムを整えて、とくに生理の量が減ったことなどに対応して、
妊娠しやすい卵づくり、子宮内膜作りをしていきましょう。


2)疏肝理気(そかんりき)


プロラクチンは、ストレスホルモンのようなものですから、イライラしないことや、ストレスを軽減していくことが大切です。

生理前の胸の張りやイライラなどのPMSや、排卵痛なども、原因としましては、


A)淤血

いわゆる血行不良。

B)気滞

ストレスみたいな気の詰まり。


などがあると考えています。


Kさんには、気滞対策として麦芽を炒ったものをお勧めしました。


お勧めした漢方薬


「立てば芍薬、座れば牡丹」の芍薬や当帰などといった、女性のかたの「血の道症の漢方薬」と「麦芽を炒ったもの」を当店からお勧めしました。


さて、その後、淤血(おけつ)を解消していくために、山形県の花の紅花や先ほど前述の芍薬などが配合された駆淤血剤(くおけつざい)の併用もお勧めしました(ああ、なんて可憐な漢方薬なのでしょう。花が咲いているところを想像するだけで、うっとりします)

病院にも行くのを再開されまして、今年の11月9日は生理が1週間遅れているとのことで、嬉しいご報告となりました。


良かった、良かったです。

土屋薬局でも嬉しく思っています。

今回の掲載の快諾には「私も、赤ちゃんが欲しいと思っている人に、希望となれば、うれしいです。」と暖かいお言葉を頂いております。

どうもKさんおめでとうございました。


当店からは、Kさんに送るお祝いの写真です。


今週の火曜日の昼休みに撮影してきました。


Kさん、おめでとうございます。

お祝いの写真のテーマ

「大淀の流れ」


以前に「真下慶治記念美術館と嬉しい話」でも紹介している場所ですが、
今回は「冬バージョン」です。


私は、「晴れろ、晴れろ」と心で念じていたのですが、あいにくの曇り空の日でした。

大きいカメラバックを手に持って、「うーん、曇りで残念」と思いながら村山市大淀の美術館に行くと、職員さんは、「今日は、滅多に無い素晴らしい風景ですよ。幻想的で美しいです」と、いつもそこで働いている職員さんに激励を受けてしまいました。

これは、「めでたい、めでたい」です。


では、これから「最上川の幻想」をKさん一家にお届けしようと思います。


真下慶治記念美術館

ここ真下慶治記念美術館は、本県の母なる河「最上川」をこよなく愛し、生涯のテーマとして作品制作に取り組んだ洋画家 真下慶治(故人)の代表的な絵画が数多く展示されています。(パンフレットより引用しました。ありがとうございます)

今、私が眺めているこの風景も、真下画爵が生前に眺めていた風景と一緒です。


師のアトリエがあったところに、この美術館が建てられたのです。


ああ、母なる最上川。


最上川


「大淀の流れ」

師の代表的な作品と同じ構図の写真です。


この美術館のテラスに立つと、このような雄大な眺めを眺めることができます。

時が経過するのも忘れそうです。


最上川


最上川


最上川

ああ、最上川は静かに流れ、大地をめぐっていきます。

大淀の美術館は、師の魂とともに建物と絵画があるようですし、実際に師が生前に愛した風景も楽しめます。


スピリチュアルを感じる稀な美術館だと思います。

国内では、葉山の神奈川現代美術館も一色海岸の眺めが素晴らしいですね。


Kさん、どうもおめでとうございました。

どうぞ良いお年をお迎えしてください。

今回のコラムは、Kさんのために作成しました。


最上川のように雄大でたくましく、お子様が育つことを願っております。

どうもお読みして頂きまして、ありがとうございました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.11.09

不妊症。漢方で自然妊娠です。「排卵痛」も軽くなりました。

こんにちわ、薬剤師、不妊カウンセラーの土屋幸太郎です。

先週末から今週明けと仕事が忙しくなり、ホームページやもちろんここの漢方体験ドットコムも更新できずに、「あ~、このまま今週は何も更新しないかもしれない~」と思っていましたら、嬉しいお便りが先ほどありました。

「嬉しい話シリーズ」です。


こんにちわ、土屋です。

先週末から今週明けと仕事が忙しくなり、ホームページやもちろんここのココログも更新できずに、「あ~、このまま今週は何も更新しないかもしれない~」と思っていましたら、嬉しいお便りが先ほどありました。

嬉しい話シリーズ」です。


Yさんは、33歳です。

不妊で7年間悩んでいます。

3年前に病院にも2年間は通院していたのですが、夫の海外不妊を期に治療を止めました。


不妊治療をしているときには、高プロラクチン血症のテルロンを1年半服用していて、2度の排卵誘発の注射を受けました。


この相談を受けたときには、海外在住であと何ヶ月かで帰国するので漢方も服用して、日本での治療再開とともに健康な母体をつくっていきたいとのことでした。


手足は冷たく、いつも冷え性です。

肩こりひどいです。

肩こりがひどいと片頭痛になるそうです。


食欲あります。胃もたれもありません。

通じやお小水も良いです。(正常です)


ただし、ストレスや冷え性、疲れなどに弱いです。

28日周期の生理で、月経期間は5~6日間です。

経血量が少なくなったのが気になりますし、塊も混ざります。


生理痛よりも排卵痛のほうがひどいです。

生理が終わってから、排卵までの間に下腹部がキリキリと痛みます。

生理前に胸が痛くなりやすいです。


さて当店からは、「当帰を主成分とした瓶入りの漢方薬」と「麦芽を炒ったもの」をお勧めしました。

その後「血行を良くする丹参や山形県の花─紅花が配合されている漢方薬」もお勧めしまして、約半年の服用での嬉しい報告となりました。


自然妊娠です。


漢方の服用方法の紹介です。

「当帰を主成分とした瓶入りの漢方薬」は養血調経で、生理のリズムを整えます。

先日の「不妊症カウンセラー、体外受精コーディネータ養成講座」のときにも、「○着床障害をめぐって 斗南病院 生殖内分泌科 東口篤司先生」という講座があったのですが、その中で「当帰を主成分とした瓶入りの漢方薬」も着床障害の改善に良いと書いてありました。


「血行を良くする丹参や山形県の花─紅花が配合されている漢方薬」は、淤血(おけつ)という体の淀んだものを解消しますので、卵巣や子宮内膜などの状態が良くなって、授かりやすい環境になってきます。


麦芽を炒ったものは、プロラクチンが高いとか、PMSで生理前にイライラしたり、胸が張りやすいなどの体質改善に有効です。


「排卵痛」なども、原因としては中医学的に考えますと、


1)気滞(きたい)

2)淤血(おけつ)


の2つの原因があると認識しています。


気滞(きたい)や淤血(おけつ)があると何が悪いかといいますと、「通じざればすなわち痛む」ですから、排卵痛の下腹部痛などにもなりやすいのです。

ですから、排卵痛の対策では、


1)淤血(おけつ)→活血化淤(かっけつかお)→血行を良くする漢方…駆淤血剤

2)気滞(きたい)→疏肝理気(そかんりき→ストレスを緩和する漢方薬…疏肝剤

とそれぞれの症状に当てはめていきます。


淤血は、1)痛み 2)しこり 3)黒ずみが特徴です。

気滞は、もちろん「気の詰まり」ですから、ため息やイライラ、憂鬱、気分がさえない、また胸が張る、喉が詰まるなどの感じもあります。


よく「はあ、はあ」とため息をついている人がいますが、これは「気の詰まり」なんですね。

パニックで胸や喉がいっぱいの人も「気の詰まり」です。


(これに関しましては「胸やのどの奥が重苦しい感じ」もご覧になってくださいね)


排卵痛の「痛み」だとすれば、その痛みは「淤血」によるものか「気滞」によるものかを分けて改善を目指します。

たとえば、


淤血>気滞

気滞>淤血

淤血=気滞


などと、個人個人で「痛み」の原因も変わってくるはずです。


Y子さんの場合には、「当帰を主成分とした瓶入りの漢方薬」や「血行を良くする丹参や山形県の花─紅花が配合されている漢方薬」は淤血(おけつ)の痛みに、また「麦芽を炒ったもの」は気滞(きたい)の解消に有効でしたので、妊娠への良き漢方処方になったと思います。


「血行を良くする丹参や山形県の花─紅花が配合されている漢方薬」などは、正式には「理気活血(りきかっけつ)」の働きがありますので、排卵痛対策にも有効なんですよ。


良かった、良かったです。(*^_^*)


最後に奥入瀬の紅葉でお別れしましょう!

さようなら。


奥入瀬の紅葉

真っ赤に燃えるもみじ。

私はこういう写真を撮影したかったのです。


奥入瀬の紅葉


奥入瀬の紅葉


お悩みのかたは土屋薬局までぜひ漢方相談をお寄せくださいませ。

カテゴリー「PMSの漢方薬」の記事

PMS(月経前緊張症)/不妊症と漢方薬

こちらのコラムなども参考になりましたら、幸いです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

その他のカテゴリー

LUF・黄体化未破裂卵胞/不妊と漢方薬 | PCOS・多嚢胞性卵巣症候群/不妊と漢方薬 | PMS・月経前緊張症/漢方薬 | 「ナチュラルな妊娠」「45歳、もう生んでいいかしら?」 | 「血流たっぷり」をめざしなさい | いびき/漢方薬 | おねしょ、小児夜尿症(おねしょ)/漢方薬 | おりもの、のびおり/漢方薬 | お腹の張り、腹部膨満感、食欲不振/漢方薬 | しびれ/漢方薬 | つわり/漢方薬 | にきび/漢方薬 | のどのつかえ、喉の痛み、難治性咽頭潰瘍/漢方薬 | ほてり/漢方薬 | むずむず脚症候/漢方薬 | めまい、立ちくらみ/漢方薬 | アトピー性皮膚/漢方薬 | アレルギー性鼻炎と体外受精/漢方薬 | アレルギー性鼻炎の漢方相談について | イスクラ冠元顆粒 | イスクラ冠元顆粒発売20周年記念成都シンポジウムに参加して | イスクラ婦宝当帰膠/不妊と漢方薬 | イスクラ独歩顆粒 | イライラ落ち込み漢方、不安落ち込み/漢方薬 | インターネットの掲示板などで漢方紹介 | カウフマン療法/不妊と漢方薬 | カンジダ膣炎/不妊と漢方薬 | ガン(がん)/漢方薬 | クラミジア感染症/不妊と漢方薬 | クローン病、潰瘍性大腸炎/漢方薬 | ゲップ・ガス/漢方薬 | ココログ版漢方(無名)コラム・2004 | ココログ版漢方(無名)コラム・2005 | ココログ版漢方(無名)コラム・2006 | ココログ版漢方(無名)コラム・2007 | ココログ版漢方(無名)コラム・2008 | ココログ版漢方(無名)コラム・2009 | ココログ版漢方(無名)コラム・2010~ | コンクレバン | シェーグレン症候群/漢方薬 | シミ・肝斑/漢方薬 | ストレス/漢方薬 | セックスレス/不妊と漢方薬 | タイミング療法/不妊と漢方薬 | ダイエット/漢方薬 | チャイナビュー | チョコレート嚢胞/不妊と漢方薬 | ツイッター | ディスプレー症候群/漢方薬 | ドライアイ/漢方薬 | ドライマウス、口腔乾燥症/漢方薬 | ニュースレターより | ハテナ | ビタエックス(プラセンタ) | ヘパーデン結節/漢方薬 | ベビ待ち保育士さん、幼稚園教諭さん/漢方薬 | ベビ待ち小学校教員さん/不妊と漢方薬 | ベビ待ち歯科衛生士さん/不妊と漢方薬 | ベビ待ち看護師さん/不妊と漢方薬 | ベビ待ち美容師さん/不妊と漢方薬 | メニエール病/漢方薬 | メールマガジン | モンテディオ山形 | ヤフー知恵袋の漢方の回答より | リウマチ性多発筋痛症/漢方薬 | リウマチ/漢方薬 | ロコモティブシンドローム/漢方薬 | 下痢、軟便/漢方薬 | 下肢静脈瘤/漢方薬 | 不妊カウンセラーに向けて | 不妊カウンセラー・体外受精コーディネーター養成講座 | 不妊治療の基礎知識…現状と問題点 | 不妊漢方治療の応用 | 不妊症の基本検査について | 不妊症の年代別漢方相談 | 不妊症テレビお茶の間講座 「子宮内膜症」 | 不妊症専門講座・PCOS 「多嚢胞性卵巣症候群」 | 不定愁訴/漢方薬 | 不正出血/不妊と漢方薬 | 不眠/漢方薬 | 中医五官病 | 中医痺証専門講座「南通研修」への道 | 乳がんの疫学と薬物療法 | 乳腺炎、断乳、母乳/漢方薬 | 人工授精/不妊と漢方薬 | 今週の漢方相談会 2008年 | 今週の漢方相談会 2009年 | 今週の漢方相談会 2010~ | 今週の漢方相談会 2013~ | 今週の漢方相談会2017 | 体外受精/不妊と漢方薬 | 何先生や中医師の先生から漢方のこと聞いたこと | 便秘/漢方薬 | 免疫性不妊/漢方薬 | 全身性エリテマトーデス(SLE)/漢方薬 | 円錐角膜/漢方薬 | 冷え性/漢方薬 | 加齢性黄斑変性症/漢方薬 | 勉強会(2004~2008) | 勉強会(2009) | 勉強会(2010) | 勉強会(2011) | 勉強会(2012~) | 動悸/漢方薬 | 卵巣予備能~全周期活血化淤 | 卵巣嚢腫/不妊と漢方薬 | 卵巣機能不全、卵巣機能低下/不妊と漢方薬 | 卵管性不妊/不妊と漢方薬 | 卵管水腫/不妊と漢方薬 | 卵管閉塞/不妊と漢方薬 | 卵胞発育不全/不妊と漢方薬 | 受精障害/不妊と漢方薬 | 口内炎/漢方薬 | 呑気症(空気嚥下症)/漢方薬 | 味覚障害/漢方薬 | 咳、ぜんそく、慢性気管支炎/漢方薬 | 咽喉頭異常感症、難治性咽頭潰瘍/漢方薬 | 嗅覚障害/漢方薬 | 土屋幸太郎・漢方講演会 | 土屋幸太郎結婚式 | 土屋薬局からのお知らせ | 土屋薬局のの口コミ、評判 | 坐骨神経痛/漢方薬 | 坑精子坑体/不妊と漢方薬 | 基礎体温が低め/不妊と漢方薬 | 基礎体温が高め/不妊と漢方薬 | 基礎体温ガタガタ/不妊と漢方薬 | 基礎体温表/不妊と漢方薬 | 多汗症/漢方 | 夜中目が覚める/漢方薬 | 夢と不眠/漢方 | 女性のための漢方レッスン | 女性不妊症的中医治療 | 妊娠中と産後の体調不良/漢方薬 | 妊活・妊娠力アップ/漢方薬 | 子宮内膜が薄い/不妊と漢方薬 | 子宮内膜ポリープ、子宮内膜増殖症/漢方薬 | 子宮内膜症/不妊と漢方薬 | 子宮外妊娠後/不妊と漢方薬 | 子宮筋腫/漢方薬 | 子宮腺筋症/漢方薬 | 子宮頸がん/漢方薬 | 子宮頸管無力症/不妊と漢方薬 | 季節の養生法 | 学校保健委員会 | 小児チック/漢方薬 | 小児漢方 | 小太郎製薬 | 帯状疱疹後神経痛、後遺症/漢方薬 | 後鼻漏・蓄膿症/漢方薬 | 心と体 | 感音性難聴・耳鳴り、難聴/漢方薬 | 慢性副鼻腔炎(蓄膿症)、アレルギー性鼻炎/漢方薬 | 慢性咽頭炎/漢方薬 | 我が家の庭 | 我が家の庭 2008 | 我が家の庭 2009 | 我が家の庭 2010~ | 手根管症候群、腱鞘炎、ばね指/漢方薬 | 抗核抗体/不妊と漢方薬 | 掌蹠膿疱症/漢方薬 | 排卵痛、排卵期/不妊と漢方薬 | 排卵障害/不妊と漢方薬 | 日中線記念館 | 更年期障害/漢方薬 | 月経の経血量が減少/漢方薬 | 月経不妊周期療法/不妊と漢方薬 | 月経不順・生理不順/不妊と漢方薬 | 月経周期が短い/不妊と漢方薬 | 月経周期が遅れる、長い/不妊と漢方薬 | 椎間板ヘルニア/漢方薬 | 武漢へ | 死産後/漢方薬 | 母乳/漢方薬 | 泣きたくなる | 活血化淤の応用 | 流産後の不育/漢方薬 | 浮腫み/漢方 | 温活GO | 漢方周期療法…南京・夏桂成先生の講義より | 漢方薬の安全性について | 漢方薬局で相談を受ける婦人病について | 無排卵・無月経/不妊と漢方薬 | 無月経・無排卵・中医不妊症テレビお茶の間講座 | 生殖医療に関わる疑問に答える | 生殖補助医療の有用性と限界 | 生理痛/漢方薬 | 甲状腺機能亢進症/不妊と漢方薬 | 甲状腺/不妊と漢方薬 | 男女の更年期と神経症/漢方薬 | 男性不妊/漢方薬 | 痔/漢方薬 | 痛み、しびれ/漢方薬 | 痰湿/漢方 | 眼精疲労/漢方薬 | 着床障害/不妊と漢方薬 | 神経障害性疼痛/漢方薬 | 糖尿病/漢方薬 | 経血量少ない/不妊と漢方薬 | 綿花観察日記 | 緑内障/漢方薬 | 繊維筋痛症/漢方薬 | 老人性膣炎・萎縮性膣炎/漢方薬 | 耳管開放症/漢方薬 | 耳鳴り、突発性難聴/漢方薬 | 聴覚過敏/漢方薬 | 肘痛/漢方薬 | 股関節痛/漢方薬 | 肩こり/漢方薬 | 肩甲骨の痛み/漢方薬 | 肩痛、五十肩/漢方薬 | 胃酸過多、機能性胃腸症(NUD)/漢方薬 | 背中のほてり/漢方薬 | 背中の痛み/漢方薬 | 胚盤胞/漢方薬 | 脂漏性皮膚炎/漢方薬 | 脈拍/漢方 | 脊柱管狭窄症/漢方薬 | 脱毛、抜け毛、薄毛の漢方薬 | 脳卒中/漢方薬 | 脳疲労症候群、脳過敏症候群/漢方 | 腰椎すべり症/漢方薬 | 腰痛/漢方薬 | 膀胱炎/漢方薬 | 膝痛/漢方薬 | 膿精液症/男性不妊の漢方薬 | 花粉症/漢方薬 | 若木山、石崎山や東根の景色 | 若木山、石崎山や東根の風景2008 | 若木山、石崎山や東根の風景2009 | 若木山、石崎山や東根の風景2010~ | 蕁麻疹、湿疹/漢方薬 | 薄い子宮内膜に漢方薬が有効である可能性がある | 薬膳 | 血の道症/漢方薬 | 血管力をつければ病気は治る | 補腎の話 | 西洋医学的にみた不妊症漢方概論 | 足底筋膜炎/漢方薬 | 逆流性食道炎/漢方薬 | 過去のバックナンバーより | 過敏性腸症候群/漢方薬 | 過活動膀胱、頻尿/漢方薬 | 遺残卵胞/不妊と漢方薬 | 酒さ/漢方薬 | 頭痛/漢方薬 | 頸椎症、首のこり/漢方薬 | 頻尿/漢方薬 | 顔面神経麻痺、手のふるえ/漢方薬 | 顕微授精(ICIS)/不妊と漢方薬 | 風邪/漢方薬 | 食欲不振、胃痛/漢方薬 | 高プロラクチン血症/不妊と漢方薬 | 高血圧/漢方薬 | 高齢不妊症、卵巣機能低下における中国漢方の考え方 | 高齢不妊/漢方薬 | 鷺草、朱鷺草観察日記 | 黄体機能不全/不妊と漢方薬 | 黄疸/漢方薬 | 100歳まで元気に生きる! | 2人目不妊、第二子不妊/漢方薬 | 2004年妊娠出産おめでとうございます! | 2005年妊娠出産おめでとうございます! | 2006年妊娠出産おめでとうございます! | 2007(1月~6月)妊娠出産おめでとうございます! | 2007(7月~12月)妊娠出産おめでとうございます! | 2008年妊娠出産おめでとうございます! | 2009年妊娠出産おめでとうございます! | 2009(7月~12月)妊娠出産おめでとうございます! | 2010(1月~6月)妊娠出産おめでとうございます! | 2010(7月~12月)妊娠出産おめでとうございます! | 2011年妊娠出産おめでとうございます! | 2012年妊娠出産おめでとうございます! | 2013年妊娠出産おめでとうございます! | 2014年妊娠出産おめでとうございます! | 2015年妊娠出産おめでとうございます! | 2016年妊娠出産おめでとうございます! | 2017年妊娠出産おめでとうございます! | AMH/不妊と漢方薬 | COPD 慢性閉塞肺疾患/漢方薬 | FSHが低い方/不妊と漢方薬 | FSHが高い/不妊と漢方薬 | POF・早発閉経/不妊と漢方薬